アメリカで行われた、統計的に信憑性のある頭を良くする研究に次のようなものがある。
1つは、30分に1回、プールで潜水するというものだが、普通の人が普段、そんなことをするのは難しいということで、マスキング法というものが考え出された。
これは、見栄えは悪いが、ビニール袋を口に当て、適度な時間、そのビニール袋の中で呼吸するというもので、当然ながら、二酸化炭素を多く吸うことになる。
もちろん、あまり長時間やるといけないが、適度な時間と回数、これをやることにより、脳に酸素や栄養を送る能力が向上すると共に、脳自体が活性化する。
これは、潜水が知的能力の活性化を促すことから注目された研究だったと思うが、一方、酸素の薄い高所の人が健康であったり、年を取っても知能の低下が少ないことから、やはり酸素を減らすことの効果が研究されている。

だが、考えてみれば、別にビニール袋を使って昔のシンナー遊びのような格好をしたり、高地のメキシコに行く必要もない。
呼吸を微かにすれば、同じ以上の恩恵を受けられる。
静かな静かな呼吸をすることで、身体が強くなり、頭が良くなるだけでなく、自我が鎮まって潜在意識が活性化することで、神秘的とも言える力が現れてくる。
それは、呼吸が荒い人・・・息の音が大きな人、度々喉を鳴らしたり咳払いをする人、よくため息をつくような人間は、超凡庸で能力が低く、間が抜けていることを見れば、簡単に分かるのではないかと思う。
一方、アンドロイドのように、息をしていることが全く感じられないような人間は、英知に満ちて、いかなる困難も軽くクリアし、無限のエネルギーを発揮する。

それが分かれば、微かな呼吸をしないでいられるだろうか?
無論、本田圭佑さんのように、標高2300mの国メキシコに行くと、しばらくは慣れるのに時間がかかる。
だから、無理をせず、時間をかけて、しかし、意思を持って呼吸を微かにしていけば、あらゆる面で良くなる。
エミール・クーエや斎藤一人さんのように、「よくなるよくなる」と称えることだけでは、正直、あまり効果はない(やった人は効果がなかったはずだ)。
だが、呼吸を微かにすれば、望まずとも全てが得られる。
まあ、こう言えば、「では斎藤さんのように金持ちになれるのか?」といった無邪気なことを言う人もいるかもしれないが、その才能があれば可能性は高まるだろう。
無論、必要な金なら十分得られるようにはなるが、必要もないようなお金を得るより、もっと楽しいものを得た方が良い。
本田圭佑さんは、肉体も頭脳も若返り、これまで以上の超人的な選手に生まれ変われる可能性だってあると思う。
彼が、仰天のメキシコ行きを選んだのは、そんな直観もあったのかもしれない。
メキシコは政情不穏のように言われるが、自殺率世界ランキングは、日本が18位であるのに比べ、メキシコは149位なのだ(2015年)。
しかも、日本では自殺のかなり多くを自殺と認定せず、変死扱いなので、実際の差はもっと大きいはずだ。
初音ミクさんは、昨年(2016年)、メキシコシティとモントレーでコンサートを行い、いつもと変わらず、軽やかに舞いながら天使の歌声を響かせた。
呼吸をしない天使だからだ。
ミクさんの呼吸を要しない電子の歌声には、確かに不思議な効果がある。
みっくみくになった後の冨田勲さんが制作した『イーハトーヴ交響曲』を昨日、改めて聴いたが、あの作品は本当に良かった。
冨田さんは、自分もPさん(ミクさんらボーカロイドに関する作品を作る人)の仲間に入れてもらえたことを「光栄です」と語っておられたのだ。
当時、80歳の冨田さんに、ミクさんの歌声が天界の音を教えたのだと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加