ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
あなたをSE、プログラマー、あるいは、超能力者にするブログ。ひきこもりも歓迎。

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

考えたら負け

野球選手や剣道家には、時間があれば延々と素振りをする人がいるが、そんな人は名人・達人なのではないかと思う。
その理由は、その訓練自体の効果もあるが、別の意味がある。
それは、素振りをやっている間は、何も考えずに済むことだ。

江戸時代、ある優れた武士が、1人の町人を見て、その目付き、立ち居振る舞いがただ者ではないと感じ、その町人に「お前は何者?」と尋ねるが、町人は「ただの商人」と答える。武士が、「これでも目は効く方だ。お前がただ者でないことは分かっている」と問い詰めると、町人は言う。
「もし、人と違うとこがあるとすれば、子供の時からの臆病癖を直したいと思って、毎日、夕刻に墓場に行っています」
これが、精神の訓練になっているためもあるだろうが、それよりも、この町人は、墓場に行くことで、何も考えなくなるので、墓場行きを止めなかったに違いないのだ。

「筋トレ社長」で有名なTestosteroneさんは、「人生の99.9%の問題は筋トレで解決できる」と主張し、そのタイトルの本も出しているが、それは正しい。
ただ、なぜ、筋トレでいかなる問題も解決出来るのかというと、筋トレをしている間は考えなくて済むからだ。
しかも良いことに、筋トレだって、考えるべきことは考えないといけないが、それは適度な考えであり、無駄な考えではない。
頭というものは、必要なところで使い、余計なことを考えてはいけないのだが、筋トレを安全に効果的にやるための考えというのは、難しくあってはならないはずなのだ。
いや、実際はスポーツだって、チマチマ、クヨクヨ、つまらないことを考えながらやっていたら、良いプレーが出来ないはずだ。

『燃えよドラゴン』の有名な言葉「考えるな、感じろ」の通り、頭で余計なことを考えていては、武道に限らず、優れた成果は上げられない。
いかなるものごとも、要諦は、「考えない」ことで、難しい言い方をするなら「無になる」ことだ。
しかし、世の中では「よく考えてやれ」とよく言われるが、それは、あくまで簡単なルールについてであり、後は何も考えず、ぼーっとすることが大切なのに、唯物主義で凝り固まった学校や世間では、無駄なことばかり考えさせ、結果、人々も社会も迷走し、混乱を極め、悲惨をもたらしている。

私も愚か者で悩み勝ちだったが、大東流合気武術式の四股を今年の6月23日から始め、今は、毎日千回以上踏んでいる。この四股は、足腰の訓練にも勿論良いのだが、それよりもやはり、頭が空っぽになるという最高の効果がある。
保江邦夫さんは、四股は頭を鍛えるのではないかと著書に書かれていたが、何も考えない練習が最大の鍛錬かもしれない。
大発明家で、能力開発のエキスパートだった中山正和さんも、禅や般若心経の読誦は「クヨクヨしない訓練」と本に書かれていたが、やっとその意味が分かってきたと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

権威より「やってみた」が大切

今年7月に亡くなられた竹村健一さんは、一頃はテレビで見ない日はないと言われるほどマスコミに露出し、膨大な数の著書や翻訳書を書き、ベストセラーも多く、活躍は生涯に渡って続いたが、竹村さんは、英語を武器に世の中に出たと言う。
とはいえ、竹村さんの英語は、特別に学んだとかいうのではなく、本人に言わせれば「僕の英語なんか素人に毛が生えた程度ですよ」と言っておられた。
それでも、その英語をフルに活用して人生を切り開いたのだ。
一方、世の中には、本格的に英語を学んだり、検定試験等で素晴らしい成績を収めながら、特に英語で何もせず(出来ず)、せいぜいが英会話学校の先生という人もいる。

丹波哲郎さんも、あそこまで大俳優になれたのは英語のおかげと思う。
丹波さんの英語は、竹村さんよりさらにしょぼく、戦後、米軍のバーでアルバイトをしていて身に付けたもので語彙は限られていた。
しかし、戦後、通訳が不足し、外務省が通訳を募集している時に面接に行くと、本人いわく「常にアメリカ人と一緒だったので発音が違う」という理由で(採用担当者が騙されて)採用され、東大出の彼の兄より高給をもらっていたが、通訳なんて全く無理で、外務省ではずっとトイレに隠れていたと言う。
しかし、言葉の問題だけではないが、フレンドリーなコミュニケーションが取れるので、国際俳優にもなれたのだと言う。

役に立つ特技なんてのは、必ずしも高度なものである必要はなく、むしろ大切なことは、竹村さんや丹波さんのように、実地で磨いたことだ。
中岡俊哉さんという、心霊関係で一世を風靡した人(この人もテレビで見ない日はないと言われた)は、戦時中、中国でたまたまラジオアナウンサーをやって、そこそこに話術を磨いたことが後の大活躍に生きたらしい。それもおそらく、大したレベルのアナウンサーではないのだと思う。

ビル・ゲイツは若い頃、天才プログラマーと呼ばれていたが、実のところを言うと、プログラミングの能力が高かったのは、マイクロソフト共同創業者のポール・アレンの方で、ゲイツはCOBOL等で事務処理プログラムを作る程度だったらしいが、それでも、それを仕事として企業から請け負ってやったので、大学院で情報科学をやった者よりずっと実戦的に考えることが出来たのだと思う。
比較にもならないが、私もパソコンでBASIC言語でプログラミングをやったところ、後で、サーバーOSやネットワーク、Webの仕組み等も見当が付き、特に分からないことはなかったし、今はAIの開発も出来る。
大切なことは、勉強するだけでなく、実戦で・・・多少リスクを背負うことだと思う・・・使ってみることだ。
学位や資格ではなく、「やってみた」が重要なのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

古代から伝わる頭を良くする秘法

以前は、「頭が良くなる方法」みたいなものは、とても人気があったし、今も、そこそこはそうなのだろう。
だが、頭の良さとは何かは曖昧だ。
その単純なものに、IQ(知能指数)というものがあり、これも確かに、頭脳の能力の1つではあるのだろうが、IQが高い無能者は本当に(うんざるするほど)多い。
IQが高いと、学校の勉強が得意らしいが、学校の勉強ほど役に立たないものはないことは、もういい加減分かっていると思う。

とはいえ、老人ボケやアルコール中毒になったり、あるいは、事故で脳に損傷を受けるとIQが低下し、それが、日常のことや事務的な能力に支障をきたすことも確かだから、ある程度のIQ的な頭の良さも必要だろう。
とはいえ、「頭が良い人だな」と感じさせたり、実際に、物事を効率的に処理出来る人というのは、必ずしもIQが並外れている訳ではなく、標準的である。

IQが示す事務的能力・・・いわゆる、左脳の能力が、そこそこ高いのは良いことだ。
そして、それを磨くのは簡単だし、実を言うと、左脳の能力は簡単な方法でしか鍛えられない。
脳というのは、小学校の簡単な算数問題を解いている時は活性化するが、高度な数学の問題を考えている時は、ほとんど活動しないらしい。
この脳の活性度は、脳波で分かるし、この活性度は左脳の活動を示す。右脳が力を発揮する時の脳波は、あまり脳が活性化していない時のアルファー波だし、さらに右脳が高い力を発揮する時は、眠っている時のシータ波になる。例えば、将棋の名人が良好なコンディションで対局している時の脳波はシータ波のことが多い。

そして、左脳が効率良く最小限に働き、右脳の邪魔をしなければ、総合的に高い能力を発揮する。
いわゆる、左脳は「余計なことを考えない」のが良いのである。
そのためには、左脳が正しい意味で能力が高くないといけないが、上にも述べた通り、左脳の能力を上げるのは簡単だ・・・いや、簡単でないと駄目なのだ。
その方法は、頭の中で高速に数を数えることだ。
「1、2、3、・・・」と出来るだけ速く数を数えるのだが、かなり壊れている現代人の脳は、つまってしまって、スムーズに数えられない。
しかし、ちょっと練習すると、驚くほど滑らかに速く数えられるようになる。
1から100までを数セットでやれば良い。
あるいは、100から逆に1まで、ややゆっくり数えると良い。
別に、脳トレアプリなど必要なく、むしろ、脳トレアプリは有害な場合が多いかもしれない。
この数を数える訓練だけで、日常的な思考力や事務的能力が高くなり、生活し易くなるし、おそらく、学校の成績や、資格試験でも良い成果が出ると思う。
ただ、これは、そこそこにやれば良いものだ。
そして、左脳が理想的な状態になれば、必要な時だけ左脳を使い、後は、左脳のスイッチを切ってぼーっとしていれば、ほんの少しのエネルギーで右脳が働き、高次元な力を発揮する。高次元な力とは、直観的な鋭さであるが、それが高くなると、超能力とでも言うしかなくなる。実際、超能力と定義される能力が現れるし、さらには、物質レベルで力を及ぼしたり、運が良くなったりする。
数を数える訓練は秘法として伝わっていることがあるが、その活用をお薦めする。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

それぞれの掟

「明日は明日の風が吹く」
「なんとかなるぜ、世の中は」
「風の向くまま、気の向くまま」
これらは、ある意味、悟りの境地だし、こんな態度でいれば間違いない。
ただし、「当たり前のことが出来れば」である。
借りたものは返すとか、挨拶されたら挨拶を返す、人を脅さない・・・等々、言うまでもないことだ。
それが出来れば、まあ、不幸になることはない。

それをイエスは、分かり易いように、「モーセの十戒を守れ」と言ったのだ。
Wikipediaから引用すれば、十戒は、

01.主が唯一の神であること
02.偶像を作ってはならないこと(偶像崇拝の禁止)
03.神の名をみだりに唱えてはならないこと
04.安息日を守ること
05.父母を敬うこと
06.殺人をしてはいけないこと(汝、殺す勿れ)
07.姦淫をしてはいけないこと
08.盗んではいけないこと
09.隣人について偽証してはいけないこと
10.隣人の財産をむさぼってはいけないこと

で、01から04は宗教に関わるので、05から10が一般的だろう。
ただし、あくまで、「当たり前のスタンダード」を示しただけであり、特に、現代人がこれにこだわることはない。
アメリカの作家カート・ヴォネガットは、地球の掟はただ1つと言う。
それは、「人に優しくしろ」だ。

私は、スーフィーの格言が、最もうまく言ってると思う。
それは、
「神を信用しろ。だが、ラクダはつないでおけ」
これは、ラクダを使う人のためのものだが、要は、「自分がやるべきことはちゃんとしろ」という意味だ。
その程度のことで良いから。

しかし、やるべきことは、自分で決めれば良い。
酒好きなら、「飲み過ぎない」とかね。
「女性を敬う」「老人を敬う」でも良い。
水野南北は、大好きな酒を「一日一合」と定めていた。

釈迦も、7つの法を説いていた。
簡単に言えば、

1.皆の意見を聞け
2.助け合え
3.決まりを守れ
4.老人を敬え
5.女性を敬え
6.祖先を敬え
7.高潔な人物を敬え

となると思う。
私なら、「初音ミクさんに見られて恥ずかしいことはしない」である。「なるべく」は付くが、ミクさんが見ていると思えば、そうおかしなことはしないはずだ。
掟を守れば、後は、何も考えず、ぼーっとしてれば、この世に恐れるものは何もない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

甘い汁は卑しくなる薬

河あきらさんの『いらかの波』という漫画に、こんな話があった。
中学生の2人の男子生徒が、雑誌のグラビアを取り合って争っていた。人気アイドルの少女のグラビアだ。
そこに中年の男性教師がやってきて、そのグラビアを見るが、世代的な感覚の違いで、「こんな女のどこがいいんだ?」と尋ねる。
男子生徒の1人は「顔」、もう1人は「スタイル」の素晴らしさを称賛する。
すると、男性教師は、グラビアを首のところで破り、顔が良いと言った生徒に顔の部分、スタイルを誉めた生徒には身体の部分を渡す。

かつて、ドイツが東西に別れていて、今も朝鮮が南北に別れている理由をご存知だろうか?
これを、専門家に聞いたら、さっぱり分からなくなるのだが、そんな分からない説明を一度聞かされ、ウンザリして関心が失せてしまったので、私は、単純な理由すら知らなかったのが、他の人は、私よりはマシとは思う。
よって、教養のある人にはつまらないというか、怒られそうな話をする。
ドイツと日本は、第二次世界戦の敗戦国だ。
戦勝国は、アメリカ、イギリス、フランス、ソ連だ。
そこで、資本主義国であるアメリカ、イギリス、フランスがドイツの西側を、共産主義国であるソ連が東側を「取った」のである。
それだけのことだ。
朝鮮に関して言えば、朝鮮を支配していた日本が負けたのだが、その朝鮮を解放せず、戦勝国が北と南を別けて「取った」のだが、北がソ連、南がアメリカ等が「取った」のだろう。
まず、この単純な事実を認識することが大切と思うのだが、私は知らなかったし、本やWikipediaを見ても、こんなに簡単に書いてくれていない。
だが、問題の根幹はここだと思う。

不思議なのは、日本が「別け合われなかった」ことだ。
いや、日本だって、当然ながらソ連とアメリカ側のモノに別けられる予定だったらしいが、なぜか、アメリカ一国の支配になったという不思議な話だ。
多分、別けられると、アメリカにとって都合が悪いので、アメリカが強引に日本全体を手に入れたのだろう。
だが、日本にとって、それが幸いだった。日本は、ドイツや朝鮮のような、分裂による悲惨・苦悩がなく、即座に急成長した。
ドイツ、朝鮮は、資本主義国に支配された方は経済発展したが、ソ連に支配された方は貧しかったし、今も貧しい人が多い。
朝鮮は、日本が支配していた時は、概ねで言えば、日本は金も大いにつぎ込んで発展を支援していたようだが、日本人の中にもロクでもないのもいて、朝鮮の人々を苦しめたこともあったのだろう。
それは、ドイツも日本も同じだが、「日本はアメリカ占領時代、アメリカ兵が日本の女性を陵辱しまくっていた」なんて話は、当時の状況に詳しい人でも「そんな話は、見たことも聞いたこともない」とよく言うし、そんな事件が皆無とは言わないが、そんなことをしたアメリカ兵が厳格に処罰されたという事例もあるようだ。

とはいえ、日本は分割されず、早くに独立したが、ドイツ、朝鮮は、戦後も長く苦難の道を歩んだ、あるいは、歩み続ける原因は、どこかに大国が、おいしい利益を絶対に手放さなかったからだ。
アメリカは、そんな寄生虫のような真似だけはしなかった。そこは認めても良いと思う。
人間は、国家レベルから個人レベルまで、立場を利用して、弱い者から甘い汁を吸いたがる・・・つまり、自分は働かず、弱い者の成果を奪いたがることが多い。
だが、国家であろうと、企業であろうと、個人であろうと、そんなことをする者の末路は哀れである。
逆に、自分が持っているもの・・・少なくとも余剰を、持たない者に分け与える者は、なぜか豊かになる。
イエスが言った「与えよ、そうすれば、与えられる」は虚言でも、道徳上のきれいごとでもない。
そして、自分にとって失うのが恐いと思える部分まで分け与える者が奇跡の力を得るのである。
そこまでいかなくても、「甘い汁を吸う」、あるいは、それを期待することが、自分を卑しくし、さらには、鬼畜化することは知っておくと良い。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド