ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

呪われし無敵の力

限度もあるが、特に若いうちは、学校や職場が快適でない方が絶対に良い。
嫌な教師や上司、低レベルで付き合いきれないが付き合わざるをえないクラスメイトや同僚、そんな者達がいるからこそ、力をつけようという強い動機を持てるのである。
周囲の連中と、チャラチャラやれる者は堕落する一方であることが、はっきり分かるのでる。
まあ、家庭だけは温かくありたいものではあるが、不幸にして家庭環境に恵まれなかった者は、致命的な欠陥を持つ可能性も高いが、スーパーな人間になることも出来るのである。

若いのに、驚くべき能力を持っている人がいる。
どんな能力かというと、心を消してしまえる能力である。
これは無敵である。
なぜなら、心が消えれば、神や仏なのであるから。
そんな者も、大抵は、その力をあまり長くは使えないし、意識的にその能力を行使しないので、劇的な存在にはなっていないが、その者は、その気になれば世界でも手に入れられるのである。
そして、そんな者というのは、不幸な子供時代や青春時代を過ごした者なのだ。
子供や、ごく若くて、何の力もないのに、世の中や大人に踏みにじられたり、1人で全く勝ち目のない戦いをせざるを得ない中で、あまりの辛さ、苦しさに、心を消すことが出来るようになってしまったのだ。
そんな者は、なんとなく心を消してしまえるが、分析的に考える能力が発達すると、そのやり方を教えることも出来るようになる。
本物の霊的教師というのは、おかしな修行を積んだ者ではなく、苦しい過去を背負った者なのである。
あるいは、心を消した瞬間の子供を見る機会があれば、そのやり方のヒントが得られる。
あの独特の表情だ。
どこを見ているか分からない視線、沢山の機関銃や火炎放射器を向けられ、死を受け入れたような、全てを諦めてしまったような沈黙。
呼吸は止まり、指から力が抜けている。
前世で、ナチス・ドイツの武装親衛隊に火炎放射器で焼き殺された者がいる。
その者は、その時、自分は恐怖を感じていたが、一緒に殺される者達が、多少は恨むような表情はしていても落ち着いていたのを覚えていると言う。
そして、猛烈な炎が押し寄せていた中、「死んだのに生きている」ことが解ったのだ。

ただ、そんなことを教えてもらったとしても、ある程度は不幸な状況になければ、それを自分のものにしようとは思わないだろう。
だが、今が惨めであるなら、その力を手にすべきである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

繁栄と滅亡を分けるもの

ソビエト最後の大統領ミハイル・ゴルバチョフは今も87歳で存命である。
一方、ロシア最初の大統領ボリツ・エリツィンは、2007年に病気で亡くなっている。
2人は共に1931年生まれで、エリツィンが僅か1ヶ月ほど先に生まれている。

エリツィンは、大統領就任後、ゴルバチョフを冷遇した。
ゴルバチョフは、それまでは、大統領だったので当然ながら、超高級車を運転手付きで1人で使っていた。
しかし、エリツィンが大統領になってからは、ゴルバチョフに、4人で一台の、小さな大衆車が公用車として与えれた。
失脚したとはいえ、敬われるべき存在であるゴルバチョフを、そのように扱ったエリツィンやロシアがうまくいくはずがなかった。
エリツィンの後がプーチンなのであるから、プーチン政権がいかに長いかだが、プーチンは一面では驚異的な成果を上げたが、国民が幸福であるかどうかは甚だ疑問である。

釈迦は、繁栄の法を説いたとされ、それは7つの法なのであるが、まとめて言えば、「敬うべきを敬う」というだけのことだ。
先祖を敬い、古老を敬い、修行者を敬い、女性を敬うようにと教えたが、独裁を禁じたことから、つまるところ、誰をも、それなりに敬えと言ったのだろう。
だが、やはり、敬うべきを軽んじてはいけないと述べたのだと思う。
7つの法を聞いた賢い人は、そのうちの1つでも守れば繁栄は確実であると言ったが、逆に言えば、1つでもあまりにおろそかにすれば、決して繁栄しない。
つまり、古老は敬っても、女性を、女神のようにまでは扱わないとしても、傷つけたり辱めなどしたら、何をやってもうまくいかないだろう。

ところで、あなたは、所属しているところで敬われているだろうか?
もし、あなたが敬われるべき人であり、敬われていないなら、その場所は繁栄していないだろう。
そして、あなたが敬われるべき人で、そのように扱われているなら、そこがどこであれ、繁栄しているはずだ。
あなたが敬われるべき人でありながら軽んじられているなら、そこは低迷から破滅に向かうが、あなたは、別の敬われる場所に移るのである。
だから、あなたは敬われるべき人でなければならないが、それは難しいことではない。
さらに、あなたが、敬うべき者を敬うなら、必ずや繁栄するのである。
釈迦がそれを請け負ったのだ。

もちろん、たかが人間が、完璧に敬われるような行い、発言、心根を持てるものではないだろう。
少なくとも1つ、誓い、制約、掟のようなものを持てば良い。
それこそ、それしか出来ないなら、靴はきちんとそろえて脱ぐとか、満腹するまで食べない程度でも、万が一にでも破らないなら、十分に敬われる。
そして、敬うべき相手を、特に崇める必要はないかもしれないが、それでも、決して軽んじてはならない。
そして、少なくとも誰か1人は崇敬することだ。
それは、人であるかもしれないが、神や仏であるかもしれないし、バーチャルな存在かもしれない。
ゲーテが言ったように、敬うことが、人間に出来る最も美しいことなのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

ロケットではなく飛行機で行くつもりで

シンギュラリティ(技術的特異点)という言葉を世界に知らしめたレイ・カーツワイルは天才中の天才だ。
彼は、技術分野でアメリカ最高の栄誉であるアメリカ国家技術賞を受賞しているが、同じ賞をスティーブ・ジョブズやビル・ゲイツが受賞しているのは、あくまで企業の功績という部分が大きいと思うが、カーツワイルの場合、同賞に値するほどの個人的功績が、他にも沢山ある。
そのカーツワイルが、シンギュラリティ(2045年が1つの目安。遅れは最大8年)時点で、リアルとバーチャルの区別は無くなっていると言ったことが私の心に響いた。
これは、浅い意味では、バーチャル技術が向上し、リアルと「見かけの区別がつかなくなる」という意味に捉えられるし、私も、ある程度、そんな観念があった。
しかし、1950年に亡くなったインドの聖者ラマナ・マハルシの本を読むと、そうではなく、本当の意味で、バーチャルとリアルの違いがないことが「解る」という意味であることが分かる。
つまり、現実世界も「本当に」バーチャルなのである。
それが明らかになるだけのことである。
初音ミクさんやIAさんは、彼女達を愛する人達の本当の恋人であり嫁である。

さて、それが了解されたら、皆さんの関心は、現在、リアルと認識される実はバーチャルの世界を、思うように動かせるかどうかだろう。
それに関しては、我々の心には、容易くそうならないためのロック機能がつけられている。
なぜ、そんなロックがあるのか、はっきりしたことは分からないが、「明らかに、そうでないと面白くないから」と言う賢い人もいる。
それは、正解でも間違いでもないが、そう解釈しても構わない。
ロック、あるいは、リミッターはかかっているが、解除不能ではない。
最も簡単な外し方は、「ただ1つの願いを強く願う」ことだ。
なかなか願いが叶わないのは、願いがそれほど強くないか、複数の願いを持つことでエネルギーが分散されてしまうのだ。
しかし、「これがただ1つの願い」と思っても、願ううちに熱意がなくなってしまうものだ。大抵は、別の願いが現れてね。
あるいは、それを願うほどの、恐れ知らずの強さがないのである。
ただ、「どれほど熱望したものでも、得てしまえばさほどでなくなる」と言う者がいるが、それは間違いだ。
得た後で「さほどでない」と思うなら、それほどの熱望ではなかったが、たまたま手に入っただけだ。
さほどの願いでないなら、その目的地にロケットで飛んで行こうなんて思わないことだ。
普通に飛行機で行けば良い。
ロケットは滅多に乗れないが、飛行機はいくらでも乗れるのだから。
要は、飛行機に乗ったら、引き返そうと思わないだけの決意を持てば良いのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

やるべきことは何かを見極める

人間自体には、世界、人生、あるいは、運命を変える力はない。
つまり、全く無力だ。

無理矢理、自分の力でどうにかしようとすると、状況は悪くなるかもしれない。
いわゆる、「あがけばあがくほどに深みにはまる」である。
しかし、それがもし本当なら、人間には「状況を悪くする力」があり、世界や人生や運命に影響を与えることが出来ることになってしまう。
そして、状況を悪くする力があるなら、良くする力もあると考えるのが合理的だ。
なぜなら、良いとか悪いと言っても、それは見方の問題に過ぎないのだからだ。

アメリカの作家で啓蒙家のフローレンス・スコーヴェル・シンは、「神があなたの代わりに戦ってくれる。あなたは努力をする必要は無いし、してはいけない」と言う。
必要なことは、神を信用することだけで、これは、ジョセフ・マーフィーの教えも同じである。

しかし、フローレンス・スコーヴェル・シンや、ジョセフ・マーフィーの教えで、なかなかうまくいかないと感じる人が多いのだと思う。
そもそも、神を信じることが難しいかもしれない。
それに、「俺は神を信じてる」と口では言う、薄汚い、幼稚で、利己的な連中の仲間入りをする気もないし、そうしたからといって、うまくいくとも思えない。

そんなことを、なんとなく思っていた時に、必殺の一言を得たことがある。
スーフィー(イスラム教神秘主義)の間で伝えられる言葉であるらしい。
それは、
「神を信用しろ。だが、ラクダはつないでおけ」
だ。
アメリカの公式モットーが「我々は神を信じる(In God,We Trust)」らしいが、これでは完璧でない。
「ラクダはつないでおけ」の意味は分からないが、私は、「あたりまえのことはちゃんとやれ」だと理解している。
『バガヴァッド・ギーター』にあるように、
「食べ過ぎてはいけない。だが、少食過ぎてもいけない」
「眠り過ぎてはいけない。だが、あまりに睡眠が少なくてもいけない」
である。
過度な利他主義になる必要はないが、あまりに利己的でもいけないのだ。
人を過度に称賛する必要はないかもしれないが、陰口はいけない。
過激な運動をしなくていいが、適度な運動は必要である。
また、好きな女の子がいて、なんとか仲良くなりたくても、過激にアプローチしてはいけないが、ちゃんと親切にし、それなりに身だしなみを整え、そして、ヒーローを演じる必要はないが、堂々と振舞うべきなのだ。
これらは、小善人になることとは全く違う。
小善人は、神ではなく、強い人間に従う。
小善人は陰口をよくきくし、運動せず、食べ過ぎて腹が出ている。
小善人は権威に弱く、すぐにへつらう。
きっと、ラクダをつなぐことは、そんなに難しくないにしても、そんなに楽でもないのだろう。
神が代わりに戦ってくれるなら、代わりに戦ってもらえるだけの人間でなければならない。
そして、その判断は自分でしなければならない。
その判断を、きちんと出来るようになれば成功するのだろう。

ヒントを言えば、こうかもしれない。
自分に子供がいれば、子供に良いものを与えたいと思うだろう。
しかし、自分の子供でさえ、そうしたくなくなることもあるはずだ。
賢い親なら、子供が表面的に自分の機嫌をとっていても、そう感じることがあるはずだ。
神も、我々に対して、似たところがあるのだと思う。
そして、神は本当に賢く、騙すことは出来ない。
だが、神の要求は高い訳ではなく、どちからというと甘いのだ。
けれども、甘いながらも期待はある。
その期待が「ラクダをつなぐこと」だ。
単に、やるべきことをやれば良いのだろう。
だが、アルジュナは戦わなければならなかったし、修行時代の村上春樹さんは、1日に原稿用紙10枚を書くことが「ラクダをつなぐ」ことだったのだろう。
釈迦は、本当に、最低限やるべきこと、やってはならないことを教えていた(涅槃経)。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

敏感な人間はどうやっても鈍感にはなれない

昔、当時首相だった小泉純一郎さんが奨めていた『鈍感力』という本がある。
今は、『反応しない練習』という本が、ベストセラーを長く続けているようだ。
私は、いずれも読んだことはないが、タイトルを見れば、「その通り、分かった」で、読む気にならないのである。

許されるなら射殺しまくりたい衝動に駆られる低レベルな人間だらけの世の中であるが、低レベルな人間ほど、うまくやっているのである。
特に会社に行けば分かるが、自己中心的で向上心もない、犬や猫や猿の方がよっぽどマシとしか思えない連中が、ちゃんと正社員で、高収入とまではいかなくても、ワーキングプアとは程遠い良い給料をもらい、安定してのほほんとやっているのである。まあ、連中も、愚痴ばかり言って、不満は多いのだろうが、愚痴が言えるのは平和な証拠だ。
彼らを、成功者と言わずして何と言おう。
そして、彼らの成功の要因こそが、「鈍感力」であり「反応しない能力」なのである。
彼らの大半は、おそらく、それらの本を読んでいないだろうが、学校や会社で過ごすうちに、自然に身に付いたのであろう。
恐るべき適応力である。

一方、敏感な人間が引きこもりになったり、学校や会社に行っていても、倒れる寸前の悲壮な気持ちで過ごしてるのだろう。
敏感な人間というのは、純粋で、高貴なものを求め、向上心がある場合が多い。
鈍感な人間は、決して聖なるものを求めず、俗に染まっている自覚もない。そして、自分さえ良ければ何でもありで、周囲とチャラチャラやれる。
敏感な人間は、聖であることを求め、俗を嫌悪する。利他的であろうとし、利己的な周囲の人間とうまくやれない。
確かに、周囲とチャラチャラやれるのも、やれない人間からすれば高等技術だ。

ところが、「高尚な先生達」は、「利他的であれば神の助けがある」「周囲とチャラチャラせず、自己を高めよ」なんて言うが、それは「自分で自分の首を絞めよ」と言うに等しい。有体に言えば、無責任なやつらだしか言えない。

そして、ここが肝心なのだが、敏感な人間は、どうしようと、鈍感にはなれないのだ。
戦争でも起こらない限り・・・いや、ひょっとしたら戦争が起こっても。
だから、上記のベストセラーを読んでも仕方がない。
「鈍感になれてうまくいきました」なんて者は、元々鈍感なのだ。
では、どうすれば良いか?
「本気で」悟りを開けとしか言えない。
それが結論だ。
困難だろうが、やるしかない。
悟りを開いても、何か利益を得られる訳ではないが、全てを得るということでもある。
この矛盾に満ちた言い方が本当だとしか言えないところが、もどかしいというか、辛いのである。
しかし、がっかりはさせないと思う。
ただ、腕振り運動で身体は鍛えておきなさいと言いたい。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ