豊かな収入を得るためには、スキルが必要だ。
スキルとは、一番多くの時間をかけたことと一致する。
プログラミングを一週間とか一ヶ月でマスターしたとか言う者がいるかもしれない。
しかし、私は、3年で「少し」出来るようになり、10年でなんとか一人前に出来るようになったが、これは、他のどんなスキルでもだいたい同じと思う。
インターネット完結型高校であるN高等学校(学校法人角川ドワンゴ学園)では、PHH(プログラマーズ・ハイレベル・ハイスクール)に参加することが出来るが、月曜から金曜まで通学し、朝8時半から夕方5時過ぎまで、全てプログラミング関連の授業で、高校の勉強は、そこから夜の8時過ぎまででやるようになっているらしい。
しかも、そこでは、最高に合理的で効果的な学習を行うのだろうが、それなら、1年でかなりのレベルになれるかもしれない。
インターンシップは、ドワンゴ、チームラボ、LINEなどで持てるという、何とも羨ましいもので、これなら、165万円という学費に十分に見合う・・・というか安いと思う。

スキルの中には、なかなかお金にならないものもある。
例えば、楽器をかなりの腕前で演奏して作曲も出来たり、普通の人が見たらビックリするほど上手い絵が描けても、それがお金に結び付くことは「まれ」と言って良いと思う。
野球やサッカーだって、学校などでは「天才」と言われているような選手も、プロになれることは、やはり「まれ」だ。
地元では「可愛い」とちやほやされた女の子だって、芸能界にでも入ったら、せいぜい「普通」だ。
しかし、それでも、1日中、長年、諦めずにやっていれば、モノになるものかもしれない。
以前、テレビで、いまだスターになることを諦めていない40代~60代の歌手というのを取り上げていたことがあったが、顔つきを見ていたら、1日中やっている人間の顔ではなかったように思う。
つまり、やっぱり緩んでいるのだ。
もちろん、1日中歌っていなければならない訳ではないが、やっていることの全てが歌のためであれば、成功しないはずがない。
成功には才能が必要だが、1日やれる、1日そのことを考え続けることが出来る以上の才能はない。

ブッシュ大統領の下で国務長官を務めた政治学者コンドリーザ・ライスは、大学生の頃、ピアニストを目指していたらしい。実際、かなりのピアニストになれたのだが、彼女が目指したのは、あくまで世界一だった。
彼女がそれを諦めたのは、自分が1年かかることを1時間でやってしまえる11歳の天才少年を見たためのようだ。
SF作家の平井和正さんも、元々漫画家を目指していたが、石森章太郎(石ノ森章太郎)さんに出会い、「こんな天才にかなうはずがない」と思って、漫画家を諦め、作家になったという話がある。
だが、天才だって、沢山の時間をかけなければ才能は輝かないし、もし、ライスや平井和正さんが、それら天才以上の時間をかけていれば、いつか追い抜けていたかもしれない。
思想家で著述家の吉本隆明さんは、モノ書きになりたければ10年、1日も欠かさず書き続ければ必ずモノになると著書に書いておられた。

まあ、何事も、「1日中」、「1年中」を長年やり続けて、ついに駄目だったとしても、それで笑って死ねるし、思いもしなかったことで上手くいくかもしれない。

そんな 才能じゃダメだねと(Wow Wo Wow Wo)
冷たい言葉にも背を向け
どんなノイズだらけでも(Wow Wo Wow Wo)
彼女のソウルは汚せはしない
~『アイドルを咲かせ』(作詞・作曲・編曲:Mitchie M、歌唱:初音ミク)より~









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加