ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

徹底した諦めは信念に匹敵する

この世は、結局のところ、信念が支配している。
それを最も端的に言った言葉が、イエスの、「山に向かって、海に入れと命じ、その通りになると本当に信じることができればそうなる」と言うものだ。
それは絶対確実な真理で、本当に信じることができれば、富豪にも、モテモテ君にも、病人にもなれる。
人生が辛い人は、やはり、人生は辛いものだという信念を持っているのだろう。
本来、子供ってのは、朝、目が覚めたら、「今日も楽しいに決まってる」と思っている。だから元気で楽しいのだ。だんだんそう思わなくなるとしたら、周りの大人の信念の影響のせいだ。

ところが、信念の法則に疑問を持たざるをえない出来事もあるらしい。
「らしい」というのは、表向き、そう見えるだけで、私にとっては、疑問でも何でもないからだ。
こんな話が本当にあったし、私の知らない場所ではもっとあると思う。
ある中学校に、およそ取りえのない男子生徒がいた。勉強、スポーツは全く駄目。外見は最低レベル(俗っぽく言えばブサイク)で、性格は消極的。およそモテるタイプの男の子ではない。
ところが、学校の男子の大半が憧れる、学園のマドンナ的超美少女が、自ら彼に交際を申し込んだのだ。そのマドンナ姫は、変人でもなければ、イケメンに対するトラウマ(精神的外傷)がある訳でもなく、それどころか、彼女自身、本当はイケメン好きでもある。
では、その男子に強い信念(俺はモテる等)があったかというと、そんなこともなく、周囲が驚いた以上に、彼が一番驚き、にわかには信じなかった。断わる理由もなく交際を始めた後も疑問だらけであったようだ。
このマドンナ姫に、彼を好きになった理由を聞いても、ごく普通に、彼の表には現れない美点を上げるだろうが、彼女だって、実際には分かっていない。
彼だって、元々、そのマドンナ姫に興味がなかった訳ではない。しかし、彼は、彼女と付き合うようになるなどということについて、一縷(ごくわずか)の望みも持っていなかった。
しかし、完璧な諦めもまた、完全な信念なのだ。
中途半端な信念や自信が最も意味が無いのだ。
宝くじだって、全然あてにしていない人に当たるものだ。大きな願い事が一番叶うのも、諦めた瞬間だ。

先日も紹介したエミール・クーエの自己暗示では、クーエは決して特定のこと、例えば、「病気が良くなる」「性格が良くなる」といったことを思わず、それら全てを含む、「あらゆることが良くなる」とする。
斎藤一人さんの、奇跡を起こす言葉も、「これでよくなる、だからよくなる、さらによくなる」とか、「ツイてる」「幸せだなあ」と、決して特定の問題にかかずらわない(こだわらない)。
これらは、中途半端な信念による葛藤を避けられるようになっている。そして、特定の願いを手放しており、それは、諦めと同じ意味があるのだ。

どんなことでも信じることの出来る不動心を持つか、欲望を捨てるかである。
前者が中村天風式で、後者が政木和三式といえなくもない。いずれでも不可能はない。
ただ、両者は、決して、別のものではない。つまるところ、同じことだ。
ジョセフ・マーフィーは、疑いの起こりにくい眠りに入る間際を狙って願いを心の奥(潜在意識)に送り込めば叶うと言ったが、これがそのことを表している。
欲望そのものの自我が消えれば、残るのは潜在意識という不動心のみだ。

自我が消えても歌い続ける願い・・・それであれば自然に叶うだろう。
大きな夢ということであれば、真の冒険心、自分に何らの利得ももたらさない他人のための願い・・・奇跡を起こす壮大な願いとは、そんなものなのである。
そして、奇跡でも起こせる力が自分にあるということを知れば、そこそこの願いなど、特に願うまでもない。豊かな収入とか、学園や会社のマドンナなんて、そこそこではないのかなあ。
そんなことは、クーエの原理と同じ、一人さんや、私の自己暗示の言葉でなんとでもなるだろう。当ブログの下記の記事を参照されたい。
>クーエの自己暗示を楽しく
ただ、我々は、信念を持つことを諦めてもいけないと思う。山をも動かす存在になりたいではないか。それには、心が常に静かでありさえすれば良い。







↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

本当の勉強に金はかからない

私は、最近の大きな世間の話題である、ニュージーランドの地震や、京大受験で不正を行った受験生のことについて、まず第一に思うのが、「なぜそんなに金がかかるのだろう」ということだ。
英語の勉強のために外国語学校に入学して留学したり、大学受験のために至れり尽くせりの予備校に入る。それらには、結構な費用がかかっているはずである。
語学の勉強や受験にそんなに大金をかけることに、皆、大きな疑問を感じているはずであるが、その本質的なことがマスコミの話題になることはなく、「不況の中で教育費の負担が重くて大変だ。だから、景気を良くしないといけない」という、奇妙な話にすりかえられてしまうのである。
ビジネスマン向けの自己開発セミナーや能力開発教材では、自分でなけなしの金を払う場合が多いが、それならば、大金を捨てたとしても、「金の力で自分だけ良い思いをしようとした私が愚かであった」と気付く可能性もわずかにはある。しかし、やはり個人的欲望にとりつかれた心には本当のことは何も分からないものである。

どんな時代であろうと、勉強にそんなに金がかかるはずがない。もしかかるとしたら、それは、本人のためにも世界のためにもならない勉強に違いない。
なぜなら、金をかける勉強には、そこに強い個人的欲望があるのであり、知恵は、個人的欲望の無いところにしか顕れないからである。
本当に知恵を得、自分も世界も幸福にするための勉強には、さほどの金はかからない。例外もあるかもしれないが、もしその金を得られないなら、やはり、あなたにそれをやる必要が無かったのだ。
大半の人が、本当に大切な勉強をほとんどしていないに違いない。本当の勉強とは、金や世間的な名誉とは何の関係もない。
こういった意見は、世間ではほとんど受け入れられないに違いないが、これからの世界では、そういったことを強制的に思い知らされることが次々に起こるようになるのだろう。

下に、18歳でハーバードを卒業したR.W.エマーソン、小学校中退の中村義一さん、幼稚園中退のイツァク・ベントフの著書をご紹介する。みな、等しく素晴らしい。







↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

正しい腕振り運動をする

このブログで、私がよくお薦めしている腕振り運動(スワイソウ。やり方は後述します)ですが、Youtubeを見てみると、ご自分でやられている映像を登録されている方が沢山いるようです。
しかし、それらを見て、びっくりして戸惑ってしまいました。

剛直で力強い、「腕振り筋肉運動」とでも言いたくなるようなものが多いです。
「はっ、はっ」という息の音や、ブンブンうなる音、シュバッ、シュバッ、と風を切る音が聞こえてきそうですね。勇ましい限りです。

日本人というのは、スポ根(スポーツ根性)ものがいつの時代も一定の人気があるように、運動といえば、「筋肉が疲労する」「息が弾む」「汗をかく」といったものでないといけないという、おかしな偏見があるようです。
病院で健康診断を受ける時の問診にも「汗をかくような運動を毎日30分以上している(yes/no)」なんて項目があったりしますが、私は苦笑してしまいます。

一方、Youtudeで、中国の方がやっているものを見ると、かなり雰囲気が異なります。
柔らかく、スローで、気楽なのが多いです。
今は中国の人も日本人以上にせかせかしてきましたが、本来、中国には広大な大陸や自然を反映した雄大な精神がありました。今でも、エコノミックアニマル化していない人達にはまだ心のしなやかさがあると思います。
スワイソウをやるのは、そんなタイプの人々で、それで言うなら、やはり、日本とは歴史が違うように感じます。
中国語では、この運動を「甩手」と書き、日本語では「せいしゅ」、中国語では、「スワイショウ(スワイソウ)」と読むのだと思います。

私が腕振り運動と言う時の「運動」は、スポーツ・エクササイズではなく、「運命を動かす」とでも言うべきもので、究極で言えば、腕を振る必要すらありません。
腕を振ることで、心を静め、意識の中に存在する大きな精神である無限の英知と交流することが本当の目的です。
そのためには、なるべく肩の力を抜き、腕が自動的に動いているような感覚になることが良いのです。いくら長時間やっても疲れるはずがありませんし、脚が悪くて立てなくても、座ってやっても構いません(座ってやる場合、椅子などにやや工夫が必要です)。

腕振り運動のやり方を説明します。

最初に、一般的なところをさらっと述べます。
まず、自然に、そして、姿勢良く立ちます。
腕を両方一緒に、前後に振ります。てのひらは、内側に向け、肘は伸ばします。
後ろに振る時に、やや力を入れ、後ろに振り切った時(腕は垂直と水平の中間、45度位になっている)に脱力し、そこから自然に前に振るようにします。
回数は、少なくとも、3百から5百回が良いでしょう。力が抜けていると疲れませんので、回数は多いほど良く、できれば、一度に千回から2千回やると良いと思います。

これだけですが、いくらか説明を加えます。
腕振り運動(スワイソウ)は、流派によってやり方が色々あり、しかも実は奥が深く、これだけで本が1冊書けると言われます。
手のひらは内側に向けると書きましたが、下に向ける流派もあります。どちらでも、良い感じがする方でやればいいと思います。ただ、関英男博士は、手のひらから出る重力波を両手で交流させることが良いと述べておられ、その意味では、手のひらは向かい合っているのが良いことになります。私は一応それに従っています(下に向けてやることもあります)。
肘は伸ばしますが、無理に伸ばすこともありません。前に振った時に曲げている流派もあるくらいで、自然にやることです。
また、腕を後ろに振る際に力を入れると述べましたが、心意門という武術派の流派では、前に振る時に力を入れるようです。これも、好きな方でやって良いと思います。前に振る時に力を入れる場合は、後ろに振る時には脱力していることが大切です。ただ、私の場合、腕に力を入れるといった感覚がなくなってきましたので、(前後どちらに振る時に力を入れるかは)どちらでも良いと感じます。
腕を振ると、姿勢を調整する身体の作用で、腰や肩が少し前後に動きますが、それは自然にまかせます。この働きは、実は非常に精妙なものですが、これを身体に任せ切ることにより、その神秘的なまでの機能をより発揮させることで、素晴らしい効果があります。そのためには、なるべくリラックスし、特に、肩の力が抜けていることが大切です。
関博士は、腕振り運動の効果は、手のひらから出るグラビトンウエーブ(重力波)の影響と言っていましたが、私は、姿勢の調節のために仙骨が発動することが大切なのだと思います。仙骨に、グラビトンを活性化させる神秘の力があるからです。

いずれにしろ、筋肉運動のようにやることが、いかに的外れか、お分かりいただけるのではないかと思います。
力強くやると、肩こりが治るどころか、むしろ肩こりの原因になります。
伝説の武道家、植芝盛平の弟子で、合気道の達人である佐々木の将人さんも、息が切れるような運動をするものではないと述べておられました。







↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

超能力を発動させる心の状態

超能力という言葉はあっても、何が超能力で、何が通常能力なのかは、実際のところ、区別のしようがないと思います。
単に世間の常識の範疇にあるか、ないかの違いに過ぎません。
そして、世間の常識とは、競馬の馬の顔に付ける、ブリンカーと呼ばれるものに過ぎません。ブンンカーとは、馬が周囲のものに目を奪われずに走るよう、視野を制限するためのものです。
我々もまた、ブリンカーを付けられており、学校の成績や受験の成功、良い就職や収入、社会的地位といったものしか見えないようにさせられ、それ以外の価値あるものを見えないようにさせられているのです。

誰でも、子供の時に、世間の常識から言えば超能力としか言えない力を発揮したことが必ずあるはずです。
実際には、ある時期までは、誰もが、ごく普通に、そんな力を使えたに違いありません。もっとも、子供とはいえ、無意識的に、周囲の大人への配慮をしますので、回りに世間的な大人がいるだけで、力を制限してしまいます。
それでも、超能力を発揮したことのない人はいないと思います。その時の感覚を甦らせることが出来れば、今でも力を発動させることが可能なはずです。
くつろいで、子供の時のことを思い浮かべると、沢山の「妙なこと」があったことに気付くのではないでしょうか?その時は、別に不思議だとも思わなかったので特に印象に残っていないのと、後に身に付けてしまった世間的常識と合わないので、夢のような出来事として忘れてしまっただけのことです。
私で言えば、広い図書館の中の、どこにどんな本が置いてあるのかまるで知らないのに、目的の本を迷うこともなく見つけたり、初めて天体望遠鏡を手にして、何の手がかりもなく、すぐに土星を見つけたりしました。
また、以前見たテレビ番組の特定の部分をビデオに収めようと、ただ、ビデオの録画ボタンを持ったままテレビを見ていると、その部分そのものが始まり、何の疑問もなく録画しました。それは、憶えているだけで2回あり、録画せず、ただ見たいと思ったら、その部分が始まったというものならもっとあります。
2階から地上にテレポートした時は、そこにいた大人には「窓から落ちた」と見え、彼らが大騒ぎするのに驚いて泣きだしたら、「痛くて泣いていた」となるようです。そして、もう二度とやらないと思う訳です。
皆さんも、よく思い出せば、そんな経験は驚くほど沢山あるはずです。

さて、私のように、超能力の発現の記憶がはっきりしていると、それを発揮した時の心の状態も憶えていますが、簡単に言えば、「出来ることを信じて疑わなかった」ということです。歩いたり、コップを掴んだり、声を出したりすることが出来ることを信じて疑っていないのと何の違いもありません。
以前に見たあの番組が、今、放送されると信じて疑わなかったら放送されます。「そんな馬鹿な」という世間の常識は関係なく、自分が信じていれば良いのです。夢の中でなら、そんなことも、少しは信じられるかもしれませんが、実際には、大人になれば、夢の中でも難しいことです。もちろん、大人であれば、単なる世間とはいえ、自分の世界をあまり混乱させたくないという思いはあってもよろしいですので、そんなに無茶はしません。それは、相当な個人主義者でも案外にそうなのです。しかし、宗教的な興奮状態にある時に、空中に浮遊したり、不死身さを発揮したという出来事はよくあるものだと思います。

私は普通にやっていたことですが、ある時、誰かに、「なぜそんなことが出来るのだ?」と奇異の目で見られて、驚いてやめてしまったというものがいくつかあったと思います。それが何であったのか、よく憶えていませんが、確かにあったのです。皆さんにもあると思います。例えば、ドッジボールの表と裏の面をひっくり返したり、鞄の中にあるものをポケットの中に移したりです。
信じて疑わなければ出来ると言いましても、それが世間の常識に反していれば、普通の大人になった心には難しいことです。
だから、普段から、世間の教義や信念を疑い、破壊し、超えることをしなければなりません。
1日3食、栄養バランスに配慮して沢山食べないと健康でいられないというのが世間の教義、信念です。しかし、1日1食で、超偏食の食事をしている私が誰よりも健康です。
新庄剛志さんが2001年にニューヨーク・メッツに移籍する時、彼が、「僕は米の御飯を一生食べなくても平気なんです」と言うのに驚いた記憶がありますが、私もすっかり世間に騙されていた訳です。私も、今は米は全く食べませんが、何とも思いません。超能力も強くなってきました。
我々は、世間の教義、信念ではなく、自分の教義、信念を持たなくてはなりません。







↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

クーエの自己暗示を楽しく

薬を使ったり、手術を行ったりすることなしに、精神だけでなく、肉体をも魔法のように治した人物として次の2人の名前をあげたいと思います。

ミルトン・エリクソン(1901-1980 米)精神医
エミール・クーエ(1857-1926 仏)薬剤師、心理学者

共に、病気の治癒だけでなく、性格改善、能力向上など、あらゆる面で優れた成果を上げていました。
このうち、エリクソンに関しては、彼のやり方は、おそらく、誰も真似できないと思います。エリクソンの技術から生まれたといわれるNLP(神経言語プログラミング)も評判ですが、難しいものだと思います。
一方、クーエの自己暗示法は、たった今からでも、誰でも実行可能です。ただ、彼の作った自己暗示の言葉を繰り返すだけです。
クーエは医者ではありませんでしたが、彼の治療所はいつも満員で、驚くべき成果を上げていました。歩けずに、担ぎ込まれた人が、10分後には駆け回っているということもよくありました。
しかし、彼がやったのは、ただ、患者に簡単な自己暗示の言葉を与え、唱えさせるだけです。後に彼は、万能な自己暗示の言葉を開発し、無料で公開しました。
ただ、この暗示の言葉を外国語に訳す時に、少し問題があると思います。
原語は当然、フランス語ですが、

Tous les jours, a tous points de vue, Je vais de mieux en mieux.

です。英語の方も、クーエ本人が作成に関わったと思われますが、

Day by day, in every way, I'm getting better and better.

です。
原語のフランス語版は美しく滑らかですし、英語の方もリズムがあります。
ところで、一般に日本語として知られているものは、

毎日、あらゆる面において、私はますますよくなっていく。

です。
これは、あくまで翻訳であり、実用性には疑問があります。普段、使いそうにない言葉ですし、リズムがありません。
私は、これを唱える時に、よくひっかかり、努力を要します。それに、楽しくありません。私が馬鹿なのかもしれませんが、すぐ忘れてしまいます。
私なら、

すべて(ぜんぶ)よくなる

の一言の方が良いと思います。
フランス語や英語の、「毎日」「日常」を意味する、“Tous les jours”や“Day by day”の部分がありませんが、これは、フランス語では特に美しく、英語は楽しいのでくっつけただけと思えてなりません。時なんて、限定しなければ「日常」に決まっています。
また、日本語で「私」を入れる必要は無いと思いますし、無い方が良いと思います。それどころか、

みんな(全と皆の両方の意味)よくなる

として、他人に関してのことを言った方が良いと思います。
クーエは、あくまで、個人の健康や性格、能力を対象にしていたと思いますが、他の人々について考えることが自分に起こるものですし、むしろ、その方が効果は高いのです。
実は、クーエは、言葉の分からない赤ん坊さえ暗示で治せました。これは、潜在意識が個人を越え、普遍的であることを意味し、クーエもそれは知っていたのではと思います。
また、「ますます」を意味する言葉を入れたければ、

もっとよくなる

で良いでしょう。

すべて(ぜんぶ)よくなる
みんなよくなる
もっとよくなる

と3つ続けても楽しいものです。
そして、これらは、全て7文字です。俳句や和歌に7文字部分があるように、日本語は7文字がよく馴染みます。
日本語の念仏、「なむあみだぶつ」も7文字ですし、徳川家康が言った天下取りの秘訣「みのほどをしれ」も7文字です。

ところが、そう思っていたら、斎藤一人さん(納税額の総額が日本一という現役実業家)が、「小さな奇跡を起こす言葉」として、

これでよくなる
だからよくなる
さらによくなる

という、全部7文字の3つの言葉からなる、素晴らしい魔法の言葉を作っておられました。
これで、困ったことが全部なくなるといいますが、それは確かと思います。
ただ、私のものの方が憶えやすいかもしれません。
いずれも、クーエの自己暗示の効果もあれば、ジョセフ・マーフィーの潜在意識の法則を上手に活用する言葉でもあると確信します。

これでよくなる
だからよくなる
さらによくなる
~斎藤一人~

すべてよくなる
みんなよくなる
もっとよくなる
~Kay~

ちなみに、「よくなる」を意味する、49(よく)は斎藤一人さんの特別なラッキーナンバーだそうです。ともすれば、49は嫌われる数字で、自動車のナンバーでも、陸運局では、特に申請でもされない限り外すようですが、斎藤一人さんのお弟子さん達は、この番号を選ぶのだそうです。
私も、一昨年、不意に2百万円ほど振り込まれてきましたので、小さい車を買い、ナンバー49を申請しましたら、すぐに取得できました。これに一生乗ろうと思います。







↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ