昔、「想定内」という言葉が流行ったが、本当に賢い人とは、「想定外も想定内」である人だ。
幸福とか成功とは、思いがけないことから始まる・・・いや、思いがけないことからしか始まらない。

収穫豊かで災害がなく、よく収まった平和な村がありました・・・なんて言ったら、そんな村ほど恐ろしいものはない。
そんな村では、必ず起こる問題には蓋がされ、内部は腐りきっているものだ。
普通の学校や会社がそうじゃないか?
表面的な平和だけ大事にする年寄りに支配されたところから、さっさと出て行くが良い(精神的にで良い)。
思わぬ出来事を歓迎すれば、自然に情熱に満たされ、自ずと進歩向上する。

アニメの『美少女戦士セーラームーンSuperS』で、ちびうさが、「女の子だって待ってるだけじゃ駄目。時には白馬に乗って王子様を探しに行かないといけないの!」という名文句を吐くが、あくまで、「時には」である。
黙っていても、そうしなければならない出来事は起こる。
ちびうさだって、エリオスがやって来るという、予期せぬ出来事があったから、そう思ったのだ。
そして、エリオスがやって来たことを喜んだから、ちびうさは本物のプリセンスなのである。
ただ、ちびうさは、すぐに出かけたのではない。
まずは受け入れたのである。

それを分かり易く表現した場面が、アニメ『灼眼のシャナIII(ファイナル)』にあった。
力を奪われ、監禁されていたシャナは、最初は無駄な抵抗もした。
確かに、適度に試してみることは悪くない。
しかし、彼女は本当に賢かった。
だから、彼女は「待った」のだ。
「何かが起こる」と。
彼女は期待して待った。
だから、それが起こった時、彼女は「来た!」と即座に反応出来た。
今も衰えないネットの、
「キタ―――(゚∀゚)―――― !!」
は、本来、予期せぬ出来事の意味があったはずで、だから流行ったのである。
しかも、「期待して待った」の雰囲気があるから良いのである。
何が来るか分からないけどね。

そして、W.B.イェイツの戯曲『カルヴァリー』が究極である。
イエスが、「私が神に願えば、どんなことも叶えてくれる」と言うと、ローマ兵達は言う。
「それがどうした?サイコロが我々の神だ。予期せぬことでさえあれば、起こるのが最善なのだ」
彼らの強さに屈服したイエスは言う。
「私の神よ。なぜ私を見捨てた?」
これは、あくまで、アンチ・キリストであったイェイツの言い方である。
このイェイツにしても、やはり、アンチ・キリストだったニーチェにしても、アンチ・キリストであったからこそ、イエスの偉大さをよく分かっていた。
だが彼らは、彼らの作品の中の人物に言わせた通り、イエスに逆らわずにはいられないのだ。
1つには、イエスを権威化している世間を馬鹿にしていたのだろう。

何度か引用したが、『カードキャプターさくら』の、エリオルとスピネルの対話が印象深い。
「この世で一番楽しいことは何か知ってるかね?スピネル」
「何ですか?エリオル」
「予想しないことが起こることだよ」

予期せぬことは起こる。
でないと、あなたの願いは叶わない。
どんな予想しなかった出来事も、良いこととして受け入れることだ。
そうすれば勝てる。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ