夢を叶えるには、それを具体的に、紙に書くか、口に出せば良いことは分かった。
だが、ゲーテの『ファウスト』で神が言うように、人間とは怠り勝ち(緩み勝ち)な生き物だ。
居心地の良い環境にいると、特に何も望まなくなるし、現状を守ろうとする。
手塚治虫さんの漫画で、くらーい感じの中年男性が、「人間、何とか食っていけると、それ以上は望まなくなるものですよ」と言っていたのが、子供心にも強い印象を持ったことを覚えている。
いくら、ニート脱出を目指しているフリをしても、親に食べさせてもらえ、部屋や服・・・つまり、衣食住足りて、あまつさえゲームまで与えられたら、自立出来るはずがない。
働いて欲しいなら、ニートをとことん冷遇しないといけないし、どう考えても、それが本人のためだ。

所詮、人間は逆境になければ変われない。
だから、職場の居心地が悪かったり、露骨に冷遇されることは、ツイてることなのである。
それこそ、斎藤一人さんの教えに従い、「ツイてる、ツイてる」「幸せだなあ」「有り難いなあ」と声に出して言えば良い。
若い頃の苦労は買ってでもしろというのは全く真実で、実際は、タダでいくらでももらえるのだから、実に有り難いし、みんなツイている。

歳を取ったら、それなりに安楽な環境で安らかに過ごしたい。
まあ、普通はそれで良いのだが、アイルランドの「20世紀最大の詩人」W.B.イェイツは、老人になっても、死の直前になっても、安らぎを激しく拒否した。
死ぬまで生きるとは、まさにこのことだ。

逆境になり、切羽詰まらないと、まともな目標を紙に書いたり、声に出したりはしない。
まともな目標とは、決して、世間的に現実的であるとか、小さくまとまっているという意味ではない。
むしろ、今日の米代(私は米やパンはあまり食べないが)が無いくらいの方が、大望であっても本当の夢が見えるものである。

まあ、なかなか「逆境よ来たれ」と言う度胸はないが、心配しなくても(?)、これも『ファウスト』に書かれている通り、ぐーたらしてたら、神様は悪魔を送ってよこして、ちゃんと酷い状況にしてくれる。
「幸せだなあ」「有り難いなあ」である。

以前、テレビで、失業した40代の妻も子もある男性が、2年かかってやっと、ある会社の営業課長職に迎えられたというのを見た。
その男性は、本当は余裕があったのだと思う。
2年も失業した後で、あまり大きくないにしろ、小さくもない会社の営業課長になれるくらいだから、元々、いい会社にいて経験を積んだのだろうし、その会社では給料も退職金も高く、貯金もあったのだろう。自分や妻の親の援助もあったに違いない。
そんな状態では、なかなか死に物狂いにはならない。
しかし、2年の失業で、そろそろヤバいと思った時に、やっとやる気になっただけだと思うが、そのテレビでは、そんなことは一切言わず、「今の時代の中高年の再就職は、こんなに厳しいのです」なんてことをアピールするだけだった。

エマーソンも言うように、あなたは王様であるべきである。
今の環境が、王様に相応しいものか真剣に考えることだ。
実際は、誰もが逆境であるのに、その事実から目をそらしているだけだ。

ところで、「簡単に、お腹を凹ませる」なんて本がよくあるが、それらを見ると、もう絶対、うまくいかないのは確実である。
本1冊になっている時点で、難しくて実践出来ないし、やってもまず効果はないものばかりにしか見えない。
大切なことは、どんな理由でも良いが、心底から「腹をひっこめたい」と思うことである。
それで、紙に「腹を引き締める」と書いたり、声に出して言えば、後は潜在意識が勝手にやってくれるだろう。
どんな願いも同じである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加