ギミック(作り話による触れ込み)かもしれないが、有名なプロレスラーだったアメリカの「鉄の爪」フリッツ・フォン・エリックに、こんな話がある。
エリックは、元々は2流選手だったが、その大きな手の握力が意外に強いことに気付き、常に野球ボールを持ち歩いて、それを出来る限りいつも握って握力を鍛え、手で相手選手の顔や胃袋を握って締め上げる「クロー攻撃」という単純な技でトップクラスの選手になれた。
1966年12月3日の、記念すべき日本武道館での初めてのプロレス興行で、エリックはメインイベントに出場し、ジャイアント馬場と戦っている。
ちなみに、バーチャルアイドル初の日本武道館コンサートは、我らが初音ミクさんの「マジカルミライ2015」で、2015年9月4日、5日に行われ、当時の駐日アメリカ合衆国大使キャロライン・ケネディも観劇している。

私は子供の時、エリックの話によって、練習、修行、勉強というものは、特定の時間にやるだけでなく、常にやるという方法もあるのだと知った。
そして、様々な分野の超一流は、起きている限り訓練している者が多いのだと気付いた。
少なくとも、スポーツ選手であれば、超一流は、試合や練習以外でも、自分が選手であることを意識しているはずだ。
まあ、私は実践したとは言えないがね。
だが、これからはやろうと思う。

私はエリックが好きで、彼の試合のDVDも持っているが、エリックはあまりレスリングをせず、クロー攻撃以外の攻撃は、専ら、パンチとキックなのだが、これがエネルギッシュで凄い迫力である。
歳を取ってもそうだったのは、常に、何かを意識して生活することで、宇宙エネルギーを取り込むことが出来るからだと思う。
エリックは、常に握力を鍛えることを意識したので、握力だけでなく、膨大なエネルギーも得たのだろう。
それは、エリックがプロレスラーとして偉大だっただけでなく、プロモーターとしても世界最大のプロレス団体の最高権力者に長く君臨し、さらに、事業家としても大成功したことにつながったのだと思う。

「岡田式静坐法」で知られた岡田虎二郎は、「生活しながら静坐するのではなく、静坐しながら生活しろ」と教え、念仏についても、「念仏をするなら、生活しながら念仏するようでは駄目で、念仏しながら生活するようでないといけない」と教えたらしいが、これも、常に意識を持つことの重要さを教えているのだろう。
そして虎二郎は、「(静坐によって)腹に力がつけば、金はいくらでも出来ますよ」と断言している。

私も、もっと早くから、常の修行を実践すれば良かったと思う。
まあ、別に遅くはないので、今やっているのだが。
ところで、もし、何をすれば良いか分からないなら、自分の呼吸を意識すれば良い。
深呼吸したりといったように呼吸をコントロールするのではなく、単に、呼吸に留意するのだ。
これをするだけで全てを得るだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加