ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

しあわせって何なのか

「しあわせとは何か?」という問題に対し、古今の人々が様々な言葉を残している。それらを表面的に見れば、「幸福も人それぞれだな」と思うかもしれないが、意外にたどりつく先は同じだ。
誰かが言った幸福の定義で、私がソラで憶えているのは、「幸福とは夢中になることである」と「幸福とは自己満足である」だ。一度見たか聞いたかしただけで憶えてしまっていたが、なるほどと思ったものだ。

明石家さんまさんがCMで、「しあわせって、なんだっけなんだっけ、うまい醤油のある家さ」って歌うものがあるが、あれは、さんまさんが歌っていた昔の歌の替え歌で、元歌にはそれこそ、しあわせとは何かということが山ほど語られている。だが、この「うまい醤油のある家」というのがなかなか良い。

そして、私が最も納得したものは、CLAMPさんの漫画「ちょびっツ」のアニメの最終回で、予備校生の秀樹が、人型パソコン(アンドロイドと同じ)の少女ちぃに言ったものだ。脚本も原作者自身によるものだ。
記憶装置の初期化が完了し、秀樹のことを忘れてしまったちぃに秀樹が言う。「しあわせって、一緒にいるってことなんだ」と。
その時、ちぃの記憶が復活し、ちぃは秀樹のことを思い出すというのは、技術的にはあり得ないとしても、実は、案外に納得できるのである。

さて、いろいろ幸福の定義をあげて見たが、全て同じである。
・夢中になること
・自己満足
・うまい醤油がある家
・一緒にいること
ただ、少し付け足すなら、夢中になると言っても、本当に没入するほどの夢中であることだ。自己満足と言っても、完全に満足することだ。
そんな時には、自分というものが無いのである。心の奥深くに自分が溶け去って、消えてしまっている。実際、これほどのしあわせは無い。
うまい醤油がある家というのは、醤油を媒介に、家族が一体化しているということだ。それを直感できるから、CMのキャッチコピーとして、この替え歌の詩は優秀なのだ。
全て、テーマは融合、一体化だ。
そして、秀樹が言った「一緒にいる」というのは、2人が本当に融合し、1人のようになっていることだ。
25年ほども前に18歳で自殺してしまった人気アイドルだった岡田有希子さんの歌、「哀しい予感」は、岡田有希子さん自ら、竹内まりやさんに頼み込んで創ってもらったという話を見たことがあるが、この中に、「心と心離れたら、友達でさえもいられない」という詩がある。これが、一緒にいる幸福と反対で、不幸な状態である。

心というものは、溶け合うという性質がある。人の心と人の心。自分の心と、本当の自分の心。そういったものが、お互いに溶け合うことができるのだ。
だが、実は、もともとが、1つのものなのだ。1つであるはずのものが、分離してしまったのが人間だ。分離してしまった心は、再び1つになりたがっているのである。
だから、再び心を溶け合わせること、融合させることが、人間の最大の幸福なのである。

ガイナックスのアニメ「まほろまてぃっく」で、製造されたばかりの少女型アンドロイドV-1046R、別名まほろが、初めて見る、水平線に沈む夕陽の美しさに感激していると、傍らにいた美里(司令官)は、「生まれてきて良かっただろう?だがな、まほろ。この世には、もっと美しいものがあるぞ」と言って、まほろを少し戸惑わせた。
まほろは、消滅するほんの少し前にそれを知る。それは、愛する人と一緒に見る夕陽だった。
夕陽は生命の荘厳さを感じさせる。インド、ヒマラヤ、チベットが精神的に突出した人物を生むのは、特別に美しい夕陽が見られるからだと思うことがある。それを見ている愛する者どうしは、1人の人間になっている。お互いの心は完全に溶け合い、さらに、宇宙の大きな心の中に没入していく。一緒に宇宙になってしまうのだ。この幸福に比較しえるものは何もない。







↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

2人で1つになる神秘

マイケル・ジャクソンが、「楽器と同一化する」という話をしていたことがある。チェロを聴けば自分がチェロになり、ファゴットを聴けばファゴットになってしまうといったものである。
水樹奈々さんも、自伝「深愛」に書いていたが、彼女は幼い頃から演歌歌手になるための特訓をしてきたことから、なかなかロックが上手く歌えず、とにかく練習と、延々と歌い続けた時、自分が音楽になってしまったという神秘的な体験をしたそうだ。

このような、「1つになる」「融合する」体験は別に音楽に限らないのだが、確かに音楽にはそれを引き起こしやすいものがある。
音楽には、「隙間を埋める」働きがあるのだ。
例えば、簡単に出来ることで言えば、2人の仲の良い人達が、2人ともが好きな音楽を聴いていると、2人の心が溶け合い、あたかも2人で1人になってしまったような不思議なことが起こる。お互い、相手の考えていることは何でも分かってしまう。これは感動的な体験である。
本当は、別に2人に限らない。素晴らしい交響楽団の演奏では、会場の全ての人達、奏者も指揮者も聴客も、みんな一体になってしまうこともある。

音楽というのは、その音だけではなく、音が表現するものが精妙な波動となりし、それが、身体が発する波動、そして、心が発する波動を吸収し、全体で1つの波動にしてしまうのだろうと思う。
ただ、それは別に音楽に限らない。あらゆる優れた芸術にそんな働きがあるし、さらに言えば、芸術はそれを引き出すもので、力そのものは、我々の心の中にある。
そして、幸福というのは、そのように、ただ、一体となるということだ。

そして、我々は、自分自身の内にある、至高の意識と一体化した時が、究極の至福に達した時なのである。しかし、我々はそれと分離してしまっている。世間の信念と教義、そして、個人の欲望は、自分と他のものとの間に厚い壁を作ってしまうのだ。
世間を超え、不要な欲望を放棄することで、我々は自分を覆う壁を壊し、至福の根源に至る。
時には素晴らしい音楽を聴き、分離したものとの隙間を少しでも埋めてみると良い。興奮を呼び起こす刺激的な音楽より、古典的なものが良いと思う。美しい音楽に没頭すると、内にある安らぎの河を感じるに違いない。







↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

お伽噺

国民的なスーパースターになった感のある水木しげる氏は、幼い頃、祖母が子守唄代わりに幻想的な昔話を語ってくれたという。
水木氏は、養老孟司氏との対談で、60歳を過ぎてから妖怪を描くのが楽しくなってきた、妖怪を描く時、無意識になるといったことを語っておられたように思うが、彼にとって妖怪は現実以上にリアルなのだと思う。

ところで、お伽噺という言葉の「伽」とは、話相手のことであり、お話(お噺)というのは、水木さんの祖母がしたように、語って聞かせるものだ。
親しい人の話を耳で聞くことで、心は安定するようになる。幼い頃、親が話し相手になってやらなかった子供は心が不安定だし、切れやすい。
伝説として語り伝えられてきた説話は、裏側に貴重な知恵を隠してあることも多く、子供に枕元で語って聞かせるお伽噺として良いものだ。神話を無くした国は滅ぶと言われるが、子供に語って聞かせるお伽噺がなくなれば、世間の信念や教義が語られるだろう。それは人の尊厳を損なう卑しいものであるものがほとんどだ。そして、今の日本人に染み付いているのは、そんな「世間のお話」だ。我々は今、尊厳を取り戻しにいかなければならない。

信念のある人はよくこう言う。「お伽噺を信じる」と。
次回の大統領選への出馬を断念したと言われる「不動産王」ドナルド・トランプの自伝は昔、「現代のお伽噺」と言われたものだが、世間ですら、そんな言い方をするのである。
しかし、水木氏が、妖怪を描く時に無意識になると言われたように、本当のお伽噺は、心の深奥への扉を開くものだ。そこには、エマーソンの言う、全ての人に共通する心があり、宇宙の全てはそこにあるはずだ。
お伽噺は、ドイツ語でメルヘン、英語でフェアリーテールと言うことがある。メルヘンを信じない人間は生きているとは言えない。
お伽噺を信じることは、宇宙の英知を信じることにつながり、それは、神の愛を信じることなのだろう。
神話や伝説が捨て去られようとしているわが国は、見えるものしか信じない人が多くなってしまった。スマホなどをいじって、ちゃちな情報を有難がり、我々の周りに実際に満ちているかけがえのないものを無視しているのだ。
ヨーガを漢字で書くと、瑜伽となる。「瑜」とは、美しい宝玉だ。それは、至高の存在との合一を意味する。ヨーガとは、そんな瑜の伽(話)だ。つまり、宇宙との一体化、自らが神であると知ることだ。ヨーガといえばヨーガ体操を思い出す人もいるかもしれないが、それは至高者である真の自分との合一の手段でしかない。
良いお伽噺はヨーガである。イェイツがケルトの神話を愛したように、我々も世間の信念や教義を壊し、お伽噺を信じた方が良い。

優しさを誘う おとぎ話
あなたから教わったのよ
戻りましょう そっとあの頃の想いに
~「mellow melody」より(詩:畑亜貴)~







↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

態度が状況を支配する

入室、入店を断られたことがあるだろうか?
会員専用です、招待客しか入れません、予約専用です、上着が必要です、アメリカ人専用・・・そんなところに、無理に入ろうとするほど馬鹿ではあるまい。

だが、こんな話を聞いたことがある。
アメリカで、招待客のみが入場できる、ある格式高いショーがあった。
ある日本からの旅行者が、アメリカ人の友人に、ショーを見たいかと聞かれ、そりゃ見たいと答えた。
すると、そのアメリカ人は、この日本人を伴い、高級ホテルの中の会場の門で、守衛に片手を上げて自信たっぷりに合図すると、迷わず入っていった。
そして、会場内で、立派な服を着た、支配人らしき人を見つけ、堂々と、「テーブルツー」とだけ言い付けた。支配人らしき男は、一瞬慌てたが、傍らの部下に「テーブルツー」と指示し、その部下は、ボーイに「テーブルツー」と命じた。気の毒なボーイは、どこからかテーブルを運んできて、テーブルクロスをかけ、即席の豪華なテーブルを用意し、彼らは、ゆったりとショーを楽しんだのだった。

「マスターの教え」という本にこんな話があった。
ある男が、観覧に来ていた劇場で、マスターと呼ばれる男に逢う。マスターは劇の後、彼を誘い、ある店に入る。店員は、彼をことのほか尊敬した様子で丁重に扱った。店を出る時、マスターは請求書にイニシャルだけを書いたが、それで十分だった。
それで、男は、マスターに、「よくここに来られるのですか」と尋ねたが、マスターは初めて来たと言った。
この本は、斎藤一人さんも愛読している本らしく、斎藤さんの本に、書名を明かさず、内容の一部が引用されていた。

「マジック・ストーリー」にも似た話がある。
才能はあったが、全く売れない、一文無しの画家がいた。だが、その日、彼はいつもと様子が違っていた。以前の彼とは全く別人だった。
相変わらず一文無しであったが、レストランで友人に小切手を借りると、その友人の分の金額も合わせた料金を書き込み、サインをして堂々と店員に渡した。支払いは拒まれなかった。これは奇跡だった。

先の「マスターの教え」で、マスターはこう言っていたのだった。「正しい態度でいれば、状況を支配できる」と。
「ヒマラヤ聖者の生活探求」を著した、ベアード.T.スポールディングは、4歳の時、大学に連れていかれ、ある著名な教授の講義を聴いた。教授はスポールディングに講義の内容に関する質問をした。スポールディングは「分かりません」と答えた。すると教授は、「そんな態度ではいけない。分かるという態度を取りなさい」と言った。スポールディングは、その言葉を忘れなかったので、14歳で大学を卒業した。
スポールディングは全米を旅行して講演したが、どんな町でも、どの家にでも堂々と入り込んだ。スポールディングが腰を降ろし、くつろいで食事の出来ない家は1件もなかったという。

態度や、どう振舞うかが、あなたの価値や扱いを決めるのである。
神の態度であれば神にすらなる。スポールディングも、インドの聖者ニサルガダッタ・マハラジもそれを肯定する。
ならば、たかが世俗で、あなたのなりたいものになるなど、容易いことに違いない。







↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

ピノキオの真理

ピノキオについて、「なんで、木の人形が話したり、動いたりするんだ?」などと考えたことは、あまりないと思う。この、130年程も前にイタリアのコッローディ(本名はロレンツィーニ)によって書かれたピノキオのお話「ピノキオの冒険」は、あまりに有名で、誰もが子供の頃に当たり前に接するので、そんな疑問を持たなくなるという面もあるのかもしれない。

ただ、コッローディがどんなつもりでこのお話を書いたのかは知らないが、人形を見ている人間が一瞬の間に壮大な物語を感じることはあると思う。それは、心の中に不意に湧き起こるように現れた観念のようなものだ。その一瞬、彼にとって人形は生命をもって生き生きと語り、動き、世界を駆け巡り、成長し、歴史を創るのだ。一瞬こそ、真にリアルな現実である。
だから、ピノキオの物語は真実で、それを疑い得ないのは当然のことなのだ。
アンデルセンの「鉛の兵隊」も、アンデルセンが熟考して書いたというよりは、一瞬で閃いたアイディアであるように思えるのだ。
ピノキオの心も、鉛の兵隊の心も作家の中にある。だが、全ての人に共通の心というものがあるのだ。「ピノキオの冒険」も、「鉛の兵隊」も、あなたが自分で書いたものなのだ。

CLAMPの漫画「ちょびっツ」で、見かけは15歳くらいの美少女である人型パソコン(アンドロイド)であるちぃは、予備校生の秀樹を愛しているように振舞っていた。
秀樹は、ちぃの双子の姉フレイヤに尋ねる。「ちぃに心はあるのか?」。それに対し、フレイヤは冷たく、「いいえ、プログラムされた通りに動いているだけ」と答える。
だが、秀樹は確信を持って言う。「ちぃの心は俺の中にある」と。
これは、決してメルヘン(英語でフェアリーテール。だいたい、おとぎ話の意味)ではないし、おとぎ話というなら、おとぎ話が現実だ。
この作品に登場する、政府の男性型の高性能人型パソコンであるジーマが言う。「おとぎ話を信じてみたくなった」と。
我々もおとぎ話を信じたって良いのである。
世界に、起こり得ないことなど何もない。もしあるとしたら、作られて固まった人の観念のせいだが、それは、人の欲望が作った幻想だ。それが集まったものが世間の信念や教義だ。
暗闇にお化けがいないように、そんなものは本当はない。いると思っている者にとっているだけだ。闇の中に、愛しき妖怪ならいても良いのだけれど、あなたを憂鬱にするものなら、その正体を見破ることで消滅させることができる。
とりあえず、正体を見極めるまで息をしないことだ。幻想を作り出している心は慌てて消え去るだろう。

ヘレン・ケラーは、若き日に言ったものだ。「五感は幻想に過ぎない。イデア(純粋な観念)だけが本当」だと。
イデアを、プラトーンやカントは難しく語ったかもしれないが、一瞬に閃くアイディアがイデア(共にスペルはidea)だ。
コッローディがピノキオの中に、アンデルセンが鉛の兵隊の中に見出したものだ。学説はどうか知らないが、子供はイデアの中で生きている。エマーソンが言ったように、子供はシェイクスピアをごく身近に普通のこととして感じている。自分自身がシェイクスピアだ。
だからエマーソンは、シェイクスピアの詩も、プラトーンの頭脳も、シーザーの手腕も、キリストの愛も、全て私のものだと言ったのだ。

世界の所有者であるあなたは、純粋な観念である一瞬の閃きを愛し、信じるべきと思う。難しいことではない。呼吸が止まっている時の、一番最初の印象(impression)が本物なのだ。







↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ