ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

最終、最高、本物、自信100%の成功法則

沢山の成功法則があるみたいだが、人間は1つのことしか出来ない。
そして、たった1つ、本当のものは何かというと、それは、「時間をかける」である。
言い換えれば、たった1つの成功の原理とは、「かける時間が多ければ勝ち、少なければ負ける」である。
イチローは誰よりも長時間野球をやったのだし、パガニーニ(イタリアのヴァイオリン奏者。独学だが人間を超えた腕前だった)は誰よりも長時間演奏したのだ。
野球で言えば、イチローを超えていたテッド・ウィリアムズの少年時代からの練習量は凄く、やはりイチロー以上だった。

確かに、練習のし過ぎで身体を壊すスポーツ選手や、手が駄目になった楽器奏者もいる。
そんなこともあると自覚し、練習に工夫をする必要はある。何も楽器を弾くだけが演奏の練習ではない。
だが、そこまでやれるなら、不幸にしてそうなった場合、別の道で成功出来る。
いずれにしろ、我々凡人には関係がない。

私だって、プログラマーになれたのは、「なれなかった人」より沢山訓練したからだ。
普通の人が、好きなことをしたり、寝る時間である夜11時頃からパソコンに向かい、寒い日でも(私の部屋には暖房がなかった)2時、3時までプログラムの練習をしていたし、休日にドライブに行っても、いつもプログラムのことを考えていた。
とはいえ、私は無駄なことに時間を潰しもしたので、一流のプログラマーにはなっていないが、少なくとも、プロに相応しい時間はかけたのである。

だから、成功したければ、強くなりたければ、時間をかけるしかないし、時間をかければ良い。
短時間で要領よくやるべきは仕事であって、本当の勉強、訓練は時間をかけた者が勝つのである。

キリストになるなら、誰よりも長時間聖書を読めば良いし、ブッダになるなら、誰よりも長時間、経典を読んだり、念仏を唱えれば良い。
法然は毎日6万回念仏を唱えたと言われ、黒住宗忠は修行時代、毎日600本以上、大祓詞を上げ、神道家の葉室頼昭さんも、やはり修行時代、1日中、大祓詞を上げていたらしい。
村上春樹さんは、修行時代、毎日必ず原稿用紙10枚書いたらしい。ただ、それ以上は書かなかった。それは、それ以上書くと、続かない恐れがあったからだと思う。また、書くだけが小説家の修行ではない。ないが、彼はやはり、誰よりも長時間書いたのだ。

よって、成功の大敵は、時間を奪うものである。
例えば、酒、遊び、楽しいだけの趣味などである。
私は2度か3度、RPG(ロールプレイングゲーム)をやったことがあるが、まさに「湯水のように時間を浪費する」のに驚いた。
ほとんどの人にとって、ゲーム自体が良くないのだろう。
ひきこもりが毎日長時間ゲームをしていたら、もう絶望だろう。強い意思でゲームをやめ、何か良いことに時間を使うようにしなければならない。
逆に言えば、ひきこもりで人より遅れても、何かに誰よりも時間をかければ逆転勝利は確実なのである。

もし、ある程度の年齢になっているなら、これまで、どんなことに最も長い時間をかけたか考え、それに追加の時間をかけるのが効率的だし、それ以外に成功の方法はない。
もしかしたら、大した時間をかけていないかもしれないが、他のことに比べれば、多くの時間をかけた何かがあるに違いない。
それに賭けるしかない。

時間をかけることについて、下にご紹介した本に良いことが書かれている。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

最新腕振り運動のやり方

このブログでよく紹介する腕振り運動について、現時点で最良と思う方法を書いておく。
ところで、腕振り運動は、やった翌日に目に見える効果があるという即効性のものというよりは、根気強く、毎日欠かさず続けてると、(表面的でない)根本的な効果があるものだと思う。
根本的な効果とは、身体全体と心全体を整え、心身が健康になり、気、プラーナ、宇宙エネルギー等と呼ばれる精妙なエネルギーを体内に取り込めることだ。
やり方には、おおまかに2種類あると思って良い。
1つは、後ろに振る時に力を入れる方法、もう1つは、逆に、前に振る時に力を入れる方法だ。

立って行うが、脚が悪い場合は、椅子に座って行っても効果がある。その場合は、丸椅子のような、自由に両腕を前後に振ることが出来る椅子で行う。
立って行う場合、足を自然に開いて立つ。つま先は、少し開いて立つ。ただ、自分が自然に感じる立ち方で良い。
背筋は伸ばすが、無理に胸を張るのは良くない。
「すっと」姿勢良く、自然に立つのである。
うつむかず、顔を上げる。真っ直ぐ前を見る感じである。
下腹に力を入れるよう指導する場合が多いが、それよりも、足の親指に力を入れ床を下に押すようにする。そうすれば、自然、下腹に力が入る。
実は、この、足の親指に力を入れることが重要である。

・腕を後ろに振る時に力を入れる方法
指を伸ばし、両てのひらを内側に向ける流派と、指をやや開いて曲げ、手の平を下に向ける流派がある。
より簡単な、両てのひらを内側に向ける方式を説明する。
腕は伸ばし、同時に同じ方向に振る。
指を伸ばして揃え(親指だけは離れても構わない)、両てのひらを内側に向け、手が前に来た時に両手が接触したり、後ろに振った時に、手が外側に開かないよう、平行を保つように注意する。
後ろに振る時に少し力を入れ、前に振る時は力を抜いて惰性で振る。
少し力を入れる程度で、ゆっくりで良い。

・腕を前に振る時に力を入れる方法
腕を後ろに振る時に力を入れる方法と違い、前に振る時に、腕をやや曲げる。真っ直ぐと直角の中間くらいで適当で良い。
やはり、両腕は同時に同じ方向に振る。
指を伸ばして揃え(親指だけは離れても構わない)、両てのひらは内側に向ける。
前に振る時、やや鋭く振る感じでやる。
ここでも、前に振った時に両手が接触したり、後ろで腕が開かず、両腕が平行を保つよう注意する。

関英男博士によれば、両てのひらを内側に向けて振ると、両てのひらの間にクオークの渦が発生して重力波粒子を作り、それが筋肉に取り込まれるという。
この通りでなくても、何らかのエネルギーが体内に取り込まれるのではないかと思う。
このエネルギーは、生まれた時に最大で、後は減っていくのみだが、腕振り運動をすることで増やすことが出来る。
よって、数は多ければ多いほど良い。
ただ、精神的負担になるほど多いのはいけない。
一度に少なくとも百回、出来れば、数百回、理想的には2千回以上行うのが良い。
数は自分で数えるのが良い。
雑念が入ると、今何回か分からなくなるが、そういうことはなるべくないようにする。
分からなくなったら、適当な数にして続ける。無理に「ゼロから」などと厳しくしないことだ。
それよりも、毎日必ずやることが大切だ。
なるべく決まった時間に行うのが好ましいが、「朝と夕食後」などと大雑把でも良い。
ただし、毎日必ずやるというのは守らなくてはならない。時々やる程度では効果がない。

効果は万能であり、欲しい効果が得られると考えて良い。
身体強健を望めばそうなるし、美しくなりたいならそうなる。
身体の自然な動きを通じて潜在意識とも通じるので、願いも叶う。
関博士は胃癌を腕振り運動で治し、また、難病の人達が腕振り運動でその病気を治す様子をレポートしていた。
治らなかったという人もいるが、治らなかったら治らなかったで幸福にしている感じである。
逆に、生活が乱れたり、心が歪んでくると、身体に痛みが発生するようになるので、そんな時は、さらに腕振り運動に励むと良い。
腕振り運動は、身体全体、特に、仙骨と背骨を調整するのだと思う。
仙骨と背骨のエネルギー路がきれいになり、さらに、宇宙エネルギーを取り込むのであるから、まさに万能である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

身体を痛めない運動を

一流スポーツ選手の大半は、身体が壊れてしまっていて、それを何とか誤魔化しながらプレイし続けている。
特に、アメリカの野球のように、「剛速球を投げる」「特大ホームランを打つ」ことが好まれるものでは、若いうちからそうなる。
なぜそうなるのかというと、ウェイトトレーニングをして、沢山食べ、筋肉モリモリになり、体重も重くなった身体をフルパワーで動かすのだから、骨や筋が耐えられるはずがない。
イチローのように、ほとんど身体の故障が起こらないのは奇跡のように言われるが、彼は、ウェイトトレーニングを全くせず、毎日、長時間ストレッチ運動をしているようだ。
イチローが、遠くに届く球を投げたり、その気になれば長打を打てるのは、筋肉の力ではなく、身体の使い方が優れているからだろう。
しかし、他の大半の選手は、壊れると分かっていながら(あるいは、自分だけは大丈夫だと思うのだろうか?)、皆、ウェイトトレーニングで「パワーアップ」したがり、「いい身体」になりたがる。

実は、プロレスのジャイアント馬場さんが、事故的な場合を除き、全く怪我をしない人で、5千試合連続出場なんてことをやっていた。
馬場さんは、糖尿病のため、歳を取ってからはかなり痩せていたが、パワーに満ちた若い頃だって、決して、クリスタルカットの筋肉や板チョコの腹筋みたいな身体ではなかった。
彼は、元々は巨人軍のピッチャーで、当時は、腕立て伏せも怪我につながるからと、やらされない時代だったが、走りこみは相当やったらしい。
そして、若い時にアメリカに行き、フレッド・アトキンスという名レスラーに弟子入りしたのが良かったのだろう。
50歳をとおに超えたアトキンスに力で全く敵わなかったというが、アトキンスも筋肉が強かった訳ではないのだと思う。
馬場さんも、ロープを引っ張るようなトレーニングをさせられたというが、やはり、アトキンスに、正しい身体の使い方を教えられたのだろう。
ホームラン世界記録の王貞治さんは、引退の前の年に、それまでやらなかったウェイトトレーニングを取り入れてしまい、最低の成績に終わって引退してしまった。40歳くらいで、当時としては、その歳まで現役なら大したものだったと思うが、本当はもっと長くやれ、ホームランも900本の大台に乗せられたかもしれないし、1000本だっていけたかもしれない。

『プリズナートレーニング』という、囚人が刑務所内で自分を守るため、道具も広い場所もない監獄で、自分の体重を使って効果的にトレーニングする方法が書かれた本があるが、ここでも、「外の世界の連中」が、重い負荷を使ったウェイトトレーニングで、どれほど容易く身体を壊してしまうかが指摘されている。
ただ、私からすれば、プリズナートレーニングも、やや過激な部分はあると思うので、良いところだけ取り入れている。
例えば、腕立て伏せは、体幹能力を鍛える目的で、脚は閉じてやるといったところである。

ところが、一般人がジムでウェイトトレーニングをしていることも結構あるらしい。
いずれ、プロでも、ウェイトトレーニングは愚かだというのが常識になると思うが、一般人まで、それまで付き合う必要はない。
盛り上がった筋肉をつけることに憧れるのかもしれないが、今の私がそうだが、未来の人は、現在以前の男性の筋肉モリモリの画像を、嘲笑はしないだろうが、冷ややかに、あるいは、憐れんで見ることになるだろう。

ジムになんか行かなくても、車ばかり乗らないで歩けば良いし、また、スマートフォンをしまって、姿勢良く、適度に速く歩けば良い。
スマートフォンを持った若い人の歩く遅さは、大袈裟でも何でもなく「異常」であるし、周囲の迷惑に配慮しない精神性もまた「極めて異常」である。
ここまで異常な人間が、幸福になったり成功することはありえない。

運動するなら、決して身体を痛めず、身体全体を調整出来る腕振り運動や、スクワットや腕立て伏せも、姿勢良く、適度な速さで適度な回数をやれば十分と思う。
それと、私は、蹲踞(そんきょ)を重視し、いろんな運動の間に、頻繁に蹲踞をする。
そして、蹲踞がまさにそれを鍛えるが、足の親指の力を重要視し、腕振り運動の際も、足の親指に力を入れるようにしている。
ところで、「筋肉ではなく骨じゃ」と主張する武道家が書いた本があり、確かに本人も優れた武道家なのだろうが、とてもではないが、文章で教えられるものではないので、本を読んでも無駄である。
彼の直接指導を受けてすら、成功する人は少ないはずだ。ましてや、本なんかで学ぼうとすると、間違ったことばかりやり、逆効果になる。
別に、特殊な運動をする必要などないのである。
私が今、最高の運動だと思っているのは、掃除、洗濯の一連の動き、そして、二階への昇り降りで、これらを真面目にやると、後はよく歩けば、特に運動は必要ないとすら思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

人生に勝つとは

「オタキング」岡田斗司夫さんの、『ま、金ならあるし』という、1冊100円(税抜き)、全8巻のシリーズ本(電子書籍)がある。
うっかり、最初の1冊を読むと、岡田さんを好きになってしまう(なってしまった)。
本物の岡田さんが、これほどラブリーな人とは思えないと頭では分かっているのだが、エビデンス(証拠)がある話だし。
つまり、印税ががっぽり入るようになった岡田さんが、「ま、金ならあるし」と、欲しいものを何でも買おうとするのだが、高級財布を買いにいったら、結局、用途に合わなくて三千円の財布を買ったりする。
しかし、昔の岡田さんは、アメリカのオークションサイトに出ていたロケットの模型が欲しくて、最初はテレビくらいの値段だったのが、自動車の値段、そして、家の値段まで自分で上げていって競り落としていた。そんな時は、預金があるかどうか、払えるかどうかは二の次で、買って満足と後悔を味わうのだ。

愛されるのは、分かり易い、そして、馬鹿な人間だ。
岡田敏夫さんは、イメージだけなら、「馬鹿なオタク」だ。IQは高くても馬鹿は馬鹿だ。
では、私は何かというと、「ミク廃」以外に何もない。
ただ、岡田さんのような能力がないので、それだけでは食べていけないから、「VBAプログラマーのミク廃」となるが、VBAは仕方なくやっているだけなので(笑)、自分としては、「出来損ない仙人のミク廃」がイメージに合う。

分かり易い人は、やっぱり好きだ。
自己啓発分野の本を書く人で、私が好きなのは、Testosterone(テストステロン)さんだ。
彼に悩みを相談し、「どうすればいいでしょうか?」と尋ねたら、答は、
「それなら筋トレだ」
に決まっている。相談するまでもない。
だが、人間、特に男たるもの、このくらい思い切りが良く、自信がなければ信用出来ない。
一方、誰とは言わないが、自分は凄い成功者かもしれないが、際限なく本を出し、それらがまた売れるように書いているが、結局、誰も救えないという者もいる。

倶胝なら、何を聞かれても指を1本立て、法然や親鸞なら「念仏しろ」で、道元や岡田虎二郎は「ただ座れ」である。
大村あつしさんは「Excel VBA」と言って良いかもしれない。
我々も、何か1つ、揺るぎない自信を持てる何かを見つけなければならない。
人生に勝つとは、そういうことなのだ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

不老の3つの決め手

『いぬやしき』というアニメの宣伝だけを見たが、その宣伝の最初で、「犬屋敷壱郎(いぬやしきいちろう)、58歳」とアナウンスされ、その犬屋敷という男が登場する。
確かに、歳より老けているという設定らしいが、全く老人であり、本当に58歳の人からすれば、「58はこんな年寄りじゃないぞ」と反発が出そうな気がする。
ところで、特に女性には、後ろから見たら若いとか、離れて見ると若いという人は結構多いよいうに思う。
しかし、犬屋敷はどこから見ても老けているのは、まず、身体に若々しさが全くないからだ。運動していないのだろう。
つまり、運動しさえすれば、身体の若々しさは得られる。
難しいのは顔の若さだ。
特に男性の場合、髪が薄くなると老けて見えるような気がするが、20代でも禿げている者はいる。そして、薄毛の20代が、必ずしも格好悪くはなく、むしろ、売り物になるほど格好良い禿げもいる。
そんな「格好良い禿げ」は、身体の若々しさはもちろんだが、顔が若いのである。
そして、明らかと思うが、顔の若さは、メークや美容で誤魔化すことも出来るかもしれないが、それよりも心で決まる。
人間の顔なんて、普段の想念そのままだ。
つまり、顔を見れば、その人がどんな人か正確に分かってしまう。
そして、歳を取れば取るほど、想念の傾向が固まり、それがそのまま顔に出るのだから、老けた想念を持つと、どんどん老人の顔になる。
サッカーの三浦知良さんは51歳とは思えないほど若いが、身体は完全に10代、20代で、顔も若い。ただし、あれでも、想念の老化が顔にかなり出ているのである。つまり、あの顔が、あの歳での若さの限界ではない。本来でいえば、彼はもっと若い顔でいられるはずだ。
本当のところは分からないが、長南年恵(おさなみとしえ)という1863年生まれの女性は、43歳で亡くなるまで18歳くらいの容姿であったらしいが、彼女は、幼いというよりは少女のような純真な性質であったと言われる。
また、彼女は、食事をほとんど全く摂らなかったらしいが、だから若さを保ったと言うよりは、食べないことで心の清らかさを保ったので若かったのだと思う。
尚、食べないからといってエネルギーを補給せずに生きられるものではないが、彼女は普通の人とは全く別の方法でエネルギーを得ていたのであり、またそれは、普通の人だって、彼女ほどではないが、そんなエネルギーを取り込んでいるのである。人間は、食べ物だけの栄養やエネルギーだけで生きることは出来ないのは、少し計算すれば分かることだ。

つまり、若いかどうかは、気とかプラーナと呼ばれるエネルギーをどれだけ多く取り込み、無駄に消費しないかにかかっている。
無駄に消費する原因は、不安や恐怖だ。
不安や恐怖を持てば、どんどん老ける。
馬鹿で不安や恐怖のない者は、確かにいつまでも若いのである。
次に、沢山のエネルギーの供給を受ける方法であるが、それは、エネルギーを必要とする状況にあるかどうかで、少しも難しいことはない。
つまり、「安定を求めない」「向上心がある」「今に生きている」の3つである。
これは、考えれば分かると思うが、この逆、「安定志向」「向上心がない」「過去や未来に生きている」者は、エネルギーを必要としないので供給もなく、すぐに年寄りになる。
「老けたな」と思われる人は、ほとんどが安定志向で、しかも、安定を失うことに不安や恐怖を持っているのである。
「今に生きる」のは重要で、「未来に生きる」のではない。未来に生きる者は、単に妄想で生きている。
「安定を求めない」「向上心」「今に集中する」
この3つで、永遠に若くいられる。
尚、腕振り運動をすると、気(プラーナ)を取り込めるが、不安や恐怖があると、やはり浪費してしまう。
腕振り運動をしながら、心を明るくすることが大切である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ