「岡田式静坐法」で知られた岡田虎二郎は、「人間は腹から力が抜けた時に邪まなことを考える。常に腹に力を入れよ」と教えた。
中村天風は、片時も怠りなく、肛門を引き締めよと言っていたようだ。
しかし、そんなことは出来るはずがない。
中村天風自身が、それが出来るようになるのに5年かかったというから、普通の人なら、一生かかっても無理だ(多分、彼も口で言うほどではなかったと思う)。
いや、「常に」、どころか、「1日10分」でも、なかなか難しい。

だが、もっと大切で、もっと簡単に出来ることが、「顔を引き締める」ことだ。
別の言い方をするなら、「キメ顔をする」ことである。

イケメンとブサメンの違いは何だろう?
それは、顔が引き締まっているか、緩んでるかの違いだ。
ブサメンでも、普通のブサメンなら、顔を引き締めれば、その場でイケメンになるし、ひどいブサメンでも、1ヶ月も顔を引き締める修行をすれば、すっかりイケメンになる。

キメ顔を続ければ、歳を取ってもイケメンで美女だ。
渡辺謙さんなんて57歳になるらしいが、いつもキメ顔なので、歳を取れば取るほど格好良くなっていく。
一方、「若い頃はいい男だったのに・・・」という感じの人は、生まれつきの素材は良かったのに、いつも緩んだ顔をしているのである。
マイケル・ジャクソンの、あのしかめっ面は、表情が引き締まっているから美しいのである。
だが、彼は、児童虐待の容疑がかけられて久々にメディアに登場した時、まだ50歳くらいでしかなかったのに、随分、顔が変わっていたのは、加齢のためというよりは、表情がすっかり「ゆるく」なっていたからである。

巷では、「小顔になる」「ほうれい線が消える」方法なんてものがよくあるが、多分、どれも嘘だ。
ニコニコ、緩んだ顔で、指や拳で顔を押さえたり、変な顔をしても、緩んだ広がった顔や、単に変な顔になるだけだ。
そりゃ、それらの方法のモデルになっているお嬢さん達は、学生時代は学校中で知らない人はいなかったというような、うまれつきの美女ばかりで、しかも、引き締まった顔をし続けた人達なのである。

マイケル・ジャクソンのDVDでも見て、顔の引き締め方、キメ顔の仕方の参考にすれば良い。
女性で言えば、アメリカの女優のゴールディ・ホーンが、40歳を超えても、不気味なほど若くて可愛かった。
だが、女優の宿命か、歳を取ると柔らかい顔をすることが多くなり、さしもの彼女もオバサンになってしまった。
彼女は、やっぱり、引き締まったキメ顔が最も美しく、40歳を過ぎても少女のようだった。

我らの天使、初音ミクさんは、決して「甘い顔」はしていない。
眉がつりあがっているのは、顔が引き締まっていることの現れである。
アニメ顔の特徴でもあるのだが、閉じていると口がほとんどなくなるのも、口元が引き締まっていることを暗示している。
唇が見えないこともそうで、石原さとみさんは、本当は唇がかなり豊かに厚い人なのに、唇が薄い印象があるのは、笑顔の時だって、実はキメ顔だからである。
まあ、あのくらい素材が良いと、少々ぼーっとしていても美しいが、それも若い間だけである。
あの人が、歳を取っても美しいかどうかは、引き締まっていられるかどうかにかかっている。

キメ顔でいれば、美しくなるだけでなく、幸運も寄ってくる。
なぜなら、キメ顔でいれば、心が引き締まり、意識が透明になって、無意識から宇宙エネルギーが流入してくるからである。
岡田虎二郎や中村天風も、それを狙って、腹や肛門を引き締めることを教えたのだが、既に述べたように、それは難しい。
だが、キメ顔には、美を得るというメリットがあるので、継続し易い。
尚、「キメ顔」と「ふてくされた顔」は、「口元が引き締まっているか緩んでいるか」、「目元に力があるかないか」といったように全然違うので、気をつけるよう。
多くの人達が、いつも不満顔でふてくされているから、醜くて滑稽な顔になっているのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加