従兄が亡くなったらしい。
こう言うと、すぐ、「お悔やみ申し上げます」「ご愁傷様です」なんて言う人がいるが、私は申し上げられたくない。
従兄と言っても、10歳も年上なので、子供の時から、何かと世話になった。
カミュの『異邦人』では、主人公で語り手であるムルソーは、「ママのことは、多分好きだった」と言うが、私は、従兄のことは、間違いなく好きだった。
なぜ好きなのかというと、今時珍しい「まともな人間」だったからだ。
これは、「普通の人間」という意味ではない。
彼は、小さい時から、親戚の家に預けられて育ち、逞しいながら、暗いところもあった。
死ぬような歳ではなく、酒の飲み過ぎで身体を壊したのだが、異常なまでにアルコールに強く、アルコール中毒らしいところは全くなかった。だから、死ぬ時は早いというやつだ。
レスリングの名門大学で主将を務めるほどの猛者でもあった。
小学生だった私にクイック・プッシュアップ(高速腕立て伏せ)を教えてくれたのも彼だった。
大事な天体望遠鏡も、小学4年生の私に譲ってくれた。
大恩人と言って間違いない。

だが、私がサイコパス(脳機能の欠陥のため良心を持たない人間のこと)のせいかどうか自分では分からないが、この従兄が死んだと知っても、私は全く悲しくない。
父親が死んだ時も、親友が死んだ時もそうだった。
一応は、私は、人が死ぬことは、本来は悲しいことではないと思っている・・・いや、確信している。
そして、従兄の偉いところは、自分が死んだことを近しい親族にも伏せさせたことだ。
偉大な漫画家、石ノ森章太郎さんも、死後一週間、誰にも言わないよう家族に言い伝えていたらしい。
これは、私にもよく分かるし、私も、是非、そうしようと思っている。
人が死ぬのは、いつだって急なのである。どんな重病人でもね。
急な葬式に、人によっては、何時間もかけて・・・それ以前に、電車などのチケットの手配をし、場合によってはホテルまで予約してと、面倒なことをしなければならず、親族でそれなりの年齢なら香典も10万円は用意しなければならない。
葬式も大きくなると準備や段取りで、家族も大変だ。
そんなことを考えたら、おちおち死んでもいられない。
それに、最近も葬式に行ったが、その様子は、はっきり言って「反吐が出た」。
私は、葬式無用を言い伝えてある。
また、これは単なる見栄だが、私の死体処理をしてくれる人のために、十分な報酬も用意しようと思う。
あくまで私に関してはだが、もっと気楽に死ねるような仕組みがあればと思う。
狂人、あるいは、ペテン師扱いされることも多いジョージ・アダムスキーが紹介していた、進化した宇宙人社会では、人が死ぬことは特別なことではなく、死体は科学的に分解され、墓もないらしい。
素晴らしい。
私は、全面的に信じている訳ではないながら、アダムスキーに関し、一定の評価をしている理由も、そんなところにあるのだと思う。
それに、彼の哲学には、見るべきところがあることは否めない。

人の一生とは何だろう?
私は、間違いなく、楽しむことだと思う。
ただし、本当の楽しさとは、言うまでもないとは思うのだが、快楽なんかではない。
快楽も含まない訳ではないだろうが、もっと大きな楽しさがある。
それが何であるかは、人それぞれだ。
だが、人生を楽しむためには、知恵とエネルギーが必要だ。
その両方を確実に得なくてはならないし、それは、歳を取るごとに上手くならなければならない。
そして、十分に人生を楽しんだら、黙って去るのみである。

Don't let them know
I won't say goodbye before I go
みんなには内緒
黙って消えるの
~『Ten Thousand Stars』(feat.初音ミク by CircusP)より~









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加