本当に久し振りに8時間寝た。
まあ、単に寝過ごしただけなのだが。
「初音ミクシンフォニー」で、初音ミクさんが東京フィルハーモニー交響楽団の演奏で歌った、Mitchie Mさんの作品『ビバハピ』の、「クタクタ 睡眠は8時間」を思い出す。
16歳のミクさんは、やはり8時間眠った方が良い。
そして、私も時には8時間睡眠は悪くない。気分がとても良い。
普段の私の睡眠時間は4時間半で、本来、これは1年365日、全く変わらない。
夢の中で、「○○と△△は違うのよ」と、何度も少女が言ったのだが、○○と△△を見事に忘れている。
果たして思い出せるだろうか?(多分、無理だ)。

身体は、甘やかしてはならないが、慈しまなければならない。
少なくとも、いじめ過ぎてはならない。
私は、一頃、超少食を実践していたが、それで良い面もあったが、結局、低体温になってしまった。
冬は寒いし、肌が乾燥し易くなった。
宮沢賢治は、元々、病弱であったが、37歳で病死したのは、やはり一頃、無理な食の節制をしたからではないかという説がある。
賢治は、後にはグルメ・・・というほどではないだろうが、ウナギを好んで食べていたというが、ほどほどであれば良いのだと思う。

肉体の鍛錬も、少年漫画のスポ根もののように無理をすれば、実際は身体を痛める。
大昔の『タイガーマスク』のアニメで、「虎の穴」と呼ばれる、プロレスラー養成の秘密組織ですら、タイガーマスクが卒業した数年後には、「しごきなど時代遅れ。今は科学的に訓練する時代である」などと言われていたことをご存知だろうか。
食に関しては、「満腹するまで食べて自分を甘やかさない」ことが大切だが、それ以上は必要ない。
まあ、食も仕事も鍛錬も、一度、極端を経験するのも良いところはあるが、取り返しのつかないことにもなりかねない。
徳川家康が言ったように「ほどほどに」が大切である。
孔子も「過ぎたるは猶及ばざるが如し」と言ったらしいが、大切なことである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加