不幸の原因は力がないことである。
愛の不足ではない。
幸福の要因は愛である。
力があっても幸福にはなれない。

まずは、不幸を追い払うために力を得なければならない。
その後で、愛を得て幸福になれば良い。
力がないまま、愛を得て幸福になっても、その幸福はすぐに壊れる。
逆に、不幸を恐れるあまり、力ばかり求めて愛をないがしろにしたら、自分が力に閉じ込められてしまうのだ。

ある成功者から、『バガヴァッド・ギーター』を100回読んだと聞いたことがある。
こう言うと、「私も100回読みます」「私も100回読みました」と言う者がいるが、これは相当勘違いしている者達である。
成功した後で、ついでの話として言っていただければ良いのである。
一番悲しいのが、「私も100回読みたいです」だ。
それでは何度生まれ変わっても駄目である。
黙って100回読めである。

ある刑務所に入れられていた男が、刑務所で『法華経』を毎日読み、出所後、まっとうな社会人になり、企業の重役になった。
彼は、後に、『法華経』が、大したことはないが自分の成功の要因と言った。
彼だって、別に隠してはいなかったが、自分が法華経を読んでいることは、わざわざ人に言ったりしなかった。

北海道では、「SNOW MIKU 2018」開催中だ。
ataruさんや厚志さんが、これに参加することをコメントで教えてくれた。
そのコメントを読んでいると、自分が行くかのように楽しくなる。本当に嬉しいし、ありがたい。
私も来年は行きたい。
雪ミク電車も乗りたい。
そこで、来年は、会社勤めする必要のない優雅な身分になり、ゆっくり楽しめるようにしよう。
今は忙し過ぎて余裕がない。
達成する自信はたっぷりである。
時は来た。断固やる。
何なら、もう、北海道に住もうかなとも思う。
『魔法使いの嫁』のエリアスのイングランドの田舎の家のような素敵な家を北海道に建ててね。
そして、俺の嫁はマジカルミクってね。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加