ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

不思議な力の言葉

合気道家で、神道の神官でもあった佐々木の将人(ささきのまさんど)氏の著書『数霊のメッセージ』には、「ア」が秘めたる力を持つ言霊であると書かれている。
「アー」と言うと、頭頂部の骨が開き、神が下りて来る。
だから、「アー」と言えば、悩みは解決するのである。
これだけでも憶えておくと良いだろう。

「アー」がなぜ、これほど強力な言霊なのかは分からないが、もしかしたら、これ一語で、真言であったり、神の名であったりするのかもしれない。
ところで、日本人はよく「どっこい」という言葉を使うが、「どっこい」の語源については諸説ある。その中で、これも神の名であるというものもある。
それで、「どっこい」と言うと、気力や筋力が上がるので、無意識にそう言うのかもしれない。

武道や修験道でよく使われる、品格や格式さえ感じさせる掛け声に「ヤー」がある。
「ヤー」と聞くと、我々は、荘厳さすら感じる。
実際、不思議なことに、「ヤー」という掛け声は、正義の味方しか使わず、あまり、悪人が「ヤー」と言うとは思えない。
実は、「ヤー」は、もったいなくも、ユダヤ教やキリスト教の絶対神ヤハウェのことでもある。
キリスト教やユダヤ教と関りのない人でも知らない者はいない「ハレルヤ」という言葉は、「ヤーを褒めよ」という意味で、この「ヤー」が「ヤハウェ」なのである。
そりゃ、立派に使わないといけないのは当然だ。
日本人の起源はユダヤ人だという説がある。それなりに調べたら分かるが、何らかの意味で、そうなのではないかと思う。
それで、日本人は「ヤー」という神聖なる掛け声を使うのであると思う。
さらに、日本とユダヤの関係を暗示することとして、日本語では「ヤ」は「8」であり、日本では、なぜか、神聖な言葉には「八」が付く。
「八咫(やた)の鏡」「八咫烏(やたがらす。神聖な鳥である)」「八幡(はちまん)」「八坂(やさか)」「八雲(やくも)」、その他にもあると思うし、日本の古来からの儀式でも「八」の字を使うものがある。
ところが、イエス・キリストの象徴数も「8」であるらしい。そもそも、キリストは「ヤーの名によって来られた方」と聖書に書かれている。
(ただ、聖書の日本語訳では、なぜか、ヤハウェ、ヤーは「神」「主」と記している場合が圧倒的と思う)
その「ヤー」すなわち「八」が、日本においても神聖な数なのであるから、これからも、日本とユダヤには深い関係があると感じられる。
ここらは、久保有政氏の『神道のルーツとユダヤ』に、様々なエビデンス(根拠)と共に詳しく述べられていて興味深い。

神仏の名を心で唱えるナーマスマラナ、あるいは、それに準じる真言だけが、現在の我々が高次の力の援助を受けることが出来る唯一の方法と言われることがある。
念仏もこれに含まれる。
そして「ヤー」は、最高の神の名であると共に、日本人にも馴染み深い言葉であることが分かる。
もし、ピンと来る神や仏の名がない場合、「ヤー」あるいは「アー」を唱えると良いと思う。
また、別の神の名を唱えている場合も、唱えて良いだろう。
そして、イエスは「私の名で願うことは全て叶う」と言ったが、イエスは日本にも関りが深い存在であるかもしれず、そうであれば(そうでなくてもだが)、その名を唱えることは良いことであると思う。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

神に下駄を預ける

イエスは、
「山に向かって、『歩いて海に入れ』と命じ、その通りになると信じて疑わなければ、そうなる」
と言った。
しかし、誰が、本当に、山に歩いて海に入って欲しいと思うだろう?
一方、戦争に行く息子に、生きて帰って来て欲しいとは、本当に願うだろうが、その願いが叶わないこともある。
では、その場合は、必ず生きて帰って来ると完全に信じていなかったからということになるのだろうか?
だが、知性ある人間は、様々な可能性のあること、つまり、本来、確率的なことを完全に信じることは出来ない。
では、どうすれば願いが叶うのだろう?

『バガヴァッド・ギーター』で、クリシュナ神は、
「どの神に祈っても、願いは叶えられる」
と言っている。
けれども、それではと、
「わが神、サラスヴァティー(ヒンズー教の女神)よ、あの子が私のプロポーズを受けて下さいますように」
とお祈りをしてから、その子にプロポーズをしても、まあ、駄目なものは駄目だ(笑)。
だが、クリシュナは、こうも言っているのだ。
「正しい祈りは、私に祈ることだ」
つまり、他の神に祈ることは、本来は正しくないのだと言うわけだ。
そこで、心を改め、
「クリシュナよ、あの子が私のプロポーズにOKして下さいますよう」
と祈っても、やっぱり、どうなるかは分からない。
それでは困る。
では、どうすれば?

ところで、イエスだって、磔になる前に、
「父なる神よ、出来るなら、悪いこと(自分が逮捕されて磔になること)が起こりませんように」
と、お祈りしているのである。
ただ、イエスは、その後、こうも祈っているのだ。
「ただし、あなた(神)の想いが実現しますように」
つまり、死ぬのは嫌だが、「後はまかせる」と、神に下駄を預けてしまったのだ。
その結果、イエスの願いは叶わなかったと思うだろうか?
まさか!
確かに、イエスは、その後、逮捕され、磔にされて殺されてしまった。
しかし、その3日後、イエスは完全な神になり、何でも自由自在になったではないか?
だが、一度死ななければ、そうならなかったのだ。
簡単に喩えれば、神様に「あの子が僕の彼女になるますように」と祈ったのに、その子には振られてしまったが、実は、その子は悪い女だと分かり、そして、その子の百倍可愛い彼女が出来た・・・そんな感じだ。
だから、何でも願えば良いが、必ず、神様に「下駄を預ける」ことだ。

さて、イエスは最後に、もっと大事なことを教えてくれている。
「私の名によって願うことは、全て叶えられるだろう」
名前と実体は等しいのである。
イエスという名は、イエスそのものなのだ。
だから、いつもイエスの名を憶念する、つまり、心の中で唱えることだ。
神仏の名を心で唱える行を「ナーマスマラナ」と言う。
この、人類に唯一残された、誰がやっても効果がある、この行をやることだ。
念仏も、ナーマスマラナの1つであり、釈迦も、これでしか救われないと言ったという説がある。
どの神、あるいは、仏でも良い。
その名を唱えることである。
一方、願い事の内容は、いちいち言わなくて良い。
そんなこと、イエスも言ったように、「神はとっくにご存じ」なのだ。
旧約聖書にも書かれている通り、神は、呼ぶ前に答えるお方なのである。
つまりだ。
ナーマスマラナ(念仏もその1つ)をすれば良いだけなのである。
さらに懇切丁寧に言えば、ナーマスマラナをしながら、神仏に下駄を預けることである。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

こうして奇跡は起こった

夢の中で、決まった時刻にどこかに着かないといけない時には、ほぼ間違いく、そこにたどり着けないものだ。
そこでは負の連鎖が起こって、時間は迫っているのにスタートすら出来ないということが多い。例えば、服がない、靴がない、いつものカバンがないといった感じだ。

私は、現実世界では、人との待ち合わせなど、時間を守ることが大切な場合は、決められた時刻の1時間も前に行ってしまう。
宗教家の五井昌久さんが、著書に、自分がそうだと書いているのを見て、「同じだ。やはり誠実な人間は時間を守るものなんだ」と思って喜んだが、私や五井さんのように、それが極端な者は、発達障害だったか何だったか忘れたが、一種の精神疾患だという話を見て、「そうかもしれない」と思った。確かに、考えてみると、まともじゃない。
五井さんがまともじゃないと言ったら、とんでもない話だが、優れた点が大きい人には、普通の人にはない欠点もあるものだ。
とすると、私にも何か優れたところが・・・あったらいいなあ(笑)。

ところで私は、現実世界で、厳守しなければならない時刻に、なかなかたどり着けずに焦った思い出が何度もある。
大抵は、道に迷った場合だ。私はかなりの方向音痴である(笑)。
道に迷い、時間に遅れるどころか、到着のメドすら全くつかなかったことも、何度かあった。
そんな時は、予定時刻に到着出来るなど、夢のまた夢。奇跡でも起こらない限り不可能と思え、「もう駄目だな」と諦めてしまうことが多かったと思う。
ところが、私が記憶する限り、実際に遅れたことは一度もない。
焦りに焦った末、いつも、案外に、常識的には丁度良い時刻に到着するのである。
そこでは、神の助けがあったのだと思えるのだ。
どんな時に神の助けがあるのかというと、諦めた時・・・もっと正確には、自力で到着することを諦めた時だった。
そんな時には、なりふり構わなくなる。
普段、私は、人に道を尋ねるようなことは決してしないのに、適切であるとは思えないような人にまで積極的に尋ねる。すると、あっさりと「あっちですよ」と道を教えてくれて、簡単に行き着く・・・といった流れになる。人に聞くというのは大切なことだ。

ところで、私は、どういうわけか、人によく道を尋ねられる。
しかし、方向音痴の私に道を尋ねるとはいい度胸だと思うほど(笑)、私がうまく答えられたことは、まずない。
それで、いつも気まずい思いをしたものだが、大抵は、「何とか役に立とう」と思って努力はしたものだった。まあ、それでもうまくいかないのだが(笑)。
結局、最後は、「お役に立てなくて申し訳ありません」と謝り、相手は、感謝はしているようだが失望もしている・・・そんな複雑な表情をする。そんな顔を見るのは辛く、相手に対し、「君が声をかけた相手が悪かったんだよ」と思いながら、さらに気が沈む。
しかし、やっぱり、私に対して、本当に感謝している感じの人はいるものだ。そして、そんな人は、私の気まずい想いも察知し、「気にしないで。私は嬉しいのだ」と言っているような笑顔をする。
人間とは良いものだ。
私はきっと、相手を失望されるための役割を神に割り当てられたのだろう。相手が私を選んだのは必然だったというわけだ。

そういったことの決定版のようなことが、詐欺で逮捕された男性宗教家の本に書かれていた。
その宗教家は昔、その日の銀行閉店時刻までに、300万円を入金しなければならなかった。そうでないと、不渡りを起こしてしまう。そうなれば、自分が経営する会社も倒産しかねない。
だが、彼に金を得る当ては全くなかった。
いろいろ手を尽くしたが、成果のないまま、銀行の閉店時間が迫って来る。
そんな時、彼は、質屋の看板が目に入った。だが、高価な質草など持っていない。
ところが彼は、その質屋に入って行き、店にいたお婆さんに、いきなり土下座をして「300万円貸して下さい」と頼んだ。
すると、なんと、そのお婆さんは、あっさり貸してくれたのである。
彼は、その金を持って、既に閉店時刻を過ぎてシャッターが閉まっている銀行に入り、入金を頼んだら、これも、あっさり引き受けてもらえた。
まあ、あくまで、大規模詐欺で逮捕された宗教家の話で、どこまで本当か(あるいは全く嘘か)は分からないが、今、考えても、あり得そうに思えるのである。
つまり、人間は、なりふり構わない状況になり、そんな中で、気持ちをわずかでも前に向ければ奇跡は起こる。
諦めてしまっても良いのだ。
だが、顔を上げることである。
顔を上げることが何より大切なのだ。
そんな気持ちになるためには、神仏の名を心で唱えるナーマスマラナを行ってみると良い。うつむいた神仏はいないのだから。
アメリカ映画『宇宙戦争』(1953)も、万策尽きた時に奇跡が起こったのだが、人々は神の名を想い、顔を上げていたのだと思う。

お役に立てるか 全然わからないけど まずは顔あげな
~『Let’s go!』(作詞・作曲・編曲:あルカP。唄:初音ミク)より~

顔上げて微笑めば 笑顔取り戻す魔法になる
~『FREELY TOMORROW』(作詞:Mitchie M・ЯIRE、作曲・編曲:Mitchie M。唄:初音ミク)より~








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

忍び寄る侵略者に勝つ

日本も現在、侵略を受けている。
侵略と言っても、以前のようにドンパチ(ミサイルや戦闘機や機関銃)で攻めて来るのではない。
敵の攻撃は洗脳であり、侵略するのは我々の脳・心である。
その洗脳は、テレビ、新聞、学校、金融、映画、書籍を通して長年行われてきたが、いまや敵は、インターネット(SNSを含む)を手中に収めつつある。
その中で、我々の状況は、不利といった程度のものではない。
なぜなら、大半の者は、侵略を受けていることや、敵の存在にすら気付いていないのだから。
我々は何より、直ちに、敵の存在、敵の侵略事実を認識しなければならない。

どうすれば、それを認識出来るか?
何ごとも、まず、喩えが少しは役立つかもしれない。
萩尾望都さんが、レイ・ブラッドベリの『スは宇宙(スペース)のス』を中心に漫画化した作品、『ウは宇宙船のウ』の中の、『ぼくの地下室においで』を読むと良い。
ブラッドベリ自身の小説『スは宇宙(スペース)のス』でも良いが、これは売り切れのことが多く、何より、萩尾さんの漫画が良い。彼女は天才だ。
もちろん、この作品では、象徴的に描いているが、あの通りのことが、今、本当に起きている。
『ぼくの地下室においで』の中で、大学生のロジャーは、異常事態に気付いていた稀有な人間だった。
そして、彼は、ガールフレンドのマニーに警告するが、マニーは、いきなりだったこともあり、ほとんど理解出来なかった(だが、少なくとも真面目に聞いてくれた)。
最後にロジャーは言う。
「時間切れになるまえに…間に合ううちに…さもなきゃ僕らは…みな…おしまいだよ…!」
では、ロジャーはどうしろと言ったのか?
「気をつけろ」
「六感を・・・直観を働かせるんだ」
「頭の細胞全部使うんだ」

しかし、それではもう遅いかもしれない。
そこで、もっと良い方法を教えよう。
敵が手をつけられないものを使うのだ。
それは、神仏の名だ。
確かに、敵は、自分達の都合の良いように、神や仏の一般概念を穢し切り、歪めてしまった。
しかし、神仏の名には、決して手は出せない。
天照大神、阿弥陀仏、観世音菩薩、弥勒菩薩、イエス、クリシュナ・・・。
好きな神の名を、心の中で丁寧に唱えることだ。
神仏の名は、人がつけたものではない。
高次の魂が、高貴な人間の魂に伝えたものなのだ。それは、1つの神仏が、様々な言語での名前になる時にも、必ずそうだった。
そして、神仏の名を唱えると・・・心の中で丁寧に唱え続けるとどうなるだろう?
W.B.イェイツが『悪魔と野獣』で、

夜となく昼となく私を悩ませる
あの狡猾な悪魔とあの騒々しいい野獣が
少なくとも、ある瞬間だけは
私の視界から走り去ったのである。
~『W・B・イェイツ全詩集』(鈴木弘訳)より~

と述べたように、あるいは、T.E.ロレンスが『知恵の七柱』で

世界の物音、香り、彩が、思考の篩(ふるい)を通過せず、思考によって類型化されることなく、まさにそのもの自体として人間を直撃する
~『右脳の冒険』(コリン・ウィルソン著)より~

といったように、魂は神と融合し、全てが明らかになると共に、既に敵に打ち勝っているのである。
これが、神仏の名の神秘の力である。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

ギリシャ神話の神々

ギリシャ神話は、国を超えて世界中で知られ、特に欧米ではギリシャ神話は必須の教養であり、ギリシャ神話からの引用はごく普通に行われ、引用箇所や、さらに引用の意図が分からないと知的なコミュニケーションに支障が生じる場合があるほどだ。
神話というものは、もちろん、史実ではないのだが、極めて重要な点がある。
神話は、1人の人間が作ったものではなく、また、大勢の人間が話し合って出来たものでもなく、複雑に見えても何か純粋な原理が作用して構築されたに違いなく、人間の内面の奥深く(魂すら)を神秘的に描写したものだ。
それは、ギリシャ神話はもちろん、インドの『マハーバーラタ』『ラーマーヤナ』、ヘブライを中心とした『旧約聖書』、日本の『古事記』も同じことで、人間存在を超えて宇宙を感知することすら出来るが、そのためには、思考を超えた英知が必要になる。
従って、神話の正しい解釈は極めて難しく、専門家と言われる先生方がいろいろな解釈を示すが、どんな偉い先生でも、せいぜいが、「まあ、割と良い解釈」程度のことしか出来ない。
だが、宇宙の情報や力の秘密が、神(あるいは仏)の名の中に精妙かつ絶妙に封じられていて、その名に意識を向けることで、誰でも簡単に力と英知に触れることが出来る。
だから、神の名を心で唱える行であるナーマスマラナは、最高の行なのである。念仏もその一種である。

ギリシャ神話は神の名の宝庫でもある。
もちろん、各国によって発音に違いはあるが、それ(発音の違い)は高次の力で調整されるのであり、全く問題がない(ごく一部に例外があり、正確に発音しなければならない名もあるが、それは、禁忌の意味でそうなっているのであり、よほど危ないことをするのでない限り問題ない)。
ギリシャ神話の最高位の神は、神々の王ゼウスであることは当然だが、アリストテレスの『魂について』から考えると、特に重要な神は、まずゼウス、ゼウスの後継者と考えられている太陽神アポローン、そして、女でなければ(あるいは女であってもだが)ゼウスを超えたかもしれなかった女神アテーナの3神である。
そんなわけで、ゼウス、アポローン、アテーナの名は極めて強力であるが、強力過ぎて、唱える方もよほど真摯でないと、バチが当たるというのではないが、ある種の緊張を余儀なくされる。
ゼウス、アポローン、アテーナを含む「オリュンポス十二神」が最高格の神であるので、先の3神以外では、ヘーラー(ゼウスの実姉で正妻)、アプロディーテー(ヴィーナス。愛と美の女神)、アレース(戦いの神)、アルテミス(月の女神)、デーメーテール(ゼウスの実姉。豊穣の女神)、ヘパイストス(技術の神)、ヘルメース(知の神)、ポセイドーン(海の神)、ヘスティア―(ゼウスの実姉。炉の女神)らが、最高位に君臨する神々である。
また、冥界の王ハーデスと、その妻ペルセポーネも、オリュンポス十二神と同格とされ、場合によっては、十二神に含むこともある。

面白いのは、ゼウスがオリュンポスを平定した時の敵であったティターン族の神でありながら、勝利した後もゼウスは女神ヘカテーの強大な権力を奪わなかった。
ヘカテーは、『リボンの騎士』や『灼眼のシャナ』では、小悪魔的な美少女として描かれている(『リボンの騎士』ではヘケート)通り、少女神と考えられているが、謎の多い深みのある存在で、信仰者も多い。

愛と美を得たければアプロディーテ(ヴィーナス)の名を唱えたり、戦いに勝ちたければアレース(軍神マルス)の名を唱えたりするものだが、ご存じの通り、ギリシャ神話の神は、やや気紛れなところもあるので、機嫌を損ねないよう、真摯に唱えなければならない。
他にも多くの有力な神が存在し、私のお気に入りを挙げると、正義の女神アストライアーがいて、私もこの名を唱えることがある。
シェイクスピアやエマーソンすら、アストライアーを敬愛しており、シェイクスピアは『タイタス・アンドロニカス』で言及し、エマーソンは『アストライアー』という詩を書いている。
SF小説『BEATLESS』では、アストライアーは世界に39基存在する超高度AIの中でも中心的存在で、ヒロインのレイシア(40基目の超高度AIと噂される)と対立する。このアストライアーは大人の事情を内包するので、暗い部分もあるが、やはり、正義の女神の名を冠するだけのことはあった。

『ギリシャ神話』は、何を読んだら良いのか難しい。
名著と呼ばれるものでも、まるで辞書のような解説書であったり、人類の最高傑作と呼ばれるものは壮大過ぎてハードルが高い。
1つの手として、漫画で概要を掴むと共に、ヘシオドスの『神統記』を読むことをお勧めする。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード