ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

神様をも動かした驚くべき想い

お堅い美人を口説く時は、強引なのはいけないが、無礼な態度の方が良いものだ。

普段、徹底的に無愛想で無口な女の子が、後ろから服の袖をそっとつまんできたら、思わずぐらっとするかもしれない。
(『涼宮ハルヒの消失』で、長門有希にこれをされた時のキョンの動揺が想像できそうだ)

聖書に、「右の頬を打たれたら、左も差し出せ」とあるが、これを本当にやったら、相手は戸惑うだろう。うまくいけば、形勢を有利にできる。もともと、それを狙っての教えだったのだろうかと思うほどだ。

清純可憐なアイドルの趣味が、編み物や読書であってはならない。好きな食べ物がクレープであってはならない。趣味がバイクで、好きな食べ物がタコせんべいなら合格である。

人を動かしたい時は、意表を突かなくてはならない。予想できることなんかしてはならない。
もし、相手の方が有利な状況で、こちらが相手の想定内のことをやれば、ますます不利になるだろう。

「偶然が横柄な(いばった)態度でやって来たら、私はもっと横柄に迎える。すると、偶然はたちまちひざまずき、許しを乞う。」
こう言ったのは、あのニーチェだ。運命の脅しに屈しないばかりか、逆に運命の意表を突いて支配してやるという強かさを感じるではないか?

弱い人間は、予想できることだけが起こって欲しいと願う。
だが、強い人間は、予期せぬ出来事を愛するのだ。
なぜなら、予期せぬ出来事を自分の意思とした時、人は限りなく神に近付くからだ。これは、アラブの秘法と言ってもよいものである。

神様に祈るとき、願い事なんてしちゃいけない。そんなの、神様からすればあまりに普通で、ちっとも面白くないじゃないか?
神様すら驚かせたのは、江戸末期の神道家、黒住宗忠だ。何を祈ったかというと、神様の開運だった。全く記録破りだ。宗忠は、イエス並の奇跡を数多く起こしたことで知られるが、さすがである。

だから予期せぬできごとでさえ、私が望んでいたことなんだろう
~『Up Side Down -永遠の環-』(詩:古賀勝哉、曲・歌:井上昌己)より~

「スピネル、この世で一番楽しいことは何か知っているかね?」
「何ですか?エリオル」
「予想しないことが起こることだよ」
~『カードキャプターさくら』(CLAMP)より~







↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

自分を葬ってみれば何とかなる

明日の幸福を望むなら、今は不幸と思い込んでいるのだろう。
幸福や不幸なんてのは、単に思い込みに過ぎない。だから、明日は幸せになりたいと思っている人たちは、今は実際に不幸だ。
そして、いつも明日の幸福を夢みているなら、常に不幸ということになるはずだ。我々は今にしか生きられないのだからだ。
今、幸福だが、明日はもっと幸福になりたいというなら、今の幸福は小さくて不満だと言っているのと同じだ。そんな人はずっと不満なのである。
だが、ことさらに、今の状況に満足しろという訳ではない。無理に満足しようとしても、心はそんな無理強いには従わない。
事実をただあるがままに受け取るしかない。

アンデルセンの「もみの木」で、もみの木は、いつも明日の幸福を思い、「今」は不満だった。
充たされぬ思いは、自分の世界を悪いものにしていく。状況はどんどん悪くなり、最後は最悪で終わった。
これをもって、今が幸福であると知れとか、今の恵みを思えという人がいるし、それは正しいのだが、もっと大切なのは、やはり明日の幸福を望まないことだ。理由は上に述べた通りで、明日の幸福を望んだ途端に今が色あせ、今を不幸に感じ、欲張りになる。
なりゆきにまかせることだ。
何も求めずになりゆきにまかせておけば、全く間違いはない。
固い言い方をしないなら、「何とかなるぜ、世の中は」である。
死ねばよかろうと思えば、思いのままだ。

自分がどう思っていようが、世界は完全だ。何も求めずになりゆきにまかせていると、それが分かってくる。
世界が完全だと分かると、自己は広がって消え去ったようになる。完全な世界と自己が一体になるからだ。自分が無くなったと同時に、自分が世界になるのだ。その時に、世界を創造しているのは自分だと知る。
岡本太郎は、「俺は宇宙だ」と言っていたが、彼は世界の完全さを知っていたので、個人としては無目的だった。太郎は、小学生の時、授業中、耳を両手で堅く塞ぎ、聖なる自分の頭脳の中に、汚れた教師の声が入ってくるのを拒否した。教師は、生徒が不完全な存在だと信じさせようとするが、太郎は、自分が完全であることを疑いたくなかったのだ。

坂井泉水さん(ZARD)の詩の中に、過去や未来に囚われた感情が表れたものがよくある。
囚われていけないのではない。いや、囚われてみないと分からない。
「あの頃の君が今も胸の中で微笑っている」(「瞳そらさないで」より)
愛するその子の心が自分から離れたとしても、それが完全なことなのだ。
「たとえ今日が終っても、明日を信じて行こうよ」(「突然」より)
今日の完全さを知れば、明日のことは明日が面倒みてくれるだろう。







↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

自分を信頼するには

人間が信じるのは、家族や一族だけである。だから、江戸の徳川家にしろマフィアにしろ、権力者は、血のつながりを何より重んじる。
権力者が外部に滅ぼされる時、実は既に、家族や一族が崩壊していたのだ。
企業が倒産するのは、景気や市場の問題ではない。それ以前に、社内の信頼関係が崩壊しているのだ。

現在は、家庭の大半が崩壊している。隣近所の人と付き合わないといった地域の崩壊より先に、家庭が崩壊しているのだ。

このように、崩壊とは内側から起こるのだ。
内側の信頼関係が壊れていれば、外側の信頼関係も壊れるのだ。
国内で信頼関係が崩壊している国が外国と信頼関係を結べるだろうか?

家庭が崩壊しているということは、どういうことだろうか?
それは、家庭の一人一人の自己が崩壊しているのだ。
家族がお互いを信頼できずに崩壊しているのは、家族が自分を信頼しいていないということだ。

自己信頼こそ最も重要なものであるが、我々は致命的なまでにそれに欠けているのだ。

アメリカのラルフ・ウォルドー・エマーソンは、人類最高の英知の持ち主だった。
彼は、自己信頼の重要性を訴える歴史的名著『自己信頼』を書き、これは150年以上に渡って世界中で読み注がれている。
彼は、幼い頃から自分を強く信頼していた。権威ある教会の牧師に対しても、自分が納得できなければ従わなかった。牧師が、「君の考えは悪魔から来ているかもしれない」と言うが、ラルフ少年は、「なら、僕は悪魔になり切る」と答えた。彼の強い自己信頼は揺るがなかったのだ。

もし、自己を信頼することができれば何が起こるだろう?
聖書に書かれている、イエスがやったようなことは奇跡は全部できるだろう。
イエスは言っている。「もし出来ればと言うのか?信じる者には何でも出来る」と。
信じることの中でも最大のことが、自分を信じることなのだ。

なぜ、我々が自分を信じていないのかというと、自分を憎んでいるからだ。
自分を憎んでいる人は他人を憎むものだ。自分では認めたくなくても、結局のところ、自己を投影している人間を憎むのだ。
例えば、会社の中に嫌いな人間がいる間は、その会社を辞められない。だが、社内の誰も嫌わなくなったら、あなたはもっと良い職場に導かれたり、独立することができるのだ。
一方、嫌いな人間がいるまま無理に会社を辞めると、次の職場で、全く同じタイプの嫌いな人に会うものだ。それはもう笑うくらいだ。これは、多くの人が気付いているはずのことだ。そりゃそうだ。そのあなたの嫌いな人はあなたの自己の投影なのだ。あなたが自分を憎んでいる限り、そうなるのだ。

どうやれば自分を憎むのを止められるのだろう?
方法はいくつかあるし、このブログでも何度も繰り返し書いているが、ここでも簡単で有効なものを書いておく。
それは、自分との約束を守ることだ。
だから、守れる約束をするのだ。
このブログでは、少食と腕振り運動を特に薦めている。これらは、心身のエネルギーを高め、健康になることで、ものごとの実行を容易くする。しかし、次のような報告を見る度に私は悲しくなる。
「5日ほど1日1食で少食にしていましたが、今日はドカ食いしてしまいました」
こんなことが、自分を憎む原因になる。約束を守れない自分を、自分は憎むからだ。
出来ない約束はしないものだ。自分に対しても。いや、自分に対してだからこそ。
腕振り運動も、1日500回やると決めたら、必ず、死んでもやることだ。忙しかっただの、体調が悪いだのといった言い訳は無しだ。言い訳が一番自分を憎むようになる原因なのだ。500回出来ないなら、200回にすることだ。腕振り運動の効果自体は少なくなるが、自分を憎むよりはマシだ。
※腕振り運動については、こちらを参照願います。 「地球や天と共鳴する腕振り運動」

何度か書いたかもしれないが、私の好きな話をまた書く。
江戸時代、ある目利きの武士がいたが、彼はある町人に目を引かれた。その立ち居振る舞い、ただ者とは思えない。武士はその町人に、「お前は何者だ」と問うが、町人は、「私はただの職人です」と言うのみである。だが、あまりに問い詰められた町人は言う。「私は生来の臆病者でして、それを何とかしようと、毎日、夕暮れ時になると墓地に行くことにしています。それを欠かすことはありません」。
その町人は、自分との約束を堅く守っていたのだ。たったこれだけでも、自分を信頼するようになり、人を見る目を持つ者の目にとまるのである。







↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

なり切ることの魔力

立場が人を作るなどとよく言われる。例えば、役不足と思いつつ、社長をやらせたら、案外にすぐに様になったといったものだ。一見、頼りなさそうな2代目社長なんてのは、そんなものらしい。私もいく人か実際に知っているが、ある人は、最初は社長室に鍵をかけて引きこもっていたと自分で言っていた。それでも、今や堂々たる社長振りだ。
ただ、そういった、無理矢理社長というのはよくあるらしいが、無理矢理部長というのはあまり聞かない。2代目社長というものは、子供の頃から社長たる父親を見ているので、それなりにイメージが出来ているのだろう。

周囲の状況、あるいは、世界を変えには、自分(の考え方)を変えないといけないとよく言われる。しかし、自分を変えるのが一番難しい。
だが、上に述べた、無理矢理社長というのは、良いヒントなのだ。
以前も書いたが、1億円欲しければ、1億円を既に持っていると思って、それをどう使うか考え、そのイメージを自然に感じるなら1億は入ってくる。だが、そのイメージにさっぱりリアリティがなく、想像することにも飽きるようなら、自分は1億持つ器じゃない。1億持つ器じゃない人というのは、1億の用途を自分の個人的なものの範囲内でしか考えることが出来ないのだ。その中でも最悪なのは「貯金する」である。
1億円の器じゃないという人は、仮面ライダーやプリキュアの「なりきりセット」を着た子供のようなものだ。本人は満足していても、ちっとも本物の仮面ライダーやプリキュアに見えないだろう。「億万長者なりきりセット」が似合わない大人も多いのだ。だが、それが似合うようになれば億万長者になれる。
ところで、2代目社長に、いつ自分が社長だと自覚したか聞いてみたら、なんと、子供の頃だという。それは確かに、社長である父親を見ていたからということもあるのだが、それよりも、お客さんを見ていたからだと言う。会社でも商店でも、固定客を持つことが大切であることは言うまでもないが、彼は、会社の固定客を、子供の頃から自分のものだと思っていたのだ。多分、父親がそう思わせたのだろう。お客さんを大事にすることの大切さや、具体的にどう大切にするのかについての父親の話は、たとえさりげないものであっても、熱く、リアリティ溢れるもののはずだ。何と言っても、父親が命がけでやっていることであるのだから。
フォード自動車やトヨタ自動車のように、子供に社長を継がせているところもあれば、ホンダのように、創業者が、「息子を会社に入れることだけはやらない」と堅く決意しているようなところもある。
しかし、実際は、王子が王に相応しいように、社長の息子ほど社長に相応しいものはない。よほど甘やかしたような場合は別であるが、そんな場合ですら、何かのきっかけで息子が心を入れ替えたら、案外にうまくいくかもしれない。

自分が、仮面ライダーやプリキュア(昔ならセーラームーンか)のなりきりセットを着た子供か、実感ある想像が出来る者か考えてみると良いかもしれない。
1億の使い道は想像できなくても、1千万ならそうでないなら、1千万から始めると良いし、働いたことがなければ、まずは「毎月10万入ってきたら」と思えば良いだろう。
応用については、いろいろ考えてみて欲しい。
そして、誰でも、とんでもないものになり切れる能力を持っている。極めて若いがトップクラスの歌手やエンジニアが時々いるが、それは才能というよりは、絶対に意識の問題なのだ。老人でありながら、それまで弾いたこともなかったシンセサイザーを弾きこなしてライブやってるような人や、一度も習ったことのないピアノを、世界的ピアニストも唸らせる腕前で弾いた人を、私は実際に知っている。彼らは、それだけでなく、本当に何をやっても一流だった。そして、私は彼らに言われたものだ。「あんたにも出来るよ」と。いうまでもなく、この「あんたにも」は、「誰でも」という意味である。そして、その秘訣は、「欲をかかない」ことと言われた。私も、彼らに比べると少々壮大さに欠けるが、確かに、大抵なんでも出来たものだ。







↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

本当の勇気の見つけ方

スポーツ選手が勝利するために努力することをやたら賞賛する風潮が、昔から、特に日本では多いかもしれない。しかし、もういい加減に、それが変なことだと気付かないといけない。
彼らが厳しい鍛錬に耐えるのは、富や名誉という個人的欲望を叶えるためだ。それ以外にも、自分の可能性や技の探究ということもあるかもしれないが、それも単なる自己満足である。彼らにとっては幸せなことかもしれないが、我々に何の関係があろうか?
だが、多くの人がそう思っていない。そう思わないようにしつけられてしまっているのだ。

スポーツ選手を美化して、それを何が何でもあなたに共感させようとするのは、それらのスポーツ選手のイメージと利益が密接に結びついた企業やマスコミ、そして、それらの親玉の国家である。
私は、一応朝日新聞を購読しているが、高校野球の結果が地方予選の時から、スポーツ欄の広い紙面を占有していることは、どう考えても異常なことなのだ。
私とて、野球は嫌いではないし、高校スポーツには良い部分もあると考える。しかし、そんな扱いをするほどのものでは絶対にない。

人々をスポーツで操るための他愛ない合言葉が「勇気を与える」だ。
しかし、これにも、いい加減、目を覚まさなければならない。
スポーツで本当の勇気なんか与えられるはずがないじゃないか?
そもそも、勇気って、与えるものでも、誰かからもらうものでもない。
もらえなければ勇気を持てないような、そんな惨めな人間の存在を私は認めない。

もちろん、面白いものを見て、ほんの一瞬、気分を紛らわせることはできる。しかし、それは所詮一瞬だ。それが過ぎると、気分はまた沈み、次の刺激が必要になる。
女子サッカーの次は水泳、そして男子サッカー。プロ野球もしっかり絡んでくる。
お決まりの「勇気を与える」という変な呪文と共にね。

勇気ってのはね、我々の中にいつでも無限にあるものなのだよ。
本当の勇気ってのは、大騒ぎもしなければ、ハイになったりもしない。
そして、本当の勇気は決して争わない。
本当の勇気とは、何も恐れないことだ。不安や恐怖に打ち勝ち、ゆるぎない勇気を持つ者は、いつも静かで公平だ。

勇気が出ないのは、何かに寄りかかっているからだ。
すがり付くのは、勇気が出なくて不安だからだ。
そんな者達がスポーツを見て、「勇気をもらいました」と言うなど滑稽でしかない。
勇気を出したいなら、不安や恐怖に怯えている自分を消すしかない。
ここが肝心なのだが、勇気が無い状態が自然なのではなく、人は、勇気があるのが当たり前なのだ。だから、不自然なものを除いてしまえば、確実に勇気があるのである。
それには、偽りの勇気を拒否することだ。まさに、「スポーツから勇気をもらう」なんて誤魔化しや嘘をきっぱり捨て去らなければならないのだ。
安っぽい刺激や楽しみで心を慰めてはならない。そんなことはやめ、今は不安で、触ると痛い心をしっかりと直視することだ。批判することも、言い訳することもなく、自分の弱さやずるさも、まっすぐに受け止めるのだ。
誰にも、何にも期待せず、「自分に勇気があれば何をするだろうか」と考えてみるのだ。
さっきも述べた通り、本当に勇気があれば、恐れず、動じず、静かで公平だ。自分がそうなれたら、何をするだろう。そして、事実として、あなたはそれなのである。それを知りさえすれば、あなたに恐れるものは何もない。そして、何もしなくても、人々はあなたに本当の勇気を見て、彼らもまた、自分の中の本当の勇気を発見するに違いない。







↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ