感情的に何かを正しいと感じる時、それが純粋な直観であれば、ほぼ正しいのだが、その中に願望という不純物が混じっていれば、ほぼ間違いだ。
だが、現代のAI(人工知能)が、ニューラルネットワークを使った長い繰り返しの学習で真実を見出す以上に、人間の脳が、積み重ねた経験を量子的な「計らい」で導いた答は、正しい場合がよくある。
・・・などと大袈裟なことを書いたが、つまるところ、金持ちになる方法が分かったような気がする・・・と言いたいのだけれど(笑)。

金持ちになるには、小銭を大切にすることだ。
どこかのお坊さん(尾関宗園さんだったと思う)も、本にそんなことを書かれていたが、その説明の方はさっぱり覚えていない。彼も、事実として知ってはいても、理屈は分からないのかもしれない。
まあ、説明出来るようなことでもないので、それで構わないのだけれど。
『ローム太霊講和集』にも、そのことがよく書かれているが、今は、その本に書かれているように、小銭(例えば10円)を拾って交番に届けるような人はいないし、届けられた交番の方も困るだろうが、それは本来、良い心がけなのである。
今は、交番に連れて行かれても、小銭の方も居心地が悪いだろうから、あなたが大切に保護すれば良く、正しく使って世の中に返すと良い。
お金は、インターネット以上に、昔から、世界を巡り、人々をつなぎ合わせてきたもので、今も高次元のネットワークを構築している。
やがて、お金がなくなる時代が来るかもしれないし、仮想通貨の世の中になるかもしれないが、それでも、お金のネットワークは残っているのである。
だから、今は、小銭を大切にすることだ。
本当の話かどうかは分からないが、ビル・ゲイツが1セント硬貨を拾って喜んだという話があるが、長く彼のバーチャル・ストーカーをやっている私には、彼が道端の1セント硬貨を見つけたら、間違いなく、正の感情を持つと思える。
彼は、若い時からお金に親愛の情を持っていた。そして、彼はお金を沢山集め、世界一のお金持ちになった。

金持ちが10円をケチるのはよく知られてるし、100円となると、勿体ながって簡単に使わない。
小銭は、我々人間と同じである。
大切に使ってもらえないと、無力であるが、大きな存在に大切にされると生きることが出来る。
大きな存在と同じことをして、お金持ちになれないはずがないだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加