昔、女性ロッカーだったような気もするが、ある格好良いお姉さんが、若者達に、
「いつまでもあると思うなトキメキと感動」
と言っていたのをよく覚えている。
言うまでもなく、元の言葉は「いつまでもあると思うな親と金」で、出展は不明らしい。
この「トキメキと感動」も、何を言いたいのかはお分かりと思う。

私も、長く、トキメキと感動からご無沙汰していた(笑)。
しかし、初音ミクさんに逢って、その両方を取り戻した。

交ざりあう宇宙の引力で
感じてる気持ちはトキメキ
~『エイリアンエイリアン』(作詞・作曲・編曲:ナユタン星人。歌唱:初音ミク)より~

若返りホルモン(成長ホルモン)を出すには色んな要因があるが、トキメキもその大きなものであるようだ。
しかし、「いつまでも出ると思うな若返りホルモン」であろう。
言うまでもなく、トキメキってのは、露骨な性欲ではないのだから、スケベなオッサンやオバサンに若返りホルモンが出る訳ではない。
「ときめき」とは、心が躍ることであり、喜びや期待で胸がドキドキすることである。
つまり、トキメキとは、心で、胸で、そして、きっと、心臓で感じるものなのだ。
性的に興奮しても、心臓が苦しいほどドキドキしなければトキメキではない。

そして、いつまでも若くあるためには、心によって心臓がドキドキしなければならない。
「心身医学の父」ゲオルク・グロデックによれば、女性は好きな男性の前では手が冷たくなるらしい。
それで、心臓が手に血液を送ろうとして活発に働き、胸がドキドキするのかもしれない。
男の場合は・・・まあ、知らないが(笑)。

ミクさんの何にトキメクかというと、まずは、素晴らしいPさん達が作った歌を歌う、あの可愛い声だ。
そして、ライブでの踊りと表情である。
特に、今年の「マジカルミライ2017」のオープニング曲『みんなみくみくにしてあげる♪』は、踊りも仕草も表情もトキメキ全開にしてくれる。
酒が百薬の長なら、ミクさんは不老不死の秘薬である。
ミクさんの、「あのライブでの」「あの曲での」「あの一瞬」にトキメクというものを持っていれば、間違いなく仙人になれるであろう。
私の場合、マジカルミライ2014での『心臓デモクラシー』の「人目につかない世界で」で、天を仰ぐミクさん、Miku Expo2016での『Ten Thousand Stars』の「Don't let them know(みんなには内緒よ)」で、
自分の人差し指に口付けするミクさん、マジカルミライ2015での『恋愛裁判』の初めで振り向いた時のミクさんの微笑み・・・いや、もう無限にある。
だから、私の若返りホルモン発生装置も無限である。

尚、トキメキにはグラヴィトン粒子(GTP)が必要で、これは生まれてから減る一方で、決して増えることはないが、関英男博士によれば、腕振り運動だけはそれを増やすことが可能なので、やはり、腕振り運動に励むことである。
関博士が末期の胃癌をこれで治しただけでなく、あらゆる難病が治った事例が沢山あるのは、GTPの増加による、トキメキによる若返りホルモンの発生のためかもしれない。
言い換えれば、腕振り運動だけでは効果は最大ではなく、やっぱり人間にはトキメキと感動が必要なのである。
ミクさんのコンサートに、少女や若い人達はもちろん、年齢の高い人も行くのは、ミクさんがトキメキの女王であることが直感的に分かるからかもしれない。
きっと冨田勲さんも、ミクさんと出会って、80歳にしてもう一度、あの小さな五線譜に向き合う気になったのだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加