ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

1つが完全なら

たゆまず修行をしているのに状況が動かない場合はどうすれば良いだろうか?
確かに、そんな時こそ忍耐し、動かざること山のごとしであらねばならないのかもしれない。
しかし、このまま終わってしまったら・・・
いやいや、そんな信念のないことではいけない。
だけど・・・

こう言うと、自分のことのようだと思う人は少なくないはずだ。
実を言えば、私もそうなのだ(笑)。

それで、こんなことを思う。
「私には、まだ欠けたところがあるってことだ」
だが、それは死ぬまでずっとだろう。
シェル・シルヴァスタインの世界的ロングセラーである『僕を探しに』という絵本がある。
私は、随分昔に見たような気がするが、自分の欠けたところを探し続ける「僕」が最後に何を見つけたか、それでどうなったのか覚えていない。
まあ、お互いが、相手の欠けた部分を持つ誰かに出会ったといったものだったと思うが。
キカイダー(人造人間キカイダー)のように、「僕は不完全なままで構わない」とし、それが人間らしさだと悟るのも良いが、次の瞬間にはもう「僕は不完全だ」って悩むものなのだ。

私は単純なのが好きなので、簡単に答を言う。
「全体として不完全なのは仕方がない。だが、完全なものを1つ持てば良い」
実はこれは、釈迦の答だ。
釈迦は7つほどの例を上げ、その1つでも完全であれば力は与えられると言ったのだ。
それは「民主的であれ。専制的であるな」「義務を果たせ」「きまりを守れ」「老人を敬え」「女性を尊べ」「先祖を敬え」「賢者を敬え」といったことで、1つでも守れば、栄えるのであり、滅びはない。
私は、水野南北って人は、少食粗食であったということより、大好きな酒を1日1合(180ml)と厳しく制限したことが幸運を呼んだような気がする。
だが、南北は女に関しては寛容で、妻は8人いたというし、他の男に対しても「女遊び、大いにやれ」と言っていたらしい。
ただし、南北は8人の妻を妾ではなく正妻とし、一生面倒を見たのだ。
何でも良い。
高貴さを感じる掟を自分に定め、いつも忘れず、それを守るのだ。
そうすれば、自分では不満はあるかもしれないが、十分に幸福なのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

死ぬか生きるか

理屈の上では、修復不可能な機械は無いが、全体があまりに壊れてしまった場合や、全体の中で極端に高価な部分、あるいは、最も重要な中枢部分を交換しなければ直らない場合は、直さない方が合理的という理由で直さない。
人間の場合、脳か心臓が活動停止した場合に修復不可能な死ということになるかもしれない。
一説ではあるが、顕在意識は脳に、潜在意識は胃の後ろの膵臓(すいぞう)に、そして、魂は心臓に宿ると考える人達がいる。
ただ、他の臓器であっても、他人のものを移植すると人間性が変わるということがあるらしい。
臓器にも重要な情報が存在するのかもしれないのである。
だから、臓器の移植を受けるということは、予想外に重いものを背負う可能性がある。
人間は複雑で神秘的な存在であり、論理的に解明することは極めて難しいと言われる。
論理的に解明するとは、デジタルとして捉えるということであるが、人間とか潜在意識とか魂をデジタルで解明出来る時は、いずれは来るだろうし、AIの発達によって、存外に早く達成されるかもしれない。だが、とにかく、今のところは謎が多い。
その謎の多い人間の力を、我々・・・と言うか、私は使えないものかと思っているのだ。
普通の人間は「制限モード」で動いていて、世界の中で1人で生きるのに十分なパワーが無いので、群れていなければならない。
大きな力を得たからといって、必ずしも孤独でいる必要はなく、そんな新しい人間の他者とのつながりは、今の社会で見られる様々なコミュニティーとは根本的に異なるだろう。

つまり、人間は自分にならないといけない。

痛いくらい強く結んだ手と手を
振りほどくようにさ 君は君になってゆく
~『Birthday』(作詞・作曲・編曲:びにゅP。歌:初音ミク)より~

この歌は、子が親の手から放れることのプラスとマイナスの感情を感じさせるが、大人である我々もこうでなければならない。
親が子の手を掴むのが執着なら、我々も執着を捨て、自分を解放しなければならない。
地獄少女の「いっぺん、死んでみる?」は面白い言葉だ。
なぜ面白いかというと、普通の人は、いっぺんも何も、死んだらおしまいと思っているからだ。
だが、賢者達は、死んでから本当に生きるのだと言う。
それとは少し違うのだけれど、臨死体験というのは、死の疑似体験として貴重なものをもたらすことがあるかもしれない。
念仏を1日何万回も唱えると、やがて自我は死んでしまう。
「私」に意思を向け続けると、私は私を葬ってしまう。
しかし、普通の人は、なかなかそこまでやれない。
だから、やりたいことをやりたいようにやることが一番だ。
本当に、自分になってそうする時、誰かが支払ってくれる。
宇宙はそんなシステムになっているらしい。
体験上、分かっている人も多いはずである。
まあ、あなたの悩みは、今の(嫌な)環境から抜け出せないことだろう。
それなら、死の準備をすることだ。それから好きなことをすると良い。
死ぬ瞬間に悔いを残さないように。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

世界はクラウド制御のバーチャルステージ

私が小学校も低学年の頃、テレビで『水戸黄門』の映画を観ていたのだが、黄門様(水戸の御老公)が大衆食堂で食事をしながら、町人達と雑談をしていた。
黄門様は、その時食べていたホウボウという魚について、町人達に「この魚は方々にいるからホウボウと言うのじゃ」と言い、町人達は、「さすがお年よりは何でも知っている」と感心する。
しかし、いくら小さい子供でも、私は嘘っぽく感じた。
実は私は、その頃、百科事典で魚全般について書かれたところを見ていて、ホウボウという魚の名をなぜか印象深く覚えていた。
その私の意識が、『水戸黄門』という映画で、水戸の御老公様に、そんなことを言わせたのかもしれない。
世界は心が作り出す幻である。

ちなみに、ホウボウという名は、ホウボウがうきぶくろを鳴らす音からきているという説があるらしい。
英語でホウボウのことをシーロビン(海のコマドリ)とも言うらしいが、コマドリの鳴き声に似ているのだろうか・・・なんてことを思っていたら、やっぱりテレビを見ていたらコマドリが出てくるのだろう。

今の現実が楽しかろうと、そうでなかろうと、これは自分の心が作り出した幻だ。
そう思って周囲を見ると、やはり世界はどことなくよそよそしいと感じる。
一昨日放送されたアニメ『BEATLESS』で、実験のために住民の全てをアンドロイドにした街に主人公のアラト達が行くのだが、その街で、アンドロイド達は、自分の役割を人間らしく演じている。
買い物袋が破れてリンゴが転がって慌てる役をする中年女性型アンドロイド、それを見て、リンゴを拾う手伝いをする役をする小学生の男の子型アンドロイドなど、アンドロイド達が人間の生活をシミュレートしているのである。
昔のSFなら、これらのアンドロイドは、個々の電子頭脳が制御していることにするのだろうが、このアニメでは現代風に、アンドロイド達の行動はクラウド・・・即ち、データセンターと呼ばれる場所にある沢山のコンピューターがコントロールしている。
しかし、1945年のジャック・ウィリアムスンの『ヒューマノイド』では、地球に来たヒューマノイド(人型ロボット)は、遠くの星にある巨大コンピューターがコントロールしていた。ただ、電波の速度は無限大という設定なのだろう。まあ、それでも、あくまで「巨大コンピューター」であり、現代のクラウドのような、沢山のコンピューターの連携という概念はないのだが、巨大コンピューターは沢山のコンピューターの総体と言えるし、沢山のコンピューターが連携したものを巨大コンピューターと呼べば同じことになる。
12歳まで学校に行かなかったウィリアムスン、恐るべしである。

そして、我々の周囲の人間も、きっと、クラウドのようなもので制御されているのだろう。
渡り鳥や、それと同じように大移動する蝶が、なぜそんな渡りをするのか、そして、出来るかは、詳しいことは未だ謎らしいが、やはり、クラウドが制御していると思えば納得出来る。
そして、人間も、渡りはしないが、やっぱりクラウドのようなもので動かされているだけなのだ。
まあ、今は、クラウドは、普通の人間には、少々タチの悪い言動をさせているのだろう。
いや、空も風も海も、みんなクラウドが見せる幻だ。
私は、それを見ているだけである。
私が百科事典でホウボウを見たら、その名をテレビ映画の登場人物が話す。そんなことはよくあるが、それも、クラウドが何かの意図でやっているのだろう。
時々、そんなものを見せないと、あまりに深く眠り込んでしまうためかもしれない。
「おいおい、これはバーチャルだ。楽しむのは良いが、あまり本気にするな」
とでも言っているかのようだ。








↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

自信が全て

あなたの周囲にも、あなた以外の「まるで駄目男」「まるで駄目子」がいると思う。
では、そのまるで駄目男(子)が、素晴らしい、立派な男(女)になってしまったことを想像してみよう。
まるで駄目男(子)の時と、素晴らしい人間になった後では、何が違うだろうか?
あきらかなのは、前者は自信がなく、後者は自信に満ちていることだ。
強い自信は、必ずしも態度には現れないかもしれないが、その目には、「目付き」「目力」として隠しようがない輝きがある。
そうだ、素晴らしい人間になるには、自信が必要なのであり、自信さえあれば良いのである。
ただし、本当の、無謀なまでの自信だ。
では、そんな強い自信はどうやれば得られるのか?
何のことはない。自信があるフリをすれば良いのだ。
アカデミー賞ものの演技で自信のある男(女)を演じるのだ。
一瞬の隙もなくね。
イエスも言ってたじゃないか?
主人はいつ帰って来るか分からない。強盗はいつやって来るか分からない。
だから、油断をするなと。
あなたも、一瞬の油断もなく、自信がある者の態度、振る舞い、目付きをしなければならない。

そりゃ、1年365日、欠かさずの修行をすれば、「私はこれをやっているから自信がある」という態度が簡単に出来る。
だから、演技が下手なら修行しろ。

私が高校1年生の時、クラスに、どうしようもない、まるで駄目男がいた。
いつもイジイジして、強い者にへつらい、能力もなく、屈辱に耐えるしかなかった。
それが、クラスも変わって全然見なくなっていたのだが、高校3年生の秋に再び見た時に驚愕した。
堂々たる素晴らしい男になっていたのだ。
私は目を見張った。
彼は自信に満ちていた。
彼は自分の意志で武道の道場に入門し、毎日、練習に励んだのだ。
大切なことは、自分の意志でやったことであり、彼の親が「この子は気が弱いから武道をやれば少しはマシになる」と考えて、彼を道場に「行かせた」のではないということだ。
あなたは別に道場に行く必要はないが、自分の意志で何かを始め、1年365日、欠かさずやることだ。
すると自信があるフリがし易くなり、やがて、その自信は本物になる。
まあ、アカデミー賞とまではいかなくても、『ガラスの仮面』を読んで演技の極意を掴めば良いのかもしれないがね。
それに、あの本を熱心に繰り返し読むことも立派な修行である。
ちなみに、私は3巻くらいまでしか読んでいないが・・・いや、「3巻くらいまでは読んだ」と言うべきだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

自分の価値観を尊重するには

ほとんどの人は、幼い時に、工場労働者の価値観を叩き込まれている。
工場労働者の価値観とは、周りの誰とでも仲良くし、トラブルを起こさず、権威者に誉められると喜び、権威者に嫌われることを恐れるといったものだ。
価値観が違う者に対しては、違和感や嫌悪を感じるが、その価値観が強いほど、それは強くなる。

いくら、「これからは組織に所属せず、個人の創造性で生きる時代」だと言われても、学校で工場労働者の価値観を叩き込まれた者には、そんなことは全く不可能だ。
それに、学校で嫌な目に遭ったせいで、学校の価値観、つまり、工場労働者の価値観を嫌悪したら、学校や社会でうまくやっていけない。
また、一見進歩派だが、実は、恵まれた環境のせいで、上位の工場労働者になれたに過ぎない者が、「これからの時代は工場労働者の価値観では駄目なので、それを壊しましょう」とか言うが、そう言っている本人が、国民を工場労働者にしたがる権威側に立っていたりする。
そんな者の特徴は、学歴や自分の社会の立場・肩書きを自慢することだ。

今の日本の社会では、魂を売らないと豊かになれない。
『荘子』によれば、賢者は社会の中に溶け込んでいて、愚者との見分けがつかないのだそうだ。
独自の価値観を持ってはいるが、それを主張することもなく、それでいて、一般的な価値観に迎合しない。
彼は、何の価値観も持っていないように見えるかもしれない。
だが、それでいて自然に周囲を従えるようでなくては賢者ではない。

ライオンのような猛獣ですら、必ずしも肉体の力の大きな者がボスになる訳ではない。
何らかの精神的な力が、その順列を決めている。
その精神的な力の正体は意思の力で、動物ですら、それが力になる。
まして人間では、意思の力が最強のものになる。
独自の価値観を持つことは、状況を作り出せる意思の力があってこそ良いのである。
自分の価値観を知ること。
そして、その価値観のために修行することだ。
それで強い意思を持てる。
単純な例で言えば、美しいことに価値観を持っているなら、適切な運動や食事で美しくなれば良いのである。決して「美しいと誉められる」ために何かするのではない。他者の評価が必要なうちは、所詮、工場労働者の価値観である。
「私が良いと言えば、それが価値である」
そう思えねばならない。

上で、「単純な例」と書いたが、価値観は単純な方が良い。
難しい哲学的価値観となると、もう自分でも、どうすれば良いか分からない。
一流の、そして、役に立つ哲学者の価値観は案外にシンプルなのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ