ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

楽に働くには

本のタイトルやネット動画のタイトル、さらには、ボカロ曲のタイトルに、
「僕たちはもう働かなくていい」
「誰も労働しない世の中になる」
「働かずに食べる」
というのをよく見るが、その中身を少し見たら、例えば、
「働かないといけないというのは洗脳で、働かなくていいことに気付いていない人が多い」
といったことが言われていた。
しかし、では、具体的にどうすれば、働かずにお金が入って来るのかの具体的説明はない。
たとえ説明していても、現実的ではなく、曖昧で抽象的な物言いで明らかに誤魔化しているか、生活保障取って下さいというものだ。
そんな話の中には、うまく生活保障をもらって悠々と暮らしている、例外的で特殊な事例を上げていることもあるが、あなたや私には関係のないことだ。

おかしなことを考えるより、働く方が簡単だ。
人手不足で、選ばなければ仕事はいくらでもある。
大切なことは、「どうすれば働かなくていいか」とか、生活保障をもらうことではなく、出来るだけ楽に働く心構えで、それは、ビートルズの『ストロベリー・フィールズ・フォーエバー』にうまく表現されていると思う。
そういえば、私はニート真っ盛りの時にこの歌を聴き(和訳を見て)、無意識に、楽に働くコツを得たのだと思う。
この部分だ。
※翻訳は、Google翻訳で訳したものを適当に修正しただけ

Living is easy with eyes closed
目を閉じれば生きるのは楽なもの
Misunderstanding all you see
君は見ているもの全てを誤解している
It’s getting hard to be someone
大物になるのは難しい
But it all works out
でも(大物にならなくても)全てうまくいくさ
It doesn’t matter much to me
それ(大物になることは)は僕には重要じゃない

そりゃ、丁寧に解説すれば、本一冊書けるような内容だ。
「目を閉じれば人生楽なもの」
は、誤解して受け取られる可能性が高い。
簡単に言えば、「余計なことを考えるな」ということだ。
「考えても仕方がないことを考えない」と言っても良い。
だが、我々は、見ているものを誤解し「人に笑われているんじゃないか?」とか、「損してるんじゃないか?」なんて下らないことをいちいち考えるんだ。
そんなふうに、その知恵のない頭でつまらないことを考えるから苦しくなるんだ。
流行りの言い方をすれば、「心配事の9割は起こらない」ということだ。
つまり、イエスが言ったように、「明日を思い煩うな」ということなのだ。
無駄なことを考えず、ごく当たり前に考えて、欲張らずに、出来る仕事を、余計なことを考えずにやることだ。
そうすれば、自然に運も向いてくる。
「目を閉じれば生きるのは楽なこと」
全く、その通りと思う。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

『ルパン三世』が放映されなくなる日

昨年(2021年)9月、アニメ映画『ルパン三世 カリオストロの城』が中国で上映されたのは、私には驚くべきことだった。
というのは、『ルパン三世』のヒーロー、ルパンとその仲間達というのは、あくまで法を犯す犯罪者で、警察に追われる身だ。
中国の独裁政党である中国共産党が、法を犯す者を許すはずがなく、法を犯す者はいかなる場合でも敵と見なし、法を犯す者を称賛するようなものの公開を許可するとは思えないからだ。
あくまで、日本という「思想的に遅れた国」の作品として容認し、しかも、内容に対し、吹替段階その他で、大幅に修正や切り捨てが行われたのであろうか?
無論、外国作品の映画、アニメ、小説、漫画など、何であれ、中国共産党の思想を否定、あるいは、揶揄するようなものは、公開禁止か、あるいは、一部を削除・修正してでないと公開が許可されないことは間違いないが。

いや、それよりも私は、昨年、『ルパン三世』の新シリーズ『ルパン三世 PART6』が、放送開始(もちろん日本国内で)されたことにも違和感を覚えるほどなのだ。
日本は、本当は既に独裁国家であることを、隠すまでもないにしろ、民主国家であるという幻想を国民に与える目的でもあるのだろうかと思ったほどである。
いずれは、日本でも、国家の圧力で、『ルパン三世』のような非合法なヒーローが活躍するものは公開禁止になることは間違いないと思っていたが、中国で『ルパン三世』の映画が公開されることに私は驚いたのである。

昔の話かもしれないが、中国を含むアジア諸国で日本のアニメが放映されたり、漫画が出版される時、それが、日本の著作権者の許可をとっていない、いわゆる海賊版であることはよくあった。
その際、内容が大幅に書き換えられ、オリジナルの内容と全く別物になっていることもよくあったと思う。
また、特に男性の長髪が禁止されている国では、オリジナルアニメでヒーローなどが長髪の場合には、ショートカットに修正されるという、一見笑えるが笑えないことも実際に行われた。
最近でも、韓国でアニメ映画『鬼滅の刃』が公開された際、炭治郎の耳飾りが修正されたことが記憶に新しい。
さて、『ルパン三世 カリオストロの城』はどうだったのであろうか?少なくとも、全く無修正・無削除ということはあり得まい。

今日、陰謀論とされていること(例えばmRNAワクチンの危険性や、米国選挙で投票機を不正操作する等の大規模な不正が行われている等)を作品の中で言えば、日本でも中国でもアメリカでも、放映や公開はされないはずだ。
いかに架空の話としていても駄目であろう。
もちろん、どんな時代でも、道徳や倫理に反すような内容のものは放映や公開に制限が課せられるのは当然であるが、何が道徳で何が倫理であるかの基準がおかしくなることが、独裁化、専制化の兆候であり、国民はそれを監視する義務があるが、国民を欺くことは、いともたやすいことであろう。
そして、中国やシンガポールを見ると、経済的には、独裁制色が強いほど有利であることも分かってきた。特に今後の世界(AI等デジタル技術が進歩した世界)では、民主国家は独裁国家に勝てないのではないかと考える者も多い。
それで言えば、ある程度の独裁化は止む無しと唱える者もいるが、独裁とは強化されるものであり、「ある程度」で済むわけがない。
とは言っても、独裁国家が強くなれば、民主国家は占領(昔のような意味ではなく、見かけ上は平和に見えることも多い)されてしまうことも確かで、日本も中国に占領される可能性が高いが、それが必ずしも不幸ではないという意見だってあると思う。

『ルパン三世』がいつまで新作が作られるか、作られるとしても、その内容におかしなところがないか?
そのあたりも気を付けていただきたいと思う。
まあ、気をつけてもどうなるものでもないかもしれないが、見過ごしてはいけないと思う。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

自分が本当はどんな人間かこれで分かる

「自分がこの世に生まれた理由や意味は何だろう?」
「自分は何をすべきだろう?」
「自分は本当は、どんな人間なんだろう?」
「自分は本当は何に向いているのだろう?」
知性がある人は、こういったことを考えたことがある、あるいは、考えていると思う。
そして、考えても分からないので。この答を見つけようと、本を読んだり、セミナーを受講したり、あるいは、カウンセリングを受けたりするかもしれない。
え?友達や恋人に聞かないのかって?
友達や恋人がいれば尋ねてみても良いが、どこかズレたことを聞かされるだけだ。
普通は、客観的な意見を聞くのは良いことだが、誰も、あなたのことを、それほど見ていないし、理解していないものだ。

しかし、答など、探す必要はない。
簡単に分かるからだ。
休日や、寝る前の自由な時間に何をしているかが、その答だ。
テレビを見たり、YouTubeやニコニコ動画を見たり、SNSをやったり、ゲームしたり、アニメを見たり、Webサーフィンでエロ絵見たり・・・それが、その人の本当の姿で、その人が向いていることで、当然の帰結として将来、その人がどうなるかが高確率で推測出来る。
ほとんどの人は、特別なことを何もせず、世間に従って惰性で生き、老いて死ぬ。それだけだ。

寂しい一生を送りたくなければ、休日や暇な時間に何をするかを決め、実行することだ。
無理なことはしなくて良い。しても続かない。
だが、特別な理由もないのに「今日はしなかった」は「ずっとしない」ということだ。
まず、今やっている下らないことはやめよう。
テレビや動画をダラダラ見たり、特に楽しくもないのにゲームをしたり、意味のないツイートやLineをしたり、下らないおしゃべりをしたりなどをやめて時間を空けよう。
休日や暇な時間に何をするか・・・それ以外に、その人の未来を決めるものはないのだから。
私は・・・四股を踏んでいたり、腕振り運動をしていることが多いな(笑)。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

魔法のコツ

護身用に拳銃を持つ場合、それで安全でいるためには条件が3つある。
1つは、拳銃の扱いに慣れ、腕も良いこと。
1つは、撃つべき状況を判断出来、撃つべき時に撃つ決断力があること。
1つは、敵が同等以上の武器を持っていないこと。
この3つを備えていれば、まあ、安全である。
原始的な悪人や狂人が多い中では、拳銃は有効だ。

現代は、悪人、狂人だらけの世界だ。しかも、敵は物理的に強力な武器を持っていることもある。
そんな中では、誰も持っていない高級な武器を持っている必要がある。
その武器とはスピリチュアルなのだが、ご存じかもしれないが、この言葉は変な意味で広まっている。
そうではなく、正しい意味のスピリチュアルが武器になる。
なぜなら、悪人や狂人は、この力を持っていないからだ。
そこで、一応、このスピリチュアルな力を魔法と呼ぶ。
原始的な野蛮人の中では拳銃が有効であるように、霊的な野蛮人の中で魔法の力を持っていれば安全である。

魔法のコツは「息を止(と)める」これだけだ。
もう少し上級のコツは「息を吸って止める」ことだから、頑張ってこちらを覚えておくと良い。
息を吸って止め、実現したい状況をイメージする。
何をイメージするか決めるには、いくらかの賢さが必要だ。
だから、正しいイメージングを馬鹿な人間に教育するのは難しい。そんなセミナーが何百万円もするのは、ある意味、合理性があるように見えるが、大抵は習得出来ないので、実際は不合理である。
そこで、単語を使う。
大抵のことは、「成功」「成る」「治る」「解決」という言葉で代用出来る。
目標をはっきりさせ「成功」とか「成った」と心で静かにつぶやけば、意識せずともイメージが無意識の中に出来上がる。
病気を治す場合は「治った」「消えた」「終わった」などが適している。
ただ、病気の場合、私も特に経験があるが、マシな状況にすることは簡単だが、例えば、前世で残忍なことをしていた場合や、先祖が残忍なことをした記憶を持つ遺伝子を受け継いだ場合は、根本的に治すことは本当に難しい。しかし、差し当たって、何とか活動出来るようにはなれる。
あるいは、例えば、画家になることが目標の場合。「成功」「成った」でも良いが、画家で成功した結果金持ちになったというストーリーが好きであれば「富」と唱えても良い。

息を吸って、止め、「成功」と静かに心で唱える。
「コツは息を止めること」と覚えておけば、いつでも魔法を使えるだろう。
この穢れた世界で覚えておくべきことは「息を止める」だけである。
魔法の力を発動すれば、悪い状況を呼ぶこともあるが、魔法がある限り恐れることはない。
決して「息を止(や)める」」を選択せず、粘らなければならない。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

願いが叶う時間は0.1%

願いが叶う祈りには2つあり、1つは、とにかく長時間祈ることで、もう1つは、無になって祈ることだが、この場合は、一瞬で叶う。
しかし、実は、この2つは同じで、長時間祈っている人は、99.9%の時間は、祈りが叶わない状態なのだが、たまたま0.1%、つまり、一瞬だけ、祈りが叶う状態になる。その、祈りが叶う状態というのが、他でもない、無になっていることだ。
だから、無になる方法が分かれば、祈りはすぐに叶う。
だけど、それが難しい。
子供がよく、簡単に願いを叶えることがあるが、実際は、そんなことは滅多にあることではない。
その原理は、願いが強いのに邪心がないので、願いの力で無になってしまうということだ。
大人の場合は、どうしても邪心があったり、感情が強いので、なかなか無になれない。
子供の場合は、邪心もだが、感情が案外弱いのだ。

病気の子供が治るように祈る母親や、逆に、病気の親が元気になるようにと祈る清らかな乙女であれば、いずれも邪心はないかもしれないが、やはり、感情が強過ぎるのだ。
感情の正体はエゴだ。
つまり、どれほど清らかに見える祈りだって、エゴである場合がほとんどだ。上で述べた、親の病気の回復を願う清浄な乙女といったところで、その願いは、やはりエゴなのである。

稲盛和夫氏は、決断の際、「私心ありかなきか」と考え、私心がないと分かったらやると言うが、私心がないということはエゴがないということで、エゴがなければ無であるから、その決断によって期待されることは実現する。つまり、願いは叶う。
しかし、エゴとか私心がないはずがないじゃないか(笑)。
たとえ稲盛氏には出来ても、普通の人には無理である。

他にも、酒で酔っぱらっている時とか、麻薬でハイになっている時とか、無になる状況についていろいろ考えたが、いずれも、有効な場合がほんの少しあるだけのことで、そのほんの少しの有効性がクローズアップされて、多くの人が、酒や麻薬で大失敗をした(笑)。
芸術家の多く(アメリカでは極めて多い)が、マリファナやLSDといった(日本以外では合法である国も多い)麻薬を勧めるが、実際は、ほとんどの場合は、メリットよりデメリットが多いのである。
そりゃ、麻薬で、自我(エゴ)を圧倒する無意識のイメージを体験している時はエゴが吹っ飛ぶが、無意識のあらゆるイメージが出現する・・・たとえば、目の前でゴジラがダンスしている状況で、真面目な祈りが出来るはずがない。

まあ、だから、諦めて長時間祈るしかない。
「神様の奇跡が起こる」と1日中唱えたホームレスのように。
彼は、たまたま2週間後に無になり、自由とか健康を得るための手っ取り早い手段と無意識が判断したのか、宝くじで1憶円当たり、その後、もう一度やったら、やっぱり1憶円当たった(事実である)。
もっと楽な方法は、大作詞家の阿久悠さんのように、息を吸って止めて祈ることだ。吸って止めると、無に近付くことは、何となく分かっていて、昔から、秘術とか様々な訓練や学習で利用されてきた。
息を吸って止める。そして祈る。
それで、少なくとも、実現の確率はかなり上がるのである。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード