ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

コロナ新生活こそが正常、経済も全くOK

テレビや新聞で、「コロナ新生活がいつまで続くのか?」などと、嘆くように言われるのをよく見聞きする。
コロナ新生活とは、ご存知とは思うが「3密(密集、密閉、密着)を避ける」行動様式である。
なぜ、これが「永久」ではいけないのか?コロナ新生活こそ、人間らしい、正常なものである。
私は絶対にそう思う。

例えば、コロナ新生活では、「料理屋などでは、着席スペースを空け、大声を出さない」となる。
これは、抜群に良いではないか?
以前、会食で料理屋に行くと、隣のグループの人が、接触するほど近くに座り、また、そいつが大声で喋り捲り、うるさくて仕方がなかった。
今後は、もう、こんな馬鹿なことが出来なくなるのだ。
何と素晴らしいことか!
確かに、「いや、大騒ぎしながら和気藹々飲み食いするのが楽しいのだ!」と言いたい人はいるだろうが、あなた方は楽しくても、私や、女性など、大人しい人達は、不快なのを、これまで黙って我慢していたのだ。

レストランは、これまでは1人では入り難かったのが、今後は、群れた者が入り難くなる。
さらに、群れた者達はマナーが悪い場合が多いが(大勢だからと調子に乗ることがよくある)、今後は、純粋に食事を楽しむ、マナーの良い人達の中で食事が出来るのである。

結婚式でも、密集したり、大声を上げる余興が禁止であることを悪いことのように言う者がいるが、そんなの、元々、ほとんどの人が嫌がっていたのに、大声で暴れるのが好きな者達が、「声が大きな者勝ち」式に、自己中心主義で好き勝手していただけのことだ。

劇場の座席は大抵狭いのだが、その中で、主に中年の男性に多いが、ひじ掛けをはみ出して腕を突き出し、股を広げて座るような者がよくいた。今後は、女性を始め、大人しい人達が、そんな利己的な人間の被害に遭うことも少なくなる。

次に、「経済が停滞している」などと言われる問題についてだ。
全く問題ない。
単に、特定の人間がボロ儲けすることをやめれば良いだけなのだ。
また、贅沢を慎めば良いだけだ。
別に、清貧になれと言うのではない。
普通で、クレバーな生活をすれば良いだけのことだ。
それであれば、経済規模は十分であり、余裕綽々なのである。
オリンピックや高校野球甲子園大会といった、利益を貪る者達のための馬鹿げたことをやめるくらいには、いい加減、人類は進歩しなければならない。
スポーツをやるのに、なんで、派手な舞台や報道が必要なのだ?
スポーツの真の素晴らしさを理解出来るなら、そんなものは不要なだけでなく、有害以外の何物でもないことは、よほどの馬鹿でない限り解るはずだと私は思う。

コロナで苦しまないと、正しいことが出来なかったことを、我々は恥じねばならない。
そして、人類は、本当にいい加減、少しは賢くならないといけない。
コロナによる、新生活、新経済、全くOKである。
それに適応出来ない人間は、強制排除されることは決してないが、考え方を変えないとやっていけない世の中になるだろう。
そうなるべきであるし、そうならないと人類に存在意義はない。私はそう固く信じる。













当ブログオーナー、KayのAI書。5月30日(Kindle版は5月11日)発売。
自分でAIを作れるようになる、最も易しい、そして、面白い本を目指しました。
本書は、初級(Chapter.1)、中級(Chapter.2)、上級(Chapter.3)の3つのパートに分かれます。
実習データ作成のためのExcelマクロを無料ダウンロード出来ますので、初級から気楽に始めていただければと思います。
そして、是非、当たり前の道具としてAIを使う先駆者になって下さい。
  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

マントラは歌

孫悟空のお話で知られる『西遊記』に登場する三蔵法師は、実在の人物である、玄奘三蔵(げんじょうさんぞう)をモデルにしているのだと思う。
玄奘三蔵は、629年に、仏教の経典を求めて中国からインドに向かったが、その陸路の旅は雪山高山を越えていく過酷な旅で、山賊も野獣も出る。日本の遣唐使や遣隋使も危険だったが、それ以上で、当時、そのルートでインドに到着出来たのは、ほとんど奇跡だったという話もある。
このあたりは、マード・マクドナルド・ベインの『解脱の真理』の中で、ベインが、そのあたりの地域の旅をした話があり、非常にスリリングであった。
玄奘三蔵には、こんな伝説がある。
玄奘三蔵が、インドに向かっての旅を始めようとしたら、インドから来た僧が、病気で苦しんでいた。
玄奘三蔵は、それを放っておくことが出来ず、僧を手厚く看護した。
それで回復した僧は玄奘三蔵に、呪文を教え、これを唱えていれば旅は安全だと言う。
その呪文は、般若心経の最後の部分である、
「ガテー、ガテー、パーラガテー、パーラサンガテー、ボーディ、スヴァーハー」
だった。
この呪文の効果で、無事、玄奘三蔵がインドに着くと、そこに、あの玄奘三蔵が看護した僧がいて、驚く玄奘三蔵に、「私は観自在菩薩である」と言って消えたという。

呪文、念仏、祝詞、ナーマスマラナ(神の名を唱えること)を常に行えば、高次の力の支援を得るというのは、宗教的であるが、科学的でもあると思う。今は、なかなかそうは認められないが、結果は割と確実なのではないかと思う。
そして、これらのマントラ(真言)的なものは、棒読みするような言葉より、歌にした方が唱えやすいし、実際、ほとんどは歌として唱えられているのではないかと思う。
念仏だって、お坊さんは歌っているのだと言って良いだろう。
そして、別に、お坊さんが唱える真似をしなくても良い。
私は、ある日、夕陽を見ている時、不意に念仏のメロディーが浮かんだが、それは、伸びやかな音で、若い女性の声がよく似合っていた。
そして、マントラのメロディーは作りやすく、即興でも、誰でも、感じの良いメロディーが作りやすいと思う。そもそも、音楽を含む芸術は、宗教から誕生したという考え方もある。
きっと、玄奘三蔵も、般若心経の呪文を歌うように唱えていたのだと思う。

『クリムゾン・コレクション』という、シク教のマントラをケルト・ハープの伴奏で唱えた音楽があるが、非常に美しく、心が癒される。
あらゆるマントラを、あのような美しい音楽にすれば、それを、頭の中でずっと鳴らしておける人が増えるだろう。
頭の中でマントラが鳴ってる状態も、唱えていることと同じで、高次の力の加護が得られるのだと思う。
そして、それは、宗教的なマントラに限らず、敬虔であるもの、霊的であるもの、あるいは、自分が神聖な気持ちになれるものであれば、何でも良いのだと思う。













当ブログオーナーKayのAI書。
Amazon Kindle版は発売中。紙の書籍は5月30日発売。
Excelが入ったWindowsパソコンで実際に動かしながら読むと理解し易いと思います。
最初の、足し算をAIに教える実習だけでも、NNCでAIを作る感覚がなんとなく解ると思います。
本書の中でも触れましたが、複雑になってしまうやり方(沢山のファイルを作る必要があるもの等)は避け、基本的な考え方がしっかり身に付くことを意図しました。
その点、厳密でない部分もあるかもしれませんが、難しい表現で厳密に書くことも避けました。
本書で、AI人口の裾野が広がることを期待しています。
  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

これからの時代で力になること

これまでは、競争の時代だった。
そして、競争することで、テクノロジーや経済が発達し、物価も安く、庶民ですら豊かになった。
だが、今後は心・・・と言うか、愛の時代になる。
これまでは、「他社に勝つぞ」と頑張ることで、優れた技術やサービスが生み出されたが、今後は、「皆を幸せにしよう」と思うことで、自然に知恵やアイデアが出て来てくるのだが、それは、これまでの競争で生み出される技術やサービスとレベルの違う高いものになるはずだ。
競争の時代は、闘争心が強いことが有利だったが、今後は、愛が強い者が圧倒的に高い力を発揮する。
どういうことかと言うと、確かに、怠惰よりは闘争心の方がマシなのだが、闘争心は点数の争いだから、左脳の勝負になり、左脳の範囲の力しか出せない。
しかし、愛は、点数とは関係ない右脳の力を引き出すので、損得を勘定して争わなくても、右脳が天才の能力を発揮する。
その兆しは、20~30年くらい前からあったが、これまでは、ある程度の闘争心も必要だった。

政治の世界のように、実質、世襲制の世界では、闘争の時代以前のレベルに堕落し、全く無能に陥っている。
一方、テクノロジーの世界では、競争によって切磋琢磨し、進歩したが、それでは限界に達しようとしている。
しかし、愛を持てば、不意に、これまでにない超高度なテクノロジーさえ生み出すことが出来る。もちろん、最低限の左脳的基礎・・・つまり、論理も必要なのだが、それは簡単に身に付く。
だから、今後は、何をおいても愛を持つことで、結果として幸福になる。
そして、堕落し、腐敗し切った政治の世界だって、愛のある者が取り組むことで、本当に優れた政治が行われ、国家は尊厳を取り戻す。
ただ、今の人は、愛とは何か知らないし、妙なものを愛と混同している場合が多い。
もちろん、親切や思いやりは愛であるが、「愛があると儲かって幸福になる」という下心を持って、不自然に親切にしたって、すぐにボロが出る。
親切とか、思いやりは、愛があれば自然に出てくるものだ。

では、どうすれば良いのかについては、「公式」はない。
だが、今の人は、「こうすれば儲かる」式の公式を欲しがる。
とはいえ、毎日、必ず福音書を読んだり、仏典を読めば、悪いことにはならない。
解説書など見ず、ただ、淡々と読むと良い。
聖歌を聴いたり歌ったり、念仏を唱えるのも良い。
ただ、それなりの根気は必要だ。
愛が備わったかどうかは、自然に親切な行いをしたり、優しい言葉を使うことになることに現れる。













当ブログオーナー、KayのAI書。
紙の書籍は5月30日発売。Kindle版は発売中。
誰でもAIを作れる時代に、数学やプログラミングなしでスムーズに適応出来るような本を目指しました。
AI開発ツールには、ソニーの高機能なWindowsアプリNNCを使います。
拍子抜けするような簡単な問題から始め、名高いモンティ・ホール問題のような難問をAIが解けることを自分で確かめます。
単に、勉強のためだけではなく、自分の問題をAIで解けるようになっていただきたいと思います。
  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

カマキリが竜に勝ち、ハエが宇宙船を止めるには

啓示的な夢を見たが、そのまま書くのは非常に難しいので、何か喩えを探そう。

アニメ『デビルマン』のハイライトの1つは、デビルマンと魔将軍ザンニンの決闘だった。
力はザンニンの方がかなり上回ると思われたが、デビルマンは見事、打ち勝つ。
だが、ザンニンは滅びる刹那、こう言う。
「お前などがゼノン様に逆らったとて、所詮、竜と戦うカマキリのごとし」

竜 VS カマキリとは、力の差を極端に表現する面白い喩えだ。
E.E.スミスの歴史的SF『レンズマン』シリーズで、人類最強とも言えるキニスンが、宇宙最強の生命体アリシア人(竜の形をしている)のレッスンを受けた時、アリシア人のちょっとした力に逆らうよう命じられたキニスンの感想は、
「ハエが宇宙船を止めようとするようなもの」
だった。
「宇宙船 VS ハエ」も「竜 VS カマキリ」にひけを取らない。

つまり、私が見た夢もまた、自分の力は、宇宙船に対するハエ、竜に対するカマキリで、無に等しいものだということを、明晰に示してくれたのだ。
だが、デビルマンは、いつか、魔王ゼノンを倒すかもしれない。
アリシア人がキニスンに、出来るはずのないレッスンを授けたのも意味があるかもしれない。
つまり、自分の力では決して勝てなくても、何とかなる。
デビル(悪魔)マンでありながら、神の力を借りれば。
まあ、『デビルマン』の原作者、永井豪氏は、あまり神を良いものとして描きたがらないのだが。
だが、デビルマンが、神である妖獣ゴッドと戦った時(第2のスポットライト)、デビルマンが愛する牧村美樹は、ゴッドに対し、「神様ならここにいるわ」と言って、自分の胸を手で押さえた。
さすが、デビルマンが惚れた少女である。

では、どうすれば、神様の力を借りられるかというと、聖人達の言葉から帰結すれば「愛を持つこと」となろうが、アイルランドの詩人W.B.イェイツが言ったように、「人間に出来ることは、憎しみを捨てることだけ。愛することが出来るのは神だけ」かもしれない。
だが、聖人達は、「祈れば良い」と言う。
これは、我が国で言えば、例えば、大祓詞(おはらえのことば)という祝詞を上げることであるが、庶民にも出来る簡単なものでは、「ひふみ祝詞」や「いろは歌」として知られる「いろは祝詞」もある。
仏教のお経でも良く、その最も短いものが「般若心経」だが、その呪文の部分だけでも良いだろうし、さらに短い「南無阿弥陀仏」の念仏でも良い。もちろん、「南無妙法蓮華経」でも良い。
キリスト教には、いろいろなお祈りと共に、沢山の聖歌、讃美歌があり、それを歌えば良く、また、『アヴェ・マリア』も、音楽家達が天啓を得て作ったものに違いないので、聖歌に等しいだろう。
考えてみれば、これらのものを唱えている時というのは、通常の心の状態でなく、まさに愛になっていると言えると思う。
昨日も書いたが、私は「いろは祝詞」に縁があったようである。
歌ったり、唱えたりするのが難しい時は、頭の中で響かせておくと良い。













当ブログオーナー、KayのAI書。近日(5/30)発売。
ソニーが開発し、無料で公開しているWindowsアプリNNC(Neural Network Console)は、簡単にディープラーニング型AIを構築出来ます。
※GPUを使える有償クラウド版もあり、企業用途等に向いています。
このNNCを使い、誰でも、楽しくAIを作れるようになるよう、面白い問題を考えました。そして、それらの問題をAIで解決するほぼ全ての実習のためのデータを作れる、Excelマクロ(VBAプログラム)によるシミュレーションプログラムを無料でダウンロード出来る特典があります。
  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

奇跡の祝詞「いろは歌」

「いろは歌」というものがある。
47文字のかなを重複なしに使って作った七五調の歌だ。
子供の時、唱えたことがある人が多いと思う。

いろはにほへと ちりぬるを
わかよたれそ つねならむ
うゐのおくやま けふこえて
あさきゆめみし ゑひもせす

「わかよたれそ」のところだけ6文字である。
これを漢字で、次のように書くようだ。

色は匂へど 散りぬるを
我が世誰(たれ)ぞ 常ならむ
有為(うい)の奥山 今日(きょう)越えて
浅き夢見じ 酔(え)ひもせず

仏教の深遠な思想が感じられる。
ところで、これを唱えると、神の加護を得られるという話がある。
保江邦夫氏の著書『神様につながった電話』で、合気道家で書家である山本光輝氏の、こんな話が紹介されていた。
仙台で山本氏が書家として講演会をしていたら、リンゴ農家の人が、山本氏に、収穫期に台風が来て困っているので、なんとかならないかと相談して来たという。
書家で合気道家の山本氏に対し、場違いな相談であったが、山本氏は「いろは歌」を紙に書き、「これを朝夕、畑で読んだらリンゴは絶対落ちない」と断言した。
正直、山本氏の口から出まかせであった。
すると、その秋、大台風が青森を直撃し、山本氏は真っ青になった。
しかも、あのリンゴ農家の人から電話があり、「すぐ来い」と言う。
山本氏は訴訟覚悟で行ったが、全てのリンゴ畑が壊滅状態の中で、その農家のリンゴ畑だけは、1個のリンゴも落ちていなかった。

「いろは歌」は、「いろは祝詞」という祝詞とも考えられている。
ところで、私は、「いろは歌」を「歌える」。
1996年に、政木和三氏が自身で作曲し、自身でピアノ演奏をした『日月光』というCDを出しているが、そのカップリング曲で、政木氏が作詞した『輪廻』という曲の最後のところが「いろは歌」なのだ。
歌っているのは、なんと、中国の天才音楽家、ウー・ルーチン氏だ。
ウー・ルーチン氏が歌うことになった経緯は、私は、政木氏から直接聞いたので、その通りに書く。
ウー・ルーチン氏の方から、自分に歌わせてくれるよう要請があったそうだ。
すると、政木氏は、ウー・ルーチン氏に、歌手の菅原洋一氏から日本語の歌を学ぶよう言い、ウー・ルーチン氏はそれに従ったという。
だから、私は、ウー・ルーチン氏が歌う通りに覚えている。
だが、このCDは絶版だし、Amazonでも扱っていない。
当然ながら著作権有効期間なので、コピーも配布出来ず、残念に思う。
だが、「いろは歌」を唱えるだけで良いであろう。

尚、政木和三氏が発明した記憶力増強装置「パラメモリ」と同じ効果があるスマホアプリ「GeniLax (Genius and Relax、「ジニラックス」)」が、株式会社ジェイデータから無償提供されている。Android、iOS用それぞれがあり、「GeniLax」で検索すると見つかる(iOS11には未対応)。













当ブログオーナー、KayのAI書。来る5月30日発売。
AIで自分の世界を拡張する・・・そんな時代になると思います。
それが、権力者やエリートだけの特権になっては、人類の格差はさらに大きくなり、ディストピアになってしまうかもしれません。
また、政府がAIに弱い日本が、AIを自在に使うアメリカ、中国、ロシアに蹂躙される予感もあります。
この本は、Excelが使える程度のスキルがあれば、誰でも自分でAIを作れるようになることを意図し、AIにおいて、数学やプログラミングよりも重要な、問題を推測問題に捉え直す力を得られることを目指しました。
  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード