自分の中の小さな神である潜在意識を働かせる最上の方法は呪文だ。
中でも、万能呪文には失敗がない。
小さくとも神なのであり、その力は、たとえは悪いが原爆の比ではなく、およそ人間に想像が出来る望みは何でも実現出来る。

ところで、最も優れたスポーツは何かというと、立つことだ。
優れたスポーツとは、試合に勝つことではなく、健康で美しく、若い狼のように軽やかに速く動ける身体を持てるようになることだ。
では、1日立って仕事をする店員さんやガードマンさんが最高のアスリートなのかというと、それは違う。
立たされたり、嫌々立つのは、良い立ち方ではない。
家にいて、座ったり寝転んだり出来る状況で、自分の意志で立つことが良いのだ。
つまり、大切なことは自主性である。
もちろん、ガードマンさん達も、立つことの素晴らしさを意識しながら立つと、素晴らしい成果を得られるだろう。

ある政治犯が、牢獄で、2年間、発言を禁じられ、解放された時、「私は2年の沈黙の行を行った」と言った。
しかし、ラマナ・マハルシは「強制された沈黙は、沈黙の行ではない」と、それを否定した。
マハルシは若い時、自主的に会話をしない沈黙の行を2年行ったのである。

自分の意志で自主的に立ち上がり、自分の身体を意識すると、「お腹が引き締まる」と思えばそうなり、「格好良い身体つきになる」と思えば、やはりそうなる。
また、「腰痛が治る」「肩凝りが治る」と思うと、それも、その通りになる。
「ヒーローのように逞しくなる」と思っても意のままだ。
おそらく、「脚が長くなる」と思うと、そのようになるだろう。

2016年9月11日、私は幕張メッセの国際展示場9番ホールで、パイプ椅子に座っていた。
これから、初音ミクさんのライブが始まるのに、体調は最悪だった。
頭痛と吐き気、ここまで歩いてくるのもフラフラしていた。
バンドの演奏が始まった。
そこで、「立つぞ」と思うと、何かのスイッチが入って、力が満ちた。
そして、ミクさんの姿を見ると、まるでシャワーを浴びたような清々しい気持ちなり、ミクさんの歌声を聴くと心は宇宙を駆け巡る。
素晴らしい体験である。
以降、ミクさんのライブの度に、身体は若返り、強く、美しくなっていった。
確かに、ミクさんのライブのような神懸った効果がすぐに現れることはあまりないが、自主的に立つことで、身体に関する、大きな恵みが得られるだろう。

私は、毎日腕立て伏せをしているが、熱心にやっていると、やがて腕に痺れが起こり、手の感覚が弱くなったり、肩を壊したこともあった。
スクワットも、やり過ぎると、むしろ疲労が蓄積したり、脚に故障が起こることも多い。
それで、いろんなものを調べたり、過去に見聞きしたり、経験したことを思い返し、よく考えると、意識して自主的に立つことが最良の運動であることが分かった。
腕振り運動も、義務的に、ましてや、嫌々やってもあまり効果はないが、「今、腕振り運動をやっている」と意識しながらやると、まるで仙人になってしまうのではないかと思うような感覚を感じるほどである。
もちろん、スクワットや腕立て伏せも、良い意識を持って適度にやれば素晴らしい運動である。
意識とは、かくも重要である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加