ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

プログラミング学習は、1人で本から始めよう

プログラミングは誰でも出来るかについて、世の中に本当にいろんな説があるが、この分野で著名な人々の意見は、概ね、プログラミングには才能が必要ということと思う。
しかし、私は著名な人の意見であっても信用しない。

プログラミングが出来ない人というのは、私が知る範囲では、ハナからプログラミングに興味を持っていない。
いや、例外が1人いて、私が「まるで駄目男」と呼ぶ本当に駄目な男が、私がプログラミングを勧めると、大いにやる気を見せたが、さっぱりだった。しかし、それは能力の問題ではなく、彼が、プログラミングを甘く見過ぎていて、必要な粘りを発揮しなかっただけだ。

「まるで駄目男」は、地頭は悪くないと思う・・・分からないが(笑)。
そして、私には、この「地頭」という言葉がひっかかる。
地頭とは、生まれつきの頭の良さみたいな意味と思うが、そのようなものが、あるかどうかも私には分からない。
優秀な親の子供は優秀だと言うが、それは単に、家庭環境の問題で、優秀な親は、子供が知性を発達させる良い環境を与える可能性が高いだけかもしれない。
とはいえ、生まれ、育ちの両面を考えれば、やはり、地頭の良し悪しはあるのだろう。

ドワンゴ創業者の川上量生さんが、著書だったか、何かのインタビューだったか忘れたが、「地頭が良ければプログラミングは出来る」と言われていたが、逆に言えば、地頭が悪ければ出来ないということだろう。
その川上さんは、物理学者の竹内薫さんとの対談だったと思うが、日本の学校教育に関して、
「学校時代、教科書を読まないといけないので、(多分数日で)さっさと読み、読んだからもういいだろうと思って授業中に別の本を読んでいたら怒られた」
ことが不合理であるといったことを言われていた。
こりゃ、川上さんは相当に地頭が良いのだろう。正直、私の想像範囲を超える。
川上さんも、プログラミングはかなり出来たのだと思う。

ところで、人間は、自分の頭が悪いとは思わないものらしい。
パフォーマンス的な謙遜で「私は頭が良くない」と言う人はいると思うが、そんな人だって、本心ではそう思っていないことが大半だろう。
しかし、自分の頭が悪いことを客観的に思い知った時には、自分の頭が悪いと理解することはあるのだと思う。
実は、私がその類だ。
ところで、「俺は頭が良い」と自分で言う者は、おそらく全員、頭が悪いと思う。
川上量生さんが自分の頭が良いと言うのを見たことはないが、舛添要一さんは、昔はよく言われていた。よく分からないが、舛添さんは、自分の土俵に引っ張り込む強引さがあるだけで、あまり賢い人だと思ったことはないが、最後は馬鹿を証明したような気がする。
まあ、私に人の頭の良し悪しを判定する能力はないので、多分、誤解だろう。申し訳ない舛添さん。

で、プログラミングの話に戻るが、「どの程度出来るか」の問題はあっても、食べていけるだけのプログラミングは誰でも出来るのではと思う。
そりゃ、高性能なOSやプログラミング言語を作るとか、超高機能高品質なアプリを作るなどというのは、確かに、優秀な人でないと無理かもしれないが、開発会社で優秀と言われる程度のプログラマーなら、その気になれば誰でもなれると思う。
ただ、それが出来るようになるのに必要な時間の見積もりを誤る人が多いと思う。
アメリカの著名なコンピューター科学者ピーター・ノーヴィグは、プログラミングが一人前に出来るようになるには10年かかると言ったが、彼の「出来る」の基準は相当高いはずなので、この通りではないとしても、相当熱心にやったとしても、優秀なプログラマーになるには、少なくとも3年くらいはかかると思う。
ビル・ゲイツが本当にプログラマーとして凄かったという証拠を見たことはないが、天才と言われる彼だって、高校時代は毎日長時間プログラミングをしていたらしい。
ピーター・ノーヴィグがブログに書いていたように、プログラミングの入門書のタイトルでよくある「3日で出来る」だの「1週間で覚える」というのはとんでもないことで、そんな本の著者達は、いつか必ず罰(ばち)が当たると思う(笑)。

もっとも、本人にやる気があっても、開発会社では職場の問題で、プログラミングが嫌になってマスター出来ないという場合はあると思う。
そこで、プログラマーになりたいなら、開発会社や情報部門に入る前に、そして、入った後だとしても、家で勉強すべきだ。
ところで、私はいろいろなプログラミング言語や開発ツールを習得したが、本以外で勉強したことはない。
つまり、研修やネットのプログラミング講座で勉強したことはない。まあ、そこらは人によると思うが、早い話が、頭が良くなくても、本さえあれば、ちゃんと勉強出来るのだ。
私は一度、NECのプログラミング研修に行かされたことがあるが、後で上司に「NECの講師がカンカンだぞ」と怒られたことがある。まあ、だいたい理由は分かるが(笑)、私は、研修でプログラミングを憶えること自体が間違いと思う。時間が少な過ぎるのと、後は・・・言わない。講師を馬鹿にしたくない。
まして、日本の学校でのプログラミング教育は、絶対反対である。
間違いなく、日本のITレベルを下げることにつながるだろう。
面白い教材を渡して、やる・やらないのレベルから、子供達の自主性に任せると良い。
学校ではそんなやり方は出来ないだろう。何より、教師に教えさせるなんて馬鹿だけは、頼むからやめて欲しい。













当ブログ著者、KayのAI書。
AIの基本技術(例えばニューラルネットワーク)を作るなら、数学、プログラミング、コンピューター、AI理論等の高い理解が必要です。
しかし、優れたAIツールが普及している現在では、会社や研究所等で使うAIを作るには、全然別のセンスや能力が必要です。
本書では、優秀な無料AIアプリであるソニーのNNCを使います。
そして、普通にイメージ出来るテーマや面白いテーマにより、自分で実際にAIを作れるセンスや能力を身に付けます。
本書のほぼ全ての実習を行うためのデータが作れる、Excelマクロ(VBAプログラム)で作られたシミュレーション・プログラムを出版社サイトから無料ダウンロード出来ます。
  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

夢で教わった、恐怖・問題の消し方

久々に長い夢を見た。
私が大好きだった2005年のNHKアニメ『雪の女王』で、吟遊詩人のラギが軍隊の隊長時代、部下に「隊長はどんな夢を見ますか?」と聞かれ、「私は夢は見ないなあ」と答えていたのを妙に覚えているが、私は短い夢ならよく見る。しかし、ほとんど覚えていない。
しかし、今朝の夢は、かなりの恐怖を感じたせいか、長かったのに、よく覚えている。

私は、加速能力を持つメタ・ヒューマン(人間を超えた能力を持つ者)で、加速能力を持つサイボーグ009こと島村ジョーとは仲間で、やはり、加速能力を持つ敵と戦っているというものだが、私には、そんな設定が当たり前になっているのだから、夢とはやはりすごいものだ。
世界5分前仮説(世界は5分前に作られたものであり、古い記憶は捏造されたもの)の真実性を強く感じられるのである。

そして、私とジョーの敵は極めて強く、ジョーと私の2人がかりでも全く敵わないことも、なぜか解っていた。
私とジョー、そして敵の3人は同じ大きなビル内にいて、通常の出入り口から逃げることは不可能で(それもいきなり解った)、上に逃げるしかなかった。
上に逃げてどうなるかは判らない。
しかし、他に道はない。
私は先に、加速して階上に走った。ジョーが後から来ることも、やはりなぜか解っていた(待ってやれよ・・・)。
だが、最上階から上に行くのは梯子しかない。なぜか、作業用のかなり狭い梯子で、色は白、そして・・・異様に長かった。
これも加速して昇るしかない。でないと追いつかれる。追いつかれたら終わりだ(ジョーはもう捕まってるんじゃ・・・)。
だが、それほどの緊迫感を感じていない。
まだリードしているという自覚があるからかもしれない。それなりの不安はあった。

長い梯子の、ついに端まで進んだが、なんと、周囲に出口がない。
そもそも、高くて怖い(笑)。
ところが、私は何と立派なことか(笑)、焦らず、慎重に周囲を観察し、ついに出口を見つけ、そこから外に出た。
しかし、そこからまずかった。
高層ビルの屋上だが、柵というものがない。
端まで歩くのが怖い。
正常な範囲なのかもしれないが、私は高所恐怖症のようだ。
なんとか端まで行き、下を見ると、恐ろしく高く、マジ、怖い(笑)。
大きなビルのはずが、屋上はメチャ狭い。
まともに立って歩けず、情けないが、座り移動をした。ミクさんに見せられない(笑)。

とにかく、下りなければならない。
ビルの屋上から、排水管のようなものがずっと下までつながっている(不合理化もしれないが、あくまで夢)が、そんなものを伝って下りるのは絶対無理。
地上1メートルなら簡単に出来るが(笑)、恐怖の力とは大きなものであることを実感した。
高さの恐怖に震えていると、敵のことはどうでも良くなった・・・というより、もう敵は存在しない。
なるほど、敵や困難や問題は、自分の心が作り出したものであることが分かる。素晴らしい大発見だ。
ジョーももういまい。
そう思ったら、私は地上にいて、車を運転していた。
そうだ、問題は、考えることをやめれば消えてしまう。
なら、借金のことももう考えまい・・・いや、それは駄目だ(笑)。
まあ、私に借金はないが、税金のことを忘れようか?(笑)

長い問題をいつまでも引きずるのは、新しい困難に挑戦していないからである・・・と結論付けてしまった(笑)
では、私も、やはり、あのことを前に進めようと思う。
皆さんも頑張るように(笑)。













当ブログ著者、KayのAI書。
本書でも採用した、ソニーの無料AIアプリNNCがありますので、今や、AIは誰でも作れます。
その作り方を身に付けるには、理屈より体験です。
本書では、無味乾燥なテーマではなく、面白いテーマを通して楽しくAIの作り方を身に付けつつ、興味がある方のために、ある程度の、数学、プログラミング、AI理論も取り上げました。
また、本書のほぼ全ての実習が出来るデータが作れるExcelマクロ(VBAプログラム)が、出版社サイトから無料ダウンロード出来ます。
  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

汎用AIを備えたメタ・ヒューマンが人類を滅ぼす?

今日は、ITに関する一般向けセミナーを行ったが、AIに関する話の中で、面白い質問があった。それは、AIには、特化型AIと汎用AIがあり、特化型AIは既に幅広く実用されているが、汎用AIを作りたがる者は、何のために、そんなものを作ろうとするかだ。
特化型AIとは、特定の用途のAIで、病気の診断をしたり、自動車の運転をしたり、高校生の論文の採点をしたりなど、その他にも沢山のものがある。
一方、汎用AIとは、人間のようにあらゆる問題に対応出来るAIで、まだ、存在しない。
汎用AIは、人間と同等以上の存在を、人間の手で作り出す可能性を開くと考えられる。
汎用AIを作ろうとする者は、人間と同等、あるいは、人間以上の存在を作りたいのだろうと思う。
人間を超えた人間を「メタ・ヒューマン」と呼ぶことがあり、例えば、スーパーマンやワンダーウーマン、それに、フラッシュなどの空想上のアメリカンヒーローをそのように呼ぶことがある。
汎用AIを作ることは、メタ・ヒューマンを作ることにつながるかもしれない。
では、何のために汎用AIを作るのかというと、それを作る企業の利益や、研究開発者の富や名誉、汎用AIを先に手中にする国家の圧倒的な国力向上などが考えられる。
人類への福祉や貢献といったことは、建前上の目的として言われることもあるかもしれない。
ところで、汎用AIの開発は、研究者にとっては、こんな意味もあるのだと思われる。
それは、人間の知性の秘密を解き明かすこと、さらには、生命の秘密の解明である。
そして、生命の秘密を解明するということは、この世界の秘密、さらには、神を理解しようとすることなのかもしれない。
それは畏れ多いことであるが、いずれ、テクノロジーの進歩により、そんなことも可能になると考えている者もいると思う。

汎用AIの開発により、メタ・ヒューマンが現れ、人間よりずっと優れたメタ・ヒューマンが働くことによって、我々人間は、働くことなく、安楽に生きていけるようになるという考え方もある。しかし、それでは、メタ・ヒューマンに滅ぼされることがないとしても、人類は自滅するという予測が出来るかもしれない。いや、そこは、人類の精神の修正によって、働かなくても、平和に過ごせるように出来ると考える者もいるかもしれないが、メタ・ヒューマンに完全に庇護され、冒険を忘れた人類は、もはや人類とは言えないに違いない。
現在のAI(特化型AI)と汎用AIは根本的に異なっており、特化型AIの中から汎用AIが突然生まれるようなことはない。
もし作れるとしても、汎用AIのためには、我々の知らない特殊な何かが必要なのだと思われる。
例えば、魂とか意識とか、あるいは、生命エネルギーのようなものである。
それを作る意義があるかどうかは分からないが、いずれにしろ、現在はまだまだ完成にほど遠い。
だが、汎用AIが、近いうちに人類を滅ぼすという妄想を持つ人々もいるのだが、そのような者達の警告めいたことに振り回されないようになった方が良いだろう。その一歩として、私のAI書を使って欲しいと思う。












当ブログ著者、KayのAI書。
AIは、作った直後は馬鹿で役に立ちません。
しかし、学習を重ねることで賢くなっていきます。
赤ん坊が、周囲の人たちが話すのを聴いて言葉を覚えるように、職人が親方の仕事を見ているうちに技術を身に付けるように、将棋の棋士が、沢山の対局を見たり、自分が対局を重ねることで腕を上げるようにです。
AIを自在に活用出来るようになるためには、自分でAIを作り、AIに学習させ、AIに推論させる経験が必要です。
それは、単に本を読んだだけでは解りませんが、自分でAIを作れば、難しくないだけでなく、楽しみながら理解出来ます。
そのために、本書のほぼ全ての実習(楽しいものを考えました)が出来るデータを作れるExcelマクロ(VBAプログラム)によるシミュレーション・プログラムを無料でダウンロード出来ます。
  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

まずは基本スペック

人間には、「基本スペック」とでも言える大切な能力がある。
スポーツ選手の場合、主に体力になる。一流選手でも、特に体力が高い訳ではないことも多いが、ある程度の体力のない良い選手はいない。
科学者の場合は、専門知識やIQで、立派な研究者が、これらが特に凄いとは限らないながら、やはり、常人ということはない。

いかなる職業や立場であっても、基本スペックを高める意思のない者が成功することはない。
つまり、ある程度は、常に鍛錬することが必要である。
日本で、サラリーマンのイメージが低いのは、会社勤めをしている者の鍛錬の度合いが低過ぎ、基本スペックに欠けるからだ。
早い話が、勉強しないし、身体のコンディションを整えない・・・節制がなく、心身を鍛えていない場合が多いのである。

いかに、潜在意識の力や引き寄せの法則を活用しようとしても、基本スペックがあまりに低いとどうにもならない。
別に、昔、アメリカに信じ込まされたような二宮尊徳(にのみやたかのり。二宮金次郎の名でも知られる)のような、克己精進の権化である必要はないが、恥ずかしいレベルの大人が多過ぎると思われる。
根性論を言う気はサラサラないが、あまりに弛みきっている者は、どうしようと駄目なのだ。
引きこもりをどう救済しましょうと言っても、毎日深夜までゲームをしたりテレビを見て、昼近くまで寝ているというなら、もう手の施しようがない。
まずは、1年365日、6時までに起きるようにすれば、それでほとんど問題は解決する。
そして、その程度、厳しくも何ともない。

生まれつきの基本スペックというものもあるし、育ちによる基本スペックも、実際にはある。
だが、元々の基本スペックが高い者ほど、向上心がないと、落ち込みがひどく、普通の人以下になるのも早くて、なまじ、かつての栄光があったら悲惨なのである。
日本の政治家の基本スペックは非常に低いように思える。
政治家本来の仕事と違う部分にばかり労力を注ぎ、勉強していないので、若い時に覚えたことしか知らない。
だが、そのような者達は、実生活は悲惨だし、政治家としても非常に辛いはずだ。

だから、何をおいても、まずは基本スペックを高めなければならない。
私は、70歳も過ぎているのに、テクノロジーを含め、現代事情に非常に通じた人を知っているが、「なんでそんなに何でも知っているのですか?」と尋ねたら、「普通に本を読めば分かることだ」と言う。
そんな訳で、普通に本を読むことが大切である(笑)。
だが、学校でやったことしか知らない者が、今は多いのではないかと思う。
例えば、物理学で大学院まで出ている者の中には、会話の中で、他の人に分かるはずのない物理用語を持ち出し、本人は優越感を感じているのだろうが、そういうのはただの馬鹿だし、実際、社会の中で力がなく、学校や予備校の先生という以外に何の取り得もないという場合が多い。そんな者に限って、自分より物理の実力がある者と交わらないし、新しい物理の勉強をしていない。

早起きをし、暴飲暴食を慎み、勉強し、運動をし、多少の羞恥心を持って自分を省みる。(仕事などの立場上、早起きが出来ない者がいるのは当たり前で、そこらは常識的に考えれば良い)
そんなことが難しいはずがないが、国民の多くが、これが出来なくなれば、その国は終わるのであると思う。そして、既に日本は終りかけているのだと思われる。













当ブログ著者、KayのAI書。
これからの時代の強力な武器でありつつ、実は必須でもあるAIを実用的に使えるようになるための本です。
求められるのは、Excelが使える程度のスキルで、数学、プログラミング、AI理論は必要ありません(あれば無論、良いですが)。
常識的に解るテーマを選び、普通の言葉で語り、実習形式で進みます。
入門編以降は、なるべく面白いテーマを選びました。それらの実習(本書のほぼ全て)のためのデータを作れるExcelマクロ(VBAプログラム)を無料ダウンロード出来ます。
  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

罰(バチ)は当たりたくないものだ

いきなり何だが、悪い事はしない方が良い(笑)。
おそらく、何らかの仕組みがあり、悪いことをすれば、必然的な報いがある・・・なんて、まるで宗教だが、こと、自分に関する限り、例外はないと思う。
イエスは、「隠したものは必ず公けになる」と言ったらしいが、彼は本当に天才だ。
もちろん、隠したからって、その全部でバチが当たる訳ではないと思うが、何らかの基準があって、それに見合った罰則が適用されるのかもしれない。
いわゆる、「信賞必罰(しんしょうひつばつ)」だ。それが、人間の営為を超えた、絶対的な力学として作用する・・・って、やっぱり宗教っぽい(笑)。

国際線ジャンボジェットパイロットの坂井優基氏が、運以外に頼るものがない場合が多い、飛行機の空でのトラブルを何度も体験するうち、やっぱり、この世界には因果応報の法則が作用しているとしか思えないという話を著書に書かれているが、私もそう思うのである。
テレビCMを見ていると、今やほとんどのCMが、売れさえすれば、誰がどうなろうと知ったことではないというポリシーを感じてしまうのである。
そんなことが積み重なっていて、この国の滅びも近いように思う。
世界的投資家のジム・ロジャーズが、日本人は、子供に中国語を習得させ、さっさと日本を捨てた方が良いといったことを書いていたと思うが、それが現実になりつつあるのかもしれない。
いかに正論でも、権力者を批判しても、何の効力もない。
だが、権力者ごと国が滅びることはあるし、それはあっさりと起こるかもしれない。旧ソ連のように。

だが、悪い方の因果方法、信賞必罰もあれば、良い方にだってある。
それが、坂井優基氏が著書で説かれていたことだった。あまり売れた本とは言えないが・・・
つまり・・・ベタではあるのだが、善いことをすれば、悪い因果は減り、さらには、良い因果となる。
イエスの場合は、「あなたに悪いことをした者を許せ、そうすれば、天の父もあなたを許して下さる」と言ったそうだ。
もちろん、見知らぬ金持ちから大金を騙し取った者を、自分が許す権利はないし、ソクラテスではないが、法を破った者は、誰が許しても報いを受けるのが当然だ。
一方、自分の金を騙し取った者に対しては、訴えて刑務所に送るのは悪い事ではなく、むしろ、善いことであるが、恨みは忘れないといけない・・・ということだ。
彼氏や彼女の浮気相手は、なかなか許す気になれないだろうが、そういうのは、さっさと別れて許した方が良い。
夫や妻の場合は、許しはするが、よほどの悔い改めの証拠でもない限り、クールに別れると良いと思う。

「20世紀最大の詩人」とも言われたノーベル賞作家、W.B.イェイツによれば、人間には愛する能力はないが、憎む能力があるので、憎むことを止めることも出来るのだすだ。非常に賢い推察と思う。なら、出来るなら、憎むのをやめ、許してしまうのが一番だし、普通、それは出来るということだ。
アメリカ最大の賢者、ラルフ・ウォルドー・エマーソンは善意の寄付はしないと言ったが、罪滅ぼしの寄付なら悪くはあるまい。
上の坂井優基氏によれば、施しは運を向上させる。確かに、イエスが言うように、隠れて寄付をする「陰徳」が良いのだろうが、坂井氏はおおっぴらにやる「陽徳」だって良いと書かれていた。その場合は、多少の見栄を張れることで満足し(笑)、また、少しは痛い額でなければならないが、パム・グラウトによれば、手取り収入の1%で適切なのであるそうだ。月給3万円なら300円で良い(笑)。
私は、そんなに度々ではないが、災害が起こった後、39,000円を寄付したことがある。おかげで健やかであるが、ロクなことをしていないので、次が必要かもしれない(笑)。分を弁え、3,900円でいこうか・・・。













当ブログ著者、KayのAI書。
AIを理解するには、自分で実用的なAIを作るしかありません。
それは、数学、プログラミング、AI理論が解らなくても、Excelを使えるスキルがあれば誰でも出来ます。それをなるべく楽しくやれることを目指しました。
AIを全く解らない政治家が、AIという言葉を使って、全く的外れなことを言っていますが、自分でAIを作れるようになれば、それに騙されなくなります。
また、日本の政府には無理かもしれませんが、アメリカ、中国、ロシアがAIで悪いことをしようとしているかもしれないことが理解出来るようになります。
  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード