ナチス強制収容所に送られながら奇跡的に生還したユダヤ人精神科医のヴィクトール・フランクルは、著書『夜と霧』で、「人間は、まともな人間とまともでない人間の2種類しかない」と述べていることは前にも書いたが、私の感覚では、世の中には、まともでない人間がひどく多い。
その中で、自分がまともな人間になることが、人生の最大の目標になった。
では、「まともな人間」とは何だろう?

「まともな人間」と「小善人」は、表面的には似ているが、根本的に違う。
共に、善いことをし、悪いことをしないよう心掛けてはいるのだが、小善人の目的は唯1つ、「保身」である。
一方、まともな人間が、なぜ善いことをし、悪いことをしないのかというと、「モラル(道徳。倫理)」のためである。
もちろん、まともな人間のモラルとは、小善人のような、保身のための、見せ掛けのモラルではない。

「まともな人間とは何か?」「モラルとは何か?」を理屈で言うのは難しいに違いない。
だが、フランクルが『夜と霧』で報告した、ナチス強制収容所という極限的に異常な場所で、被収容者側にも、ナチス側にもいた、良心を持ち続けた人達が「まともな人間」と言って間違いないと思う。
フランクル自身がまともな人間であることは『夜と霧』からも読み取れるが、今でも読まれている、旧版『夜と霧』の翻訳者、 霜山徳爾氏が、新版(池田香代子訳)で「『夜と霧』と私ーーー旧版訳者のことば」として述べていたことから、それを強く感じる。
こんな話である。
フランクルを最初に日本に招待したのは、この霜山氏であったが、霜山氏は貧しく、羽田空港にタクシーを手配出来ず、これ以上古いルノーはないという彼のルノーの助手席にフランクルを押し込んでホテルに向かう途中、霜山氏は、ルノーが故障しないよう祈り続けたと言う。
そして、霜山氏がフランクルに、車が狭くて申し訳ないと言うと、フランクルは真顔で、これだけのスペースがあれば充分だと答えた。
私は、これこそがまともな人間なのだと思った。
フランクルも生涯貧しかった。高齢になって、やっと、中古の小型車を買うことが出来たらしい。
極めて優秀な精神科医であり、世界的ベストセラーを数多く書き、世界中から招待されて講演をしていたに関わらずである。
私は、これに関し、世界的童話作家のアンデルセンが、デンマーク国王から支給されるわずかな年金で旅をしている中、切羽詰った事情から、名前は売れていたアンデルセンに資金援助を求めた人に対し、自分には人を援助するだけの資産がないことを申し訳なく思いながら話したことを思い出す。
また、真偽のほどは確認しようがないが、『ヒマラヤ聖者の生活探求』の著者ベアード.T.スポールディングは、援助を求める人に対し、即座に、持っているもの全てを与えたという話も想起する。
そして、何の根拠もないが、まともな人間は、それでも最終的には困ることはない。
ひょっとしたら、そのことは、量子物理学で科学的に説明出来るのかもしれないと思う。
既にこの世にはいないが、フランクルに友人と呼んでもらえるようになれたら、この上ない幸福であると思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加