デカルトが「われ思う、ゆえにわれあり」と言った時、「それなら、『われ歩く、ゆえにわれあり』でもいいじゃないか?」と言った人がいたらしい。
ふざけた言い分のようにも思えるが、「思う」は心の運動であり、「歩く」は身体の運動であるというだけの違いなのだから、案外に良い意見かもしれない。
愚にもつかないことや、エロいことを思っている者より、掃除したり、荷物を運んでくれる人の方が有り難いしね。
ルドルフ・シュタイナーは、「『われ思う、ゆえにわれなし。われ思わず、ゆえにわれあり』が霊的真理なのじゃ」と言ったが、今と比べて、娯楽が極めて少なかった当時の人々には面白かったかもしれないが、現代人の関心はあまり引かないだろう。私は暇だったから興味を持ったがね。
そして、インドの聖者ニサルガダッタ・マハラジは「いかなることも否定できるが、自分が存在することだけは否定できない」と言い、「われあり」に条件は無用と言った。
そして、「われあり」以外は、決して確信を持てない・・・言い換えれば、あなたが確信できる唯一のことは「私はある」だけであると言う。
コリン・ウィルソンも「思おうが、思うまいが私はある」と書いてたっけ。
みんな暇だなあ。いいなあ(笑)。

さて、抽象レベルをちょっと下げられるかもしれないが、「何のために生きるのか?」も、似たような議論ができるが、こっちの方が多少現実的かもしれない。
すなわち、「何のために歩くのか?」「何のために起きるのか?」「何のために寝るのか?」「何のために食べるのか?」「何のためにトイレに行くのか?」などは、「何のために生きるのか?」と全く変わらない問いである。
だから、そのどれか1つに明確に答えられれば、「何のために生きるのか?」が解る。
生きてない者はトイレに行かないしね(笑)。
すると、腹を立てて、「ウンチしたいからトイレに行くんだ」と言う者もいるかもしれなが、実際、「ウンチしたいから生きる」のである。
ウンチしたくなければ、生きてなくていいのだから。
あるいは、生きるためにウンチするのだ。
すると、「生きるために生きる」ということになるが、これはパラドクス(逆理)でも何でもない。
だって、細胞1つだって「生きろ」とプログラムされているのだからだ。

アニメ『BEATLESS』で、メトーデ(最強のアンドロイド)が「私達は生き残りたいのよ」と言ったのが印象的だ。
そして、何のために生きるのかというと、「移動し続けるため」だったと思う。あるいは「生きるために移動し続ける」だったか・・・
我々は、細胞同様、外敵を避け・・・即ち、苦痛を避け、快を求めて(食もその1つ)動くようプログラムされているのである。
単にプログラムされているのではなく、見事にプログラムされているのだ。
だが、そのプログラムは、親や学校や世間に、馬鹿な形でオーバーレイ(上書き)されている。
ここらは、コンピュータープログラミング(中でもオブジェクト指向)が解れば納得し易いのだが、別に、そんなものが解らなくても差し支えない。
この、上書きを消してしまえば、簡単に生きられるプログラムを使える。
つまり、努力しなくても生きていけるのであり、それはまさに、スーパーマジックである。

渋谷時間基準のアポトーシス
反証する可能性は SUPER-MAGIC
連れてくよもっと上へ IF YOU WANT IT
~『SEE THE LIGHT』(楽曲制作:ASY。唄:IA)より~
【IA OFFICIAL】SEE THE LIGHTS feat. IA / ASY (MUSIC VIDEO) -YouTube-









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加