ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

思考を消しながら引き寄せを行うアファーメーション

引き寄せの秘訣は、いくら強調してもし過ぎないが、思考を消すことだ。
ただ、完全に思考を消すことは難しいので、アファーメーションを使って、それに準ずる状態にすることが、誰でも出来る簡単な賢い方法であると思う。
そのポイントは、思考を起こさない言葉を使うことだ。
そんな言葉として、以前からネットで流行している優れたものに「なぜだか分からないが」というものがある。
最初から、「なぜだから分からない」として、なぜそうなるのかを考えさせないのである。
例えば、「なぜだか分からないが、お金が入ってくる」と言えば、お金が入ってくる原因を考えることを止めることが出来、エゴの思考が邪魔をせず、潜在意識の力でお金が入ってくる。
同じようなものが、引き寄せの伝説的な教師で、画家でもあったフローレンス・スコーヴェル・シンも好んで使った方法にある。
彼女は、「予想出来ない」「予期しない」という言葉を使った。
とても、エレガントな言い方だと思う。
神は人間など比較にならないほどの知恵と力があるので、神のやることは、人間に予想出来なくて当たり前である。
そんな道理を、シンは、聖書を引用した美しいアファーメーションに封じ込めた。
以下に、『成功への秘密の扉』の中から、いくつか取り上げよう。

「予期せぬことが起こり、道が開かれる」
「予期できないことは起こる。不可能に見えたことが今実現しようとしている」
「神の行いは巧みで、神の御業は過ちがない」
「神は道なきところに道を作られる」
「予期しない御業もて神はなしたまえり」
「私は目の前で起きることを驚嘆の目で見る」

これらの言葉は、エゴ(頭、思考)の反発を封じ込め、神(潜在意識)の力が解放される。

ところで、考えてみれば、「神様の奇跡が起こる」は、完成したアファーメーションと言える。
この言葉のどこにも、原因を思惟させるものがない。
この言葉を完全に言えば、「なぜだか分からないが、神様の奇跡が起こる」「予期せず、神様の奇跡が起こる」であるが、神様の奇跡など、人間には、なぜ、どのようにして起こるのか全く分からず、予期も出来ないのだから、最初から言う必要はなく、すっきりとしたアファーメーションになるのである。
そして、こちらの方が感じが良いと思えば、「ここは神様の奇跡が起こる世界だ」とすると、威力が倍化することがある。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

偉大な人物はなぜロクデナシを見捨てないのか

岡本太郎は、なかなか面白いことを言っていると思う。
それは、こんな言葉についてだ。
「嫌われたっていいじゃないか?いや、嫌われないといけない」
「認められなくたっていいじゃないか?いや、認められてたまるか」
「売れなくてもいいじゃないか?いや、売れてたまるか」
皆、本心では、こんな言葉を爽快に感じると思う。
もちろん、世間的な考え方は、
「嫌われたくない。嫌われないようにしないといけない」
「認められたい。認められるようなことをしなくてはならない」
「売れて欲しい。どうすれば売れるだろうか」
である。
そして、岡本太郎の考え方を否定しない場合でも、
「岡本太郎のように言えるのは天才だから」
と言うのだろう。
つまり、凡人は彼のように考えてはいけないというわけである。

岡本太郎の態度は、どこか子供っぽいというか、幼児っぽい。
そして、岡本太郎は「4~5歳くらいの時に、いい絵を描く」と言う。
言い換えれば、「歳を取ると、いい絵を描けなくなる」ということだろう。
これは、別に、絵を描くことだけではない。
エマーソンは、「赤ん坊は誰にも従わない。周りが赤ん坊に従うのだ」と言う。もちろん、それが正しい態度と言うのだ。
名画の前では、人々は黙るか、せいぜい、「私には良さが分かりません」と言う。
しかし、良い悪いを決めるのは自分なのだ。
これに関してもエマーソンは言う。
「絵はあなたの評価を待っている」
いかなる名画であろうが、あなたがどんな評価の言葉を言うか待っている。あなたは評価してやらなければならないのである。

まさに、伝説で釈迦が生まれてすぐ言ったと云われている、
「天上天下唯我独尊」
つまり、「全宇宙の中で私だけが尊い」のである。
傲慢も、ここまでくれば芸術だ。
もちろん、釈迦もエマーソンも、傲慢になれなどとは言っていないし、むしろ、傲慢であってはならないと言うだろう。
つまり、冷静で慎み深い態度が、上で述べたようなものなのだ。

上で、エマーソンは、「絵はあなたの評価を待っている」と言ったが、そんなことを言われたら、我々は、
「人々が納得する、気の利いた意見を言わないといけない」
と思う。あるいは、「せめて、人に笑われない意見を言わないと」と思うのだろう。
評価の対象によっては、「皆に嫌われない意見を言わないといけない」と思うこともあるだろう。
岡本太郎もエマーソンも、それを「卑しい」と言うのだ。
ここで、最初に戻って、「嫌われる意見を言う」「認められない意見を言う」、「企業の面接で言うと、採用されない意見を言う」のが正しいのだ。
だからと言って、『モナリザ』を見て、「太ったオバサンは嫌いだ。若い子が良い」というのはエゴの意見であり、ロクなものではない。
これは、岡本太郎やエマーソンが言ったことではないが、こういうことだ。
『モナリザ』は、今、あなたが描いたのだ。
それが分かると、ちゃんとした意見が言える。
自分がどんなつもりで描いたか言えば良いのだからだ。

岡本太郎やエマーソンが間違いなく思っていたことは、自分が宇宙の所有者であるということだ。
もちろん、彼らだって、彼らのエゴは、そんなことは考えない。
しかし、岡本太郎はカラスを飼っていたらしい。
人になつかないカラスはどこかエゴに似ている。しかし、岡本太郎はカラスを飼い馴らしていた。
また、エマーソンだって、嫌々ではあるが、慈善団体の要請に応じて寄付をすることもあることを告白している。
ちょうど、偉大な人物が、たまたま縁あって身近に来たロクデナシの面倒をずっと見るように、エゴを見捨てない。
しかし、エゴに出しゃばらせることもない。

岡本太郎やエマーソンのような態度を身につけないと引き寄せは出来ない。
だが、実際のところ、彼らよりずっとうまく引き寄せが出来る者は、いくらでもいる。
彼らだって、若い人を見て恥じ入ることはあったのである。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

どうしても引き寄せが出来ない人に

生涯の間、どうしても、引き寄せの法則の恩恵が得られない人がいて、それについて、「引き寄せ不適合者の法則」みたいな名称を設定したいくらいだ。
意図せずに引き寄せの力を使っている優秀な人もいるが、引き寄せについて興味を持たないほとんどの人は、好ましい形で引き寄せを行うことはない。
引き寄せに興味がある人のうち、どれくらいが、それなりの引き寄せが出来るのかのデータはないと思うが、昔、マイク・ハーナッキーというアメリカの作家が、引き寄せ関係の本の読者数と、100万ドル以上の資産を持つ者の数との比較で予想をしたことがある。結果は、引き寄せが出来る者の割合は、引き寄せに興味がある者の中でも、限りなくゼロに近いというショッキングなものだった。
ただ、これは、ハーナッキー自身が引き寄せが出来なかった頃に行った研究だし、100万ドルの資産が引き寄せの力を示す証拠になるとは限らないので、そうがっかりする必要はないが、引き寄せを行うことの難しさみたいなものは感じる。

どんな人が引き寄せが出来ないかというと、割とはっきりとしている。
それは、親や学校やテレビなどで植え付けられた観念を持っている者だ。
それが強い者は、ほぼ見込みがない。
とはいえ、思考を消してしまえば、そんな世間的観念の影響は受けないが、普通の人は、思考を消すことがないので、ほとんどの者は引き寄せが出来ないというだけのことだ。
普通の人だって、何かのきっかけで思考を消すことがあると、あっさりと引き寄せが出来る。
そのように、たまたま、思考を消す状況になった時に、奇跡のような体験する人は少なくはないと思う。しかし、そんな人達も、そのような体験を、あまり気に留めないのだ。
尚、単なる睡眠や気絶が引き寄せを起こすことは極めて稀で、これについて道元も「心は消えても気付きを保っていないといけない」と述べていた。簡単に言うと、目覚めていなければならないのだ。

とにかく、思考を消すことさえ出来れば、引き寄せの力は人間の生得(しょうとく。うまれながらにして備えていること)の重要な能力なので、誰でも簡単に使える。
思考を消すことに関し、例えば、ラマナ・マハルシは「私は誰か?」と問えと言ったし、ニサルガダッタ・マハラジは「存在の感覚にしがみつけ」と言ったが、それらが難しいというよりは、彼らの言葉を英語に訳し、それを日本語に訳す中で、齟齬が発生した・・・いや、そもそも、彼らの本意を理解せずに彼らの言葉を記憶したり、記述したので、最初から適切に表現されなかった可能性が高いと思う。

胸に手を当てるだけで思考の8割以上が消えるが、そんなことをやるのって、試合前の国歌演奏の時のサッカー選手や、キリスト教の葬式などで牧師や神父が祈りの言葉を述べる時くらいだ。
そうではなく、習慣的に胸に手を当てるようにすると良い。
両手の方が効果は高いと思うが、片手でも十分で、手を当てる位置は、普通、胸の中央で、高さは鎖骨の少し下だが、自分が心地よく感じる位置で良い。
そして、普通に、頭の中の独り言、お喋りを止める、あるいは、頭の中で沈黙するようにすれば良い。
それを、出来るだけ多くやれば、慣れてきて、より長時間、より頭の中を静かに出来るだろう。
人差し指を天に向けて立てるだけでも効果的だし、同じ手の親指と人差し指(中指や薬指でも良い)を微かに触れ合わせて、その感触をそっと感じても思考が消える。
しかし、誰も、そんなことをしないのだ。
あるいは、「完璧だ」と心の中で静かに唱えても良い。
いろんな方法があるが、思考を消せば必ず引き寄せは出来る。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

幼児流の引き寄せ

人間は、9歳までは時間の概念を持たないものらしい。
そのためか、9歳までが子供らしい子供で、9歳までは魔法を使えるという話はいろんな国にある。
ひょっとしたら、9歳頃に、時間の概念という枷をはめられて魔法を使えなくなるのかもしれない。

そして、人間は3歳までの記憶は残っていないと言われている。
ただし、それは、思い出せる記憶に残らないということで、赤ん坊は、物凄い量の学習をしている。
3歳までの記憶がないというのは、やはり、言葉の習得に関係しているのだろう。
3歳までの記憶は、言葉と関連付いていないので思い出せないが、言葉と関連付いていない記憶は、生命に直結したものだ。
アインシュタインがよく例に出されるが、言葉を覚えるのが遅かった子供は、原始的な脳をより多く使い、独特な能力を成長させたのだ。
心理学、教育学、コンピューター、人工知能の分野でも活躍した数学者シーモア・パパートは、
「私の能力は平凡。ただ、3歳の時に歯車が動くのを見て、それからは、ものごとを歯車で考えれば何でも分かった」
と、奇妙なことを言い、パパートは、他の人にも同じことが出来るよう研究したが、正直、うまくはいかなかったと思う。

4~5歳頃って、ある意味、人間のピークだ。
どんなピークかというと、魔法が使える・・・引き寄せが自在なのだ。
引き寄せがうまい人は、4~5歳の時の感覚的な記憶が強く残っている。
私も、4~5歳の時は、引き寄せが自在であったことを、うっすら覚えている。
何か実現して欲しいことがあったら、それを思い描くのだが、その時に「妙な感覚」がある。
その感覚は「ワクワク」だとよく言われるが、「当たらずとも遠からず」と言うよりは、「そんなに遠くはないが、はっきり言って当たっていない」という感じだ。
たとえば、ある人に会いたいと思ったら、その人のことを考えるのだが、そんな時、ワクワクするというよりは、言葉にするのは難しいが、「ぱーっと、いい気分になる」のである。
それが、アラン・パーカーの小説『小さな恋のメロディ』で、11歳のダニーが言ってた「天国」の気分なんだろう。
ダニーは、11歳にもなって天国の気分が分かるのでだから、大したものというか、とんだ幼児だ。しかし、やはり大したものなのだ。
天国の気分になれば、それは自動的に叶う。
ダニーが・・・何も取り柄のないダニー君が、美少女メロディと相思相愛になったようにね。

で、やり方としては、結局、こうなのである。
私は、誰かに会いたいと思ったら、その人と会っている世界を感じるのである。
ダニーは、メロディと仲良くなっている世界を感じたのである。
想像したというよりは、そんな世界が既にあり、それを見たのである。
これは、パラレルワールド(並列宇宙)を見た、感じたということである。
大人感覚的には想像したということだが、考えずに一瞬で空想するのである。
ここらへんの表現が難しくて、心で分かっている人達が、苦し紛れに「腹で考える」だの「考えるな、感じろ」などと言うのである。
だが、無数のパラレルワールドがあって、自分が望ましいと思う状態になっているパラレルワールドが絶対にあるし、なければ、新たに、今この瞬間に生まれる。
その世界のことを考えれば、「ぱーっと気分が良くなる」。それだけのことだ。
だから、嬉しい状況のパラレルワールドがあると知り、その世界のことを考えて嬉しくなれば、あなたの分身は、その世界で楽しんでおり、子供のようになって余計なことを考えなければ、もうその分身と合体しているのである。
これが、イエスが「幼子のようにならないと天国に入れない」と言った意味なのだ。
だからまあ、なるべく考えないというのが、願いを実現する鍵なのである。
「嬉しいなあ」とか「幸せだなあ」と言えば良いことが起こるのではなく、それが、好ましいパラレルワールドを見た感情なので、そんな言葉を唱えて、良いパラレルワールドを見た気分になれば、そんなパラレルワールドを見易いのである。
だから、「嬉しいなあ」「幸せだなあ」と唱えることは良いことである。
嬉しい世界、幸せな世界が、既にあると知れば、さらに良いのである。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

パラレルワールドをこうやって移動する

今朝もパラレルワールド(並列宇宙)の話をしたが、無数の宇宙(世界)が存在し、どのような宇宙もあり、さらに、想像した宇宙が新たに生まれる。
じゃあ、80歳のボクシング世界チャンピオンがいる世界があるかと言えば、あるだろう。
以下、分かり易さを優先し、厳密さにはあまり配慮しない話をするが、そこはご了承願う。
ジョージ・ガモフという有名な物理学者は、物理学の絶対的な法則である熱力学の第二法則すら成立しない宇宙もあると言うのだから、それに比べれば、80歳のボクシング世界チャンピオンなど大したことはない。
熱力学の第二法則が成り立たないと、エントロピーが増大しないということだが、それがどんなことかというと、例えばこんな感じだ。
熱いコーヒーをコップに入れて部屋に置いておけば、コーヒーは冷めて気温に近付くが(いろいろな要因で同じ温度にはならないかもしれないが)、エントロピーが減少する世界なら、コーヒーの温度はどんどん上がり、沸騰して蒸発してしまう。
変わった話で言えば、我々がいる世界では、記憶は時間と共に薄れるが、エントロピーが減少する世界では、頭の中に情報がどんどん勝手に集まり、忘れることが出来ない。

不道徳な世界は存在し難いかというと、例えば、あなたに100人の妾がいるハーレム世界など、エントロピーが減少する世界に比べれば、全然普通で、ごく当たり前に存在すると思う。
そもそも、そんなことをやった王様など、いくらでもおり、そんな王様も、王様としてはしっかりした仕事をしたから、そんなことが出来たのだろう。
いや、そんな王様は、パラレルワールドを自由に移動する方法を知っていて、そんな楽しい世界に住んだのかもしれないが、いずれにせよ、その程度は問題ない。
不道徳な世界を作った者は、後で酷い目に遭う場合が多いように思うのだが、それを知っているのは私なので、私の世界でだけそうなるのかもしれない。
いずれにしろ、私の場合、それなりのモラルが成立する世界が好きなので、他者に対する必要な気遣いは持ちたい。
ただ、私にとって、モラルのない人間は目障りなので、皆、酷い目に遭わせるか、消してしまったような気もするが、それで良かったのかどうかは分からない。

望ましい世界を想像し、そんな世界を作り出し、その世界の波長に同調すれば、その世界に自分が行くか、あるいは、その世界がやって来るのかは分からないが、いずれにしろ、それが自分の世界になる。
そこで、どうすれば、その世界の波長と同調するのかというと、その世界をごく自然に感じれば、それが同調しているということだ。
そこで、例えば、月収100万円の世界に住みたいと思ったら、「私は月収100万円だ」などというファーメーションを行い、それが自然に感じるようになるまで、熱心に唱えるという方法が、分かり易くて人気がある。
まあ、最初のうちは駄目でも、しつこくやれば、やがてうまくいくと言われている。
ただ、焦ったり、悲壮な気分でやると、いつまで経ってもうまくいかない。
しかし、想像さえすれば、そんな世界が確実に存在するのだから、「そんな世界があるんだなあ」程度に思い、「楽しいだろうなあ」と思うだけで楽しくなれば、その世界はごく自然なものになったということであり、その世界の自分と一体化するのである。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード