ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

悪霊と仲良くするのは辛いことだ

善、正義は失ってはいけないものだが、悪に染まった者が、悪しきに意図のために、善や正義を声高に、しかも、巧妙に語ることがよくある。
そもそも、善や正義は、黙って行うものであるというのが、本来、正しいのだろうが、あまりに善や正義が廃れてしまった。

やや昔のことだが、英会話学校のテレビCMで、こんなものがあった。
怪我をして倒れている西洋人の男性が、通りかかった若い女性に英語で助けを求めるが、その女性は彼を無表情に見た後、「英会話学校に行こう」と言って立ち去る。
私は衝撃を受けた。
もちろん、冗談のつもりだろうが、これがやって良い冗談だろうか?
そして、このようなテレビCMは他にも沢山ある。
私はコンピューターゲームをやらないが、聞くところによれば、死んだキャラクターが持っている装備を持って行くことが出来る場合が多いらしく、ある漫画家が「罪の意識は感じるが、必ず持って行く」と自虐的に(つまり、道徳的には問題があると自覚しつつ)、漫画で表現していたが、これも、慣れるのは恐いことと思う。
また、ゲームの中で、信じ難いような道徳に反する行為を選択出来る場合があると思うが、それが、年齢制限のない普通のゲームでもありふれているのではないかと思う。
アダルトゲームやアダルト漫画が、必ずしも悪いとは言えないかもしれないが、ナチス強制収容所の残虐な行為と本質で変わらないようなことを当たり前に行えるようなものもあると思う。
そして、規制にさえかからなければ、子供でも見ることが出来る映像や画像の中に、常軌を逸したものや、非道なことすら、ただ面白おかしく表現されていることがいくらでもあり、親がそれを非難しないので、子供が平気で受け取ることが多くなってきた。
それで今や、善悪の区別がつけられない人間が多く、ひょっとしたら、それが大勢かもしれない。
学校では、試験で良い点を取ることが善、点数が悪いことが悪と評価され、道徳的な善悪を軽視するし、そもそも、教師が道徳的な悪を平然と為すのを、私が学校時代にもよく見た。

だが、日本が世界の中では異例なほど安全で、極端な非道がまだ公然と行われないのは、今のところ、善や正義が、それなりに存在するからである。
だが、そのバランスが、今や危なくなっている。
政府、行政機関、教育機関、大企業、マスコミといった豊かなところが急速にそうなってきていて、日本は庶民の中に善が息づく国であったのに、それも失われつつあるように思える。

だが、悪は正義に勝てないし、いかに悪が栄えているように見えても、悪霊に利用され弄ばれているに過ぎないので、悪の誘惑に負けてしまった人間の悲惨さは言葉に出来ないほどだ。
巨悪になれば、頭で考えれば分かる方法で良い思いが出来るが、人間の本性は善なのであるから、心が安らぐことはない。
私は、引き寄せの法則の話も好んでするし、奇跡を起こすことだって出来るが、それは、あくまで正義の支配下にある場合で、言うなれば、引き寄せの法則は善意がなければ機能しない。
悪意があっても、引き寄せに成功するように見えることもあるし、私にもあったが、それはやはり、悪霊の助けを借りていたのかもしれず、大切なものを失ったかもしれない。
自分が善を選べば、そうでない者は去って行く。
また、善でない場所にはいられなくなる。
だが、パスカルが言ったように、「カなき正義は無能であり、正義なき力は圧制である」のだろう。
プリキュアシリーズの初代作品『ふたりはプリキュア』で、悪の女ポイズニーが、プリキュアの二人に言ったことが忘れられない。
「力のない正義は悪にも劣るのよ」
こんなことを言うポイズニーに、不思議と、ポイズニーの苦しさと隠された善意も感じたのである。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

子供達に良いものを見せよう

いつ、どこでのことだったかは記憶にないが、やや昔のことと思う。
上皇后美智子様が、皇后であられた時か、皇太子妃であられた時かも分からないが、テレビ放送の中で、読書について語られていた。
上皇后が子供の時、疎開先で、お父上からいただいた、ある本を読まれた。
上皇后は書名を言われなかったかもしれなないが、それが『古事記』であることは分かる。
そして、おそらく、子供向けに編集された『古事記』であると想像される。
だから、ひょっとしたら、書名も、『古事記』ではなく、例えば、『日本神話』のように書かれていたかもしれない。
上皇后は、その本の一説を読まれた時の思い出を話された。

それは、倭建命(やまとたけるのみこと)が、船で上総(かずさ)に向かっている時のことと思う。
船が海上にいる時、海の神が海を大荒れにし、船が危険な状態になった。
その時、倭建命の召使の弟橘姫(おとたちばなひめ)は、海の神が倭建命をたたったものと感じ、自分が身代わりになると言って、海に身を投じた。
すると、海はぴたりと静まった。
7日後、弟橘姫の櫛が浜に打ち上げられ、倭建命は、それを弟橘姫の代わりとして墓を作らせた。
上皇后は、多感な少女時代だったこともあってか、この話にいたく感動されたらしく、犠牲精神について考えられたことを語られていたように思う。

我々も、ごく若い、敏感な感受性を持っている時、たまたま読んだ文章、たまたま見た、あるいは、聴いた言葉が、一生の指針になることがある。
ただ、それが必ずしも正しいものではなく、むしろ、悪いもので、後で修正しなければ不幸なことになりかねないこともあると思う。
特に、子供の時に、親や学校の教師におかしな偏見を植え込まれた者は多いだろう。
困るのは、その、心に刻んだ言葉が起こさせる思想が偏見だと分かり易い場合は良いが、一見、正しく思えたり、それどころか、崇高に思える場合には、それが一生を壊してしまうかもしれない。

上の、弟橘姫のお話も、あまりに極端に捉えてしまうと、「女は男のために犠牲にならなくてはならない」という思想を持ってしまうこともあるかもしれない。
ただし、子供でも読めるように書かれた、鈴木三重吉の『古事記物語』の格調高い文章で読めば、その心配は少ないように思う。
こういった問題は、当然、文章だけではない。
YouTubeを見ても、政治や文化を扱った真面目なものであっても、言葉遣いが、砕けたというか、品性に欠けるものも少なくない。
名前が知られている評論家やジャーナリストの場合もあるが、だらしない格好で登場し、品のない言葉遣いやふるまいをするのは、古いのかもしれないが、子供が見ている場合もあるだろうし、もっと配慮していただきたいと思うのだ。
私は、そのようなものは不快なので、数秒見てすぐに見るのをやめる。
品性、品格などと、そう大袈裟なことを言うつもりはなく、人の前に現れるに相応しい、ごく普通の礼儀を持っていただければと思うし、人と接する時も、そのようでありたいと思う。

テレビ、漫画、YouTube、SNSなどの中に、子供やごく若い人が見るには不適切なものが多くなっているように思う。
国の崩壊というのは、こんなところから起こるのかもしれないが、今の日本は、明らかに破滅の道に進んでいると私は感じる。
悪いものを隠し過ぎるのもいけないが、悪いものに負けないだけの良いものを見ることが出来るようにしたいものである。
今は、子供達に対し、ある種の悪いものは必死で隠そうとしながら、同じくらい悪いものを平気で晒してしまっているのである。
大人に道徳がなく、品性が下劣であるからだ。
だから、大人も、意識して良いものを見ようではないかと思う。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

死後の世界について

『青い鳥』で知られるメーテルリンクは、死後の世界の存在を信じるだけでなく、死後の世界が無いと考えることが非常に不合理だとまで言った。
彼は『死後の存続』という本を書いているが、非常に分かり難い本だと思う。少なくとも、霊界物語といったものではない。

死後の世界は存在するのだろうか?
主要な宗教では、全て死後の世界の存在を説いているが、キリスト教では、死後、すぐに死後の世界で活動するのではなく、審判の日まで眠り続けるようだ。
だが、キリスト教を根本に書かれたダンテの『神曲』や、エマニュエル・スウェーデンボルグの『霊界日記』などでは、人は死後、すぐに霊界での生活を始めるとしている。

死後の世界の実証は大変に難しい。
その中で、死後の世界の可能性を示すものが臨死体験と呼ばれるもので、事故や病気で死んだと見なされた者が蘇生した時、死後の世界に行った記憶を持っていることがあって、その内容が、ただの幻想のレベルを超えていると思われることから、なんらかの信憑性を感じさせることがある。
だが、やはりそれは脳が作り出した幻影と考える方が合理的だと言う者もいる。

ところで、死後の世界を信じる理由の1つに、この世での不公平ということがある。
善い人間が、この世で辛い目に遭っているのに、悪人が良い思いをしていることがよく見られる。
確かに、「奢れる者は久しからず」で、悪人が楽しくしていられるのは一時的で、やがては、普通の人よりずっと惨めな状況に陥る場合が多いように思えるが、中には、高齢で死ぬまで楽しく生きる悪人もいるように思える。
それなら、この世では不幸だった善人が天国で幸福になり、この世では良い思いをした悪人は、死後は地獄で苦しむべきだと考えたくもなるだろう。

量子物理学を基に、肉体が死滅した後も精神が活動することを説く者もおり、中には、非常に素晴らしいと思える説もあるが、正しいかどうかよりも、誰もが納得出来るとは言い難いのではないかと思う。

死後の世界は、あるともないとも言えない。
だが、あると考えた方が、生が充実するという考え方には良い点が多いかもしれない。
また、「生きているが死んでいる」という言い方を、肯定的な意味でも否定的な意味でも言うが、この考え方が重要であると思われることもある。

ところで、私が納得してしまった、常識を超えた考え方があった。
それは、そもそも、生が幻想であるという考え方で、死後の世界があるというよりは、死後の世界の方がスタンダードで、生きている状態なんてものは、実際にはないというものだ。
書で言えば、アラン・ワッツの『タブーの書』(および、その改訂版の『ラットレースを抜け出す方法』)が、そんなことを説いていると思う。
やや難しい感じはするが、D.H.ロレンスの『無意識の幻想』も、そんなことを描いている。
飯田史彦氏の『生き甲斐の想像』からも、そんなことが感じられる。

生きている間は、美味しいものを食べ、猫と遊んで楽しみ、自然に触れて良い気分になるなど、良いことが沢山ある。
しかし、楽しいことにうつつを抜かしていると、それを得られない状態の時に悲惨を感じる。
だが、大切なことを忘れている。
それは別に難しいことであるはずがない。
ちょっとしたヒントがあれば分かるし、それは幸福をもたらす。
例えば、河合隼雄氏の本にあったが、死んだら月に行き、先に死んだおばあちゃんにも会えるという自分のストーリーを持っている小学生の女の子のようにである。
ただの絵空事といえばそうだが、ストーリーには不思議な力がある。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

正義の時代

アメリカの大統領選挙の様子を見ると、ついに正義の時代が来るのだと思う。
個人的には、トランプが正しく、1月には、2期目のトランプ政権が始まると確信しているが、いずれにせよ、今回は、神は正しい方を勝たせるように思う。
もし、自分が悪の立場に立っているなら、早く態度を変えなければならないことを知らせているように感じるのだ。

こう言うと、「正義の定義とは何か?」と言う者がいるだろう。
そう問う意味は、「正義は定義出来ない。だから、正義とは何かは分からない」と言うことだろう。
本当は正義なんてものは存在しないということの根拠として挙げられるものに、「トロッコ問題」がある。
今の時代、トロッコが何か分からないかもしれないが、まあ、無人電車とでも思えば良い。
暴走するトロッコの先には、5人の人間がいて、そのままでは、5人はひき殺されるとする。
だが、自分の目の前に、線路切り替え機があり、それを操作すれば、トロッコは進路を変え、5人は助かる。
しかし、トロッコが進路を変えた先には、1人の人間がいて、今度は、その1人が死ぬことになる。
尚、線路切り替え機を操作して、その1人を殺しても罪には問われないとする。
また、そのまま放置して5人が死んでも同様(罪に問われない)とする。

正義はどちらも選べない。
「1人を殺して5人を救うべき」というのは、正義ではなく、理屈である。
よって、理屈は役に立つが、正義は役に立たないと言われる。

だが、そうではない。
そんな状況は滅多に起こらない。
だから、そんなことを考える必要がない。
我々は、そんな特殊な事態を基準にせず、当たり前の正義を行えば良い。
もし、判断不能に陥るような特殊な状況が起こったら、判断しないことだ。
そうすれば、神が判断してくれるかもしれない。
例えば、こんなことがあった。
私が乗っているタクシーが走っている先にカラスが着地したことがある。
そのままひいても、タクシーは損傷を受けなかったと思うが、運転手は急ブレーキをかけ、カラスはギリギリ飛び去った。
もし、仮に、そのために私が怪我をしても、私はどうでも良い。

『8マン・インフィニティ』という、2004年から2007年まで連載された漫画作品がある。
これは、1960年代前半の漫画作品『8マン』の正統な続編だ。
8マンは、知性を持ったスーパーロボットで、アンドロイドとかサイボーグと言っても良いだろう。
悪のサイボーグ集団が、8マンとは何者かを議論する。
「どこかの国のサイボーグ工作員か?」
「いいや、そいつはどこにも属していなかった。あえて言うならヤツが属するのは”正義”。たった一人の子供のために一国を敵に回せる男。それが8マンだ」
理屈は分からないが、私は、この正義が良いと思う。

『美少女戦士セーラームーンS(スーパー)』で、セーラウラヌスこと、天王はるかが言った。
「自らの正義を貫け・・・これは理事長の言葉ですよ」
つまり、はるかはこの言葉に従っているのだ。
つまるところ、正義とは個人的なものだ。
それは、主に、成長期に生活をする中で、修正されていく。
つまり、特に子供が、立派な個人的正義が構築されるような生活が出来る世の中を作ることが、最大の正義なのである。
そして、ある程度の年齢になれば、より良い正義が構築されるような冒険をしなければならない。
正義は、感情が教えてくれる。
正義は、感情のコンパスなのである。
それを大切にするしかない。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

本当の良い嘘と悪い嘘

「私は嘘なんかついたことがない」
なんて言ったら、
「お前のような大嘘つきを見るのは初めてだ」
と言われかねない。

一番大嘘つきな職業は何かというと、政治家だと言う人が多そうだが(笑)、その答は、ある意味、役者である。
なぜなら、自分と全く違う人間を、最大の熱心さでもって演じるのだから、確かに、あれほどの大嘘つきはそうはいない。
MRTクリニックの内海康満さんが何かに「嘘をついていることで、役者は本当は辛い」と書かれていたのを妙に覚えている。
あまり聞かない説だが、それは本当ではないかという気がするのだ。

嘘をつくことで心が苦しい職業はプロレスラーだというのを、元プロレス・レフェリーのミスター高橋さんの本で読んだ。
今でも、プロレスが、ボクシングのような格闘スポーツだと思っている人は少なくないと思うが、一方で、格闘技の素人でも、ちょっと試合をまともに見れば、嫌でもうさん臭さは感じると思う。
ミスター高橋さんはその著書で、プロレスの試合は、全て筋書きがあることをバラしたが、毎日、常人離れしたトレーニングをするプロレスラーは、実際に恐ろしく強いらしい。
とはいえ、試合は全て筋書きがあり、勝敗は最初から決まっている。
現役を引退して20年以上経ちながら、今もファンが多いアントニオ猪木さんは、ミスター高橋さんの著書によれば、試合で真剣勝負をしたことは2度だけというが、むしろ、2度も本気で戦ったことがあるのは凄いことだと思う。

「良い嘘」とはどんな嘘だろう。
萩尾望都さんのロングセラー人気漫画『ポーの一族』で、エディス・エヴァンスという14歳の少女だったと思うが、アラン(実は吸血鬼)に、自分はクッキー作りの名人だと言い、後日、クッキーを作ってくるが、それを食べたアランが高評価をすると、エディスは、本当はクッキーを作るのは初めてだと告白する。
つまり、エディスは、最初に大嘘をついたのだが、「(クッキー作りの)名人」とまでは言えないながら、普通の嘘にしたのだし、いずれも、そんなに悪い嘘では、なく、良い嘘だと言えるかもしれない。

今は、「ベ、別に」で検索しても、上位にはつまらない解説ページしか出てこないが、ツンデレセリフの嘘は、大抵、良い嘘である(笑)。

ツンデレの嘘も、多少苦しい面もあるかもしれないが、本当の嘘をつくのは辛いものだ。
魂にとってはね。
最初は、心も辛くても、慣れてしまうと、平気で嘘をつけるようになる。
だが、魂は苦しがっているので、自分の利益のために沢山の嘘をつくと、嘘つき特有の顔になってくる。
多くの政治家の顔が醜悪なのはそのためだ。
これは個人的な感覚であるが、ヒラリー・クリントンは悪い魔女のような醜い顔だし(表面的には美人だが)、オバマも随分、醜い顔になってきたと思う。
まあ、確かに、偏見かもしれないが。
息子の汚職を知らないとか、選挙不正などないかのような態度をするジョー・バイデンだが、彼は小物で、彼の嘘の多くは、周囲の大物につかされているだけなので、彼は小悪党の顔だ。
そんな小物が歴史的な得票をする訳がないと解る程度の思考力があれば、この選挙が大嘘だということは分かるはずなのだが。

自分の心を傷付けるような嘘はつかないことだ。
画家になりたければ、「私は画家だ」と言えば画家になれる。
だが、嘘で「私は画家だ」と言えば、醜くなる。
たとえ嘘でも「絶好調だ」と言えば、調子が出てきて、むしろ良い顔になるが、「お前のために言っている」なんて嘘を言えば、すぐに醜くなる。
晴れた心で、「私は画家だ」「絶好調だ」と言えば、その通りになる。
つまり、引き寄せは、テクニックではなく、心なのである。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード