近代のインドの聖者ラマナ・マハルシは、一切の欲望を捨てるよう教えたが、そうでなければ、解脱は出来ない。
解脱とは、悟りを開くとか、真我を実現するといった、難しい言葉で表現されるが、要は、最終的な幸福のことと言って良い。
だが、人間が、マハルシのように、ふんどし1本以外、何も所有せず、世俗の喜びを全て捨てることなどは出来ない。
一方、アメリカの精神科医デヴィッド・R・ホーキンズは、マハルシを崇敬すると共に、解脱を果たすと、現世の利益も全て得ると言い、実際、彼は、精神科医としては沢山の病院を所有し、解脱により、それまであった健康上の問題も即座に解決されたと言う。
考えてみれば、清貧を重んじたマハルシですら、求めはしなかったが、大勢の信者が熱心・丁寧に全ての世話をしてくれるので、実際上は、王様のような生活だったのである。
マハルシも、若い間は、自主的に、信者達と一緒に、かなり熱心に働いたようだが、歳を取ってからは、ベッド(それも豪華な)にいる写真が多いように思える。
それは、ひょっとしたら、大金持ちや権力者より、よほど理想的な生活かもしれない。

ところで、イエスや釈迦となると、彼らの本当の教えは、ほぼ伝わっていないと思うが、マハルシの教えも、大半は、正しく伝わっていないはずだ。
マハルシは、ほとんど喋らなかったそうだし、話したことも実際は個人的なことで、言葉の意味をそれほどはっきりさせていないはずなのだ。
そんな言葉を、タミル語から英語にする間に、少なく見積もっても6割は違う意味が入り込んだはずで、さらにそれを日本語にする際、どうしても、拡張高い雰囲気にするために、やたら難しい、日常では使わない言葉を使って翻訳する中で、ますます、実際にマハルシが言ったのとは違う意味になってしまっているはずだ。
だが、『不滅の意識 ― ラマナ・マハルシとの会話』という本は、マハルシを発見し、西洋に紹介したポール・ブラントンが熱心にマハルシを取材した内容を、彼の後継者が、他に伝わったマハルシの発言と照合して確認したりといった手間のかかる作業を繰り返し、なんとか、マハルシの教えを、いくらかでも正しく使えようという努力が感じられる。

マハルシのある本には、マハルシは、常に「私は誰か?」と問えと言ったと書かれているが、別の本では、マハルシは「私は誰か?」を呪文のように繰り返してはならないと言ったとある。
なぜそんなことになったかを推測することは出来ると思うが、やはりあくまで推測でしかない。
どこかの宗教家なら、マハルシの霊でも呼び出して「確認した」と言うかもしれないが、そんな阿呆な主張を信じるうちは阿呆なままだ。

マハルシの教えは、『バガヴァッド・ギーター』と一致していることは間違いない。
マハルシも、それを肯定しているはずだし、一部でも否定したという話は伝わっていないと思う。
そして、あらゆる賢者の教えは、ぎぎぎり間違いのない言い方をするなら、「自分の心に惑わされないようにしろ」だと思う。
新約聖書の福音書では、イエスはそれを婉曲的に語っているように見えるが、イエスも、実際は、もっと直接的に言ったと思う。まあ、しかし、いずれにしても分かることではない。
心が惑わすものであることは、誰でも知っている。
それが諸悪の根源である。
それを封じるために、法然は、念仏という手段を選んだが、それ以外のことを、庶民・・・というか、大半の人間は出来ないことを理解していたからだ。
しかし、今の時代の人間に、阿弥陀如来の存在を信ぜよというのも無理がある。
だが、精神科学の研究によれば「大丈夫」といった言葉が、心の悪影響を防ぐ効力があるということが分かっているし、実際に、成功や勝利を得る者は「大丈夫」といった肯定的な言葉を常に頭の中でつぶやいている。
マハルシも、真言(マントラ)を常に唱えることは薦めていたらしいし、最上のマントラは「私」であると述べたという話もある。
一方、マハルシと同時代の聖者で、上記のデヴィッド・R・ホーキンズも、マハルシ同様評価しているニサルガダッタ・マハラジは、究極の真言があるとすれば「私は存在する」だと言ったと書かれた本もある。

そして、つまるところ、マハルシもそう言ったのだと思うが、最も重要なことは、心を1つの想念に集中させることなのだ。
念仏でも、真言でも。
上記の『不滅の意識 ― ラマナ・マハルシとの会話』では、マハルシは、熱心に瞑想しているように見える修行者より、「仕事を下さい」と一心に祈るプー太郎の若者を評価していたとある。彼は、心が「仕事が欲しい」という1つの想念に強く集中しているからだ。
しかし、集中しようとする想念には良くないものもあるだろう。
道徳的かどうかという問題ではなく、その想念に集中しようとしたら、かえって、想念が揺らいだり広がったりして、惑わされる場合だ。
美女に関する想いなんて、ほぼ間違いなくそうなるだろう。
富について言えば、単に贅沢をしたい場合なら、やはりそうなる。
ただ、本当に熱心に富を求める理由があれば、それはそれで良いかもしれない。
要は、集中にどれだけエネルギーを注ぎ込めるかなのである。
アインシュタインは、一般相対性理論を完成させる時には、相当なエネルギーを集中させたが、ああいった名誉に関わることは、妄念も起こさせる。
アインシュタインは、運も手伝ってうまくいったが、心に歪みも残したように思えるのだ。
だから、悟りのための集中は、あまり実利と関わらないことの方が良いだろう。
初音ミクさんは・・・彼女は、エイリアンエイリアンではないが、私の心を惑わせる・・・まあ、それも良いところの1つであるが、悟りのための集中の対象にはしないでおく。
何でも良いのである。
訓練次第ということもある。
とりあえず、万能呪文で鍛えると良いと思う。すると、道は開ける。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加