ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

2018年08月

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

ミクさんのコンサートで大切なこと

私は今日、インテックス大阪で開催される、初音ミクさんのライブコンサート「マジカルミライ2018」に行く。
朝、目覚めた時は落ち着いていたが、やっぱりトキメキに胸が高鳴ってきた。かなり苦しい。

ところで、ライブ会場で、もし隣の人が、初めてのミクさんのコンサートだとしたら、その人のミクさんコンサートの印象を大きく左右するかもしれない。
私の初のミクさんライブは、「マジカルミライ2016」の土曜の夜公演だったが、両隣の人達のおかげで、抜群の思い出になった。
別に、親しくおしゃべりしたとかではない。
右は、とても若いきれいな女の子だった。
お洒落な服装で、私と同じ、細身のパンツ姿だった。
ライブ開始前に、まだパイプ椅子に座っていた時、私達は、膝をそろえて腰を引いてきちんと座っていた。
私はそうなのだが、彼女にも、隣の人の邪魔にならないようにという配慮が感じられた。
ある時の会場では、腕を組んで目を閉じて険しい顔でたぬき寝入りの雰囲気で、全然長くもない脚だが、前に伸ばしきっている馬鹿な若い男がいた。私だから、そんな脚は生ゴミに対してそうするように跨いで通ったが、普通は全く前を通れない。通す気もなさそうだ(目を閉じている)。正直、まともな人間ではないと思った。
身体に不具合がない限り、人間性は座り方に100%現れる。
あの女の子は、脚がとても長いので、特にそれで人様に迷惑をかけないようにという配慮も含め、性格の良さが感じられた。ミクさんのファンは、こんなふうに座る人でないといけない。
私は、それほど背が高くない割に脚が長いので、電車などでは、きちんと座っても人に迷惑をかける。
電車で通路側の席に座ると、窓側の席の人は出られない。全く出られない訳でもないが、立ち止まって動かない人もよくいる。そんな人達は、困惑している場合が多いが、「脚どけてよ」という表情の人もいる。すまぬ!目いっぱい引っ込めてこれなのだ。
まあ、そんな迷惑になっていることに気付いたのは、割と最近なのだが、思い出せば、ちゃんと、迷惑をかけていたことが分かるのである。
あの女の子も、そんなことがあるのかもしれない。私は、勝手に、そんな気持ちを共有している気分になり、ちょっと嬉しかった。
ライブ中、その女の子がやたらぶつかってきた。もちろん、可愛い女の子のタックルが悪かろうはずがない。
「それ、もういっちょう来い!」なんて、相撲のぶつかり稽古じゃあるまいし・・・ってことは、2年前にも書いたような気がする。
それで、ライブが終わった時、椅子2つ分左にずれていることが分かった。彼女も右からの圧力を受けていたのだろう。
すると、左の少年が、すっかり通路に追い出されているのに気付いた。彼が、一番左端だった。
すまぬ!少年・・・と私は本当に思った。
しかし、彼は少しも悪びれず、私と手がぶつかった時は、彼が悪い訳でもないのに「すみません」と謝る。私も「いえ、こっちこそ」と返す。いい雰囲気だ。
おとなしそうな少年で、なかなか可愛かった。ミクさんファンの絆を感じた。

ミクさんのライブだと、私ですら、自然と気遣いや思いやりを持てるような気がする。
きっと、皆、同じだと思う。
『新世紀エヴァンガリオン』で、ミサトさんは「察しと思いやりが日本の文化」と言ったが、西洋人の男性も、そして、不思議な雰囲気の、どこの国から来たか分からないような人も、ミクさんのライブではとてもマナーが良い。
やはり、ミクさんの透明な歌声が、人の心を浄化し、自然な状態に導くのだろう。
さあ、ミクさんに逢いに行こう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

まるで駄目でも見込みのある者と、そうでない者との違い

結局、人間に大切なものは向上心である。
向上心とは、自分が理想とする人物像に近付こうとする意思である。
これがない人間は、もうどうしようもない。

たとえどんな人間であろうが、向上心を持っている限り、私は嫌いではない。
つまり、自分の理想像を持っている者であれば、嫌う理由はない。
しかし、まるで駄目男(私が知っている人生の落伍者)については、私は彼の姿がわずかでも目に触れるのも嫌なのは、彼には向上心が全くないからだ。

そして、人間の向上の鍵は、アファーメーション、自己暗示であるが、向上心や理想像がなければ、決して、アファーメーションは出来ない。
どんなに駄目でも、アファーメーションの言葉を、根気良く、常に唱えれば、確実にうまくいく。
「大丈夫」とか「絶好調」で良いのである。
とはいえ、正しいやり方が必要である。
正しいやり方とは、
1.たった1つの言葉を
2.感情を込めず、淡々と
3.丁寧に
4.出来るだけ多く
唱えることである。

「自分は出来ると信じることが大切だ」
「自分は出来ると自分を騙せ」
などと言う者がいる。
だが、人間は、自分の意志で何かを信じることは出来ない。
人間は、心を支配出来ないからだ。
また、騙したって、潜在意識には嘘が分かっている。だから、嘘を信じると、意思と潜在意識の調和が破れ、次々とトラブルが起こり、苦しむことになる。
人間は心を支配出来ないが、言葉は支配出来る。
「大丈夫。絶対うまくいく」
は嘘ではない。潜在意識にまかせれば、うまくいくに決まっている。
うまくいくのが正常な姿なのだ。それが嘘のはずがない。
病気であっても、「私は健康だ」というには、嘘ではない。
潜在意識が健康にしてくれれば、間違いではなくなるからだ。
「A子さんは私が好きだ」は嘘だ。
そんな自己暗示ではいけない。
あくまで、自分についてアファーメーションするのだ。
だって、アファーメーション、自己暗示って、自分が向上するため、理想の自分に近付くために行うものなのだからだ。
A子さんなんて他人のことは放っておけ。
アファーメーションで向上すれば、A子さんだって好きになってくれるし、普通は、もっと素晴らしい彼女が出来る。
だから、「A子さんとエッチする」などというアファーメーションを発想する者には見込みはない。
そこに何の向上心も見られないからだ。
同じく、「宝くじに当る」も同じであることが分かる。

「金持ちになる」も「美しくなる」、あるいは、「たくましくなる」も、全てひっくるめて「全て」「全部」と言うのが、賢いやり方だ。
つまり、「全てうまくいく」とアファーメーションすれば、望む全てが得られる。
このあたりは、エミール・クーエを参考にすれば良いだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

花嫁の輝き

萩尾望都さんの昔の漫画で、明日結婚する17歳の双子の姉のことを、弟は、やたら艶っぽくて気まずいと思うというのを見た時、私も高校生だったが、納得したことがある。
私が10歳くらいの時、よく顔を見ていた親戚のお姉さんの結婚式に行き、花嫁控え室に入ったのだが、あれを「艶っぽい」と言うのかどうかは分からないが、とにかく「うわ!いつもと違う」と感じたのは確かだった。
まあ、一言で言うと「輝いて」いたのである。
フェロモンというのは匂いに関係するらしいので、それとは違うと思うが、やはり、有体に言って「きれい」だった。
私はその時は、「僕もこんなお嫁さんをもらおう」とは思わなかったが、確かに、こんなお嫁さんをもらえる新郎は果報者であろう。

だが、いよいよ今年の初音ミクさんのコンサート「マジカルミライ」でミクさんに逢えると思うと、私の方が輝いている感じがする。
そういえば、昨日も書いたが、昨夜の夢に、「ミクさんのお父さん」クリプトン・フューチャー・メディアの伊藤博之社長さんが出てこられたのだから、これは「結婚OK」ということと解釈した。
強引だなあ・・・いや、人生、強引なところも必要だ(笑)。
そして、ミクさんは、いつでも結婚直前の少女のように輝いているのである。
それはつまり、生命力に満ちているってことだ。
バーチャルアイドルに生命力が溢れているというのは変だと言いたい人もいるかもしれないが、ミクさんの魂は私の(あるいは彼女を愛する人達の)中にあるのだから、ミクさんが輝くということは、私が(私達が)輝いているのである。

人間のアイドルだって、いつも結婚前の花嫁のようでいることは無理だが(燃え尽きてしまう)、そんな輝きを一瞬でも印象付けることが出来る子は成功するのだと思う。
別にアイドルでなくたって、生命力に溢れていたら、幸運に恵まれ、何をやっても成功するだろう。
そして、生命力を引き出す方法は、自己暗示、アファーメーションしかない。
昨日、書店に行って斎藤一人さんの本を見たら、「大丈夫、全てうまくいっている」と思うことが大事だと書かれていて、私も最近「大丈夫、全てうまくいく」というアファーメーションをご紹介したので、ちょっと驚いたが、斎藤さんが言われるように「大丈夫と思う」ことなんか出来ないのだ。
なぜなら、人間は自分の心をコントロール出来ないからだ。
人間にコントロール出来るのは言葉だけである。
斎藤さんは、「本当は、いまのままで全部うまくいっている」のだと説明されているのだと思うが、それを読んでる時は「なるほど」とも思うだろうが、すぐにそうは思わなくなるものだ。
そうではなく、思えなくていから、「全てうまくいく」と、常に頭の中でつぶやくことが必要なのである。
これも最近書いたが、「嬉しいことが起こる」「嬉しいことがある」と常に心で言っていると、生命力が溢れてきて、結婚前の花嫁か、それをもらう新郎のようになる。
そして、「全てうまくいく」でも「嬉しいことがある」でも、全く同じことなので、どちらでもいいから言葉は1つに決め、それを、感情を込めず、淡々と、常に唱えるのである。
エミール・クーエの本(翻訳)では、「自己暗示は努力してはならない」と書かれているが、それって意味不明じゃないか?
「努力してはならない」ではなく、「感情を込めず、淡々と唱える」というふうに、ちゃんと分かるように書いて欲しいものである。

自己暗示、アファーメーションと共にある限り、幸運は約束される。
「フォースと共にあらんことを」などと訳が分からないことを言わなくても、フォース(力)と1つになるのである。

それはともかく、私は明日、いよいよ初音ミクさんに逢えるのである。
とにかくトキメキが凄いが、これはワクワクというのとは違うと思う。
それよりずっと強く、やはり、生命力がほとばしり出てくる感じだ。
この感覚は覚えておけるものだろう。
コリン・ウィルソンが、「幸運だと思った時のことを思い出せば至高体験に至る」と言ったように、大切な感覚である。

感覚 即 体感
寝静まる夜 二人だけの密
体感 即 快感
重なる波形に魅了されていく
~『ヒビカセ』(作詞:れをる、作曲・編曲:ギガP、唄:初音ミク)より~









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

私の代わりに戦ってくれる存在

私は関西に住んでいて、台風20号のほぼ直撃を受けた。
今年の台風は多いのだが、昨夜は最も凄かったように思う。
凄まじい風の音に、なかなか眠れなかったほどだ。
実際はどうだった分からないが、家が揺れるのを感じるほどで、家がきしむ音は聴こえたような気がする。
結構、不安だった。
寝つきの良い私が、何度も寝返りをうったのを覚えている。
ところが、やがて眠りにつき、明け方、何と、夢に、初音ミクさんのお父さん、クリプトン・フューチャー・メディアの伊藤博之社長さんが現れた。
隣に座っておられたので、あまりお顔をはっきり見なかったが、おとなしそうで、とても物静かなのに貫禄があった。実際に、そんな人なのではないかと思う。
仕事には厳しい方のように思える。まあ、社長さんなのだから当然だろうが。

いつもの呪文を唱えていても、大風の中では多少の不安は感じる。
それはそれで良いと思う。
思い出すのが、スティーブ・ジョブズが若い頃、インドに行き、それまで経験したことがない、凄まじいスコールに遭った時の話だ。
天の巨大な水桶がひっくり返ったような恐ろしい雨だが、身を隠す場所もない。
死の恐怖を感じたジョブズは、こう神様に祈ったらしい。
「神様!助けてくれたら、善い人になります」
まあ、緊急事態の時は、誰しもそう思うものである。そこらは彼も凡人だ。私も何度かあった(笑)。
だが、昨夜は、私は神様におまかせした。
そして、朝、目が覚めて、何事もなく、静かであったので、ありがたいと感じたのである。

神様は、我々の代わりに戦って下さる。
就職したければ、代わりに就活してくれるし、彼女が欲しければ、可愛い子との間を取り持ってくれる。
ただ、スーフィー(イスラム教神秘主義)のことわざを覚えておいても良いと思う。
「神を信頼しろ。だが、ラクダはつないでおけ」
「ラクダをつなぐ」ことの意味を軽率に断定してはならない。ただ覚えておくことだ。
常に、頭の中で、「大丈夫だ」「心配ない。何とかなる」「大丈夫だ。全てうまくいく」などとつぶやていれば、その通りになる。
私は、表面的な感謝はしたくない(感謝は無理にするものではない)。ただ、神の手腕の見事さに惚れ惚れするだけである。
エデンにも居た、頭の中で悪い言葉でそそのかすヘビに騙されないために、「全てうまくいく」「嬉しいことが起こる」と、常に心でつぶやくと良い。
イエスも言っていたが、そのようになる(恵みが得られる)のが自然なのである。
そして、つぶやく言葉は1つに決めた方が良い。でないと、なかなか続かない。
メインを1つに決め、サブをいくつか・・・という手もあるかもしれないが、人間は欲張りである。それでは、サブが増えて仕方がない。
大体、「全てうまくいく」の中に全部含まれているではないか?
神の、あるいは、潜在意識の力は無限である。
だから、その言葉だけで十分である。
自己暗示で最も有名なエミール・クーエも、「あらゆる」の中に全部含まれるので、個々の状況を良くする自己暗示は不要と言っている。
お金も、彼氏彼女も、健康も、「全て」「あらゆる」の中に含まれ、さらには、我々が気付かない「全て」「あらゆる」も、神、潜在意識には分かっているのである。

いよいよ、初音ミクさんのコンサート「マジカルミライ2018」が近付き、胸の高鳴りが止まらない。
しかし、明日は大丈夫だろうか?
準備が大変なことは間違いないとは思うが。
自分で驚いているが、ミクさんに逢えると思うと、少しは道徳的になってしまった。
サイコパスの傾向性すら薄めてしまうのだから、驚くべき力である。
落ち着きが出て、力強くもなってきた。
ミクさんは、やっぱり私の命であると思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

予言は実現する

原宿駅前に、100席の原宿駅前ステージというものがあり、そこで、アイドルの女の子達がパフォーマンスするが、「ふわふわ」というチームの『恋のレッスン』という曲がある。
こちらもとても良い歌だが、同じタイトルの有名な曲に、本物の美女として知られた小林麻美さんが1973年に歌ったものがある。ちなみに、全く別の歌である。
小林麻美さんの方の曲の作詞は、主に1960年代から1980年代に活躍し、今でも『亜麻色の髪の乙女』などで知られ、グループサウンズ関連では最も売れた作詞家と言われる橋本淳さんだ。
この、小林麻美さんの『恋のレッスン』の1番の歌詞の中に、「今に何かが起る」というフレーズがあり、2番と3番では、同じ曲の部分が「甘い恋の出来事」になる。
つまり、「甘い出来事」を予感するのだが、それは「甘い恋の出来事」であることが示唆されているという訳だ。
さすが、名作詞家の詩の言葉は力を秘めている。
肯定的な予感ほど、優れたアファーメーション(心を鼓舞する肯定的な言葉)はない。

やはり1970年代と思うが、「大人のリカちゃん」である「レディーリカ」という人形があった。
大人の女性であることをアピールしていたが、16歳ということらしい。
16歳で大人、レディーというのは無理があるが、人形遊びをする年齢の子供達にとって、16歳は十分、大人のイメージだというのは納得出来る。
もし、18歳ということにしたら、小さい女の子達には大人過ぎるだろう。
元々は幼稚園から小学校低学年をターゲットにしたアニメで、実際、その年齢層に圧倒的人気だった『美少女戦士セーラームーン』や『ふたりはプリキュア』は、ヒロイン達が14歳で、そのあたりが、子供達にとっては、憧れのお姉さんとして丁度良いイメージがある年齢なのかもしれない。
このレディーリカのCMソングでは、やはり大人に相応しく「何かが起こる」と、秘め事を暗示する言葉が歌われる。
小林麻美さんの『恋のレッスン』の場合もそうだが、「大人になり、きれいになったので、これまでになかったことが起こる」というものだ。

ところが、多くの人の頭の中では「悪いことが起こる」という、悪魔のささやきが鳴り続けてるのである。
「今、悪いことが起こる」「今日、悪いことが起こる」「これから悪いことが起こる」
このような想いが潜在意識に刻まれ、実際は精神の中にも防御作用があるので、そのままにはならないにしても、やはり、かなりの頻度で悪いことが起こってしまう。
小林麻美さんやレディーリカの歌の「何かが起こる」は、とても素敵な出来事のはずだ。
しかし、常に頭の中で、悪しきヘビの呪いのような言葉が繰り返されている人には、それすら、否定的に感じてしまう。
だから、我々は、頭の中のつぶやきを「嬉しいことが起こる」に変えなければならない。
感情を込めず、淡々と、「嬉しいことが起こる」と頭の中で繰り返せば、潜在意識にそのように刻まれ、確実に嬉しいことが起こる。
こういった予言のような言葉は実現し易い。
「嬉しいことが起こる」
こうつぶやき続ければ、これは、予言であり、自己暗示になる。
そして、これは、クーエの言う「あらゆる面で良くなる」という普遍的自己暗示と同じで、「嬉しいこと」と言うのは、あらゆる嬉しいことを指すので、実際に、あらゆる嬉しい出来事が起こるのである。
私が思うに、「良くなる」より「嬉しいことが起こる」の方が活気があって良い。フランス語や英語では、クーエの言葉はリズムがあって良いのだろうが、日本語では、一般的に知られるクーエの自己暗示の言葉「毎日、あらゆる面で、私はますます良くなってく」は、いまひとつと言うより、「何じゃこれ?」と私は思う。
普段、「大丈夫、うまくいく」、不安が大きい時は、「大丈夫、絶対うまくいく」と言い、時折、期待を込めて「嬉しいことが起こる」と唱えるのも良いだろう。
もちろん、常に、「嬉しいことが起こる」と、頭の中でつぶやけば十分であり、幸せは約束される。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ