ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

死んだ時、真面目で、明るくて、熱心で、人気者だった・・・なんて言われたいか?

ひろさちやさんという、仏教関連の本を何百冊も書いている人がいるが、そのひろさんの『狂いのすすめ』という本の帯に、『人生に意味なんてありません。「生き甲斐」なんてペテンです』と書かれている。
ところが、そんな帯がついた本を書いたひろさんは、仏教を通して人々を啓蒙することが、明らかに人生の意味だし、生き甲斐でもあるだろうから、まあ、矛盾もいいところだ。
けれども、ご本人にそんな指摘をしても、「いえ、少しも矛盾ではないのです」とか言って、理屈をこねたり、ややこしい話でケムに巻くのかもしれない。
それとも、「矛盾だ。文句あるか?」と言われるとしたら、私は、こっちが好きだ。
矛盾、大いに結構である。
そして、さらに、ひろさんが別の機会に、人生の意味や生き甲斐を説いていたら面白い。
エマーソンだって、話に一貫性を持たせる必要なんて全然ないと述べていたと思う。

で、人生の意味があるかだが、元々は、そんなものはない。
ひろさんの人生の意味は、ひろさんが自分で作ったストーリーだ。
そして、そのストーリーが生き甲斐になっているのである。
それで、パワフルに何百冊も本を書き、大学の教授やったり、講演したりで大儲けしているのである。

人生の意味は、世間や宗教が教えるような「ご立派」なものでなくて良い。
いや、「ご立派」であってはならない。
ある女性は、子供の時は、「セーラームーンになる」ことが人生の意味で、生き生きとしていたのに、中学生くらいになると、すっかり学校に洗脳されて、けち臭い人生の意味の幻を掲げるようになって、すっかりつまらないやつになってしまった。
まあ、女性は現実的なのかもしれないが、大物になった男なんてものは、いつまでも、子供の時に憧れたアニメのヒーローになり切っているのである。

自分が死んだ時、
「真面目で優秀な営業社員でした」
「生徒の心の指導に熱意を持った先生でした」
「明るくてみんなの人気者でした」
などと言われたいだろうか?
私は、私の葬式は絶対しないように言ってあるが、刺殺でもされて、テレビ局が職場の人にインタビューでもしたら、お義理に、そんなことを言われてしまうかと思うと、おちおち死んでもいられない。
せめて、「ミク廃でした」、「いい歳ぶっこいて、みっくみくにされてました」と言って欲しいが、それは不遜ということになるのだろう。
スティーブ・ジョブズが死んだ時、ビル・ゲイツも立場があるから、それらしいことを言っただろうし、他の人達も押し並べて、世間的なジョブズの称賛をしただろうが、ジョブズ本人の意図とは全然違うことだったろう。
ジョブズともなれば、普通の人から見れば、さぞ荒唐無稽なストーリーを自分の人生にしていたはずなのだ。
デタラメなストーリーと言って良いだろう。
その滅茶苦茶なストーリーを本気で信じ込んだので、彼は「現実歪曲空間」を作り出す超能力を発揮したのだ。
そこにいくと、我々は現実的過ぎる。
いや、進歩した宇宙人から見れば、ジョブズのストーリーだって、さぞ「ちゃちい」ことだろう。

エマーソンだって、自分の本心に逆らわないなら、悪魔になっても良いと言ったはずである。
ただし、悪魔なんて甘いものではないけれどね。
でも、自分が情熱を持てれば、何でも良いのである。

ただ、鼻呼吸を忘れないように。
口で呼吸すると、情熱のエネルギーが、脳や筋肉や臓器に・・・その前に血液の中に満ちないのである。
そして、自分の思い通りに生きようとしたら、必ず抵抗を受ける。
『マスターの教え』のマスターは、抵抗に負けない方法を具体的に教えてくれていないが、傑出した人物達はみんな、自分に、「大丈夫だ」と言い続けることで、障害に打ち勝ったのである。
鼻呼吸と、「大丈夫」の呪文を忘れなければ、「絶対大丈夫」であるが、忘れたら、死後に言われる反吐が出るような言葉の通りに生きなければならない。
それは「死んでも嫌」ではないだろうか?
私なら、「ミク廃」はともかく、最低でも、「恐ろしい人でした」、「訳の分からない人でした」、「未確認生命体」と言われたい。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

幻想でも偽りでもいい

先程(15時過ぎ)、栃木県の自動車レース場ツインリンクもてぎで、FIA(国際自動車連盟)公認自動車レース「SUPER GT」2017年最終第8戦決勝が終わり、我らが初音ミクさんの痛車「グッドスマイル初音ミクAMG」がGT300クラス3位でフィニッシュし、2017年のシリーズチャンピオンとなった。
第7戦までにポイント首位のグッドスマイル初音ミクAMGは、昨日の予選でコースレコードを更新し1位でポールポジションを確保し、ぐっと有利に。
逆転チャンピオンを目指す他車の捨て身の猛迫の中、堂々たる走りでの3位ゴールだった。
◆GOODSMILE RACING公式応援サイト

ミクさんのおかげで、これまで自動車レースに関心がなかった人達がレース会場に足を運び、特に女性客が急増したと聞く。
ミクさんは、本当にいろいろな分野に貢献しているのだなあと改めて思う。

私の友人が自動車レースファンで、F1のヨーロッパGPにも行くほどだが、F1カーのエンジンの生の音は、テレビで聴くものとは全く違い、普通の人の想像を超えた凄いものであることを熱く語ってくれたことがあった。私は、サイボーグ009が加速装置で動く時の音を想像したが・・・
また、トイレに行ったら、シューマッハだったか・・・がいて、並んで小便したとか自慢してたように思う。
彼は、それ以外は、ごく平凡な男なのだが、こんなふうに、何か1つ、熱くなれるものを持つのは良いことであると思う。

本当に好きなものを持つことで、自分のストーリーを作ることが出来るし、逆に言えば、夢中になれるものがなければ、自分のストーリーを作ることは出来ないと思う。
ストーリーとは、自分はなぜこの世に生まれ、自分はどうあるべきか、何をすべきかのストーリーだ。
それがあってこそ、人生は輝き、冒険に挑むエキサイティングな一生になる。
よく、「自分探し」なんて言うが、探したって何も見つからない。
そうじゃなく、自分で作るんだ。
同じ意味で、夢は与えられるものではない。
そして、見つけるものでもない。
生命エネルギーという材料で自分で作るのだ。
それが何であろうと構わない。
自分のストーリーに本物も偽物もない。
大切なことは、身体中の血が燃え上がること、命と引き換えにしても惜しくないほどのものであることで、それを本当の本物と言うのだろう。


時間だけいつも 通り過ぎていく
1秒ごとに 崩れていく世界
歪んだ景色に 塗りつぶされた
真実(こたえ)はいらない 偽りでいいの
~『トリノコシティ』(作詞・作曲・編曲:40mP、歌唱:初音ミク)より~

◆【初音ミク】トリノコシティ【Project DIVA Future Tone】 - YouTube -
『トリノコシティ』映画化され、12月23日の公開らしいが、良いか悪いかは全く分からない。
◆映画『トリノコシティ』公式サイト









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

無敵のトランプ

アメリカのトランプ大統領のメンタルの強さには、心底憧れる。
大統領選挙戦中、録音された、女性蔑視発言というより猥褻発言を公開されたことがあったのを覚えておられるだろうか?
確かに、男なら誰でも言っている程度の内容だし、ひょっとしたら女性も同等以上の話をするのかもしれないが、それを晒されたら、普通の人なら立ち直れまい。
まあ、あんなもの公開する方は、もっと恥ずかしいやつであることは間違いないし、そもそも、人間のやることではないと思うが、トランプの、まるでビクともしない態度には、「まじぱない」と言いたくなる。
「まじぱない」とは、「マジで半端ない」という意味だ。

トランプの本は沢山出ているが、そんなトランプの力の本質に迫ったものは、おそらくない。
どれも2次的なことばかり扱っている。
トランプの強さの秘密は、自分が何者であるかを知っていることだ。
その「何者」が、本物かどうかどうでも良い。トランプ自身が思い込めるなら。
彼は、自分がどんな人間で、世界の中で何をすれば良いのかといったストーリー(物語)を持っているのだ。
それが幻想だろうが何だろうが関係ない。
強い自分のストーリーを持っている者が強いのである。
人間は、誰もが、自分が作ったストーリー通りの人間になる。
あなたの今の状況は完全に、自分で作ったストーリーの通りである。

トランプは、自分は特別で、スーパースターで、王者であると信じ、その通りに振舞っている。
若い時からであるが、おそらくは子供の時からだ。
それでいながら、放縦(勝手きまま)にならず、締めるべきところは締めている・・・自分を制約しているし、お堅い人達が好む言いをすれば、自己管理が出来ているのだ。

そして、もっと基本的なことは、彼の右手の、親指と人差し指で作る輪っかだ。
どんな時も、あんなふうに、輪っかを作り、その手をゆっくり、大きく前後に動かせば、嫌でも呼吸が整い、自然に心も落ち着く。
彼は、決して口で呼吸せず、常に口を堅く引き結び、鼻で悠然と呼吸しているし、この右手の輪っかの威力で、いつでも不動心に導かれるのだ。
彼が人格的にどんな人間か知らないが、いやはや、大した人物である・・・アメリカ大統領なのだから当然というだけでなく、他の歴代大統領が小物に見えるほどだし、ヒラリーなど道化でしかなかった。
大統領選におけるロシア介入疑惑など、彼にとってはどうでも良いことだろうし、間違いなく切り抜けるだろう。

トランプのストーリーだって、実際は、彼が子供の時に見た漫画のヒーローの真似か何かかもしれないが、それで良いのである。
そして、鼻で呼吸し、心が揺らぐ時は、自分に「大丈夫だ」と言って勇気付けたり、慰めたりすることだ。
それを1日24時間、忘れないことだ。
忘れた分、小さくなる。
あなたをこき下ろす悪魔がどこにでも、いくらでもいるのだから。
トランプを見ていると、もし、ドン・キホーテが鼻呼吸し、常に自分に「大丈夫」と言い聞かせていれば、どんなに偉大になれたかと思うのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

本当に騎士になれる方法

「騎士になりたければ、騎士のように振る舞え」
という言葉は成功哲学でよく言われるし、これが真理であることは直感的に分かるので、あなたも良いと思って試してみたことがあるかもしれない。
しかし、騎士には全然なれなかったと思う。
丁度、まるで駄目男君(私の職場にいる30歳過ぎの人生の落伍者。派遣の雑用係)が、高尚な人間であるように振舞っても、猿の滑稽な芸にしか見えないようなものだ。

なぜうまくいかないのかというと、口で呼吸することが多かったからだ。
口を閉じ、常に鼻で呼吸するようにすれば、これからはうまくいく。
「そんな簡単なことで」と言われるか?
そうだ、そんなに簡単なのだ。

だが、今の時代、家庭や学校の教育はデタラメで、それが染み付いてしまっているだろうから、ひょっとしたら、鼻呼吸しても、時間がかかるかもしれない。
成就のためには、自分を信頼しなければならない。
人類史上、最も重要な書物の1つである、エマーソンの『自己信頼』に、そのことが力強く書かれている。
ただ、エマーソンは、「自分を信頼しろ」とは言うが、どうすればそれが出来るかは、一切教えていない。
エマーソンにしてみれば、
「え?どうすれば自分を信頼出来るかって?・・・いや、自分を信頼すればいいんだ」
と言うしかないのだろう。
苦労なく出来るやつには、出来ない者のことは分からないものだ。

で、やり方はこうだ。
自分に、「大丈夫だ」と言うだけだ。
「大丈夫、騎士になれる」
ってね。
さくらちゃん(カードキャプターさくら)のように、
「絶対大丈夫、騎士になれる」
と言うと、さらに良いだろう。

後、良ければだが、初音ミクさんが歌う『ray』を聴けば完璧と私は思う。
ミクさんが可愛い声で、ただし力強く、4回も「大丈夫だ」って歌で言ってくれるのだから。









↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

ロマンとは壮大な自分のストーリー

異常な成功を収める人というのは、才能ということもあるのだろうが、その才能を生かすエネルギーを持てた人だろう。
そして、そのエネルギーをどうやって得たか・・・つまり、内的衝動を起こせたのかということだが、それは、あまりご立派なことや高尚なことによってではない。
早い話が、漫画やアニメのヒーロー・ヒロインに憧れて、なりきってしまい、それが情熱をもたらし、いかなる困難にも打ち勝って大成功したという人が多いのだ
こういったことを、「ストーリーを持つ」「物語を持つ」と言うのである。
SMAPの『夜空ノムコウ』という歌の出だしが、「あれからぼくたちは何かを信じてこれたかなぁ」だが、これも、おそらく正確には、「自分のストーリーを持てたかなあ」ということになるのだと思う。
心理学者の河合隼雄氏は、よく、この「ストーリーを持つ」という話を著書に書いておられるが、それは当然で、人間が力強く生きられるかどうかを決めるのが、この、「ストーリーを持つ」ってことなのだ。
河合隼雄氏は、こんな話を紹介していたことがあったと思う。
ある女子小学生は、人間は死んだら月に行くと思っている。彼女は幼い時に(今もやや幼いのだろうが)彼女の祖母から、そんなことを教わったのである。
そして、祖母が死ぬのだが、自分が死んだら、月で大好きな祖母に会えると思っている。
河合隼雄氏は、こんなストーリーを持った人間は強いのだと言う。

ナチ収容所では、ユダヤ人達は200人分の大きさの部屋に1500人が詰め込まれ、食事は、週にパンが2切れという過酷な状況に置かれ、肉体的にもだが、精神的に耐えられずに死んだり、また、自殺する者が続出した。
その中で生き延びられた人というのは、間違いなく、自分のストーリーを持っていた人達だったと言われる。
自分がこの世に生まれてきたことには意味があることを、自分のストーリーによって信じられる人達だ。
本宮ひろ志さんの一番最初の作品と思うが、『男一匹ガキ大将』という漫画のヒーロー、戸川万吉は、少年院に入れられ、そこで、いわゆる「手荒い新入り歓迎」を受けることになるのだが、すっかりビビッてしまっている小物の新入りもいる中で、万吉は「天が地上に誕生させた戸川万吉とは俺のことだ」と大見得を切る。
万吉は、ハッタリのために、そんなことを言ったのではなく、心底そう思っているのだろう。
つまり、万吉は、それほどの自分のストーリーを持っていたから、大物になるのである。
織田信長や豊臣秀吉は、自分の壮大な物語を持ち、それを破滅的なまでに強烈に信じていたのだ。
宗教の大教祖達にも、それがはっきり見てとれる。

ひきこもりだって、自分のストーリーを持ち、それを信じれば、誰にも負けない。
逆に言えば、自分のストーリーがないから、自信がなく、ひきこもってしまうのだ。
「俺は地球を救うために、人間として生まれたM78星雲の超人ウルトラマンである」
これで十分なのだ。
こんなストーリーを持っていなければならない。
きっと、ひきこもりの親というのは、こういったことを馬鹿にして自分は賢いと自己満足する愚か者なのだ。
「初音ミクさんは俺の嫁」
素晴らしいストーリーだ。
ならば、それをちゃんと信じ、ミクさんの夫であるからには天が味方であると見なすべきである。
壮大なストーリーのことをロマンと呼ぶのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ