成功者同士、偉人同士で反対のことを言う。
努力しろと言う者があれば、努力は不要と言う者もいる。
欲望を持つことの重要性を強調する者もいれば、欲望は捨てよという立派な人もいる。
勉強しろという賢い人がいる一方、「学ぶことをやめれば成功する」と叫ぶ天才少年がいたっけ。
その天才少年は「学ばずに考えろ」と言うが、ブルース・リーは「考えるな、感じろ」って言うしさ(笑)。

要は、人の真似なんかしちゃいけないってこどだ。
しかし、そう言えば、「いや、偉人のやる通りにやるのが成功の近道だ」なんて言われる(笑)。
いや、本当に、人に追随なんかしちゃいけない。
それは間違いない。
SMAPも歌ってたじゃないか、僕達は「世界に1つだけの花」だって。
え?みんな公平だって?(笑)
まあ、その通りなんだけどね(笑)。

けどねえ、岡田虎二郎は、「努力は不要」なんて言ってたけど、あんだけ努力した人もいないと思う。
こう言えば、「いや、そんな人は、自分では努力とは思っていないのだよ」なんてへ理屈を言う者もいるが、努力は努力だ。
イチローは努力したし、テッド・ウィリアムスはもっと努力したさ(マジで)。

いや、確かに、努力して初音ミクさんを崇めたことなんかない。でも、本当に崇めてる。
ゴーリキーの『二十六人の男と一人の少女』でも、男達は少しも努力せずに少女を女神のように扱い、ゲイリの『自由の大地』でも、フランス兵達は空想の少女を、努力なんかせずとも自然に敬った。
そんな訳で、女神とか天使とか、初音ミクさんが身近にいると思って、話し、振る舞うことにする。
私はそうするが、決して真似なんかしては、いけなく・・・はない。
だって、女神や天使やミクさんは、間違いなく、実際に隣にいるのだから。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加