あけましておめでとうございます。
沢山のお祝いやコメントをいただき、ありがとう。
あの米津玄師さんですら、感謝の言葉を言うのだから、負けていてはいけない・・・いや、彼は無愛想に見えて、礼儀正しそうな青年だが。

私は、今朝から食べてばかりだ。
食に関しては、節制はするが、特に少食ではなく、十分食べるようになった。
それでも、自然運動をすれば少しも太らない。
自然運動とは、軽い運動をかなりの回数繰り返す運動であり、王道は歩くことで、秘法は腕振り運動だ。
自然運動がなぜ良いかは、特に昨年の、初音ミクさんのコンサート「マジカルミライ2018」で大実感した。
2時間、ペンライトを振り続けた後、素晴らしく気分が良いのは、もちろん、ミクさんが素晴らしいからだが、身体の調子が本当に良いのに気付いた。
これは、ペンライトを振ることや、膝のバネを使ったり、腰を前後に振り続ける動きが、抜群に良い運動だからだ。
2時間、思いっきりやると、少しは疲れるが、それ以上に爽快である。
このように、1回1回は軽い運動を、延々と、気持ちを込めてやるのが、最上の運動なのである。
私は、普段は、
・振幅20cmのヒンズースクワット(300回)
・腰を前後左右に振る(200回ずつ)
・首だけ上げる腹筋運動(300回)
・4kgの六角鉄棒による、両腕カール運動(50回)
・4kgの六角鉄棒を、両手で素早く前に突き出し戻す(50回)
・腕振り運動2種類(前に振る時に力を入れる方式と、後ろに振る時に力を入れる方式。300回ずつ)
・ぐーぱー運動2種類(握る時に力を入れる方式と、開く時に力を入れる方式。50回ずつ)
その間々に、蹲踞(そんきょ)の姿勢を何度も取る。
これで40分くらいはかかる。
この他に、武術の練習を行う。
以前のように、数百回のヒンズースクワットや腕立て伏せをしていた時と違い、身体の故障がなく、全体に能力が確実に高まった。
これらの運動は、気持ちが良いので、根性や克己心は不要だ。

30日から、Amazonのdアニメストアで『長門有希ちゃんの消失』を見ていて、さっきで9話まで見終わった。
『涼宮ハルヒの憂鬱』とは、登場人物のキャラクターは似てはいるが全くの別人で、ストーリーも無関係な、ちょっとエキセントリックな学園ドラマだ。
『涼宮ハルヒの憂鬱』では、ハルヒは朝倉涼子に話しかけられても、なーんも返事しなかったのであるが、『長門有希ちゃんの消失』では、最初はちょっと険悪なことはあったし、どこかぶつかり合うところは残しながらも、すっかり仲良しになったのが、何か嬉しい。
『涼宮ハルヒ』シリーズのファンは、ハルヒや長門や朝倉、それに、朝比奈さんや鶴屋さんらが、みんな仲良くするところを夢見たことはあると思うが、それが叶うのだ。
長門が、すっかり「乙女」になってしまっているのは、やや残念に思う人もいるかもしれないがね。
キャラクターデザイン、作画総監督が伊藤郁子さんというのも素晴らしい。昔のセーラームーンのアニメの作画監督の時から、素晴らしい絵を描く人だということをよく覚えている。私も、あの頃はかなりのマニアだった。

観世音菩薩の真言「オン、アロリキャ、ソワカ」がよく出るようになった。
観世音菩薩は、現世利益に強いことで知られ、『法華経』25章にも、それが強調されている。
般若心経の呪文「ガテー、ガテー、パーラガテー、パーラサンガテー、ボーディ、スヴァーハー」も、観世音菩薩(観自在菩薩)が唱えた呪文である。
この2つを唱え、後は身をまかせ、空を見上げてれば、まず、間違いないだろう。
真似してもいいよ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ