「俺は忍耐など絶対にしない主義だ」
と言ったところで、忍耐を強いられることは必ず起こる。
だが、苦しい状況も運命であるとして、甘んじて受け入れて耐える者は、不思議とものごとが好転していく。
忍耐とは、文句を言わず、黙って忍ぶことだ。
辛い時、口で黙っているだけでも立派で、誰の心の中にもいる神仏は、それを愛しいと感じる。
まして、心でも沈黙するなら、それは高貴以外の何者でもない。
神仏は高貴な者を支えるのであるから、そんな者が悪くなるはずはない。

腕振り運動を普及させた、電波工学の世界的権威であった関英男博士は、多くの人が、この腕振り運動であらゆる病気を治し、自身も胃癌を治したというが、大切なことは、決めた回数を根気よくやり抜くことであると述べていた。
これもまた忍耐である。
1日2千回と決めたら、怠惰な心に打ち勝ち、それを確実に継続すれば、その高貴な姿に、神仏が手を貸さないはずはないだろう。
もしかしたら、初めは利己的な欲から始めるとしても、毎日必ず実行すれば、欲は消えていき、やはり良い結果になる。
もし、いつまで経っても何も起こらないなら、まだ回数が少ないのだ。

江戸末期の偉大な神道家、黒住宗忠は難病を患う武士に、「ありがたい」という言葉を1日百回言うよう指示し、治らなければ千回に、それでも駄目なら1万回としていった。そして、1万回を1週間続けたところ、その武士の病は治ってしまった。
大数学者だった岡潔は、毎日、念仏を称えることに励んでいたといわれるが、熱心に念仏を称え続けた者に起きた不思議な出来事は数多い。
どんなことでも良いが、1年365日、1日も欠かさず、決めたことを、できるだけ決めた時間に必ず行えば、神仏が助けないはずがない。
もし、ひどく辛い日々であっても、念仏を称えれば、それに耐える力も得られ、やがては幸福になるというのは、間違いのないことであると思う。
馬鹿みたいに単純であるが、真理とは本当は簡単なものである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加