ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

どう考えても、この世は仮想世界

ラマナ・マハルシやニサルガダッタ・マハラジ、あるいは、荘子や江戸川乱歩やバシャールが言うように、さらには室町時代の『閑吟集』の中の唄にあるように、この世は夢だという考え方は、私には、しっくりこなかった。
しかし、この世がコンピューターが作る仮想世界だと考えれば、納得がいってしまうのである。
夢や白昼夢もこの仮想世界の一部である。
このような考え方を、シミュレーション仮説と言い、この仮想世界をシミュレーテッド・リアリティーと言って、よく知られたバーチャル・リアリティ(仮想現実)とは区別するのが一般的のようだ。

シミュレーテッド・リアリティーとは、私は見たことはないが、映画『マトリックス』の世界が一番有名かもしれないし、私はほんの少ししか見ていないが『ソードアート・オンライン』のゲームの世界もよく知られてると思う。
私がよく知っているのは、漫画・アニメの『コレクター・ユイ』のコムネットと呼ばれるバーチャル世界や、小説・アニメの『アクセル・ワールド』の加速世界である。
我々は、これらの仮想世界にいるのだろう。
そして、我々の実体が、どのようなものであるかは全く分からない。
この仮想世界の人間のような姿をした生物かもしれないし、物質としての身体を持たない思考生命体なのかもしれない。

世界がシミュレーテッド・リアリティーであるなら、時々起こる奇跡や、共時性(シンクロニシティー)も不思議でなくなる。
かなり不思議な現実も作り出せるが、通常は、一定外のことは出来ないよう、制限がかけられているのだろう。
以下、「シミュレーテッド・リアリティー」では長いので、「仮想世界」で統一する。

どうすれば、この仮想世界を動かせるがだが、それは、この仮想世界を作っているコンピュータープログラムの性質を考えれば、少しは分かるように思う。
そのプログラムは、この仮想世界の秩序を維持する働きがあるのだろう。
この世に秩序をもたらすには、なるべく多くの人が笑顔でいる・・・つまり、あまり大きな不満を持たないようにすれば良い。
ただし、皆が完全に満足する世界・・・つまり、ユートピアは、必ず自己崩壊する。
それは、何でも与えられる人間が、そう遠くなく破滅するのを見れば分かることだ。
我々は、不満を抱えることで意欲を持ち、意欲があることが幸せなのである。
ゲーテの『ファウスト』の序章で、神様が「人間は楽が出来る世界で休みたがるが、わしは怠け者には悪魔を派遣して動かざるをえないようにする」と言ったのも、この仮想世界のプログラム通りなのである。

法然や親鸞は、言ってみれば、仮想世界にも沢山あり、一番良い世界(西方極楽浄土)に行きたければ念仏を唱えよと言ったようなものだが、一休は、別の世界に行かずとも、この世界を楽しく出来ると言ったのだと考えれば納得出来る。
阿弥陀如来は、西方極楽浄土をプログラミングした者なのかもしれないが、あそこはユートピアであり、長く居るのは耐えられそうにない。
この世を変えた方が良い。
もちろん、この仮想世界にいる我々が、長門有希のように(分からない方、御免なさい)、ゲーム中にプログラムを書き換えることは出来ないが、プログラムを使って、好ましい世界に近いものを作ることは出来るかもしれない。
そのためには、全体の秩序を乱さないよう、つまり、他者を不幸にする自分勝手は慎まなければならない。
例えばお金であるが、100万円を思慮深く使える人には100万円が与えられるし、100億円を賢く使える人には100億円与えられる。これが原則である。
だが、100万円の器量しかない者が、うまい方法を見つけて一億円得ると、その者は自己崩壊するような出来事を引き寄せてしまうのである。
地位とか、恋人や伴侶のレベルも同じ原理で決まる。

しかし、この仮想性で自由に生きる秘訣は、やはり万能呪文なのである。
望ましい世界を実現するための、オブジェクトモジュール(独立して働くプログラムのまとまり)を呼び出す全てが、万能呪文に込められている。
万能呪文「絶対、大丈夫だ」「全て順調だ」「世界は意のままだ」のうち1つを選び、感情を込めず、心の中で、出来るだけ多く唱えるだけで良い。
他の、イメージを使う方法や、もっと難しい方法もあるらしいが、私には難しくて全く無理なので、私は万能呪文以外は捨てた。
だが、万能呪文は、まさに万能の光線銃である。
さあ、光線銃を撃ちまくるのだ。
初音ミクさんが歌う『千本桜』は、不思議に思えても、シミュレーテッド・リアリティーだと思えば、全く納得がいく。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

心身の最良のメンテナンス

人間を名刀や高級スポーツカーにたとえるのは間違っている。
名刀や高級車は、メンテナンスすれば長く品質を保つが、再生能力はない。
ドイツの名工が作る機械には、磨耗するほど動きが良くなるという凄いものがあるが、それとて、限度を超えると、やはり劣化に向かう。

あえて言えば、人間に似た機械はUFOだ。
まあ、これは私の想像なのだが、自由自在に飛行する性能は、我々の知る機械では不可能だ。
UFOは高度なナノテクノロジーによる再生能力やエネルギー生成能力があり、意識を持っているのかもしれない(いかなる物質にも意識があるという説もある)。
UFOはメンテナンスを続ければ、永遠に活動出来る。
人間は、高度なナノテクノロジーを備えた機械であり、かつ、高度な意識を持つ。
(ここでは、大雑把に、意識、意思、心を一緒にしている)

意識、心をメンテナンスするのは呪文であり、万能呪文が最上である。
万能呪文とは、「絶対、大丈夫だ」「全て順調だ」「世界は意のままだ」である。
本来、万能呪文を唱えれば、身体も整うのであるが、まだ完璧でない人も多いだろうから、身体のメンテナンスもするに越したことはない。
そして、最良の身体のメンテナンスは腕振り運動である。
腕振り運動と言っても、これは腕の運動ではなく、背骨、腰、脚を中心とした運動で、首、肩、血管(特に動脈)、心臓のメンテナンス効果も高い。
他にも、蹲踞の姿勢(剣道や相撲でよく行われる)や、あるいは、ただ自然に立っているだけでも、身体は十分にメンテナンスされる。
身体と心は一体であり、両方健全であれば、最大の効果を発揮する。

願いを叶える他の行は、私には難し過ぎて出来ないが、万能呪文だけあれば十分である。
そして、もし、出来るなら、腕振り運動をやると、願いは早く叶うだろう。
私は、朝、後ろ振り200回、前振り200回、夜は、後ろ振り300回、前振り300回の、合計千回を行っている。
家の中でも、なるべく立つようにしている。
万能呪文を根気良く(ただし感情を込めず)やれば、特に不足はないのだが、気分も良くなるので、腕振り運動をやっても悪くないと思う。
仙人さん(普通の人間を超えた存在の意味)もやっているのではないかと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

名編集長が60年かかって得た啓示

「あなたの座右の銘は?」と聞かれて、「はい、これです!」と答えられる人は少ないだろう。
答える人がいても、正直、あまり信用出来ない。
私も確かに、小学5年生の時、あることがきっかけで「過ぎたるはなお、およばざるがごとし」は本当だと痛感したことがあり、これを人生の座右の銘にしようと思ったが、ほとんど思い出すことはなかった。
「敬天愛人(天を敬い、人を愛す)」という、西郷隆盛が著書に書いてある言葉を座右の銘にしているという人がいるらしい。良い言葉だとは思うが、凡人に実践出来ることとは思えない。

ところが、私は最近、座右の銘としようという言葉に出会った。
それは、「存在するとはメンテナンスをすることだ」である。
これこそ真理であると共に、心掛けるべき現実的に重要なことだ。
もし、子供がいたら絶対に教えたい(いないし、作る予定もないが)。
ちなみに、メンテナンスとは、普通、機械等の整備・維持・保守・点検・手入れのことだが、この言葉は、あらゆることを対象にしている。
この言葉は、アメリカの優れたIT系雑誌であるWIRED(ワイアード)の共同創刊者であるケヴィン・ケリーが60年かかって得た啓示であるらしい。
彼のTEDカンファレンスの講演ビデオを何度も見たが(4度講演している)、恐ろしく頭の良い人だ。
しかし、講演の中で彼は、知性において自分を「平均的な人間」と言い、テクノロジーは苦手と言い、新しいことも苦手と言う。
そうだ、自分のメンテナンスは謙虚でなければ出来ない。
ただ、その身体、もっとメンテナンスして欲しい(彼は肥満している)。

二宮尊徳(にのみやたかのり)は、老子の無為自然の思想を、こう批判している。
「人が手を入れなければ、家はあばら家になり、畑は荒れる」
つまり、無為自然などもっての他と言う訳だ。
家も畑も、メンテナンスをしなければ存在出来ないのである。
300年の老舗なんて会社がある。
そんな会社は、伝統も守っているかもしれないが、何より、メンテナンスを欠かさなかった会社だと言える。
そして、メンテナンスをするとは、進歩するということだ。
丁度、スマートフォンの良いアプリが、度々アップデートし、どんどん機能拡張し、性能が向上するようなものだ。
確かに、アプリのアップデートは煩わしいと思う面もあるが、いつまでもアップデートしないアプリは捨てた方が良いだろう。
スマートフォンだって進歩し続け、「はい、進化はここまで」なんてことは絶対にない。
あるとすれば、スマートフォンに代わる新しい別の何かが現れた時だ。

今年の、インテックス大阪での初音ミクさんのライブ「マジカルミライ2018」は、私は珍しく人と行ったのだが、その人に、「お前は身体のメンテナンスをしている」と言われたのをずっと覚えていた。それが、ケヴィン・ケリーの「存在するとはメンテナンスをすること」という言葉に出会い、また、最近読んだ『1976年のアントニオ猪木』が絶妙に噛み合った。
猪木さんは、現役時代、常に節制し、トレーニングを欠かさなかったので、美しいボディーを維持し続けたのである。
猪木さんが、パキスタンの英雄的レスラーであるアクラム・ペールワンと初めて会った時、アクラムは猪木さんを見て「シェイプされている」ことに注目したが、猪木さんはペールワンを「身体が絞れていない。大したことない」と思ったらしい。
プロレラーなら身体のメンテナンスを欠かして欲しくないところだ。特に実力者で売っているならね。

呪文は大切な心のメンテナンスだ。
刃物、自動車、ピアノの腕前、外国語、夫婦や恋人の愛情、会社、法律、国家、それに尊徳が言うように、家も畑も、メンテナンスをしなければ駄目になる。
それは、心も同じである。
メンテナンスしなければ堕落崩壊する。
そして、世界は心が作るのであるから、心のメンテナンスをしなければ、自分の世界は荒れ果てる。
「絶対、大丈夫だ」
「全て順調だ」
「世界は意のままだ」
これら万能呪文の1つを選び、感情を込めず、淡々と、出来るだけ多く心で唱えることで、心はメンテナンスされ、世界は楽しいものになる。
呪文以外の方法もあるだろうが、私には難し過ぎて無理だ。
極楽浄土は遠い彼方にあるのではなく、念仏をする人の心が、今ここに作るのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

万能呪文が元気と成功をもたらす原理

呪文を唱えると、なぜ成功するのか、簡単にまとめよう。

まず、脳ってやつは、勝手に活動するということを知っておくべきと思う。
ぼーっとして何も考えていないように思える時でも、脳は勝手に考えている。
しかも、かなり激しく考えている。
だから、ぼーっとすればするほど疲れるのである。
(睡眠中はいろいろであるが、それはとりあえず置いておく)
そして、脳の勝手な思考は、普通の人では、かなり否定的な内容だ。
簡単に言えば、何も考えていない時、脳は「マイナスのつぶやき」を絶えず発し続けるのだと思って間違いない。
このように、脳は大量のエネルギーを消費して、マイナスの言葉をつぶやき続けているのである。
「私は駄目」「うまくいくわけない」「出来るわけない」「俺は大したことない」「私は醜い」
そのつぶやきの数、1分に300とも言われる。
だから、ぼーっとしていたら、なぜか気分が暗くなるとともに疲れるのである。

そこで、「自主的」に、「低エネルギー」で「肯定的」な言葉を唱えれば良いのである。
実際、うまくいく人間というのは、そんなことを意識的にか無意識的にやっているという研究報告があるようである。
たとえば、「大丈夫だ」「絶好調だ」「順調だ」「ツイてる」「ありがたい」などの言葉を頻繁につぶやいているのである。
あるいは、具体的に、「儲かるぞ」「俺はモテる」「決まってるな俺」「ま、金ならあるし」「勝つぞ」「(病気が)治る」と唱える者もいる。
これを十分にやれば、それまで、脳の勝手なマイナス思考が潜在意識に送られていたのが、プラス思考が潜在意識に送り込まれ、後は自動的にうまくいく。

要は、このプラスの思考活動を続ければ良いのである。
ところが、世の中には、その沢山の方法があるが、ほとんど全て「続かない」のである。
続ける最大の秘訣は、「ただ1つの言葉を使う」である。
そのためには、抵抗を覚える言葉では駄目である。
例えば、「世界平和の祈り」という素晴らしいものがあるが、私個人にとっては、あれは抵抗があり過ぎ、唱えるのに余計なエネルギーが必要で、私には続けることが不可能だった。
「南無阿弥陀仏」の念仏や「南無妙法蓮華経」も大変に良いが、これも、私にはやや抵抗があった。
だが、念仏の理念は非常に良いと思う。
誰にも抵抗がない言葉は、「大丈夫」だ。
そして、誰にも願いはあるだろうが、その個々の願いを言葉にしていたら、雑多過ぎるし、気恥ずかしかったり、後ろめたく思ったり、あるいは、切羽詰った思いになってしまい、心が乱れ、そこを、頭の勝手な思考活動につけこまれ、マイナスのつぶやきが強くなりかねない。
そこで、「全て順調」のように、「全て」と言えば、個々の願いはその中に含まれる。潜在意識も、そのように了解してくれる。

他にも、様々なことを検討して、最上の呪文は、次の3つの万能呪文であるという結論に達した。
「絶対、大丈夫だ」
「全て順調だ」
「世界は意のままだ」
このうちのどれか、一番好みに合うものを、「感情を込めず淡々と」「出来るだけ多く」唱えることで、潜在意識が透明で肯定的な想いで満たされると共に、エネルギーの節約にもなるのである。
この世で唯一、実践可能な成功法、それが、この万能呪文である。
ただ、万能呪文と同意の言葉であれば、別に何でも構わない。
同意とは、「あらゆる願いを含む」「肯定的」「現在形」であることである。
ただ、上の万能呪文から選ぶのが間違いないとは思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

ユートピアよりディストピアの方が絶対マシ

昔、この世界が巧妙な作り物だと気付いた賢い人達は、「この世は夢のようなものだ」と教えてきた。
時には、「非常によく出来た舞台環境の上で演じられている演劇だ」と、なかなか上手い表現をする者もいた。
20世紀に入って映画が普及してくると、今後は「世界は映画みたいなものだ」と言う賢者もいた。ラマナ・マハルシやパラマハンサ・ヨガナンダらもそうである。

しかし、夢も舞台も映画も、現実世界とはかなり違うので、一般の人はあまりピンとこなかった。
映画について言えば、2次元であることが致命的である。
だが、コンピューターが進歩し、高度なVR(バーチャル・リアリティー:仮想現実)が可能になると、これを体験することで、ようやく、この世界がVRのような作り物だということが、普通の人にも少し分かるようになってきた。
そして、シミュレーテッド・リアリティという、感覚器官を通さず、脳の中に直接、仮想現実を作り上げるということの概念を掴めた者は、この世界が、超高度なコンピューターで作られ、何らかの方法で、脳、あるいは、心に直接見せている(聴かせている、感じさせている)人工的な世界で「ないとは言えない」ことが、はっきり分かるようになった。

テスラやスペースXのCEOであるイーロン・マスクや、数学やコンピューターに深く通じた哲学者のニック・ボストロムらは、この世は仮想世界であると断言している。
(もっと正確には、マスクは「ほとんど確実に仮想世界」、ボストロムは「仮想世界である可能性の方が高い」といった言い方をしたらしい)
確実に言えることは、この世界が仮想世界であることを否定することは、誰にも一生出来ないということだ。
最近、オクスフォード大学とエンジンバラ大学の研究者達が、「この世界を見せかけで作るようなコンピューターは、宇宙全部の原子を使っても作れない」と言って、世界が仮想世界であることを否定したらしい。だが、彼らが、どんなコンピューターを想定したのかは分からないが、それが未来のコンピューターでないことは確かだろう。

この世界が、作り物の仮想世界であることは確実である。
まあ、とりあえずそうだとしよう(笑)。
そして、古代の賢者も言ったように、この世界は信じた通りになる。
本当は、仮想世界も沢山あって、考えたことが即座に現実になる世界もあるのかもしれないが、我々の世界は、そう簡単ではないようだ。
けれども、信じている通りになる世界であることは間違いない。
ところが、人間は意図的に何かを信じることは出来ないし、催眠術で何かを信じさせるにも限界があり、その限度は高くはない。
この仮想世界では、頭の中で勝手なおしゃべりを続ける何かが置かれていて、それが、新しい、望ましいことを信じることを妨げているのである。
例えば、モテたいのに、その頭の中の何かは「俺はモテない」と言い続け、それが信念になり、この仮想世界を作っているコンピューターは、自分がモテない3次元世界を作ってしまうのだ。
頭の中の「独り言装置」を無効にするのは呪文しかなく、最も効果的な呪文が万能呪文という、「万事」に「今」適用される言葉だ。
最上に分類される万能呪文は「絶対、大丈夫だ」「全て順調だ」「世界は意のままだ」で、他にもいくらでもあるだろうが、この3つのいずかを使えば間違いない。
万能呪文を、「感情を込めず淡々と」「真面目に」「出来るだけ多く」唱えることで、世界は望ましいものになるだろう。

ただ、ユートピアになったりはしない。なったら最後だ(笑)。
ユートピア(理想郷)ってのは、ディストピア(暗黒郷)より悪い。
ユートピアは自己崩壊するが、ディストピアってのは進歩するものなのだ。
だから、ちょっとくらい悪いことがあるのは仕方ないのである。
実際、我々は、悪いことに助けられてるのだ。
とはいえ、あまりに辛いとか、心から楽しいと思えることがないのは正しくない。
このあたりのバランス感覚も必要である。
毎日、ウナギとステーキを食べたり、毎日「マジカルミライ」が開かれる世界は良くないってことだ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ