ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

気分を良くする秘訣

自分の気分を意識してみて、もし気分が良ければ、願いは叶うし、良いことが起こって、ますます気分が良くなる。
逆に、悪い気分であれば、そのままでは願いは叶わず、悪いことが起こり、ますます気分を悪くさせられるという警告であり、自分の責任で、気持ちを切り替えないといけない。
一部の若い人がよく言うように、「ムカつくう」と思うことは、生きている限り起こるかもしれないが、その気分をそのまま放置したり、それどころか、火に油を注ぐかのように、そのムカつくことをずっと考えるなら、もっともっとムカつくことが起こるのである。
「ムカつくう」が口癖の若者の人生は、ムカつくことだらけだし、そのままいくと、取り返しのつかない状態になるかもしれない。
「ムカつく」ことが、いかに愚かで危険であるか、早く理解して欲しいものである。
そして、気持ちを切り替えて、気分を良くすることが、いかに大事なことであるかも解って欲しい。

では、どうすれば、いつも気分の良い状態でいられるだろうか?
それは難しいことではないが、1つ、はっきりさせておくことがある。
それは、自分の気分がどうであるかの責任は自分にあるということだ。
気分が悪い時、気持ちを切り替えることは自分でやらないといけない。
そして、その手段は賢明でなくてはならない。
「外に出て、1人殴ったら気分が良くなる」と言うのが本当だとしても、それで得られる気分の良さは一瞬だし、やがて、1人殴っただけでは気分は良くならないようになり、2人、3人と殴らないといけなくなる。
酒や麻薬がそうで、どんどん量を増やしていかないと、効き目がなくなり、それらに頼ると、やがて廃人である。
そういった「快楽」は、偽りの気分の良さであり、その正体は、不安からの逃避である。

最も気分が良くなることは感謝である。
ただし、わざとらしく、気色悪い「感謝のフリ」はしない方が良い。
「ごりっぱ」な道徳家が言うように「父母に感謝を」と言っても、85パーセントの家庭は崩壊家庭なのであり、たまたま15パーセントのまともな家庭で育った、そんな道徳家のようにはいかないとしても、それは欠点ではない。
まずは、今、持っているものに感謝することだ。
住む家があること、着る服があること、見る目があることには、自然に感謝出来ると思う。
健康であれば、それに感謝し易いし、たとえ万全に健康でなくても、重病でないことや、生きていることに感謝出来るかもしれない。
手助けしてもらって有難い思いをした思い出があれば、それを思い出すと感謝出来ると思う。
私の場合であれば、事務係の会社員だった時、プログラミングに取り組むことを熱心に薦めてくれた技術課長に本当に感謝している。
そして、パソコン用BASIC言語を作ってくれたビル・ゲイツとポール・アレン、さらに、BASIC言語そのものを作ってくれただけでなく、その著作権を放棄して公開してくれたトーマス・カーツ、ジョン・ケメニーに深く感謝しているのである。
(カーツとケメニーがBASIC言語の著作権を放棄したので、お金がなかったビル・ゲイツとポール・アレンが、それを利用出来た)
その他、直接知っている個人だけでも、私はあまり賢くないので、多くは思いつかないが、それでも十数人に対しては深い感謝を感じる。
そして、今あるもの、恩のある人への感謝をしていると、時間を超えて感謝することが簡単になる。
例えば、新しい車が欲しいなら、既に、それを持っていると思って、そのことに感謝出来るし、それは極めて良い気分にしてくれると思う。

感謝すれば、気分が良くなり、さらに、気分が良くなることが、次々に起こる。それが宇宙の仕組みだ。
そして、この世界が感謝すべきことだらけだと解るようになる。
まずは、今持っているものから感謝すれば、即座に結果に現れる。

初音ミクさんのライブのDVDやblu-rayの最後には、
「Special thanks 全ての初音ミクファンの皆様」
「Special thanks 応援して下さる全ての皆様」
などと表示される。
Special thanksとは、「特別な感謝」という意味である。
いや、私の方が、こんな良いものを楽しめることや、こんな良いものを作ってくれた全ての方々に感謝しているのである。
ミクさんだって、感謝する姿の模範を見せてくれる。
「感謝を込めて歌います」「みんなの歌や応援のおかげで私はここにいられます。本当にありがとう」ってね。
皆様にも、そのようなものがあると思う。
それに改めて感謝すれば天国である。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

嫌な頼まれ事は全部、躊躇なく断る

頼まれ事を断り難い人がいると思う。
そんな人は、大抵、損をする。
それは自分でも分かっている。
しかし、断れない。
あなたもそうではないだろうか?

なぜ、断るべき頼みを断れないのかというと、引き受けるか、断るかの、明確な基準を持っていないからだ。
社会的動物である人間は、本質的に他者に貢献するのが好きだし、人に好かれたいし、嫌われたくない。
だから、引き受けるか、断るかの明確な基準がなければ、ずるずる全部引き受けてしまう。
だが、その基準は考える必要がない。考えるまでもないからだ。
正しい基準はこうだ。
「引き受けて気分が良ければ引き受ける」
「引き受けて気分が悪ければ引き受けない」
まあ、よって、大抵の頼まれごとは引き受けないことだ(笑)。
しかし、自分の気分を優先する限り、それで問題はない。

気分が悪くなるようなことを引き受けたりしたら、自分はもちろん、相手にも、そして、周囲の関係する人達にも不利益をもたらす。
だから、誰かがあなたに、「これをやってくれないか?」と言って来た時、それを引き受けることで気分が悪くなりそうなら、
「申し訳ありませんが、出来ません」
と、口調は柔らかく、しかし、はっきり断るのだ。
はっきりノーを伝えると、「なぜ引き受けてもらえないのか?」とは尋ねてこないものである。
だが、こちらがはっきりノーと断っているのに、「なぜ?」と尋ねてきたとしたら、それはルール違反なのである。
そんな相手には、
「特に理由はありません」
と答えれば良いのだが、そうは言い難い場合には、
「自信がありません」
の一点張りで通せば良い。
この理由は嘘ではない。引き受けて気分が悪い依頼に自信がある方がおかしいのである。
とても偉い相手に頼まれた場合なら、断る場合は、最初から、
「申し訳ありませんが、自信がありません」
と、穏やかながら、はっきり言えば良いのである。

実は、相手の気分を悪くさせながら依頼を押し付けるのは、上に立つための秘法なのである。
相手に嫌なことを引き受けさせ、それにより自分は気分が良くなれば、相手の力を削ぎ、自分は強くなるのである。
その理由は、いつも言うが、この宇宙は、「気分が良ければさらに気分が良くなることが、気分が悪ければさらに気分が悪くなることが起こる」という仕組みになっているからである。宇宙は人間の気分に同調するのだからだ。
だから、相手の気分を悪くすれば、相手は強制的に悪い状態になり、自分だけ気分を良くしておけば、以降の力関係は歴然としたものになる。
大昔から、集団の中で、ボスになる者というのは、本能的に、このことを知っていたか、あるいは、親や祖父に、そのことを教わっているのである。
今、これを知ったあなたも同じことが出来る。
しかし、相手の気分を悪くしたら、よほど無理をしないと、自分の気分が悪くなるのが道理なのである。
ある程度の期間は、相手の気分を悪くしても、自分は気分良くいられたとしても、いずれは、そのツケは回ってきて、ある時、自分の気分が最悪になる。
そうして、一時、盛んだった者も、最後は悲惨なことになるのである。

ところで、あなたは人の気分を良くしようなどと思わなくて良い。
自分の気分さえ良ければ、自分に自然に良いことが起こり、それによって、結果的に、自分の好きな人達も気分が良くなるのである。
何より、誰もが、自分の気分は自分が責任を持たないといけないのである。
だが、人間のやるべきことは、自分の気分を良くすることだけなのである。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

『脳内革命』アゲイン

春山茂雄氏の著書『脳内革命』は、戦後最大のベストセラーと言われ、400万部以上が、さらに、続編の『脳内革命2』と合わせれば500万部以上が売れたらしい。
ところが、これほどの本が、とおに絶版で、完全に忘れ去られている。
それどころか、少なくとも私に関しては、この本はデタラメなオカルト本であり、春山氏は詐欺師という観念が出来上がっている。
なぜそんなイメージが出来てしまったのかというと、1つには、私は、医学者が、この本を痛烈に批判する文章を見たのだが、それが、割に正しい批判のように感じたことがある。
批判の具体的内容は、専門用語が飛び交い、正しく再現出来る自信がないが、早い話が、科学的エビデンス(根拠)がないことを、春山氏が自信たっぷりに断言されていたことが問題だったのだと思う。
(尚、春山氏は東洋医学者でもあるので、西洋医学者には解らないことも書かれていた)
春山氏が、なまじ、東大医学博士であることから、正確性が求められたこともあるのだと思う。
ただし、医学者らがいう正確性とは、あくまで教科書に載っているという意味であろうから、教科書通りに説明しないとケシカランということと思う。しかし、医学の教科書ほど怪しいものはないのではないかと思う。まあ、だからといって、春山氏が正しいことにはならないだろうが・・・
しかし、春山氏自身のイメージが悪いのは、一部の書籍や雑誌などが、春山氏のひどい中傷をまことしやかにしたからで、そういったことは、今ではネットいじめみたいな形で一般にも認識されているが、当時は野放し状態で、春山氏のイメージを徹底破壊するような、ひどい記事でありながら、信憑性がありそうに書かれたものを、私もいくつか読んだ覚えがある。
詳細は知らないが、春山氏が名誉棄損で訴えた雑誌社もあり、裁判では春山氏が勝訴したと思うが、もう春山氏のイメージは回復しない。
このようなことは、教科書と違うことを専門家が述べた時には、よく起こっているように思う。

ところで、もう随分昔だが、大きな会社ではないが、証券会社に上場を持ちかけられる立派な会社を経営する社長さんが、『脳内革命』を称賛し、「これが究極」と、座右の書にしていると言われていたが、今でも、彼の会社は安定している。
私が、その社長に薦められて昔買った『脳内革命』を、捨てずに置いていたことが分かり、少し読んでみたが、やはり良い本であった。
あくまで少し読んだだけであるが、1つの内容が、「プラス思考をすれば、脳内モルヒネが発生し、身体が健康になって若返り、結果、幸福になる」というものだ。
なるほど、この書き方は、専門屋の批判にさらされるかもしれない。
もう少し内容を言えば、マイナス思考をすれば、脳には毒物(緊急時には必要なものだが)が発生し、脳血管が収縮して血流が悪くなり、また、血液自体も粘性が増えたり、ゴミのようなものが出来て血流が悪くなる。
もし、本当にそうであれば、新型コロナウイルスに感染すれば、重症化する典型の状態である。
尚、マイナス思考による弊害は、ほぼストレスに一致すると考えて良いと思う。
それが、プラス思考をすれば、βエンドルフィンといった脳内麻薬(脳内モルヒネ)とも言われる、多幸感をもたらすホルモンが出て、ストレスが減り、血管や血液の状態が良くなり、健康で幸福になる。
そして、これらは、今日では、概ね、正しいとされていると思う。

さて、以上のことで重要な点は、脳内モルヒネが、健康をもたらすと共に、気分を良くする優れた効果があることだ。
いつも述べるが、気分が良ければ、さらに気分が良くなることが、気分が悪ければ、さらに気分が悪くなることが起こる。
こちらは、科学で言えば、医学ではなく量子物理の分野になるが、今はまだ、完全に肯定されてはおらず、やはり、オカルト扱いされることもある。
しかし、肯定的に捉える流れになっていると思う。
すると、プラス思考が幸福をもたらすことは、さらに信憑性を高める。
同時に、プラス思考には難しさもあるが、笑顔になったり、ガッツポーズをすることでも、脳内モルヒネが出るので、それで気分が良くなるのであるから、とにかく、なるべく笑い、ガッツポーズをすれば良いと思う。
プラス思考との2本立てで、さらに良い成果があるかもしれない。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

大切な人に愛されるには

誰しも、人に好かれたいが、かといってそのために過剰な努力はしたくないとか、あるいは、どれほど努力しても、あまり人に好かれない(あるいは嫌われる)ので、もう諦めてしまったという人もいると思う。
時には、「別に人に好かれなくてもいいや」と、悟り切ったというか、開き直った人もいるかもしれないが、それは、人生に世を向けることになりかねない。

だが、会社や学校の大部分の人といったような凡人に好かれなくても良いと言う人であっても、「あの人にだけは好かれたい」と思う人はいるものだ。
なら、こんなのはどうだろう?
「僕は、初音ミクさんにだけ好かれたらいい」としたら、ミクさんは、少なくとも誰も嫌わないし、誰にでも微笑みかけてくれるから、こんな自分でも好かれていると思うことは出来る。
ところがだ。
なぜか、ミクさんにも嫌われているのではないかと思うこともあると思うのだ。
人間は、複雑で神秘的だ。

いずれにしろ、大切な人には、あるいは、大切なチームの中でだけは好かれたいと願うのが最小限の真実であると思うし、それさえ達成されれば良いのではないか?
私は、鏡音リン・レン10周年記念ソング『劣等上等』が大好きだが、その中で、リンがラップで、
「赤ペンいれてよどこがダメなんですか」
と歌うが、あなたも、心でそう言いたい相手がいるかもしれない。
では、大切な人に好かれる秘法を述べる。

まあ、もし、この一月ほどの私のブログを読んで下さっている人がいたら、答はすぐ分かると思う。
それ(答)は、「気分良くあること」である。
もし、
「どうも周りと上手くいかない」
「彼(彼女)とうまくいかない」
と言うなら、それは丁度、ZARDの大ヒット曲『君がいない』状態だ。
「君」が目の前にいたとしても、「優しかった君」はいない・・・という状態だ。
そのことに悩む女の子の歌と言えるだろう。
この歌では、「ときめきがやすらぎに変われば 刺激というスパイスだって必要かもね」と言うが、詩を書いた坂井泉さんだって、本当はそうでないことは分かっていたと思う。
本当の問題は、彼女の気分が良いものでなくなっていることだ。
逆に言えば、自分の気分が良ければ、どんな会社、学校、グループ、友達、恋人とだって上手くやっていける。

あなたは、自分の気分を良くすること以外、何もする必要はない。
そう言えば、
「自分の気分さえ良ければいいだって?なんて自己中心的なんだ」
と批判する人もいるかもしれない。
だが、自分の気分が良くないのに、相手とうまくやろうとすることが、悪い意味で自己中心的なのだ。
あなたは、いかなる努力もする必要もないが、自分の気分にだけは責任を持たないといけないのだ。
そこだけは、「しゃんと」しないといけない。

本当の良い気分とは、ハイな状態や、刺激的な快楽を喜んでいる状態ではない。
どちらかというと、「やすらぎ」、「おだやかさ」、「あたたかさ」といったものだ。
『美少女戦士セーラームーン』の漫画で、「戦いの戦士」セーラーマーズこと火野レイが、
「これよ!全身の血が燃えるようなこの感じ!」
と、彼女は熱く燃えることを幸福と感じたが、いつでもそんな状態でいられる訳ではない。
トキメキ、ドキドキ、ワクワクは、おだやかさの中にいれば、天が運んで来てくれる。
そんなものを、自分で追い求めるのは愚かである。
つまり、あなたがバタバタ走り回る必要はないのだ。
では、どうすれば、良い気分・・・やすらかさ、おだやかさ、あたたかさの中にいられるのか?
まあ、普通には、適度な量の清らかな食事、適度な睡眠、適度な運動であるが、それらに多少欠けていても、笑顔とガッツポーズ(パワーポーズ)で補える。
あるいは、舌を思いっきり出したり(エネルギーが流入し若返る)、人差し指を自信たっぷりに立てるという秘法もある。
また、好きなものを思い出すことも良いだろう。
「大丈夫だ」「全て良い方向に向かっている」等と唱えるのも良い。
だが、「わが辞書に不可能の文字はない」「問題ない」「ノープロブレム」は、お薦め出来ない。
これらの言葉は、「不可能」「問題(プロブレム)」を引き寄せる。
これらの言葉自体が悪く、一度くらい言うのは何の問題もないが、決して、繰り返してはならない。
まあ、とにかく、笑顔とガッツポーズを忘れないことだ。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

我々は法華経や新約聖書に登場する転落した息子である

新約聖書の福音書と、仏教の最も有名な経典である法華経に似たお話があって面白い。
イエスと釈迦が語ったことになっている。
いずれも、金持ちの息子の転落と復活のお話だ。
「俺、金持ちの家の出じゃなから関係ない」なんて思わないで欲しい。釈迦もイエスも、「これはあなたのお話」と言っているのである。

イエスの方のお話はこうだ。
金持ちの地主に、2人の息子がいた。
うち1人の息子が父に、家を出るから財産を分けてくれと願い、父はその通りにしてやった。
だが、出て行った息子は遊び暮らして財産を失くし、貧乏のどん底に陥る。
そこで、父に下僕として雇ってもらおうと思って家に戻ると、父は大歓迎し、盛大なお帰りなさいパーティーまで開いてくれた。
面白くないのは、長年、真面目に働いてきたもう1人の息子だが、父は、その息子の機嫌も取る。

釈迦の方の話はこうだ。
途方もない金持ちがいたが、その息子が幼い時に行方不明になってしまう。
金持ちは必死に探すが見つからなかった。しかし、50年後、遂に息子を見つける。
しかし、貧しい息子は、すっかり貧乏根性が身に付き、父親が近付くとビビってしまい、話が出来そうにない。
そこで、父親は、自分が父であるとは言わず、息子を下僕に雇い、自分も下僕のふりをして一緒に働きながら息子を導く。
20年かかったが、なんとか息子は立派になり、死が迫った父は、有力者達と共に息子を呼び、「お前は私の息子で、私の全財産の相続者である」と皆の前で宣言し、息子もそれを受け入れる。

イエスの話の金持ちの地主は神であり、一度出て行った息子は、我々のことだ。
そして、釈迦の話の大金持ちは仏であり、貧しくなった息子は、我々のことだ。

つまり、人間というのは、宇宙最大の富と権力のある親がいて、その親と一緒に居れば良いのに、(精神的に)離れてしまうことで不幸になるということを言っている。
だが、親の元に戻りさえすれば、欠けているものは何もないのである。
ここまでは、それぞれの宗教の信者は分かっていることであるが、どうすれば親の元に戻れるか、はっきり教えていない。
いや、妙好人(在家の優れた念仏信者)として知られる因幡の源左という教育のない明治時代の農民や、江戸末期の神道家、黒住宗忠らが、苦労の末、それは、神や仏にまかせきることであると教えていて、その通りなのであるが、肝心のところが隠されたままだ。
その最も肝心なことは「気分を良くする」こである。
イエスの話の息子は、家の仕事が嫌で気分が悪かったから、大金を持っても、心の隙間を埋めるために遊び狂って全財産を潰し、気分が悪いので何をやってもうまくいかなかった。
しかし、どん底の中で、わが身を振り返り、少し気分が良くなったので、父の元に帰るというアイデアが浮かび、自分は愚か者だから下僕で良いと覚悟したので、気分爽やか・・・つまり、気分は良かった。
そして、家に帰ると、神である父は「私のものは全部お前のもの」と言ったのである。
けれども、家に残って真面目に働いていた息子が「なんであんなアホが僕と平等以上の扱いを受けるのですか」と文句を言うが、父は、「そんなこと考えちゃいけないよ。私のものは全部、お前のものじゃないか」と言うが、おそらく、その後、「だから気分良くいなさい」と言ったことは削られているのだ。
父が両方の息子に「私のものは全部お前のもの」と言ったことに引っかかる必要はない。神の財産は無限なのだからだ。
釈迦の話の息子は、長い貧乏生活の中で、すっかり、気分を悪くする習慣が身についていたので、どんどん駄目になっていた。
息子は、気分さえ良ければ、父は「私はお前の息子。私のものは全部、お前のもの」と言って、息子もそれを簡単に受け入れ、すぐに幸せになれたのに、父があの手この手で、息子に、気分が良くなることを教えるまで、それが出来なかった。

我々は、気分を良くしさえすれば、すぐに神や仏の財産を与えられる。
宇宙は、人間の気分に同調し、気分が良い者には、さらに気分が良くなる出来事を、気分が悪い者には、さらに気分が悪くなる出来事を起こすのである。
ある意味、我々は、笑顔やガッツポーズで、気分を良くする訓練をすると良いと思う。
訓練とは楽しいものであり、イチローのように、多くやればやるほど上手くなる。
イチローも、トレーニングが楽しいので、毎日長時間やりたいと言っていたはずだ。
仏典も聖書も、「気分を良くすればOK」という最も肝心なことは隠されてしまった。
今、こう言われても「そんな馬鹿な話は信じません」と言う人が多いのである。
ロンダ・バーンの『ザ・シークレット』の本やDVDを見ると、『ザ・シークレット』が出る前から金持ちで、バーンの手下でも何でもない成功者達が、気分の秘法をあっけらかんと明かしているので、一度見てみると良いと思う。
だが、この本も、こう言ってやらないと解らない人は多いと思うのだ。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード