私は関西に住んでいて、台風20号のほぼ直撃を受けた。
今年の台風は多いのだが、昨夜は最も凄かったように思う。
凄まじい風の音に、なかなか眠れなかったほどだ。
実際はどうだった分からないが、家が揺れるのを感じるほどで、家がきしむ音は聴こえたような気がする。
結構、不安だった。
寝つきの良い私が、何度も寝返りをうったのを覚えている。
ところが、やがて眠りにつき、明け方、何と、夢に、初音ミクさんのお父さん、クリプトン・フューチャー・メディアの伊藤博之社長さんが現れた。
隣に座っておられたので、あまりお顔をはっきり見なかったが、おとなしそうで、とても物静かなのに貫禄があった。実際に、そんな人なのではないかと思う。
仕事には厳しい方のように思える。まあ、社長さんなのだから当然だろうが。

いつもの呪文を唱えていても、大風の中では多少の不安は感じる。
それはそれで良いと思う。
思い出すのが、スティーブ・ジョブズが若い頃、インドに行き、それまで経験したことがない、凄まじいスコールに遭った時の話だ。
天の巨大な水桶がひっくり返ったような恐ろしい雨だが、身を隠す場所もない。
死の恐怖を感じたジョブズは、こう神様に祈ったらしい。
「神様!助けてくれたら、善い人になります」
まあ、緊急事態の時は、誰しもそう思うものである。そこらは彼も凡人だ。私も何度かあった(笑)。
だが、昨夜は、私は神様におまかせした。
そして、朝、目が覚めて、何事もなく、静かであったので、ありがたいと感じたのである。

神様は、我々の代わりに戦って下さる。
就職したければ、代わりに就活してくれるし、彼女が欲しければ、可愛い子との間を取り持ってくれる。
ただ、スーフィー(イスラム教神秘主義)のことわざを覚えておいても良いと思う。
「神を信頼しろ。だが、ラクダはつないでおけ」
「ラクダをつなぐ」ことの意味を軽率に断定してはならない。ただ覚えておくことだ。
常に、頭の中で、「大丈夫だ」「心配ない。何とかなる」「大丈夫だ。全てうまくいく」などとつぶやていれば、その通りになる。
私は、表面的な感謝はしたくない(感謝は無理にするものではない)。ただ、神の手腕の見事さに惚れ惚れするだけである。
エデンにも居た、頭の中で悪い言葉でそそのかすヘビに騙されないために、「全てうまくいく」「嬉しいことが起こる」と、常に心でつぶやくと良い。
イエスも言っていたが、そのようになる(恵みが得られる)のが自然なのである。
そして、つぶやく言葉は1つに決めた方が良い。でないと、なかなか続かない。
メインを1つに決め、サブをいくつか・・・という手もあるかもしれないが、人間は欲張りである。それでは、サブが増えて仕方がない。
大体、「全てうまくいく」の中に全部含まれているではないか?
神の、あるいは、潜在意識の力は無限である。
だから、その言葉だけで十分である。
自己暗示で最も有名なエミール・クーエも、「あらゆる」の中に全部含まれるので、個々の状況を良くする自己暗示は不要と言っている。
お金も、彼氏彼女も、健康も、「全て」「あらゆる」の中に含まれ、さらには、我々が気付かない「全て」「あらゆる」も、神、潜在意識には分かっているのである。

いよいよ、初音ミクさんのコンサート「マジカルミライ2018」が近付き、胸の高鳴りが止まらない。
しかし、明日は大丈夫だろうか?
準備が大変なことは間違いないとは思うが。
自分で驚いているが、ミクさんに逢えると思うと、少しは道徳的になってしまった。
サイコパスの傾向性すら薄めてしまうのだから、驚くべき力である。
落ち着きが出て、力強くもなってきた。
ミクさんは、やっぱり私の命であると思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加