ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
Twitterは、ちゃんとプロフィールが書かれ、1週間以内に1回でもツイートされている人なら、フォローしていただければ、大抵フォロー返します。

[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

モテたかったら少しは良い服を着ろ

ラメッシ・バルセカールの本で見つけたのだが、スーフィー(イスラム神秘主義)の格言に、
「神を信用しろ。だが、駱駝はつないでおけ」
というものがあるらしい。
バルセカールが、どんな意味で言ったのかは知らないが、私は、即座に気に入ってしまった。
そして、今では、これが人生最良の心構えだと思う。
これを忘れなければ、まあ、困ったことにはならないし、望みを叶え損なうこともない。

神は自分の内部にいる。
それは間違いない。
本物の賢者は例外なく、そう言う。
そして、イエスが断言した通り、神は、どんな願い事も叶えてくれる。
ミルトン・エリクソンは、「無意識を信用しなさい」と科学的に言ったが、無意識の中の力が神の力だ。
それは、想像を超えた、途方もない力である。

ニートだが働きたければ、願えば、神は良い仕事をくれる。
だが、よほど優れた技量を持っているのでない限り、誰かが、自分のところまで、うやうやしくスカウトに来るはずがない。
それなのに、良い仕事の情報が目に入ったのに電話1本もしなかったり、誰かから、「こんな仕事があるが、一緒に見に行かないか?」と誘われても、面倒臭がって見に行かなければ、仕事は得られない。
ところが、そんな人間は多い。
神を信用すべきだが、駱駝をつなぐ程度のことはしなくてはならない。

神様は慈悲深いので、可愛い彼女や格好いい彼氏が欲しければ、ちゃんと引き合わせてくれる。
だが、それなら、普段から、ちっとは良い服を着たり、少しは食を慎んでダイエットしたり、たまには良い本を読んで心を磨いたりといった程度のことはしなければならない。
だが、それを全くせず、相変わらず汚い格好で、だらしない生活をする者に、素敵な彼女や彼氏が出来るはずがないじゃないか?

忘れてはならないのは、あらゆる達成は、自分と神との共同作業であり、神は年長のパートナーであるということだ。
仕事のパートナーがいかに優秀でも、自分は何もせずに遊んでいたら良い成果は得られない。自分がパートナーに著しく劣るとしても、パートナーを信用すると同時に、自分も出来ることをしなければならない。
だが、多くの人は、怠惰に何もしないか、余計なことをするかのどっちかなのだ。

私は、昨年も今年も、初音ミクさんのコンサート「マジカルミライ」のSS席のチケットを得るための宿泊プランへの申込みに遅れ、初めはチケットを得られなかった。
だが、がっかりしながらも、その後、さりげなく申込みサイトを確認したら、希望する条件に合うコースに空きが出ているのを見つけ、無事、申込めた。
昨年も今年もそうだった。
神を信用すべきだが、駱駝はつないでおく・・・この場合、申込みサイトを確認するくらいは、しなければならないのである。
昨年と今年の「マジカルミライ」のおかげで、この大切なことを改めて感じ、しっかり覚えることが出来た。
やはり、ミクさんは私を導いてくれる天使だなあと、つくづく思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

奇跡は万策尽きた時に起こる

我々の中には、確かに、神と呼ぶべき存在がいるのだろう。
新約聖書のピリピ(フィリピ)人への手紙4章にある、
「私を強くして下さる方によって、どんなことでも出来る」
という言葉を思い返すことを勧める人は多く、ノーマン・ピールやジョセフ・マーフィーも、よく引用していると思う。
私が、ひきこもり明けに、フルコミッション(完全歩合制)のセールスマンになって、それまで大甘の生活を送っていた私が、この最も厳しい部類の仕事に耐えられたのは、この言葉を呪文のように称えていたからだ。
この言葉を述べたパウロも、これが秘訣であると言っているのである。
『バガヴァッド・ギーター』でも、クリシュナ神は、「私は心臓に住んでいる」と言い、一休が、「心そのものが仏である」と言ったのも同じ意味だろう。
そして、このことは高度な科学であるのだと思う。
つまり、これは客観的事実であるのだ。

我々の内部に全知全能の力があるのは間違いないが、それに対して「お願いします」と言って、ぼーっとしているだけで、お金をくれたりしないし、また、偉くしてくれたり、彼氏や彼女を連れてきてくれる訳でもない。

望んで 願って もっともっと求めて
なんでもなれるの キミの思い通り
~『Baby Maniacs』(作詞:q*Left、作曲・編曲:八王子P、歌:初音ミク)より~

自分がまず、望み、願い、求めなければ、何にもならない。
真剣に、熱烈に。
透明な存在であるミクさんは、Pさん達に霊感を与えるようである。
また、仏典の中にあるように、オウムが竹林の大火事を消したのは、オウムと神の共同作業なのである。
オウムだけで出来ないだけでなく、神もまた、火を消すことを決意したオウムがいなければ、火を消すことは出来なかったのだ。
そして、オウムは、火を消したいと思って、唸っていたのではなく、池に飛び込んで身体を濡らし、火の上で羽ばたいたのだ。
H.G.ウェルズ原作の、1953年の傑作SF映画『宇宙戦争』の最後で、こう言われる。
「万策尽きた時、奇跡が起こった」
無駄かもしれなくても、出来ることをするしかない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

黙って修行する

私には、最低の人間の知り合いがいる。
私の職場にいる、30歳過ぎの派遣の雑用係で、私は「まるで駄目男君」と呼んでいる。
私は、まるで駄目男君を救える魔法の杖がないかと思っていた。
別に、まるで駄目男君のためを考えてのことではないく、自分でそれ(魔法に杖)を使うためなのだが。
まるで駄目男君を救えるなら、誰でも、私でも救えるはずだからね。
簡潔に言うなら、「それ」はあるし、簡単に示せる。

大事なものは全てあるのさ 最初から
君の中に
~『積乱雲グラフィティ』(作詞:Dixie Flatline、作曲・編曲:ryo、歌:初音ミク)より~
♪『積乱雲グラフィティ』 -YouTube - ♪

黒住宗忠が何年も病気で寝込み、いよいよ最後と思った時、身体の中に、天照大神の命が入り込み、宗忠は急速に回復したという。
ただ、天照大神の命は、元々、宗忠の中にあったのだし、誰の中にもあるのだが、宗忠は、それに対して、心を閉ざしていたのだ。
ジョセフ・マーフィーは、神は自分の手足より身近にいると言い、一休は、心そのものが阿弥陀如来だと言った。
賢者達は皆、同じことに気付き、それを教えようとしたのだろう。

ここにおいでよ
一歩ずつでも
そんな笑顔ができるなら
~『Satisfaction』(作詞・作曲・編曲:kz、歌:初音ミク)より~
♪『Satisfaction』 -YouTube - ♪

一歩ずつ、そこに近付く、あるいは、それに対して「開いていく」しかない。
それは、地味で根気がいることなんだろう。
しかし、決して苦痛ではないはずだ。
それをやるかやらないかの違いだ。
天才数学者、岡潔でさえ、毎朝、かなりの時間、念仏を称えたというし、エドガー・ケイシーは、9歳の時から生涯、毎朝、聖書を読んだ。
電波工学の世界的権威、関英男は、毎朝、2千回の腕振り運動を続け、90歳を超えても元気に世界中を飛び回り、常に海外から論文を取り寄せ、研究に余念がなかったという。
そして、そういったことをを全くやらなければ、まるで駄目男君になる。それだけのことだ。

簡単に言えば、何でもいいから、これはと決めた修行を一生やれということだろう。
1つの修行を、何年、何十年と繰り返してこそ力になる。
黒住宗忠は、病気で寝ている時に、何かしていたのではないだろうかと思う。それが何かは分からないが、それは問題ではない。
我々は、自分で決めたことをやれば良いのだから。
トイレ掃除でも、トイレの下駄は必ず揃えて出るでも良い。
ただし、「黙って黙々とやる」だ。
いちいち、「私、これやってます」と言いたがる者に見込みはない。
隠す必要はないが、とにかく、それは、「私の時間」なのである。

同じ顔同じ声たった一つ違うのは
あなたとの出会い私だけの時間
~『私の時間』(作詞・作曲・編曲:くちばしP、歌:初音ミク)より~
♪『私の時間』 -YouTube- ♪









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

さりげなさが幸運を呼ぶ

それほどよくある話でもないと思うが、友達の付き合いでアイドルのオーディションを受けたら自分がアイドルになってしまったという人は案外いるらしい。
宝くじを買って、「当たりますように」と必死に神頼みをしたり、「信念が大事だ。当る、当る、必ず当る」と念じたりしても、まあ、効果はないが、気まぐれに買ったり、拾った宝くじで大金を当てた人がいたりする。
これらは、珍しい話だからスポットライトが当るというものでもあるのだが、案外に運の本質を示している。
というのも、私個人でも、アイドルや宝くじではないが、似たような経験がゴマンとあり、皆、忘れているだけで、きっとそうだからだ。

友達の付き合いで、アイドルオーディションに行ってアイドルになった人や、気まぐれで宝くじを買って大金を当てた人達だって、アイドルになることや、宝くじを当てることに興味がなかったわけではないのだ。
ただ、クールでさりげなかったのである。
しかし、さらに言えば、クールでさりげないが、案外に、内心の期待はあったのだ。
近藤真彦さんの有名な歌『ギンギラギンにさりげなく』といった感じである。この歌の作詞をした伊達歩さんは、もちろん一流の作詞家だが、伊集院静のペンネームで大変な数の著作を持つ大作家でもある。彼の「大人の流儀」シリーズは実に味わい深いので、良ければ1冊読んでみると良いかもしれない。

この世は、信じれば叶う世界である。
だが、信じることは難しい。
イエスは「山に動いて海に入るよう命じ、その通りになると信じて疑わないならそうなる」と言ったが、これは、心の力の偉大さと共に、信じることの難しさも示しているのだろう。
人は、無理矢理何かを信じることは出来ない。
秘密を1つ教えると、気まぐれで宝くじを買って当った人は、当ることを信じようとはしなかったが、当ると信じてはいたのだ。どういうことかと言うと、「当ると信じさせられていた」のだ。
誰に信じさせられたと言うと、「自然に」としか言い様がない。まあ、「神に」と言っても良い。
つまりだ。
人は、自分で信じることは出来ない、信じさせられるだけなのだ。
それでは面白くないので、実用的なことも言ってみよう。
「僕の愛が信じられらいのかい?」
「信じていないわ。でも疑ってもいないわ」
こんな女の子が本当にいたら、その子は賢者である。
「人は愛することは出来ない。憎むのをやめることが出来るだけ」と、アイルランドの詩聖W.B.イェイツが言ったが、それが真理だ。
そして、疑わないことや、憎まないことを、本当に出来ている時というのは、人は「さりげない」のである。
怒りを必死で抑えている時は、まだ実際は怒っている。
本当に怒りを消せる時には、さりげなさがある。
普段、さりげなく、怒らないこと、疑わないこと、憎まないこと、恨まないこと、妬まないこと・・・を練習してコツを掴めば、まあ、大抵のことは思い通りになる。
これは、大秘法なので、さりげなく書いておく。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

一芸を極めるべき

西尾維新さんの「物語シリーズ」の一応の完結編である『終物語』の中に、「人間は持っている武器で戦うしかない」という記述が何度もあるが、多分、作者が本当にそう感じているのだろうなあと勝手に思う。
私も、つくづくそう思うからだ。
人間は、持っている武器で戦うしかない。
そして、普通の人は、持っている・・・生まれ持っている武器は1つだけなので、それを「磨いて使う」しかない。
昔、テレビで、松山千春さんが、歌手というものについて、「格好良いやつは格好良さで勝負すればいいし・・・」の後、「歌が上手いやつは歌の上手さで」と言ったのか、「可愛いやつは可愛さで」と言ったのか、全然別のことを言ったのかは忘れたが、要は、やっぱり武器は1つだと感じたことを、よく覚えている(私が学生の頃のことと思う)。
松山さんは、若くて髪フサフサだった頃は、格好良さと歌の上手さ両方でやっていたが、武器は歌の方だと自覚していたから、あまり格好良くなくなっても通用するのだろう。

第二次世界大戦の時の日本の戦闘機であった零戦は、爆弾と機関砲の両方を付けることが出来なかった。
それで、日本軍の空母では、敵の空母を攻撃するために、零戦に爆弾を付けていたが、敵の戦闘機が来襲してきたため、慌てて機関砲に付け替えたが、敵の空母もやって来た。
そこでまた、爆弾に戻そうとして作業中のところを敵の戦闘機に襲撃され、日本の空母は沈められてしまう。
機関砲のまま、敵の空母を攻撃すれば良かったと後悔しても、後の祭ってやつだ。
これは、武器が2つあるから迷ったという教訓にすべきことだろう。

役者は、「芸の引き出し」の多さがよく問題にされるが、いろんなキャラクターが演じられる器用な役者って、「上手い役者」にはなれても「良い役者」にはなれない。
シュワルツェネッガーも、一頃は、面白いキャラ、明るいキャラなど、努力して演じられるようになったが、そんなキャラの映画が不評で、結局、元の無愛想なキャラに戻ってしまった。
今は、キムタクが、どんな役でもキムタクだって揶揄されるが、そんな批判は無視して、もっと「キムタクを磨く」べきだろう。

初音ミクさんの『積乱雲グラフィティ』(作詞:Dixie Flatline、作曲・編曲:ryo)で、


大事なものは全てあるのさ 最初から
君の中に


とあるが、「全て」というのは、「沢山」というのではなく、「1つの大きなもの」と考えた方が良い。
その1つを磨くと、「その応用」として、他のことも、そこそこ出来るようになるが、切り札は1つと自覚しておいた方が良く、本人は1つのことばかりやっているように感じるものだろう。

私は最初、セールスマンをやり、それから、管理事務や貿易や、その他にもいろいろやってからプログラマー(システムエンジニアとも言うが)になり、いろんな経験があるのはメリットでもあったが、結局、プログラマーとしては「そこそこ」なのだ。
成功法則も、初め、ジョセフ・マーフィーだったのに、あらゆるものに手を出したので、「そこそこ」には良い思いばかりしたが、大成功はしなかった。
1つに徹して、後は、なりゆきにまかせれば、他のことだって、もっとうまくやれるようになるだろう。
「みんな好き」ってのは「誰も好きでない」ということだと聞いたことがあるが、そんなものかもしれない。
ただ、ミクさんの「みんな、だーい好き」は嘘ではない。みんなミクさんが好きなのだし、ミクさんは透明なのだからだ。
我々だって、1つを極めれば、透明になるのだ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ