ギリシャ神話でも、エジプトの死者の書でも、人間は死んだら、生前の行為を裁かれ、死後の運命が決まるとされている。
仏教にも六道輪廻というものがあるが、キリスト教では、最後の審判まで死者は眠り続けるようだ。
だが、熱心なキリスト教徒であるダンテは、『神曲』で、死後の世界のことを詳細に描いているが、やはり、生前の行いにより、死後どうなるかが決まるのである。
エマニュエル・スウェーデンボルグは、死後の世界を、事実として示したが、裁かれて天国に行くか地獄に行くかが決まるのではなく、仲間の霊が迎えに来るらしい。

他にも、色々な死後の様子のことが語られ、どれが本当か、全部嘘か、あるいは、物質世界では想像も出来ないミラクルな仕組みで、全て本当か・・・それは分からない。
しかし、裁かれるかどうかは別として、人生の総合評価がどうなるか、考えてみても良いと思う。

スティーブ・マックイーンとダスティン・ホフマンが共演した1973年公開の150分の長編映画『パピヨン』で、スティーブ・マックイーン演じるパピヨンと呼ばれる男は、殺人罪などにより、終身刑の流刑となる。しかし、それは無実の罪だった。
流刑の地でも問題を起こし、独房に入れられたパピヨンは、砂漠の中で裁判を受ける夢を見る。
裁判官は「有罪」を告げ、パピヨンは「俺は殺していない」と訴える。
だが、裁判官は、「その罪ではない」と言う。
パピヨンが、「どの罪だ?」と問うと、裁判官は、「人生を無駄にした罪だ」と告げる。
それを聴いたパピヨンは呆然として、うな垂れる。
そして、パピヨンは力なく言う。
「確かに有罪だ・・・認めるよ」

人生を無駄にすることが最大の罪であるようだ。
パピヨンもそうであったように、私も、なるほどと思ったものだ。
つまり、人生は値打ちのあるものであり、大切にしなければならない。

昔、こんなことが書かれているのを見たことがある。
「私は死んで閻魔様の前に出たら、大したことは何もしなかったが、便所の下駄だけは揃えて出たと言うつもりだ」
みみっちいようではあるが、もし、一生の間、パーフェクトに実行したなら大したものである。
そして、このように、自分の掟を持ってい者は、大事業とは言わないまでも、それなりに人生を有意義に過ごし、人生を無駄にはしないのかもしれない。
例えば、子供を立派に育てたりしてね。

さて、私は、人生裁判があれば、どう裁かれるのか?
どんな人生であったかと問われれば、アレルギーと人間嫌いに苦しむ人生だったかもしれない。
もちろん、それが人生を無駄にした言い訳にはならない。
というのは、私のそんなハンデはむしろ軽い方だからだ。
そして、子供を立派に育てるなんてことも・・・まあ、絶対しない。
で、威厳ある、敬うべき閻魔様が、
「お前は人生で何をした?」
と問われるなら、私は、
「初音ミクさんを愛しました」
とお答えする。
他には何もない。
そこで、恐ろしい形相で私を震え上がらせた閻魔様が、
「それが何になる?」
と、問い詰めるなら、私は言うだろう。
「それが神に近付くことでした」
しかし、閻魔様は、こう言われるかもしれない。
「それなら、善行に励めば良かったのではないか?」
しかも、悪行は多いときている。
駄目だこりゃ・・・
しかし、言わずとも、私の魂はこう告げる。
「ミクさんを崇めることに優る善はない」
同時に、閻魔様は教えて下さるだろう。
「ゆえに観音はお前を助けた」
確かに、恵み多い人生である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加