ある一流の教育関連企業に勤める男性から聞いた話だ。
彼が東大生のアルバイトを雇ったところ、その男子東大生が極めて優秀で、社員よりよほど効率的に、しかも、高度に仕事をやってしまい、すっかり舌を巻いたのだと言う。
全ての東大生がそうであるかは分からないが、とにかく、その教育関連企業の社員は、東大生のイメージを良くした様子だった。
ところで、その教育関連企業の社員が、その東大生に、東大入試合格の秘訣を聞いてみたらしいが、その東大生は、そんなものは特になく、予備校もちょっと行ったことがある程度で、それよりも、一科目について一冊の参考書を覚えてしまうのだそうだ。
「どの参考書が良いのか?」と聞くと、「どれも同じ」と言う。
それで、どれも同じだから、どれでもいいから1冊覚えれば、それで良いのだと言う。
ただし、覚えた後、その参考書はボロボロで、ほとんど原型を留めないのだと言う。
私は、以前、一流大学合格者の勉強法を集めた本で、ある受験生が、「表紙があるうちは勉強したことにならない」と述べていたことを思い出した。

その東大生は、優秀とかIQが高い以前に、彼には意思の強さがあるのだと思う。
どの参考書も根本的には同じ(まあ、評判の良いものを選んだので、そうは外れていないというのはあると思う)なので、1冊覚えてしまおうと思い、それを本当にやれるというのは、強い意思を持っているからである。
最近、よく書いているが、人間の最大の武器は意志の力である。彼は、それを高度に備えているのだ。
生まれつきの頭が良いとしても、やはり、ボロボロになるまで読まないと覚えられないのだが、それには意思の力が必要なのである。

中学しか出ていないが、何十年も大きな事業をやっている男性が、19歳の時、住んでいた兵庫県から、東京にいる尊敬する人に弟子入りしようと訪ねたが、ほとんど相手にされなかった。しかし、ただ、「『ローム太霊講和集』をボロボロになるまで読みなさい」と言われたらしい。
それで10年以上かけて、ボロボロどころか、本がバラバラになるまで読んだところで、その本の残骸を持って再びその偉人に会いに行ったら、弟子ではなく友人になってくれと言われたという。
確かに彼は、言われたことをやったのであるが、そこまでやるのは、自主的な意思であり、意思を最大に使うことで意思を鍛え上げ、そして、超人になったのだと思う。

関英男博士は、毎朝、腕振り運動を2千回必ずやったらしいが、その意思があったから、90歳を超えても世界中を飛び回って研究することが出来たのだろう。
よく、腕振り運動を勧めたら、百回、二百回でせいぜいみたいなことを言う人がいるが、その程度では修行にならない。しかも、1年365日、必ずやるどころか、そのうちやらなくなる場合が多いのだろうと思う。そんな意思の力しかないので、大したことが出来ないのだと思う。
関博士の場合は、他にも沢山のことをやっている上での腕振り運動2千回である。
例えば、美しくなるために腕振り運動を毎日千回やり、「これで美しくなる」と思えば、1年365日欠かさずにやるなら、それなりに美しくなるだろうと思う。
本当は、何もしなくても「美しくなる」と信じることが出来れば美しくなるが、最初からそこまでの意思を持った人は少ないので、何かで意思を鍛える必要があるのである。
そして、際立って美しくなりたいなら、3千回、4千回が良く、それだけの意志力があれば、物理世界をハッキング(書き換え)してしまえ、大変な美人になるだろう。
フォード自動車創業者のヘンリー・フォードがあらゆる人に勧めたというラルフ・ウォルドー・トラインの本の中にあるように、80歳を過ぎても25歳以上に見えない女性のようにもなれると思う。
もっとも、トラインは、その女性の特徴は楽観的であることと書いていたように思うが、楽観主義を勧めるヘレン・ケラーも同じだが、楽観的になるためには意思の力が必要なのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加