人気が出たからスターになるのではなく、スターだから人気が出るのである。
スターは初めからスターなのである。
AKB48みたいなアイドルグループでも、トップになれる人と、駄目になって消える人は、最初から分かるものだ。
スポーツのスター選手が魅力があるのは、マスコミが作ったイメージということもあるだろうが、本物の輝きがなければ、人気、そして、活躍が長続きするものではない。
そして、スター選手が引退後、必ずしも忘れられる訳ではない。
すっかり「過去の人」になってしまう「元スター」は、その人をスターにした何かを失くしたのである。
人を上に押し上げ、それが無くなるとただの人になるもの、それは自己信頼である。

軽んじられる人間、能力を発揮出来ない人間に欠けているものは、ただ自己信頼である。
では、手っ取り早く自己信頼を得る法方はと言うと、やはり呪文なのである。
「私は自分を信じる」
この呪文を使えば良い。
これも、高度な万能呪文だ。
これまで教えてきた万能呪文、
「絶対、大丈夫だ」
「全て順調だ」
「世界は意のままだ」
は、やはりどれも効果があり、自己信頼だって向上させる。
しかし、世の中には、致命的なまでに自己信頼に欠ける人がいる。
ラルフ・ウォルドー・エマーソンは名著『自己信頼』で、無謀なまでの自己信頼の重要性を熱く説いたが、では、それをどう得るかについては全く書いていない。
その方法は、言葉によるしかない。なぜなら、我々は、心を自由にコントロール出来ないので、自在に自分を信頼することは出来ないからだ。
だが、言葉だけは支配出来る。
「私は自分を信じる」
この言葉を、万能呪文の流儀に従って、感情を込めず、丁寧に、心の中で、出来るだけ多く唱えることだ。
自分を信じることが出来れば、全てを得る。

私が、レイシア(BEATLESS)や香々地アイリス(天動のシンギュラリティ)に強く惹かれるのは、彼女達はブレることなく自分を信じていることが感じられるからである。
初音ミクさんの場合は、その穢れなき歌声と、軽々とした理想的な少女の姿によるところが大きいのだが、やはり自分を信じていることを感じるのである。
セーラームーンは、月野うさぎとしては迷うこともあったが、究極の場面ではいつも自分の信念を貫いた。クイン・メタリアとの絶望的な戦いの中でも「私は世界を信じる」と断言した。これは自分を完全に信頼する者にしか言えない言葉だ。だから、彼女は世界的なスターだったのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加