ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

2011年10月

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
Twitterは、ちゃんとプロフィールが書かれ、1週間以内に1回でもツイートされている人なら、フォローしていただければ、大抵フォロー返します。

[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。
[2010/12/12]詳細なlivedoorプロフィール設置しました。[livedoorプロフィール]

仙人になる原理と方法

仙人とは何かというと、ちょっと難しい。
日本では、深山に住み、霞を食って生きている、白髪と長い髭のお爺さんのイメージがあるかもしれないが、それは、我が国で、たまたまそうなっただけだろう。
中国の古典『神仙伝』『列仙伝』に、数多くの仙人が登場するが、長く生きていても姿は若い仙人や、美しい女の仙人である仙女もいる。
『荘子』にも、雪のように白い肌をした、乙女のような華奢な身体つきの仙人が登場するが、これが大変な力を持っている。

仙人とは、簡単に言えば、神に近い人間のことだ。
だから、神に出来ることが全て出来るとは言わないまでも、神に出来て人に出来ないことが出来る。どのくらい出来るかというと、仙人にも色々なレベルがあり、神に極めて近いものもあれば、人間を超えてはいるが、何かの分野で達人とか超人と言う程度の者もいる。
また、仙人は、神と違い、肉体を持っている。ただ、これもレベルによるだろうが、肉体をかなり自在に支配する力を持っている。70歳でありながら30歳にしか見えないというレベルもあれば、1000年以上生きていて、見かけは17歳ということもあるかもしれない。

では、以下に、我々も仙人になれるということが、現実的なことであることをお話する。

人間の中には神が存在するのである。
特に仙人にならなくても、内にいる神に全面的に頼り、その力を借りることが出来るなら同じことである。
ジョセフ・マーフィーは、神は、潜在意識の奥深くに存在すると言う。一応、神と言ったが、他にも、大霊とか、至高者、あるいは、宇宙の英知と言う場合もある。そして、マーフィーは、神と意志を通じ合わせる能力のことを、テレサイキック(telepsychic)と言い、通常の超能力(サイキック)の上にtele(遠距離)という言葉が付き、潜在意識の奥深くという、普通の人間にとっては遠くにある場所と通信することで、無限の英知、無限の力の助けを借りることを意味している。

仙人は、人間が、この内なる神、あるいは、内なる英知と一体化する前の段階として、自らの意志で、神には及ばないながら、奇跡の力を発揮できる存在と言える。つまり、人が、内なる神と似てくるのであり、そんな者のことを仙人と言うのだ。
これについて、喩えで話そう。
ジョージ・アダムスキーは、人とペットがいつも一緒にいれば、ペットが飼い主に似てくることを引き合いにしたことがある。同じように、人が常に神を想い、その存在を感じていると、人は神に似てくるのだ。つまり、自我と、神である真我が溶け合い、両者が一体化するのである。
聖書にも「神と和らぎ(親しくし)、平和でいなさい。そうすれば幸福になるでしょう」と書かれている。
アイルランドの詩聖W.B.イェイツは、彼が書いた不思議な手記の中に登場するアラブ人に、「偶然を自分の意志とした時に、私は神に近付く」と言わせている。偶然とは、神の意志であり、本来は必然だ。それが起こることを、自分の意志であるとすれば、自分は既に神なのである。

仙人になるのは難しいかもしれないが、人のままで、無限の力の援助を得ることは、誰でも、いつでも出来るし、現に受けている。望ましい助けを得ることができるかどうかは、我々次第である。
自ら神と融和して仙人となるか、平凡な人間であっても、全て神に委ね切って大安心を得るかである。ラマナ・マハルシは、いずれも実は同じことであると言う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

愉快な冒険者

「寝覚めが悪い」という言葉がある。「寝覚め」でも「目覚め」でも同じだと思うのだが、「寝覚めが悪い」で、過去の悪い行いのせいで、起床時に、良心に責めさいなまれるということで、これは、多くの人の経験から生まれた言葉だろうし、おそらく、大なり小なり、誰でも覚えがあることと思う。
なぜ、寝覚めの時なのか不思議なものだが、心の無い、眠りの状態というのは、善の状態なのだと思う。そのため、冷酷非道な悪人であっても、夢の中では、悪いことをしようとしたら、邪魔が入ったり、恐い目に遭ったりするのである。
これらから考えると、我々の内奥にある、善なる魂は、心の活動により、隠れてしまうと考えて間違いないのではないかと思う。日中でも、心を静めて、無我の状態になれば、崇高なことをしたり、奇跡を起こしたりするものだ。

ところで、自分が悪いことをしたというのではないが、寝覚め、あるいは、目覚めの時の気分が悪いということがあるかもしれない。
特に、月曜の朝がそうであるなら、社会生活・・・具体的には、学校や会社などが面白くないのであろう。そんな人は、もし土日が休みなら、土曜の朝は特に気分がいいだろうし、長期休暇の最初の朝など、天国にいる気分かもしれない。
本当なら、私も、小学校や中学校の夏休みの初日の朝は気分が高揚したはずであるが、ラジオ体操のような集団行動をしなければならなかったので、どちらかというと憂鬱で、最も喜びに溢れたのは、夏休みが始まる前日の下校の時だった。まあ、ここでも通知表というものがあり、学校というのは、つくづく、子供の気持ちを重苦しくさせることで、子供に無力感を与えたいもののようだ。学校というのは、国家の奴隷生産工場なのであるから、当然、そうなのであるが、我々はその影響を脱し、奴隷をやめなければならない。

朝の目覚めの時の気分は大切である。今の日本人で、これが良い人は、まずいないだろう。そして、最悪の気分の人が増えている。それは、世間の奴隷であることを意味し、人間性を失ってしまったことを表している。眠りの時に輝いている善なる魂の警告なのだ。
映画『タイタニック』で、ジャックは、「今日は未知の日」だと言い、それを受け入れて喜び、賛美すると、心の汚れた上流階級の人達をも感激させた。
世間では、今日は未知なんかじゃない。全部決まっている、うんざりする毎日だ。
アイルランドの詩聖W.B.イェイツは、戯曲『カルヴァリー』で、イエスすら屈服させたローマ兵士に言わせる。「予期できぬことでさえあれば、起こるのが最善」と。
CLAMP(4人組の女性漫画家ユニット)の『カードキャプターさくら』で、世界最高の魔導師クロウ・リードの転生であるエリオルは、しもべのスピネルに問う。「この世で、一番楽しいことは何か知ってるかね?スピネル」。スピネルは、思いつかないのか、「何ですか?エリオル」と尋ね返すと、エリオルは深い確信を込めて言う。「予想しないことが起こることさ」と。

未知を選べ。予想できない日々を楽しめ。人生は冒険であるのが本質だ。
将来の心配をして、受験に励み、良い就職を目指す者は、皆、心が歪み、荒れ、その薄汚れた目標を成し遂げた後で、人として悲惨な状態になっていることが分かるだろう。
わくわくせよなどと言うが、そのためには、人生が予想不可能な冒険であることを受け入れなければならない。
世間的な安心をつかんで冒険なんか出来るはずがないではないか?
聖書の詩篇23と91は、それを行う勇気を与えるものである。暗記するまで読むと、あなたは、心楽しい、勇敢なadventurer(アドベンチャラー。冒険者)である。

もう何も恐くはないよ 結んだ視線そらさずに
大切な「今」始める
~『ETERNAL BLAZE』(作詞、歌:水樹奈々)より~









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

情けは必ず人のためになる

「親切が仇(あだ)になる」という言葉がある。仇とは、「害をなすもの、とか、危害」という意味だ。
この言葉は、断じて嘘である。親切が害になるはずがない。
こう言うと、「ろくでなしや、甘ったれに金を与え続ければ、そいつらをますます駄目にするじゃないか?」と反論したがる人もいるかもしれない。
それはおかしい。
そんな愚かな行為を親切と解釈することが、あまりにおかしいのだ。

自我を満足させる行為は親切ではない。親切の中に自我はない。
ろくでなしや甘ったれに金を与えるのは、単に自己満足なのだ。

過保護が悪いという。
全くの嘘だ。保護はいくら大きくても良いものだ。
しかし、問題になる過保護とやらは、全く保護していないばかりか、弱い人達を守る衣服すら剥ぎ取っているのだ。
世間でいう過保護は、保護する力を奪い去りながら、保護しているという幻想で自己満足しているだけなのだ。
子供達の保護が足りない。全く足りない。子供達は、みんな死に絶えている。少しは保護したらどうなのか。

我が心の師、政木和三は「情けは人の為ならず」について、「情けは、巡り巡って自分に返って来るので、おおいにかけろ」と述べた。
半分は合ってる。
しかし、情けは人のためにもなるのだ。
情け、親切、思いやり、慈愛・・・善意が人のためにならないはずが無い。そして、自他の区別なく良いものなのだ。

親切とか情けは、100万円持っている人が10万円をやることじゃあない。30万円でもない。
100万円全部あげることだ。
それ以外を親切とも、情けとも、思いやりとも、慈愛とも言わない。
数千億円あるものが百億円出すのは、愛ではない。欺瞞か、そうでないなら、ただの見栄か気紛れだ。
見栄や気紛れが悪いとは言わない。だが、見栄や気紛れで売名をしてはならない。それは、本人に仇をなす。
私は、相当な見栄っ張りの気紛れでいよう。

こんな時には、見栄も本当に有難いものだと思った。
~「ダイヤモンド製造家(H.G.ウェルズ)」より。ダイヤモンド製造実験を行っている男が、その実験に必要な炭を買う金を、女性達への見栄で恵んでくれた男に対して思ったこと~









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

凶悪ウイルス、難病奇病はますます増える

百貨店やレストラン、その他の販売やサービスを行うお店のテレビCMでは、店員やサービス員を演じる役者さん達が、いかにも親切そうに愛想よく振る舞い「おまちしております!」と明るく言う。
しかし、それらのお店に実際に行くと、店員やサービス員達は、形ばかりの笑顔はするが、冷淡で覇気も無い。みんなやる気がないのだが、それは当たり前と思う。
自分の本当の才能を生かして、人々を喜ばせ、世の中を良いものにする仕事でないと、人は喜びを感じない。
しかし、多くの人がやっている仕事は、経営者が儲けることを目的としたビジネスの奴隷である。従業員は、いつやめても補充が効くように、規格化され、個性や能力は求められない。知力ではなく、体力のみ求められるので、しんどい仕事が多く、1人1人の客に親切にしていたら、身体がもたない。
今の会社は、株主と経営者のものである。両者をつなぐのは金だけだ。社員は決して能力は求められない。社員の能力で成り立つ会社は儲からないし、経営者にとっては危ういものである。言い方を変えれば、儲かる会社というのは、無能な社員だけでやっていける会社である。事業で儲ける才能とは、無能な社員でやっていける仕組みを作れることである。儲かる会社では、有能な人は皆、やめていくのである。

全ての職場で、従業員はロボットであることを要求され、人間らしく振舞えば、「勝手なことをした」ことになり、能力を発揮すれば、「余計なことをするやつ」になる。
もちろん、本当に無能で経験のない者の「勝手なこと」「余計なこと」は恐ろしいもので、そんな者を置いておけば、軍隊でいえば、味方に向かって鉄砲を撃つことになるだろう。しかし、だからといって、規格外のことを何もできない場所では、いつまでも、本当に人間らしい、能力のある仕事が出来ない。
学校教師、医者、警官といった人達も全くやる気がなくなっている。彼らこそ、規定以外のことは決してやってはならないことを、厳格に遵守させられている。しかし、彼らは給料が高く、身分も安泰で、そもそも、そんな仕事を選んだ動機が、他の冒険的だが不安定な仕事をする勇気がないことなのだから、非常に苦しいのである。それは不健全な苦しさで、対処のしようがなく、ただ抑圧になる。結果、極度に無能化して、医者が血液型を間違えて輸血したり、教師が猿のように、弱い立場の異性の生徒をメス(あるいはオス)としか見れなくなる。もう、全体的にそうなってきている。

本当に良い高級レストランであれば、シェフも従業員もやる気があり、行くことが楽しいのだが、そんな店は、もう儲からないばかりか、成り立たない。
今は、機械化され、効率化され、表面的に美味しいだけの店でなければ儲からない(あえて具体名は上げないがお分かりと思う)。逆にいえば、儲かっているレストランに行けば、客も、身体と心を腐敗させる。
私は、ほとんどのレストランには、行くだけで不快なので、決して行かないし、そんなところの食事は、身体に負担なのである。本当に健康であれば、少々悪いものを食べても平気なものだが、超健康な私にここまで影響があるなら、そんなところに頻繁に行く人の身体は大変なことになっているだろう。現代は、大半の人が、身体にかなりの問題を抱えているというのは、当然のことだと思う。
私は、スーパーで売っている、パン、野菜、果物、チーズ、ナッツしか食べないが、人によっては、これらも悪いという人がおり、そうかもしれないが、この程度であれば、身体や心が健康であれば、簡単に対処でき、何の問題もない。言い換えれば、これで支障がある人は、主に、心に問題がある。
大儲けしているレストランで、様々な問題が発生し、中には倒産に追い込まれてしまったところもあるが、それも神の摂理と思う。ウイルスというものは、神の意志を行う場合も多いのだ。今後、さらにそいういった事件は起こるし、医学では対処できない難病奇病も増える。しかし、宇宙の理に則っている限り、何の心配もいらない。それを、荘子は、道(タオ)に従う、道と一体化する、道と共に流れるなどと言ったが、彼の真意を掴めば良いのである。黒住宗忠が言うように、神に全て任せ、神と一体になれば良いのである。
かつて、ある有名な英国軍大佐が、第二次世界大戦で、数百名の部下に聖書の詩篇91を暗記させ、歴戦を重ねても死者1人も出さなかったが、彼はやむなくだが、戦争に参加したということを除けば、それに倣えば良いのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

食物より調和の取れたエネルギーの力

私は、食事は1日に1回で、食べるものは、パン(食パン1枚)、野菜、果物(ほぼ林檎で、1日半分)、ナッツ、チーズだけである。
しかし、別に痩せてはいない。約180cmで65kgだから、細身ではあるが、ちょっとスリムという程度である。以前、1日にご飯を半合と、豆腐、漬物しか食べなかった頃はもっと軽かったが、それでも60kgを切ることはなかった。
毎晩、必ず、300回のスクワット、100回以上の腕立て伏せをし、通勤で最低5kmは歩き、その他でも、なるべく車を使わずに歩いているが、65kgから下がることはない。
私と同じ位の身長で55kg程度の人はよくいて、やはり痩せているが、そんな人は、1日3食で、割とよく食べているのである。
これは、面白いと思った。

ところが、長期の断食(20日くらい)をしている人で、ある時点で体重の低下が止まり、逆に、増えるという現象を報告する人もいるようである。一般の科学ではあり得ないことである。
また、かなり肉付きの良い人が、何日か断食をしたところ、ほとんど体重が落ちなかったという話もある。
森美智代さん(森鍼灸院院長)という方は、長年1日に青汁1杯しか食べないそうだが、かなり太っている。青汁といっても、かなりの量の野菜をどんぶり1杯であるが、それでも太るというのは面白いものである。

形態波動エネルギー研究所の足立育朗さんの『波動の法則』を見ると、食物だけで、精巧な人間の身体を機能させることは不可能で、宇宙から、もっと調和のとれたエネルギーが流入しているとある。私もそれは間違いないと思う。足立さんは、宇宙からのエネルギーは脾臓に入ってくると述べている。
また、世界には、食物を全く摂らずに生きている人も一定数存在するが、インドのヨーギ(ヨーガ行者)であるパラマハンサ・ヨガナンダは、そんな人は、空気中にあるプラーナというエネルギーを多く体内に取り入れているのだと言う。気功では、プラーナは気と呼ぶのだと思う。

私は、3年ほど前までは、肉食中心で大食だったが、ある日突然、1日1食の菜食になった。甘いものも大好きだったが、間食も全くしなくなった。そうするのに、努力も根性も必要なかった。
それは、腕振り運動(中国ではスワイソウという)を長くやっていたからだと思う。
私は、それまでに、10年ほど、腕振り運動をやっていたが、回数は、せいぜい、1日100回であった。ところが、後でメニエール氏病と分かったが、激しいめまいを感じたり、アトピー性皮膚炎が悪化する中で、腕振り運動を1日500回に増やした。それで、しばらくは良かったが、仕事のストレスや不規則な生活が続き、ついに、メニエール氏病で立つことも歩くことも出来ない状態になり、腕振り運動を1000回にしたところ、急速に回復した。回復してからは、500回に戻っていたが、関英男博士の本を読み、2000回に増やして、しばらくしたあたりで、肉を食べなくなり、昼食を抜き、朝食を抜き、ついに、1日1食になった訳である。
関博士によると、腕振り運動で、手の平からGTP(重力子が複数結びついた特殊な粒子)が発生し、それが体内に蓄積して、若返ったり、病気が治るそうで、関博士自身、1日腕振り運動2000回で、胃癌を完治させている。
GTPこそ精妙な宇宙エネルギーの元であり、それに比べればはるかに不調和な食物のエネルギーを減らし、特に粗雑なエネルギーの肉食をやめ、GTPによる精妙な宇宙エネルギーを取り入れることが出来るのだから、健康になって当然と思う。

尚、潜在意識の法則や引き寄せの法則の成果が出ないと感じている人は、上にあげた足立育朗さんの『波動の法則』を読むと良いと思う。
うまくいかないのは、精神を構成する量子の周波数が低い可能性があるが、この本を読むことで1000倍から10000倍に上がるようになっている。また、そういった精神の構造も、世間的な科学とは言えないかもしれないが、直感的に納得しやすいように書かれているのである。
理解し、上手くなるには、自分でやってみる以外の方法はない。本当かどうかは、自分で試してみると良いだろう。
以下に、当ブログ内の、腕振り運動に関する記事のリンクを記しておく。
腕振り運動で若返る原理
天使か妖精のように軽くなる方法
地球や天と共鳴する腕振り運動
腕振り運動の効果、最新レポート









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ