ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

タイムリミット

下流の人間・・・経済力、敬われ方、魅力、能力等において、つまらない下々の人間とは、頭の中に雑草が生えるまま放置している者だ。
確かに、そうなるよう、親や学校に、悪しきものの考え方を叩き込まれてしまったのだろうが、そのままでは、ずっと下流のままだ。
頭の中に、恨み、妬み、傲慢、嫌悪、軽蔑、色情、非難・・・などが蔓延り、それらが次から次に湧いてくる・・・そんな人間が、成功したり、敬われることはない。

安っぽい精神系と言われる思想で、「そのままでいんだ」なんて言うことがあるが、そのままで良いはずがない。
一生、惨めで良いなら別であるが。

明治大正の教育者で、岡田式静坐法で知られた岡田虎二郎は、1日中、たゆむことなく、腹に力を入れろと言っていたらしい。
腹から力が抜けた時に悪いことを考えるからだ。
中村天風は、常に肛門を引き締めよと教えたのだと思うが、それも同じ理由からだろう。
法然が、行住坐臥(ぎょうじゅうざが)・・・つまり、いつでも念仏を唱えよと言ったのは極楽往生のためということになっているが、一休は、極楽浄土は今ここにあるべきなのだと言ったのだと思う。そして、その障害となる悪い考えを起こさないために念仏を唱えるということなのであると思う。

こういった、美しくも古式ゆかしいやり方が性に合うとしたら、それも育ちのせいだろう。その場合は、是非、そうすれば良い。
しかし、あまりに心の中が混乱し乱れてしまっている者、あるいは、理屈で考える習慣がついてしまっている者には難しいかもしれない。
理屈で考える教育が徹底してしまっているが、自分の心があまりに醜いので悩んでいた者が、「これを唱えれば救われる」と言われて、変な言葉を唱えさせられて精神支配されてしまったのがオウムの信者だったのだろう。
信仰宗教にのめり込む人というのは、真面目だが自己支配力が弱い人達なのだ。

チャールズ・ハアネルは『ザ・マスター・キー』の中で、「私はなりたいものになれる」という暗示が最高のものの1つであり、それを1日中唱えることで根源の力を取り戻すことが出来ると述べているが、確かに、これならおかしな思想を持つこともあるまい。
もちろん、これも1つの方法というに過ぎず、何をどうやるかは自分で決めることだが、ただ、漠然と積極思考、プラス思考といって、常に前向きで明るいことを考え続けることは難しいだろう。
人間は単純でチョロいものである。
だから、昨日も、斎藤一人さんの「ツイてる」とか「幸せだなあ」と言った言葉を千回唱える「千回の法則」のことを思い出して書いたが、そんなものが緊急的に必要な、切羽詰った、危ない人が多いように思う。
まずは、今すぐやり始めることが必要かもしれない。
でないと、もう終わりだ・・・という人、多くないだろうか?
いや、人のことは言えないのだよ、私も・・・気付くだけ良いのだと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

シリウスになりたい

子供の時、私にとって大きなものの代表は太陽だった。
この大きな地球の100倍ほどの直径がある。
しかし、小学5年生の時、明石の天文科学館に行いくと、壁に、いろいろな恒星の大きさが太陽と比べられるように図示されたパネルがかけられていたのだが、それを見て驚いた。
スピカで(直径が)太陽の8倍(4倍説もある)、アルデバランは45倍、リゲルは70倍、そして、デネブは110倍、さらに、ペテルギウスは900倍。
それを見て、せっかく人生観が変わったのだから、あそこで学校をやめれば良かったのに、翌日から学校に行って、また、せせこましい考え方をするようになって現在に至る・・・か(笑)。
いや、本当に笑ってしまう。

太陽だって、想像外の大きさだ。
つまり、なんとなくの思い込みの大きさどころじゃないはずなのだ。
いやいや地球だって・・・本当は日本だって。
まあ、富士山やナイアガラの滝を見て、その大きさに感動するのが、この惨めな人間ってもんである。

レイシアはアラトに言ったっけな。
「オーナー(アラトのこと)の世界はもっと拡大して良いのです」
これを私も受け止めよう。
(SF小説・アニメ『BEATLESS』より)

夢がないって人がいる。
そんな人は、無理に夢を持たない方が良いのかもしれない。
だって、世界があまりにせまくて、大きな夢を持とうとすると、分不相応感が大き過ぎて少しもワクワクしなかったり、あるいは、誇大妄想でしかなく、変な人になってしまう。
世界を拡大することだ。
それにはどうするか?
お金だ。
収入が3倍になれば、世界も3倍かどうかは分からないが、確実に大きくなる。
あるいは、自由に使えるお金の額だ。
今、それが100万円だとすれば、1000万円になれば、やっぱり全然違う。だが、どうせなら1億くらいにしたいものだ。
そのためには、心が前向きで、強く明るくなければならない。
あまりに暗い影や、とげとげしさがあってはならない。
この解決法に関してだけは、私は大嫌いだが(笑)、斎藤一人さんの「千回の法則」を使うのも良いと思う。

今日、アニメ『BEATLESS』の13話「Dystopia game」を、Amazonプライムビデオで3回も見た。
小説を読んでいない方には、マリナ・サフランのことが分かり難かったかもしれない。
マリナ・サフランは、ある富豪のhIE(アンドロイドのこと)だったが、事情あって捨てられ、介護用hIEになっていた。
レイシアは、そのマリナ・サフランの機体番号を詐称している。
マリナ・サフランの機体番号が参照されることは考えられず、レイシアがそれを奪っても気付かれないからだ。
だが、海内紫織が、レイシアをアラトから引き離すべく、マリナ・サフランを日本に搬送させ(金の力だろう)、レイシアの詐称を暴こうとした。
だが、レイシアの恐るべき知性と能力により、マリナ・サフランの機体番号の刻印を消すことに成功する。
その際、レイシアはマリナの機体を確保したのだろう。
レイシアの能力を持ってすれば、マリナを自由に操れる。
今日、登場した、そのマリナ・サフランが、あまりに強く、速く、格好良い。
hIEに詳しい村主ケンゴが、レイシアの機体番号(実はマリナの機体番号)を知った時、「スタイラスの最高位モデルじゃないですか!」と驚いている。
マリナは、ある富豪が、亡くなった娘の代わりに特注で作らせた高級品で、普通のhIEでも自動車1台分ほどの値段がするのだが、マリナは家1件分の値段で性能も桁違いだ。富豪のボディーガードも兼ねる目的があったのである。
だから、マリナは、あれほど凄いのだ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

不屈の心はこの胸に

大きな目標を達成したり、困難な戦いに勝つためには、潜在意識、あるいは、右脳を活性化させなければならない。
そのために絶対に必要なことを1つ挙げるなら。
それは、「しゃんとする」ことだ。
「しゃんと」とは、
・物事がきちんと整っているさま。ちゃんと。
・姿勢または態度などがだらけていないで、きちんとしているさま。
・衰えを見せず、元気で活発にしているさま。
・確かに。きっぱりと。しかと。
という意味である。
これが、顕在意識、あるいは、左脳がやるべきことなのだ。

コリン・ウィルソンが『右脳の冒険』で、だいたいだが、こんな話を書いていたと思う。
弟と2人で、森の中、道に迷い、雨が降り、陽も落ちて寒くなり、弟は泣き出す。
自分も泣きたかったが、兄である自分がしっかりとしなければいけないという想いで自分を奮い立たせ、しゃんとした。
すると、不思議な活気がみなぎり、無事に家に戻れた。
ウィルソンは、左脳の意思が「しゃんとする」ことで右脳の膨大なエネルギーを引き出せたのだといったことを述べていたと思う。
もちろん、このあたりの表現はいろいろで、ウィルソンが正確にどう言っていたかは覚えていないが、大切なことは、「気力を奮い立たせる」「不屈の闘志を燃やす」といったことである。
それにより、大きな力が味方になってくれる。

自分がしゃんとして、潜在意識に指令を出せば、無限の力を持つ潜在意識が働くのである。
しかし、言い換えれば、自分がしゃんとし、ちゃんと指令を出す必要があるのだ。

私は、長谷敏司さんのSF『BEATLESS』を読了後、すぐに再読に入り、上巻を読み終え、下巻に入った。
私は、『涼宮ハルヒ』シリーズ、『(化)物語』シリーズ、『カゲロウデイズ』、『木枯し紋次郎』など、面白い小説は10巻、20巻、それ以上のものでも一気に読むのだが、すぐの再読が続いたのは初めてだ。
『BEATLESS』はそれほど長くはないが、紙の本で見ると、上下巻ともかなりの厚さで、合計で1100ページ以上はあると思う。
その『BEATLESS』で、私は、主人公の17歳のアラトと、少女型アンドロイドのレイシアのこんな会話を心に刻み付けた。

「レイシアは、僕をチョロいって言わないかわりに、間違うとへし折りにかかるんだな。僕をどうさせたいんだよ」
彼女の薄青の瞳が、存在しないこころからの願いを伝えるように、まっすぐアラトを見上げる。
「デザインしてください。わたしとあなたがともに歩む“未来”を。エリカの描いた絵図面ではなく、オーナーであるアラトさん自身の思うままに」
それは、目前の事件に振り回される彼が考えてこなかった、一段大きな戦いだ。
レイシアの視線は自信に満ちていた。
「わたしには、その未来を引き寄せる力があります」
~『BEATLESS』(角川文庫)下巻より~

レイシアを潜在意識に置き換えると、そのまま勝利の法則になる。
それは戦いであり、心がしゃんとしていなければ、それによって不屈でなければ出来ないことである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

著者は姿を見せるな

著者の写真が表紙になっている本がよくあるが、そんな本は一目見て読む気は失せ、絶対に買わないし読まない。
著者が美しくないからだ。
では、若い女優さんやアイドルの写真が表紙になっている本はというと、それも読まないのである。
そんな写真の顔は、最初に挙げた「識者」といった類の人達ほどではないが、やっぱり醜いのだ(それ以前に本の中身が無いような気もするが)。
そもそも、人間の顔は、そんなに美しいものではない。
そこへいくと、角川文庫版の『BETALESS』は、表紙のレイシアの美しい姿の絵(redjuce画)を見ると、もう買わずにはいられない。
とにかく、著者が自分の姿を表紙にするのは、絶対にやめたが良いと思う。
まあ、銅像を作ってもらえるほどの偉人であれば、その銅像はなかなか美しい場合もあるので、それなら表紙にしても良いが、銅像ですら美しくない場合もあるのだから、ましてや本人の写真は、くどいが、やめた方が良い・・・いや、やめて欲しい。見たくない。

人間の顔というのは、内面が必ず現れるのだと思う。
もし、造形としては醜くても、心が美しければ、嘘のようだが、本当に美しい。
「そんなはずはない」と言いたい人が多いとは思うが、そんな人は、本当に心が美しい人を見たことがないのだ。
まあ、種明かしをすれば、心の美しい人間なんていないということなのだがね(笑)。
それでも、特に若い間は、それなりの節制・・・自己制約、つまり、自分に課した掟を守る限りは、それに応じた美しさは与えられる。
というのは、種の保存のために、若い間は、それなりに美しくないといけないからだ。
ただ、その点については、昔からだが、特に最近は、幻想の美しさに眩んでしまうことが多いのだがね。
一方、歳を取ってからでも美しくあるのは極めて難しい。
あるハリウッドの大女優が、「女優は37歳くらいで仕事がなくなってしまう」と、何だか映画界への批判めいた調子で語っていたが、そりゃ、37歳なら子供を作るのに、それほど適した年齢でないから魅力がなくなるというだけのことだ。
ただ、映画の面白さは、俳優のセクシーさだけではないだろうから、別の面白さを演じられる俳優は、歳を取っても・・・あるいは、歳を取ってから活躍しているのである。
とはいえ、若いか若くないかに関わらず、美しくない俳優が求められることはない。

やっぱり、人間の美しさは心の美しさだと思う。
人気アイドルなんて、その作った美しさを見通す目で見れば、全然美しくないことが分かる。
ただ、心を磨いている子は、やはり美しい。
しかしね、心の全体を磨くなんてことは、人間には難しいのだ。天使じゃあるまいしね。
だから、心のどこか1つ、美しい部分を持っていれば良いのである。
心の美しさは敬うことで得られる。
シュヴァイツァーは「生命への畏敬」と言って、命という凄く重要なものを敬っていると言っているが、なぜか彼は美しくない。多分、言っているだけだったのだろう・・・なんて無茶苦茶なことを言ってるようだが、私は案外真面目だ。
でも、ひょっとしたら、彼も若い頃は美しかったのではないかと思う。ただならぬ志を持っていたのだからね。
高い志は、敬う心がなければ得られないものなのである。

つまり、人間の価値は、何を本当に敬っているかで決まってしまう。
そして、ほとんどの人は、何も敬っていないのだ。
だから、ほとんどの人間は中身も外見も醜い。
美しくなりたいものである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

一兆の千乗画素の神

「デジタルの神」などと言ったら、神を冒涜していると思う人がいると思う。
しかし、それは低レベルのデジタルの観念を持っているからだ。
たとえば、昔の10万画素のデジタルカメラはアナログの、つまり、フィルムカメラに劣ったが、これが40万、80万画素と進化し、100万画素を超えるあたりで、フィルムカメラと遜色なくなり、現在はスマートフォン附属のカメラでも1000万画素を超えるが、それでもやっぱり写真はフィルムだと言う人は、単に偏見を持っているだけだろう。
さらに数億画素、数兆画素なんてものが登場すれば(今でも実際に存在するが)、もはやデジタルを蔑むことが技術や文明に対する冒涜になる。

『星の王子様』でテグ=ジュペリは、「大人には、家の説明をする時、赤いレンガで庭にきれいな花が咲いている家と言っても駄目だ。大人には1万フランの家って言わないと通じないんだ」と、アナログ的なものの優位さを語っていたが、むしろ、「赤いレンガの」「きれいな花」といった曖昧な言い方では、実際にその家を見た時に期待を裏切られることになる。
そして、「1万フランの家」なんて表現こそ、特殊な場合を除き、最も曖昧でいい加減なアナログ表現なのだ。

イエスや釈迦はたとえ話をよくしたというが、それだって、アナログ的な曖昧なことを、出来る範囲でデジタル的に、具体的に語ることで、話をより明確にしょうとしたのである。

私は、会社などで他人と付き合うのが嫌いだ。
なぜかというと、彼らの志の低さに愕然とし、絶望するからだ。
そして、会社ってのは、多くの場合、志の高い者は浮いてしまい、無視されたり、虐げられる場合も少なくないと思う。
では、志が高いとはどういうことだろう?
単に、偉人のようにありたいなどと漠然と思っているのは、程度の低いアナログ的な観念であり、少しも志が高くない。
具体的に、デジタル的な目標を設定し、どのくらいの速さで、今現在、どこまで到達しているかが分かってこそ志なのである。

「初音ミクは俺の嫁」ってのも、アナログ的に茫然とそう思うのは、単に現実の女の子にモテない者の言い訳に過ぎない。
ごく一部で言うなら、よく節制し、訓練された若い女性の象徴を初音ミクさんに投影し、そんな最高の女しかいらないという理由で「俺の嫁は初音ミク」と言うなら、志が高いと言えるだろう。

人間の値打ちを決めるのは、「デジタルな志」である。
曖昧模糊とした夢なんて妄想に過ぎず、そんな夢を語る者の志が高いはずがない。
子供の夢はアナログであり、それはそれで良いのだけれど、早くデジタルな夢を持たなければならない。
まして、大人の夢はデジタルであるべきだ。

掟を守り、修行をしていると言う人がいるが、正直、その掟や修行のレベルの低さに愕然とさせられることが多い。
私は、「あまりに高過ぎる掟や修行はいけない」とよく言うが、「もうちょっと無理しろよ」と言いたい場合が多過ぎる。
そんな者は、掟や修行をアナログで曖昧に考えているのだと思う。
デジタルでしっかり定義すれば、その程度の掟や修行でリターンを求めるのはおこがましいということが分かる。
神は一兆の千乗画素のデジタル画像で捉えられるものかもしれない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ