ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

世の中に必ず打ち勝つ武器

この世で生き抜くためには、現実面の武器と、それよりも高いレベルでの武器が必要だ。とりあえず武器と言うのは、話を分かりやすくするための喩えであり、本当は相応しいい方ではないかもしれない。
現実を良く生きる基本は、健康と賢さであるが、健康とは、並外れた体力よりは、病気などの不都合がないことで、賢さとは、学歴みたいなものではなく、心の穏やかさのようなものである。
病気がなく、あってもすぐに治り、時に心に嵐が起こっても、平静にすることの出来る賢さがあれば、この世で生きるのは容易い。
それを可能にするのが、まず食の慎みである。そして、身体のリズムを自然に整えるちょっとした技法で、そのために最も簡単で確実な効果があるのが、腕振り運動である。それで、この2つを、現実面で生き抜くためにお奨めするのである。
※腕振り運動については、当ブログ内の下記リンクをご参照下さい。
地球や天と共鳴する腕振り運動
食の慎みとはいえ、断食や極端な苦行的食生活など全く不要で、十分に食を楽しむべきである。ただ、現代の日本人は(海外のことはとりあえず置いておく)あまりに食べ過ぎている。良い食事は、決して満腹するまで食べない、つまり、お腹いっぱい食べるようなことをしないことだ。肉はなるべく食べない方が良いだろうし、間食をするなら、時間を決めて、少量にしなければならない。電車の中でものを食べる大人をよく見るが、そんなものに遭遇するのも、まだまだ私に間違ったところがあるからなのだろう。
朝食か昼食は、出来ればどちらか抜くのが良い。実際、両方食べる必要は無い。もちろん、ジュースとビスケット1~2枚程度なら構わない。その位では食事というほどでもないだろう。
食を十分に慎んでいれば、健康になるし、病気にならない。心の不安定さの原因になる、異常な性欲や恐怖心も少なくなり、穏やかになる。
さらに、身体を強くし、心を安定させるのが腕振り運動だ。腕振り運動は、一応、外見的な動きがあるので運動と言っているが、筋肉運動のようなものではない。もし、いつまでも筋肉痛があったり、疲れてやれないというなら、筋肉運動と勘違いしている。もっと力を抜いて、柔らかくやらないといけない。腕振り運動は、立ってやる禅、動きのある禅と言って良いと思う。動きがある分、集中しやすいので、座禅よりやり易いと思う。

食の慎みと腕振り運動を習慣にし、継続するなら、心身を良い状態に保て、楽に生きることができる。
言い方を変えれば、この2つを武器にすれば、世間と戦って負けないのである。だが、武器は磨かないといけない。
さて、最初に、現実面の武器と共に、より高いレベルの武器と述べたが、そのより高いレベルについて、それが何かを示す、適切な言葉はない。一応、思想、哲学、宗教と言えなくもないが、現在では、それらの名で呼ばれるものは実際的でない。だから、あえて言えば、本物の思想、本物の哲学、本物の宗教ということになるが、それもどこか胡散臭いので、私好みに、英知としておく。
英知には、古来よりいろいろなものがある。ユダヤ人なら、タルムードという現実面を補完するので、膨大になったものがある。中国には、老子や論語がある。
だが、何か1つと言うなら、意外に思うかもしれないが、新約聖書をお奨めする。だが、別にキリスト教徒になれと言うのではない。偉大な賢人には、キリスト教会には関わりを持たなかったが、イエスの教えをよく学んだという者はよくいる。アメリカ最大の賢者、ラルフ・ウォルドー・エマーソンがそうだし、日本の明治、大正の偉人、岡田虎二郎もそうだ。エマニュエル・スウェーデンボルグも、伝統的キリスト教からは異端であったために命を守るために亡命せざるを得なかったのだ。
イエスの教えは、理屈で簡単に分かるというのではないが、勝手な解釈に従わず、自分でも勝手な思い込みを持たず、ただ無心に読めばやがて分かると思う。そして、それは、現実面の武器にはるかに優る、あなたにとって至高の刃となるであろう。
新約聖書に関しては、やはり教会に関係せず、戦時中に長い時間と果てしなき努力の末に、誰にでも分かる易しい現代語訳を完成させた塚本虎二訳を一貫してお奨めしている。また、イタリア人でありながら、日本語を学び、格調高い現代語訳にしたフェデリコ・バルバロ版(精通者によるラテン語から日本語への直接の訳という点でも貴重だ)など、情熱ある者の訳はとても良く、心に良い影響を与えるものである。







↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

性エネルギー昇華の秘法

ナポレオン・ヒルは、成功するためには、性エネルギーを昇華させないといけないと言ったが、そのやり方が分かったなんて人がいるのだろうか?
性エネルギーの昇華とは、即ち、性の欲望を起こさせるエネルギーを、知力や行動力に変換して活用するということだ。
実際、性エネルギーを浪費し続ける男は決して何をやっても大きな成果を得ず、病気になったり、早死にすることになるだろう。
しかし、ナポレオン・ヒルが言ったのは、ただ、性エネルギーを無駄使いするなということだけだった。早い話が、禁欲しろということである。そして、禁欲のためのありきたりなアドバイスをしていただけだ。
ヨーガや仙道では、瞑想や呼吸法で性エネルギーの昇華を行えると言われる。しかし、良い指導者について行った場合は分からないが、とても複雑で難しいので、本に書いてある通りにやって成果を上げたという話を聞いたことがない。ただ、指導を受けたのかどうかは知らないが、それをやったという人の話が載った本を読んだことがある。その人はヨーガの方法(クンダリーニ・ヨーガ)でやったようだ。確かに何かの効果はあったようだが、身体に大きな変調をきたし、大変な目にあったようだ。実に、心臓が停止したりもしたようで、命の危険があったのかもしれない。
また、イツァク・ベントフの「ベントフ氏の超意識の物理学入門」に、TM(超越瞑想。インドのマハリシ・マヘーシュ・ヨーギが世界中に普及させた瞑想法)を長年やっている者が、クンダリーニ・ヨーガを行じたような状態になった事例が書かれていたが、こちらは、多少の異様な症状は見せながら、もう少し穏やかだったようだ。しかし、だからといって、それが有益なことだったという証拠はない。

マハトマ・ガンジーは、あるきっかけで完全な性的禁欲者になった。また、ベンジャミン・ディズレーリは財産目当てで魅力のない女性と結婚したが、彼らが並外れた能力や行動力を示したのは、そのような状況の中で、性エネルギーの昇華が上手くいったのかもしれない。
骨法という武道の創始者である堀辺正史さんの本にあったが、「誰でも3度のメシより好きなものがあるが、私はそれが喧嘩だった」というところを見て感銘を受けたことを憶えている。喧嘩好きというより、誰でもメシより好きなものがあるということだ。
メシより好きなことをやっていれば禁欲は容易い。ところが、面白いことに、真にいい女というのは、そんな状態の男に惚れるのである。
逆に言えば、食を厳しく慎むと禁欲も容易い。ガンジーが完全禁欲者であったことは既に述べたが、ガンジーは菜食主義で少食だった。私も、1日1食で菜食の生活が3年を過ぎたが、性欲の支配はほとんど完全である。これは、以前は想像もでできないことであったが、私でも簡単に出来たのである。
そんな状態にある者は、目的を持てば、いかなることでも、かならずや達成するだろう。
つまり、ナポレオン・ヒルは分からなかったのかもしれないが、食の慎みこそ、性エネルギー昇華の秘法であり、しかも、クンダリーニ・ヨーガのような危険も(指導者がいる場合は安全かもしれないが)、TMのように曖昧でもなく、確実に性エネルギーを昇華し、そのすさまじいエネルギーを自在に活用できるのである。
インドの聖者である、スリ・ユクテスワによれば、異常性欲の原因は、肉食と、食べ過ぎによる栄養の取り過ぎであるようだが、私も同感だ。なるべく菜食とし、食べる量も少なくすれば、性エネルギーの昇華は難しくはない。







↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

地球や天と共鳴する腕振り運動

このブログで度々取り上げる、身体強化の秘法である腕振り運動は、中国の様々の流派の気功や易筋経という健康法、あるいは、日本道観の導引術等の中にあるが、元々は、禅宗の開祖であるインドの達磨が中国に伝えたものと思われる。
ただ、様々の気功や鍛錬法の中で独自の改良が行われたせいか、非常に色々なやり方があるし、中国でこれの指導を行う人のやり方を見ると、一人一人全て違っているほどである。
とはいえ、自然体で立って、腕を両方一緒に前後に振るというところは同じであり、後は、各自でやりやすいようにやれば良いと思う。逆に言えば、これほど様々なやり方が生まれるほど広く行われているところに、効果の裏付けを感じるのである。
日本では、関英男博士が台湾の蔵広恩氏から教わった「達磨易筋経」のものが広く知られ、関博士は独自に理論付けをしている。
関博士は、この腕振り運動による、肝臓病、癌、眼病、その他の多くの難病の治癒例を公開し、自身も、胃癌をこれで治してしまったという。
その詳細と、腕振り運動のやり方は、下のリンクにある、当ブログ内の記事を参照願いたい。

腕振り運動の効果、最新レポート

関博士は、腕振り運動がなぜ効果があるのかについて、重力波による仮説を立てていたが、これは、一部で言われるような単純なものではなく、専門的で高度なものである。
よって、私にも正確には分からないし、理論より実践であり、実際に結果が出ているのであるから、それで十分と思う。
ただ、その理論のほんのさわりを見ると面白いし、役に立つこともある。

腕振り運動では、両手のひらは、内側に向ける流派や、下に向ける流派がある。
関博士のものは、両手のひらを内側に向けて向かい合わせるのであり、向かい合わせた両手のひらから(正確には気道から)重力波が放射され、この時、クオーク(素粒子の一種)の渦が発生し、これにより、複数の重力子が結合した粒子(GTP)が発生(物質化)する。このGTPが病気治癒などの効果を起こす原因である。GTPは、生まれた時は多量に持っているが、時と共に減少する一方で増えることはない。しかし、腕振り運動をすることで、これを増やして体内に蓄積できるのである。これにより、我々の夢である若返りが実現する。関博士も、腕振り運動2000回を毎日欠かさずに実行し、90歳を超えても、元気で海外を飛び回り、健康で、頭脳も全く衰えず、意欲的に研究を続けていたのである。根気よく、やり続けることが重要であることは間違いがない。突発的に張り切ってやるのでなく、1年365日、欠かさず行うことで優れた効果があるのであるが、それは、どんなことでも同じと思う。尚、GTPの物質化については、空論ではなく、関博士は実験でも確認を行っている。

よって、手の平は内側に向けるのが正しいのであるが、導引術やいくつかの気功で行われているように、下側に向けることにも意味があると思う。
いうまでもなく、下には大地があり、地球の巨大な重力(多数の重力波)と、手の平の気道から放射された重力波が作用するということである。
ところが、面白いことに、気功の流派によっては、腕を後ろに振った時、手の平が上に向くように手首を柔らかく曲げるものがある。
我が国の最古の古典とも言われる「ホツマツタヱ」では、男は地に向かい、女は天を仰ぐことで良い気が起こると、最高神アマテルが説くところがある。ギリシャ神話でも、大地の女神ガイアが空に向かって開き、天空の神ウラノスが上からガイアを覆うことで幾多の神を生み出したということを思い出す。
腕振り運動の際、男の場合は、大地と手の平、女の場合は、手の平と天空の間でエネルギーの交換を行う感じでやるのも良いと思う。ただ、男女の別に関しては、一応この通りということで、特に厳密に区別することもないと思う。
私も1年ほど検証してきたが、非常に効果的と思う。







↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

よく噛んで食べることよりも大切なこと

顎をよく使う、つまり、堅いものをよく噛んで食べると脳に良い刺激を与えて、頭の働きを良くするという話があるが、私はそんなことはごく自然にやればいいと思っている。
少食な上、堅いものを食べないが頭の良い人はいくらでもいる。むしろ、そのような人の方が、よく噛むが大食の人より、一般的に頭脳の働きが良いかもしれない。
特別な例ではあるが、スティーブン・ホーキング博士は、食事はほぼ全て流動食で、何十年もほとんど顎を動かしていないが、その天才的な頭脳は全く衰えない。

顎をよく使うことの意義は、食物を口の中でなるべく細かく砕くことにより、胃腸が消化を楽に出来ることで、それは確かに身体に良いだろうし、結果として、節約された消化のためのエネルギーが頭脳に回るかもしれない。しかし、もっと良いのは、食べる量を少なくし、余分な栄養を取らないことだ。

私は、むしろ、顎の力を抜き、リラックスした時によく頭が働くように思う。顎に力を入れると、緊張してむしろ考え難いと感じる。一般に、顎を使うと頭が冴えるというのは、単に、眠気が醒める程度の意味ではないかと思う。
私が堅いものを食べるのは、アーモンドやクルミのようなナッツくらいだが、実際はそれほどには堅くはないのと、食べる量が知れているので、さほど顎は使わない。
また、世界には、轢いた(粉にした)トウモロコシしか食べないという民族もいるが、健康で長寿だし、知的な問題も無いだろうと思う。

歯が丈夫で、堅いものでも食べられるという、そのこと自体は良いことかもしれない。
しかし、そのために大食になっては仕方がないが、顎の筋肉がよく発達した人には、大食の人が多いように思う。
歯ごたえのある食物を好むという人がいると思う。それは多くの場合、肉類ではないだろうか?野菜や果物は一般的に柔らかい。牛の反芻を見て、草食動物はよく噛んで食べていると思っている人も多いかもしれないが、反芻する動物はほんの一部で、しかも、その目的は食べた植物の消化ではなく、微生物の吸収である。
肉食、大食が身体に悪いことは、このブログの大きなテーマの1つで、よく書いているのでここで繰り返さない。下記に、このブログ内のいくつかリンクを用意したので、ご参照いただければ嬉しい。
私は、もう3年も、歯ごたえのあるものを食べたことが無いが、何か問題があるとは思えない。

若さと健康の秘訣は腐らない食物
私が肉食をやめて丁度3年が経過
肉食について

堅いものを食べる時には、よく噛んでたべるのは良いことかもしれない。
しかし、ごく自然の感覚でやれば良い。「百回は噛め」などという人もいるが、私なら絶対にやらない。それよりも、最初からよくこなれた柔らかいものを少量食べているが、常に書いている通り、私は健康で強健そのものである。また、多少堅いものでも、少食であれば、健康な人では、消化に問題はないと思う。

顎をよく使えば、健康で頭脳にも良いというのは、別に嘘だと言うつもりはないが、さほど強調することでもないと思う。生まれてからこの方、顎をあまり使っていないと感じられる、細い顎の人で賢く健康な人もいれば、逆に、がっしりとした顎のも持ち主で不健康な人もいる。
私でも、ホーキング博士よりはよく噛んでいるだろうが、まさか私の方がホーキング博士より賢いはずがない。
本当に大切なのは、よく噛むことではなく、食を慎み、満腹するまで食べて自分を甘やかさないことである。
それに、少食であれば、自然によく噛んで大事に食べると思う。







↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

小善人は災いだが、大悪人は英雄になる

小市民、小善人というものが嫌いなら、あなたはまだ若いが、反感を感じないなら、年齢は若くても年寄りだ。
こそ泥ってのは、普段は小市民のお仲間だ。ケチな犯罪で捕まるやつって、大抵、「仕事熱心」「いい先生」と評判だったって報道されているものなのだよ。そして、実際、その通りだったのだ。
小悪党は蔑まれるが、大悪党はヒーローになることがある。通り魔殺人なんてことをやらかすのは、絶対に小悪党なのだ。どうせなら、大悪党になればよかったのだが、そのパワーが無かったのだ。

我が国の総理大臣がペテン師と呼ばれて、何が一番悲しいかというと、それが「小ペテン師」であることだ。あれはどう見てもケチな嘘、ケチな詐欺なのだ。仮にも総理なのだから、大ペテン師でなければならないし、そうであれば、何の問題も無いのだ。かつての大ペテン師の総理は、日本を良くしたのだ。我々も、小ペテン師と大ペテン師の区別を付けないといけない。
そして、自分の小さな価値観で善悪、大小を決め付けてはならない。

反骨ってのは、権威、権力、時代風潮に逆らうことで、世間の教義や信念にひれ伏すことを拒否することだが、最も反骨から遠いのが小市民、小善人だ。
アインシュタインは、穏やかで親切な人ではあったが、大変な反骨精神の持ち主だった。ドイツにいた頃、ナチスによりアインシュタインの首に高値の懸賞金がかかっていると噂された時も、彼は信じることを主張したのである。

小市民、小善人が一番悪い。そんなものになるくらいなら大悪人にならねばならない。
では、大善人、大悪人とは何であろう?
世界には、大きな流れがある。それは、個人の視点、人類の視点の流れではなく、地球全体、宇宙全体の流れだ。
その流れに協力し、流れを強め、推し進めるのが大いなる者で、それに善人、悪人の区別は無い。
逆に、その流れに協力しないばかりか、それを押し留め、別の方向や逆の方向に流そうとしたがるのが小さい者である。
小市民、小善人は、役に立たないばかりか、悪いのであり、大勢いる場合が多いのであるから、大変に悪いのである。
世界の流れの1つは、差別の無い世界だが、差別を作り出しているのは小市民、小善人だということがお分かりだろうか?大悪人が、生まれや人種にこだわったなんて話は無い。
世界の大きな流れは、万物が調和した平安な世界で、その中で、活発であることだ。宇宙にもどんどん進出するが、誰も利権を得ない形で行われる。教育制度は現在のものとは全く違ったものとなり、真の文化や芸術が花開くのである。
世界の流れを進める活動をするなら、嫌でも成功するし、それに逆らえば破滅する。
成功したいなら、世界の流れを感じるようになることだ。真の自分にはそれが分かる。実に、世界の流れを創っているのは真の自分である。本当の自分を知ることがいかに大切であるか、それで分かると思う。

この子、本来の末は・・・後世に名を刻む芸術家か、万民を動かす政治家か、勇を戦場に馳せる武人か、悪業人心に轟かす咎人か・・・あるいは、それらの母か・・・
この子は、この子こそは、我“天壌の劫火”の“王たる存在”を容れるに足る器を時空に広げる『偉大なる者』なのだ
~「灼眼のシャナ」(高橋弥七郎著)272頁より~







↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ