ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

どん詰まりを抜ける

「どん詰(つ)まり」と「詰(つ)み」は似たような言葉だ。
「どん詰まり」は、

(1)物事の最後。これ以上どうにもならないぎりぎりのところ。どんづめ。
(2)道が終わっている所。行き止まり。

で、「詰み」は、チェスや将棋で、完全に捕獲された状態で、特に、チェスの「チェックメイト」と言ったら分かり易いと思う。

さて、人生も、多少ルールが複雑なだけで、チェスや将棋と同じゲームだという考え方がある。
それなら、負けゲームにはいつか「どん詰まり」「詰み」「チェックメイト」に追い込まれる時が来る。
源義経(牛若丸)が、まさに、どん詰まり、詰み、チェックメイトで散った代表として名高い。
一方、伊達政宗は、何度もチェックメイトの危機に陥りながら、ふてぶてしく生き残り、最後、

残躯天所赦(残躯天の赦すところなれば)
不楽是如何(楽しまずんば是如何)

と詠んだ。
つまり、天のお許しで、生き残ることが出来たのだから、大いに楽しもうではないかという意味だと思う。
良い人生であったことが伺(うかが)える。

私が最近好きなチェックメイトの様子は、SF小説『BEATLESS』で、可憐な少女の姿をしたアンドロイドである紅霞(こうか)の散り際だ。
彼女には心も魂もないのだが、だからこそ輝く。
紅霞は、チェックメイトを完全に受け入れた。受け入れるしかない状況だったが、潔かった。
では、我々は、チェックメイトに対し、どんな態度でいれば良いのか?
斎藤一人さんが、歴史小説を読んで、英雄達の死に際を見ておけと本に書いていたように思う。最後はいろいろだろうが、心構えは持っておいた方が良いのかもしれない。


Last night,Good night
Last night,Good night
いつかは むかえる
最後を 想うよ
夜空に 願うの
ときわの 笑顔を

おやすみ
~『Last Night, Good Night』(作詞・作曲・編曲:kz、歌:初音ミク)より~


なんて美しい歌だろうと思う。
夢破れて、悔恨の中、朽ちていくのだろうか?
夢は叶わなかったが、笑って死ねるだろうか?
柔道家の木村政彦が、柔術家のエリオ・グレイシーの腕を折って勝った時、
「試合に勝って勝負に負けた」
と言ったが、運命との試合に勝ってはならない。負けても勝負に勝てば満足だ。
どんな征服者も大富豪も、最後は負ける。
武道では、どんなに強くても、負けた時の準備をしなければならないのだとか。いつかは負けるからだ。

だが、今のあなたの危機はチェックメイトではない。
何度もやって来る危機を、ひらりいひらりとかわし、最後の勝負に備えるのである。
小敵を退けるためには、斎藤一人さんの千回の法則を使っても良いし、お好みなら筋トレでも良い。
ラスボス(ラストボス。最後の敵)にたどり着けないことが人生の「罪」で、それをこそ「詰み」という。
人間は、どんな困難にも打ち勝てるように出来ている。
最後の敵の顔を見たいじゃないか?
さぞ驚くだろうし、面白いぞ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

所詮、人間は逆境で本気にならないと動かない

夢を叶えるには、それを具体的に、紙に書くか、口に出せば良いことは分かった。
だが、ゲーテの『ファウスト』で神が言うように、人間とは怠り勝ち(緩み勝ち)な生き物だ。
居心地の良い環境にいると、特に何も望まなくなるし、現状を守ろうとする。
手塚治虫さんの漫画で、くらーい感じの中年男性が、「人間、何とか食っていけると、それ以上は望まなくなるものですよ」と言っていたのが、子供心にも強い印象を持ったことを覚えている。
いくら、ニート脱出を目指しているフリをしても、親に食べさせてもらえ、部屋や服・・・つまり、衣食住足りて、あまつさえゲームまで与えられたら、自立出来るはずがない。
働いて欲しいなら、ニートをとことん冷遇しないといけないし、どう考えても、それが本人のためだ。

所詮、人間は逆境になければ変われない。
だから、職場の居心地が悪かったり、露骨に冷遇されることは、ツイてることなのである。
それこそ、斎藤一人さんの教えに従い、「ツイてる、ツイてる」「幸せだなあ」「有り難いなあ」と声に出して言えば良い。
若い頃の苦労は買ってでもしろというのは全く真実で、実際は、タダでいくらでももらえるのだから、実に有り難いし、みんなツイている。

歳を取ったら、それなりに安楽な環境で安らかに過ごしたい。
まあ、普通はそれで良いのだが、アイルランドの「20世紀最大の詩人」W.B.イェイツは、老人になっても、死の直前になっても、安らぎを激しく拒否した。
死ぬまで生きるとは、まさにこのことだ。

逆境になり、切羽詰まらないと、まともな目標を紙に書いたり、声に出したりはしない。
まともな目標とは、決して、世間的に現実的であるとか、小さくまとまっているという意味ではない。
むしろ、今日の米代(私は米やパンはあまり食べないが)が無いくらいの方が、大望であっても本当の夢が見えるものである。

まあ、なかなか「逆境よ来たれ」と言う度胸はないが、心配しなくても(?)、これも『ファウスト』に書かれている通り、ぐーたらしてたら、神様は悪魔を送ってよこして、ちゃんと酷い状況にしてくれる。
「幸せだなあ」「有り難いなあ」である。

以前、テレビで、失業した40代の妻も子もある男性が、2年かかってやっと、ある会社の営業課長職に迎えられたというのを見た。
その男性は、本当は余裕があったのだと思う。
2年も失業した後で、あまり大きくないにしろ、小さくもない会社の営業課長になれるくらいだから、元々、いい会社にいて経験を積んだのだろうし、その会社では給料も退職金も高く、貯金もあったのだろう。自分や妻の親の援助もあったに違いない。
そんな状態では、なかなか死に物狂いにはならない。
しかし、2年の失業で、そろそろヤバいと思った時に、やっとやる気になっただけだと思うが、そのテレビでは、そんなことは一切言わず、「今の時代の中高年の再就職は、こんなに厳しいのです」なんてことをアピールするだけだった。

エマーソンも言うように、あなたは王様であるべきである。
今の環境が、王様に相応しいものか真剣に考えることだ。
実際は、誰もが逆境であるのに、その事実から目をそらしているだけだ。

ところで、「簡単に、お腹を凹ませる」なんて本がよくあるが、それらを見ると、もう絶対、うまくいかないのは確実である。
本1冊になっている時点で、難しくて実践出来ないし、やってもまず効果はないものばかりにしか見えない。
大切なことは、どんな理由でも良いが、心底から「腹をひっこめたい」と思うことである。
それで、紙に「腹を引き締める」と書いたり、声に出して言えば、後は潜在意識が勝手にやってくれるだろう。
どんな願いも同じである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

最低の人間でも救える公式

イエス・キリストは、「人は口に入るもので穢れはしない。口から出るもので穢れる」と言ったのだそうだ。
口に入るものとは食べ物のことで、化学添加物のなかった時代ではあったが、何を食べようと構わないということだ。
口から出るものとは、いうまでもなく言葉で、どんな言葉を口に出すかが問題なのである。

また、イエスは、「医者を必要とするのは病人」と言い、自分もまた、優れた人のためではなく、下等な者のために来たのだと言っていたと思う。
イエス自身も世間的にはニートだったが、立派に働いていたと言って良いだろう。
しかし、当時は、今の時代のひきこもりやニート、発達障害、エゴママに育てられて心が歪になった者は、少なかったと思う。そもそも、ひきこもっていられるようになったのは、文明のおかげと言えるだろう。
今時代の、いろいろな難物相手にも、イエスの教えは有効だろうか?
私は、時々お話する、まるで駄目男君(私の職場にいる30歳過ぎの人生の落伍者。派遣の雑用係。ますますキモくなってきた)を救える教えがあったら、本当に素晴らしいと思う。
そんなものがあれば、誰でも・・・私でも救える(笑)。
それで、いろんなものを調べたり、人体実験をし、その成果をまとめているのである。

斎藤一人さんって人は、どこまでもぶっ飛んで行き、今はどのあたりにいるのか分からないが(笑)、ある時期までは、それなりに地球人レベルのことを書いていた。まあ、そんな時期でも、なかなか受け入れられなかっただろうし、本人もそう言っておられたと思う。
そして、イエスが、人は言葉で穢れると言ったのと逆で、斎藤さんは、良い言葉で人は良くなるということを特に教えていたことがあった。
「幸せだなあ」と声に出して言えばそれで良いのだが、注目すべき点は、そんな言葉を言う時、心を込める必要はないということだ。
とにかく、良い言葉を声に出すことが大切なのであり、気持ちが大切なのではない。
なぜなら、良い言葉には良い波動があり、その波動に包まれることが必要なことであるからだ。
まるで駄目男君だと、どうせロクな感情や考えは持てないだろうから、とにかく、「幸せだなあ」「ありがたいなあ」「豊かだなあ」と、口に出すことだけすれば良いのである。
それで万事OKで、1つの良い言葉を口に出すのが千回も超える頃には、かなり良くなると言う。

イエスも、大抵は行動について語ってるのであり、心をどうしなさいとは言わなかったと思う。
しかし、ウィリアム・ウォーカー・アトキンソンやチャールズ・ハアネルといったところは、心の支配を重要視しているが、これらの教えがいかに素晴らしくても、まるで駄目男君には絶対に無理だろう。
いや、斎藤さんの言われる「とにかく言葉を口に出せば良い」すら、まるで駄目男君には3日どころか、横で言ってやらないと10分も続かない。
だが、ひょっとしたら、やりさえすれば、想像も出来ないが、まるで駄目男君でも立派になれるのかもしれないのだ。
ここはひとつ、私が人体実験をしておこう。
実験といった邪まな気持ちでも一向構わないだろう。大事なことは言葉を口に出すことだけなのだから。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

焦るな焦るな

斎藤一人さんの本に書かれていたが、売上を5倍にした社長さんがいて、なぜ、5倍になったのかというと、5倍努力したからではなく、「売上を5倍にする」と声に出して言うから5倍になるのだそうだ。
私は、こんな馬鹿馬鹿しいことを堂々と書く気合いというか、思いっきりというか、馬鹿さ加減は嫌いではない。
それでうまくいかなかった人は、それをしつこくやらなかったか、もしくは、そういうことを「努力して」やってしまったのだろう。
自然に、当たり前のように、「売上を5倍にする」と言っていれば、その人も、うまくいったのだろう。

一方、不食(食べないで生きること)を唱える人に、誰かが、「僕はスポーツをやっているが、食べずにやることは無理じゃないですか?」と質問されたところ、その人は、「無理だと思うなら無理ですね・・・」と答えている。
私は、こんな答え方をする人は好きではない。
まあ、相手がふざけて質問した場合は別だが、そうでないなら、せめて、「出来ると信じれば出来ます」と返事すれば良い。
これは、斎藤さんに比べ、気合い、思い切り、馬鹿さがない・・・つまり、弱気、優柔不断、賢こぶりがある。
そんなものは、何の役にも立たないので、むしろ言わない方が良いのである。

みんな、切羽詰っているのだ。
独身女性が40歳を前に結婚を焦っているようなものだ。
そんな時に、どうとでも取れる、曖昧でうじうじしたことを言われたくはない。
つまり、「あなた次第ですよ。前向きに明るく、お洒落して、人間性を磨き、積極的に出かけ・・・」なんて言われてもうんざりするだけだろう。
そうじゃなくて、「素敵な人と結婚する」と言えば良いのである。
ただし、悲壮な顔で言っちゃあいけない。そんなの気持ち悪いじゃないか?(笑)
「まあるい大きなお月様、私、素敵な人と結婚する」「風が吹く。私、素敵な人と結婚する」「夜空にきらきら金の星。私、素敵な人と結婚する」
なんてノリで、自然に、気楽にやれば良いのである。

そりゃ、それでうまくいかない世界もある。
決闘とか喧嘩とか。
「敵を殺します」
なんて言っても、殺されるだけ。
争いは避けるべきなのだ。
「降りかかる火の粉は払う」なんて格好良いことを言う人もいるが、降りかかってこないようにすれば良いだけだ。
火の粉が降りかかるのは、こっちに原因があるのだし、万一かかってきたとしても、過激に対応すれば、さらに降りかかってくる。
やり方を変えれば良いのである。

それはそうと、やはりみんな切羽詰っていると思う。
人間ってのは時間がない。
時間がないから後がない。
それは、夢の中で、崖にしがみついているようなものだ。
「助けて!」
「よしよし、手を離せば助けてやる」(神様)
「・・・助けて!」
そんな状態だと自覚することだ。
無駄なことはしないで、筋トレでも、スクワットでも、役に立つことをすることだ。
それこそ、斎藤さんの言われるように「幸せだなあ」と声に出して言えば良い。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

時間を注ぎ込む

メジャーリーグ・ベースボールの大谷翔平さんが、日本での報道通りかどうかは分からないが、アメリカで人気らしい。
ところで、1960年代前半に、アメリカでプロレスのスター選手になったジャイアント馬場さんの本名が、大谷さんと読みが同じ正平だった。
大谷さんが「翔る(空を飛ぶ)平」で、馬場さんが「正しい平」というわけだ。
「平」は、平和とか平穏、平安、和平などとう、穏かで争いがない雰囲気があるが、平和を実現するために必要なものは、空を飛ぶような(ルパンはクラリスが信じてくれたら飛べると言ったが)特別な能力か、正しさか・・・
そんなことを考えてしまった。
しかし、現在と昔の、スポーツのスーパースターが同じ名前というのも面白い。

ジャイアント馬場さんと同じくらいの時代に、特に少年達の間で人気者になった空手家の大山倍達さんの伝記漫画『空手バカ一代』に、大山さんが、ムエタイという格闘技があるタイに行った時の、こんなお話がある。
当時のタイは、庶民がほとんどが貧しく、子供でも労働をするのは普通であることになっているが、それは本当かもしれない。
そんなタイで、大山さんが川の近くを通ると、川の中で少年が1人、じっと立っている。
その少年が不意に足を蹴り上げると、その足で捕らえた魚が岸に放り出される。
その見事な蹴りに、大山さんは、「この大山にも出来るか?」と驚く。
タイでは、子供の時から、こんなことをしているので、ムエタイという蹴り技が重要な格闘技が強いのだ・・・という話だったと思う。
『空手バカ一代』の原作者の梶原一騎さんは、実話と称していても、実際は創作を相当混ぜる人だと思うので、この話が本当かどうかは分からないが、印象的な話だ。
それは、『レ・ミゼラブル』で、ジャン・ヴァルジャンの異常とも言える優れた体力は、素質もあったのだろうが、毎日の厳しい農作業で鍛えられたものであるというのと同じようなものだ。
1920年代に、テニスの世界的選手(全英ベスト4、全米ベスト8)だった清水善造さんは、少年時代、釜で草刈をして手首を鍛えたのが、テニスで大きな力になったと言われている。
プロレス初の日本武道館公演のメインイベントでジャイアント馬場さんと戦った「鉄の爪」フリッツ・フォン・エリックは、常に野球ボールを持ち歩き、いつでもどこでも握力を鍛えていたという話がある。
フィクションであるが、笹沢佐保さんの時代劇小説『木枯し紋次郎』では、紋次郎が我流の喧嘩剣法とはいえ滅法強いのは、若い時に、木こりをしていて、毎日長時間、斧を振るったからだということになっている。

作家の村上龍さんや、チームラボ社長の猪子寿之さんらも、下で紹介する本の中で述べているが、時間をかけることがとても大切であるというのは確かだろう。
猪子さんは、「人間の能力に大差はない。決め手は時間をかけたかどうかだけ」と言い、完全にその通りではないとしても、それはやはり重要なことに違いない。
私のような超能力者は常に思念を集中することが訓練で仕事のようなものだが(半分冗談と思って欲しいが、実は本当かもしれない)、あなたも何かに大きな時間を注ぎ込めば成功疑いなしだ。
猪子さんのチームラボは日仏国交160周年記念イベント「ジャポニスム2018」で2000平方メートルの壮大なデジタルアートでパリを驚愕させるはずだが、初音ミクさんもコンサートを行う。猪子さんはミクさんの熱狂的なファンだと公言されておられたが、ミクさんにちょっかいを出さないか心配だ(笑)。
ミクさんはきっと、フランスの人達に真に生きる喜びを教えてあげることだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ