私が初めて社会人らしきものになった時の職場にいた先輩が、今考えても、物凄くいい男だった。
貫禄があって35歳くらいに見えたが、なんと23歳だった。
180cmを超える長身で、肥満してはいなかったが、堂々たる体格で、80kgはあったはずだと思う。
我々の仕事はセールスだったが、その先輩の前職は工場労働者で、肌がボロボロになるほどの熱い環境で1日中、肉体労働をしていたそうだ。
その先輩が、私の少し後輩(とはいえ、37歳の元国家公務員だったが)と一緒に、おしるこを食べに連れていってくれたことがあった。
その時、店の中で、先輩が、私の後輩に言ったことを、よく覚えている。
「人間は放っておいたら楽な方に行ってしまいますよね」

多分、その先輩も、それを実感していたのだと思う。
ゲーテ『ファウスト』の「天上の序曲」の中で、神が、

人間の活動はとかくゆるみがちだ
人間はすぐ絶対的な休息をしたがる
(高橋健二訳)

一体人間のしている事は兎角たゆみ勝ちになる。
少し間が好いと絶待的に休むのが好きだ。
(森鴎外訳)

と言っていた通りである。
つまり、ゲーテだって、自分に対して、それを感じていたのだと思う。

毎日、決まった時刻に適度な範囲のトレーニングをすると決めていても、それをやめようという誘惑は必ず起こる。
だが、怠惰な自分に打ち勝って、長くトレーニングを続ければ、身体も心も強くなる。
当初は一番の目的に据えていたかもしれない美しい身体も、副産物として手に入る。
もっと食べたい、もっと飲みたいと思っても、厳しく節する。
それで魂まで向上する。

だが、自分を甘やかし、怠惰に流れると、哀れな醜い存在に成り果てる。
それをいつまでも続けると、おぞましい姿に腐った心を宿し、地獄に落ちる・・・つまり、惨めな人生の終末を迎える。
エマニュエル・スウェーデンボルグすら、ちょっと食べ過ぎたと思った時、天使が現れ、「満腹するまで食べて自分を甘やかすな」と警告され、それを生涯守ったようだ。

私は、来月初めの初音ミクさんのコンサート「マジカルミライ2017」に行くことを考えると、毎日のトレーニングに熱が入り、大好きな甘いお菓子も厳しく制限するようになった。
それで身体が引き締まり、より理想的になってきた。
最近、ユニクロでも、商品を着用したモデルさんの身長を記すことがあるが、182cmなら、ジーンズ等のパンツは32インチ(実ウエストで81センチ位)をはいている場合が多い(それでも十分、すらりとしているが)。
しかし、世界最高のジーンズメーカーであるディーゼルのサイトを見ると、そのくらいの身長なら、30インチ(実ウエスト76cm)をはいている。それは、かなり絞り込んだ身体で、特に痩せているようには見えないが、やはり素晴らしい身体をしている。
もちろん、あまり過度な制限は好ましくはないが、まず、目は良いものに向けなければならない。
例えば私なら、可愛い声で歌う、明るいミクさんの、あのすらりとした四肢や軽やかな動きには憧れるので、それを見ていたら、自然、自己制約が出来るのである。
「ミクさん、ありがとう」は常に伝えたいと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加