ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

我々が神のロボットとしての性能を上げるには

人間は、神に作られた実験ロボットのようなもので、大いに活動してデータを収集しなければならない・・・とする。
言い方が悪かったかもしれないが、基本は、だいたいこれで合っていると思う。

すると、自然に考えて、活動の幅が広い方が良いのだが、それにはまず、基本的に、知力、体力、そして、知識、経験が多い方が有利である。
実際は、容姿の良さや、人柄みたいなものが強い武器にはなるのだが、それらは、生まれつきであったり、自分でなんとかするのが難しい部分だ。
そこで、活動力を上げるため、身体を鍛え、勉強して知識を蓄え、なんとかして知性を磨くことが必要だが・・・知性を磨いているつもりで、知性を鈍化、あるいは、破壊しているケースも多いのだ(笑)。

そんな訳で、他人のことはどうでもいいので(笑)、自分の知力、身体能力を磨こうと思う。
それには、最新の研究とテクノロジによる手法も沢山あるが、知性や身体の力を向上させるアカデミックな方式や大企業発のテクノロジーって、ロクなものがない。
そりゃ、それらは、受験に受かるとか、スポーツ競技で好成績を上げるためには有利なことはあるだろうが、それらは、根本的には、知性を崩壊させ、身体も駄目にすると考えた方が良い。
だって、それらは、利益が目的でやっているのであり、真の知性や身体の向上なんて、どうでも良いのだからだ。
そして、金だけ目的のものって、頭と身体に悪いってのは当たり前過ぎることだ。実際、それらは、コストがバカ高い(笑)。真の知性や身体の力を磨くのは、無料が原則である。

古代からある、知性、身体の強化といえば、ヨーガや仙道といったものがある。
いうまでもなく、これらの全部が良い訳ではなく、それどころか、大半はやっぱり金儲け目的で、上に挙げた現代的なものと似たようなものだ(優るか劣るかは論じない・・・というかどうでも良い)。

ここでは一例を挙げる。
仙道研究家の高藤総一郎さんの本は、古いものは非常に高価で、私はそれらを処分してしまったが、保管していればかなり儲かったかもしれない。
しかし、比較的新しいものも、絶版のものが多くなり、プレミアが付き始めている。
それは、長い年月をかけて支持を得た証拠なのだから、一定の価値があると考えても良いだろう。
まあ、怪しい部分もあるかもしれないが、良い部分を取ればよく、良い部分はあると思う。

で、私が、高藤さんの本で一貫して感じることは、「気の長さ」「根気」といったものだ。
今に限ったことではないが、大衆が大好きな訓練、学習は「1日3分で」とか「わずか3日で」といったものだ。
高藤さんのは、それと真逆だ。
ただし、「腕立て伏せを毎日千回」といったような無茶は言わない。
高藤さんの紹介する仙道の訓練には、お腹を膨らませたり引っ込めたり、肛門を締める、その他、簡単な動作のものが主体であるが、その回数は、数百、数千という単位だ。
そして、超一流のスポーツ選手や武道家の中には、そんな訓練をする人が多いのだ。

私がやっていることで言えば、腕振り運動や、大東流合気柔術式の四股を、毎日、何百、何千とやっているというものがある。
知性であれば、深遠な書を、何百回でも暗記するまで読むということも考えられる。
難しいことではないので、後は、各自で工夫すれば良いと思う。













当ブログ著者、KayのAI書。
AIを作るために大切なことは、数学やプログラミングやAI理論ではなく、AIを作るための考え方です。
問題を推測問題に変換すること、そして、AIに学習させるデータには、どんなものが必要か考えることが大切です。
例えば、「占いAIを作ろう」なんて人がいますし、実際、「占いAI」なんて名前のもあるかもしれません。
しかし、占いAIを作るための膨大で細かく整理されたデータのことを考えたら、私なら、作る気になれません。
そんなことが分かることが大切なのです。そして、楽しい実習を通じて、それが分かるように書いたつもりです。
個人的には、最も面白いのは「モンティ・ホール問題」の項と思います。
  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

人間は多機能データ収集端末

人間とは何かというと、データ収集端末みたいなものなのだろう・・・と思う(笑)。
データ収集端末と言っても、別に、地球の地質調査や水質調査をしている訳ではない。
人間は、我々の観念の調査マシンとは比較にならないくらい複雑で精妙に出来ている。
まるで高性能アンドロイドだ・・・って、その通りなのだが(笑)。
我々は、他の人間や、周囲のあらゆる状況に対し、どう感じ、どんなことを考え、どんなふうに対応するのかのデータを取られてるのだろう。だいたいの意味でね。
だから、じっとして動かない端末(人間)は、動くように刺激を与えられる。敵がやって来たリ、病気になったり、事故や天災が起こったりだ。
ゲーテの『ファウスト』で、神様が、そのことを言っている。
「人間はすぐ怠けたがる。そこで、そんな人間には悪魔を送り込み、悪魔として生きさせる」
ってね。

昔であれば、例えば、若者の頭の中に、「お前はミュージシャンになりたがる」といった信号を送って、「俺はミュージシャンになるんだ」という情熱が起こる。
そこで、楽器と当面の生活費(時にはそれすらなく)を持って東京に行き、バイトをしながら仲間を見つけてバンドを組んだりする。
もちろん、成功するのは万に1つで、いかにパッションがあっても、30歳くらいになったら諦めて実家に(あればだが)帰って来る。
その過程は、なかなか貴重なデータなのかもしれない。
今は、パソコンで黙々と音楽を作り、ニコニコやYouTubeに投稿し、全然駄目だったり、そこそこ人気が出たり、米津玄師さんのようにビッグになってしまうこともあるが、いずれにしても、我々の管理者(神か?)に良いデータを提供するのである。まあ、ビッグになったらなったで、次の貴重なデータを要求されて大変なのだが・・・

そんな訳で、我々は自主的に奮闘しなければ、強制的に奮闘させられる可能性が高いが、その場合(強制的奮闘の場合)、どんなことをやらされるか分からないし、ひょっとしたら、面白くない状況に追いやられるかもしれないので、やっぱり自主的であった方が良い。
それで、どうすれば、一番楽しくやれるかというと、面白いことをやることだ。
面白いことをやる端末(人間)が、管理者にとって一番良いデータを出すもののようだ。

だが、そこには、因果応報の法則というものはあるのだろう。善いことをすれば楽しいことが返って来るし、悪いことをすれば、嫌なことが返って来る。
私の場合、善いことはしないので、その方面は分からないが(笑)、悪いことをすれば、絶対に見逃されず、まずいことが起こるものだ。
だから、アメリカの作家カート・ヴォネガットも言ったじゃないか?
「私が知っているこの星の決まりは一つだけだ。人に優しくしろ」
ついでに、犬、猫、鳩、カラス、亀にも優しい方が良い。
猫には優しいが、犬は無視というタイプは、かなり嫌な目に遭う(笑)。

でもね、家に引きこもってゲームをするにしても、全力全開でやってれば、それなりに褒美がもらえるかもしれない。
『魔法少女リリカルなのは』のなのはや、『カードキャプターさくら』の桜のような(全力全開で進む)タイプは、大きな課題も与えられるが、報いも大きいのである。
早い話が、「極めろ」ってことである。
ただし、他のものへの配慮を忘れずに。












当ブログ著者、KayのAI書。
21世紀初頭に現れた、人類の新しい武器「推測するマシン」(ディープラーニング型AI)の現物を、あなたも手に入れよう。
それは、数学、プログラミング、AI理論なしに、あなたにも手に入れられます。この本があれば。
機械工学や熱力学、工場プラントが解らなくても、自動車を得られるようにです。
逆に言えば、熱力学理論をいくら勉強したって、自動車を使えるようにはなりません。
今後、AIは、自動車よりもはるかに重要で強力になりますし、AIを使えないと、AIを悪いことに使う者たち(政府や大企業とは言いませんがw)にプライバシーを丸裸にされ管理される一方です(無知な相手が一番御し易い)。
一番簡単にAIを自分で作れるように書いたつもりです。
  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

上手い暗示のかけ方

占いで、「今日は素晴らしい出会いがあるでしょう」と出ると、本当に、そんなことが起こるかもしれない。
占いが当たるかどうかではなく、人間の心が占いを叶えてしまう・・・という、やや非科学的な話かもしれないが、そんなこともあるのではと思う。
ところで、多くの人は誤解をしているが、AI(人工知能)は、思考するのではなく、推測するのだ。
そして、新型コロナウイルス感染に関しても、必要なデータが十分にあれば、AIは、いつ、どこで、感染者が何人になるかということも、高い精度で推測出来る可能性が高い。
ただ、その必要なデータを集めるには、少なくとも数年、実際は、数十年かかるかもしれない。
ところが、刑務所に収監されている、ある囚人を仮釈放したら、その囚人が犯罪を犯す可能性の推測に必要なデータであれば、アメリカでは、既に、かなりあり、実際、そのような判断にAIが使われている。
しかし、問題は、そのデータに偏見があった場合には、AIも偏見ある推測をするということだ。
AIに与える(今日では学習させると言う)データには、人間による評価が含まれることも多い。だから、白人ばかりの評価をAIに学習させたら、AIは黒人の囚人に不利な推測をするかもしれない。

だが、この問題(囚人の仮釈放)に、上の占いの話を持ち出せばこうなる。
ある囚人に対し、AIは仮釈放しても犯罪を犯さない可能性が高いと推測した。
そして、実際に仮釈放したら、その通りだった。
けれども、これは、AIの推測が正しかったのではなく、AIの推測を知った囚人や関係者の心が、その囚人に犯罪を起こさせなかったのかもしれない。

暗示を与えるのが上手い人がいる。
「君は今度の大会で優勝するよ」
と暗示の上手い人が言うと、言われた人は、優勝の可能性が少なかったに関わらず、この言葉の暗示にかかって実力を100パーセント発揮して優勝してしまったという話は、割とあるかもしれない。
医療では、プラシーボ(偽薬)効果と言って、実際は薬効のない砂糖のようなものを「特効薬だ」と言って患者に投与すると、患者に効果が現れるという現象が、よくある。
薬品の効果の大半はプラシーボ効果であると言う医学研究者もいるらしい。

だが、これらの事例は、暗示が効いたというよりは、言われた人が「僕は優勝するだろう」「この薬は効くだろう」という予測をしたために、それが実現してしまったのかもしれない。
つまり、人の心には、予想を叶える不思議な力があるのかもしれない。
「いや、僕はそんな予想はしなかったよ。あり得ないと思えたからね」と本人が言ったところで、実際は分からない。
私が昔、セールスマンをしていた時、上司が私に「今日、500万円売ったら、君のセールスコンテスト優勝もあり得るよ」と言った時、私は、「まさか」と笑い、上司も、冗談であると認めるように笑った。
しかし、私は、自分の優勝を予測していたと思う。そして、実際に優勝したのだ。
そして、セールスの世界では、それは、よくあることのように思えたのだ。

フランスの心理療法家エミール・クーエのところに、脚が悪くて歩けない患者が担ぎこまれたが、クーエが患者に自己暗示をさせると、10分後にはその患者が元気に走り回っていたという話がある。これも、暗示というよりは、患者に、自分の脚が治ることを、うまく予測させたのかもしれないと思うのだ。

要は、うまく、良いことを予測することが出来れば、カラクリは分からないとしても、奇跡的な成果を上げられるかもしれない。
これに関し、北京オリンピックの女子ソフトボールチームを指導するなど(同チームは金メダル)、広い分野で実績のあるトレーナーの西田文郎氏が著書『かもの法則』の中で、「~かもしれない」という言葉を使うよう薦めているが、これが上手い推測を起こす方法と思える。
「あの子を彼女に出来るかもしれない」と言えば、その子が自分の彼女になる予測をしたことになる。
悪くても、暗示効果は高いと思う。
コロナウイルスに感染し、「重症になるかも」と言うのと「すぐ治るかも」と言うのでは、免疫力にも差が出ると思われる。
私も、セールスコンテストで優勝した時、「優勝かも知れない」程度に思ったのであり、「絶対優勝だ」とは思っていなかったのだ。
面白い本だと思うので、お薦めする。













当ブログ著者、KayのAI書。
この本を読むのに、理系・文系は関係ありません。
確かに、数学のお話も載せましたが、それが本文の理解に必要な訳ではなく、ただ、楽しい参考になるように書きました。数学が嫌いなら、スルーしていただいて差し支えありません。
プログラミングに関する記述も同様です。
それに、数学やプログラミングで凝り固まった頭より、それらが苦手でも、算数程度の論理性があれば、柔軟で偏見のない発想がある方が有利かもしれません。
ただ、数学やプログラミングが難しいと思うのは、間違った学習による偏見です。それだけは覚えていていただければと思います。
  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

人は神様のあやつり人形

今は、あまりテレビを見ないので、NHKの大河ドラマを見ることもないが、2004年に、香取慎吾さんが近藤勇を演じた『新撰組!』は時々見ていた。
その中で、こんな変な場面をよく覚えている。

北辰一刀流の達人、山南敬助(やまなみ けいすけ)が、重大な決意を持って、新撰組から今まさに脱走しようとする時、彼が庭を見ると、天才剣士、沖田総司(おきた そうじ)が一人で剣の練習をしているのが見えた。
山南は、当然、黙って、出て行くつもりが、近寄って行って、沖田に、「ここがあなたの悪い癖です」と動きの欠点を指摘し、沖田は喜んで感謝する。
そして、山南は、もう二度とここに戻らないことを沖田に悟られぬよう、さりげなく歩き去る。
山南がなぜ、沖田に声をかけたのかというと、多分、本当に沖田の悪い癖を直したかったのだろう。
山南は、「最後にもう一度、沖田と話したい」と思うような甘い男ではあるまい(演じてたのが優男系イケメンの堺雅人さんなので、そんな感じもしてしまったが)。
つまり、山南は、純粋に、沖田に剣のアドバイスをしたのだが、おそらく、それは無駄だ。
いまさら、沖田の悪い癖とやらは治らない。

我々も、仕事などで「ここがお前の悪い癖だ」と、部下、後輩、同僚に言うことはあるだろうが、言われた方は、たとえ素直な人であっても、それで悪い癖が治ることはない。
「あんたは金にルーズだ」と言われ、本当にそうであっても、言われた方は「そりゃ、分かっているけどねえ・・・」で、どうしようもないのだ。
好きな女の子に、持ち物やファッションのダサい点を指摘され、「分かった」と本気で言ったところで、やっぱり同じダサい服装をしてしまう。

悪く感じる点も、個性と思えば、案外、悪くない。
つまり、「こいつは詰めが甘い」と思っても、詰めが甘い分、即効が得意かもしれない。なら、詰めは、それが上手い者がやれば良い。

習慣というものは、長い繰り返しで身に付いたものであり、そっとやそっとで治らないし、一生、治らないことも多いのだと思う。
飲酒が元で事故を起こした芸能人が「酒は今後一切止めます」と言っても、信用すべきでないし、禁酒など強要すべきでもない。
瞬間的には止めても、いずれ、戻る場合が圧倒的だ。
ところが・・・
治るはずのない悪い習慣が、不意に治ってしまうこともある。
それは、自然に治ってしまうのである。
私も、慢性的な悪い習慣を止めたことがあるが、どうして止めたのか覚えていない。
別に、自己催眠術とかで止めた訳ではないし、そんなもん(自己催眠術)、効果があったことはない(実は、相当やった。笑)。
きっと、日頃の行いが良かったので、神様が止めさせてくれたのだろう(笑)。

医学的研究で、人が何かを決定する時、その決定より先に、脳内で既に決定が行われていることが分かっているという話がある。
つまり、人間は、「思考する」のではなく「思考させられる」(あるいは「思考した気になっている」)だけなのだそうだ。
習慣に関しても、脳内で、その習慣をやめる決定が行われ、あやつり人形である我々は、それに抗うことなく従うだけなのだろう。
画家の横尾忠則さんが、「自分は神様の道具」と言うのも、だいたいがそんなことを直感的に解っているからだと思う。
私は、初音ミクさんを見ていると、「彼女は私だなあ」と感じるのである。ちょっぴり美しさに欠けるが(笑)。彼女はある意味、美しき操り人形だ。
Googleの技術者だって、「インターネットという神の意思を実現するために開発している」と言うのらしい。
BUMP OF CHICKENの藤原基央さんだって、「自分がプレイしたいようにではなく、音楽の意思のままに」なんて、キリストみたいなことを言ってた気がする。













当ブログ著者、Kayのブログ。
「こんなことをAIにやらせたらどうなるだろう?」と、著者の私がワクワクしながら実験して書きました。
それは、Chapter.1の足し算からしてそうです。
有名な「モンティ・ホール問題」や「囚人のジレンマ」がその最たるものでした(やることはごく単純です)。
そして、「なぜか分からないがAIは正解出来る」という、今まで知らなかった奇妙な面白さがあります。
そんなことも楽しんでいただければと思いますし、楽しめるよう書いたつもりです。
  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

解答>惚れ込むことの魔力

今朝書いた重要問題の答が出た。

能力的には平凡なシーモア・パパートがなぜ、世界的数学者、コンピューター科学者、心理学者、教育学者、AI研究者になれたのか?
それは、パパートが4歳の時、自動車の機械の中の歯車に惚れ込み、それ以来、あらゆることを歯車で考えるようになったからだ。
しかし、歯車はあくまで、パパートが惚れ込んだものであり、各自、自分が好きなものを見つけないといけない。
そして、パパートの場合は歯車だったが、その好きなものを、どのように使えば良いかの具体的なことを、パパートは言っていない。

では、あなたが何かを好きだとして、それをどのようにすれば、あなたは宇宙人的能力を発揮出来るのだろうか?
それはこうだ。
その好きなものを使おうなんて思ってはならない。
そうではなく、その好きなものが、頭の中で自由に振舞うのを許すのだ。
パパートの頭の中では、歯車はパパートの意思に関係なく、自由に動いたはずなのだ。
それを見てパパートは、何でも分かってしまったし、何でも出来たのだ。
しかし、「人類最高の数学教師」とまで言われたパパートが、このことをちゃんと言わなかったとは意外だ。
いや、言ってはいたが、心理学の微妙な言い回しをしていたため、うまく翻訳出来なかったのかもしれないと思う。
だが、真相は、この通りだ。
好きなものを自由にさせれば良いのである。
これは、こうも言えるのだ。
それは、あなたの好きなものが、あなたが自由を与え、自由に動き出すほど、あなたは好きでなくてはならない。
自由に動くなら、もちろん、初音ミクさんでも良いのである。
きっと、優れたボカロPさんというのは、頭の中で、初音ミクさん(あるいはお気に入りのボーカロイド)が歌ってくれるのである。
化学のベンゼン環は、ケクレが、イメージの中の蛇を自由にさせたら、蛇が動いて、自分の尻尾に噛み付くのを見て、ヒントを得て発見したものなのだ。
湯川秀樹の中間子理論も、夢の中で、子供達がボールを投げ合っているのを見て、そのボールから中間子を着想したのだ。
きっと、ケクレは蛇・・・と言うより、古代からある象徴図形であるウロボロス(尻尾を噛む蛇、あるいは、竜)が好きだったのだろう。
ケクレのウロボロスが、パパートの歯車だったのだ。

さあ、私も、これからは、大好きな○○に、頭の中で自由に振舞っていただこう。













当ブログ著者、KayのAI書。
次のような人は、本書が向いていると思います。
・数学とプログラミングのいずれか、あるいは、両方「得意でない」人。
・AIの概念を知るのではなく、AIを作り、楽しみたい人。
・AIが面白い問題を解決するのを見たい人。
・自分や会社(あるいは学校等)の役に立つAIを自分で作りたい人。
・ExcelやAccessでデータ処理をすることに興味がある人。
本書のほぼ全ての実習を行うために必要なデータを作れるExcelマクロ(VBAプログラム)によるシミュレーション・プログラムを無償ダウンロード出来ます。
  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード