ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

友達百人作らなくて良い世界

新型コロナウイルスの収束の予測は全く立たない。
夏までに収束するどころか、その頃には、いっそう感染が広がっていると考える方が現実的と言う者も多い。
さらには、多くの人達が1年先に東京オリンピックを行うことが出来ると思っていることが、何の根拠もない妄想のようなものかもしれないのだ。

いや、別に、マイナス思考をお薦めするのではない。
それどころか、前向きな話をしたいのだ。私はいつでも前向きである。
つまり、コロナウイルスの脅威が消えた後でも、それが存在しているかのような社会になれば良いのである。
多くの人間が、「新型コロナウイルスが収束したら、以前の活動に戻る」ことを当然のように考えていると思う。
その考え方を変えるのだ。
コロナウイルスのようなものは、ずっといて、去らない。
それであれば、それに対応した社会にすれば良いのだし、実は、それこそが、今よりはるかに素晴らしい未来世界なのである。

新型コロナウイルスによる新型肺炎に罹らずに済む方法は、ただ1つ。
過密ならないことだ。
では、過密にならない社会になれば良い。
幸い、今は、インターネットがあるのが当たり前の世界だ。
そうでない地域にだって、インターネットを構築し、1人1台以上の端末を提供することは可能だ。
過密になることが必要なことは、まあ、ない。
そもそも、オリンピックや高校野球甲子園大会、あるいは、サッカー、ラグビー、アメリカンフットボールなどで、大観衆を集める必要は本来ない。
前場所の大相撲が完全無観客で行われたが、今はそれに違和感があるだけで、振り返ると、相撲本来の音が実に素晴らしかった。
行司の声があんなに良いものだとは思わなかったし、力士の息づかい、ぶつかり合う時の音は、まさに芸術的だった。
あんな良いものを、これまで聞くことが出来なかった。
力士達だって、観客がいないからこそ、勝負に集中出来、いつもよりも高度な戦いが行われたに違いないのだ。

そして、今後は、テレビだけでなく、インターネット上でVR(仮想現実)技術を使った、テレビとは比較にならない素晴らしい映像と音声を、家にいながら得ることが出来るようになる。
NTTは、kirari!という「空間ごと配信するかのような、超高臨場感のリアルタイム配信システム」を作っており、それを常時使えるよう、発達させれば良い。
現在は、大掛かりな設備が必要であるが、技術の進歩で改善出来ることである。

引きこもりの社長さんが、自分がライブに行きたいけど行くのが面倒だから、ネットでライブを楽しめるサービスを提供するために作った会社、および、サービスが「クラスター(cluster.)」だ。
そう、いまや、集団感染の意味で使われているクラスターという言葉を、平和的な意味で使うサービス、会社名なのである。

例えば、私が毎年、この上ない楽しみにしている、初音ミクさんのライブ「マジカルミライ」をVR形式で行うことは可能と思う。
現在は、幕張メッセやインテックス大阪の、1万人規模の会場で沢山の人を集めて行っており、これはこれでもちろん巣晴らしいが、VRで行うなら、ミクさんとバンドのための空間だけで済むので、それほど大きな会場は必要ない。
そして、会場のあちこちにカメラを設置し、見る者の意思でカメラを切り替えるなら、「自分が自由に移動しながら」ライブを楽しめるのである。
あるいは、カメラのズーム機能で、ぐっと迫ったり、引いたりも出来る。
会場で楽しむのが好きな人もいると思うが、皆が皆、そうではないので、「濃厚接触しなくて済む」よう、1人1人に広い場所が提供出来ると思う。
こういったことは、いずれ、必ず行われるはずであるので、ちょっと進歩を早めれば良いだけのことだ。
ミクさんのライブを、kirartri!、あるいは、これに匹敵するシステムで、高い臨場感を持って自宅で楽しめれば、実に巣晴らしい。
もちろん、あらゆるライブ、漫才、落語、歌舞伎、能、クラシックコンサート、講演、スポーツ、その他で、同じようなことが出来るのである。

これまで通り、外に出かけ、これまでと同じように行うことだって、当然出来る。
その場合も、密集が起こらないよう工夫され、快適さが増す。
密集させた方がボロ儲け出来る者が多いのだが、そんな連中の強欲な稼ぎのために、我々が不快な思いをする必要はない。
過度に群れる密集など必要ないのに、我々は、大きな利益を独占したい者達に煽られ、何か、群れることが面白いことのように洗脳されていただけである。

群れることのない世界では、経済活動はより健全になり、富の再分配が行われる方向に進む。
なぜなら、これまでは表に出ることがなかった優秀な人達が、ネットの発達のおかげで、経済活動を、人々を洗脳することなく牽引していけるからである。
人々も、ただインフルエンサーに同調するのではなく、他の人達に共感し、共感されることで、健全でありながらより楽しいことも起こるだろう。
そうなれば、いずれお金に意味が意味がなくなってくるに違いない。

このように、変化する世界を前向きに捉え、賢くなり、世界を良いものに変えていけば良いのである。
友達百人作って、群れて遠足に行く等、軍国主義者達が作り出した「狂育」である。
君子の交わりは淡いものであると言うが、君子でなくても、本当の友達とは、べったりつるんだりしないものである。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

真の英雄

オリンピックも高校野球も、コロナウイルスに関係なく、無観客、テレビ中継なしで、選手と審判だけで行えないものか?
それが出来ないなら、やめてしまえば良い。
誰もいない場所で、誰にも邪魔されず、精神を研ぎ澄ましてライバルと競う・・・それでこそ、スポーツの本当の意義が実現するのではあるまいか?
判定が微妙な状況では、公平無私な審判に淡々と従い、審判には見えなかったが、どちからの選手には見えていれば、見えていた選手の申告に虚心に従う。
そのように行われるスポーツが、選手の人間性を高め、人類の向上に貢献する人間を作るのだと私は信じる。
もちろん、審判のミスもあるだろうし、選手が嘘を言うこともあるかもしれない。
しかし、それならそれで良いのである。
長い時が経って、かつて戦った相手が、
「実はあの時、君のスマッシュがアウトだと僕が言ったのは嘘だったのだ」
と言ったとしても、言われた方は、
「おや、そうだったのかい?」
で終りである。
勝敗も記録も、さしたるものではない。
このようであってこそ、スポーツは人間にとって貴いものであるのだ。

私が子供の時に読んだ、桑田次郎さんの『ミュータント伝』という漫画作品に、こんな話があった。
ある小惑星を宇宙飛行士が探索したさい、美しい石があったので、若い宇宙飛行士は、身体が不自由な妹のために、規則を破って、その石をこっそり持ち帰る。
だが、その石には、恐ろしいウイルスが居て、感染した人間は凶暴な怪物と化し、その際に、ウイルスが拡散される。
地球帰還後、そのことを突き止めた宇宙船の船長は、抜群の能力を持つ(小惑星探査チームの)隊長に、隊員全員と、隊員と接触した可能性のある人間全てを焼き殺すことを命じる。
隊長は、探査チームの者達を呼び集めると、説明している時間がなかったので、やむなく、隊員達を薬で眠らせ、建物ごと爆破し、全焼させる。
さらに、悪魔の石を持ち帰った若い隊員の、不遇なまだ小さい少女である妹を撃ち殺して溶岩の中に落とし、さらに、隊員達と接触した者達を次々に殺し、死体を燃やす。
そして、ついに、隊長は、凶悪犯罪者として警察に追い詰められ、銃撃戦の末、重症を負いながらも、自分の身体にガソリンをかけて自身の身体を焼く。
その隊長は、悪魔のごとき狂人として人類の歴史に残るが、本当は人類を滅亡から救った英雄なのである。
隊長にそれを命じた宇宙船の船長は、心で隊長の功績を讃えると、自分の部屋に仕掛けた爆弾のスイッチを押した。

イエスは、「人々の称賛を得たなら、もう褒賞を得たのだから、神からの褒賞はもらえない。だが、人々に知られずに善行を行えば、隠れたことを見ている神からの褒賞を得られる」と言った。
この隊長は、神の褒賞を得たと信じたいし、そう願う自分であれば信じられるような気がするのである。







  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

一番立派なお仕事

子供がイメージする「働く大人」とはどんなものだろう?
大昔なら、ツルハシや鍬を振るう姿や、農作業、大工仕事、あるいは、漁をする姿など、イメージし易かったと思うが、今、大多数の大人が働く会社というものの中で働く大人を、子供はどう捉えているのだろう?

『甘城ブリリアントパーク』というアニメで、突然、巨大遊園地である甘城ブリリアントパークの総支配人になった男子高校生、可児江西也(かにえせいや)は激務に追われるが、その中で、机に積み上げられた大量の書類に、次々にハンコを押す場面がある。あれが、子供にも解る「働く大人の姿」ではないかと思う。それで思い出したのだが、私が子供の時に見た子供向けアニメでも、会社の中で社長が「忙しい!忙しい!」と言いながら働く場面がまさに、社長が大量の書類にハンコを押すというものだった。
いくら子供の時の私でも、ハンコを押すだけが仕事と思った訳ではない。しかし、逆に、私は今だって「ある意味、仕事って、せいぜいこの程度」と思うのだ。
アニメ『ゼロの使い魔』で、若き女王アンリエッタに、重鎮が「女王様、ご署名を」と言って、誓約書を差し出す場面があるが、あれがまさに女王様の仕事で、実際、女王様の意思はどうでも良く、ただ、女王様が署名・・・つまり、サインとかハンコを押すことだけが仕事である訳だ。

ハンコを押す、署名するというのは、「同意する」という意味で、許可を与えたり、自分が何かに従うことを「はっきり約束する」ということだ。
署名、押印する者の意思がどうであるかは、実は、どうでも良い。
署名した者の考えより、署名したという事実に意味がある。
そして、確かに、高レベルの仕事には、そんな面があり、子供がイメージする「働く大人の姿」は、それほど間違っていない。

法然や親鸞は、「大切なことは念仏をすることだけ」と言ったのだから、人間の仕事は念仏だけということになる。
馬鹿らしく聞こえる向きもあるかもしれないが、そういうことなのである。
そして、この世界とか人間の究極が解ってしまった者にとっては、念仏とは言わないまでも、そういったことが全くの真実だと言うのである。
念仏というのは、「阿弥陀如来に全ておまかせする」という意味で、阿弥陀如来とは、宇宙最大の力の持ち主をイメージ化したものだ。
こんな話がある。
ある者が末期癌になり、余命数ヶ月と宣告されるが、諦めず、辛い治療を受ける。しかし、効果がないので、正統医学では認められていないが「奇跡の効果があった」と言われる治療法、さらには、オカルト、宗教にまで頼るが、全く効果がない。それで最後、「神様に全部まかせる」と決めたら、治ってしまった。
原理としては、念仏と全く同じである。
神様や仏様との誓約書には「全部、あなたにおまかせします」と書かれていて、それに署名したり、ハンコを押すようなものだ。
荘子の教えも、全くこのようなものである。
また、ここでよく取り上げる「神様の奇跡が起こる」と唱え続けて、1億円を2回当てたホームレスも同じことをしていたのだが、念仏のような精神でやらないと起こらなかったことである。

まあ、大人の社会では無闇にハンコを押してはいけないが、私は子供の時、頭の中でよくハンコを押していた。
そして、何度も書いたが、ありえない奇跡がいくらでも起きた。
インドの聖者ラマナ・マハルシが「財務長官は責任感を持って仕事をしているが、実は何もしていない」と言っていたと思う。
彼もまた、「同意」というハンコを押しているだけであり、だからこそ、彼の仕事に間違いがないのだ。
キリスト教の「アーメン」も、同意という意味であるらしい。

要するに、基本的な考え方の一例は、「南無阿弥陀仏と唱えて、阿弥陀如来に全てまかせると決める」ことで、自分の仕事は終りである。
いかなる偉大なビジネスマンも、芸術家も、政治家も、バリエーションはあっても、原則はそうしているのである。







  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

マスコミの洗脳を受けるな

テレビの新型コロナウイルスを扱う番組は、「暗い」「悲惨」「後ろ向き」なものがやたら多い。そんなものが視聴率が取れるからだ。
平成不況(1991-2002)、リーマン・ショック(2008)の時も同じだったと思う。

現在、経済活動が停滞する中で、今日、明日にでも、政府が援助をしてくれないと破綻しかねない人にばかりスポットが当てられる。
確かに、そんな人達もいて、迅速な救済策は絶対に必要である。
だが、同時に、それが決して多数派ではなく、本当は、コロナウイルスとは関係なく、是正しなければならない別の問題があるのだ。
実際、大部分の日本人は、かなり豊かなのである。
日本は、食料の半分以上が廃棄されている、途方もなく豊かな国なのだ。

アメリカやイギリスでは、日本政府が検討している額よりかなり多い給付金を国民に給付しようとしているが、そうしないと、餓死者が出るとかでなく、殺してでも金や食料を奪おうとする者達がいくらでもいるからだ。

既に、ヨーロッパやアメリカの多くの国や州では、食料品を買うのも大変で、長時間並んでも、品物がない場合もよくある。
しかし、日本では、コンビニやスーパーでは商品が溢れ帰り、お客さんは好きな時に車でのんびりやって来て、店員さんと「最近冷えるわねえ」とかお喋りしながら、カゴにいっぱいの商品を詰め込んで買っていく。
欧米では、レストランも閉鎖される中、日本では美味しいハンバーグ料理のお店で人々が長蛇の列を作っている。

悪い部分や不幸な人達がいることは確かに認めた上で、マスコミのマイナス情報に洗脳されないよう注意しないといけない。
潜在意識の法則によれば、マイナス思考を植え付けられて貧困なマインドを持ってしまうと、次は、自分が悲惨な状況になってしまうのである。
下層にいる人達の多くが、何らかの理由でマイナス思考を持ってしまった結果、そのような状況になったのだと私は思っている。

世界は心が作り出した幻想のようなものであり、潜在意識に繰り返し刻み込まれた思考パターンが、各自の世界を作っていると考えて良いと思う。
だから、あなたに暗いイメージを植え付けて洗脳してしまうようなテレビはすぐに消して、明るく肯定的な考え方をしなければならない。
と言って、無理に心を明るく積極的にすることは出来ない。
だが、人間は、心はコントロール出来なくても、言葉は自由自在にコントロール出来る。
そして、言葉が心を変えるのである。
だから、言葉を前向きで肯定的なものにしなければならない。
一昨日の記事「儲かってしゃーない商売人の口癖」で書いた、お金持ちの社長さんのように、「儲かってしゃーない」「金があるからな」と言えば、その通りになる。
そんな言葉を言ったり、思ったりする際には、ヘソのあたりに力を入れると、否定的な感情が起こり難い。
とにかく、暗いテレビ番組を見て、「日本はもう駄目だなあ」だの「私も明日は食べ物が買えなくなるかもしれない」とか思ったりしてはならない。

こんな時こそ、世界的な教育者、七田眞氏の本にあった、七田氏が事実であると保証するお話が参考になる。
あるホームレスが、1日中、「神様の奇跡が起こる」と唱え、宝くじで1億円を、それも、2回も当てた話である。

恐れずに求めれば それは未来を変えるRevolution
こころKnock Knock Knock
不思議Trick Trick Trick
奇跡は起きる(Wow Wow)
Freely Tomorrow
~『FREELY TOMORROW』(作詞:Mitchie M・ЯIRE、作曲・編曲:Mitchie M。唄:初音ミク)より~
【調教すげぇ】初音ミク『FREELY TOMORROW』【公式PV】- YouTube -








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

寄るな触るな君子に倣え

新型コロナウイルスは、我々にどんな影響を与えようとしているのだろうか?

「トナラー」という言葉をご存知だろうか?
駐車場が、かなり空いているのに、他の車の隣に車を止める人のことだ。
もちろん、車に戻るのに、あまり歩かなくて済むので、出入り口付近の場所では隣り合う場合が多いとか、たまたまということもある。
だが、私はこんなことがあった。
私は、意識的に、なるべく、他の車が居ないし来そうにない場所に車を止めるが、ある時、総合病院の広大な駐車場で、出入り口から離れた一角は全く車が居らず、私は、その場所に、まさに「ぽつねん」という感じで駐車した。
病院での用事を済ませ、戻って来ると、私が駐車した場所に車は増えてなかったが、なんと、私の車の隣に1台の車が止まっていた。
このようなことはよくある。
最近では、このような行為をする者を「トナラー」と呼ぶらしいが、そうすると、「トナラーの心理」なんてことを言い出す人も出てくるし、テレビで心理学者みたいな人が何か解説してたような気もする。しかし、私はそんな解説を聞いたかもしれないが、覚えていない。
「トナラー」の心理に興味はない。
なぜなら、世の中、「トナラー」だらけなのである。

道で、向かい合って歩いてくる人がいると、私はいち早く、相手と反対側の側に寄って歩く。
ところが、距離が詰まってきたところで、相手が、私が歩いている方の側に進路を変えてくることがよくある。私もある時期までは、それは、たまたま相手がうっかりしていたのだろうと思おうとしたが、あまりに頻繁なので、このような者が多いのであることは間違いないと思う。

今はあまり行かないが、暇つぶしに書店に入ることがあり、特に目的の本がある訳ではないので、どんな本のコーナーでも良いから、なるべく人のいない場所にいるのだが、別に店内が混んでいる訳でもないのに、必ずすぐ近くに来る者が多いように思うのは、おそらく、私の勘違いではないと思う。
ある時、こんなことがあった。
その書店は、かなり空いていた。
私はちょっと面白いと思う本を見つけ、熱心に見入っていたが、いつも通り、長時間の立ち読みはせず、本を戻そうとした時だ。
ぴったり真後ろに人がいて、この時ばかりは心底ゾっとした。
そりゃ、その人は、私が見ていた本の、丁度反対側の棚にあった本を見ていただけかもしれない。
だが、周囲はいくらでも空間があるのだから、少しは他人と距離を取るのが、当たり前の感覚と思う。
言っては悪いと思うが、この人は、逸脱者、狂人とまで思ってしまったが、そこまで言うべきではないとしても、心的欠落者・・・いや、それでも言い過ぎか・・・・。では、せめて無神経だとは言わせて欲しいと思った。
極めて不謹慎であるとは思うが、新型コロナウイルスの流行により、上に挙げたような「トナラー」達は有害人種であることが認定され、その行為が禁止されると思い、私はとても嬉しいと思っているのである。
もちろん、隣に来られたら嫌・・・といった幼稚なことを言う気はない。
私からはそう見えなくても、相手にとって不可抗力でそうした場合もあるだろう。
しかし、人にさりげなく近付き、ナイフで刺す人がいるかもしれず、相手にそんな不安を与えない配慮も必要だと思うし、私は配慮している。

通学時間に道を歩いていると、知らない女子中学生が「おはようございます」と挨拶してくることがある。
誰が、こんな愚かなことを教えたのだろう?
私が邪悪な人間であったらどうするのだ?(100%ではないかもしれないが、少なくとも91%は邪悪だ)
向こうから声をかけてきたのだから、その気になれば、一定の可能性で、うまくどこかに連れて行くくらいのことは出来るのである。
そもそも私は、セーラー服みたいな無防備な服は大嫌いで、こんなものを作った者は気分的には処刑したいと思うほどだ。
そんな服を着た可愛い女の子が、見知らぬ内面確実に邪まな人間に声をかけてくるなど、恐ろしい話である。
これが、誤った教育が作り出すトナラー行為である。

だが、我々は、学校や会社で群れるよう躾けられ、「トナラー」にさせられている。
社畜と呼ばれる、会社に依存し切り、会社にぶらさがることしか出来ない者達が「トナラー」なのではないかと思う。

君子の交わりは淡きこと水のごとし・・・別に君子でなくても、進歩した人類はそうであることは間違いない。
そして、淡き水のごとき交際をする者ほど、いざという時には友達であることを見せてくれる。
真の友は、普段はべったりしないものである。
そうではないだろうか?
丁度、アラン・ドロンとチャールズ・ブロンソンが共演した映画『さらば友よ』のように。

新型コロナウイルスによって、我々は、強制的に、「形から」君子に倣うのである。







  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード