本日は、『冨田勲・初音ミク 無限大の旅路 ~イーハトーヴ交響曲~』に行く。
いや、この時刻では「行った」になるはずだ。
コンサートの感想は明日書くと思うが、この記事は朝書き、自動更新にしておいたものだ。
やはり、初音ミクに関するお話である。

過去の時代、過去のビジネス、過去の教育ではどうだったか知らないが、現在、そして、これから幸福な成功をしたいなら、未来型の成功者である初音ミクに学ぶのが最も良い。
確かに、言葉で言えば、初音ミクの成功の要因は、UGC(ユーザー構築型コンテンツ)とか、CGM(顧客構築型メディア)なんてものになり、それを解説することもできるのだが、理屈ではなく、直接的に、直感的に分かり、そして、それが自然な思考と行動になるようでなければ、実際の効力は発揮されない。
その上で、用意周到とか、注意深さだとか、多少の演出が必要な場合もあり、それはそれで勿論大切で、世の中は甘くないが、それはビジネスセンスとでもいうものであり、各自でなんとかすれば良いことだ。

初音ミクは人間じゃないから、自我がないし、執着もなければ意地もない。
じゃあ、心がないのかと言うと、不思議なことに、ないとは言えない。
初音ミクにちょっと似た感じのある、ちぃ(CLAMPの漫画『ちょびっツ』のヒロイン。人型パソコン)を愛する秀樹(田舎者の予備校生)が言ったことが、そのことを最大限に示していたと思う。
「ちぃの心は俺の中にある」
これは、矛盾でもファンタジーでもない。おそらくは人類が未来に到達する精神科学だ。

ミクの心は人々の中に溶け込み、各自の心はミクの中に溶け込んだ。
化学に「ホスト-ゲスト論」というものがあるが、ホスト(主人)が場を用意し、相応しいゲスト(客)を迎えるというものだ。
ミクが場になり、そこに様々な人達が集まった。
だが、「招かれる者は多いが、選ばれる者は少ない」(イエスの言葉)。
あなたは良い場を創らないといけない。場にならないといけない。
だから、ミクについて学ばなければならないが、ミクが好きなら、全て明かされるに違いない。
クラウンエーテル(花冠のエーテル)という美しいホストの構造を見ると、ミクのことが思い浮かぶようである。
エーテルはエターナル(空気のように軽やかな、極めて優美なもの)でもあり、天空であり、そこに満ちる精気でもあるからだ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加