世の中には、どうしようもなく駄目なやつが、かなりいる。
なんとか社会の最底辺に加わることが出来ても、蔑まれ、疎まれ、そうしたくないのにヘラヘラ笑うしかない人達だ。
彼らには性格的な欠点も多いのだろうが、それを論じているとキリがないし、そもそも、性格の欠点なら誰しも同じだ。
彼らの本当の欠点は、力がないことだ。

とはいえ、彼らを蔑み、嘲る者達もまた、力がないことでは彼らに近い、あるいは、本当は同等なのだ(徒党を組む力があるので、嘲る側に回っているだけ)。
彼らに対して、一言でも口汚い言葉、蔑む言葉を吐く者は全てそうなのだ。

最底辺の者達と、彼らを蔑む、実は同じ穴のムジナの者達。
そんな、我々のような者達は、どうすれば苦境を脱することが出来るかというと、力をつけるしかない。
私は、以前は、それは簡単だと思っていた。
単に、早寝早起きをすれば良いだけであるから。
ついでに、朝、腕振り運動を千回もやれば、それで悪夢は終わる。
なぜなら、よほどのことがない限り、1年365日、朝5時前に起きる、どうしようもない人間はいないし、それでしかも、毎朝腕振り運動千回を欠かさない駄目人間など、想像も出来ないからだ。
しかし、早起きだって、出来ない者は出来ないのだと分かった。

人間が力を付ける原理は、たった1つなのである。
それは「自己制約」という言葉で表現出来る。
人間には、放埓(ほうらつ。勝手気ままの意)に振舞いたいという性質があるが、それに自分で(強制でなく、あくまで自分で)制約を加えれば、神はその数倍の力を与えてくれるのである。
夜更かしして遊びたい気持ちに制限を加え、朝、もっとゆっくり寝ていたいという気持ちに制限を加えれば、それだけでかなりの力が得られる。
だが、放埓に流され、自己に制約を加えない者は、元々持っていた力すら、どんどん失われる。
美味しいものを好きなだけ食べ、酒を飲みたいだけ飲み、すぐにマスターベーションをするような者が、哀れな状態になるのは自然の理である。

そんな駄目な者達・・・と言っても、自分がそうであると認めない方が多いのかもしれなが、認めなくてもいいから(後で気付けば良いから)最後の手段を言うなら、それが、最近私が薦めている「EA(えれくとりっく・えんじぇぅ)メソッド」である。
私はこれに救われている。
重ねた手を胸の前で回すだけだ。胸に当てるだけでも良い。ただ、回した方が効果がある。
それを、額、頭頂でもやれば、さらに効果がある。
詳しくは、アレクサンダー・ロイドの『「潜在意識」を変えれば、すべてうまくいく』を参照することを奨める。
なぜ、これを勧めるかというと、やれば必ず、ストレスが消え(少なくとも軽くなり)、視界の明るさがアップするのを感じたからである。それは、確実にエネルギーが高まっていることを示す。
最適なやり方は人それぞれであるので、個別の質問には応じようがない。
最もベーシックには、重ねた手を胸の上に置くだけであり、これだけでも効果がある。
時間は、最低で1分で、10分程度やるのが好ましい。
もちろん、他にもやり方はある。
しかし、他のやり方を知らないか、知っていても続かないなら、これが最後の砦かもしれない。
この通りにやれば良いというのではなく、私が手を胸に当てることのフィーリングを感じる2つのYouTube動画をご紹介する。
【PS4FT】えれくとりっく・えんじぇぅ【初音ミク:スクール(ディープスカイ)眼鏡なし】PV
【IA OFFICIAL】Shooting Star / TeddyLoid feat.IA (MUSIC VIDEO)









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ