昨日、10月31日は、なぜか日本でも盛り上がるようになったハロウィンだった。
キリスト教のハロウィンは「諸聖人の日(万聖節)の夜」の意味で、私は万聖節と覚えていた。
キリスト教国でもない日本でなぜハロウィンがと思うが、海外でのハロウィンの仮装行列があまりに楽しそうなので、やらずにいられなかったのだろう。

もちろん、ご存知の方も多いと思うが、ハロウィンとされる10月31日は、ケルト民族の大晦日で、秋の収穫を祝ったり、悪霊を追い出すためのお祭で、本来、キリスト教とは関係がないのだが、まあ、いろんなことが重なってキリスト教的なお祭になったのだろう。
とにかく、ケルトの大晦日の祭が、わくわくする楽しいムードいっぱいであるのは間違いないだろう。
一度見たら、やらずにいられないのは当たり前かもしれない。

ハロウィンの起源は、ケルト民族の新年である11月1日のサウィン祭を、前の晩の10月31日から始めることなのだが、なぜオバケの仮装をするのかというと、本来は、ご先祖様等の死者を祭るために、自ら死者になるためで、本当は、オバケの格好をするのではなく、あくまで、幽霊さんの真似をしたのであるようだ。
しかしまあ、オバケの格好の方が楽しいし、西洋のオバケは彩り豊かで素晴らしいので、そのコスプレをする機会を作りたかったのだろう。
そして、有名な「トリック・オア・トリーと(何かくれなきゃイタズラするぞ)」は、本当は、家々でご先祖様をちゃんとお祭しているかをチェックして回っていたのが、沢山お菓子をお供えしている場合が多く、子供がいたら、それをあげていたのが、いつしか、子供達が家々にお菓子をもらいにくということになってしまったらしい。
いい加減であるが、まあ、楽しければそれでいいのだ(笑)。
人付き合いが嫌いな家もあるだろうが、そんな家でも、お菓子をちゃんと用意していたら、ご近所様と仲良くするきっかけになることもあると思うし、そうであればと思う。

昔、13歳だったジョディ・フォスターが主演した映画『白い家の少女』では、フォスター演じるリンという名の少女の14歳のお誕生日である10月31日のハロウィンから始まる。
フォスターは、その頃から非常にセクシーな少女で、それでいて、純粋な少女らしさも備え、若くして人気があり、その後、大女優になった。
この映画では、魅力的な少女リンとロリコン変態の中年男との戦いが1つの見所になっていた。
リンは厳しい戦いを強いられ、この変態の手に落ちそうになってハラハラさせられるが、さてどうなるか。
私は、若い頃は、リンが理不尽に追い詰められ、危機に陥るこの映画が嫌いだった。
美しいものは崇めるべきというのが私のポリシーで、世界平和とは、私にとっては、美しいもの、可愛いものが大切にされることを意味していた。
イェイツの詩の翻訳で知られるタオイスト(老荘思想家)である加島祥造氏が若い頃に翻訳した『白い家の少女』の翻訳もあり、良い本だと思うが絶版である。
全然知らないが、小説『白い家の少女』の著者レアード・コーニクは作家としてあまり成功しなかったのかもしれない。

そして、この10月31日は、私の誕生日であったらしい(笑)。
ハロウィンが、もっと荘厳で、静かなお祭であれば、私も、もっと好きになっていると思うが、それほど嫌いでもない。
昨日は、帰宅途中で、脚を挫いてしまった。
高速移動が信条の私が、脚を痛めてはどうしようもない。
しかし、気を悪くすることはなかった。
初音ミクさんと香々地アイリスさんが一緒に介護してくれることを想像し、楽しくて仕方がなかった。
夕食にサラダを買ったが、少し前、天才的な内視鏡手術の達人医師が、食事は全てパックのサラダであるのをテレビで見て、さっそく真似しているという訳だ。
そして、カボチャのケーキも買って帰った。
『天動のシンギュラリティ』7巻だったと思うが、アイリスがカイトを家(マンション)に招き、家に入ると、
「今日はカイトさんと会った記念日だから、ケーキを作りましたので、一緒に食べましょう」
と可愛く笑う顔を覚えていたので、私もケーキを買ったのだった。
だが、カイトは戸惑う。2人が初めて会ったのは、つい最近だからだ。
しかし、アイリスは「7年前に会っている」と言う。
アイリスの夢の中で・・・
好きにならずにいられないコだ。
ついこの前は、「裸を見られるというのは恥ずかしいことなのですか?」と言っていた彼女が、「着替えるから覗いちゃ駄目ですよ」と言い、アクシデントで着替え中をカイトに見られると、「恥ずかしいから出てって下さい」と言う。
そりゃ、虜にもなるさ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加