ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

真面目な理性が魔力の邪魔をする

涼宮ハルヒ(小説・アニメ『涼宮ハルヒ』シリーズのヒロイン。高1~高2)の魔法の使い方は、私とよく似ている。
ハルヒは、お寺のドバト(普通の鳩。正式にはカワラバト)の群を見て、「白鳩になればいい」と言ったら、翌日、本当にそうなった。
9月に「桜があればいい」と思ったら、1つの場所ではあるが、桜が満開になった。
なかなかやるではないか(笑)。
私は、小学4年生の時、天文の知識はゼロだったが、夜空の1つの星を適当に選び、「あの星が土星ならいい」と思って天体望遠鏡で見ると、必ず土星になった。
星を1つ変えるのだから、ハルヒに負けているとも言えまい。
車の多い車道で、信号のある場所まで行くのが面倒で、「目をつぶって飛び込んだら、車は来ない」と思うという方法でいつも道路を渡っていた(良い子・・・いや、大人も真似しちゃ駄目だ)。
「以前見た時代劇のあの回を録画したい」と思って、録画リモコンを握って待っていたら、ちゃんとそれが放送された。

大人になってからも、ヤケを起こして会社で微妙な立場になった時、「スカウトが来れば良い」と思えばそうなった。
まあ、基本的には、私の魔法は、個人的な範囲で済むもの限定のようにも思われるが、それは、エゴ(理性)がイド(本能)を抑えるから・・・ということもあると思う。
つまり、善良な人達に多大な迷惑をかけることや、道徳や倫理に著しく反する願いは叶わない。
とはいえ、イドの最大の欲望である「生きる」が脅かされたら、人様に迷惑をかけることもあるのかなあと思う。
それはともかく、この魔法の使い方を定式化し、誰でも使えるように出来るだろうか?
もちろん、可能と思う。
それが、アンダーグラウンドで流行りの「引き寄せの法則」である。

H.G.ウェルズの『奇跡を起こせる男』での、奇跡の使い方は分かり易い。
ただ言葉で命じるだけだった。
あの小説の奇跡を起こせる男、フォザリンゲーが最初にやった奇跡は、ランプが空中で逆さに燃えることだった。
彼は、自分で言うところでは「意識を集中して」、ランプに向かって、
「こわれずに逆さになれ、そして、ちゃんと燃えつづけろ!」
と命じたら、その通りになり、この時は、本人も驚いていた。
このやり方は、私には難しそうだ。
つまり、奇跡を起こすとしても、私の場合、自分で起こすというよりは、やはり何かに頼んでいる感覚がある。
その「何か」とは、30ページの最高の引き寄せ書『イット・ワークス』では、著者は「インマヌエル(我らの中にまします神)」と呼び、ジョセフ・マーフィーの『あなたも幸せになれる』(文庫版では『努力嫌いの成功法』)では、「コズミック・エナージャイザー(桑名一央氏は「宇宙の活力」と訳)」だ。
まあ、両方の著者とも、「何と呼んでも良い」と述べているが。

完全な定式化はまだ出来ないが、最近思うことは、やはり、エゴ(理性)の反発を招かないことが重要なのだということだ。
その点、涼宮ハルヒは、利己的と言うよりは幼いので、かなりまずいこともやらかすが、それでも、古泉一樹(超能力者。某機関所属)の言う通り、あれでなかなか理性的なのである(でなければ地球はとっくに破滅している)。
エゴと言ったら「エゴイズム(利己主義)」を連想する人が多いと思うし、確かに、そんな意味もあるが、エゴは理性のことである。
叶えたい願いがあっても、それが理性の反発を招くものであっては叶い難い。
例えば、人の奥さんを彼女にしたいという場合には、理性は反発する。
しかし、理性が足りない人間の場合はそうではないが、そんな人間は集中力に欠けるので、あまりうまくいかない。
ただ、サイコパスの場合、人工的な都合の良い理性を持っているので、願望が叶ってしまい易い。それは単に「サイコパスは地頭が良い」というだけでなく、やはり、魔法的な力もあるのだと思う。
まあ、ここでは詳しく書かないが、サイコパスは破滅因子を持っている場合が多く、あまり良い生涯にならない場合が多い。

理性の反発を招かない願いを持つことだ。
そうすれば、後はガッツポーズをしておけば、大抵は叶うのではないかと思う。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

イメージトレーニングの可能性は無限大

昨日も少し、観想トレーニングのことを書いたが、そういった、心の中で行うトレーニング、修行の効果は想像を超える。
科学的にも、心の中で運動をすると、脳波がアルファー波の状態では、脳は、現実と想像の区別が付かないので、実際に筋肉も活動する。
アルファー波を出すことは難しくない。
目を閉じれば、自然にアルファー波が出るほど簡単だ。
また、心と呼吸は呼応するので、呼吸を静かにすれば心も落ち着き、脳波はさらにアルファー波が優勢になる。

気功家の高藤総一郎氏の本にあったが、ある異常な怪力を発揮する僧は、普通の修行はほとんどせず、瞑想中に、大岩を持ち上げたり、大木を引き抜くことを想像していたら、実際に出来るようになり、その後は、山を持ち上げる想像に移ったらしい。
私は、屋根の上に飛び上がる想像をしていたら、脳は、それをするには体重が軽いことが必要と判断したのか、無駄な肉が取れ、脚も細くなったことがあったし、実際、身体が軽く感じた。
これは、楽しくて楽な想像ダイエットである。
これは生半可にやらない方が良いが、私は子供の時、住んでいた5階建てのアパートの屋上から飛び降りる想像をしていたら、少々の高さの階段なら少しも高く感じなくなり、頭では、自分でも、とんでもない高さだと思う階段を平気で飛び降りていたことがあった。これが子供の想像力の凄いところかもしれない。
想像力があれば、観想で、サバンナでシマウマの群れと一緒に走ったりすれば楽しいし、心身に良い影響があると思う。

観想で修行することも出来るし、実際に行っている行者もいる。
例えば、滝行や、霊山の中を歩いたり、岩山の上で瞑想したりである。
ただ、いかに空想とはいえ、霊山を歩く時などは、それなりの服装で、敬虔な気持ちで行った方が良い。

さらに凄い観想がある。
異世界とか、他の惑星に行くのである。
異世界とは、桃源郷とか、仙界とか、次元界と言われる、この世界とは別次元の世界で、仙人や仙女が住んでいると言われている。
幽界や霊界も異世界と言えるが、それは、霊の専門家でない限り、死んでからのお楽しみにした方が良いと思う。
異世界の山や湖は、我々の世界を超えた美しさ、神秘性に輝く幽玄の世界であり、そこで過ごすだけで、精神が純化されたり、波動周波数が向上する。
礼を尽くせば、賢い仙人の教えを受けたり、美しい仙女が舞う姿を見ることが出来るかもしれない。

天才発明家であった二コラ・テスラも、想像の中で別の世界を訪れ、そこの人々とリアルに交流していたが、彼には、それがただの空想とは思えなかった。
テスラは60歳を越えても若者に優る肉体・・・と言うより超人的であったが、それも、実際にトレーニングをしたというより、想像の力だったのかもしれないと思う。

自分の想像なんだからと異世界でやりたい放題に振る舞うと、悪いことがあるかもしれない。
だが、真摯な気持ちであるなら、賢者の書を見れば、その内容を意識では覚えていなくても、内なる英知を呼び起こすことが出来るようになるかもしれない。
ある物理学者は、精神体で、宇宙人の宇宙船に乗って他の惑星に行き、いろいろ学んだりもしたそうだが、自分では覚えておらず、一緒に行った人(普通の人間だが、彼は行った記憶があった)に言われて、なんとなく思い出したのだそうだ。
アダムスキーの場合は、肉体で、宇宙人の宇宙船で他の惑星に連れて行ってもらったらしいが、霊体のような精神体で他の惑星に行った人の書籍もある。
そういったことは、自分で実際に行って確認すれば良いことかもしれないが、良くない種類の宇宙人、あるいは、異世界人もいるらしいので、こちらの精神がある程度高いことも必要だと思う。
そこで、まずは、1人修行から始めるのが良いかもしれない。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

自分が英雄であることを思い出すには

アメリカ最大の賢者、ラルフ・ウォルドー・エマーソンは、エッセイ『歴史』の中で、極めて重要なアイデアを述べている。
それは、「英雄の物語を読む時は、それは自分の物語であると知れ」だ。
実際に、その通りなのだからだ。
私は、いったい誰を英雄と呼ぶべきか分からないのだが、イエス・キリストなら、その資格は十二分以上にあるので、新約聖書の福音書を読むなら、イエス・キリストという自分の物語を読むのだと自覚すれば良い。
それと似た教えとして、ジョセフ・マーフィーが、「『ヨブ記』(旧約聖書の中の一章)の意味を知りたいと思うなら、昔、自分がそれを書いた時のことを思い出せば良い」と述べている。
つまりね、どう転ぼうが、あなたは、ただ者ではなく、恐るべき存在・・・人類を代表する存在なのである。
そんな馬鹿なと思うのであれば、あなたは、親や学校や世間や社会や国家に洗脳されてしまっているだけである。
無論、自分が英雄だからと言って、得意になるようなことでもないが、静かな自信を持つべきなのである。
パラマハンサ・ヨガナンダの『あるヨギの自叙伝』で、トラと素手で戦う男タイガー・ババが言っていたように、我々に欠けているものは、冷静な自信である。
まずは、エマーソンが言う通り、英雄の物語を、自分の物語だと自覚して読むと良い。

あるいは、『涼宮ハルヒの憂鬱』を読むと良い。
なぜなら、我々は、涼宮ハルヒなのだからだ。
もっと納得し易い言い方をするなら、我々は、涼宮ハルヒと同じ力を持っている。
願ったことは、いかなることでも現実にしてしまう力だ。
ハルヒは、自覚なく奇跡を起こしてしまう。
彼女がいつでも前向きで気分が良いからだ。
もちろん、時にはハルヒだって落ち込むが、すぐに回復する。
「ハルヒ」というのは、おそらく、『張(は)る霊(ひ)』なのである。
我々もまた、張る(膨張する)霊、膨らむ生命を持っていなければならない。
ハルヒの選択基準は、「面白いか面白くないか」だ。
これも、「楽しいか楽しくないか」「ワクワクするかしないか」「ゾクゾクするかしないか」「ロマンを感じるか感じないか」などと置き換えても良い。
楽しくないこと、ワクワクしないこと、ゾクゾクしないこと、ロマンを感じないことは、決してしてはならない。
ハルヒは、小学6年生の時から、ある事件をきっかけに面白いことを求め続けた。
求めたものは与えられる。
ハルヒは、「面白いことは待ってるだけじゃやってこない」「私が待ってるだけの女じゃないことを世界に教えた」と言ったが、その通りである。
ならば、ガッツポーズをすれば良い。
他に、特に何もする必要もない。したければすれば良いだけである。
そして、いかなる時も決して挫けず、全ては良い方向に向かっていると思うことである。
ハルヒは間違いなくそうなのだ。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

楽で気持ち良い運動で、強く美しい身体を作る

私は、数年前は、腕の痺れに悩まされたし、腰痛もあった。
だが、昨年あたりから、いわゆる「キツい運動」をすっぱり止め、腕振り運動や大東流合気柔術式四股といった、楽で気持ち良い運動だけ行うようにしたら、数ヵ月で一切の不調が消えた。
ごく若いうちは別として、苦痛を感じるような運動をしない方が良いし、若くても、腕振り運動のような東洋式の運動をした方が、身体は健全に発達するかもしれない。
最も良い運動は、歩くことと、普通にものを運ぶことと思う。
だから、ゴミ出しすら車でやっている人(主婦に多い)を見ると、この人達は、歳を取ったら、かなり悪いことになるかもしれないと思う。

物理学者ながら、健康分野の研究や著書で知られる三石巌氏は、運動はしなかったが、95歳になってもスキーを楽しむなど、非常に健康だった。
(ちなみに、三石氏は、現代医療はほぼ完全に否定しておられた。)
三石氏は、運動はしないと言っても、アイソメトリック・トレーニングという、静的筋肉トレーニングを毎日数分はしておられた。
両てのひらを左右から押し合うなどで、全力の60~80パーセントの力を数秒出すといったもので、野球ボールを握ることも、アイソメトリック・トレーニングに入るだろう。
アイソメトリック・トレーニングの場合は、筋肉は外部に力を及ぼすが、そうではなく、ただ、筋肉を収縮させるだけといった運動を薦めている人もいる。
ユリ・ゲラーもそうで、たとえば、座った状態で、太ももに力を入れて、筋肉をぐっと引き締めるといったことを行う。
昔、ディック・ザ・ブルーザー・アフィルスという超大物プロレスラーがいて、筋肉の塊のような身体をし、70歳を過ぎても激しい試合をしていたが、彼が、
「トレーニングなんかしなくても、こうやってぐっと力を入れれば良い」
と言っていたのを思い出す。
プロレスは真剣勝負ではないと言っても、超美男子である等の美点でもない限り、強さが序列を作るものであるらしいが、ブルーザーの場合は強過ぎて、完全に別格の存在であったと言われる。選手はもちろん、プロモーターも彼には逆らえなかったという話を私はよく見た。

また、観想トレーニング・・・つまり、頭の中でトレーニングを行うことも有効だということをご存じの方もいると思う。
『THE SECRET』のDVDで見たが、NASAで宇宙飛行士のトレーニングの研究を行っていた科学者が、運動選手に、瞑想状態で、頭の中で想像の競技をやらせたら、実際の競技の時と同じように筋肉が働いていたと言う。それを利用してオリンピック選手の指導も行っていたようだ。
アントニオ猪木さんも、現役時代、瞑想することで、トレーニングをしなくても身体の調子を維持出来るとテレビで言われていたが、心身一如(身体と心は一体)なのであり、心で身体を作ることが出来るのだと思う。

電波工学の世界的権威だった関英男博士は、毎朝2000回の腕振り運動で胃癌を治し、90歳を過ぎても、世界中の論文を取り寄せ、また、元気に世界を飛び回って研究をしておられたようだ。
中村天風(剣術の達人)、植芝盛平(合気道の達人)の両方の高弟で、やはり合気道の達人であった佐々木の将人(まさんど)氏も、「はーはー言いながら運動する時代じゃない」と言い、ハードトレーニングを否定しておられたと思う。
スポーツでも、筋トレをせず、自然な動きを多数繰り返すことで強くなる自然トレーニングとでもいうものを行う超一流選手も増えていると思う。

私も今は、毎日、トータルで、腕振り運動千回以上、大東流合気柔術式四股千回以上を欠かさない。とても楽で気持ちが良い運動なので、続けることは難しくない。
また、いくつかのポーズ(思いつきでやっている)で、筋肉をぐっと収縮させることで身体を引き締め、すらりとした身体を作っている。
まだ腕立てみたいなことをしていた頃のTwitterのプロフィール写真より更に引き締まってきたと思う(https://twitter.com/thekaynotes)。

大東流合気柔術式四股のやり方は、下にご紹介した『佐川幸義 神業の合気』を、そして、腕振り運動は、いろんな流儀があるが、解説した書籍を何冊かご紹介しておく。
関英男博士の『宇宙学序章 グラビトニックス』は、残念ながら、古書でも高価であるが、一応、ご紹介しておく。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

引き寄せマスター空海

私は以前から、数百冊の著書がある仏教学者のひろさちやさんの本の中でも、私が思う最高傑作は、ひろさちやさんの若い頃(と言っても47歳位だが)の著書『空海入門』(1984)と思う。
ただ、この本は、仏教の専門家(僧侶、仏教学部の大学教授等)には、おそらく評判が良くないような気がする。
また、この本には、ひろさちやさんの独断もかなり入っている。
しかし、この時、ひろさちやさんには、空海が乗り移っていたように感じられ、渡部昇一さんも、この本(祥伝社版)のカバーの推薦の言葉に「この本で空海に開眼した」と述べておられる。

まず、この本の良いことは(専門家的には悪いところになるかもしれないが)、ひろさちやさんは、空海は、自分は仏陀(釈迦と同等の存在)だという信念を持っていたということだ。
もっとありきたりな言い方をすれば、空海は、仏陀になり切っていた、あるいは、自分は仏陀だと深く思い込んでいた。
まさに、「私が価値があると言えば、それが価値になる」と言う、エマーソンの『自己信頼』のごとき信念だ。
※ 「私が価値があると言えば、それが価値になる」自体は、青池保子さんの『エロイカより愛をこめて』の、エロイカのセリフだが、エマーソンも同等のことを述べているのだと思う。

このことから、空海が引き寄せの達人だったことを確信する。
空海が打ち込んだ密教では、世界は精密な曼荼羅(マンダラ)であり、現代でいうVR(仮想現実)世界であることを見抜いた天才によって構築されたのが密教なのであり、それは引き寄せの技術に直結する。
何より、空海の行動自体が、この仮想世界を動かす引き寄せの法則に則っている。
例えば、当時は無事に到着する方が珍しい、唐(当時の中国の王朝)に船で渡る遣唐使の一員になった時も、他の団員が「途中で転覆して死ぬのではないだろうか」と不安に思っている中で、空海は引き寄せマスターの貫禄を見せ、超然としていた。
引き寄せでは、目標は既に成ったと見なさなければならない。
だから、空海は、唐に着くのは当たり前であり、不安など全くなかったのだ。
その揺るぎない自信は、自分が仏陀であるという信念からも来ている。
つまり、「仏陀である私が唐に行きたいなら行けて当たり前。さあ、次はインドにでも行くか」と思っていたのだ。
引き寄せが下手な者は、目標を達成したという視点に欠けるのである。
だから、目標を達成したら、それで終わりと思っているので、目標に生命力がない。
例えば、一千万円が目標としても、それを得て何をするかという発想がないので、情熱が起こらない。
しかし、空海は、唐に行って中国の仏教を学んで、もっと仏教の理解を深めようというのだから、そもそも、唐に着くこと自体は、大したことではない。
やはり、着いて当たり前なのだ。

ひろさちやさんは、仏陀になり切るのはどうすれば良いかというと、仏陀の真似をすることだと書いている。
仏陀らしく話し、仏陀らしく飯を食い、仏陀らしくクソをする・・・だ。
尚、最も効率が良いのは、私が今朝書いた通り、「仏陀らしくあくびをし」「仏陀らしくガッツポーズをする」ことだ。
仏陀のガッツポーズは、さぞや雄大で力強く、そして、爽やかであろう。
また、仏陀のあくびは、ゆったりとして気品があり、筋肉は力強く振動しているのではあるまいか。

むろん、誰もが仏陀になりたい訳ではない(むしろ少数だろう)。
金持ちになりたければ、金持ちらしいあくびをし、モテモテになりたければ、モテモテに相応しいガッツポーズをすれば良い。
これこそが密教であると私は思う。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード