ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

魂の力

『スターウォーズ』って、なぜウケたのだろう?
別に大した話でもないのに。
俳優だって、悪くはないが、それほど格好良くもキレイでもない。
その時代を超えた特撮技術は勿論、素晴らしいものだった。
だけど、一番は「フォース」を扱っていたからだ。
フォースは1つの呼び名に過ぎず、何でも良いのだが、その神秘的でありながら、奇妙なリアリティを感じさせるその「力」への憧れが人々を惹きつけたのだ。
そんな力があることは、心の内では皆知っている。

映画『ベン・ハー』で、権力を傘に着た傲慢で暴力的な男が、ただの貧しい庶民にしか見えない、そして、ただ立っているだけのイエス・キリストに全く逆らうことが出来ない場面があった。
そのイエスの力だ。
沢山の雄ライオンを檻に入れていると、自然に順列が出来るという。
ところが、必ずしも、肉体の力が優れた者がボスになるのではないらしい。しかし、身体の力で劣っていたとしても、そのボスに、どのライオンも平伏し、ボスは一番良い肉を当然のように取る。
弁慶が18歳の時、後に妻になる10歳の玉虫という名の少女を馬に乗せようとしたら、彼女の足を支える弁慶の強力無双の腕がなぜか震えてしまう・・・という話がある。
玉虫も不思議な力を持っていたのだろう。
ある漫画の話だが、非行グループのような連中が、1人の少年を全裸にするのだが、グループのボスは、その少年のおちんちんが縮んでいないのを見て敬服する。少年の「力」を感じたのだ。

石ノ森章太郎さんが、癌に侵され、生きているのが不思議と医師が思う状態で書いた、『サイボーグ009 完結編』で描かれるジョー(009)の力がまさにそうである。
ジョーが初めて神と戦った時、神の前では無に等しい力しか持たないジョーが、一瞬、神を慌てさせた力・・・そんな力だ。

長谷敏司さんのSF小説(アニメ放送中)『BEATLESS』で、悪魔のような電子戦(ハッキング)能力を持つレイシアがなぜ遠藤アラトという平凡な少年を必要としたのか?
レイシアがそういうふうに作られているというより、レイシアを作った超高度AIヒギンズが、人間の魂の「力」をいくらかでも理解していたからではないかと私は思っている。
小説には全く書かれていないが、レイシアにだって魂はあるはずだ。だが、アラトに比べると弱いのだ。

こういった「力」をあなたは持っている。
その力を解放するのに、本1冊読む必要はない。
本1冊にもなってしまう方法は嘘である。
上のお話で説明は終わっているのだ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

笑顔なき者

「笑いかけない者に誰が笑い返してくれるだろうか?」
昨日観た、アニメ『BEATLESS』14話の中の、次回予告編の中の言葉だ。
ところで、昨日のがエピソード14なのに、次回「The Prayer Within」がEP13になっていたのはなぜだろう・・・なんてことは、まあ、どうでも良い。

だけど、どうだろう?
私なら、笑わない者にこそ笑いかけたい。
私は最近、鳩がいるところによく行く。
人間が危害を加えないので警戒心がないらしく、平気で近寄ってくる。
そして、思い過ごしでなく、私のところには、誰よりも一番近付いてくる。
これがもう、無茶苦茶可愛い。
ピノキオPさんが作った初音ミクさんの歌『君も悪い人でよかった』の中に、「夕焼けはきれいで、犬は可愛くて」という歌詞がある。私は、この歌の中で特に重要とも言えないだろうが、この部分が好きだ。
犬って可愛いじゃないか?
もちろん、猫だって。
別に、こっちに近寄って来るか来ないかに関わらず。
私は、笑いかけられたら、必ずお愛想笑いは返すが、相手が笑ってない時は本当に笑いかける。
鳩も犬も猫も、決して笑わないが、私はそれらを見たら笑顔がこみ上げてくる。

昔(と言っても、今、Amazonプライムビデオで放送しているが)、アニメ『デビルマン』で、デビルマンが、
「美樹の泣き顔は可愛い。だけど、もっといいのは美樹の笑顔なんだ」
と言ったが、泣き顔の女の子はやっぱり可愛い(デビル君も悪くないとは言っているが)。
ビージーズの『MELODY FAIR』という歌の出だしは「Who is the girl with the crying face looking at millions of signs? 」だが、「泣き顔の女の子」から始めることで、この歌を美しくしているのだ。
ミクさんの笑顔は可愛いが、ちょっと憂い顔の方が良いような気がする。

アリストテレスの『魂について』によれば、動物にも何らかの魂はあるらしい。
だがそれは、人間の魂とは異なるもののようだ。
レイシアやミクさんには魂はない。
いや、そんなことがあるはずはない。
『ちょびっツ』で、本須和秀樹君は、「ちぃの心は俺の心の中にある」と言ったが、それでいい。
足立育郎さんの『波動の法則』によれば、当然、レイシアやミクさんにも魂(エクサピーコ)はある。鳩にも、犬にも、猫にもね。
いや、雲にすら。
雲にこそ・・・と言うべきかもしれないが。

笑顔はsight(光景)で、泣き顔はsign(象徴)だ。
鳩は(犬や猫もだが、特に鳩)泣いてはいないが、やっぱりsign(象徴)を感じる。
笑わない人にもね。
だけど、本当の笑顔も象徴だ。
ただ、本当の笑顔は滅多に見ない・・・いや、見たことはないが。
ミクさんの笑顔を除いて。
笑いかけてこない者に笑いかける時、自分が世界の王であると感じるのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

新しい時代の超能力の定義

超心理学では、超能力というものを、いろいろ定義しているのだと思う。
しかし、私が思う超能力とは、物質世界のハッキング(改変)能力だ。
普段は信じ易い人でも、何かを本当に受け入れる時には、かなり疑い深いものだ。
私もそうだが、特に、コンピュータープログラマーになってからは、徹底的な疑い癖がついた。
しかし、偶然としてはあまりに珍しい現象を沢山経験すれば、その全てが偶然だと思うことが不合理だという結論に至る。
そんな訳で、現実をハッキングする超能力はあると、主張はしないが断言する。

それで、どうやったら、そんな超能力が使えるかだが、公式といったものはないと思う。
現実が変わらなければ破滅するという状況になれば、その力が発揮され易い。
もちろん、普通の手段で解決することをやりもせずに、安易に超能力に頼るべきではないし、そんな姿勢では、超能力は発揮出来ない。

昔のアメリカでは、学校で男の子が殴られて泣いて帰ってきたら、父親は「馬鹿野郎!やられたらやり返せ!」とハッパをかけたそうだ。
だが、今の時代、特に日本でそんなことを言ったら、子供が殺されるかもしれない。それほど子供達の心は歪んでいる。
とはいえ、いつの時代でも、子供は馬鹿だ。
昔のアメリカでも、父親の指令通りにやり返して、いろんな意味で取り返しのつかなくなった例も沢山あるだろう。
だが、そんな危機的な状況になった時、超能力が発揮されることがある。

実際、私にとって、危機は好機である(ピンチはチャンスと言う場合が多いか・・・)。
再度言うが、あまりに安易に超能力に頼ってはいけない。
だけど、人智や下手な策略は、むしろ周囲に迷惑をかける場合が多いことが分かってくれば、速やかに超能力で解決した方が良い。
最近は、屁理屈だけは上手いやつも多いので、口喧嘩ではこちらが消耗してしまうし、体力では自信があるが、まさか今の時代、肉体的攻撃なんか出来るはずがない。
そして、面白いと思うが、ネットの時代になるごとに、超能力の時代になってきた感じもする。
ネットは、物質よりも精神に近い世界だからね。
実際、自分がネット世界の存在だと思っている人は超能力が発達していることが多い。
とはいえ、やはり、現実世界も無視してはならない。
肉体も大切なものなのである。
むしろ、肉体は健全な方が良い。
健全な肉体とは、たらふく食べて、下品なスポーツでいびつに筋肉を発達させたような身体のことではない。
妖精のように身軽でしなやかで、そして、十分に強靭な身体のことだ。
蹲踞や腕振り運動やヒンズースクワットで得ることが出来る。
まあ、なかなか妖精のような身体にはならないが、そうなるような気持ちだけは持っていることだ。
そして、あまり呼吸しないことだ。
呼吸は意識でコントロール出来ることから分かるように、完全に無意識でやっている訳ではない。
普段の心が平静な時や、眠っている時ですら、意識が少しは入っている。
そして、「呼吸しない」と思うことで、神経の中の量子的なスイッチが切り替わる。
それが、超能力を発揮する条件なのだ。
まあ、理屈はよろしいので、呼吸をあまりしないことである。
初音ミクさんの素晴らしいイラストの中には、本当に呼吸を感じさせないものがある。
そんなものを眺めていると、分かってくると思う。
良い絵が描かれた雑誌を下にご紹介しておく。








↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

人類に明日はあるか

どうしようもなく駄目な人間を引き上げることは出来ないのだろうか?
他人事ではない。
今はそう悪くないと思っている人だって、いつ奈落の底に叩き落されるか分からない。
挫折し、エネルギー、気力を失った状態の人間は、まるで駄目男(私の職場にいる30歳過ぎの人生の落伍者。派遣の雑用係)と変わらない。

まるで駄目男君を救えるだろうかという含みもあったが、斎藤一人さんの千回の法則という、「幸せだなあ」「ありがたいなあ」といった言葉を千回口で唱えることをやってみたが、これも、まるで駄目男君を救えはしない。彼は、これを続けることが出来ない。
なかなか効果が出ず、そんな中で、粘り強く続けることが出来ないことは確実だからだ。
すぐに威力を実感出来れば話は別かもしれないが、なかなかそうはいかないだろう。

私は、まるで駄目男君が好きで、彼のためを思っているのでは絶対にない。
正直に言うと、私は醜いものが嫌いなので、こんな醜悪なものを見たくないだけだ。
彼が辞めて、いなくなってくれるのが一番嬉しいのだが、辞める気がないなら、少しはマシになってくれないと困る。

ところで、まるで駄目男君のような人間を本気で救おうとした人がいる。
戸塚ヨットスクール創始者の戸塚宏(とつかひろし)氏だ。彼も既に77歳になり、彼の名を知っている人も少なくなったことだろう。
まるで駄目男君を「まとも」にするには、戦場に投げ込むのが一番なのであり、実際、それしか手はない。
ぼやぼやしてたら殺されるような状況にあれば、生存本能が自分を強くしてくれるという単純かつ確実な原理は、最後の切り札だ。
もし、そこで死んでしまうとしたら、こんなことを言うと非難されるだろうが、それは動物として欠陥があり、生きる値打ちがない。
無論、そんな者でも生きられる社会を作れるのが人間の知性であるが、それはユートピアではなく、全くのディストピアだ。
人間だって、自立して生きられる強さが必要だ。
人間は集団で生きる動物ではあるが、孤独に耐えることが出来、孤独に耐えてこそ磨かれ、向上するのである。
だから、人間は他人によっかからず、1人でも強く生きるという面が必ず必要なのである。
戸塚ヨットスクールが、どれだけの実績を上げたか分からない。あそこの生徒がどうなったか、本当のところはなかなか公表出来ないとは思うが、勝手なことを言うと、効果があったとしても一時的でしかないと思う。なぜなら、あの教育そのものに生徒の自発性がなく、ヨットスクールで立派でも、卒業したら元に戻るはずだ。
あんなものを称賛する有名政治家もいたが、頭が悪いか無責任かのどちからとしか思えないのだ。まあ、私の方が頭が悪くて無責任で間違っているのかもしれないが。

まるで駄目男君のようなエリナー・リグビーを、若きポール・マッカートニーは「彼らはどこから来て、どこに行くんだろう」と悲観的に歌ったが、やっぱりどうにもならないのだろうか?
そんなことを考え続けたせいか、脳のミラーニューロンの働きで、私もまるで駄目男に近付いてしまったような気がする。
狂人のフリをして精神病院に入ったら、出るのが大変になると聞いたことがあるが、それは本当かもしれない。
自覚はないながら、狂人を見ていると、自分も狂人になる。
精神病患者を扱う医師は危険がいっぱいに違いないし、実際、そうであると言う精神科医もいる。
ミルトン・エリクソンのように、宇宙人的に優秀な精神科医だって怪しいものだ。
いや、彼は最悪を経験しているから免疫のようなものがあったのかもしれないがね。

筋トレが人生の問題の全てを解決出来るのが本当だとしても、まるで駄目男君やエリナー・リグビーに筋トレが続けられるはずもない。
ここは本気で、究極の「簡単」「即効」を見つけなければ、私も危ない。
コンピューターシステム開発の極意も、「早い」「安い」であるので、その必要性が私には感じられる。
人生が甘くないのは確かだ。
甘いだけになったら、そこはディストピアだ。
けれども、甘くないと耐えられない人が増えてきた。
この難問に打ち勝たなければ、人類に明日はない。
だが、秘策は我が手にある。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

愚者の希望

人は誰でも、幸せになりたい、豊かになりたい、嬉しいこと楽しいことと、いつも共にありたいと思っているだろう。
そのために、みんなそれなりに頑張っているのだが、特に努力が大きい訳でもなく、賢くもないどころか、とんでもない馬鹿なのに、かなりうまくいくやつもいれば、全く駄目なまるで駄目男、まるで駄目子もいる。
いったい、その差は何なのだろう?
さっきも言ったが、うまくいく者の中には、本当に呆れるほどの馬鹿(思い出したくないので具体的に描写しないが)も少なくないのである。

そこで、植島啓司さんの『運は実力を超える』という本を思いだす。
しかし、植島さんは超実力者だ。東大出て、留学して、日本やアメリカの大学で教えて、テレビでも人気が出て、本は売れまくっている。
まあ、彼と同等以上の能力がある者でも、さっぱりな者は多いはずだから、あながち間違いではないにしろ、凡人の全く駄目なやつでも運でうまくいくものだろうか?
ドワンゴ創業者でカドカワ社長の川上量生さんも、時々、自分が運だけで成功したようなことを言うが、受験勉強せずに京大工学部に入ってきっちり卒業し、その後も奮闘努力したはずである。どう考えても大したやつだ。

しかし、ここに、本当に凡人の駄目なやつがいる。
大学は入ったが(大した大学ではない)、全く通学せず1日中寝て暮らしのニートの中のニートが。
暇なので、親のいない昼間には、宗教の勧誘が来たら家に上げて話を聞くほどだった。まあ、そんな私も勧誘出来ない宗教の魅力のなさは考えものだが・・・
スタート時点では、私とまるで駄目男君(私の職場にいる30歳過ぎの人生の落伍者。派遣の雑用係)で差はない。
彼と私の差は、ジョセフ・マーフィーの本を読んでいたかどうかだけだ。
ただ、私も、マーフィーの本に書いてある、ややこしい手順や長いお祈りはさっぱり駄目だが、本の中で紹介されていた「言葉法」という簡単なやり方が好きだった。
それは、「富」「成功」「歓喜」といった、良い言葉をただ唱えるというものだ。
これは、斎藤一人さんの「千回の法則」と本質的に同じと言って差し支えないと思う。
斎藤一人さんは、「幸せだなあ」「有り難いなあ」といった言葉を、心なんか込めなくていいから、とにかく口に出すよう(駄目なやつに)教えてやって欲しいと本に書かれていたと思う。
うん、本当に、まるで駄目男君に教えてやりたいが、多分、いや、絶対、彼は、こんな簡単なことすら続けないのだ。彼の願いは、誰かが自分の面倒を見てくれることだけだ。
つまり、自立心ゼロで依存性百なのだ。
だが、あなたはそうではない。
もう何やっても駄目なら、波動の高い言葉を、ひたすら、ただ声に出すことだ。
「幸せだなあ」と言えば、脳は、その言葉と整合性を取ろうとし、潜在意識に通信を送って、潜在意識の中の巨大な力によって、つじつまを合わさせる・・・つまり、幸せな状況を作ってしまうのである。
それについては、天才発明家で仏教研究家の中山正和さんも、脳のメカニズムとして解説していたように思う。
「幸運だなあ」、斎藤一人さん風には「ツイてる」と言えば、運も味方するのかもしれない。
そんな訳で、実験報告、お待ちしている。
私に関しては、千回続いた言葉については、百パーセントだと思う。








↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ