ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

ヒーローなんか持つな

西洋のある映画で、幼い息子を持つ父親がこう言った。
「子供は、自分の父親が世界で一番偉いと思っているが、いずれ、そうじゃないと解る。だが、なるべく長くそう思わせてやりたいんだ」
今の日本では、世界一どころか、自分のお父ちゃんなんて、少しも偉くはなく、さらに、偉くないばかりか、下らない人間だと子供はすぐに解るようになる。
いや、父親だけではない。
母親のことも見下げ果てるようになるまでに、そんなに時間はかからない・・・いや、物心つけば、そう思ってしまうかもしれない。
本来、子供は、自分の親のことは買いかぶるものであるのに・・・である。

それでも、外の世界に目をやると、先輩やチームのリーダー、先生、上司、社長といった立場の人達の中に素晴らしい人物を見つけ、「彼こそ(彼女こそ)一番」と思うこともあるだろう。
だが、いずれ、その憧れの人物も、それほどではないと解るようになる。
合氣道家の藤平光一氏は、中村天風や植芝盛平といった、多くの人達に神のように崇められる人達の高弟であったが、藤平氏はこれらの師達を遠慮なく貶し、ある意味、「彼らを信用するな」と述べているのだと思う。
実際は、どれほどの人物であろうが、致命的な欠点は必ずあり、弟子としてはそれは黙っておくものであるが、どんな人間も神でないことは、やはり理解しなければならないのだ。だから、藤平氏のやり方は正しく、立派なことであると思う。その藤平氏だって、酷いところはやはりあって当然だ。
ラメッシ・バルセカールも、世界中の多くの人達が聖者と仰ぐ彼の師、ニサルガダッタ・マハラジが、実際は欠点だらけの人間であったことを明かしているが、貶してはいないと思う。しかし、藤平氏は、特に植芝盛平に関しては、植芝盛平を崇拝する者達を幻滅させるようなことも本に書き、藤平氏は植芝を嫌いなんだろうなとすら感じさせる。
良いではないか。
植芝盛平の身近にも、彼を好きな人も嫌いな人もいたはずだ。

アニメとなると、ヒーローやヒロインはパーフェクトであることが多い。
だが、セーラームーンこと、月野うさぎが憧れる、天王はるかや海王みちるは完璧・・・かというと、実はそうではないのだが、アニメのヒーロー・ヒロインの欠点は格好良過ぎる。実際の人間の欠点は、もっと汚く、ドロドロしているのは、言うまでもない。

そして、人類のヒーロー、イエス・キリストや釈迦だって、完璧な人間などではなかったはずだ。
だが、彼らの信者は、そうは思っていない場合が圧倒的だろう。
イエスに関しては、ニーチェやサルトルやイェイツ、あるいは、ワイルドなどが、相当こき下ろしてくれており、しかも、かなり納得出来るようにやってくれている。
釈迦に関しては、伝聞が少ないこともあるが、豚肉にあたって腹を壊したとかいう話はあるが、あまり悪い話は聞かない。
また、ソクラテスが美少年好きだったとか言う人もいて、そうかもしれないが、それほどはっきりしている訳ではない。まあ、別に美少年好きでも、自制出来ていれば問題ないが、まあ、あまりに昔過ぎて、本当のことは判らない。
そして、偉人、聖人達に、仮に致命的欠点があったとしても、どうでも良いことだ。
個人を全面的に崇拝することは愚かなことであるからだ。
ある個人を徹底的に崇める者というのは、普通の人間を軽蔑しているものである。自分こそ軽蔑すべき者であるのにね。

それに、憧れられる人間というのは辛いものである。
実際の自分は、少しも大したことはないことは、少なくとも本心では分かっているからだ。
人々は、ヒーローやヒロインを求める。
まかり間違って自分がそんなヒーローやヒロインになった者は大変だ。
そうだ、実際に、それは間違いであり、彼らや彼女らは、ちっともヒーローでもヒロインでもないのだ。
そして、時に、ヒーローやヒロインと思われている者が崇拝者を裏切ると、生ゴミやゲジゲジ以上に嫌悪される位置に落とされてしまう。
両極端は愚かさでしかない。
本来は、中村天風や藤平光一の言うことなど聞かず、自分の父ちゃんの言うことを聞けばいいはずなのだ。
言ってることは、良いことも悪いことも全く変わらないのだからだ。
「悪いことをすれば悪いことが返って来る」
イエスが言おうが、あなたのじいちゃんが言おうが、法則に違いはない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

自己肯定感ではなく自己否定感が貴い

最近、書店に行って気になるのは、「自己肯定感を高める」という本がやたら多いことだ。
今、Amazonで「自己肯定感」で検索したら541件もヒットし、その多くが、「簡単に自己肯定感を得られる」といった感じのものだ。
だが、世の中は、「それ以上、自己肯定感を持ってどうする?」と言いたい人達がやたら多い。

自己肯定感を持つには、戦って勝つしかないのだが、今年の東大の入学式で、「君達が東大に入れたのは、頑張ったからじゃなく、恵まれていたからだ」と、やっと直球で本当のことを言ってくれる人がいた。つまり、ある意味、反則で勝ったようなものなのだ。
ある高校生が、募金箱の上で自分の財布をひっくり返し、中身を全部入れて満足げだったが、それは自分で稼いだ金でないので、大切にしなければならない。親の金を使っているだけで、何かやっている気になるのは愚か者である。
要するに、戦って勝つと言っても、自分で力で戦わなければならないということだ。
そうでないと、健全な自己肯定感ではない、幼児性退行による万能感・・・つまり、幼児が、自分を神様か王様のように思うレベルに陥ってしまう。
母親が面倒を見てくれるのは、赤ん坊が神様や王様であるからではないが、赤ん坊の方は、無意識にそう感じるものらしく、大きくなってもそれを引きずると、愚か者の出来上がりである。

あるいは、自己肯定感を得るために、過激な承認欲求を満足させたがると、即座に人格崩壊の危機につながる。
レディー・ガガらの「Me Too」運動は、決してそれを否定するのではないが、もう少し穏便にやらないと、参加者達は、一時的な満足感はあっても、結局、もっと不幸になるのではと感じるのである。

「さすが俺」なんて自己肯定感を持ってはならない。
謙虚とは、自己否定しながら、ちゃんとやれる人間が持つ貴いものだ。
そりゃ、「俺もなかなかやるな」「私って出来る子なんだ」って思うのは気分が良い。
しかし、それは、近寄って来た悪魔のささやきなのだ。
それよりは、自分のいたらない点に目をやり、「もっと上」「もっと強く」と悩む方が良い。
一見、劣等感で苦しんでいる者は、実は、「俺は凄いのに、どうしてこいつらは分からないのか」という承認欲求に苦しんでいるだけなのだ。
つまり、傲慢さこそ問題なのである。
無論、極端な例外はあるだろうが、そうではない場合が多い。

自分の技量を認めるのは悪いことではないが、それを静かに出来ないのであれば、ただの自惚れだ。
そして、自己否定を抱えていても良いから(実際には、自己否定を捨てることは出来ない)、理想に向かう道を見つけた時に、健全な自己肯定感を持てる。

私は、イチローがいつまでも素振りやストレッチをやったり、木村達雄さんという武術の達人で東大を出た数学の博士が1日に何千回も四股を踏むって話を見ると、つくづく、彼らは自己否定感が強いのだと思う。でないと、そんなことはやれない。
彼らは決して「さすが俺」「私ってすごい」とは思っていない。
親鸞が念仏を唱えていたのも、岡潔博士という世界でも屈指の数学者が毎朝1時間念仏を唱えていたのも、やっぱり自己否定感のためだ。
私がプログラミングをマスター出来たのも、今、四股を踏むのが楽しいのも、自己否定感の賜物である。
私が、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』のヒロイン、美しき「剣姫(けんき)」アイズ・ヴァレンシュタインが好きなのも、彼女が自分の技量に決して満足せず、むしろ、自己否定感を抱えているからだと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

天然さ

私が、先月(2019年6月)23日から始めた四股も今日で15日目だが、昨日は、日曜ということもあり600回踏むことが出来た。
今のところ、毎日、朝100回、夜200回で、1日300回は欠かさない。
もちろん、わずか14日で、効果がどうのということは言えないが、楽しいのは確かである。
こんな良いもの、もっと早く・・・出来れば、子供の時からやっておけば良かった。まあ、それは無理だったろうが・・・

私の四股は、相撲の四股とはやや異なり、大東流合気術の武道家、佐川幸義さんがやっていたものに近いと思う。佐川幸義さん自体は、やり方を一般には公開していなかったのだと思うが、弟子が公開したし、別に難しいものではない・・・いや、ごく簡単だと思う。
佐川幸義さんのものと完全に同じではないが、私は次のようにやる。
基本的には、自然に、やや足を横に開いて立ち、一方の脚を斜め方向(前と横の間の適当な角度)に上げ、静かに降ろし、降ろしたらまた自然に立ち、やや腰を落とし、そして、自然に立つ。この繰り返しだ。
佐川幸義さんが重視した訓練らしく、これで「腰を作る」ことが出来、弟子の木村達雄さんは毎日千回、時には、1万回も踏んでいるという。

毎日、欠かさず決まった行を行っていた著名人では、岡潔さんの念仏(毎朝1時間)、関英男さんの腕振り運動(毎朝2000回)、葉室頼昭さんの大祓詞(修行時代は1日中)、そして、木村達雄さんの四股(毎日千回)だが、面白い・・・というか、これらの方々は、岡潔さんと木村達雄さんが数学者(共に博士)、関英男さんが通信工学者(博士)、葉室頼昭さんは医師(博士)、皆さん博士である。
一応、念仏、腕振り運動、大祓詞、四股から、自分の好きなものを選び、1年365日、毎日欠かさずやれば良いと思う。
もちろん、他にも、般若心経、瞑想、野球の素振り、剣道や剣術の素振りなど、いろいろあるので、やはり、自分の好きなものを選ぶと良い。
私は、腕振り運動も10年以上続けているが、今は四股を重視している。あくまで私の場合である。

話は変わるが、私は、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』のアニメを見ていて(昨日は10話ほど見た)、アイズ・ヴァレンシュタインという、若い女性キャラクターに惚れ込んだ。
「剣姫(けんき)」と呼ばれる剣の達人で、金色の髪と金色の眼の16歳。
ところで、人が意味もなく純粋に好きになるのはどういう時かというと、相手の「天然振り」を見た時に尽きると思う。
天然振りとは、全く自然に行う行為が、どこか幼児じみて、馬鹿みたいに感じることが多い。
アイズ・ヴァレンシュタインは、戦うこと以外は、常に天然で、全く自分を飾らない。
その中で、特に私が惚れたのは、食事の場面だ。
同僚の若い女の子に「何飲んでるの?」と聴かれ、ごく普通に「水」と答えた。
それで惚れた。
考えてみれば、食事の時には水を飲めば良いのであり、それを何の思い入れもなく、普通にやっているのであるから、これが惚れずにいられるか?
食事も、他の者達が、様々な料理をトレイに乗せている中で、アイズは、チーズを乗せたパンと、後、何か1品と質素。ジャガ丸くんあずきクリーム味が好物らしいが、何を食べる時もクールで表情を変えない。
別に少食主義者ではないが、食べることに特に重きを置いていないのだろう。
そういえば、私も、朝は長年、紅茶を飲んでいたが、少し前から白湯を飲むようになっていた。
いつも買っていた紅茶(ごく普通のものだ)が売り切れていたのがきっかけだったが、白湯の方が良い・・・というより、どっちでも良いのだと思う。
私も、アイズ・ヴァレンシュタインのように天然でいよう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

デジタル・ツインの世界へ

この世界は、コンピューターが作った仮想世界である「シミュレーテッド・リアリティ」だという説をご存知かもしれない。
我々は、この仮想世界の中に精神転送されているが、それに気付かない。
アメリカの事業家イーロン・マスクは、この世界がシミュレーテッド・リアリティ「ではない」可能性は1億分の1と言うし、イギリスの天才哲学者ニック・ボストロムも、まず間違いなく、この世界はシミュレーテッド・リアリティと言い、資本金271億ドル以上の銀行・投資銀行メリル・リンチも、この世界はシミュレーテッド・リアリティである可能性が高いと発表していたと聞いた覚えがある。

さて、一応、この世界がシミュレーテッド・リアリティ「ではない」としても、後10年か20年で、そうなる。
どういうことかというと、地球をまるごとデジタルコピーし、我々はそこに精神転送し、これまで通りのような「作られた地球」、即ち、デジタル・ツインの中で生きる。
つまり、いきなり、他の惑星のような世界に住むのではなく、今の世界と全く同じようにデジタルで造られた地球に住むのだ。
ただし、そこでは、好きな年齢、好きな容姿を持ち、誰でも、ベンツやポルシェはおろか、プラベート・ジェットやUFOすら所有出来る。
まあ、機能的にはそうだが、法的制限がかかるかもしれない。

今だって、あなたの部屋を、そっくりデジタルコピーし、あなたはVRゴーグルを被れば、いつも通りの部屋の中だが、テレビが超高級な大型テレビに変わっていたり、部屋の飾りつけが一瞬で変化したり、初音ミクさんが現れて、おしゃべりしたり・・・その程度はやろうと思えば出来る。
今のところは、費用や手間がかかり現実的ではないが、技術的には可能だ。
VR(仮想現実)とAR(拡張現実)をくっつけたようなMR(複合現実)のためのHMD(ヘッドマウントディスプレイ)を、マイクロソフトがHoloLens (ホロレンズ)という名で作り、既に40万円ほどで販売していると思うが、それは、デジタル・ツイン、あるいは、ミラーワールドへのプレリュード(序曲)になるだろう。

では、現在の意味での「本物の私」はどうなるのかというと、いろんな可能性がある。
身体がマシンで拡張化されたり、ロボット化する可能性が高いし、身体を捨て、コンピューターの中で生存することになるかもしれない。
精神転送、つまり、意識のコンピューターへのアップロードは理論上可能だろうし、魂としてのクオリア(質感)も、量子論的に転送出来るのではないかと思う。
そうなった後で、そうなった経緯を忘れた(わざと忘れることもありうる)者達が、「この世界はシミュレーテッド・リアリティではないのだろうか?」などと言うのだろう。
それが、すでに、そうなってしまっているというだけのお話である。

それで、この世界を自由に改変するにはどうすれば良いかだが、こんな仕組みになっている。
我々は、意識を2つに分離していて、1つの意識は、豪邸に住みたいとか、偉くなりたいとか思う。
しかし、もう1つの意識は、それを馬鹿らしいと感じている。そのもう1つの意識の方が世界を改変する能力が高い。
だから、もう1つの意識と融合すれば良いのである。
どうやれば良いかというと、我々の意識上には、その公式は現れない。
しかし、そうしたいと思えば、ごく簡単なのだろう。その道はすぐに見つかるようになっている。
まあ、もう1つの意識と融合すれば、あまりおかしな望みは持たなくなる。
だから、普段から、欲張らない練習をすることである。
初音ミクさんのツイン・テールは、2つの世界、あるいは、2つの意識の象徴なのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

なぜ日本人はマナー知らずになったのか

私が、もうすっかり古くなった自分の家の玄関の戸を静かに開け閉めし、居間だけは毎日、雨戸を開け閉めしているが、音を立てやすいそのアルミ製の雨戸を気を使って、なるべくゆっくり音を立てないように扱い、自動車のドアを注意深くなるべく静かに閉めるようになったのは、ごく最近のことだ。
立派な人なら、子供の時から出来ることを、こんないい歳になって、やっと出来るようになったのである。
恥ずかしいなんてものではない。
人生最大の後悔なんて言葉があるが、まさにそれである。
まだいくらでもある。
私は子供の時、野球少年では全くなかったが、親に野球のグローブを買ってもらうと、アパートの具合の良い壁や階段を見つけると、そこにボールをぶつけて返ってくるボールをグローブでキャッチする、いわゆる壁当てキャッチボールをよくしていた。その壁の向こう、あるいは、横には人が住んでいるのであるが、それが問題と思ったことは全くなかった。
一度、私がその壁当てキャッチボールをしていたら、壁の向こうに住んでいるやや年配の大人しそうなおばさんが窓を開け、決して咎めるような口調ではなく、丁寧に「ここでボールするの、やめて頂戴」と私に言った。
その時私は、別にムカつくというのではなかったが、「このおばさん、何言ってんだろ?」と思った。きっと、その女性を変な人だと思ったのだ。
その時はやめたかもしれないが、その後も、無視して壁キャッチボールをやっていた。
おそらく、他にも迷惑している人がいたのだが、私に注意して、私の親とのトラブルになるのが、面倒だったり、こわくて黙っていたのだろう。
私は、そのことを心から後悔するだけでなく、犯罪だったと思っている。子供だから許されることではない。
大人になってからも・・・いや、ごく最近まで、車のドアは音を立てて閉めてこそ男らしいと言わんばかりにバタンバタンと、しかも、なぜかせわしく何度も開け閉めしていたのである。愚かであるだけでなく、れっきとした犯罪と言って差し支えない。

無論、私だけではないだろう。
まるでそれが義務でもあるかのように、音を響かせて家のドアを閉め、深夜や早朝に遠慮なく車のドアを音を上げて閉め、家の前に板や何かの荒物を投げ落として音を響かせても、全く平気な人は多いだろう。
周囲に人のいる道路や駅の構内で、スマートフォンを見ながらノロノロ歩いたり、電車に乗り降りする時すらスマートフォンから目を離さずに周囲に迷惑をかけて、何も感じない無神経な人は、いまやいくらでもいるし、道路で平然と煙草を吸う主に男性も、通勤の途中で必ず見る。

昔、『俺は男だ』という、人気青春スター主演のテレビドラマにもなった、人気学園漫画があった(今も電子書籍で読める)。
剣道をやっている主人公の高校生は「男らしく」どこでも大きな声で喋り、ヒロインの美少女に「声が大きい」と文句を言われると、その男子は、その美少女を「女のくせに生意気な」と言わんばかりに「俺は男だ!声が大きいのが何が悪い!」と、どなりかえす。
また、その男子が気分がムシャクシャしている時、自分の家の庭だったかもしれないが、「でぇー!」とか声を上げながら竹刀を振り、勉強中だった隣に住むあの美少女に「うるさいわよ!」と怒られると、その男子は「うるさかったら耳に栓でもしてろ!」と「男らしく」怒鳴り返した。
昔の漫画だから、今とは道徳観念が違うなんてとんでもない。
その男子は、しつけがまるでなっていない大馬鹿者というだけでなく、もう高校2年なのだから、道徳観・倫理観が全く欠落した、やはり、犯罪者に近いと言うしかない。
だが、昔、それを読んでいた私は、その男子を、豪快でさっぱりした、男らしい、いいやつだと思っていたのだから、馬鹿も度を過ぎている。

今は少なくなったような気はするが、道で大声で井戸端会議をするおばさんもいたが、特に声の大きいおばさんは決まっていたように思う。
そんなおばさんの子供は、やはり、私や、あの青春学園ドラマの主人公の男子のようになる。

日本国民全体が、無神経化、道徳・倫理的な鈍感化、自分勝手で放埓(勝手気まま)な自己中化しているのだろうか?
道路族といって、子供が家の前などの住宅街の道路でボール遊びなどをして騒ぐだけでなく、その子らの親まで一緒になって騒ぐが、注意をすると逆ギレされたり、嫌がらせを受けるようになったという話は多い。
道路族にインタビューすると、いろいろ言葉を飾ることはあるが、根本的には、道路族の誰もが、「道路で遊んで何が悪いの?」「文句を言う者がおかしい」と言う。
私も一度、なんと、大人3人と中学生男子一人で道路でバドミントンを「元気良く」やっていた者たちに注意したら、若いが立派な大人の男が「道路はみんなのものでしょう?」と言い返して来て、正直、クラクラした。言っては悪いが、どうやれば、こんな馬鹿になるのか・・・と真剣に悩んだ。もし、こんな大人が沢山いるなら、日本は終りであると、別に冗談でも何でもなく思う。
言っておくと、道路族を見たら、その迷惑行為が繰り返されるようであれば、自分で注意をしてトラブルになってはいけないので、警察に通報すべきである(110番でよろしい。警察は「事件か事故か?」と尋ねるので「事件です」と答えよ)。実は、私が警察から、はっきり、そのように言われた。
ただし、訴えは、感情的ではなく、事実を冷静に伝えて欲しい。今の警察は、こんなことに賢明に真摯に対応してくれる。

しかし、なぜ日本人の倫理観・道徳観が、ここまで堕落したのだろう?
それは、国が長く経済力を優先し、心をなおざりにしてきたツケが回ってきたのだろう。
子供は、試験で良い成績を取り、良い学校に入ることを最優先にされ、会社は利益優先が当たり前、YuTubeでは目立ってナンボ。
それが当たり前である世の中であるのが、今の日本である。
このままでは、日本に明日はないだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ