「これはいいね!」と思う成功法は偽者である。
本物の成功法は、「これはやりたくないなあ」と感じるはずだ。
成功するために必要なことは、心を立派な子供や犬のように躾けることなのだから。
世間で人気のある成功法は、子供や犬を甘やかして駄目にするようなものばかりだ。

例えば、本物の成功法は、「アゴで使われる」、「嫌いな人の機嫌を取る」なのだ。
ベテランのホステスに人格者がよくいるのも、彼女達は必要な修行が出来ているからだ。

電波工学の世界的権威であった関英男博士は、彼を「オカルト科学者」という色眼鏡で見る雑誌記者ですら、「90歳を過ぎても聡明であること」、「人格者であること」は認めざるを得なかったという話がある。
その通り、90歳を過ぎても世界中を飛び回り、常に海外の論文を取り寄せて、熱心に研究をしていたようだ。
その関博士は、毎朝、腕振り運動二千回を欠かさなかったらしい。
おそらく、1年365日、1日もやらない日はなかったと思う。
これは、極めて根気が要ることである。
ある時期までは、心は、「昨日、忙しくて疲れているし」とか、「ちょっと風邪気味だし」などといって、今日はやめることを正当化し、休もうとするだろう。
だが、関博士は、そんな甘えた子供のような心に、「黙れ!わがままは許さん」「腕振り運動くらい、疲れていても出来るわい」とでも言って、決して休まなかったのだろう。
そうすれば、数ヶ月、数年と経つうちに、心は立派に成長し、自然に規律に従うようになる。
躾けられていない心は、規律に逆らおうとし、放埓(勝手気まま)に振舞おうとするのだ。
躾けられた心は、信念のある心である。
難しい問題に挑む時、「よし、やってやるぞ」と思っても、心が躾けられていないと、心は「無理だよ」と騒ぎ、「やめようよ」と主張する。
しかし、躾けられた心は、沈黙し、動かない。そうであれば、心は、宇宙エネルギーの通路になり、宇宙の無限の力と知恵が流入し、目的は達成される。

この際、大切なことは、イエスも言った通り、修行をしていることを黙っていることだ。
関博士のように、完成してしまえば、人々を指導する意味でも話して良い、あるいは、話すべきだが、そうでなければ、誰かに言うことで心は、「俺は立派だ」と思い上がり、甘やかされたままになる。
本当は、別に、極端に隠す必要もないが、修行していることを、やたら吹聴する者が駄目であることは分かると思う。
関博士の指導で腕振り運動を続けた人達は、難病を奇跡的に治していたらしいが、関博士自身も、胃癌を医療にかからずに治してしまったらしい。
ただ、私は、関博士は、宗教で弱くなったのではと思う。

腕振り運動二千回は、楽な修行である。
もっと短期間で成果を上げる方法は、やはり、上にも述べたが、「アゴで使われる」「嫌いな人の機嫌を取る」である。
これらを常時やることは難しいが、出来るだけやるべきである。
あるいは、「黙る」「逆らわない」でも良いだろう。
甘やかされた心は必要な時に黙るのが嫌いだし、正しいことに逆らいたがるものだからだ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加