ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

2017年06月

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
Twitterは、ちゃんとプロフィールが書かれ、1週間以内に1回でもツイートされている人なら、フォローしていただければ、大抵フォロー返します。

[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

駄目は駄目なりに人生は楽しいはずだ

デューク大学のライン教授のESP実験や、CIAによるユリ・ゲラーのいくつかの超能力実験については、「超能力の実在が証明された」といった情報や、「実験はずさんで信憑性なし」という情報の2通りがあり、どちらが本当かなんて部外者の我々に分かるはずがない。
せいぜい、それらのいずれの「派」の情報にも騙されないことだ。

超能力・・・と呼ぶべきかどうかは疑問だが、そんな現象の存在については、私は客観的に示すことは出来ないが、自分への証明であれば、そのあまりに明白なものを「知っている」。
それは、曖昧なリモートヴューイング(遠隔透視)やスプーン曲げといったものではなく、もっと現実的なものだ。
私の言う超能力を一言で言えば、「現実創造」である。
もちろん、何でも自由に作り出せる訳ではないが、理性が拒否しないものなら、相当な無茶も出来る。
しかし、それは、世間で言う超能力と言うよりは、引き寄せの法則や、潜在意識による成功法則である。

一心に願い続けることが出来る願望であれば、その通りに実現する。
しかし、いかに望むことでも、度を過ぎて身に余るようなことは実現しないし、理性や道徳のバリアも確実に存在する。
よって、自分の器量を逸脱したような栄光を掴んだことはないし、得るべきでないものを得たこともない。
だから、大きな願いを叶えたいなら、まずは自分の器量を大きくしなければならないし、得るものに相応しい自分に磨かなければならない。
それは、考えてみれば、人間誰もが持つ、当たり前の力なのであるが、現在はそれを使えない人が多いのだろう。

1つの喩えで言えば、ひきこもりというのは、世間の伝統的・慣習的な考え方から外れているために、「異物は排斥する」という集団の圧力が加わり、それによって、心が萎縮し、現実を創造する超能力を発揮出来ないのである。
そりゃ、社会からひきこもっている者が、社会的に大きな力(単純に言えば金)を過大に持つと、世界に歪みが起こるから、それは難しいとしても、普通に楽々やっていける程度のものは得られるのである。
ただし、やはり、自分に相応しい器量の範囲でね。
だから、超能力で大金を稼ぐひきこもりというのは、いくら稼いでも、自分の器量に相応しいだけしか使えない。
月1億円稼ぎなら、せいぜい、漫画とジャンクフードを買うとかだね。
だったら、最初から、漫画とジャンクフードを買う分を稼げば良さそうなものだが、その者には、やはり特別な力というか思想や信念があるのだ。
その特別な思想・信念が、変わった現実を創造するのである。

まるで駄目男君(私の職場にいる、30歳過ぎの人生の落伍者。派遣の雑用係)も超能力者だろう。
あれくらい駄目だと、本来、ただの引きこもりであるが、雑用係ながら、快適に過ごしている。
だから彼は、下手に世間的スキルを得るより、超能力を安定させた方が良いかもしれない。

そういった超能力は誰にでもある。
だから、誰も泣く必要はない。
確かに、甘ったれた幼い精神を磨くために、辛いことは必要だ。
なら、さっさと心を鍛え、大人になれば良い。
そうすれば、駄目は駄目なりに、人生は楽しいに違いない。
ただ、下手な「大人の常識」は超能力の発現を止めてしまうのも確かである。

尚、ジョセフ・マーフィーの『あなたにも超能力がある』の文庫版が『マーフィーの「超」能力!』で、基本的に同じ本である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

自分が出て行かなくても、王子様はやって来る

結婚したいのに出来ない女性に対し、
「待っているだけでは駄目だ。自分で探しに行くべきだ」
と言う人がいると思う。
しかし、それはどうかと思う。
自分が出て行ったら、涙ぐましい努力をした挙句、焦って、カスを掴むのがオチだ。

自分で出て行かず、待ち続けて死んでしまった悲惨な女が、ビートルズの『エリナー・リグビー』に登場する老婆エリナー・リグビーだ。
しかし、彼女には足りないものがあったのだ。
そもそも、彼女は、端(はな)から王子様が現れることなど、信じちゃいなかったのだ。

西尾維新さんの「物語シリーズ」のヒロインの一人、羽川翼がこう言ったことがある。
「都合の良い展開を想像するんです。でないと、そうなった時に手を差し出すことが出来ません」
その通りだ。
チャンスは必ずやってくる。
そして、チャンスを引き寄せるために、自分を磨くのだ。
内海康満さんが良いことを本に書かれていた。
「矢に的が当る」
ってね。
「え?『的に矢が当る』じゃないの?」
って?
そうではない。
矢を磨いていれば、的の方から当りに来るのだ。
女を磨いていれば、王子様の方からやって来るのである。
白雪姫のように。

何事も同じである。
日々、顔を上げて、明るく過ごすことだ。
出来るだけ、自分の呼吸を意識すれば、自分が磨かれる。
そうしていれば、やるべきことがあれば、自然にやるようになる。
そして、都合の良い展開を想像するのだ。
もしかしたら、想像と全く同じ展開にはならないかもしれない(大抵は想像以上だからね)。
それでも、助けが来た時には分かるものだ。
自分を磨いておけば、それが正しい助けだと分かるのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

よく効く薬は苦い

私が幼稚園の時にやったカルタ遊びで、私は「に」の札の文だけ覚えている。
それは、
「にがくても、くすりをのんで、びょうきをなおそう」
だった。

忘れずに覚えていることには、何かの真理がある。
この「くすり」とは、医薬品のことではなく、「苦い想い」であり、それを受け入れて、「びょうき」、すなわち、心の誤りを正さねばならない。
私は、『機動戦士ガンダム』は、ただの1話も観たことがないのだが、女性に人気があるシャア少佐が、こんなことを言ったらしい。
「辛いものだな。若さゆえの過ちを認めるのは」
これは、シャアのファンである姉から一度聴いただけであるが、これも私はずっと覚えている。
この「過ちを認める」ことが薬なのである。

木枯し紋次郎は、金がないことも少なくなかったので、野生のキノコを採って食べることもあったが、採ったのが毒キノコだったので、捨てていったことがあった。
すると、若い男がそれを拾って食べてしまい、毒に当てられてしまう。
その男は紋次郎を捕まえ、
「誰かに拾われても仕方のない路上に捨てたお前が悪い。俺の手伝いをしろ」
と言う。
普通なら、「そんな馬鹿な。知るか」と言うところだが、紋次郎は、一理あると思って、男に従う。
紋次郎もまた、苦くても薬を飲む男なのだ。

ところで、中学生くらいで、髪の一部が白くなってしまって悩んでいる男子がいると思う(女子でもいるかもしれない)。
中学生の時からではないが、私は、そんな歳でもないのに、両横の前の方が白くなってしまっていた。
ところが、最近、白くなったところが茶色くなってきた。
真っ黒よりも良い感じである。
茶髪にしたがる人の気持ちが分かるような気がする。
育毛剤代わりに、ビタミンCを溶かした水を頭に付けているせいかもしれない。
確かに、抜け毛がなくなるので、数ヶ月続けているが、思わぬ効果が現れた。
増毛するかどうかは不明だが。
100ccくらいの容器にビタミンCを0.5g程度溶かす(すぐには溶けないので数時間置く)だけで、使っているビタミンCは1kgが2,000円以下の粉末なので、コストはゼロに等しい。
ビタミンCを直接塗っても効果がないとか、ビタミンCではなく、ビタミンC誘導体でないといけないとかの情報もよく見るのだが、この通り効果があるし、ビタミンCが浸透しないなら誘導体でも浸透しないはずだ。それに誘導体は(コストが)バカ高い。
タダ同然のビタミンC溶液をたっぷり、朝晩(出来ればもっと)付ける方が良い育毛になるかもしれない。
飲む方のビタミンC大量摂取も続けているが、生まれつきともいえる皮膚病(乾癬と思う)が少しずつだが改善し、痒くて眠れないということはなくなった。
ビタミンCは有り難いものである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

人類、国家、会社が存続する条件

「規則は破るためにある」なんて、どこかで聴いたことがあるかもしれない。
とんでもない話で、規則を守るのが人間だ。
言い換えれば、人間とは規則を守る存在とすら言える。
確かに、世の中には下らない規則が多い。
だが、下らない規則は無視して良いかというと、これも難しいのだ。
ソクラテスが、悪法も法と言ったようにね。

だけど、駅で、
「電車が着きましても、降りられる方が済むまで、出入り口を広く開けて待ちましょう」
なんて、幼稚園児に言うようなことを、ずっと言い続けている。
明文化されていなくても、これも規則で、しかも、ごく原始的な規則なのだが、こんな規則を守れない・・・いや、規則にも気付かない原人以下の人間が多いのである。
2020年から、小学校でプログラミングを授業で教えるらしいが、上記のことをプログラムで言えば、
「もし、降りる人がいれば、待っている」
になる。
そして、人間社会とは規則で出来ていて、ものごとには全て規則がある。
それを知ることが、小学校のプログラミング授業であれば良いと思う。
また、そんなことが分からない者にはプログラミングは出来ないと思う。

昨日、初音ミクさんのコンサート「マジカルミライ2017」の、チケットぴあによるチケット抽選の発表があったが、私は落選だった。
抽選に関しては4回連続落選である。
ところで、私は競馬・競輪はやらないが、競馬場等で「馬券は正規の販売所で買いましょう」なんて看板があるらしい。
これは、どういう意味かというと、「ヤクザからは買うなよ」ということらしい。
何でも、ヤクザから買った方が安いのだとか。
だが、正規の販売所から買うというのが規則だ。
同じく、ミクさんのコンサートチケットも、まともに買うのが規則であり、転売屋から買うのは規則から外れることである。

ところが、チケットの抽選を行ったチケットぴあでは、「当選率がぐーんとアップする」とかいうものがあるが、それは、チケットぴあのクレジットカード会員になることである。
チケットぴあがクレジットカードビジネスをするのはもちろん自由だ。
しかし、それを当選確率に反映させるのは、人間としての規則違反であると私は思う。
だって、ミクさんのコンサートに来るべき小中学生の女の子達が、そんな「当選率がぐーんとアップする」手を使えるはずがない(親が承知するはずがない)。
チケットぴあも、いつかは改めることになるだろう。
人類が存続すればだが。
そして、人類が存続するかどうかは、人間の規則を守るかどうかで決まるのであるし、国が存続するかどうかも世界の規則を守るかどうかで決まる。
会社が存続するかどうかだって、社会の規則を守ることで決まるのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

本当のストレス解消法

ストレス社会なんて言葉がいつから使われるようになったのか知らないが、森高千里さんの、自身の作詞によるシングル『ザ・ストレス』が1989年、安倍なつみさんが同曲をカバーしたものが2006年に発売になっているらしい。
1989年には、とっくに、人々はストレスに悩まされていたのだろう。
この歌では、「ストレスが地球をだめにする」「ストレスが女をだめにする」と繰り返す。

ストレスのない人間はいないらしい。
ただ、ある程度のストレスは必要という考え方もある。
しかし、それでも、過ぎたストレスが良くないことは確かだろう。
腰痛で悩む人は多いらしいが、腰痛の大半は、身体自体には何の異常もないらしい。
ストレスが、脳内で腰痛を生み出しているのかもしれない。

実は、私も、この数日、夜中に目が醒めると、寝返りも出来ないほどの腰痛があった。
起きる時も、腰痛で極めて辛い。
ところが、起きてしばらくしたら、痛みを全く感じず、ちゃんと朝のトレーニングをする。
これも、ストレスから来る、幻想の腰痛かもしれない。

ストレス解消のために、発散する行為をするのは逆効果と言う人もいるが、私は、ある程度は良いと思う。
しかし、CMに乗せられて、「思いっきりJCBした」(古いCMだが)なんて馬鹿なことをしてはならない。
一番良いストレス解消は、問題解決・・・つまり、懸案事項を片付けてしまうことだ。

最近、私の家のWi-Fiが、インターネット接続が突然切れるということが多くなっていた。
ある時は、ずっと良好なのだが、別のある時は、数分に1回は切れる。
あるいは、回線速度が落ちているのか、YouTubeで、せっかくの初音ミクさんの動画の映像品質が落ちてしまうことがあった。
これは、世の中がWi-Fiの電波だらけになっている状況で、これらの電波が干渉し合って起こることのようだ。
そこで、Wi-Fiルーターを最新の11ac対応のものに買い替え(それまでは11n対応製品を使っていた)、ネットワーク設定を工夫した。
タブレットPCやスマートフォンは、5GHzに対応していたので、5GHzで接続した。
しかし、私のWindows7のPCは、11nの2.4GHzにしか対応しないので(買い換えろ!)、スマートフォン(Android)アプリのWifi Analyzer(無料)を使って、最適なチャンネル数を選び、ルーターを手動設定したら、極めて快適になった。
そして、今朝は腰痛が消えていたのである。
その他でも、仕事上の問題も1つ解決していた。

ミクさんのコンサート「マジカルミライ2017」のチケットがなかなか取れないことは、ストレスにはならないらしい。
というか、既に1枚は取れているので、後は運まかせの心構えが出来ているのかもしれない。

普段、呼吸を意識していると、それでストレスはかなり低減されると思う。
それにより、気分や体調が良くなり、能力が上がる。
その高い能力で問題を解決すると、ストレスも消える。
問題に立ち向かうことが大切だ。
ただ、問題に対して、何もしないという決意もまた、問題解決になりうる。
というか、その場合の方が多い。
とはいえ、Wi-Fiは良好にすべきだし、可愛い彼女や素敵な彼は射止めるべきである。
いつも自分の呼吸を意識していれば、チャンスは来るだろう。
都合の良い状況を想像するのだ。
そうすれば、天の助けが来た時に、即座に対応出来る。
それで勝利は間違いなしだ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ