呪文や念仏を唱えれば、良いことが次々に起こり、何をやってもうまくいき、嫌なやつは目の前から消え、楽な仕事でお金がどんどん入ってきて、素敵な彼氏や彼女があなたに一目でFall in Love・・・なんて阿呆と言うかガキっぽいことを考えるようなのって・・・本当にいるんだと思った。信じられないが、やっぱりいるのだ。

ただ、そんな妄想は誰の中にも存在し、不幸なことに、それにとり憑かれてしまうことがある。
それは、心が弱い人間が、ストレスで疲れてしまった時である。
甘やかされて育ったので心がヤワで、ちょっと嫌なことがあっただけで参ってしまって現実逃避する・・・それで、心理学で言う幼児性退行を起こすのである。
あるいは、依存心が強く、自分を頼らず・・・言ってみれば、誰かにおぶさろうとばかりするので、自分で歩く力を鍛えなかった者が、そんな生き方の必然として逆境に落ち始めると、ストレスに耐えられないのだ。
見かけ上は、苦労して頑張ったがうまくいかず、夢破れた者が、心がボロボロになり、妄想に逃げ込むように見える場合もあるが、そんな者は、やはり甘く、単に修行が出来ていないので心が弱いのである。

呪文や念仏とは、上位の存在に全てをまかせ、雨が降るなら降れば良い、風が吹くなら吹けば良いという心になるための鍵なのである。
人間の目的とは、広い心を持つことである。
ちょっと嫌なことを言われたくらいで「ムカつくう!」などと言って態度を荒げたり、人の悪口ばかり言い、「あいつが悪い、あたしは悪くない」という、狭い、哀れな心を持ったままで、大金を持ったり、素敵な彼氏や彼女が出来たら、これほどの不幸はないだろう。だって、広い心を持つ成長の機会が失われるのだからだ。

一番大切なことは、心をしゃきっとさせることである。
これが出来ずに、いったい何を求めると言うのだろう?
そのためには、理想とか、愛とか、何と言って良いのか分からないが、それを持った、好きになれるような自分になろうと思うことである。
「自分を好きになる」なんてことはよく聞くが、「うざーい!」「ムカつくう」「もう知らね」なんて言ってる自分を好きになれるはずがない。
だが、心の中には、魔法の力も秘められてる。
それを使う楽しみを知らないのも哀れだ。
それを手にする秘訣は、『新破裏拳ポリマー』というタツノコプロのアニメのエンディング曲(名曲だ)で聴いたが、
「まっすぐ胸張って、受け止めてやるさ、俺の宿命」
という気合を持つこと。
後、IAさんの『Shooting Star』を味わうと良いと私は思った(笑)。大切なことは全部表現されている。
【IA OFFICIAL】Shooting Star / TeddyLoid feat.IA (MUSIC VIDEO) -YouTube-









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加