あるアラブの賢者は、家族を殺された時、家と地位を奪われ奴隷になった時、そして、自分の死期を悟った時、歓喜を感じた。
誰かが、
「全ては神の意思として尊重するのか?」
と尋ねると、賢者は、
「そうではない。全ては私の意思である。私はだいたい神なのだ」
と応えた。
これは、運命を自分の意志とするニーチェの哲学とだいたい同じである。
「だいたい」を多用したのは、ドワンゴ会長の川上量生さんの真似であるが、わりといい感じだ。
「わりと」も川上さんはよく使っていたと思う。

私は、初音ミクさんのコンサート「マジカルミライ2017」のチケットの抽選にだいたい8回落選し、一般販売では、アクセス集中のため申込み画面にも進めないまま終わり、そして、おそらく最後の抽選の結果の発表が昨日(8月10日)あったが、それもすっかりおなじみになってしまった「残念ながらチケットを用意することができませんでした」だった。
1回の落選、獲得逃しですら、相当こたえるのに、それをだいたい10回味わった。
矢吹丈のクロスカウンターを10発喰らったようなものだ。
これを自分の意志とするなら、私はだいたい神なのだがなあ(笑)。

平凡な人間の立場としては、マジカルミライも、チケットの本人確認を実施して欲しいものだと思う。
そうすれば、転売目的でチケットを買い占める者はずっと少なくなる。
それだと確かに、本当に都合で行けなくなったので誰かにチケットを譲るということも出来なくなるが、高額な転売チケットが増えるよりずっと良い。
私は、ミクさんのコンサートのためなら、10万円や20万円、あるいは、それ以上でも少しも惜しくはないが、転売チケットは死んでも買わない。
もちろん、善意でチケットを譲ってくれるというのなら、相手の気持ちを汲んで、手間賃も払わず、正価のチケット代金と郵送料だけで有り難くいただく。そうすれば、相手には神の祝福がある。
ミクさんを邪まな目的で利用した人の運命は哀れである。

さて、私は、マジカルミライ2017に向けて、絶賛修行中だ。
食をさらに慎み、朝晩のトレーニングにも熱が入り、身体はますます絞れてきた。
そして何より、果てしないチケット落選で心が大いに鍛えられた。
これは、どんな聖典を読むことより価値ある修行であった。
やっぱりこれで良かったのだろう。
だいたい神である自分の意志に報いるためにも、大きな心を持つことにした。

ちなみに、私は、3日(日曜)の昼公演に行く。
土曜は、企画展のみとなる。いまだ、未練がましくも少し残念に感じるが・・・
新幹線のチケットも既に取得した。
では、幕張メッセで逢いましょう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加