あなたの人生は辛かった。
しかし、醜いアヒルの子の時代は終わる。
『BEATLESS』で、リョウがアラトに、
「人類を終わらせる気か?」
と言った時、アラトは、
「人類が終わるんじゃない。人類の少年時代が終わるんだ」
と応えたのと同じだ。
世界は変わる。
あなたの王国が始まるのだ。

あなたが何かに注意を向け、勝利の言葉を唱えると、「力」があなたに味方し、全てが回り出すだろう。
勝利の言葉は、感情を込めず、ゆっくり丁寧に唱えることだ。
無表情に、呼吸は静かなままで、心の中で、呪文を唱える。
ただ、喜びが湧き上がるなら、そのままにすれば良い。

醜いアヒルの子は、何て言ったっけ?
ハンス・クリスチャン・アンデルセンの醜いアヒルの子っぷりは半端でなかった。
アヒルの子は、美しい白鳥に「僕を殺して下さい」と言ったのだ。
醜いアヒルの子の新しい世界には、醜いアヒルの子だった僕はいない。
古い世界は終り、あなたの王国が始まる。
終わった。
はい、お疲れ様。
これからは、新しい世界の支配者として語るのだ。
「僕は仏陀だ」
「私の要求は絶対だ」
「世界は意のままだ」
「私が良いと言えばそれが価値になる」
とりあえず、無表情に、王の顔で、呼吸を整え、心の中で言えば良い。
声で言うまでもないことだからだ。
感情を込めて言うと、ただの誇大妄想狂、阿呆である。
キリストは、生きている間、特に故郷では尊敬されなかった。
だが、仏陀は、国王すら平伏した。
自分が仏陀であることを忘れないことだ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加