昔読んだ、相対性理論の本の中で、その著者である高名な理論物理学者が、ある社会人から来た手紙を紹介していたのを覚えている。
その社会人は25歳で、大学に行かずに(行けずに)独学で理論物理学者を目指していた。
今の自分の学力は、大学3年生くらいだと思うと書かれていた。
そして、勉強はしているが、希望が見えないので、理論物理学を捨てた方が良いだろうかという内容だったと思う。
一応、言っておくと、電子メールなど想像も出来なかった時代だ。
それに対し、その理論物理学者は、こう答えていた。
「私は45歳だが、理論物理学を捨てる気はない。理論物理学は、紙と鉛筆さえあれば出来る」
つまり、諦めずに頑張りなさいということだろう。
しかし、私は思うのだ。
その25歳の青年は、もう、生きているか死んでいるかといった歳だろうが、おそらく、理論物理学者にはなれなかっただろうということだ。多分、それが、少なくとも95%以上、正解と思う。
では、その理論物理学者は無責任だったのだろうか?
もし、その理論物理学者が、その青年の教師であったなら、そう言えるかもしれない。
しかし、この2人の間柄においては、その理論物理学者にそれほどの責任はない。
そして、この理論物理学者は、この青年に0.1%程度の可能性は与えたのだ。

我々の周囲にも、プロスポーツ選手や、プロのミュージシャンや、俳優や、お笑いタレントを目指して努力している人達がいる。
しかし、彼らが目標を達成する可能性は高くない。
だが、信じてやるしかないのである。
上の、理論物理学者を目指していた青年は、願いの実現を疑い、信じていなかった。
信じていても叶わない可能性が高いことを、疑って叶うはずがない。
そして、信じてやっていれば、可能性が無くなった時、自然に別の道に移るものなのだ。
ところが、50歳も過ぎて、「今も歌手目指してます」って人がいるが、その人は、信じもせずに、曖昧な気持ちでやって来たのだ。
本気でやっていたなら、とっくに別の道で、それなりに成功したはずである。

私が、特技のない人に、ExcelやAccessのVBAを勧める理由には、こんなことがある。
うまくいけば、私のようなプロになれる。
しかし、そうでなくても、自分をパワーアップすることが出来る。
つまり、業務を効率化し、成果を上げられるし、頭も良くなり、それは、どんなことにでも役に立つ。
これが、JavaやPHPなどの、最も仕事が多くあるプログラミング言語であっても、プロになれなければ、何の役にも立たない。せいぜいが、趣味になるだけだ。
喩えは悪いが、バズーカや戦車は戦争の役にしか立たないが、拳銃であれば強盗や野獣を追い払うことを始め、多くのことで役に立つ。
VBAは拳銃なのであり、名人になれば、恐ろしく役に立つ。名人なら、使い方によっては、バズーカや戦車も超える。
そして、ExcelやAccessは、圧倒的に安価で、普及しているので、他のものを選ぶ理由はない。
よって、特技を身につけたいが、何をすれば良いか分からないなら、迷わず、ExcelとVBA、多少高機能な拳銃が良いなら、AccessとVBAを勧めるのである。
それらを、いずれかでも習得したら、AIを使う道も開けるのである。
AIは、PythonやJavaScriptでプログラミングするより、ExcelやAccessでデータ前処理をする方がずっと重要になるからだ。その時、VBAまで出来る強みは計り知れない。
いずれにしろ、特技なしでやっていられる時代ではないし、役にも立たない特技の習得に時間をかけてはいけない。
役にも立たない特技の中には、ロクに普及していないデータベースツールのようなものもある。
ExcelやAccessが出来れば、万一、これらが消えても(後十数年は消えないが)、新しい良いものを楽々マスター出来るだろう。

後、「頭が良くなる」や「運が良くなる」も、駄目なものが多い。
あるいは、良くても、普通の人には役に立たないものも。
これらも、ExcelやAccessみたいな標準があれば良いと思うが、まだ、そこまで淘汰されていないのだ。
しかし、間違いないものがいくらかあるので、追々、ご紹介しよう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加