ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

本当の気分の良さ、幸福感とは何か

良い出来事を引き寄せるというのは、精神状態の問題だ。
スピリチュアル世界の人気者達は、引き寄せ状態にある精神状態を、「気分が良い」、「機嫌が良い」、「ワクワクする」、「ウキウキする」、「周波数が高い」等々と言うが、全部、同じことである。
しかし、ずっと、そんな状態でいられるわけがない。
しかも、それらが「本当は」どんなものか、誰もちゃんと説明しない(出来ないに違いない)。
じゃあ、誰も引き寄せが出来ないわけである。
だが、ちゃんと説明した人がいる。

私だって、仕事中に、初音ミクさんの動画をスマホで見ても、そんなに気分は良くなく、むしろ、気が重くなる。
あまりストーリーのない萌えアニメや、面白いだけのアニメを見ると憂うつになる。

良い精神状態・・・ワクワクでもウキウキでも同じだが、それは、一言で言い表すと何だろう?
近年では、心理学で、ゾーンとかフローとか言い、そちらの方がまだ、曖昧さや誤魔化しがない・・・ないが、いかんせん複雑だ。学術用語みたいなものだからね。
昔は、至高体験とか太洋感情とか言っていて、本当に優秀な人が、長く真面目に研究した結果、結局のところ、それは、忘我、没我、無我、エクスタシー等といった、法悦とか解脱といった宗教体験と同じようなものだと考えられたが、これも難し過ぎる。
そして、ついには、有名な世界的心理学者のアブラハム・マズローが「至高体験は偉大な人間にしかない。それが起こるのは偶然にまかせるしかない」と言う始末だ。
偉大な人間は極めて少なく、普通に言う、ワクワクや「ゴキゲン!」なんてものは何の役にも立たない。
だが、マズローと親交のあった中卒の作家が、あっさりと正解を言った。
その作家とは、イギリスの世界的作家コリン・ウィルソンである。
その正解とは、
「至高体験は誰にでもあるありふれたものだ。それは単に自分を幸運だと思うことだ」
である。
マズローも、これが正しいと認めざるを得なくなる。
マズローが、大学の自分の教室で、学生達に、「自分が幸運だと思ったこと」を発表させていったら、沢山の学生が至高体験に入ったからだ。
ちなみに、私も小規模な経営者達を対象にしたセミナーでやってみたが、同じことが起こった。

ある主婦は、夫や子供達が朝食を食べているのを見て、不意に至高体験に入った。
その時、朝陽がさっと差したらしい。それが、思考を奪ったのだろう。
すると、平和に朝食を食べている家族を見て、自分は幸運だなあと、しみじみと感じたのだ。
コリン・ウィルソン自身は、昔、家族旅行をした時、小さな娘の姿が見えなくなって必死で探し、無事に見つかった時のことを考えると、いつでも至高体験に入るという。
あなただって、自分が本当に幸運だと思ったことを、しっかり考えたら1つや2つは思い出せると思う。
確かに、美味しい食事をした時「こんな美味しいものが食べられてありがたいなあ」といったように、あらゆることに感謝するのも良い方法だが、正直言って、退屈だと思う。
それよりも、自分の幸運な体験を思い出す方が、ドカンと心の周波数が上がる。これは、必要な時・・・心の周波数を上げ、宇宙の恵みを得たい時にやれば良い。

スピリチュアル系の有名人・人気者達が、いい加減に言っている「良い気分」、「ワクワク」、「周波数を上げりゃいいんだ」というのは、こんなふうにちゃんと説明しないと分からない。
それは、単に、刺激的だったり、快楽だったり、「ごっきげん!」といったものとは全く違うのである。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

神がかった状態には意図的になれる

関英男博士は、腕振り運動で難病が治る仕組みを、次のように考えていたのだと思う。
正確に言うと複雑なので、簡単に言う。
両手を振ることで、両手のひらに、GTP(重力子)という粒子が発生し、それが体内に蓄積する。
GTPは生命力の源であり、生まれた時の量が最大で、後は減っていくだけであるが、腕振り運動により、これを増やすことが出来る。
GTPが増えれば、生命力が高まり若返る。
ただし、腕振り運動で発生させることが出来るGTPはわずかなので、必要なだけのGTPを得るには、腕振り運動をかなり多く行う必要がある。

私は、それも1つの考え方であると思うが、必ずしもそう考える必要はないと思う。
つまり、GTPのような、何らかの宇宙エネルギーは、どこにでも無限にあるのであり、方法さえ分かれば、一瞬で多量に取り入れることが出来る。
MITや電子技術総合研究所(後に産業技術総合研究所に統合)で研究をしていた猪俣修二氏が、そんな不可思議なエネルギーを「影のエネルギー」と呼んで研究していたが、その後、どうなったのか分からない。
まあ、そんなものが実用化されたら、利権団体が困るので、表に出て来ることはないと思う。
よって、以下、フィクションとして見ていく。

2003年のコゲどんぼ(現こげどんぼ)さんの漫画『かみちゃまかりん』に印象的な場面がある。
勉強もスポーツも駄目駄目な小学6年生の少女、花鈴(かりん)が、一瞬で神がかった状態になる。
すると、走ると、凄く速くて、しかも疲れない。
黙って立っているだけで、誰もが見とれるほどの魅力を発する。
テストは100点、ピアノも見事に弾け、パワー、自信、知恵がみなぎる。
そして、極めつけは、「大嵐がこないかな」と思ったら、晴れていた空にたちまち黒雲が満ち、雷が落ち、大雨が降り出す。
それを見て、私はピンときた。
私も、小学6年生の時、ある日の6時限目直前に、それまで晴れ渡っていたのに雨を降らせたことがある。
雨が降ったら、嫌なことをせずに帰れたからだ。
世の中には、空の雲を消せる人がいるらしい。まあ、実際にいたとしても、そう見えるよう誤魔化しているだけということにされるのだろうが・・・
安藤一男氏の『「無意識」の魔力』に、やはり、天気を変えたり、透視をすることについて書かれているが、信じない人にはあり得ないことなので、ほとんど、そんなことはないということになる。

天気を変えるほどでなくても、やたらツイているという経験を覚えている人は多いと思う。
コゲどんぼさんは、『ぴたテン』の中でも、天使のパワーを浴びた子供が、突然スーパーパフォーマンスを発揮する場面を描いているが、おそらく、自身に、そんな経験があるのだろう。
たとえば、私の経験で言えば、バスケットボールをしていた時、ボールをどう投げても全部バスケットに入ってしまうということがあった。
ドストエフスキーの『賭博者』では、初めてルーレット賭博をやった老婆が、ゼロに賭け続けて大勝ちした時が、そんな状態だったのだろう。
まあ、ビギナーズラック(初心者が大勝ちしてしまうこと)なんてのは、多くの場合、宇宙エネルギーによる奇跡現象なのである。

もし、意図的に、そんな神がかった状態になれれば不可能はなくなる。
だが、やり方は分かっていて、ヱヴァンゲリヲンのように、力を集めるとか、力を引き出すのではなく、力を抑えているものを外せば良いだけである。
人間においては、だいたいが、左脳が力を抑えているので、右脳に支配権を渡せば良い。
もちろん、程度の低い人間が、そんなことを簡単に出来るということはない。
しかし、それなら、程度が低くなくなれば良いのである。
クリシュナやイエスのように、あるいは、スサノウやオオクニヌシやホオリのようであれば良い。












  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

勝利を呼ぶ3つの言葉

科学的にも、スピリチュアル(精神世界)的にも、必ず勝利する言葉が3つある(他にもあるが)。
それは「大丈夫」「ありがたい」「なんとかなる」である。
「大丈夫」は、科学的研究によっても、能力が高い人は、頭の中で「大丈夫」や類似の言葉をずっと言っている傾向があることが分かっているらしい。
スピリチュアルと言って良いのかは分からないが、心屋仁之助さんは、これを最上の言葉、言えば成功する言葉と言っている。
「ありがたい」は、江戸末期の偉大な神道家、黒住宗忠が、神の恵みがあるから、口先だけでも良いから言えと言った言葉だ。
「なんとかなる」は、一休さんの遺言として有名だが、斎藤一人さんが、この言葉が良いといった本を出している(私は読んでいないが)。

それで、「大丈夫」「ありがたい」「なんとかなる」の中で、どれが一番良いかというと、全部同じ意味なので、どれでも良い。全く同じだ。
だから、自分が一番感じが良いと思うものを、口ぐせのように唱えると、ハッピーラッキー間違いなしといったところだ。
ところで、この3つがどういう意味で同じかというと、3つとも「おまかせします」という意味だということは理解しておくと良い・・・というか理解しないといけない。
だから、欲望を捨て、何も望んではならない。ここが重要なポイントになる。
だが、欲望を叶えようと思って、これらの言葉を唱える人が多いと思うが、そんな人達は落胆し、「なんだ、効果ないじゃないか」などと言う(笑)。

IT界で著名な梅田望夫さんが本に書かれていたが、グーグルの技術者達が「インターネットという神の意思を実現するために開発している」と言っていたらしい。
つまり、自分が何を開発したいとか、自分がインターネット世界を変えてやるぞなどと思っているのではなく、神の意思に従おうと思っているのであり、これが、「おまかせします」の姿勢だ。
BUMP OF CHICKENの藤原基央さんも、以前、ラジオ番組だったと思うが、「自分がどうプレイしたいかではなく、音楽がどうプレイして欲しがっているか考えてプレイしている」と言っていたが、これはグーグルの技術者と同じ思想なのだと思う。で、藤原さんは、自分の意思や欲望を全く持たない尊敬すべき存在が初音ミクだと言っていたのである。

『ザ・シークレット』にも、この思想が見られる部分があり、私は、『ザ・シークレット』の中で、そこだけは好きだ。
つまり、良い自動車が欲しいと思うのではなく、今、乗れる自動車があることに対し「ありがとう」と言って感謝するのである。そうすると、新しい自動車を引き寄せるが、新しい自動車を引き寄せようという下心で「ありがとう」と言っても駄目である。
何でもいいから感謝するのだ。着る服があること、住む家があること、見る目があることなど、感謝出来るものを見つけて「ありがとう」と言えば、自ずと、もっと良い服、家、さらには、視力も得られるのである。著者のロンダ・バーンは、老眼を3日で治したらしい。

「神様の奇跡が起こる」「ナムアミダブツ」「アマテラスオホミカミ」といった言葉も、神様や仏様におまかせしますという意味だ。
だから、「大丈夫」「ありがたい」「なんとかなる」と一緒に唱えても良いし、相乗効果があると思う。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

古事記を読むことはメリットだらけ

男性の場合を想定したのだと思うが、兵士が戦場で死ぬ時、意識があったら、必ず「お母さん」とか「ママ」とか言うらしい。
まあ、嘘である(笑)。
ただ、そんな話がまことしやかに言われる理由もある。
人間の自我の土台部分には、母親の性質がかなり組み込まれていて、母親の印象は決して忘れないものであることは確かだろう。
母親に育てられず、自我の土台に母親の色がないと、自我が不安定で苦しいものらしい。
それで、母親を知らない人は、いくつになっても、母親を探したい気持ちが強いことが多いのである。
ただし、本当の母親でなくても、とにかく、自我の土台に母親のパターンが入っていれば、それで良いらしい。
とはいえ、自分の母親が本当の母親ではないと知ると、自分の自我を偽物っぽく感じて、本当の母親を探したいと思う場合も多いようだ。

心理学者の岸田秀さんの本に、本当か嘘かは分からないが、面白いことが書かれていた。
三島由紀夫って人は、生まれてから母親から離されて育ち(お婆さんか誰かが育てた)、自我の土台に母親が組み込まれていないのだが、岸田さんが言うには、母親に育てられないと、自我自体がちゃんと構築されず、不完全になるのだそうだ。
そこで、三島はどうしたかというと、ある程度成長してから、独力で自我を構築し、結果、作り物の人工的で変な自我が出来たらしい(確かに三島は変人だ 笑)。
それでどうなったかというと、三島自体は優秀な部分も当然あるのだが、自衛隊員達に「君たちは武士だろう」と(本気で)言うなど、いかにも作り物の自我らしい発想をするのだそうだ。
三島は、「悩みがあれば腹筋をやれ」と言ったりもしたそうで、今でも、「人生の問題の99パーセントは筋トレで解決する」と言う人気のある人がいるが、そんなことを、ずっと昔に言ったようなのだ(笑)。
まあ、今も、そんな人が人気があるのも、下で述べるが、自我が不安定な人が多いからだと思う。

母親に育てられても、母親が本当に子育てが嫌で、「何で私がこんなことしなきゃいけないの」とか思っている場合は、やっぱり、子供の自我の土台がおかしくなる。
そして、今は、自我の土台がガタガタの人がひどく多い。
あなたもそうかもしれない。
その場合、三島のような変な自我を構築してはならない。
鎌田東二さんという哲学者・宗教学者がいるが、彼が、子供の時、ものすごく精神が不安定だったらしい。やはり、自我の土台がおかしかったのだろう。
しかし、彼は、『古事記』と『ギリシャ神話』を読んだら、精神が安定したと言う。つまり、それで、自我の土台がしっかりしたのだろう。
そりゃ、『古事記』にしろ『ギリシャ神話』にしろ、世界誕生の物語であると同時に、それがそのまま、1人の人間の誕生と成長の物語なのであり、子供のように、あまり理屈を考えずに読むと、素晴らしい効果がある。
で、鎌田さんは、子供の時は鬼が見えたのに、それが見えなくなり、天使が見えるようになった。学習塾の講師をやっていた時、小学5年生の女の子達の中に天使がいたのだそうだ。
これは、決して、ロリコンというのではなく(ロリコンかもしれないが 笑)、私も、小学1年生の時、クラスの中に天使がいたのを、はっきり覚えている。
私は、幼稚園の時に、『古事記』や、その他にも、いろいろな神話やおとぎ話に接する機会が多かったので、それが影響したのだろう。
尚、神話を読むと、当然のことなのだが、引き寄せの力も強くなり、私は、あまり実用的とは言えないことが多かったが、とんでもない奇跡を数多く起こしたのである。
その鎌田東二さんが書かれた『超訳 古事記』は本当にお奨めである。
ギリシャ神話であれば、『神統記』が最もお奨めだが、里中満智子さんの『マンガ・ギリシャ神話』が、ストーリーを把握し易く、しかも面白い。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

引き寄せの訓練

誰にも強制されず、自主的に勉強や訓練をして何か出来るようになることは、特に若いうちは貴い経験になる。
それは小さなことであっても、強制された勉強や訓練で、テストで1番になったり、ピアノが弾けるようになったり、スポーツで優勝することに優るに違いない。
私は小学4年生の時、格闘技の選手に憧れていたこともあり、大学レスリング部の選手だった従兄に教えられて腕立て伏せや腹筋運動を始めたが、その時はあまり熱心ではなかった。
しかし、中学1年生の時、屋根の上を飛び移るアニメのヒロインに憧れ(笑)、熱心にスクワットをやるようになった。男のロマンより萌えだったのであるが(笑)、まあ、自主的かつ真面目に修行したのだから良いだろう。
やはり、中学1年生の時、これも、どうせ、ギターを弾くアニメの美少女キャラの影響だろうが(笑)、クラシックギターを一人で練習し、上手くはないが、一応、弾けるようになった。
学校の授業は一切聞かなかったが、これも独学で数学だけは勉強して、まともな成績を取っていて、やがて、英語と理科だけは少し勉強し(当然独学で)、それで人生に何の問題もなかった。

私のプログラミングも全く独学である。
プログラミングは、全くゼロから始めた場合でも、寝食を忘れるほど熱心にやれば、私のような平均レベルの地頭の場合、1か月程度で、未経験枠で企業に採用される程度にはなると思う。
私の場合、それほどはやらなかったので、社内SEで通用するのに3か月ほどかかったと思う。
だが、3か月だろうが1年だろうが、若い時期であれば短いものである。
45歳からBASIC言語(今なら Excel VBAに相当すると思う)を独学し、プログラミングで成功した人もいる。この人の場合、「プログラミングが出来る事務員」といったものではなく、まず、プログラミングで、勤めていた企業に貢献し、独立してコンサルタントになった。
プログラミングは、多くの分野で多くの活躍場所があるのだから、今は何も特技がなくても、また、少々年齢がいっていても、一発逆転を狙い、努力する価値があると思う。

留学経験や海外勤務経験もなく、英語で成功した人もいる。
アインシュタインの物理学も全くの独学だった。
歴史的なヴァイオリニスト、ニコロ・パガニーニのヴァイオリン演奏も独学だった。
コリン・ウィルソンが言うように、天才とは内なる衝動に過ぎない。
そして、天才とは言わなくても、私のように、多少、動機がアレでも(笑)、また、能力に欠けても、やる気になれば人に優ることが出来る。

それで言えば、引き寄せの訓練も良いと思う。
引き寄せの能力も訓練で確実に高まるのである。
引き寄せが出来ないのはなぜかとか、引き寄せの本を読んでも引き寄せが出来ないとか言うのは、単に、訓練不足なのである。
訓練もせずに、楽器が弾けたり、プログラミングが出来たりするはずがないのに、引き寄せに関しては訓練が問題にされないのはおかしい。
だが、引き寄せは、人間が当然持つ能力なのだから、間違いなく出来るようになれる。
私は、子供の時に、奇跡レベルの引き寄せが出来たが(世間的に実用的かどうかはともかくだが)、空想により精神を鍛えていた面はあったのだと思う。
司馬遼太郎の『真説 宮本武蔵』にも、剣の達人への道は、無になるか、妄想に集中することであるようなことが書かかれていたが、いかなる分野でも同じで、引き寄せはまさにそうと思う。
空想癖のある者は、現実逃避しているのでない限り、かなりの引き寄せ能力を持ち、逆に言えば、それが出来れば現実逃避する必要はない。
筒井康隆さんの有名なSF小説『時をかける少女』の中で、重要人物である深町 一夫の印象が「夢想家」と書かれていたのを見て、私は中学1年生の時、自主的夢想家になったようにも思う。
それで、何度か書いたが、中学生の時、およそ馬鹿げたほどの引き寄せを行って見せたのである。
精神修行は、何でも引き寄せの訓練になる。
空想もそうだが、コロコロ変わる空想ではなく、同じことを熱心に空想すれば、それが現実になる。そのためには、それが魅力的で胸が震えるような空想でなくてはならない。ただし、露骨な性的空想は害にしかならないことは注意した方が良い。
他にも、マントラを唱える、祝詞を唱える、聖典を読むなどは、どれも優れた精神修行になり、引き寄せの力を高める。
楽しみというよりは、多少は修練のつもりで、『バガヴァッド・ギーター』や『ラーマーヤナ』や『聖書』や『古事記』を読むと、引き寄せ能力は格段に上がるだろうと思う。
呼吸に関する様々な訓練や、肛門を引き締めたりの訓練は、いつでもどこでも出来るので、熱意があれば、早い時期に顕著な成果が出るだろう。












  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード