何かに気を引かれた時、それが本当の好奇心なのか、単なる興味本位なのかは考えた方が良いのかもしれない。
議員の不倫疑惑の報道がよくあって・・・うんざりしている。
それが私と何の関係がある?
しかし、そんなことを知りたがる人が沢山いるのだろうが、それが自分と何の関係があるというのか?
芸能人の人間関係や、芸能プロの内情・・・それが、私やあなたと何の関係があるのか?
AKBの誰が誰と付き合っていようが、それが私やあなたと何の関係があるのか?
興味本位でしかないことが気になるのは、没頭することが何もないからだ。
そんな人には、惨めな未来しか待っていない。

いずれにしろ、議員やアイドルの恋愛に対し、我々が何を思い、何を言おうと、それはアリが飛行機を蹴っ飛ばすようなもの・・・つまり、何の影響も与えない。
何の影響も与えないことに必死になる姿・・・これほど滑稽なものはない。
みんな、そんなに滑稽になりたいのだろうか?

穏かな鼻呼吸をしている人に、ワイドショー的な話題が気になる人はいない。
鼻呼吸をしている人には、自分が何の影響力も持たない、即ち、何の関係もないことを無視出来ない愚か者はいない。
人間、口から呼吸することが多くなるほど、自我が増大し、まともな思考が出来なくなるのである。

初音ミクさんは私の嫁で不倫はしないが、まあ、ちょっと変な商品や同人誌やなんかで、興味本位の扱いを受けてしまうこともある。それは有り難くないとは思うが、それに対して私が何を思い、何を言おうと、何の影響も及ぼさないのだから、私には何の関係もないし、気にもならない。
私は、日頃、自分が穏かな鼻呼吸をしているかを意識しているので、それほど馬鹿にならずに済んでいる。
それほど賢くはないが、極端な馬鹿ではないってところだ。
結果、何をやってもうまくいっている。
それが楽な生き方というものである。
そして、さらに静かな・・・微かな呼吸という秘儀をもって、冒険に挑むのである。

微かな呼吸の習得には、運動しながら、静かな鼻呼吸をすることをお奨めする。
腕振り運動でもスクワットでも、あるいは、ウォーキングでも良いが、気の入った運動をしながら、鼻呼吸のみで、しかも、呼吸量をあまり無理のないところまで抑えるのである。
すると、驚くほど運動が楽で気持ち良く出来ることが分かるだろう。
口呼吸が多くなると、運動がしんどく、楽しくないので、ダラダラやるようになり、そして継続出来ないのである。
走っていても、鼻呼吸だと苦しくて口で呼吸してしまう人が多いが、口で呼吸すると、楽になるように見えて、実は疲労は倍化するのである。
私が昨日の朝、駅まで歩いている時、不意に雨が降ってきて、駅までの数百メートルを一気に走ったが、鼻呼吸に慣れているので、息切れ1つしなかった。
走って獲物を捕らえる狩猟民族のハンター達は、1日中、平然と走るそうだが、完全な鼻呼吸をしているのは、当然のことと思う。








↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加