3日前の月曜日の夜のことだ。
食べなければならない事情もあったが、そもそもが私は甘いものが大好きなので、カスタードプリン1つとカスタードシュークリーム2つを一度に食べた。
ダイエット中の人なら、「誘惑に負けた!」と落ち込むようなレベルをはるかに超えているだろう。
すると、私としたことが、「太るんじゃないかな」などと、あらぬ心配をしたりした。
9月に「マジカルミライ2017」で、初音ミクさんに会いに行くのに、ヒーロー体形でなくなったら大変だ。

そしたら、トレーニングの意欲が湧いてきて、普段の倍のスクワットと腕立て伏せをし、武術の練習も、いつものものを2回繰り返し、すっかり汗びっしょりになってしまった。
それで、翌日、体調最高といきたいところだったが、汗をかいてしばらく放置したためか、あるいは、疲れてしまって布団を着ずに寝てしまったためか、いずれにせよ、身体を冷やしてしまった。
低体温の私には寒さは大敵で、火曜日の体調は最悪で、昨日の水曜日もかなり調子が悪かった。
とはいえ、熱意の込もった月曜夜のトレーニングは気持ち良かった。
要は、時には甘いものでもたっぷり食べて、たっぷり運動すれば良いのかもしれない。
そして、後のケアをしっかりすることだ(今回はそこを失敗した)。
ただ、基本はあくまで、毎日、食を慎み、そして、出来るだけ同じ時間に、同じトレーニングを(力がつくにつれ、増加・変化はあるが)することである。
月曜の夜のようなことは、月に一度くらいで良いだろう。
しかし、食を慎むとはいっても、極端は良くないと思う。
私のポリシーは「満腹するまで食べて自分を甘やかさない」である。
それで、177cm、63kgの身体を保っている。

ちなみに、私は炭水化物抜きダイエットは決してお奨めしない。
実は、私も一頃、米やパンを含む炭水化物をほとんど摂らない食事をしていたが、振り返ってみると、イライラしたり短気になることが多かったのは、脳に悪影響があったのではないかと思っている。
個人的確信としては、炭水化物が少な過ぎると、脳にダメージを与えると思う。
それで、夕食時には、少しだが、パンか米を食べ、日中も少し甘いものを食べることにしている。
普段の食事が適切であれば、少々、甘いものを食べ過ぎたところで太ったりなどはしない。

それと、私は起きている限りずっと、出来るだけ、自分の呼吸を意識するようにしている。
マインドフルネスや、仏教、引き寄せの法則、それに、ヴァーノン・ハワードの「秘教的教え」などでは、あらゆる行為を意識的にするよう薦めているが、私は、呼吸にだけ注意を払うのが良いと思う。
ただ、それも、あくまで個人個人の好みや性質によると思う。
しかし、呼吸は全ての基本であり、呼吸を意識すれば、全てのことに留意出来るようになる。
その成果は、エネルギーに満ちて元気になり、心が穏かで自信も出来、直観が冴えて、好ましいことも起こるようになることだ。
つまり、呼吸を意識するだけで全て得る・・・いや、元々持っている資産を存分に使えるようになるのだと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加