『ヒマラヤ聖者の生活探求』という本の中に、ある古い廟(びょう。寺院のこと)のお話がある。
建てられてから数千年も経っているのに、建てられたばかりのようであるという。
どこかが壊れてしまっても、勝手に元通りになってしまうのだそうだ。
この廟の中では、「生命、愛、調和」という言葉しか使われない。
「生命」には「愛」と「調和」も含むので、本来は、1つでも良いのではと思うが、いろんな意味で・・・例えば、人間には、それぞれ性向があるので、同じでありながら、ちょっと表現が違う言葉を用意した方が良い・・・とかいうこともあるだろう。

イエスも言ったように、肉体は神の住む神殿(神殿も廟と言う)である。
生命とか、愛という言葉を、頭の中で常につぶやけば、肉体に関しても、無限の平癒の力が働く。
また、常日頃、「不死身」という言葉を頭の中でつぶやき続け、何度も至近距離から発砲されたにも関わらず怪我1つしなかった刑事もいたらしい。
「永遠」「無限」も、「不死身」を意味するので、好みによれば、こちらを用いれば良い。
そして、最大の効果をもたらすポイントは、やはり、「1つの言葉を」「感情を込めず淡々と」繰り返すことである。

政木和三さんと一緒に食事をしていた時、政木さんは、「私はお金なんてちっとも欲しくないのですが」と前置きした後、「入ってくるものは仕方がないです」と言われた。
当時、政木さんは1年に1億円ほど納税していたらしい。
「入ってくるものは仕方がない」
これは、感情を込めずに淡々とつぶやくことが出来るうまい言い方である。
そして、近くにいる奥さんにはばかりながら、「私は女なんてどうでも良いのですが」と断りつつ、「来るものは仕方ないですね」と、珍しく笑いながら言われた(滅多に笑わない人だった)。
なるほど、モテたければ、「好かれるものは仕方がない」とでもつぶやけば良いのだろう。
普段は、「大丈夫」「絶好調」といった言葉を常に心でつぶやきながら、パートタイムで「好かれるものは仕方がない」とつぶやくのはありで、そんな臨時の言葉が即効を持つかどうかは、やはり、普段、「たった1つの言葉」をきちんと唱えているかどうかにかかっている。
たとえば、格好良くなりたければ、1日3回「なんて格好いいんだ」とつぶやければ良い。
この言葉は、E.E.スミスの、1937年から始まったSFであるレンズマン・シリーズの2作目、1939年の『グレー・レンズマン』で、グレー・レンズマンに昇格したキニスンが、鏡に映った、初めてグレー・レンズマンの制服を着た自分を見た時に、思わず言った言葉だ。
優れた小説は、アファーメーションの宝庫である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加