ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

何もしないほどうまくいく

誰もが、いろいろなことに取り組み、努力をして頑張ることもあるが、結局は全て、神の意思の通りになる。
それなら、最初から神の意思にまかせ切り、足掻かない方が良いのかもしれない。
そのように生きることを勧めた賢者は、江戸末期の神道家、黒住宗忠や、2400年前の中国の道教思想家の荘子らがいるが、つまるところ、本物の賢者は、ほとんどがそんなことを言ったのだと思う。
アダムスキー型UFOにその名を残す宇宙人とのコンタクティ(会見者)であるジョージ・アダムスキーは、「神は心より上位にある。だから、心を最優先してはならない」と言っていたことから、私は、アダムスキーを、少なくとも哲学者として一目置いている。彼が本物のコンタクティであったかどうかは、そもそも、知り様がないので、信じてはいないが、疑ってもいない。
言うなれば、自分の心が、どう思っているかではなく、はるか上位の神がどう思っているかの方が重要なのである。
別に、自分の心を否定しなければならないわけではない。だが、正しいかどうかは、神ならぬ身としては分からないのだ。
だが、自分の心を最優先する者が多くなってきた。
つまり、価値や優劣を全て自分が決めたがる愚か者が多過ぎるのである。
荘子は、賢い人は、優劣を付けないし、もっと賢い人は区別すらしないのだと言ったのだ。

私は、実は、好き好んでプログラマーやシステムエンジニアになったのではなく、あり得ない偶然が重なって、ほとんど強制的にプログラマーになったのだった。
それは、神の意思に従ったというより、逆らわなかったと言った方が正しい。
それほど積極的ではなかったが、かといって、嫌がったわけでもないという感じだ。
何かスキルを身に付けたいと思っていたわけでもない。
私がなりたいのは魔法使いくらいだし(笑)。
こういうのを、「なりゆきにまかせる」と言うのだが、確かに、昔から私が愛読していた『荘子』で、荘子(荘周)は、「なりゆきにまかせる」ことを何度も勧めているのである。
いや、荘子が教えたのは、なりゆきにまかせることだけかもしれない。
誰でも、神に逆らわず、神の意思のまま…つまり、なりゆきにまかせていれば、そう悪いことにはならないと思う。

で、神に逆らわず、なりゆきにまかせる場合、不安を持たないことが大切だ。
私は最初、社会の最底辺のような場所にいたが、全くとは言わないまでも、あまり不安は感じていなかった。
若い時に勤めていた会社の社長は、単身、外国で営業をすることで事業を発展させたが、私が、「不安はなかったか?」と尋ねたら、「不思議となかった」と言われたのが印象的だった。
彼もまた、なりゆきにまかせていたのだろう。

確かに、『荘子』には、なりゆきにまかせた結果、悲惨な最後になった者も登場する。
しかし、本人は、いたって幸福そうだった。
まあ、荘子の時代は、今では考えられないくらい、庶民に希望がなかったので、「なりゆきにまかせれば成功する」という言い方が、どうしても奇妙に感じたのだと思う。
一方、『荘子』には、何もしなければしないほど良い御身分になる話が多い。
昔から思っているが、『荘子』は、まさに、実用的な魔法書、超能力開発書だ。
重箱の底をつつくような解説をしているものではなく、下にご紹介したような、分かり易い『荘子』を読むと良い。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

強くあり続けた人に学ぶ

念仏を唱えてはならない人とはどんな人かというと、過去に念仏を唱えたり、あるいは、聞いている時に、こんなことがあったという人だ。
例えば、大地震が起こって家が崩れて生き埋めになったり、強盗が入って、家の人が殺されたり、自分が刺されて大怪我をしたりといった被害に遭ったり、その他の、恐怖や苦痛を感じる出来事があった人だ。
そんな人の場合、念仏を聞いたり唱えたりしたら、強制的に精神が異常状態になる場合がある。
それがどんな状態かというと、潜在意識が「念仏は危険」と判断し、すぐに逃げたり、戦ったり出来るよう、筋肉に血液を送り、脳や内臓や免疫機能への血液の供給が少なくなる。
それで、理性は通常より低いレベルになって感情に支配されたり、長時間続くと、内臓や免疫が弱い状態が続くことで体調が悪くなり、下手をすると病気になる。
宮沢賢治が、念仏や浄土仏教が大嫌いで、法華経が好きだったというのも、実は、まっとうな理由ではなく、上のような原因があったのかもしれない。

若者が切れやすい(我を忘れて狂気の状態になりやすい)と言われて長いが、切れる理由の1つはこんな感じだ。
まだ小さい頃、自分が何か失敗した時に、それを見ていた母親が怒りの言葉や罵倒の言葉と共に、その子を叩いたり、脅したりして、その子に恐怖を味あわせる。
すると、その子には、その記憶が潜在意識に残り、その子は大きくなっても、あの時の母親の罵倒する言葉(例えば「馬鹿」)を聞いたり、あるいは、母親の声や、母親の声に似た声を聞くことで、筋肉に血液が多量に流れて、脳への血流が少なくなって理性や思考力を失い、攻撃的になるのである。

切れるかどうかはともかく、子供は母親に関係する、理性や思考力を失う鍵を沢山持っている可能性が高い。
また、母親だけでなく、父親、きょうだい、さらには、家そのものにも、理性や思考力を失わせる何かがある場合も多い。
だから、実家暮らしをする者が切れやすかったり、理性や思考力を失って、無能化、さらには、狂人化する可能性が高いのである。
だから、実家は出来るだけ早く出、母親とは、なるべく早く別れる方が良いのである。

とはいえ、親やきょうだいや家に関係なく、どこにでもある何かが、あなたの理性や思考力を失わせ、内臓や免疫機能の働きを阻害するかもしれない。
それは、潜在意識の強制的反応なので、自分にはどうすることも出来ない。
どうしても怒りが抑えられない、恐怖や不安に負けてしまうというのが、潜在意識的反応であれば、いかに意思を振り絞っても勝てない。
例えば、床の上に置いた幅30cmの板の上を歩くのは簡単でも、板が、家と家の屋根の間に置かれたものであれば非常に難しく、高いビルとビルの間に置かれたものなら、能力的には何の問題もなく出来るはずなのに、恐怖に負けて決して出来ないのと同じだ。

あなたに恐怖を感じさせたり、無能状態に陥れるものが何か分かっている場合は、NLP(神経言語プログラミング)で治せるかもしれないし、分からない場合でも、アレクサンダー・ロイド博士が開発したヒーリングコードで治せるかもしれないが、いずれも非常に難しいかもしれない。それらのプロを名乗る人が信用出来るかどうかも分からない。
中村天風が、常に肛門を引き締めろと言い、岡田虎二郎が、常に腹に力を入れろと言い、また、高位の念仏行者が、常に念仏を唱えよと言うのは、彼らが意識的に分かっているわけではないかもしれないが、そうしている限り、潜在意識的にあなたを無能化する力が働かないからだ。
しかし、そんなことをするのは、やはり極めて難しい。

そこで、狂気に陥っても当然な環境にありながら、理性を保った人の経験が参考になる。
例えば、ナチスの強制収容所の地獄の生活で、長期に渡って理性を失わず、そして、生き延びたヴィクトール・フランクルの経験である。
幸いなことに、精神科医で心理学者であった彼は、強制収容所にいた時の自分の精神について、詳細に書き残してくれている。
例えば、彼は、新婚だった妻に、心の中でずっと話しかけていた。
彼が書いた『夜と霧』には、我々が理性ある人間であることを保つための貴重な知恵が見いだせるに違いない。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

最強の状態「自然」であるために

人間の力を封じ込めているのは、潜在意識の中の苦痛の記憶だということは明らかだ。
詳細を知りたい場合は、L.ロン.ハバートの『ダイアネティックス』や、アレクサンダー・ロイドの『ヒーリングコード』を読めば分かる(それほど簡単ではないが)。
潜在意識の苦痛の記憶は、『ダイアネティックス』では「エングラム」、『ヒーリングコード』では、「細胞記憶」と呼んでいるが、両者はほぼ同じもので、それらが出来上がる過程も、両者で見事に一致する。
ただ、いずれも、それを解消する方法が、これらの本にも書かれているが、特に、『ダイアネティックス』では、常識的に考えて、書かれていることの実行は、ほとんど不可能と私は思う。
『ヒーリングコード』では、「細胞記憶」の癒し方に辿り着く前に、読むことを諦めることになりはしないかと思う。

人間の力を封じ込めている苦痛の記憶を無害化すれば、人間は超人になる。
それをする方法も、優れた人達が明かしてはいるが、それを口頭で聞いて文章にする際や、翻訳の際に、かなりの齟齬が発生するのだと思う。
だから、どの本も分かり難いし、間違ったことが書かれていることもあると思う。
また、書いた本人が本当に分かっていても、文章にしてうまく伝えられるとは限らないし、実際は、大抵の場合、伝わらない。
その方法を、最も適切に書いたのは、私の考えでは、アメリカの光明思想家ヴァーノン・ハワードであると思う。
だが、彼の本には余計なことが書かれ過ぎている。
本当に大切なことだけ、数ページで書いてくれれば良かったのにと思うが、それでは本にならなず、出版ビジネスが成り立たない。

ハワードは、「自分の心を観察しろ」と言ったのである。
そして、ほとんどの賢い人達も、結局は、そう言っているのである。
とはいえ、「自分の心を観察しろ」では、不親切過ぎて、ほとんど誰もうまくやれない。
ちゃんと親切に言うなら、「何かを見たり、聴いたり、触れたり、嗅いだり、味わった時、心がどんな反応をするか観察する」なのである。
バラの花を見た時、モーツァルトの音楽を聴いた時、パスタを食べている時、心がどんな反応をするか、ひたすら観察する。
冷徹な科学者のように。
心が喜んでも、怒っても、悲しんでも、ただ、そんな反応を静かに観察するのだ。

このようなことが書かれた本は他にもあるが、「心の反応を観察しろ」と言わず、単に「心を観察しろ」と言うから戸惑い、全く続かない。
心の反応を観察していたら、何が起こるか?
これに関しても、ヴァーノン・ハワードですら、「驚くべきことが起こります」と、最悪のことを書いているのだ。
「驚くべきことが起こります」と書かれているのを読んだ時の心の反応も観察すべきだが、そんな時は、落胆や戸惑いを観察せず、落胆し、戸惑ってしまうのだ。
心の反応を観察していたら何が起こるのかというと、心を反応させている指令信号を消してしまえるのである。
人間の心はコンピューターで、いろいろなものを見たり聞いたりした時、特定の反応を起こすようプログラムされている。
ところが、我々の意識は、心より上位のコンピューターで、心の反応を意識が静かに観察すると、心に反応を起こさせているプログラムが自動修正されるのである。
おっと、こんな言い方を好まない者もいるだろう。
では、こんなのはどうか?
我々の心の中に、強制的な反応を起こさせる悪魔がいる。
ところが、意識が心の反応を観察すると、悪魔の力が弱まるのである。
悪魔が余計な反応を起こさせるのをやめると、心は自然な働きをする。
「自然な」これこそが正しさなのである。
自然であれば、自然そのものである全宇宙が味方する。
そうなれば、人間に不可能はない。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

反応してはいけない

ある時、成功した事業家が私に、「反応してはいかん」と言ったことを印象深く覚えている。
しかし、人間は反応するように出来ている。

ノーマン・ロックウェルというアメリカの有名な画家がいた。
実に上手い画家で、写真のような写実画を描けた。
もちろん、写真のような絵が描けるだけでは画家になれない。
写真のような絵が描けるというだけの人なら、結構いるものである。
ロックウェルの、こんな絵を見たことがある人は多いと思う。
6歳くらいの小さな黒人の女の子が、左方向に歩く絵だ。絵は、その女の子の左側を描いている。
女の子は左手に、2冊の薄い教科書かノート、それに、定規と鉛筆を2本持っている。
女の子は無表情だ。
女の子の向こう側は壁である。
そして、女の子の1メートルほど後ろの、女の子の頭より少し高い位置の壁に、ぶつけられたトマトが破裂して出来た赤い放射状の液体が付いていて、その下に、半分潰れたトマトが落ちている。
つまり、女の子にトマトが投げられ、女の子は間一髪、トマトの直撃を免れたのかもしれないと思わせる構図である。
すると、女の子が無表情なのは、彼女が意思の力で平静を装っているのだと想像される。内心では、恐怖、不安、悲しみが渦巻いているのでは・・・と感じる。
何を示している絵かは分かると思うが、こんな絵を見て、的外れな解釈をする者も多い。
もちろん、人種差別を表している。

ところで、この女の子にトマトを投げた者については、絵の中には全く描かれていないが、まともな人間なら、そんなことをした者に嫌悪感を持つだろう。
だが、トマトを投げた者は、考えて投げたのではなく、勉強道具を持った、そして特に、この絵の女の子のように、きちんとした身なりの黒人の子供を見て、反射的にトマトを投げた可能性が高い。
反射的というほど速くはないとしても、衝動的に、我慢出来ず、どうしても、そうせざるを得ずに、トマトを投げたのだ。
つまり、トマトを投げた誰かは、黒人のきちんとした身なりの勉強道具を持った子供に「反応した」のである。
ここで、最初の事業家の言葉を思い出したい。
「反応してはいかん」
女の子にトマトを投げた誰かも被害者なのだ。そんな反応をするように、ある意味、訓練された、あるいは、教育されたのである。
そして、どんな人間も・・・もちろん我々も、そんな愚かな反応をする訓練を沢山受けてしまっており、実際、いくつかのものに反応する。いくつかと言ったが、少なくとも数百のものにだ。
良い反応だってあり、必ずしも「反応してはいかん」わけではない。
例えば、車を運転していて、前の車が急ブレーキを踏んで止まった時、我々は反射的に、つまり、状況に反応してブレーキを踏むか、それが間に合わないなら衝突を避けようとハンドルを切る。それらの行動は、考えながらやっていたら間に合わず、反応して動くのである、

人間は、反応して動くようなメカニズムが組み込まれている。
そして、それは多くの場合、悪い反応を起こさせる。
友達が出来ない人というのは、友達が出来ないような反応をするのだ。
例えば、「悪いがペンを貸してくれないかな」と言われた時、「いやだよ」とぶっきらぼうに答えたり、貸すとしても、いかにも嫌そうな顔をするようでは友達は出来ない。
結婚できない人は、結婚出来ないような反応をするのであり、仕事で成功出来ない人は、仕事で成功出来ない反応をするのである。
暴力的な人間を前にしても被害を受けない者もいれば、暴力的な人間がどうしても暴力を振るいたくなるような反応をする者もいるのである。

そして、困ったことに、反応は、自分で気付かないものが圧倒的で、仮に気付いたとしても、自分ではコントロール出来ない。
人間というのは、ある意味、そんな出来損ないである。
だが、悪い反応を、もし消せれば、その人間は、何でも大成功するだけでなく、生命力も高く元気になり、どんな病気も治ってしまう。
やり方は、とてもではないが、ブログの1記事では書けないが、物凄く難しいというわけではない。
とりあえず、今回の記事の内容を知っておくだけでも、知らないのと比べ、人生は雲泥の差となる。
後は、出来るだけ簡単、確実に、悪い反応を消す方法を習得するだけである。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

力は荒野で育てる

無能だったり、愚かだったり、それどことか、狂人に見えるような人間も、秘められた潜在力は極めて高い。
もしかしたら、現在、および、過去の歴史上の「天才」と呼ばれる人間すら、はるかに上回るかもしれない。
そして、その能力は、単に、身体能力や知的能力だけでなく、超能力や、さらにそれを超える、運命すら変える神のごときものに違いない。

私が見てきた中で、人間の能力を高める技法として、興味深いと思われたのは、『ダイアネティックス』『神経言語プログラミング』『ヒーリングコード』だ。
これらはどれも、権威的な団体や個人を含む、決して少なくない人々に、いかがわしいものと言われている場合もあるが、その中でも、最も悪評が高い『ダイアネティックス』の書籍は、実は、人類の歴史上で、能力開発書として最も多く出版されたものでもある。
この3つとも、決して、能力開発や、病気の治療で主流になってはおらず、むしろ、知らない人が多い。
そりゃ、もし、これらの1つでも、開発者の主張通りの威力であれば、医療や製薬業界の大半が不要になるのだから、利権を握る連中が、それらを「いかがわしいもの」として葬り去ろうとするのは当然である。

根本的な原理は、『ダイアネティックス』『神経言語プログラミング』『ヒーリングコード』は同じと私は思う。
だが、どれも、ひどく難しい技法しか示されておらず、医療業界や製薬業界を喜ばせている。
そして、これらの技法と同じ原理の手法を、どうやって習得したのかは分からないが、楽々と使いこなしていたのは、精神科医のミルトン・エリクソンだけだったと思う。
エリクソン流、エリクソン派を自称する者は多いと思うが、私はそういった者達はあまり信用しない。
ただ、彼の娘だけは、その技法を受け継いだようにも思えるが、要は、こんな技法は、勉強や研究で身に付くものではないのだろう。
そもそも、エリクソン自身が、そんな技法を、教わったわけでも、学問的・科学的に開発したわけでもないと思う。

みどり子を岩山に投じ
牝狼の乳房にて育てよ
鷹・狐とともに冬をしのぎ
力と速さを手とし足とせよ
~ラルフ・ウォルドー・エマーソン『自己信頼』より~

エリクソンは、子供の時、家には、聖書と辞書しか本がなかったが、辞書を選び、それを繰り返して読んで知識を得た。
17歳の時、ポリオに感染し、目玉以外は全く動かせない状態になり、ただ目で周囲を観察する訓練をした。
学生の時はセールスマンをすることで人間を理解した。
このように、彼は荒れ野で鍛えられたのであり、医者や学者が彼の真似をして、同じことが出来るようになるはずがない。

エリクソンは、身動き出来ない17歳の時のある夜、耳はよく聴こえたので、医者と母親の会話が聞こえた。
医者は、「朝まで持たない」と言った。
その時、エリクソンは、「絶対もう一度朝日を見てやる」と誓った。
そして、それは叶い、医者を驚かせた。
能力や生命力を高め、願いを叶えるのに必要なのは、願いの強さ、決意の強さなのであることが分かる。
もちろん、1日中、顔を真っ赤にして唸り続け、願いや決意の強さを示さねばならないのではない。
願いや決意は、一瞬で宇宙に伝わる。
いや、一瞬でないと伝わらない。
暫定的なやり方を書いておくが、一生使っても構わない。
まず、願いや決意を決める。
息を吸って止め、「成った」と心で言う。
息を吐いて、いったん忘れる。
コツが掴めたら、本当の願いである限り、願いは速やかに叶うと思う。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード