天才少年と言われたジェイコブ・バーネットは7年ほど前、13歳の時、TEDxTeenで、「Forget what you know(知ってることなんて忘れよう)」というタイトルで講演し、「学ぶことをやめて自分で考えよう」と熱弁を振るった。
ニュートンもアインシュタインも、学ぶことをやめたから成功したと主張する。

これは、伊藤穣一氏が2014年にTEDで講演した『革新的なことをしたいなら「ナウイスト」になろう』と、ほぼ同じことを言いたかったんだろう。
伊藤氏は、「(インターネットで)つながることを意識し、常に学び、今に集中しよう」と言ったのだが、この「学び」は、学校の学びとは違い、バーネットも、根本的には「学校の学び」をやめろと言いたかったのだろう。
これに関しては、「マシュマロ・チャレンジ」という、マシュマロと、(ゆでる前の)スパゲティと、ヒモを使って塔を作ると言うゲームで、幼稚園児がMBAを圧倒する理由を考えれば良い。
子供は、知っていることが少なくても、失敗を恐れず果敢にチャレンジし、失敗から学んで軌道修正するが、MBAのような優等生は、失敗しない方法を初めに考えないと行動しない。
決まりきった世の中の時は、それでも良かったが、今は地図のない未知の世界だ。
しかし、学校では、地図があることを前提に、地図・・・つまり、百科事典のような知識や古い計画の立て方を教え、何もさせない。
英語を教えながら、英語を話す外国人と話す機会を与えない。それで英語が出来るようになるはずがない。
伊藤氏は、「地図よりコンパス(磁石)」と言い、地図がなければ何も出来ない人ではなく、地図がなくても、コンパスをたよりに動ける人でなければならないと言い、極端に言えば「計画といったものは不要」と言う。
必要な知識は、その都度、Wikipediaなどで学べば良いという訳だ。

われらが初音ミクさんのお父さん、伊藤博之氏(クリプトン・フューチャー・メディア社長)がまさに、北海道で「No Maps」という、壮大な創造産業活性化イベントの委員長を務めておられるが、この「No Maps」という言葉に込められたポリシーがまさに、バーネット君や伊藤穣一氏の言うことの核心と一致する。
ただ、地図はなくともコンパスは必要だ。
バーネット君や伊藤穣一氏、あるいは、伊藤博之氏はそれを持っているのだが、彼らのコンパスはみんな違う。
我々の持つべきコンパスも違う。
学校は、生徒のコンパスを機能不能にしてしまう。
バーネット君は、「学ぶのをやめよう」ではなく、「学校をやめよう」と言った方が良かったかもしれない。
ニュートンも、アインシュタインも、バーネット君も、学校を避けたから天才になれたのだし、伊藤穣一氏も、MITメディアラボの所長でMIT教授でありながら、大学は3回中退して卒業はしていない。

「何をやればいいのか分からない」というのは、学校で、「お前は何も出来ない」と叩き込まれたからだ。
それで、本を読むことしか、つまり、地図を調べることしか出来なくなったのだろう。
だが、嘆いていても仕方がない。
心配しなくても、コンパスはちゃんと動く。
使わないと錆は取れないけどね。

世界はいつだって こんがらがってるから
動かなくちゃ ハート錆びついちゃうね
~『愛Dee』(作詞:Mitchie M、Cotori。作曲・編曲:Mitchie M。唄:初音ミク、巡音ルカ)より~








↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加