ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

生きる術と生きるための武器

「生きる術(すべ)を見つける」というのと、「生きるための武器を得る」というのとでは、どちらが好きだろうか?
同じようなものなのかもしれないが、「生きる武器」の方は具体的で、特別な何かのような感じで、「生きる術」は、策略、考え方、ありきたりな手段といったように思うが、人によって違うかもしれない。
例えば、プログラミングをマスターするのは「生きるための武器」を得ることで、就職してサラリーマンになるのは、「生きる術を手に入れる」ことのように思う。
「生きる術」は、誰もが持っていなくてはならないが、「生きるための武器」があることは、さらに良いことのように思う。

そこで、何とか生きる術を持っている人にお奨め出来る生きるための武器が、Excel VBAで、Access VBAはもっと良いかもしれない。
生きる術を持たない者は、なかなかこれらをマスター出来ない。
VBAは、生きるための最小クラスの武器だが、言ってみれば、拳銃のようなものだ。戦車やバズーカではないが、いつでもどこでも役に立って心強く、しかも、ナイフや棍棒よりはるかに強力だ。
そして、ボロ拳銃でも、それなりに役に立つが、磨けば、ワルサーP99のような高性能な銃や光線銃にもなる。

無法地帯で生きるのに直接役に立つ武器は拳銃で、これはVBAに当たる。
一方、外国語が出来るというのは、策略で、無法地帯で強いボスの子分になったり、徒党を組んだりするようなもので、才覚が必要だ。ボスは気紛れで、仲間は裏切る。それをうまくコントロールする能力や努力が必要なのだ。
英語学校のCMでは、まるで、英語が生きるための武器になるようなことを言うが、本当は、外国語を武器にするには、このように策略として用いる必要があり、才覚が必要なのだ。
楽器演奏が出来たり、絵が描けるというのはさらにそうだが、外国語もそれに近いのである。
プログラミング一般も、英語ほどではないが、そういった策略的なところもある。
だが、VBAで儲けるには、あまり策略はいらない。
確かに、研究者や技術者が策略としてVBAを使うことはあるが、それはやや意味が異なる。彼らは、マグナム銃のような、強い武器を持っているのである。
だが、マグナム銃は、儲けは大きいが、小回りが利かないなど、万能性に欠ける。

『アラジンの魔法のランプ』のお話には、強力な魔力を持つランプの魔神と共に、ランプの魔神にと較べればやや力は劣るが、やはり魔力を持った指輪の魔神が登場する。
私は、子供の時、このお話を読んで、圧倒的に、魔法の指輪の方を愛した。
ランプは持ち運びが大変だが、指輪なら指につけておけば良い。
VBAというのも、魔法の指輪のようなものだ。
魔法のランプを崇める者には馬鹿にされるが、この上なく便利で、十分に強力なものだ。

「ツイてる」とか「絶好調」といった呪文も、生きるための武器である。
まずは、生きる術を持たなければならない。
拳銃を持つより先に、住む家や着る服が必要なようなものだ。
だが、生きる術は、実は、遺伝子の中に既にある。
DNAが持つ遺伝子情報は、生きるための戦略の宝庫なのだからだ。
だから、遺伝子を解放すれば、生きる術は楽々得られる。
では、遺伝子を解放するにはどうすれば良いかというと、自分で生きる意思を持つことだけである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

目に見えない大切なものは何かの解答

この世界のシステムで、ある程度うまくいくと、「見えないもの」を信じなくなる。
それに、「見えないものを信じていない」態度が、この世界のシステムでうまくやっていく方法なのだ。
この世界でうまくやると、お金が入ってくるので、歳を取ってくると、それが有り難く思えてくるのだ。
感動とトキメキがなくなってくると、お金ほど頼りになるものはないと、ますます思えてくるからだろう。

『星の王子様』で、薔薇が言ったのだったっけ(?)・・・有名な、「本当に大切なものは目に見えない」という言葉がある。
目に見えない大切なものって何だろう?
重力ほど大切なものはなく、これは確かに目には見えないが、その効果の方は、いくらでも見える。
思いやりは、目に見えないどころか、見える方が良い。いくら、「あなたのためを思ってます」と言ったところで、飢えてる人に対し「神の恵みを」と思うより、食べ物をあげた方が良いだろう。
崖にぶら下がって落ちそうな人に対し、ひっそり「あなたが幸福であることを祈ります」って思うんじゃなくて助けてやれーってね(笑)。

目に見えないものが、神の助けだとしたら、神の助けはどうすれば得られるのだろう?
サミュエル・スマイルズの有名な『自助論』は、「神は自分を助ける者を助ける」から始まっていて、以下読む必要がない(笑)。
つまりは、自分で自分を助ける自助の人であれば神様が助けてくれ、自分で自分を助けない人は神様は助けてくれないって訳だ。
一方、法然や親鸞は、人間には何の力もなく、自分も他人も救えない。だから、全部、阿弥陀如来にまかせ、念仏を唱えてさえいれば良いのだよ・・・ということなのだが、怠惰な人にこれを聞かせるとエラいことになる・・・が、やっぱりそう言うしかないのだ。
『荘子』も、阿弥陀如来こそ出てこないが、全てなりゆきにまかせ、作為を捨てれば(自助なんてものも捨てるのだろうか)、うまくいくかどうかは分からないが、安らかでいられるらしい。
まあ、普通の人は、安らかさよりお金が欲しいのだろうし、お金がないと安らかでいられないと思っているのだろう。
だが、EA(えれくとりっく・えんじぇぅ)メソードを教えてくれたアレクサンダー・ロイド博士(彼はEAメソードなんて言ってないが)は、「100万ドル欲しい」というある女性に対し、「何でそんなもの欲しいの?」と聞いたら、その女性は「安らかになれるから」と答え、そうしたらロイドは「欲しいのは安らぎで、金じゃないでしょ?」と指摘し、女性は納得したらしい。

言葉遊びは、そのうち飽きるので、結論を言えば、スティーブ・ジョブズが教えてくれている。
それは、「つながると信じること」だ。
ジョブズは、里親が一生かけて蓄えた資産が、自分の大学の学費に消えてしまうことに耐えられず大学をやめたが、興味があったカリグラフィーの講座だけは、違法に勝手に受講した。それが何になるのかは分からなかった(何になるとも思っていなかったというのが正しいのだろう)が、後にマッキントッシュパソコンを作る時に大いに役に立った。
今やっていることが、将来どうつながるか、何につながるかは分からない。
しかし、「信じるしかない」とジョブズは言う。
いや、もっと大雑把に、いい加減に、「何かを信じろ」と言ったような気もする。
信じればいいってモンじゃない・・・いや、いいってモンなんだ。

何千も何万も紡いで繋ぐ
すればいいってモンじゃない
いや、いいってモンなんだ!
~『リバースユニバース』(作詞・作曲・編曲:ナユタン星人。歌:初音ミク)より~

この歌もだが、ボカロ曲というのは、いろんな歌がつながっていることが多くなってきた。
脳内では、ニューロンが1体多に無限に並行につながっていく。
脳は、宇宙の構造をそのまま現している。
宇宙はつながることで生まれる。
ボカロ曲そのものだ。
しかし、ジョブズの言うように、運命(じゃじゃじゃじゃーん)という意味では、何が何とどうつながるかは分からない。
つながると信じて何かをするしかないのだよ、人間は。
だから、Excel VBAをやろうよ(笑)。
将来、何かにつながるかもしれないけれど、いますぐ役に立つからね。
それで言えば、JavaScriptやPythonとなると、何につながるかは分からないが、何かにはつながるんじゃないかな?

目に見えない大切なこととは、つながるってことだ。
つながると信じることである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

WOWAKAさんの訃報に触れ

敬愛する音楽家のWOWAKA(ヲワカ)さんが、4月5日、急性心不全で亡くなられた。31歳だった。
私は、写真で見る彼のシニカルな雰囲気は好きだった。
初音ミクさんが歌う彼の歌を聴くと、暗い・・・というか、この若さで重くて辛い人生を送ってきたのではないかと思ってしまう。
もちろん、本当のことは分からないが。

初音ミクさんの歌で私が涙を流したのは3曲だが、いずれもWOWAKAさんの曲だった。
それは、『ワールズエンド・ダンスホール』、『アンハッピーリフレイン』、『アンノウン・マザーグース』だ。
『ワールズエンド・ダンスホール』では、「世界の隅っこでワン・ツー」のところ。
『アンハッピーリフレイン』は、ほぼ全編、涙なくして聴けない。
『アンノウン・マザーグース』は、まだ聴きこんでいないが、「ガラクタばかり 投げつけられてきたその背中 」が特に堪(こた)える。彼もそうだったのだろうか?

WOWAKAさんは、しばらくボカロから遠ざかっていたのではと思う。
何かのインタビューで、「もうボカロ曲はやらないのか?」と訊かれ、「またやるかもしれない」と応えられ、『アンノウン・マザーグース』で復帰したように私は思っているのだが、この『アンノウン・マザーグース』は、ミクさんと曲がお互いに相手を包み込んだようで、ミクさんと曲の区別がつかない。

日仏友好160周年を記念する「ジャポニスム2018」では、セーヌ川に浮かぶサガン島の美しい大劇場「ラ・セーヌ・ミュージカル(La Seine Musicale)」で、まさに日本を代表して初音ミクさんがライブを行ったが、そこで、WOWAKAさんの『ワールズエンド・ダンスホール』と『アンノウン・マザーグース』が、パリの人々の前で披露された。
『ワールズエンド・ダンスホール』は、歌の内容とは違い、見ているだけで楽しく、文句なく観客は盛り上がったが、『アンノウン・マザーグース』は、日本人にだって難しい。しかし、「洗練」というものが伝わったのではと感じたのだ。

どこかサイコパスな私は、親友(と私は勝手に思っていた)や親が死んでも、悲しいとは思わなかったが、WOWAKAさんに関しても同じなのである。
ただ思い出すのは、惣流・アスカ・ラングレーがマグマの中で使徒を倒すも、散り際の使徒にエヴァ2号機の命綱を切断され、アスカは愛する2号機と共にマグマの中に沈んでいく時、アスカは泣き叫びも「助けて」とも言わなかったことだ。
アスカはただ「嫌だな。せっかく(何と言ったのだろう)」とやるせなさそうに言った。
あの時のアスカの気持ちのように感じるのである。
そうだ。「嫌だな」である。せっかく・・・とやはり思うのである。
本当に、嫌だと感じる。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

いまさら因果応報の法則

「アホらし!」と言われるほど単純過ぎることが真実である場合が多い。
その1つが、「悪いことをすれば、自分に帰ってくる」だ。
恐くて認めたくないが、多分、その通りだ。
同じこことだが、「悪口も自分に帰ってくる」。
人の悪口、陰口・・・そして、ほぼ、それになる噂話も、決してしないことだ。

誰かが、悪いことをしたのに、のうのうとしていることを知っているかもしれない。
しかし、それは表面的にそう見えるだけで、その悪いことをした者の実際は悲惨で、そのままだと、さらに酷いことになる。
アニメ『地獄少女』のオープニングの語りの決めセリフは「晴らせぬ恨み、晴らします」だが、どこかの国の格言に「復讐は神にまかせろ」というものがあるらしい。
悪いことをされても、自分が罰を与える必要はなく、放っておけば、その者は勝手に滅びる。
まあ、自分の手で血祭りに上げないと気が済まない・・・と思う場合もあるかもしれないが、よく考えるがよい。力のない我々では、大した懲罰を与えることは出来ない。それに、「人を呪わば穴二つ」。たとえ相手が悪人でも、悪いことをしたら自分に帰ってくる。

ジーナ・サーミナラの『転生の秘密』だったか『超能力の秘密』だったか忘れたが、(当時の)インドの人達が、苦しい状況にある人々に対して、悪意無き冷淡であるのは、その苦境が前世の報いであると思っているからだというのがあったと思うが、おそらく全ての悪い行いが、来世を待つまでもなく、かなり早くに報いは来る。
ただ、表面的にそれが分からない場合がよくあるだけだが、その場合も、報いは継続的に、そして、大きくなってやってくるので、それを隠すことは出来なくなる。
富豪の大半は、私生活は普通の人よりずっと惨めで、普通の人には無縁の難病奇病にかかることが多いのは、成功する中で、誰かに危害を加えたり、騙したりしたのかもしれない。
「きれいごとで成功出来ない」と言いたい者は多いかもしれないが、おそらく、そんなことはないだろうし、それに、きれいごとで成功出来ないなら、成功しない方がずっと良いのである。
ライバルとの競争は悪いことではなく、良い場合も多いはずだが、卑怯な手を使ってはならないし、良い戦いであれば、負けた方も、長い目で見れば大きな恵みを得ているはずなのである。だから、その場合は、勝った方は負けた方に対して、善いことをしたと言えるのである。
「競争はいかん」と言って、小学校の運動会の駆けっこで、皆が手をつないで仲良くゴールさせるという学校があるらしいが、それは、良い競争を理解出来ない者達がやっていることだ。
武道で、試合後、きちんと礼をするのは、良い戦いには勝敗を超えたものがあるからである。
だから、たとえ、負けた方が死ぬ戦いであっても、それが良い戦いであるなら、生き残った勝者は、死んだ敗者に向かって礼をするのである。

一方、「善いことをしたら、それが自分に帰ってくる」かと言えば、その通りなのだが、これには、ちょっと難しい面があることはお分かりだろう。
つまり、表面的には「善い」ことでも、人間のやることには、往々にして下心がある。
「善いことをしたら良いことがあるから、善いことをする」というのも下心である。
下心には、他者を害するものも少なくない・・・いや、ほとんど全て、他者を害する。
少なくとも、それが下心からの善行であることを自覚したいものである。
人間としては、「悪いことをしない」「悪口を言わない」を心掛ければ良いのである。
「人の悪口は絶対に言わない人」という信頼を勝ち得ている者で、不幸な者はいない。もし、そんな者が不幸であるなら、実際はどこかで人の悪口を言ったり、非難をしているのだろう。残念ながら、よくあることである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

この脳の機能で、あなたは自然に優秀になる

英語を聞き流したり、プログラムをそのままタイプすること(業界では「写経」と言われる)が、非常に有益だとよく言われるが、なぜそうなのかは誰も言わない。
しかし、脳科学的に考えれば説明がつく。
聞き流しや写経をしても、それで何か理解したり、想像力を持てる訳ではない。
だが、学習効率が高まるのだ。
どういうことかというと、聞き流しや写経をすれば、脳の中に、ある微弱な記憶が蓄えられ、これが学習効率を高めるのである。
ある程度、科学的エビデンス(証拠)を示すことも出来るとは思うが、手間がかかるので、興味があれば、『愛は脳を活性化する 』(岩波科学ライブラリー)を読んでいただければと思う。「シナプティック・メモリ」に関する説明だ。
だが、私は、AIのニューラルネットワークを勉強していて、その差異として気が付いたので、誰でも解るとは限らない。
だから、それよりも、解らなくても、マスターしたい本をとにかく眺めるといったことを心掛けた方が良いと思う。
私が、解らなくても、AIの機械学習の本を片っ端から読んでいるうちに解るようになったのは、当時は謎だったが、これも、とにかく文字を追っているうちに、弱い記憶が蓄えられ、それが学習効率を高めたからだ。
私は、一番初めに覚えたプログラミング言語はBASICで、次に、アセンブリ言語やC言語を覚えたが、まさに、いつでもどこでも本を見たり、雑誌のプログラムを書き写していたのだった。
それだけで出来るようにはならないが、本格的な学習が楽になるのである。
Lisp言語も、最初はさっぱり解らなかったが、とにかく本に書いてある通りに写経した後で、再度じっくり学習書を読むと、ずっと解り易くなっていたのである。

ダンスやスポーツの場合は、とにかく、上手い人、強い人の演技や試合を、心を開いて、まっさらな気持ちで見ることだ。
人間の脳には、ミラーニューロンという、他人の動作を見ていたら、自分の脳が、それと同じ動きをするように働く機能がある。
ゴルフクラブを見たこともない部族の人達の前で、上手い人が何発かショットを見せるだけで、その部族の子供から老人まで全てが、その場でナイスショットを放ったという、著名な神経科学者の報告すらある。

だから、嫌じゃなければ、VBAの本を常に持ち歩き、暇があったら眺め、その後で効率良く勉強し、VBAの達人になって高給を取ろう。
VBAをマスターすれば、仕事をデータの流れとして捉え直す能力が得られるので、有能になるのである。
また、機械学習をマスターすれば、全ての問題を予測問題として捉え直す能力が得られ、それは、最も有能な人間になるということである。
何とも貴重なことを、ついついバラしてしまったようだ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ