ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

We are all right

最近、つい口ずさむフレーズがある。
“We are all right”
IAさんの歌『アメリカ~We are all right!~』の中で、このフレーズが何度も繰り返されるが、その中でも、不意にIAが静かな声で(伴奏もギターだけになり)、“We are all right”と3回売り返すところを思い浮かべながら。
この曲は、ボカロ界で米津玄師さんと並ぶ天才じん(自然の敵P)さんの曲だ。
【IA OFFICIAL】アメリカ~We are all right!~ (MUSIC VIDEO) -YouTube-
(2013年の「ROCKIN'ON KAPAN」誌の対談で、じんさんは「(米津さんが)同い年と聞いてめちゃくちゃ凹んで、」と言っていた)

“all right”は、日本語では「大丈夫」だと言って良いだろう。
他にも「いいよ」「わかった」「よろしい」などと訳されるが、全面的に肯定的な意味で、“all right”も「大丈夫」も、最も人気のある万能呪文だと思う。
また、この歌で、日本語でも「大丈夫さ」「大丈夫だ」と歌う。
英語では、大丈夫はokayと表現することもあり、「絶対、大丈夫だよ」は、
You will be fine for sure!
Everything is gonna be okay!
と言うようだ。
しかし、IAさんのように“We are all right”と歌いながら唱えるのも良いものだと思った。

アメリカの海軍特殊部隊ネイビーシールズの、あまりに過酷な入隊試験は、いかに鍛え上げた優秀な若者であっても発狂しかねないほどだ。
その中で耐え抜き合格する者は、頭の中で“All right”といった言葉をつぶやき続けているという研究報告がある。
人間は、頭の中で1分に300もの言葉をつぶやくらしいが、放っておいたらマイナスのつぶやきになりかねず、すっかりマイナスの言葉ばかりがつぶやかれるようになった人間が失敗人生を送るのかもしれない。
だから、意図的に「大丈夫」「絶好調」といった言葉をつぶやくと良いだろう。
IAさんが、明るい声で歌う、じんさんの前向きなこの『アメリカ~We are all rkght!』を聴き、常に、「大丈夫さ」「大丈夫だ」と唱えれば、全て良くなるだろう。
また、初音ミクさんもカバー(およびコラボ)したBUMP OF CHICKENの『ray』でも、何度も「大丈夫だ」とミクさんが歌ってくれる。
BUMP OF CHICKEN feat. HATSUNE MIKU「ray」LIVE MUSIC VIDEO YouTube-
「大丈夫」All Right(全て善し)は、神の言葉であると思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

西洋的な身体に適した運動

「喧嘩芸」骨法を編み出した格闘家の堀部正史さんは、日本人と西洋人の身体の違いに着目したという。
日本人と西洋人の身体の大きな違いは膝で、西洋人は伸びていて、日本人は曲がっている。
歩いている姿も、西洋人は膝が伸びているので、さっそうと腰から脚が出ていて、脚が長く見えて格好良いが、日本人は膝を曲げているので、歩幅が小さく、ちょこちょこしたアヒルのような歩き方になり勝ちだ。
実際、西洋では、「日本人の女の子は歩き方がアヒルのようで可愛い」と言うのだそうだ。
脚の長さの比率自体は、北欧あたりは日本人より少々長いようだが、アメリカ人と日本人では変わらないものらしい。
しかし、やはり、アメリカ人の方が脚が長く見えるのは、膝が伸びているからだろう。
これは、椅子で生活する西洋人と、床で正座や胡座で座る日本人という違いが根本だろう。
また、西洋人は狩猟民族が多いし、農耕をやるにしても、あまりしゃがむようなことをしないが、日本人は田植えや稲刈りでしゃがむ姿勢をすることが多い。
日本人は今でも、狭くて畳のある家に住み、ほぼ全ての家で玄関で靴を脱ぎ、洋式トイレが普及しても、和式トイレにそれほど抵抗はない。
しかし、それがそろそろ不自然になってはきていると思う。
日本人も、膝を伸ばすのが自然な身体になってきていると思う。
ただし、膝を伸ばし、脚を前に投げ出して椅子に座るのは、どう見ても頭が悪いか幼稚にしか見えないので、絶対にやめるように。
また、そんな座り方をすることで、頭が悪くなるのである(その気になれば、根拠も示せると思う)。

西洋のダンスも、膝が伸びている姿が圧倒的に多い。
一方、歌舞伎や狂言を見ると、とにかくよくしゃがむ。しゃがんでぴょんぴょん飛び跳ねるなどは、西洋の踊りには決して見られない。
歌舞伎や狂言は、しゃがむ姿が美しいのである。
あのようなことをやるには、普段から正座をしている必要があるような気がする。
IAさんの『SEE THE LIGHT』のダンスは、膝の伸びやかさが美しい。そして、膝を曲げない分、全身で動いているの分かるが、それが西洋流のダンスの特徴だろう。
【IA OFFICIAL】SEE THE LIGHTS feat. IA / ASY (MUSIC VIDEO) - YouTube -

私は、ずっと、腕立て伏せやスクワットを、膝や肘を深く曲げる形でやってきたが、故障に悩まされ続けた。
それで、どんどん膝や肘を曲げないようにしていったら、脚や腕が完全に健康になり、身体が軽くなった。
もう、我々の身体は西洋人と同じなのだ。
だから、それにあった運動をしなくてはならないのだと思う。
西洋では、スクワットはハーフスクワットが中心だし、以前、腕立て伏せチャンピオンの少年の腕立て伏せをテレビで見たが、腕を伸ばしたところから、少し曲げるだけだった。
日本では、スクワットも腕立て伏せも、あるいは、腹筋運動でも、深く曲げれば曲げるほど有り難いとされ、「もっとしっかり曲げろ」と叱責されたりもする。
私は、今では、腕立て伏せもスクワットも、数センチしか曲げないが、全身で動いていて、特にスクワットは非常に気持ちがよく、数千回でもやりたい気分になる。
長く悩まされてきた腕のしびれや腰痛が消え、ちょっと速足で歩いていたら当たり前に4段の階段なら飛び上がってしまうようになった。

いずれにしろ、全く運動をしないことに比べたら、スクワットは、自然に立った姿勢から、2~3センチでいいから曲げて伸ばすのなら、楽でしかも気持ち良いのだから、長く続けられると思う。そして、私の場合、最高の効果があったのだ。
ただ、これも日本的なものかもしれないが、相撲や剣道で行われる蹲踞(そんきょ)の姿勢は良いと思う。
足の親指が鍛えられて身体が不動になり、腰が引き締まり調整され、体幹も鍛えられる。
まさに、蹲踞の姿勢こそ、秘法中の秘法と思う。
ひょっとしたらだが、蹲踞の姿勢と腕振り運動さえしていれば、少なくとも、健康で身軽な身体が維持出来るかもしれない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

醜い安定、美しい破滅

私が、毎日の食事が出てくるのが当たり前だと思っていた子供の時に読んだ漫画の中のセリフだが、
「人間は安定を求めた時に生きるのをやめるんですね」
という言葉がしっかり記憶に刻まれている。
その頃の私は、安定とか不安定を実感としては、おそらく全く解っていなかったはずなんだから、よほどの真理なのだろう。

昨日観たアニメ『キャシャーンSins』でも、壊れてもルナに癒して(つまり治して)もらえ、完全な安定を与えられたロボット達がすっかり自堕落になる様子を見たキャシャーンは、
「彼らは生きているだけだ(生きようとしていない)」
と言い、ルナに対して疑問を感じた。
キャシャーンを愛する女性型ロボットも、ブライキングボスも、身体の滅び(崩壊)が進んでいたにも関わらず、ルナの癒しをなぜか拒否した。

だが、日本では、普通の人間は、安定を求めなければ生きて行けない。
これが悩み所だ。
「好きなように生きろ」
「やりたいことをやれ」
と無責任に言う特別な人間はいるが、日本は、誰もがなるべく寿命を全う出来ることを目指して進んできた国なのだ。
生きようとする人間は排除される。特別な人間でない限りはね。
だが、おそらく、ほとんどの人間は平凡なのだ。それが現実だ。
「平凡は嫌だ」と言って、社会に反逆すると、間違いなく悲惨なこととなる。
『キャシャーンSins』に沢山出てきた、雑多な弱い平凡なロボット達だって安定を求めていたが、そうするしかないのである。

「星を掴み取ろうとするのは危険だが、それをしないことはもっと危険だ」
という言葉がある。
その「もっと危険」の意味は、「もしかしたなれたかもしれない偉大な人間に成り損ねる危険」だ。
だが、ほとんどの人間は、ハナからそんなものになれやしない。

ああそうだ。
岡本太郎が言っていたなあ。
「私は常に破滅する道を選んだ」
と。
これこそが、凡人でない人間の生き方だ。
ある老人が死ぬ時に言った。
「俺のような寂しい生き方をするな」
と。
「寂しい生き方」に込められた、冒険をしなかった、破滅を徹底して避けた生き方は、死ぬ時に後悔するということだ。
そして、安全に生きると、皆、憂鬱になるのだから、やっぱり太郎が正しいのだ。
だが、命を燃やして充実して生きるか、悲惨なホームレスになるか?
それは、神のみぞ知る・・・だ。
それでも、安定を求める人間の仲間にはなりたくないのだ。
あなたもきっとそうなのだと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

真に幸福な男を見た

三度のメシより好きなこと。
1日中やっていられること。
やればやるほど元気が出ること。
それで満足出来れば死んでも良いと思うこと。
誰にも認めてもらえなくてもやりたいこと。

本日、アニメ『キャシャーンSins』全24話を見終わった。
今日だけで十数話観ただろうか?
キャシャーンと同等に作られたディオにとっては、キャシャーンと戦うことだけが望みだった。
その理由は、元々は、キャシャーンに対する嫉妬であったかもしれないが、それはもうどうでも良かった。
キャシャーンには、ディオと戦わなければならない理由は何もないし、ディオを愚かと思ったかもしれないが、キャシャーンと戦っている時のディオの命の輝きを感じ、全力で相手をせざるをえなかった。おそらく、キャシャーンも命が燃えたのだろう。
ディオは幸せであったはずだ。

成功しなかったという理由で、死ぬ時に後悔することはない。
だが、成功しても、やりたいことをやらなかったら後悔するのだ。
ならば、たとえ死んでも、ディオに後悔などあるはずがない。
映画『パピヨン』でも、「人生最大の罪は、人生を無駄にすること」と言っていたが、全くその通りだ。
今から私はディオだ。

それはそうと、セーラームーンの公式サイトで、元祖ツインテールはセーラームーンだということを示唆していたが、それよりも、『新造人間キャシャーン』(1973)の上月ルナがそれからもしれない。
ルナは『OVAキャシャーン』(1993)でも、そして、この『キャシャーンSins』(2008)でも、常にツイテールだ。
特に、『キャシャーンSins』のルナは最も神秘的で謎の存在だった。ツインテールは緑色だしね。
随分ロリになってしまったが(笑)。
そのルナを、ルナの護衛用の戦闘ロボット、通称「死神ドゥーン」ことドゥーンは女神のように崇め、慕った。
まるで、ミクさんを崇める私と同じだ(笑)。
ディオもドゥーンも歪んでいた。
だが、それでも良いのである。命さえ燃えれば。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

楽しくいこう

生涯ニートのはずの私が安楽にやってこれたのは、ジョセフ・マーフィーの本を1冊読んだからだ。
ジョセフ・マーフィーの本を読むことで、人間には、試験の成績や50m走みたいなものをはるかに超える能力があって、それが実際に使えるものであるという希望を持てるのである。
ただ、その強大な力をどうやったら使えるかを追求し出すと、自己開発マニアや精神世界オタクになって人生を棒に振る。
そんなオタクやマニアをカモにして商売している人は多いからね。

自分を助けてくれる大きな力があると少しでも解ったら、それで十分である。
「誰も知らなかった方法」だの、「これを知らないと駄目」なんてものがあるはずがない。
しかし、そんなものがあるように思わせて、弱いオタクから金を搾り取ろうとする者がいつの時代も絶対にいるのだ。
前世があるのか、守護霊がいるのかどうか解らないということは、知る必要がないってことだ。

後はもう、なるようにしかならない。
だが、目の前の欲望に執着する者は、それが受け入れられないのである。
それで、せっかく大きな力があるのに、自分のちっぽけな力で無理矢理ことを成そうとし、結果はまあ、エサを奪い合う猿か犬のごとしだ。ちょっと大きな肉を取ったサルが喜ぶ程度の成果しか得られない。
サルが、ツボから手が抜けなくなることがある。ツボの中のリンゴを握りしめて離そうとしないからだ。
人間も皆、本質で同じことをやっている。
世間の人間の本質を最もよく表しているのが下着泥棒だ。本物の美女が得られないので、自分で出来る範囲のことを頑張った結果があれだ。頑張らなくていいのに(笑)。
だが、美女が得られるかどうか、なるようにしかならないのが受け入れられないのだ。
なるようにはなるのに(笑)。
「はい、手放しました」と言って、ちょっと手をゆるめるが、またぎゅっとリンゴを握るのが人間なのだ。

では、執着を手放す魔法の呪文の1つでもあれば良い。
お金がザックザック入ってきた呪文がある。
それは、
「ま、金ならあるし」
だ。
偉大なる賢者にしてオタキング岡田斗司夫さんの本のタイトルだ。
ま、言ってた本人はいろいろ大変だという噂も聞くが、当時はダイエットもうまくいってたので(その後、リバウンドしたようだ)、あの明るく軽い(あ、軽い)ノリを忘れたのかもしれない。
それで、川上量生さんに「岡田さんがダイエットしてリバウンドしないところが、岡田さんの唯一尊敬出来るところだったのに、それがなくなった」なんて目の前で言われたのだし(笑)。
その川上さんもテレビですごい腹をさらしていたが、つくづく、そんなこと言うもんじゃないと彼に言いたい(笑)。
ま、楽しくいこうってことだ。
『キャシャーンSins』のキャシャーンのように悩んではいけない。鬱陶しい(笑)。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ