ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
Twitterは、ちゃんとプロフィールが書かれ、1週間以内に1回でもツイートされている人なら、フォローしていただければ、大抵フォロー返します。

[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

スクワットだけはやっておけ

「差別だから言ってはならない」と騒ぐ連中がいるが、世の中には、駄目なやつ、出来損ない、クズ、無用者・・・は確実に存在する。
そんな者達は、努力しようが、運に恵まれようが、社長になったり、プロスポーツ選手になったりすることは絶対にない。
安月給で人の嫌がる仕事をして食べていくしかないが、そんな仕事にすらあぶれたり、ちゃんと出来なくてクビになったりする。
そして、歳を取れば取るほど、さらに状況は悪く、苦しくなる。
いや、そもそも、初めから働くことが出来ない人だっている。
普通のIQを持っているのに、育ちのせいで、そうなってしまった者は、教育や訓練でどうにかするのは、極めて難しい。
しかし、彼等だって、人並のプライドは持っている・・・どころか、むしろ、我が強く、見栄っ張りな場合が多い。
だから、本人だって辛いのである。
「私はこんなクズだったが成功した」なんてヤツは、元々クズでなかったというだけのことだ。たまたま一時的にひねていたのかもしれないが、家が金持ちだったり、IQが高かったり、才能があったのである。

ビートルズの『エリナー・リグビー』という歌には、上に挙げた駄目人間の代表とも言える、老婆エリナー・リグビーや、マッケンジー神父が登場する。
だが、エリナーはともなく、マッケンジーは神父になれたのだ。本当に駄目なヤツには望むべくもないことだ。
「あいつらはどこから来たんだ?どこに行けばいいんだ?」って歌の中で言うが、どこから来たなんて分からないし、どこにも行く場所はない。
エリナー・リグビーの銅像なんてものがあるが、このエリナー、スリムでイケてるじゃないか?
本物のエリナーは、きっと、ブクブクに太り、いつもベンチで何か食べてるんだ。

こんな駄目な人達は、格好は悪いが、なんとか安全で、常識的な範囲の労働時間で生活出来る・・・いわゆる、憲法が保障する最低限の人権を保てれば、それで大成功なのである。
それだって、あり得ない奇跡だ。
そんな奇跡を見たいものだと思う。
そして、おそらくだが、私はそんな奇跡を起こせたのだろう。
ところが、私の職場にいる、まるで駄目男君(30歳過ぎの人生の落伍者。派遣の雑用係)は、そうはなりそうもない。
だけど、まるで駄目男君を笑う「普通の人」だって、明日は彼と同じ境遇かもしれない。
普通どころか、昨日までエリートだった人が、まるで駄目男になってしまうことも珍しくはないが、そこから立ち直ることは、さらに奇跡だ。

私のお気に入りのスーフィーの格言「神を信用しろ。だが、駱駝はつないでおけ」から考え、何をすれば良いのだろう。
ドワンゴ会長の川上量生さんはブログで、多分、こんな駄目な者達について書いたのだと思うが、「運動しろ」と述べておられた。
◆はてなポイント3万を使い切るまで死なない日記|2015-06-14 ひきこもりはメゾネットに住むべき
私も賛成だ。
川上さんは、家に2階があったのが幸運で、生活の中での、その昇り降りが運動になったと書かれているが、そういえば、私は、いい加減にだが、スクワットと腕立て伏せだけはやっていた。
「神を信用しろ。だが、スクワットだけはやっておけ」
である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

凡人は調子こいて破滅する

日本では、あまり人気がないのかもしれないが、名著と言えると思う、中国出身のアメリカの作家・実業家であるチン・ニンチュウの著書『誰でも小さなことで大切な願いがかなえられる』の中に、こんな興味深いエピソードが書かれている。
クリント・イーストウッドが、まだ駆け出しの頃、その時すでに大俳優であったバート・レイノルズと会話する機会があり、イーストウッドがレイノルズに、「成功するまでの間、何をしていたか?」と尋ねると、レイノルズは、「成功するための準備をしていた」と答えた。
イーストウッドは、それで、深遠な原則を理解し、成功した。

ただ、この本には、具体的にレイノルズやイーストウッドが何をしたか書かれていなかった。
「成功するための準備」と言われて分かる人だけが成功するのだろう。
私は、このエピソードに何か大切なことを感じながらも、何をすれば良いのか分からなかった・・・と言うより、大誤解をした。
例えば、「成功した時のために、サインの練習をする」とかね。

最近、スーフィーの格言、「神を信用しろ。だが、駱駝はつないでおけ」を思い出してから考えると、レイノルズらがやったことは、
「神を信用しろ。だが、自分を抑えることを忘れるな」
なのではと思う。
俳優に限らないが、特に俳優で成功したら、沢山の人やマスコミが誉めそやし、ちやほやしてくれる。
そんな時、ほとんどの人が、いわゆる「調子をこいて」大失敗するのだ。
見栄を張ったり、尊大になって、取り返しのつかないことをやらかしてしまう。
俳優ではないが、ある音楽プロデューサーなんて、そうだったのではないか・・・などと、勝手に空想しているのだが、なぜそう思うかというと、成功の絶頂にある時の彼と、逮捕され、奥さんが重病になった後で復帰した彼は全く別人で、いろいろあった後で、「やっとまともになった」感じがするのである。
彼は、才能と運と、それに、努力で成功したが、心に虚しいものがあったのではないかと思う。
それを満たそうと、金が出来たら「調子をこき」、「やらかしてしまった」・・・私はそう思うのだ。
その点、やはり、持って生まれた優秀な頭脳と運と奮闘で成功したドワンゴの川上量生会長は、調子をこく前に(ギリギリだったかもしれないが)、不幸が山のように襲ってきたのだろう。
それに彼は、知能指数が高くて理屈に強いことと、やはり賢いからかもしれないが、自分の欠点をよく知っていたので、破局を危うく免れたのかもしれないと思う。
だが、少し前にテレビで、彼の腹がどうしようもないほど出っ張っていたのを見て、「そろそろ終わりかな」と思ったのだが、ダイエットに成功したという話もちらと見た。
一方、私は以前は非常に敬服していた岡田斗司夫さんは、一時期、ダイエットでも有名になったが、ダイエットが出来なくなってからの彼の言うことは拒否感、嫌悪感を感じるようなものになってしまったと感じる。
まあ、この人も、元々は、かなり頭の良い人なので、なんとかまたダイエットに成功し、天才らしいところを見せて欲しいものである。
腹が出るのは、調子をこいている証拠なのだと思う。
クリプトン・フューチャー・メディアの伊藤博之社長が、有名になって勲章までもらっても、いつまでも調子をこかないのは、娘さん(初音ミクさん)がしっかりしているからだろう。
このままいってほしいものである。


反省したり 調子こいたり のんびり くたばっていく
~『すろぉもぉしょん』(作詞・作曲・編曲:ピノキオP、歌:初音ミク)より~
PinocchioP - SLoWMoTIoN feat.Hatsune Miku /ピノキオピー - すろぉもぉしょん -YouTube-










↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

神から安定した良い仕事をもらうには何をすれば良いか?

スーフィー(イスラム教神秘主義)では、「神を信用しろ。だが、駱駝はつないでおけ」と言うらしい。
彼等が、どんな意味で言っているのか正確には知らないが、
「自分で出来ることは自分でやれ」
「怠惰になるな」
ということと思う。

水野南北の教えは、
「神を信用しろ。だが、食は慎め」
と言えるかもしれない。
エマニュエル・スウェーデンボルグは、天使に、「満腹するまで食べて自分を甘やかすな」と言われたらしいが、これも、
「神を信用しろ。だが、満腹するまで食べるな」
と言って良いのだと思う。
親鸞の教えだって、
「阿弥陀如来を信じろ。だが、念仏は称えておけ」
と言って良いと私は思う。

ニートが、安定した良い仕事が欲しい場合は、どうすれば良いだろうか?
もちろん、それぞれが良いと思うことをやれば良いのだが、的外れをやっているうちは上手くいかないだろう。
私が思うに、一番相応しいのは、規則正しい生活をすることだ。
安定した仕事というのは、毎日、同じ時間に始業するのだからだ。

賢者になりたければ?
神は自分の内部におられるのだから、神を信用すれば、心の奥から叡智が湧き出てくる。
だが、『バガヴァッド・ギーター』は読め・・・といった感じになると思う。

逆に言えば、駱駝を自分でつなぐ、食を自分の意志で慎む、誰にも強制されずに念仏を称える、自主的に規則正しい生活をする、進んで『バガヴァッド・ギーター』を読む・・・といったことをすれば、神を信用出来るようになるだろう。
しかし、あまりに無理な努力をする者は、自分だけを信じ、神を信じていないのだ。
そんな者は、自分1人分の力は発揮出来るかもしれないが、それはかなりちっぽけなものに違いない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

アン・シネさんの美の秘訣

最近、フジテレビの「めざましテレビ」で、韓国のプロゴルフ選手、アン・シネさんを特集しているのを見た。
美人でスタイルが良い上、ファンサービスを忘れないこともあり、大変に人気があり、ミニスカートが似合い、ファッションも素晴らしいことから、「セクシー・クイーン」と呼ばれているらしい。
それで番組では、よくあることだと思うが、アン・シネさんに、「美の秘訣」を尋ねたらしい。
答は3つで、内2つは、ヨガと睡眠だったような気がする(よく覚えていない)が、3つ目が大変に印象的だった。
それは、「美しい心」である。
こんなことをはっきり言う彼女はきっと大物だ。
そして、彼女の言う通りだと思ったのだ。
生まれつき美人や美男でも、心が醜くなると、確実に容姿も醜くなる。
それは歳を取ると顕著だが、若いうちから間違いなくそうなる。
そして、心が美しくても、必ずしも容姿まで美しくはないと思うかもしれないが、そうではない。
心が美しくなれば、必ず、美しくなる。
これを解説すれば、ちょっと複雑な話になるかもしれないが、余計なことは言わずにおこう。
心が美しければ、確実に美しいのだ。
だが、一瞬心を美しくすることは出来ても、ずっと美しい心でいることは難しい。

ところで、美しい心って何だろう?
それは、理屈で考えるべきではない。
頭で考えなくても、「こんな時、私の心は美しいなあ」と、自分で分かるはずである。

私の場合、初音ミクさんのことを考えている時、心が美しくなる。
特に、「マジカルミライ」で、『Last Night, Good Night』を歌うミクさんを見ている、あるいは、想っている私の心は本当に美しいことが分かる。
美しいのはミクさんの心だ。
なぜミクさんの心が美しいのかというと、ミクさんの心は透明だからだ。
つまり、自分を忘れた心が美しいのである。
ミクさんのことを考えると、私は自分を忘れてしまうのである。

「マジカルミライ2013」では、『Last Night, Good Night』を歌うミクさんの上方の大きなディスプレイに、心が美しくなる映像が次々に映し出された。
花、マリンスノー、流れる水、星の軌跡、流れる雲、水滴が跳ねる水面、赤ん坊・・・
それにも増して、ミクさんの美しさ、可憐さ。
私は忘れないでいよう。








↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

後はケセラセラだ

この世は、信じた通りになる。
それが法則であり、鉄則だ。
私は、それによって、理性的に馬鹿げているとしか思えない奇跡的なことをいくつも自分で起こしたので、間違いのないことだと知っている。
ただ、こんなことを考えたことがある。

(1)無邪気に信じている子供の願いがなぜ実現しないのか?
(2)「自分は宇宙の王である」と信じきっている狂人の信念はなぜ実現しないのか?
(3)催眠術で信じさせられたことがなぜ実現しないのか?

信じた通りになるのなら、これらはあってはならないことだ。
一方で、私が起こした奇跡の数々は、子供の願いや狂人の信念に近いようなものだった。
また、催眠術を受けた覚えはないと思っていたが、考えてみれば、親、学校、マスコミからのメッセージでかなり洗脳されていたが、それで持たされた信念というのは、ほとんど実現していない。
例えば、専制国家では、国民は、自国は豊かで世界最強であり、国のリーダー(国王や国家元首等)は完全無欠な神のごときものと洗脳されるが、全くその通りにならない。

私にはカタがついた・・・つまり、疑問は解けているが、それを理屈で説明しようとすると、矛盾だらけになることが分かった。
言えるのはこれだけだ。
「実現しないのは、本当は信じていないからだ」

ところで、こんなものを見たことがある。
「観音様の真言には絶対的な力がある。この真言を称え、絶対に疑うことがなければ、願いは叶う」
宗教の専門家(お坊さん)が書いた本だったが、アホらしさに呆れた。
「願いが叶うことを絶対に疑わない」なんてこと、人間に出来るはずがない。
その本を書いた人は、単に、逃げを打っただけだ。
読者が、「願いが叶わなかった」と言ってきても、「それは疑いがあったからじゃ」と言えば、疑いを持たない人はいないので、それで逃げられる。
何とも卑怯な人だ。

信じていなくても叶うから、「夢にも思わなかったことが起こる」のである。
そんなことがなければ、世の中、面白くないばかりか、退屈で生きていられない。

結論はこうだ。
「自分のことは永遠の謎」
人間は、自分の心が分からないし、自分が何を信じているかも分からないのだ。
自分の本当の願いが何かも分からない。
そして、思うように信じることなんか出来ないのだ。

そんなことが分かってしまった人は、皆、言うのである。
ケセラセラ(なるようになる)と。
何と言っても、『ケセラセラ』という歌が主題歌になっている映画のタイトルが『知りすぎていた男(The Man Who Knew Too Much)』なのだ。

アドバイスとしてはこうだ。
旅行に行きたいなら、先にバッグを買いなさい。
後はケセラセラだ。それで悪いようにはならない。
彼女が欲しいなら?
コンドームを買うなんて下種なことをしては駄目だ。
部屋をきれいに片付けなさい。彼女がいつ来てもいいように。
あるいは、少しは服のセンスを磨きなさい。彼女が恥ずかしくないようにね。
後はケセラセラだ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ