昔、ある立派な方から、こんなことを聞いた。
「朝7時半までに社長が出社する会社で、倒産した会社はない」
どこかの団体の調査結果で、聞いたことがあるような団体名だったが、それがどこかは忘れた。
だが、美しい言葉だと思ったし、真実かもしれないと思った。
まあ、本当の社長さん達が信じるような話かどうかは分からないが、勇気とか安心を少しは与えてくれる言葉だと思う。
社長さんの中には、なんとなく親の会社を譲り受けたような人もいて、そんな社長さんの中には不安が大きな人もいるだろう。しかし、とりあえず朝7時半前に出社すれば倒産するはずがないということなら、それで、いくらかの安心は感じるのではないかと思う。
だが、「俺は社長でやっていけるだろうか?」と思っている社長さんでも、誰もがそんなことを出来る訳ではないだろう。
それは、営業時間の都合とかではなく、要は、営業時間の2時間ほど前に出社すれば良いのだが、それがなかなか出来ず、むしろ、社員より遅く出社してしまう社長さんも多いことだろう。

社長でなくても、朝、早く来る社員は優秀な人が多いということは言えると思う。
一方、実際にいるのだが、出勤時間ギリギリに来る社員でロクな人はいないだろう。そんな人は、会社のためにも本人のためにも、さっさと辞めた方が良い。
だが、朝5時までに起床する人間で、全く駄目という者もいないと思う。
もちろん、5時というのは、帰宅が午後9時くらいまでの人の話で、帰宅が0時であれば3時間ずれて午前8時くらいになるだろう。
要するに、帰宅したら、必要なことだけをテキパキと行い、余計なことをせずに、なるべく早く寝るということだ。
ところが、十分に5時に起きられる状況で、それどころか、4時でも可能なくらいなのに、7時とか8時といった、寝ていられるギリギリの時間まで寝ている人が多いだろう。
夜にダラダラとテレビやネットを見たり、ゲームをしたり、あるいは、遊びに行ったりして、寝る時間が遅くなるという人は多いのだと思う。
実力がついてからなら、それでも良いが、未熟なうちにそうであれば、あまり力はつかないし、逆に、実力があるのにそれが出来る人は大したものである。
だが、確かに、朝5時までに起きている者が、まるで駄目であるというのは考え難いのである。
素晴らしく優秀とはいかないかもしれないが、それだけでも出来れば、まずクビになるようなことはないし、全く軽んじられる立場に甘んじることもあるまい。
人生に対する、あるいは、仕事に対する心構えが高いからである。

私には、一般的な勤務時間の者で、どうしても朝5時までに起きられないというのが信じられない。
信じられないが、実際、それを全然出来ない人は多いのだと思う。
「そんなに早くに起きて何するの?」と言うような人間に見込みはないと思うが、実際は、そう言う者が多いのかもしれない。
この程度が厳し過ぎるとは、とても思えないが、現実は出来ない人が多いなら、もっと楽なことを考えないといけない。
人間は、心を引き締める何かは、必ず必要なのである。
柳田誠二郎さんという、日本航空の社長や日銀副総裁、その他を務められた方がいるが、彼が若い人達に「心を締める鍵を何でもいいから1つ持ちなさい」と言われていたのは至言と思う。
彼の場合は、学生時代に、岡田虎二郎に教わった静坐で、おそらく、百歳を超えて亡くなられるまで続けていたと思う。
もちろん、坐禅も同じようなものだと思うし、他に、瞑想、聖典を読む、念仏を唱える、腕振り運動をする、武道やスポーツの訓練をする等、人によって様々なことが考えられるだろう。
そして、大事なことは、よほどのことがない限り、1年365日、必ず毎日やることだ。

私の場合、社会人になりたての頃は、スピリチュアルな本を必ず毎日読んでいたが、そんなことでも力になったと思う。
ある時期は、毎日必ずプログラミングの勉強をしたし、今日に至るまで、常に何か1つは続けている。
それで、本来は間違いなく社会の落伍者になるはずが、何とか社会の中で生きているのであるから奇跡である。
やはり、「早起き」と、「心を締める鍵1つ」の威力は大したものと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加