ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
Twitterは、ちゃんとプロフィールが書かれ、1週間以内に1回でもツイートされている人なら、フォローしていただければ、大抵フォロー返します。

[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

天才達が語る、駄目な人間が現実的に成功する方法

どこまで本気で書かれたのかは全く分からないが、ドワンゴ会長の川上量生さんが2015年6月のブログで、だいたいの意味で、
「ひきこもりが成功したとしても、まともな一般人の一番下の階層にやっと入れてもらえるというだけ」
「でもそれは自分(川上さん)よりもありえない快挙」
と述べられている。
それでいえば私は、一生引きこもっていたはず・・・かどうかは分からないが、本来なら、かなり惨めな境遇で過ごしている可能性が高かったはずで、実際、中学時代、私とよく似たタイプで、私よりずっと頭も要領も良かった男(身長も私より5cm高かった)が、なるべくしてなったように、情けない状況にいて、おそらく、今後、上昇もしないだろう。
それで言えば、私は成功したことになる。

仏教学者のひろさちやさんは、一生ひきこもるのもまた、仏様にキャストされた(配役を決められた)人生で、そのままで良く、むしろ人生が終わった後には、普通の人よりも仏様により労(ねぎら)ってもらえると言う。
本当かどうかは分からないが、全くのデタラメと言うつもりもない。
自分もひきこもりだと言う思想家の吉本隆明さんは、ひきこもりは、生まれる時の母親の精神状態の影響が大きいと言う。しかし、世間でなされているような方法では駄目としながらも、ひきこもりから脱することは出来るのだと言う。
吉本さんが言われる、ひきこもり脱出の方法の中で私が覚えているのは、男の場合であれば、彼女を作ることだ。
好きな女の子が出来れば、「この子を守るためにがんばる。世間にも出て行く」ということになるのである。
私もそう思うが、ひきこもりって、彼女出来ないんだよなあ(笑)。
でも、ゴーリキーの『二十六人の男と一人の少女』や、ロオマン・ガリの『自由の大地』のように、仮想彼女でも、十分に力になる。
ならば、初音ミクさんを好きになれば、必ずや成功するだろう。
別に冗談ではなく、常に、「ミクさん、愛してる」「ミクさん、ありがとう」と言ったり想ったりしていれば、宇宙エネルギーがどんどん入ってきて元気になり、全てが周り始める。
理学博士で大発明家であった橋本健さんは著書で、「神のエネルギーが流れ込んで円滑現象が起こる」といったことを常に宣言し、病弱で青年時代に死んでいるはずが、研究者、あるいは、思想家として大成功した。
橋本さんは、谷口雅春さんの『生命の実相』をたまたま読んだことで、そんなことを考えるようになったのだが、普通の人であれば、彼女や仮想彼女(もちろん、女性の場合は王子様や仮想王子様)を作るのが現実的かもしれない。

とにかく、元気が一番だ。
ひきこもりに限らず、「ミクさん、愛してる」で、地球のことも宇宙のことも、全てうまくいくだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

望むものに相応しい態度を

立場に相応しい言動や身なりは、やはり必要である。
逆に、言動、振る舞い、身なりに相応しい立場を引き寄せるということもあるのだと思う。

思い出すのが、ジャイアント馬場さんは、割とショボい家に住んでいて、何度か泥棒に入られた後、周囲から、「王者に相応しい家に住んで欲しい」と苦言を呈されてしまったことがあったらしいことだ。
まあ、それで、馬場さんは高級マンションを買ったついでに地下室も買い、自宅でトレーニング出来るようになったら、40歳過ぎてまた強くなったようだ。
馬場さんは、住むところへのこだわりがなかったのだろうが、他の点では、プロレスの王者、大プロモーターに相応しく、車はキャデラックだったし、着る服も常に高級品で、しかも、1日に何度も着替えるほどだったようだ。
馬場さんは心得ていたのだろう。

態度、振る舞いは大切で、それに相応しい状況を作り出す。
男は結婚したら、いつまでも夢を追う少年であってはならない。
大人の男にならないと、しっかりとした家庭を築けない。
女性も、結婚したら、もう、若くて可愛い女の子であってはならない。
大人の女性にならないと、ままごと遊びの家庭になり、それは決して幸福なものにはならない。
本来は、大人の態度、振る舞いが出来るようになった男女が自然に結婚するのだが、日本では、ある時期から、子供っぽい友達どうしが結婚してしまうようになり、不幸な家庭が増えているのだろう。

まだ若く、有名でなかった頃のバート・レイノルズが、既に大俳優だったクリント・イーストウッドに、「成功するまで何をしていたのか?」と尋ねたら、イーストウッドは「成功するための準備をしていた」と応え、それでレイノルズは何かを掴んで、自分もスターになることが出来たようだ。
私は、レイノルズは、レッスンや営業といった当たり前の努力もしただろうが、同時に、スターに相応しい態度、振る舞いを身に付けたのだと思う。
むしろ、態度、振る舞いの方が重要に違いない。
それなしに、たまたま成功しても、すぐに転落してしまう。

フローレンス・スコーヴェル・シンという、画家で成功哲学の教師であった女性の著書には、態度、振る舞いの大切さがよく書かれている。
旅行がしたいのにお金がないなら、せめて旅行鞄を買って、旅行に行けて当然という態度、振る舞いでいれば、必要な状況に導かれる。
彼女がいない男性が彼女が欲しいなら、それなりに良い服を着て、立ち居振る舞いに気をつけ、そして何より、女性を尊重する態度でいれば、嫌でもモテモテになる。
それを簡単にやれるのが口ぐせだ。
「女性とは大切なものだ」という口ぐせを持てば良いのである。
上辺の態度だけでなく、むしろ、心の態度を重んじれば、結果は自ずとついてくる。
『物語シリーズ』のヒロインの一人である天才少女、羽川翼は、「都合の良い状況を想像する」ことの大切さを語ったが、彼女はそれを、態度、振る舞いで示していたのだろう。
では、我々は、もっと簡単に口ぐせでそれをすれば良い。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

「愛って何?」というこっぱずかしい質問への答

「愛って何?」なんて言葉は何度聴いたか分からないが、その答を聞いた覚えがない。
だが、少なくとも近い答は「敬意」だ。
踏み絵とは、馬鹿げているように見えて、なかなか的確だ。
その存在に対し、本当に敬意を持っていたら、絵だって踏めない。
そして、本当に敬意を持っていることを愛しているということだ。
私は、絶対に初音ミクさんの絵を踏めない。

史上最高のプロレスラー、ルー・テーズは、自分をひきこもりから解放してくれたレスリングに最大の敬意を持っていた。
そして、師のジョージ・トラゴスに最初から深い敬意を持っていたから成功したのだ。
だが、テーズは、トラゴスに教わった必殺のダブルリストロックで、「やるべき時には相手の腕を折らなければならない」というトラゴスの言葉には、最後まで従わなかった。
しかし、ぎりぎりまでやったことは何百回とあり、それで救われたことを強く自覚していたテーズは、この技と、それを教えてくれたトラゴスへの敬意を忘れた訳ではない。
だが、木村政彦は、ダブルリストロックと同じ技である木村ロックで、エリオ・グレイシーの腕を折った。
その後、木村は、「試合に勝って勝負に負けた」と思ったそうだ。
生命への畏敬・・・これは全てに優先する。
腕1本でも、生命を損なってはならない。
テーズは、アントニオ猪木がアクラム・ペールワンの腕をダブルリストロックで折ったことに対し、「わざとでなかったと信じている」と言ったが、これは重い言葉だと思う。
テーズの、レスリングへの敬意、愛は、限りなく深い。

初音ミクさんのコンサートに来る人々は、本当にミクさんに敬意を持っていることを感じる。
それは、柔らかな曲の時に、ペンライトをゆっくり上に挙げる、あの独特の動きに特に現れていると思う。あれは、純粋な意味の宗教儀式のようであり、とても美しい。
つまり、コンサートに来る人達は、本当にミクさんを愛しているのだ。

気とも言われる宇宙エネルギーを味方にすれば無敵である。
合氣道の達人、藤平光一さんは、「氣」と表記するが、この文字の中の「米」は、氣が出ていることを示しているのだと言う。
そして、氣とは、出せば自然に入ってくるのであり、自分のところに取り込もうなんて考えてはならないのだと言う。
しかし、藤平さんは、単に「氣を出す」と言うが、それでは難しい。
だが、氣を出すとは、間違いなく、愛すること、敬意を払うことだ。
万物を愛することは素晴らしいことであるが、人間は、特定の対象を愛しやすい。
テーズですら、愛である敬意を特にレスリングに向けたように。
そして、特定の対象に、愛や敬意を向ければ、やはり、氣である宇宙エネルギーは入ってくる。
それを、まずは言葉で示すのだ。
「はじめに言葉ありき」である。
たとえば私の場合だが、「ミクさん、愛してる」と想ったり言ったりすれば、強烈に宇宙エネルギーが押し寄せて来る。
あるいは、「ミクさん、ありがとう」と想うのも同じである。
これが単に、「愛してる」「ありがとう」でも、もちろん良いのだが、それだと、言葉が空虚な呪文、空念仏になる恐れがある。
空念仏でも良いという教えもあるが、やはり気(氣)が込められていることが好ましいだろう。
だから、まずは、純粋に愛する、敬う対象に対して、「愛してる」「ありがとう」と想ったり、言ったりすれば良く、それを続ければ、自ずと、あらゆるものに対する敬意と感謝・・・つまり、愛を持つだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

労苦する貧乏人、考える金持ち

世界一のお金持ちビル・ゲイツは、マイクロソフト時代から、週7日、朝から晩まで働いているという。
ただし、彼は、マイクロソフト時代だって、プログラミングをしていた訳ではない。
彼が1日中、何をやっているかなんて報道されたことは、ただの一度だってない。
彼が何をしているかなんて、普通の人には分からない。
せいぜいが、「怒鳴っている」「喋っている」くらいにしか見えず、下手したら、普通の人からは、「ゲイツは何もしていない」と思えてしまうかもしれない。
彼の仕事は、考えること、決断すること、後は、喋るか書類にサインすることだ。

一方、物凄く不足していると言われるプログラマーは、身体を壊すほど働きながら、ほとんどが低収入だ。
また、最近、Amazonの商品の配達で話題になることが多い、宅配便のドライバーは、残業代もロクにもらえず、給料も高くはないはずだ。
その他でも、激しい労働をしている人達は、皆、貧しいのだ。

分かり易く言うと、働いていない人ほど儲かる。
だが、怠けていたら、最低の収入もなくなる。
正しく考える人だけが、楽しく、簡単に儲かるのだ。
良い口癖をすれば成功するなんて話があるが、良い口癖は良い考え方から出てくるというだけのことだ。
呪文や念仏のように、「俺は金持ちだ」「私は天才だ」「僕は成功する」「全て良くなる」と言っても、何も良くならないし、そもそも、そんな「呪文」は続かない。

ちゃんと考えるためには、どうすれば良いのだろう。
それには、心を訓練しなければならないが、家庭や学校では、そのやり方は教えない。親や教師が、やり方を知らないし、そもそも、彼らが考えていないからだ。
だが、心を訓練しないと、どんなに良い本を読んでも、何の効果もない。
そして、それこそ、考える能力のない人に理屈で納得させるのは難しいが、自分の呼吸を意識することが優れた心の訓練になる。
TM(超越瞑想)も、つまるところ、心を訓練する良い方法なのだが、私の場合は続かなかった。TM自体が嫌いなのではなく、あの権威主義、神秘主義、秘密主義が嫌なのだ。
だって、権威も神秘も秘密も必要ないのだからだ。
だが、労働せず、正しく考えるマハリシ・マヘーシュ・ヨーギが大富豪だったのは、彼もまた、心を鍛えた者の正しい姿を示していた。
心に感じるものがあれば続けることが出来るのだが、呼吸を意識したり、触れ合う指の感触を意識すれば、心が鍛えられ、正しく考えるようになるだろう。とりあえず、1日トータル20分で良いから。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

有り難きかな、まるで駄目男君

何度も書いたが、私の職場には、30歳過ぎの人生の落伍者、派遣の雑用係、まるで駄目男君がいる。
私は、こんな駄目な人間を成功させたいと思っているが、なかなか手強い。
しかし、本当は、それは極めて簡単なことなのだ。
ちなみに成功とは、人によっては、国際的企業を順調に経営することだったりするが、一方、本当なら、一生ひきこもるはずの人が、それなりに平安に自立出来ているなら、それも、引けを取らない大成功だ。
では、どうすればいいかと言うと、実に、まるで駄目男君と真逆をやれば良いだけのことだ。
それも、たった一部だけでもだ。

まるで駄目男君は、早起きしない。
ところが、1年365日、朝5時までの決まった時間に起きれば成功する。
まるで駄目男君は、運動しない。
ところが、1年365日、決まった時間に、腕振り運動を千回やったり、30分もウォーキングをすれば成功する。
まるで駄目男君は、本を読まない。
ところが、1年365日、ジョセフ・マーフィーの本を、たとえ1章でも必ず読めば成功する。
まるで駄目男君は、呼吸を意識しない。
ところが、1年365日、少なくとも1日20分、自分の呼吸を意識すれば成功する。
まるで駄目男君は、座り方があまりにだらしない。
ところが、王のように座れば成功する。
まるで駄目男君は、時間が不規則だ。
ところが、何時何分に何をするか決め、1年365日(平日と休日の違いは多少あるだろうが)、厳格に守るなら成功する。
まるで駄目男君は、言い訳ばかりする。
ところが、決して言い訳をしなければ成功する。
まるで駄目男君は、食の慎みがない。
ところが、少食・粗食に徹すれば成功する。
まるで駄目男君は、身の丈を知らない。
ところが、身の程を知れば成功する。
まるで駄目男君は、「ありがとう」「愛している」を称えない。
ところが私は、いつも初音ミクさんに「愛してる」「ありがとう」と心から想っているので、この世は思い通りだ。

どれでも、たった1つ、まるで駄目男君の反対をやれば良いのである。
まるで駄目男君は、自ら犠牲になり、身をもって、「こうすれば失敗しますよ、不幸になりますよ」と教えてくれているのである。
世の中には、「こうやれば成功するよ」と、あまり役に立たないアドバイスをする者は多いが、まるで駄目男君は、語らずして、確実な成功法を教えてくれている。
彼は彼で、成功しているのかもしれない。反面教師として。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ