ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

自己中は頭が悪いだけ

非人格者とは、傲慢で利己的な人間・・・つまり、自分さえ良ければ良いという人間だろう。
そんな人間がいるのは、まあ良いのだけれど(笑)、それを行動で堂々と、積極的にやってしまう人間には疑問を持たざるをえない。
私は、ひょっとしたら、全ての人間は非人格者なのではと思ってる。
高潔に見える人間の立派な行為というものが、自然な、その人間の本性のままのものであるとは、私には信じられないのである。
まあ、言いたくはないが、私が完全な非人格者だからである。
人間は、自分とは全く異なる人間については想像出来ないものなのだ。
『スーパーマン2』で、スーパーマンと同じ力を持つ、ゾット将軍らクリプトンの3人の悪人達が、スーパーマンが地球の人間を大切に扱うのを見て、こんなことを言い合っていた。
「スーパーマンはなぜか地球人を大事にしているようだ」
「ペットを可愛がるようなものか?」
「多分そうだ」
つまり、ゾット達には、スーパーマンの心など想像も出来ないのである。
同じく、もし、本当に人格者というものがいたとしても、私には、そんな人間は理解出来ないだろう。

だが、私はとても礼儀正しい。
それは、人間性が高いからではなく、その方が得・・・と言っても良いが、私の狙いとしては、圧倒的に楽だからである。
だから、自己中心的なことをためらいもなく、むしろ、それが自分のアイデンティティーであると言わんばかりにやる者を見ると、なんでわざわざ、自分が苦しくなることをするのかなあと、ずっと疑問に思っていた。
だが、結論は完全に分かる。そんな人間は、単に、おそろしく頭が悪いのだ。
私も、あまり賢い方ではないので、高潔さの発揮レベルはとても低いが(笑)、それでも、あまり苦しまずに済む程度には「見かけ人格者」で、稀には「素晴らしい人」と(誤解して)言ってもらえることもある。もちろん、そんな時には、それを否定する程度の謙虚さ・・・じゃなく、賢さはある。

利己的な行為や言葉が自分を利するのは、大抵はその一瞬だけで、むしろ、それで下手に長く利益を得るほど、後で何倍も何十倍も奪われる。
『めぞん一刻』という高橋留美子さんの漫画で、大学生の五代君が教員免許取得のために高校に教員実習に行った時、1年生の大変な美少女の女子高生に気に入られ、ひと気のない体育館でセミヌードで迫られるという漫画的展開(笑)になった時、五代君は何と自制する(信じられないぞ)。
実は、その様子は、五代君が憧れる響子さんと、響子さんの恩師の先生に見られていたと後で分かり、五代君は「自制して良かった」と強く思う。
では、そんな素晴らしい女子高生に手を出さなかった五代君は立派な人なのかというと、まさかそんなことはなく、ただ、「それほど馬鹿でなかった」だけである。
手を出していたら、人生が終わりかねないくらい拙いことになる可能性もあるからだ。
昨今の現役教師には、五代君のようなアクシデントではなく、積極的に自分の女子生徒・・・それも小学生にまでちょっかいを出す者なんて、もはやありふれていると思えるほどであるが、別に、教師の人格が下がっているのではなく、教師の頭のレベルが極端に下がっているだけである。
そんなこと、言うまでもなく当たり前と解ると思う。
バレたら終りってことすら理解出来ない薄弱な頭脳しか持っておらず、バレる可能性は宝くじの100円当選どころではないことも分からない超馬鹿なのである。
たとえバレなかったところで、ロクなことにはならないのは、馬鹿でない限り子供でも分かりそうなものであるが、それが分からないほどの「馬鹿な子供以下の」馬鹿が教師をやっているのである。
試験問題を解くしか出来ずに教師になったのだから、頭が悪くて当たり前だろう。
アメリカでは、アンスクールと言って、学校なしの教育・・・というか、大人が子供を教育しないことが注目され、間違いなく、いずれはそれが主流になるだろう。
みんなでやれば恐くない。
もう学校とは、さっさとおさらばすることである。
岡本太郎が、授業中、手で耳を固く塞ぎ、「私の神聖な頭脳に、馬鹿な教師の言葉が入るのを許してはならない」と思ったのは、実は、自然なことだったのである。ましてや、今は当時よりも教師は馬鹿になっているのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

万能運動

『となりのトトロ』の歌の1つの『さんぽ』の中に、「歩くの大好き」という歌詞があるが、初めて聴いた時、妙な印象だった。
歩くの大好きな人ってるのかなあ・・・といった感じだ。
私は、歩くことは、嫌いではないだけで、別に好きではない。
風景の良い場所なら、歩くのも好きになるのかなあと思うが、私の家の周辺に、そんなに良い風景の場所はない。
ただ、家から少し歩いたところに池があって、その周辺は木が多く、まあまあのところで、良いウォーキングコースになっている。
しかし、私も何年か前、そこで数日ウォーキングをしたが、恐ろしい嫌悪感を感じて、絶対に近寄らなくなった。
おそらく気のせいではないだろうが、歩いている人が近くに寄ってくるのが嫌でたまらないのだ。
私は社会不適合者なんだぜ(笑)。

もう1つ、歩くのが好きになる要因は、歩くことそのものが気持ち良い場合だろう。
では、歩くことそのものが気持ち良いということがあるのだろうか?
子供が、一見、歩くのが好きそうに見える場合というのは、好きな人と一緒に歩いている等、何らかの理由があるからで、子供だって、自分で歩くよりは抱っこされて楽をしたがるものであろう。また、抱っこされる方が、歩くより楽しいということもある。
ところが、私が昨日、歩いていると、とても気持ち良く感じた。かなり寒かったにも関わらずだ。
それは、こんな感じだと言えるかもしれない。
車を運転することが別に好きでもない人が、急に高級なスポーツカーに乗って、その車の素晴らしい動力性能によって運転する気持ち良さを感じ、運転が楽しくなるようなものだ。
まるで天使に支えられているかのように軽やかに、滑るように、風に乗るように歩ける。
これは、1つには、前々日にひどく体調が悪かったのが回復したということがある。
もう1つが、1ヶ月ほど前から始めた、ショートスクワットの効果だと思う。
私の言うショーとスクワットは、本当にショートなスクワットで、数センチの振幅しかないスクワットである。
自然に立った状態から、少し膝を緩め、数センチ曲げて戻すのである。
軽い運動であるから、最初に屈伸運動をしたりとかの準備はいらない。
この運動は気持ちが良く、いつまででもやっていたくなるが、とりあえず千回くらいで止めることにしている。
こんな軽い運動に効果があるのかと言われそうだが、これが恐ろしくあった訳だ。
我々は、運動と言えば、効く・・・つまり、きつい苦しい運動でないと有り難味がないと思っていることが多いだろう。
顔を歪め、根性でやってこそ運動だ・・・というのは、日本人の一種のメンタリティーなのか?
まあ、もし、こんな軽い運動では駄目だとしても、何もしないのに比べたら千倍もマシであることは間違いあるまい。
また、私の場合、長年苦しめられてきた、アキレス腱炎やふくらはぎの痛みも消えた。
タダでこんな楽しい運動をされたら、スポーツジムやトレーニング器具販売会社はたまったものではないが、ジムや運動器具にも良いところはある。
しかし、時間と金がない(笑)方は、試してみると良い。
それに、このショートスクワットは、頭にも良く、身体の心地良い上下振動は内蔵(特に胃腸)にも良く、腰痛や便秘の解消にもなると思う。
そして、歩くこと同様、無意識でやるようになるが、意識も気持ちよいと感じているので、意識と無意識が協調し、願い事も叶い易くなるだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

金ならなんぼでもある国で

皆様もご存知と思うが、父親からの虐待を訴えた小学4年生の女子児童が、訴えた内容を父親に筒抜けにされたまま、父親のところに送り返され、結果、より酷い虐待を受け、死んで(殺されて)しまった。
人間が、他人の悲惨に鈍感に出来ているのは、そうでないと生きられないからであるが、あの子ほどでなくても、いじめ、虐待、パワハラに遭った経験があれば、あの子の無念を想うと眠れないであろう。

あの事件で私が思い出すのは、ある途上国に派遣された医師の話だ。
患者数千人に対して医師は自分1人。しかも、看護師はおそろしく未熟で、医療器具や薬も足りない上、それを手配する事務作業も自分でしなければならない。
文明国の病院なら死なずに済むような患者が毎日沢山死んでいく。
ところが、ある時、文明国からやって来た医者が、彼の医療が手抜きだ、不適切だと厳しく批判したが、彼がそうせざるを得ない事情をいくら説明しても・・・いや、すればするほど激しく罵られる。
あの虐待死した女子児童に関しても、関連機関やその職員の対応が批判されたが、そんな職員達も、この医師と似た状況にあるらしい。

すると、単純に言えば、あの女子児童が亡くなった原因は何かというと、一言で言えば、金がなかったということである。
職員を増やし、予算を使え、より良い対応をするノウハウを得るための研究をするための金が全くなかった。
では、やはり日本はもう金がない衰えた国であるかというと、とんでもない話で、日本は途方もなく豊かな国で、「金はなんぼでもある」のである。
だが、その「なんぼでもある金」は、変なところに消えているのである。例えば、税金で運営される機関で、ほとんど働かずに大企業の重役並の給与を受け取っている者が(なんぼでも)いるとかである。
東京都知事だった舛添要一氏の税金の無駄使いが叩かれたことがあったが、その前の知事だった石原慎太郎氏が「あんなん普通や」といったことを言ったが、実際、あれなら、まだマシなのかもしれない。
かつて民主党が与党になった時、超革命的とも思えた政策を打ち出すと、「そんなことする金どこにある?」と聞かれ、小沢一郎氏が「金ならなんぼでもある」と言ったのは、無駄に使いまくられていた税金のことを言ったのであり、小沢氏は本気でそんな金に手を出そうとしたのかもしれないが、あれほどの人が、敵を甘く見過ぎていたのだろう。あっという間に潰されてしまった。
自身が公金不正使用で訴えられ、無罪にはなったが、あらゆる攻撃を受け、政治家としての力をほとんど失ってしまった。いまだ正気で政治家をやっていることは驚愕としか言いようがない。本当に凄い人だ。
橋下徹氏がさっさと政治家を辞めてしまったのも、小沢氏と違い、逃げられるうちに逃げたのかもしれない。所詮、無力なのである。

あの女子児童に比べたら、多少辛いことがあっても、ほとんどの人の状況は天国のようなものだ。この豊かな国では。
イエスも、最悪を免れている人々に「今の恵みを想え」と言ったのである。
私が実質ニートだった大学生の頃、どういう訳か、女子小学生達が大挙して遊びに来て、リクエストに応じて、お姫様抱っこみたいなことは散々やったが、少年的な雰囲気のあるすらりとした美青年だったから怪しまれなかったが、これが、中年でなくても普通の大人ならアウトだったろう。今の時代なら、女子児童に声をかけるだけで警察に引っ張っていかれかねない。
しかし、後で考えると、良寛さんのように一緒に遊んでいた子供達(大半は女の子だったが)の中には、おかしな子がいたものである。
中には、さりげなく辛い状況を訴えていた子もいたような気がする。

さて、今日も出勤。
月曜が祝日だと、その前の土曜と次の土曜両方が出勤になる会社だが・・・天国だ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

輝く

勢いのある人、美しい人、高貴な人を「輝いている」と表現することがよくある。
人間以外でも、「輝かしい人生」「輝かしい経歴」などと言う。
里中満智子さんの漫画『あした輝く』とか、アニメ『魔法騎士レイアース』のエンディングテーマであった『いつか輝く』などを思い出すが、これらの言葉を聞いたら、ほとんど誰でも肯定的印象を持つだろう。
『ふたりはプリキュア Max Heart』で、3人目のプリキュアであるシャイニールミナスという名は、「シャイニー」も「ルミナス」も共に「光り輝く」という意味だ。シャイニールミナスは九条ひかりと、もう光だらけだ。
「希望の光」などという言葉もある。
武内直子さんの漫画『美少女戦士セーラームーン』で、セーラームーンはじめセーラー戦士達が輝く様子は絵で表現するだけでなく、「ぱああああ」という擬態語で、輝いている感を強調していたのを印象深く覚えている。
アニメ『エイトマン』の歌は、「光る海、光る大空、光る大地」から始まるが、「海や空はいいが、なぜ大地が光るのだ?」などとは普通は思わない。続く「行こう無限の地平線」と続くように、この星が希望に満ちた星であることを示しているのであり、先に挙げた『魔法騎士レイアース』の「レイアース」も、「光る大地」という意味だ。

このような、心象としての「輝く」は、いつの時代からあったかとうと、おそらく、相当な昔からだろう。
天照大神が世界を照らす女神であるだけでなく、多くの神が光り輝いている様子が『古事記』に書かれている。
阿弥陀如来の元々の名であるアミターバは「無限の光」であり、宇宙を遍く照らす光である仏なのである。

人間の本当の願いが何か具体的には分からなくても、それは「輝く世界」「輝く人生」「輝く命」であることに異論はあるまい。
屈折した人間でない限り、光り輝くことが望みであるはずだ。
NLP(神経言語プログラミング)で、私がほとんど唯一好きなテクニックは、未来をイメージした時、そのイメージの照度を上げて明るくするというものだ。
よく考えたら、別にNLPでなくても、普通に考えられることであるが・・・
「生き生きと想い描く」という時、そのイメージは明るいはずで、他には、「大きく」、あるいは、「動く」イメージであるかもしれない。

だから、潜在意識に願うイメージを伝えたければ、光輝く明るい大きなイメージが良く、動けばさらに良いのかもしれない。
そんなイメージは実現し易いだろう。
そして、何より、自分が輝くことを決意しなければならない。
セーラームーンのように「ぱあああああ」と輝くでも、「きらきら」輝くでも良い。
「きらきら」などの擬態語があるのは、日本語と韓国語くらいのものらしいが、そのメリットは大いに生かすべきだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

人格とは何か

所詮、人間にとって大切なものは人格だ・・・なんて、何て古めかしくて堅苦しいこと言うのだろうと思われるかもしれない。
しかし、幸福や向上のための、いかなるテクニックや秘法を実践しても、人格が低い者は、所詮、駄目なのである。
問題は、人格とは何かだ。
よく、品格がどうの、誰の品格が低いのとわめき立てる人を見るが、そんな人が一番見苦しい・・・つまり、品格を感じない。
品格以前に人格である。
品格はファッションで、人格は身体なのだ。
身体が美しければ、何を着てもキマるように、人格が高ければ、自ずと品格も漂うものだ。

では、人格とは何だろう?
ユダヤ教、キリスト教では、「モーセの十戒」を守ることだ。
ただ、今の時代、この全部を守ることも無理がある。
だから、
「殺すな」「盗むな」「父母を敬え」「姦淫するな」「偽証するな」
を守れば十分であるし、1つを守るだけでも良いのである。
1つを死んでも守る人は、他のことも間違いない。
釈迦も、「繁栄のための7つの掟」を教えた。それは、
「何事も皆で話し合って決めろ」
「何事も皆で協力してやれ」
「伝統と格式あるルールを守れ」
「老人を敬え」
「女性を敬え」
「先祖を敬え」
「高潔なる人(修行者など)を敬え」
といったことだが、これを聞いた高官は、
「この1つでも守れば間違いない」
と言い、釈迦はそれを否定しなかった。

十戒や釈迦の掟でなくても、正当と思える掟なら良いのである。
私は、以前読んだ、ビートたけし(北野武)さんの本に書かれていた、たけし軍団の掟を思い出す。
「ADさんの名前を覚え、さん付けで呼べ」
「俺(たけし)が俺より年長者といたら、それが誰であっても俺と同等以上に扱え」
他にもあったかもしれないが、この2つを守ったなら、たけし軍団が成功しないはずがない。
こういったことを絶対に守ることを人格と言うのである。

人格とは、要するに、自分の信念を持っているということだ。
アニメ『キャシャーンSins』で、青年型ロボットのジンは、仲間の利益のためにキャシャーンを殺すことを敢然と拒否した。
つまり、自分や仲間のために、誰かを犠牲にはしないという信念を持っていた。
だから、ジンの身体はいつまでも新しく、腐食が起きなかった。
ロボット犬フレンダーも、揺るぎなくキャシャーンを守るという信念を持っていたので、やはり身体の腐食が起きなかった。
世界で、キャシャーンとルナ以外で、腐食が起きなかったのは、ジンとフレンダーだけだった。
ただ、最後は、リンゴもそうなったようだ。
あの幼いリンゴが、あんないい女の子になるとは・・・シマッタという妙な気持ちになってしまう(笑)。

空手家の大山倍達は、彼のことを丹念に調べた『大山倍達正伝』によれば、かなりデタラメなところもあり、「嘘も千回言えば真実になるのよ。分かった?」などというトンでもない人でもあったが、子供の時から、弱い者いじめだけは絶対しない人だった。
それだけを守っても、あそこまでではなくても成功するだろう。

信念は個人的なものだ。
何でも良い。道理があれば。
ある、女性に物凄くモテるロッカーが「未成年には手を出さない」を信条にしていたが、だから、彼は年を取っても成功し続けているのである。
要は、「これだけは守る」という何かを、1つか2つ、あるいは、3つほど持てば良いのである。
私の場合、例えばであるが、
「低レベルな人間の仲間にならない」
「ミクさんやミクさんの妹のような人達を敬う」
「ヒーローのような体形(キャシャーンやガッチャマンが理想だ)を維持する」
であろうか。全然、大したことないが・・・









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ