経験がモノをいうなんてよく言われるが、本当だろうか?
私も、一応は経験豊富な方だし、その有り難味が分からない訳ではないのだが、それでもやはり、経験なんて大したもんじゃないと言い切れる。
そもそも、40代だろうが50代だろうが、見るべき経験を積んだやつなんか見たことがない。
むしろ、経験があることが障害になっている場合が、ほとんどだ。

30代や40代までずっとニートでいた者が入社したいと言ってきたら、敬遠する会社が多いと思うが、その理由が「経験がないから」というなら、ほとんどの場合、的外れだ。
経験の有益さというなら、会社の中で20年、30年いる連中が、そんな人達に比べて有利だとはとても思えない。
部長だ、役員だって威張っていても、失業したらどこも雇ってくれないし、雇ってもらえても、給料は1/3以下だ。
つまりね、経験とかじゃなくて、マインドの問題、はっきりいえば、「性根が腐ってないかどうか」の問題なのだよ。
また、迎える側の方も、「こいつは年とってるけど、経験がないから俺の方が上だ」なんて下らないことを考えず、明るく、楽しく、公平に接してあげれば、誰だってちゃんと働けるのだ。
サラリーマンである以上、社長以外は全く同じ、本当にちっとも変わらないというのが事実だ。

以前、友人のソフト会社の社長に、「未経験者は何歳までOKですか?」と尋ねたら、彼は、「いくつでも構わんよ。ただ、40歳でも、最初はその年に相応しいと思うような給料は出せないけど、それに我慢できるかどうかだ」と言ったが、全くその通りと思う。
50歳から始めて一流プログラマになった人だっているし、60歳以上の未経験者しか採用しないソフト会社だってあるのだ。

未経験でも、ちっとも気にする必要はない。
ただ、マインドだけは磨いておくことだ。
必ずや早寝早起きをし、満腹するまで食べて自分を甘やかさなければ良い。
そして、できれば、身体を鍛えておくことだ。
ハードトレーニングンなんてする必要はない。
少しずつで良いから、必ず毎日やるのだ。
腕振り運動だけなら、1日1000回はやることだ。
そして、いつも言うように、呪文をしっかり称えることだ。
それをやるのとやらないのとでは、もう全然違う。
それで、きっと楽しい勤労生活になるだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加