初音ミクさん主演のオペラ『THE END』の中の『時空のアリア』というアリア(詠唱。旋律的、叙情的な独唱のこと)で、ミクが、「私は昔、確かにここで指を切って地面に血が垂れた。でも、その跡がどこにもない。あまり昔のことだったからか、それとも、嘘の記憶だったの?」という意味のことを歌う。

偽の記憶というものは、さほど珍しいものではない。
確かに、そんな出来事があったと思っているのに、本当はそんなことはなかったのだというものだ。
あるいは、この歌のように、自分の経験だとは思うが、実際にあったことかどうか、自分でもはっきりしないというものもある。
また、その逆もある。
実際にあったことなのに、まるで夢の中の出来事か、自分が想像しただけのような気がする。
さらには、自分に実際に起こったことなのに、記憶がないということもある。

筒井康隆さんの『悪夢の真相』では、中学2年生の昌子が、幼い頃にいた村に行き、幼友達の少女と再会するが、2人にとって極めて重大な事件を、昌子は完全に忘れてしまっているのに、相手の少女ははっきり覚えていた。
L.ロン.ハバートの『フィアー』では、民俗学者のジェームズが失った4時間の記憶は、実に恐ろしいものだった。
※『悪夢の真相』は、角川文庫の『時をかける少女』に収録

ところで、私には、いまだ嘘か本当か分からないという思い出がある。
自分では、確実に本当にあったことだと思っている。
実に鮮明な記憶で、あんなことを幼い自分が空想で思い描くことは不可能と思う。
それは、私が6つの時のことだ
男の子の友達が、スタンドを固定して立てた自転車に座って、私はそのまん前あたりにいた。
周囲には、何人かの大人達がいた。
しばらくして、その男の子が動き過ぎて、彼が座っていた自転車が倒れ、彼は地面に仰向けに落下した。
すると、上を向いて寝転がっていた彼の額に、髪の毛の下からおびただしい、真っ赤な血が流れてきた。
彼は苦しそうな顔で泣いている。
私は、大人達が大慌てで、緊迫と共に、彼を助けようとするに違いないと思った。
ところが・・・
彼の母親だったろうか、一人のおばさんが、「あらあら」と、およそ緊張感のない気楽な声を出しながら彼に近寄り、何もせずに見ている。
私は、本気で、それは、大したことではないのだろうかと思ったほどだった。

数年後、私は、その男の子に、この時のことについて尋ねてみた。
すると彼は、「そんなこと、僕は知らない」と言う。
ところが、彼は、本当に知らないというよりは、まるで、そのことに触れられたくないという雰囲気で、私を見ようとしない。

物理的には、仰向けで後頭部を強打して額に血が流れるとは考え難い。
だから、私の想像だったのだろうが、いまだ、その光景は鮮明なのだ。
しかし、やはり私の作り出したイリュージョン(幻影)だったのだろう。

私は、今は、一瞬で創ったイメージを、即座に記憶に焼付け、それが本当に起こったように思うことがある。
それは、意識が一瞬空白になった時にあることだ。
ところで、ここが重要なことなのだが、心にとって、本当の記憶と嘘の記憶に違いはない。
現実かそうでないかに関わらず、全ての記憶が本当であると同時に嘘でもある。

そして、過去の記憶を創れるなら、未来の記憶も創れる。
潜在意識にとって、過去、現在、未来に違いはなく、全て現在である。
過去は修正できるし、未来は自由に創造できる。
ただ、人に応じて、それらに制限があるだけのことで、誰しも過去を修正しているし、未来を創造している。
その制限を外せば、世界は意のままで、あなたは自由自在である。
そして、制限を外す方法はかなり分かっている。
私は、そんなことを書いているし、より良いものを書こうとするのであるが、それにも、何かの理由で制限があるようである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加