ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

外道の修行

自分は何者かと言う場合、何かの修行者だと言うのが良い。
楽器演奏、絵画、武術、プログラミング、仏道・・・、あるいは、誰も知らない、普通の人は想像も出来ないようなことの修行者である。
何の修行者か、コロコロ変わっている間は強くない。
もちろん、例えば、空手をやっているが、参考のために柔道をやるように、いくつかのことをやるのは良いことだが、本質では、1つのことの修行者であるべきである。

昨日も取り上げた、イタリア映画『怒りの荒野』では、私生児で掃除が仕事の貧しくて惨めな境遇のスコットが、毎日壊れた銃で射撃の練習をしていたように。
壊れた銃だから、当然、本当の射撃は出来ないが、毎日、銃を丁寧に扱って慣れていると、何かは身につく。
イタリアやブラジルなど、サッカーが盛んな国では、サッカーに強くなりたい子は、出来るだけ長い時間、サッカーボールに触れるようにである。

物凄く高尚だったり、誰が見ても立派なことでの修行が出来る者もいる。
例えば、ピアノ演奏とか科学とかいったものだ。
だが、あるヤクザは、喧嘩が強くないといけないが、武術を習得する金も時間も根性もなかったので、自分で工夫した、脚折りキックだけを徹底して磨き上げたが、それで恐れられるようになった。
私は、どっちかというと、そういうのが好きだ。下々の者だからね。
昔の有名な漫画『愛と誠』で、特に印象的に覚えているのが、私生児の高原由紀は、幼い時からずっと悲惨な境遇で育ち、女子少年院でもいじめられていたが、ナイフ投げの修行に打ち込み、それが百発百中になった時、誰からも恐れられるボスになった。主人公の1人で、由紀とは敵の関係だった「孤高のワル」太賀誠も、由紀の、そのことだけは誉めていいた。
私も、そういったものが一番好きなのだ。外れた下々の者だからね。
一流の映画だったと思うが、スリを志す青年が、スリの名人に教わったスリの修行を毎日熱心に行う場面があった。
私は、こういうのが大好きだ。不吉で世の中に見捨てられたような者だからね。

大山倍達は立派な空手家だと私は確信するが、彼のようにはなれなくても、彼が、「空手は目潰しと金的攻撃があるから地上最強なのである」と正直、あるいは、誠実に言い、アメリカでプロレスラーと戦うために、毎日、懸命に目潰しと金蹴りの練習をした部分だけ切り取って修行することなら誰でも出来る。
全く人に言えない外道な修行かもしれないが、やっぱり私はそういうのが好きなのである。全く私も外道(邪道。邪悪な者の意)だからだ。

身の程を知れ。そして、生きるために、そんな自分にあった修行をすることだ。
私はプログラミングの修行もしたが、あまりに外道なもので、ついでの修行になってしまい、大したことのないプログラマーになってしまったが、これからの人は、もっと熱心にやってもらえば良い。
プログラマーは決して高尚な仕事ではなく、ブルーカラーの1つだと思っているが、これが出来れば、一生食べていける。
超能力の修行だって、毎日黙々とやれば、ちゃんと成果が出る。
高尚に属する人は・・・まあ、がんばってくれたまえ(笑)。
『サウンド・オブ・ミュージック』のモデルになったトラップ家の娘の1人は、指揮者のカラヤンと学校で同級生だったらしいが、カラヤンはやっぱり、練習の虫だったそうだ。
あんな偉大な人でも、虫の時代があったのだ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

危険な時に落ち着くには

『怒りの荒野』は、リー・ヴァン・クリーフとジュリアーノ・ジェンマが共演したイタリアの西部劇(日本ではマカロニ・ウェスタンと呼ばれる)だ。
ジェンマは、私が最も格好良いと思う男優だが、禿げた中年のクリーフはそれを上回る。
ところで、この映画の中の、「ガンマン心得十カ条」が有名だ。
Wikipediaから引用すると、

・教訓の一 決して他人にものを頼むな(1st lesson. Never beg another man.)
・教訓の二 決して他人を信用するな(2nd lesson. Never trust anyone.)
・教訓の三 決して銃と標的の間に立つな(3rd lesson. Never get between a gun and its target.)
・教訓の四 パンチは弾と同じだ。最初の一発で勝負が決まる。(4th lesson. A punch is like a bullet. If You don't make the first one count good.)
・教訓の五 傷を負わせたら殺せ。見逃せば自分が殺される。(5th lesson. You wound a man, You'd better kill him. Because sooner or later, he's gonna kill You.)
・教訓の六 危険な時ほどよく狙え。(6th lesson. Right put it, right time, well aimed.)
・教訓の七 縄を解く前には武器を取り上げろ。(7th lesson. Gonna untie a man, take his gun before then.)
・教訓の八 相手には必要な弾しか渡すな。(8th lesson. Don't give a man any more bullet, You know he's gun use for.)
・教訓の九 挑戦されたら逃げるな。全てを失う事になる。(9th lesson. Every time You have exact challenge, You lose everything in life, anyway.)
・教訓の十 殺しは覚えたらやめられない。(Last lesson. When You start killing, You can't stop it.)

私は、アンブローズ・ビアスの『悪魔の辞典』は少しも良いとは思わないが(まあ古い)、この「ガンマン十戒」とも言われる教えは、見るたびに感動するほどだ。
そのどれも、この世で生き抜く貴重な知恵だが、私が最もよく思いだすのは、6番目の「危険な時ほどよく狙え」だ。
この言葉のおかげで救われたことは、何百回あるだろうか。

「危険な時ほどよく狙え」とは、つまるところ、「落ち着け」「パニックに陥るな」ということだ。
それさえ出来れば、人生、そんなに難しいものじゃない。
だから、どんな時にも落ち着ける何か・・・技術、テクニック、心の拠り所、あるいは、信念や信仰といったものを持っていなくてはならない。

そして、究極の「落ち着く」とは、無になること・・・無我、忘我、没我になるということだ。
こう言うと難しいが、普通の人間として分かる言い方をすれば、一休の遺言とも言われる、
「心配するな。なんとかなる」
だ。
あるいは、
「なるようにしかならない。でも、なるようにはなる」
と達観することだ。
これらを、平常時ではなく、緊急時に出来るかどうかだ。
昔のモービル石油のCMで流れていた、鈴木ヒロミツさんの『気楽に行こうよ』ほど気が抜けた感じはどうかと思うが、もし、本当のピンチであんな歌を歌えれば大したものだろう。

危機の中で、心が澄み渡り何も恐れない。
それが人間の憧れである。
どうすればそうなれるかというと、やっぱり、訓練しかない。
小さな危機から始め、心を乱さずに自分を動かすことをやってみる。
何度も何度もやっているうちに出来るようになる。
そうなれば、もう、恐れるものは何もないだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

身長崇拝の時代は大昔に終っている

日本人の身長の伸びは、頭打ちから、むしろ、少しずつだが、低くなる傾向にあるらしい。
だから今は、「若い人は大きい」という言い方は全くされない。

また、長身の男性が本当にモテるかというと、何十年も前から、そんなことは完全になくなっているように思う。
それは、164cmの(と言っても全然失礼じゃない時代だ)藤井フミヤさんが1980年代にチェカーズで人気が出た頃から決定的になったようにも思えるのである。
別にフミヤさんが時代を変えたというのではなく、当時既に、小柄でセンスが良い「かわいい」男性が好まれる時代に入っていたということだ。
ただ、社会的権威を持つ年代の者達の間に高身長信仰があるのと、身長しか取り得のない者達が高身長が良いものだとしたがることもあってか、一定レベルで、背が高い男性が好ましいという観念は存在するが、それは今ではもう60代以上とロクでなしの間だけのことと思われ、やがて完全になくなるだろう。

よく、芸能人の身長詐称なんてことが行われるが、これも、考えてみれば、数字だけで詐称出来るということは、実際の身長はどうでもいいってことではないかと思うのだ。
力道山と同い年のジミー・カーターや父ブッシュがまだまだお元気なのは良いことだが、力道山が、実際は176cmなのに180cmとしたことから、プロレスラーは4cm高く公式発表するのが慣例だったらしい。
しかし、プロレスラーの身長が、実際は4cm低いと分かったところで、今では別に何の感慨もなく、そもそも、高く詐称する必要もないだろう。
アントニオ猪木さんは現役時代、191cmとなっていたが、テレビで本人が、「本当は188cmなのだが、キリの良いところで190cmでいいじゃないかと、そして、もう1cm高くして191cmと言ったら印象的なような気がして、そうなった」といった意味のことを言われていたが、別に猪木さんが身長を詐称していたからって、誰も何も思わない。
ただ、高校生の時までプロレスラー志望だった私は、身長176cmではプロレスラーになれないと思って悲しい思いをしたことがある。しかし、「地上最強の鉄人」ルー・テーズを苦しめたホイッパー・ビリー・ワトソンは175cmだったし、41歳でまだまだ全盛期であったテーズに勝ったエドワード・カーペンティアは170cm程度だったらしい。
世界的男優のトム・クルーズは公式身長173cmは絶対にないと言われる。確かに彼は、役柄上、高身長の方が好ましいのだろうが、実際は170cmもないと思われる彼が、何の問題もなく役をこなしているのだから、やはり、むしろ本当の身長はどうでも良いということになるのだと思う。
また、昔は180cm代後半の男優が多かったジェームズ・ボンド役も、178cmのダニエル・グレイブが最もボンドらしいと言われるようになった。

現在、日本人の間で高身長と言われるのは180cm以上と思われる。
177cmの私から見ても、183cmの男は「デカいなあ」と思うが、かといって、そんな男を見て、「カッコいいなあ」とか「羨ましいなあ」と思ったことは全くない。
せいぜい、「(凄い)鬱陶(うっとう)しいなあ」とか、「(凄い)邪魔だなあ」と思うくらいだし、体重もありそうなら、もっと低くても、私ですら威圧感を感じるが、これが女性であれば、単純に「恐い」と思うのではないかと思う。

今月の初めに、千葉県の幕張メッセに、初音ミクさんのライブ「マジカルミライ2017」に行った時のことだ。
ライブが始まる前は、皆、パイプ椅子に座っているが、正直、前の席の人は小さい方が良いと思うだろう。
それで、前の席に大きな男性が来た時には、言っては悪いが、「嫌だなあ」と思うかもしれない。
私も、土日のいずれも、前の席の人がなかなか来ず、「小柄な女性ならいいなあ」とか思っていたら、どちらも、前が全く見えなくなる大きな男性で、本音を言うと「ハズれた」と思ったものだ。
しかし、いざ立ち上がると、私よりずっと小さい。
私は、尻の肉があまりないのと、胴が短いので座高が低いのだが、これって、後ろの人からすれば「立ったらデカいやんか!反則や!」(なぜか関西弁)と思ったかもしれないので、心苦しい。
尚、私は脚が長いことで良い思いをしたことは全くなく、最近では、コンサートや電車の座席で迷惑をかけていることばかり感じ、本当に辛いのである。
男も女も、脚の長さより、スリムですらりとしていることを格好良いと、つくづく感じる。
初音ミクさんだって、超ミニスカートとはいえ、脚が長いことではなく、全体にスリムだから格好良いのだし、美しいと感じるのだと思う。
鏡音レン君やKAITO兄さんだって、脚の長さが目立つ衣装は着ないようである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

もう1人の私とは

よく、「あなたは1人じゃない」、「私たちは1人じゃない」というのを、見たり聞いたりしたことがあると思う。
もしそうなら、「私」の本当の味方が誰かいなければならないが、それは誰だろう?
そんな者、いやしないと思う人も多いかもしれない。
だから、「いい加減なことを言うな、馬鹿野郎」と言いたい人もいることだろう。

だが、それが誰かというなら、それは心臓だ。
だって、考えてみると良い。
自分の意志や思考と関係なく、勝手にドキドキし、胸騒ぎがし、痛くなる。
そして、ドキドキするなら、ドキドキする正当な理由が必ずあり、頭では胸騒ぎの理由が解らなくても、その理由は立派にあり、しかも、いつでも、その胸騒ぎは正しいのである。
そして、心臓は、脳からほとんど独立して動いている。
右脳が何かを感じて心臓に感覚を与えるのではなく、心臓が独自に得た感覚が右脳に伝わってイメージを起こさせるのである。

「自分」というもの、つまり、自我意識や「私」という感覚は脳が作っていることは間違いない。
そして、「もう1人の私」である、内なる賢者は心臓である。
『バガヴァッド・ギーター』で、「私(神。クリシュナ)は心臓に住む」とある通りである。

もっと心臓を信頼すると良い。
そして、心臓は、奇跡を起こす神秘の力を持つ。
天才漫画家、山岸凉子さんの『日出処の天子』で、聖徳太子こと厩戸皇子(うまやどのおうじ)が、神秘力(超能力)を使って活動している時、
「やり過ぎると、私の心の臓が持たない」
と思う場面があるが、これが心臓の力をうまく言い表している。
そして、ラポール(心の絆)で結ばれた者同士の心臓は一つになり、より大きな力を発揮する。

其(そ)して恥を知り 惨めになれば
全てが 廻りだして
心臓は一つになる
~『心臓デモクラシー』(作詞・作曲・編曲:みきとP、歌唱:初音ミク)より~

『日出処の天子』では、厩戸皇子が蘇我蝦夷(そがのえみし)と協力して、干ばつに陥った都に雨を降らせたようにである。
邪まなことでなければ、心臓に頼み、心臓に従えば、願い事は叶う。
心臓に神が住むからである。
腹(あるいは丹田)や仙骨は、エネルギー発生源やバランサーとして重要ではあるが、神はやはり心臓に住むのである。








↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

フリーターで生きていく方法

タイトルにも書いた通り、フリーターで生活出来る方法は、話としては単純で簡単だ。
それは、「自分の専門分野の仕事をくれる必要な数の社長さんと親しくなり、信頼されるようになり、決して信頼を失わないこと」だ。
他には絶対ないし、それは、どんな業界でも、ほぼ変わらない。

クラウドワークスという、企業とフリーターの仲立ちをして、企業の仕事をフリーターや在宅ワーカーに回すという会社が一頃話題になった。
「フリーターで生活出来る」
「フリーターに年収500万円を保証出来るようになる」
を目標としていたと思うが、まともな頭がついた人間なら、「千パーセント不可能」と分かるはずだ。
ドワンゴの川上量生会長が、
「ゲーム廃は頭の良い人が多い。地頭が良ければプログラミングは出来るので、彼らをドワンゴでプログラマーに採用した」
といったことを著書の中で述べていたと思うが、それはあくまで、川上量生という、楽してお金が唸るほど入ってくる仕組みを作れる経営者いてこその話で、そのゲーム廃が、仮にプログラミングを自力習得して、フリーターでプログラマーをやっても、月平均10万円も稼げないだろう。
まあ、ドワンゴのプログラマーの給料も、おそらく大したことはないと思うがね。

ただ、クラウドワークスというのは、「月5千円でも1万円でもいいから、おこづかいが欲しい」と思っている人なら、仕事を見つけ易いので便利と思う。
私のような、経験豊かなシステムエンジニア・プログラマーでも、フリーターでやっていける自信は全くない。
その理由は、システム会社の社長さんらと親しく付き合える自信がないという理由からだけである。
私なら、仕事は責任を持ってレベルの高い仕事をするが、企業としては、安くないと発注しないだろうから、沢山の仕事を抱えなければならない。そんなことをしていたら、営業だけで疲れ、長時間プログラミングをしているうちに心身が破綻するのは目に見えている。
それは、クラウドワークスが発注者(企業)と私の間に入っても全く同じか、下手したら、もっと悪い状況になると思う。

人気者のアナウンサーや俳優でさえ、フリーでやっていくのは至難の業で、仕事をくれる社長や強い権限のあるプロデューサー達と仲良く出来ることは絶対条件だ。
たとえ企業に属さないとしても、そして、名刺に「フリー」と書いてあるにしても、事実上、事務所を持っていることが必要である。
これが、いちいち説明する必要もない現実である。
フリーでも、ごく数ヶ月、それなりに稼ぐくらいのことは運が良ければ出来るが、そんなの1年も持ちやしない。
まあ、天才なら例外はあるかもしれないが、そんな天才は1つの分野で、日本に一人いるかどうかである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ