ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

神の援助を得る絶対的条件

早寝早起きはしているし、呪文や真言、あるいは、単語法(「富」や「成功」などの言葉を繰り返し唱える)も実行している。
しかし、良いことがない。
そればかりか、得体の知れない不安に苦しめられている。
なぜそうなるかと言うと、簡単に言えば、力がないのである。
これに関し、どうすれば良いかというと、難しい言い方で表現している人が多いが、簡単に言えば、
「我慢する」
ことだ。
神は、我慢した分の倍の力を与えてくれると言われている。
例えば、満腹するまで食べたいのに、腹八分目で我慢すれば、我慢した2割の倍の4割の力をくれる。
腹六分目なら、(我慢した)4割×2で8割だ。
ただし、我慢した訳ではない少食の場合は力にならず、その者は、別の欲求を我慢しなければならない。
人間は、放埓(ほうらつ。勝手きまま)に振る舞いたいと思っているが、それを抑えることを我慢と言うのである。

日本には、力をつけ、願いを叶える秘法である「断ち物」がある。
特に好む娯楽や嗜好品を断つこと、即ち、我慢することで、神の援助を得るのである。
有名なものでは、上杉謙信の女断ちがある。
いくらでも好みの女を得られる立場でありながら、戦での勝利を願い、女と交わることを全て我慢することで、上杉謙信は実際、戦では無敗だった。
3食全部チョコレートでいいと言う位、チョコレートが好きな女性は、女優で成功するために、チョコレートを決して食べないと決めてそれを実行し、人気女優になった。

注意しておくべきことがある。
それは、不道徳なもの、他人の迷惑になることについては、我慢すれば力が与えられるが、我慢しなければ力を失うということだ。
例えば酒である。いくら酒が好きでも、適量に抑えなければ、力を失い、運勢は悪くなる。
また、ロリコンというか、小児性愛も、「心で思うだけなら自由だろ?」と言うなら、全くそうではない。

水野南北は、「運勢は、食が多いか少ないかで完全に決まる。万に一つの外れもない」と言ったが、もっと正確に言うなら、こうである。
確かに、我慢して食べなかった分は、力が与えられるので、運勢も良くなる。
だが、食欲、性欲、名誉欲といった、人間の本質的な欲望は、過ぎた分は、その者の力や運が、厳しく奪われるのである。
とはいえ、極端に欲望を抑えるのも間違いなのである。
『バガヴァッド・ギーター』で、神クリシュナが、「食べ過ぎてはいけないが、少食過ぎてもいけない」「惰眠を貪ってはならないが、短眠過ぎるのも良くない」と言っている通りである。
昼まで寝ていたいというより、放埓に夜更かしすることが悪いのである。
言うまでもないが、仕事で遅くまで起きている必要があるなら別である。こんな当たり前のことを書くのもおかしいが、こんなことを、いちいち尋ねてくる者もいるのである。

このように言っても、どうしても食べ放題に食べたい、性的嗜好を満足させたい、酒を浴びるほど飲みたい、趣味を徹底的に楽しみたい・・・と言う者は多く、そんな者達は、いかにも正当そうな主張で反論してくることが多いが、一切無駄である。
「我慢すれば幸福。放埓なら不幸」
万に一つの外れもない。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

不安を消すには

不安の多い仕事は何だろう。
1つは、戦闘が起こる可能性がある軍隊の軍人であることは間違いあるまい。
他にもいろいろあるが、スポーツ選手や芸能人のように、好きで選ぶものとは違い、いわば、やむなく就くことがある仕事としてセールスマンがある。
軍人とセールスマンは、何が不安かというと、予測がつかない仕事であることだ。
洗練された軍隊やセールス組織では、なるべく予測が立つようにしている。
つまり、命や給料がかなり保証されているのである。
とはいえ、軍隊では、いつ戦闘が起こるか、どんな戦闘になるか、セールスマンでは、先月は売れても今月は売れるかどうか分からないという状況の人も多い。
そして、人々は、不安の多い仕事を避け、不安の少ない仕事に就きたがる。
不安が少ない職業の代表が、公務員、大手企業のサラリーマンだ。
その反対なのが、軍隊と、小規模な(ことに個人的な)組織のセールスマンなのである。

個人単位のセールスマンは、売らなければ1円も得られない。
企業では、完全歩合制のセールスマンは禁止で、働く限りは、セールスマンが売らなくても、企業はセールスマンに給料を出さないといけないが、実際は、売らないと何ももらえないセールスマンは多い。
間違いなく、そういうもの(売らないと実入りゼロ)である行商人と言われるセールスマンの厳しさは大変なものだろう。
ノーマン・ヴィンセント・ピールの『積極的考え方の力』の中に、こんな話があったように思う。
長年、行商人をやっている年配の男性がいた。1950年代の話と思う。
彼は、商品を車に積み、固定客がいる訳でもない中、長距離を走り回って商品を売っていたのだ。
私は、それを想像するだけで、身のすくむような不安・・・と言うより、恐怖を感じる。
特に、引きこもり気質の者にとっては、それはもう死んだも同然としか思えない。
しかし、その行商人は、明るく、不安を感じていなかった。
彼も、昔はそうではなかった。
他に仕事のあてがなく、仕方なく始めた行商だが、人々は冷たく、この哀れな若者を生かしてやろうなどという「お優しい」心を持った者などいない。
売上げは少なく、生活は困窮していた。
だが、その中で、聖書は読んでいた彼は、イエス・キリストが同伴してくれていると思うことにした。
すると、不安は消え、行商もうまくいくようになった。
分からないが、あらゆる、不安の大きな仕事に従事している人には、これは救いにならないだろうか?
私は、最初の仕事が完全歩合制のセールスマンだったので、その話に物凄く感激したものだった。
もちろん、キリスト教徒ではない人にとっては、イエス・キリストはそれほどの重要な存在ではないかもしれない。
私もキリスト教徒ではない。
しかし、福音書を一読すれば、イエスが大変な存在だと分かる。
まあ、心理学者の岸田秀氏が本に書いていたように「イエスのようなペテン師に騙されてはいけませんよ」という理屈は、むしろ分かるのである(笑)。
だが、岸田氏は、いろいろあったとはいえ、家が金持ちで、戦後間もない頃に、早稲田を大学院まで出て、フランス留学し、博士号まで取った人ならいい(後に、博士号獲得が誤解であったと分かったが)。
嫌でも、今の不安な仕事に就いている人には、希望や勇気も必要である。
ピールは、不安に押し潰されそうな人達に、聖書の言葉を与えた。
「私を強くして下さる方によって、私はどんなことでも出来る」
「もし、神が私たちの味方であれば、誰が私たちに敵対出来るだろう」
また、福音書の中で、イエスは、自分はいつでもあなた達の中にいると約束している。
だから、あの行商人のように、イエスは同伴者であると見なすことが出来るのである。
もちろん、自分が信じる神や仏があるなら、それを同伴者と考えれば良い。
こういったことを、宗教とか妄想と言う人も多いだろうが、そう言うのは、予測がつくことをしている人の場合が多いだろう。
そして、神が同伴者だと信じると、確かに、そうであるような状況になる。
神が身近にいると感じることが出来るものとして、よく知られているのは、聖書の詩編の23番と91番である。
第二次世界大戦中、イギリスのある部隊では、隊員全員に詩編91を暗唱させ、度々、唱えさせた。
すると、5年の戦闘で、1人も死者も出さなかったという。
やはり、何かの力はあるのではないかと思う。

尚、私は個人的にだが、『積極的考え方の力』は、桑名一央(相沢勉)訳の方が好きである。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

ハッピーエンドは賢い準備から

中国出身の女性実業家、自己啓発指導者、作家であるチン・ニンチュウの『誰でも小さなことで大切な願いがかなえられる』に、夢を叶えるための、ある簡単な秘訣が書かれているが、それは聖書にも明確な例が見られるもので、本物の引き寄せ指導者が好んで語るものである。
『誰でも小さなことで大切な願いがかなえられる』では、こんな話だ。

ハリウッド・スターのバート・レイノルズがまだ駆け出しの頃、既に大スターだったクリント・イーストウッドに、
「人気が出るまで何をしていましたか?」
と尋ねると、イーストウッドは、
「成功するための準備をしていた」
と答え、それを聞いたレイノルズは成功への階段を駆け上がった。
しかし、この本の著者は、これについて、ただ、レイノルズは「深遠な原則を理解し」としか書いてくれていない。
何て不親切なんだ・・・と思うが、まあ、要は、成功の準備をすれば良いのである。
偉大なる引き寄せマスターのフローレンス・スコーヴェル・シンは、お金がないが世界一周旅行に行きたいという男性に、旅行カバンを買って、旅行の準備をするよう薦めた。
その男性がそれに従うと、思いがけないところから大金が入り、彼は旅行に出かけた・・・こんな感じである。

旧約聖書の『列王紀略下』に、エリシャが砂漠に雨を降らせた話がある。
エリシャは、どんな準備をしたのだろうか?
エリシャは王に、砂漠に、水路となる溝を掘るよう要請し、王はエリシャを信じて溝を掘らせた。
すると、大量の雨が降った。
つまり、溝を掘って、雨が降った時に必要な水路の準備をしたのである。

これらの準備は適切だった。
しかし、少し注意が必要だ。

可愛いあの子を彼女にしたいなら、まず、格好良い服を買い、髪型も決めてデートの準備をするべきだし、さらに、デートでのエスコートを余裕で出来るよう、お店をしっかり調べておくことも必要だろう。
だが、モテないやつは、この方面の準備が下手なものであり、準備がかえって逆効果になることも多い。
準備とは、決して表面上のことではなく、心の問題であり、あの子を彼女に出来る心の準備が出来ているかどうかなのである。
これについては、新約聖書の『マタイ福音書』の「十人の乙女のたとえ」のイエスの話が参考になる。
十人の乙女が花婿を迎えに行った。
十人の乙女はランプを持っていたが、予備の油を持っていたのは五人だけだった。
だが、花婿の到着が遅れ、ランプの油が切れてしまった。
五人の乙女は予備の油を持っていたので大丈夫だったが、残りの五人は油を買いに行く間に花婿が来てしまい、婚礼の宴の建物に入れてもらえず、油を準備していた五人だけが結婚出来た。
油を準備していなかった五人の乙女も、下らないものの準備はしていたかもしれない。
だが、知恵がなかったので、肝心の油を準備していなかったのだ。
知恵のない者の準備の例を上げれば、例えば「病気になった時のためにお金を貯めておこう」といったものだ。
すると、準備した通り、病気になるのだ。
知恵のない準備は虚しい結果を呼ぶ。

知恵のない準備をした者の例に、あの童話作家のアンデルセンがいる。
24歳のアンデルセンは、好きな女性が出来、彼女を得るための準備をした。
その準備とは、自分のことを知ってもらうための自伝を書いたのだ。
当然、振られた(笑)。
一般的なオタクが失敗するパターンだ。
つまり、自分のことを知ってもらうのではなく、相手を理解することが必要なのだ。
この点、アンデルセンもただの阿呆で、もちろん、彼は一生独身だった。
だが彼は、14歳でデンマークに出て来てから長い間、作家として成功するための長い準備をしたのだ。
志した歌手や役者としては全く認められずに馬鹿にされ、その後、教師のパワハラに耐え続けて学業を終えたのである。
『人魚姫』や『マッチ売りの少女』などのヒロイン達の苦しみを、アンデルセンが美しく描けたのは、自身の辛い経験があったからである。
準備は、パートタイムでやるものではない。
常に、怠りなく備えなければならない。
根気も必要であるが、自然でまっとうなことをやれば良いのであるから、それほど辛くはなく、むしろ楽しいし、もし、辛いならば報いも大きいであろう。
アンデルセンも、苦難が報われた時の感動(学生たちの称賛の儀式)を自伝で熱く語っている。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

3つの奇跡話(その3)

「神様の奇跡を起こし続けるホームレス」、「末期癌が消え、なおかつ、引き寄せマスターになった女性」と、奇跡話が続き、今回が最終回の、3つ目の奇跡である。
これは、以前、ご紹介した、スーパーセールスマン、夏目志郎さんのお話を再度、取り上げようと思う。
多くの人の役に立つと思うので、改めてポイントを押さえようと思う。

(以下は、かなり昔に読んだ本の内容の記憶なので、憶え間違いもあるかもしれないが、大筋では合っているはずである)
夏目さんは、戦後、ビジネスで一旗揚げようという熱意を持って日本にやってきた中国人青年だった。
豊かな家庭の出身で、豊富な資金と、日本に一台しかないような高級外車を持ち、恵まれたスタートを切った。
だが、詐欺に遭い、無一文どころか、多額の借金を背負ってしまう。
失意の中、キリスト教に改宗し、英語が出来たので、アメリカ人神父の通訳などで布教活動のボランティアを行う。
ところが、交通事故に遭い、脚を折って入院する。
そんな散々な人生の中、夏目さんは神に祈った。
「神様、これまでの人生の失敗の責任は私にあります。でも、これからの人生の責任は、あなたに取って欲しいのです。私ももう35歳です。これはという仕事を下さい」
翌日、百科事典を販売する外資系企業の人が、夏目さんをセールスマンとしてスカウトに来て、夏目さんは、まだ怪我が治りきっていないに関わらず、「明日から働ける」と応じた。
夏目さんは、そのスカウトが、神の使いであると言う・・・つまり、奇跡が起こったのだ。
そこから、夏目さんの成功人生が始まったのだった。

なぜ、夏目さんの「神様の奇跡」は起きたのだろう。
それはもちろん、上の、夏目さんの「祈り」にある。
この祈りが奇妙に思えた人もいると思う・・・というより、現代人では、奇妙だと思うのが普通だろう。
「これまでの人生が失敗だったのは自分の責任」
これは分かるだろう。
しかし、
「これからの人生の責任は神様が取って下さい」
というのは変と思うはずだ。
普通は、これからの人生の責任も自分で取らなくてはならないと思うはずである。
だが、夏目さんは、これまでは、自分の小さな力で成功しようとしたのだが、これからは、神の大きな力で成功させてもらおうとしたのだ。

トランプ大統領も愛読する、ノーマン・ヴィンセント・ピールの世界的ベストセラー『積極的考え方の力』の最後は、
「なぜ神の力を求めないのか」
と書かれている。
そして、昨日のこのブログの2つの奇跡話の主も、無意識的にかもしれないが、神の力を求めたのだ。
「神様の奇跡が起こる」と唱えたホームレスは、自分は何もせず、神にまかせ、結果、大変な奇跡が起こった。
1憶円が2回と、ローマ法王への謁見・・・そんなこと、そのホームレスが、どれだけがんばろうが、全く無理だろう。
しかし、イエスは、こう言っている。
「神に出来ないことはない」
あのホームレスは、無意識にだろうが、この最高の牧師や、それに、イエス・キリストの教えに従った。
2つ目の奇跡の、癌を消し、完全な引き寄せの力を得た女性も同じだ。
自分で癌を治そうとはせず、ただ、死ぬ準備をしただけだった。
何も求めず、もう最後なのだから、自分らしく、安らかでいようとしたのだ。
そこには、自分のちっぽけな力を頼ろうとする気持ちは全くなく、それどころか、欲望の自我としての自分をすっかり失くしてしまったのだ。
鎌倉時代の禅僧、道元が言った「仏道とは自分を忘れることだ」を、仏教徒でもない彼女が実践していたのである。

これら3つの奇跡話を味わうことで、奇跡のシンプルな原理が分かり、我々も簡単に奇跡を起こせるのだと分かるはずだ。
尚、夏目さんの上記の話は、どの本に載っていたか、私はもう憶えていないが、夏目さんの本はどれも素晴らしいと思うので、以下にいくつかご紹介しておく。
ただし、夏目さんの本は、古書でも高価なものが多い。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

3つの奇跡話(その2)

今朝の記事の続きである。
今朝は、「神様の奇跡が起こる」という言葉を1日中唱えることで、
・1憶円の宝くじが当たる
・ローマ法王に謁見する
・再度1憶円の宝くじが当たる
という、奇跡を起こしたホームレスさんの話だった。

2つ目の奇跡の話をするが、私はこれと同様のものを割と沢山知っている。
しかし、これが、最もポイントを掴みやすいと思うので取り上げる。
お話は、書籍『とんでもなく全開になれば、すべてはうまくいく』から引用する。
このお話は以前も少し紹介したことがあるものだ。
ある40歳くらいの女性が、癌で余命3ヵ月の宣告を受ける。
そこで、彼女は、身の周りの整理に励んだ。
借金を返済し、不要なものを残らず手放した。
無駄な会話をやめ、皆に真実を言うようになった。
やりたくないことをするのを一切やめた。
自分がいなくても世界はうまくいくことが分った。
こうして、平和な断絶状態に包まれていたようだ。
そして3か月後・・・癌は消えた。
彼女は死ななかったのだ。
それだけでも奇跡だが、さらに奇跡が起こっていた。
彼女は、何でも現実化したり、癒したりする力を得ていたのだ。
ある金額を思うと、それがすんなりやってきた。
りんごを思い浮かべると、見知らぬ人が鞄からりんごを取り出して彼女に与えた。
病気の人々が助けを求めてくるようになった(それで治ることが多かったのだろう)。

彼女に何が起こったのだろう?
著者のトーシャ・シルバーは、こう書いている。
「必要なものも欲しいものもなく、この世に別れを告げていた彼女にとって、この才能はあっちから勝手にやってきたものだった」
そして、この奇跡の女性はこう言ったらしい。
「もしかしたら、何も必要じゃなくなったとき、すべてを得られるのかもしれない。そして、物事を起こそうとがんばるのをやめたとき、どんなことも起こりうるのかも」
「わかるのはただ、以前いた”私”はもういなくなったってこと。私は脇にのいたの」

どうも、余計な解説はしない方が良さそうだ。
著者と、この女性のコメントを何度も読めば、静かな気づきが得られるに違いない。
そして、『 とんでもなく全開になれば、すべてはうまくいく 』の全体を読めば、さらによく分ると思う。
この本は、自分の力でやろうとせず、神様に全てまかせればうまくいくのだということを教えている。
つまり、今朝の、「神様の奇跡が起こる」というのと、本質的には同じなのだと思う。
ただ、神様への身のまかせ方もいろいろあるのだということだ。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ



タグクラウド
QRコード
QRコード