ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

人を超えた存在達

およそいかなる国にも、人を超える存在が、伝承や思想の中にある。西洋では天使であり、中国の仙人、我が国では天狗である。
これらは神と異なるのかというと、やや微妙なところがある。たとえば、天使にしろ仙人にしろ、ランクというものがあり、上位になると、ほとんど神と変わらないと言われることもある。
また、神といっても、聖書の神は絶対の力を持つ唯一者であるが、ギリシャ神話や日本の古事記には、実に多くの神々が登場し、人間的な面も多く、人間との間に子供を作ることも珍しくはない。
神や天使、あるいは、仙人といった存在は、空想であるとみなされる場合が多い。
しかし、並の人間よりはるかに現実世界で活躍し、国や時代を超えて影響を与える人の中にも、ファンタジーや方便ではなく、現実として神や天使の存在を認める者も少なくは無い。例えば、科学者、政治家であったエマニュエル・スウェーデンボルグや、哲学者で、建築、農業、医学、教育分野などでも優れた実績があるルドルフ・シュタイナーらであるが、他にも世間的な事情でそう言わないが、神や天使の存在を認めていた、あるいは、知っていた人達は少なく無いに違いない。

仏教では、六道輪廻と言って、生まれ変わり死に変わる6つの世界があるのだが、実は、人間界はそのトップではなく、最上位は天界なのである。そこに住むのが、天人や天女であるが、彼らは人間をはるかに超える力や寿命を持つが、それでもいずれ死に、六道の中で転生する苦しみの存在でしかない。お釈迦様が生まれてすぐ7歩歩いたという伝説は、この六道を一歩超えるという意味で、悟りを開いて仏陀になれば、もう輪廻の鎖に縛られることは無い。
人間と天人の差の一例として、仏教の話にあるが、人間の中では素晴らしい美少女と言われる者も、普通の天女と比較すれば、人間の美少女と、年老いてよぼよぼになった雌猿ほどの違いがあるらしい。

普段は全くの俗人が、なにかのきっかけで仙人や天使に逢ったことを話すこともよくある。
私も天使には逢ったことがある。もしかすると、天使や仙人は、人の中に案外に紛れているものかもしれず、実際に、真面目にそう言う人にも会ったことがある。
私が小学校の1年生の時だ。学校で、給食当番は、食器や食べ物飲み物を教室に運ぶのだが、友達ができない性質の者というのは、2人がかりで運ぶようなものを一緒に運んでくれる相手がいなくて手持ち無沙汰になってしまうことがよくある。私はいつもそうだったが、なんだか怠けているような感じで居たたまれないし、教師にはっきり怠け者呼ばわりされることもあり辛いものであった。
ところが、いつの頃からか、私にはいつもパートナーになる女の子がいるようになった。いつからそうなったのか、全く分からない。とても明るく可愛い子だったと思う。いつも不意に現れて、掃除でも何でも手伝ってくれるのだが、後で考えると不思議なものだった。実際、相当に可愛いというか美しい子で、校内を一緒に歩いていたら、彼女は上級生達の目も惹いた。6年生くらいと思われる男子も、彼女に直接声をかけることは気後れするのか、私に、「お前、この子が好きなのか?」とかよく聞いてきたものだ。言うまでも無く、その上級生男子が彼女に萌えていたのである。私には、彼の質問の意味が理解できていなかった。しかし、好きかと聞かれて、「そうだな、好きだな」と思ったことはよく憶えている。それを純粋な好きというのだろう。
しかし、私は彼女の名前を知らなかったし、実際に彼女がクラスに居た証拠も無い。後でクラスの写真を見ても、彼女の姿はどこにも無かった。憶えている感覚で言うと、彼女は普通の子と全く違っていた。多分、彼女は天使だったのだろうと思う。
そんなこともあり、天使については、いくらか分かるようになった。
天使は、人より進化した存在なのだけれども、必ずしも人が天使に劣るわけでは無い。それは、大人の立派な犬であれば、人間の子供に明らかに優るし、介護犬ともなると、下手な人間の大人よりずっと役に立つようなものだ。しかし、だからといって、犬が人間に優る訳ではないように、やはり、人が天使に優る訳ではない。しかし、人と犬の間に友情や愛情があるように、天使と人の間には、さらに強い絆がある。もし、1人の子供のために、国1つを敵に回すような男がいて、彼に味方をすれば、天使が側にいてくれるようになる。天使とは、そのようなものなのだと思う。







↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

一番上流の水が最も清い

思いを実現する、つまり、周りの状況を思う通りに支配するためには、深い意識の中に変化を起さないといけない。そこは、思考が届かない意識の領域であり、イメージも言葉も影響を与えることは出来ない。そうであれば、我々には世界を変える力について見当もつかない。

本当は、そのやり方は旧約聖書に書かれているのだけれど、人間は紀元前には既に、それを理解する能力を失ってしまっていることを、エマニュエル・スウェーデンボルグも指摘していた。スウェーデンボルグは、ゲーテ、カント、ヘレン・ケラー、エマーソンらが崇拝した思想家で、科学においても万能の天才であった。
だが、イエスは、その方法を、無知な庶民にも分かるよう非常に工夫をして教えた。イエス自身は、完全に力を使うことが出来、あらゆる病気の治癒や、水上歩行、パンの現出、水をワインに変換するなど、彼に不可能はなかった。しかし、彼の高弟である使徒達ですら、なかなかうまく出来ず、イエスがそれを嘆く様子が福音書に書かれている。

だが、それでも、イエスほど、易しく教えることが出来る人はいないのだ。
「20世紀最大の詩人」と言われ、ノーベル賞も受賞したアイルランドのW.B.イェイツほどの言葉の達人が、反キリスト主義者でありながら、イエスの教え方には感服していたのであるから、やはりイエスの教えは貴重なものに違いない。ただ、イエスの教えは、今日のキリスト教の教えとは必ずしも一致しない。
イェイツは、個人的聖書ともいえる『ヴィジョン』を著した。彼の妻が媒介の役を果たし、まさに思考の及ばない異世界からの情報を得て書いたものだ。『ヴィジョン』は文壇を困惑させたが、英国の著名な作家コリン・ウィルソンは高く評価していた。

我々は、手がかりを得ることに関しては恵まれているのだが、いまひとつ、熱意と根気に欠けるのだ。
上流の純粋な水を飲むのが最も確実で、そこから安易に離れることは戒められるべきである。







↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

超有名人から与えられる先入観について

近年、膨大な資産を有した2人のインドの聖者が亡くなっている。1人は、今年4月に亡くなったサイババ(サティヤ・サイ・ババ)で、もう1人は2008年に亡くなったマハリシ・マヘーシュ・ヨーギーだ。
サイババは数千億円という資産があり、高価な宝石を多数所有していたというニュースを見たことがある。それを知っても、彼に心酔していた者達の崇拝の気持ちは変わらないというのが人間なのだろう。
マハリシは、彼の個人資産であるかどうかは知らないが、大学はじめ多くの壮大な施設を創り、いつも豪華絢爛な雰囲気の中にあったと思う。そもそも、彼が普及させたTM(超越瞑想)は、ビジネスとして最高の成功モデルだ。TMの日本での普及に当たっては、経営コンサルティング大手の船井総研にマーケティングの依頼があったことを、当時船井総研社長であった船井幸雄氏の著書で読んだことがある。まず、ビジネスありきだったのだ。

実は私も、TM(超越瞑想)を習得したことがある。最初に言っておくと、TMを薦める気も、取り組むのを止める気もない。TMをやるかどうかは純粋に個人の選択である。
ただ、井深大氏、稲盛和夫氏、アントニオ猪木氏、前田日明氏、世界的には、ポール・マッカートニー、リンゴ・スター、デビッド・リンチ、クリント・イーストウッドらが、熱心に勧めるのを見ることもあるかもしれないが、それには影響されないで欲しいのだ。
TMでは、純粋意識(超越意識)を体験できることが大きなポイントである。純粋意識の中から活動を起こすと説明を受けたのであるが、それが本当なら、本当に彼ら(TM側)の言う通り無敵である。
ところで、TM教師からは、純粋意識の経験を話さないことが求められる。その理由は、純粋意識についての先入観を他人に与えないためという理由だ。これに関して私が説明すると、先入観も何も、純粋意識の体験を言葉で語ることは、いかなる文章の達人でも不可能だ。なぜなら、それは思考や言葉を超えているからだ。だから、先入観を持たせないというよりは、言葉で言う限りは、全部嘘だからである。言葉で言う者がいるとすれば、それは純粋意識というものを勘違いしているのである。そのあたり、たまたま私が当たった教師だけかもしれないが、TM教師の説明は適切でなかった。
ちなみに、私は2年は指示通り熱心にTMに取り組んだが、純粋意識の経験は無かった。
そして、もう1つ。TMはどんどん高額化しており、現在では、そう気楽に取り組める料金ではない。しかし、もし、そんなに良いものなら、無料で教えるべきと思う。そして、実際には、おそらく無料で教えられるのである。これに関しては、詳しく言わないが、個人的には、教わるまでも無かったことを確認してしまった。1万年先の世界を予想できると言っていたマハリシも、数十年前に現在のネット社会を予見できなかったのだろう。
ただ、TM側が主張する通り、先入観を他人に与えないために純粋意識の経験を話さないというのと同様、超有名人がいかに肯定的に語っても、それで先入観を持たないで欲しい。実際、彼らの話は、あなたには何の関係もないものばかりである。
マハリシの著書には、世界中の宗教はTMを導入すべきだと書かれている。そして、TMを導入したからといって、それぞれの宗教の権威を貶めることはないと述べられている。しかし、これはあまりに荒唐無稽な主張である。宗教の本質とは神に至る道を説くのであり、TMでいう純粋意識への到達と同じである。つまり、宗教の最も重要な部分をTMでやれと言っているに等しいと私は思う。なら、TMは、全ての宗教の教えや行為(修行、勤め)を超えていると言っていることになるのだ。そうであれば、マハリシは堂々と、TMはあらゆる宗教を超えていると主張すべきであったが、それはビジネスモデルから言って不具合なのだろう。だから、あのような言い訳めいた述べ方をしたのだと思う。

ところで、神というものを定義できるだろうか?
もちろん、神は人の思考を超えたものであり、そのようなことは決して出来ない。
そう言っておいて何だが、私は神の定義を持っている。ただし、全知万能であるといった属性を述べるものではない。例えば、人間の定義は「話してものを食べる」では無いようなものだ。
私は、自分の神の定義が、実に適切で優れていることに驚いている。思考を超えて神を感じることが出来る。
私の神の定義は、もちろん、比喩(たとえ)である。思考が及ばないことでも、その影響を捉えることで喩えにすることが出来るのだ。もちろん、完璧ではない。しかし、言葉自体ではなく、その言葉が精神に与える影響と対象(神)からの影響の共鳴により、知り得ないはずのことを感じることはできる。魔法とは、そのような技術であるのだ。
私の神の定義をあなたに話すことは、個人的には全く躊躇は無いと同時に、あなたにとって全く意味もない。いや、あなたに先入観を与えるなら、あなたにとって害になるだけだ。
それは、いかなる有名人、世界的大スターからのものであっても、全く同じである。
神とは、真の私とは・・・それは、あなた自身で見つけるべきものである。







↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

真にいい女とは

学校や会社には、ほとんど必ずスローガン、つまり、標語があると思う。「わが校の校風はこうこうで」「わが社の社員はこうあるべし」みたいなものである。場合によっては、それを定期的に朗読させられたりもするのだろう。そういったことを表立って拒否すれば何かと都合が悪いので、やむなく受け入れているフリをしながら心の中で反発している場合が大半ではないかと思う。

こういったことに対し、表向きだけ従うことは良いことだ。無駄なエネルギーを使う必要はない。
そして、屈辱を感じたり、怒りや恨みを感じたり、あるいは、馬鹿にしたりする気持ちが起きるのも仕方がない。だが、そういった自分の心をよく観察して欲しい。ただし、その際に、自分の心に対して批判や評価をしてはならない。ただ冷静に観照するのだ。すると、そのような馬鹿げた行事があることも、結果として大きな利益になる。

大阪府で、教職員に、式典での国歌斉唱時の起立を義務付ける条例が成立したことで、反発を感じている人もいるだろうが、そのことで人気者の知事に怒りを持つのも別に良い。ただ、その自分の心をあるがまま冷静に観察して欲しい。それよりも重要なことはない。あんな知事なんかに構うな。あいつらは、地上でドタバタさせておいて、我々はそれを尻目に、高く飛ぶべきなのだ。

スローガン、標語ってのは、ただの観念だ。
ところが、上にあげた、学校や会社や公的なスローガンになった観念であれば反発するのに、おかしな観念を受け入れている人が多い。
スローガンになっていれば、それが馬鹿馬鹿しいことが分かるので、まだ害が少ないのだ。実際、私は、馬鹿馬鹿しくないスローガン、標語を見たことが無い。あの大阪府の条例も、何かのスローガンから出来たものなんだろう?
「わが校の生徒は実直で質実剛健であれ」なんて、言葉で言ってどうなるものでもない。そんなことは子供でも分かるので、笑って済ますことも出来る。

だが、一見、馬鹿馬鹿しく思わせない観念が問題なのだよ。
誰かが、幸福とは、経済、健康、家族、交友全てが良好なことだなんて言っていたし、人によっては、教育面や精神面など、さらに条件を付け加える人もいるようだ。自己啓発セミナーなんてのは、そういうのが多いかもしれない。
しかし、金がなくても、病気でも、友人がいなくても幸福でいることは絶対に出来る。幸福にそういったものは何の関係もない。
何かのテレビCMで、「幸せって、旨い醤油のある家さ」っていうのがあった。あの歌は、昔の流行歌の替え歌だそうだが、私は素晴らしいと感動したものだ。もちろん、旨い醤油と幸せに本来は関係はないのだが、おかしな観念を与えずに、幸せのヒントになるのだ。
幸福とはお金だと言われたら反発を感じるが、幸福とは旨い醤油がある家だと言われても、よほどへそ曲がりでない限り反発せず、そして、自分なりの幸福の手がかりを掴むに違いない。
いい女ってのは、いつまでも21歳で、ウエストは60cm以下で、服は何でバッグは何・・・・とか、仕事が出来て男に媚びない・・・などといった観念を持つと、やがて女でいるのも嫌になる。いい女ってのはね、高い処に吹く風なのさ。







↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

一言で言うと何か?

政治家が政治について語ったり、野球選手や野球の監督が野球について語ったり、宗教家が神や愛について語るのを聞いたことがあるかもしれない。
我々だって、趣味という以上に強いこだわりがあるものを持っているかもしれないし、それについてとうとうと話せるかもしれない。
だが、語った者がこう言われたらどうなるだろう。
「そんなことは大した問題じゃないんだよ」
憮然としたり、真っ赤になって怒ったり、むきになって何かを主張するかもしれない。自分の立場を誇示して脅したり(偉い人の場合)、言った相手を蔑む態度を取る人もいそうだ。
あるいは、大人の余裕を示して笑うが、心の動揺で顔が歪んだりと、いろいろな反応がありそうで面白い。

岡本太郎や池田満寿夫は、必要なら芸術や絵画について語ったり、本を書いたりしていたが、結局、彼らに「芸術とは?」とか「絵画とは?」と尋ねたら、岡本太郎は爆発だとか、人生だって言うし、池田満寿夫は自分の絵を便所のラクガキと言った。
彼らだって、言葉や文章で語ったことに関しては、大した問題じゃないと思ってたのではないかと思うのだ。
ただ、こういうことは言える。
どこかの偉いお坊様は、何を聞かれても、指を1本立てるだけだった。それが答えなのだろう。しかし、それを真似した小坊主は、そのお坊様に指を切り落とされた。
語れて語らないか、語れなくて語らないかは全然違う。
そして、みっともないと知りつつ、人々のために語るのも1つの愛だろう。そんな人達は、自分が語ることが、大した問題じゃないことを知っている。
だが、どんなに世間で評価される人であっても、それが大した問題じゃないと知らずに話す人にはうんざりするものだ。

本当に信念を持ったことについては、一言で言えるのだろう。岡本太郎の爆発とか、池田満寿夫の便所のラクガキのようにね。
原稿用紙一行分を超えるなら、あまり信念を持っていないに違いない。
「自分とは一体何か?」と問うて、答えが長いなら、自分について何も分かっていないのだ。答えなくても満足する時が、本当の自分が分かった時だろう。
「神とは何か?」と問われて、「分からない」と答える宗教家は誠実ではあっても無能だ。とうとうと語るなら詐欺師だ。
自分の信じるものをたった一言で言えるだろうか?言えないなら、やはり大した問題じゃあないんだろう。







↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ