ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

狂信の魔力

思い込みの力は全くあなどれない。
思い込みの力について、よく知られているのは、プラシーボ(偽薬効果)で、砂糖も薬と信じて飲むと病気を治してしまうことがある。
あるいは、重症だが「大したことない」と言われたら、実際、すぐ治ったり、逆に、医者が「絶対治らない」と言っても、治ると信じたら治ったという話は少なくない。

明治時代の霊能力者、長南年恵は、当時としては平均的な寿命の44歳で亡くなるまで、少女のような容姿だったと言われるが、これも、本人が、自分はずっと少女だと思っていたからだと思う。
ところで、逆の思い込みというものもある。
例えば、ある未開の部族では、脚が折れても元気に走り回るのだそうだが、彼らには「脚が折れたら走れない」という思い込みがないのだ!
(『トーチェ氏の心の法則』より)

カップラーメンが身体に悪いと思って食べたら、実際に体調が悪くなるが、メジャーリーグのホームラン記録保持者バリー・ボンズは、日本のカップラーメンは身体に良いと信じ、毎日5~6個食べ、それで、ホームランを打ちまくっていた。
また、きっと彼は「俺は誰よりもホームランを打てる」と思い込んでいたのだろう。

狂信的信仰は、実際に奇跡を起こすこともある。
決して多いとは言えないが、フランスのルルドの泉水の水を飲んだり、水浴することで奇跡的治癒が起こることが、確実にあるらしい。
これも、患者本人の狂信的・・・と言ったら失礼だが、とにかく、極めて強い信念や思い込みがあったから、奇跡が起こったのだと思う。

新約聖書の福音書にこんな話がある。
イエスの弟子ペテロが、湖の沖に浮かぶ船に乗っていた時、イエスが水の上を歩いて近付いて来るのを見て感激したペテロが、
「先生!あなたが来いと命じて下さったら私にも出来ます。どうか命じて下さい」
と言うと、イエスは、応えて、
「私は命じる。来い!」
と言った。
すると、ペテロは水の上に下りて、イエスのところまで歩いて行った。
イエスが「来い」と言ったことで、ペテロは揺るぎない信念を持つことが出来たのだろう。
方やイエスは、自分には、こんなこと、出来て当たり前だと思っているに違いない。

これが信念の力である。
それなら、あなたも、好ましいことを「狂信」すれば良い。
やり方については、リチャード・バンドラーの『神経言語プログラミング』に書いてあることが参考になる。
即ち、自分が信じていることを、人に言わない・・・というより、人に納得させようなどと、決して思わないことだ。
大抵の人は、自分が信じることについて、他人に同調して欲しがるが、それが大間違いなのである。
例えば、自分はキリストの愛人だと言い張って精神病院に入れられている女性がいた。
この女性の間違いは何だろう?
自分がキリストの愛人だと思っていることか?
そうではないのだ。
「思うのは勝手」だ。
彼女の間違いは、他人に、それを認めさせようとしたこと・・・そもそも、自分がキリストの愛人だと人に言ったことだ。
ちなみに、初音ミクさんは私の嫁だが、決して誰にも言わないさ(笑)。

さて、その上で、もっと強力な方法がある。
マントラ(真言)を唱えれば、レベル5の信念を持てる。
つまり、誰かに出来ると思えることなら、自分にも出来ると信じられるのである。
そして、ナーマスマラナ(神仏の名を心で唱えること。念仏もその1つ)を唱えれば、レベル3以上の信念を持てる。
これは、誰にも出来ないことでも、自分には出来ると信じられるレベルである。
レベル1になれば、800歳でも17歳でいられるが、かなり励まないといけない。
ちなみに、言う必要はないが、レベル4は、悪魔に出来ることが出来ると信じられることである。












  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

マントラとナーマスマラナ

人間の、世界に対する支配力は極めて小さい・・・小さいどころか、ゼロであると言う賢者もいる。
つまり、納得出来ない人も多いだろうが、全ては、運とか偶然といったもので決まるのである。
そんなふうに、運命に翻弄される中で、人間は、高次の力を使う、あるいは、高次の存在の援助を受ける方法を探し、それが提示された。
だが、ほとんどの人にとって、それらが効果があるようには思われず、うまくいったと思える者も、やはり、本当は、たまたまうまくいっただけなのである。
けれども、2つの、誰でも出来、しかも、確実に効果を上げる方法がある。
1つが、マントラ(真言)である。
これは、呪文、祈り言葉、祓詞、口ぐせ、力ある言葉・・・などと呼ばれる。
もう1つの最大の方法が、ナーマスマラナで、これは、神仏の名を心の中で唱える行である。
ナーマスマラナは、発祥の地インドでは、「クリシュナ」や「ラーマ」といった聖典や神話の神の名が唱えられるが、日本では、念仏が馴染み深い。しかし、日本の念仏は宗教儀式のイメージになってしまった。だが、念仏は葬式のためにあるものではなく、生者に力を与えるためのものなのだ。

私の場合、マントラから入り、それで高次の力を感じたことでナーマスマラナに導かれるのだが、これもよくある流れかもしれない。
マントラで確実な効果があるので、実利的な面では、これで十分である。
いきなり、ナーマスマラナから入るのは、特別な縁によるが、割と苦難がある人の場合が多いと思える。
私の場合、元々が割合に平安であったので、ずっとマントラだけできたのである。

いずれにしろ、この2つの方法でしか、高次の力に触れることは出来ない。
引き寄せのようなものは、全て効果はないが、引き寄せも、マントラやナーマスマラナを行うものがやれば、一見、効果があるように見える。だが、実際の効果は、マントラやナーマスマラナが起こしているのである。
だが、引き寄せなどのスピリチュアルが無意味であるわけではなく、人々を、物質を超えたものに目を向けさせるためには必要な部分もあると思う。
確かに、高次の世界に逃避したがる者も多いように思えるが、本当は逃避する必要はなく、現実を平然と見ておれば良いのである。
マントラや、ナーマスマラナを行えば、見捨てられることはないのだから。
また、現実を見ている者でなければ、マントラやナーマスマラナを根気強く行えないと思う。
実際、完全なひきこもりだが、マントラやナーマスマラナだけは熱心であるという者はいない。

つまり、現状がどんなに悪くても、現実から目をそらさず、しかし、現実に打ちのめされたり翻弄されずにいなければならない。
一休さんが遺言で言ったように、「心配するな、何とかなる」のであるから。
だが、そのための、本当に効果がある方法は、マントラかナーマスマラナしかない。
ちなみに、一休は、宗派は違うが、法然や親鸞を尊敬し、最後は念仏・・・つまり、日本流ナーマスマラナを行ったのである。

本来、ものごとがうまくいく時というのは、たまたまうまくいくだけなのだが、マントラを根気強く唱えると、「確実にたまたまうまくいく」のである。
だが、マントラの力が弱く感じたり、あるいは、マントラで持ちこたえることは出来るが壁を突破出来ない時、ナーマスマラナに導かれる。
それはこんな感じである。
戦場で、とりえあず鉄砲が与えられると、鉄砲がうまい者は、それでバリバリやっていけるが、鉄砲が下手な者は、鉄砲はないよりはある方がはるかに良いが、厳しいのである。
そこで、強力な援軍が現れて守ってくれたら、鉄砲がうまい者も下手な者も、自分は何もしなくても、安心でいられ、しかも、その気になれば、敵の本丸を落とせるのである。
言うまでもなく、鉄砲がマントラのたとえで、強い援軍がナーマスマラナのたとえである。
大将軍には、鉄砲が好きな者が多いが、自分では鉄砲は全く持たない者もいるのである。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

やっぱり正義は必ず勝つ

「正義は常に勝つ」と言うが、一方、「勝った方が正義になるだけだ」なんてシニカル(皮肉な。冷笑的な)ことを言う者もいる。
しかしだ、やっぱり正しい者は最後には勝つのだ。
こんなことを言うと、現実主義を標榜する者達に馬鹿にされそうだが、それでも、正義は勝つ。
だが、その前に「正義」の定義をしておくべきだろう。

善の反対も、正義の反対も、共に「悪」で通用する(正義の反対は不義や不正と言う者もいるが、ピンと来ないし、そんな決まりはない)。
では、善と正義は同じだろうか?
そこが問題で、ある意味では同じだが、ある意味では違う。
悪にはレベルはない。巨悪と言おうが小悪党と言おうが、悪は悪だ。
しかし、善にはレベルがある。高レベルの善が正義である。
高レベルの善とは、物質的な善ではない、見えない善だ。
簡単に説明する。
荘子は、「善悪は相対的なもの」と言う。
善と悪は、立場の違いに過ぎないというわけだ。
また、荘子は、善悪だけでなく、あらゆるものが相対的と言った。
例えば、破壊と見えるものも、立場が変われば完成だ(奴隷制度の破壊は、奴隷制度廃止を求める者の完成)。
中島敦の『名人伝』で、悟りの境地に至った弓の名人は、「私には、善と悪の区別がつかない」と言う。
その通りだ。
だが、これらは、目に見える物質的世界での善悪なのだ。
目に見える物質的世界では、善と悪も、他の一切のものと同様、見る者の立場で入れ替わる。
しかし、人間の頭脳では理解出来ないが、高次の観点での善は絶対だ。
それは、人間からすれば「神の意思」とか「宇宙の意思」とでも言うしかない。
その、高次の絶対的善を正義と言う。
つまり、初めに述べた通り、高レベルの善が正義である。

だから、神の意思に沿ったことが正義で、神の意思に沿っていないことが悪である。
そして、正義は必ず勝つ。
大切なことは、自分勝手な都合で、神の意思が何かを決めてはならないことだ。
子供には、社長や大統領の意思が全く分からないのと同じだ。

神の意思が理解出来なくても、神の意思に沿うことは出来る。
そして、神の意思に沿うことが正義であるから、神の意思に沿えば、必ず勝つ。
神の意思に沿う方法・・・それは、変な感じがするかもしれないが、神の名を心で唱えることだ。
他にも方法はあるだろうが、普通の人には難しい。
そして、神の名を唱える・・・ナーマスマラナ(神の名を心で唱える行)や念仏であれば、誰でも出来、しかも、確実なのである。

ドナルド・トランプが噂通りの男であれば、最後は必ず勝つ。
彼が、自分で言うように、聖書を読む男であれば、特に、ナーマスマラナを知らなくても、神の名は自然に何度も唱えるはずだ。
一方、彼の敵さんらは、心で神の名を唱えることは決してない。
そして、我々は、心で神の名を唱える行があることを知っている。
それが、ナーマスマラナや念仏だ(実際は両者は等しい)。
それを行えば、負けることは決してない。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

「愛」が分かる話

イエス・キリストに、「一番重要な戒律は何か?」と尋ねたら、イエスは、「神を愛すること」と答えた。
『バガヴァッド・ギーター』の中でも、神クリシュナは、「我を愛せよ」と述べている。
ここで、時代を超え、国を超えた普遍的な命題「愛とは何か?」「愛するとはどういうことか?」が問題になる。

男なら美女や美少女を、女なら美男や勇者や金持ちの男を愛するというのは、分かるような気がするかもしれない。
しかし、それは本当の愛ではない。
では、愛とは何かというと、実に簡単なことで、名前を呼ぶことだ。
多く呼べば呼ぶほど愛しているのである。
ピンと来ないかもしれないが、そうなのである。

キリスト教やユダヤ教では、神の本来の名はヤハウェであるが、神の名はみだりに唱えてはならないと言われている。
ただ、それは、口に出すなという意味で、心で唱えるのは大いに良いのだと思う。
ところが、イエスは、神のことを「父」「アバ(父の幼児語。パパに近いと思う)」と呼んでいたが、これは分かると思う。
自分の父や母を愛するとしても、実際の名前で呼ぶよりは「お父さん」とか「お母さま」などと呼ぶと思う。
それも名前なのである。
(ただ、イエスは、信者達に、自分の名を呼ぶようにも言っている)
江戸末期の神道家、黒住宗忠は、神のことを、「天照大神」と呼んだが、しばしば「親様」とも呼んでいる。
また、江戸末期から昭和初期の妙好人(在家の念仏者)、因幡の源左の父は亡くなる時に、源左に「これからは親様を頼れ」と言ったらしいが、この親様とは阿弥陀如来のことである。
念仏はまさに、阿弥陀如来の名を唱えることであるから、数多く唱える者は、それだけ阿弥陀如来を愛していると言うことが出来、法然は1日6万回も唱えたという。

インドでは、神の名を唱える行をナーマスマラナと言うが、クリシュナ神の「我を愛せ」の言葉通り、クリシュナの信者は、数多く「クリシュナ」の名を唱える。
ラマナ・マハルシの弟子だったブンジャジは、働きながら「クリシュナ」と1日4万回唱えたという。

ノーベル賞作家アルベール・カミュの代表作『異邦人』に、こんな印象深い場面がある。
若く美しい娘マリーが、主人公の青年ムルソーに、「結婚してくれる?」と尋ねると、ムルソーは「いいよ」と即答する。
喜ぶマリーは、ムルソーに「私を愛してる?」と尋ねるが、当然、マリーは、ムルソーの「そうである」を意味する答を期待したことだろう。
ところが、ムルソーは、「分からないけど、多分、愛してない」と答え、マリーをうろたえさせた。
そういえば、ムルソーは、亡くなったばかりの母親について、「ママのことは、多分、好きだった」と微妙な言い方をしていたものだ。
だが、マリーだって「愛する」という意味が、多分、分かっていない。
マリーを愛するとは、マリーの名を多く心で想うことなのだ。

アニメ『ツバサ・クロニクル』で、サクラがシャオランに尋ねる。
「シャオランは私のこと考えることある?私はシャオランのこと、ずっと考えてるよ」
すると、シャオランは、
「俺も、サクラ姫のことを考えているよ、いつも」
と答える。
2人とも気付いていないかもしれないが、これは、お互いが、いつも名を呼び合っているということなのである。

もう一度名前呼んで!
「初音ミク!」
~『39みゅーじっく!』(作詞・作曲・編曲:みきとP。唄:初音ミク)より~

Miku, Miku, you can call me Miku
(ミク ミク ミクと呼んでね)
~『Miku』(Anamanaguchi feat. Hatsune Miku)より~

14世紀のインドの聖者ナーマデーヴァ(ナームデーヴ)が、『聖なる名前の哲学』に、
「名前はケーシャヴァ(クリシュナ神)そのものである」
と書いた通り、名前と実体は等しい。
神の名は、神そのものなのである。
愛する人の名を、心で丁寧に数多く唱えれば、その人からも愛される。
神の名を、心で丁寧に数多く唱えれば、神に愛され、あらゆる恵を受け、救われる。
ユニティ教会のチャールズ・フィルモアが述べた通り、「神は与えたがってウズウズしている」からである。
親鸞も、念仏を唱えれば、利益に極みはないと述べている。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

免疫力を上げる

人間は、免疫力が高ければ、大抵、どんな病気も治り、健康でいられる。
新型コロナウイルスの場合も同様で、新型コロナウイルスに感染して重症化するのは、免疫に障害がある人だろう。
免疫とは、簡単に言えば、ウイルスや細菌を不活性にする機能だ。だから、これが弱いと、細菌やウイルスが活発に活動し、病気になる。

私は、免疫の重要性を、身を持って知っている。
幼い時から、アトピーか乾癬(かんせん)か、はっきりしないが(多分、乾癬の方)、重度の皮膚病で、正直、正常な生活が出来たことは、あまりなかった。
医者にも散々かかったが、医者は全く手も足も出ないようだ。
アトピーや乾癬の原因については、医学者ごとに全然違うことを言うが、おそらく、乾癬やアトピーもウイルスが原因で、私は生まれつきの免疫異常のため、ウイルスが皮膚表面に出て来て炎症を起こすのだろう。
そう考えると、非常に納得出来るのである。
糖質がアトピーや乾癬の原因と言う医者もいるが、私は一頃、極端な糖質制限をした時(実はそれで死にかけた)、乾癬は一層ひどくなったから、少なくとも私の場合は正しくない。
しかし、数年前から、ビタミンCを多量に摂ることで免疫力を上げることが出来、初めて、安眠出来るようになった。
ただ、今でも、ストレスや睡眠不足が度を越すと、免疫力が落ちるようで、そうなると、やはり、乾癬の症状が出る。
つまり、乾癬(あるいはアトピー)を起こすウイルスは常に体内にあり、普段は免疫が抑えているが、免疫が弱くなると、これらのウイルスが活性化し、肌に炎症を起こすのだと思う。
そして、私は、丁度今、いろいろあって、免疫が弱り、肌の状態が厳しい(笑)。

一頃、EM(有用微生物群)というものが注目された。
EMとは、本来は、土壌改良のための善玉菌を集めたものだが、これを元にしたEM-Xという飲料水が、万能薬として、あらゆる感染症や、癌を含む病気を奇跡のように治すことが、現役の多数の医師から報告され、それが多くの書籍にもなった。
アメリカの癌医学の権威マンディ・ゴーナム博士すら、EM-Xは癌の特効薬だと言ったくらいだった。
しかし、今思えば当然だが、医学や医療以外で、どんなに良い治療法があっても、それを表立ってやれば、社会から抹殺される。
いわゆる、医療界の利権のためだが、そんなものなのだ。
それで、今は、EMでの治療なんてことを表立って言って、わざわざ酷い目に遭おうと思う医者はいないのだと思う。
私も、EM-XやEM1号を飲んでいたことがあったが、EM-Xは高価だし、EM1号は飲料用ではなく(飲むなら自己責任となる)不味いので(笑)、継続して飲まなかったので、私自身は、効果のほどははっきりとは分からなかった。
だが、EMは、ちゃんと飲めば確かに効果はあると思う。
そして、EMが良いのは、抗酸化作用のためであることははっきりしている。
免疫力を落とすのは、活性酸素による酸化作用であると思われ、そうであるなら、抗酸化作用のあるものを体内に入れれば、免疫が上がる。
それで、私は、抗酸化作用のあるビタミンCを多量に摂ることで、免疫力を上げ、一応は、正常に生活出来るようになったのである。

ビタミンCは安価で、しかも、高い治療効果を出したという報告は非常に多い。
飲むよりも高い効果を期待出来る、高濃度ビタミンC点滴で、末期癌を奇跡的に治した事例が書籍にもなっている。
また、ビタミンC健康法を提唱した偉大な化学者ライナス・ポーリング博士(単独ではただ一人、ノーベル賞を2回受賞)は、ビタミンCを出来るだけ多く飲むことを勧めていた。ビタミンCは、安価なもので良く、原粉末なら1kg千円程度と、非常に安い。
物理学者の三石巌博士は、60歳の時に、医者に、白内障で3年以内に失明すると言われたが、医者はサジを投げて治療をしないので、すっかり医療不信になり、自分で調べ、ビタミンCを多量に摂れば良いと気付き、「浴びるほど」摂取したら完全に治り、30年後もくっきり見えたと著書に書いている。
まあ、医学・医療界は、そんなことは絶対に認めないだろうが、医療界とはそんなものだと諦めた方が良い。
ただ、ビタミンCの摂り過ぎはかえって免疫力を落とすという真面目な医学者もいて、それはそれで傾聴しているが、状況にもよるのだろうし、その人でも、1日1g程度なら、ビタミンCは効果的であると述べている。
そして、利権に絡まない善良で優秀な医学者の多くは、ビタミンCの効果を認めているし、新型コロナウイルスにも効果的であるという見解を堂々公表している医者もいた。

ところで、上にも述べたが、最近、私は免疫が弱って、乾癬の症状がやや強く出て困っているが、以前のように、日常生活に支障があるほどではないのである。
そして、調子が悪い時には、ブラックコーヒーを飲むと、かなり改善することに気が付いた。
調べたら、コーヒーのカカオポリフェノールの抗酸化力は、赤ワインと並ぶ最高度のものであるようなのだ。
インスタントコーヒーでも良いのだが、古かったり、封を切って長く経ったものは効果が弱くなっていると思う。コーヒー自体が、空気中の酸素で酸化するためと思う。
概ねで、香りが良いと感じるなら大丈夫と思う。それと、多少、良いものを飲んだ方が良いと思う。
実は私も、お中元でもらった、ちょっといいコーヒーで、この効果に気付いたのである(笑)。

それと、YouTubeで、重曹を水に溶かして飲むと、身体がアルカリ性になり、健康に良いという動画が多く出ている。
ウイルスがアルカリ性で不活性化するのは常識なので、それが本当なら、重曹は非常に安価なので嬉しいことなのだが、これについては、私は効果が完全には確認出来ていない。
また、重曹は、ビタミンCと激しい化学反応を起こして中和するので、ビタミンCと併用したら、両方の効果がなくなるかもしれない。
ただ、洋書の研究書には、重曹の効果を説いたものもあり、ここらは自分で調べるしかないと思う。

だが、何より良いのは、日本古来の健康的な食事であると思う。
納豆、味噌、天然塩、醤油、柴漬け、それに、韓国のものだがキムチなどが良いのではないか。
そして、運動である。
よく歩くことが一番であるが、腕振り運動というヨガ、仙道の秘法の効果は広く実証されていると思う。
また、振幅10センチ程度の(数センチでも良い)楽なスクワットを出来るだけ多く(1日数百回以上)やれば、免疫だけでなく、血栓を溶かす体内酵素も活性化し、そして、ダイエットにもなる。
運動のために、ジムに行ったり、何かを買う必要はない。
YouTubeで気持ち悪い(主観だが)ムキムキの人が勧める運動は、続かないので真似しない方が良い。
運動とは、1年365日続けてこそ意味があり、いわゆる「追い込む」ような厳しい運動をたまにやっても全く無意味で、むしろ、身体を悪くする恐れがあると思う。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード