ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

金持ちになる呪文とそれを唱える意外な秘訣

『ヒマラヤ聖者の生活探求』という本の中に、ある古い廟(びょう。寺院のこと)のお話がある。
建てられてから数千年も経っているのに、建てられたばかりのようであるという。
どこかが壊れてしまっても、勝手に元通りになってしまうのだそうだ。
この廟の中では、「生命、愛、調和」という言葉しか使われない。
「生命」には「愛」と「調和」も含むので、本来は、1つでも良いのではと思うが、いろんな意味で・・・例えば、人間には、それぞれ性向があるので、同じでありながら、ちょっと表現が違う言葉を用意した方が良い・・・とかいうこともあるだろう。

イエスも言ったように、肉体は神の住む神殿(神殿も廟と言う)である。
生命とか、愛という言葉を、頭の中で常につぶやけば、肉体に関しても、無限の平癒の力が働く。
また、常日頃、「不死身」という言葉を頭の中でつぶやき続け、何度も至近距離から発砲されたにも関わらず怪我1つしなかった刑事もいたらしい。
「永遠」「無限」も、「不死身」を意味するので、好みによれば、こちらを用いれば良い。
そして、最大の効果をもたらすポイントは、やはり、「1つの言葉を」「感情を込めず淡々と」繰り返すことである。

政木和三さんと一緒に食事をしていた時、政木さんは、「私はお金なんてちっとも欲しくないのですが」と前置きした後、「入ってくるものは仕方がないです」と言われた。
当時、政木さんは1年に1億円ほど納税していたらしい。
「入ってくるものは仕方がない」
これは、感情を込めずに淡々とつぶやくことが出来るうまい言い方である。
そして、近くにいる奥さんにはばかりながら、「私は女なんてどうでも良いのですが」と断りつつ、「来るものは仕方ないですね」と、珍しく笑いながら言われた(滅多に笑わない人だった)。
なるほど、モテたければ、「好かれるものは仕方がない」とでもつぶやけば良いのだろう。
普段は、「大丈夫」「絶好調」といった言葉を常に心でつぶやきながら、パートタイムで「好かれるものは仕方がない」とつぶやくのはありで、そんな臨時の言葉が即効を持つかどうかは、やはり、普段、「たった1つの言葉」をきちんと唱えているかどうかにかかっている。
たとえば、格好良くなりたければ、1日3回「なんて格好いいんだ」とつぶやければ良い。
この言葉は、E.E.スミスの、1937年から始まったSFであるレンズマン・シリーズの2作目、1939年の『グレー・レンズマン』で、グレー・レンズマンに昇格したキニスンが、鏡に映った、初めてグレー・レンズマンの制服を着た自分を見た時に、思わず言った言葉だ。
優れた小説は、アファーメーションの宝庫である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

最も幸福な言葉

おそらく、本物の賢者がいた太古の時代から、人間には、いかなる願いも叶える力があり、それを発動させるものは信念であることは分かっていた。
イエスも、それを知っていたから、「山に向かって、海に入れと言い、そうなると信じて疑わないなら、そうなる」と教えたのである。
ところが、どうやれば信念を得られるかは、ほとんどの人が知らないままだ。
合氣道家の藤平光一氏は、毎朝、鏡に向かって「お前は信念が強くなる」とアファーメーションしたらしいが、彼は既に十分な信念を持っていた。だから、普通の人がそれを真似したって意味はない。

不世出の空手家、大山倍達氏は、「空手に王道なし。あるのは、数千回、数万回の繰り返し」と言ったらしいが、多分、それで合っているのだろう。
ただ、空手には、合理的な訓練というものも必要だ。
しかし、信念を鍛えるには、大山氏の言うやり方しかない。
同じ言葉を、何千回、何万回と、頭の中でつぶやくだけだ。
それをやるには、無感情に、淡々とやらなくてはならない。
空手の突きは、気合を入れて打たないと師匠に怒られるだろうが、呪文の言葉は淡々と唱えるものである。
呪文の効果には、筋肉の力も、思考力も、全く関係ないのだからだ。

誰にでも合う呪文の言葉は「大丈夫」だ。
あるいは、「平気」「へっちゃら」「へいちゃら」も良い。
「平気」の場合、「平気、平気」と2回繰り返すと、リズムがあって良い。
こんな簡単なことを、本当にずっと続けられれば、信念が得られることは、おそらく、科学的に説明出来るだろう。
「大丈夫」を超える言葉として、「大安心」や「不動心」もあるが、あくまで、自分がしっくりくる言葉を選ぶのが良い。
「不動心」とか「無念無想」とか言うと、ついつい力んでしまうが、それが良くない。
あくまで、無感情に、淡々と、ただし、丁寧に唱えなければならない。
自分に正直に「富」「美の化身」「ヒーロー(のごとき姿)」でも良い。
そして、人間として最も幸福な言葉は「自由」である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

釈迦もイエスも豊かになる方法をさり気なく教えていた

成功セミナーや成功プログラム教材では、欲しいもののリストを作らされることがよくある。
数は多いほど良く、沢山書き出せないと、想像力や欲望の力が弱まっているので、それは良くないとか言われる。
ところで、大抵の人が欲しいのは、家と車、それに服や靴やバッグ、あるいは、別荘とかオーディオ装置といったところなのだが、私は常々、「そんなの、金があれば手に入るじゃん」と思い、わざわざ、いろいろ書かなくても、「金」と1つ書けば良いと思ったものだ。
健康とか、温かい家庭とか、友情や恋愛などは、金で買えるとまでは言わないが、金が大きく左右することは否めない。
実際、不健康、家庭不和、友情や恋愛の破綻なんてのは、金がない、あるいは、金が得られない不安、金を失う恐怖から来る場合が圧倒的に多いはずなのだ。

もし、金がなくても、自由や平和が得られる社会であるなら、金は必要ないが、そんな社会では、お金自体、存在しなくなっているだろう。
しかし、そんな社会で、どうやって、進歩の意欲を保ち続けられるだろう?
ウォレス・ワトルズが著書に書いているが、お金は神の発明と言うに相応しいのかもしれない。
だが、やっぱり、お金に対して否定的観念を持った者は多い。
「がっぽり儲けているのは悪いやつ」という固定観念は、誰しも、多かれ少なかれ、あるのではないかと思う。
お金に対して否定的な想いが強いほど、実際、お金は得難い。
成功哲学の中には、「お金は良いものだ」「私はお金が好きだ」と言えという教えもあるが、そんな滑稽なこと、やめておいた方が良い。
アホらしくて、余計、お金が嫌いになるから(笑)。
お金が良いものであることは誰でも分かるし、誰もがお金は好きなのだ。
だが、負の想いがあることも確かなのである。
それは、おそらく、幼い時の、主に親からの刷り込み想念であり、消すことは不可能だ。

釈迦やイエスは、いろいろなことを教えたが、人々の最大の関心は、「どうすれば豊かになれるか」だ。
念仏にしたって、表向き・・・と言っては御幣があるが、目的は、死後、極楽浄土に行くことであるが、実際は、「現世利益があるか」が重要なのである。
そして、釈迦やイエスの教え、それに、念仏も、それにちゃんと応えてくれている。
もちろん、物質的なことのみが大事だと言っているはずがないが、物質面も大肯定していることは簡単に分かるのである。
釈迦は、「この教えを守れば必ず繁栄する」と言い、イエスは、「溢れるほどに押し入れられる」と言った。
念仏に関しては、親鸞が『現世利益和讃』で、「これでもか」と言うほど、この世での幸福を保証している。

ところで、お金を得る教えで、私が最も印象深く覚えていることがある。
「岡田式静坐法」で知られた岡田虎二郎に、ある男が、金に窮していることを訴えると、虎二郎は、
「金?腹に力がつけば、金はいくらでも出来ますよ」
と応えた。
虎二郎は、たゆむことなく、腹に力を入れろと言うし、中村天風は、常に肛門を引き締めろと言う。
法然は、少なくとも1日1万回、念仏を口で唱えよと言う。
はっきり言って、どれも無理である。
そうではなく、頭の中で、感情を込めず、「私は腹が強く、どんなことにも動じない」と常につぶやけば良いのである。
短く、「腹が据わり動じない」の方が良いかもしれない。そこらは、自分でアレンジすれば良い。
虎二郎の教えに嘘はない。
この言葉を常に心で淡々とつぶやけば、金はいくらでも出来るだろう。
つぶやきが少ないと、実入りも少ないが、実践するほど、数十万、数百万、そして、一千万以上、さらにもっと増えていくだろう。
あまり持つと、わずらいが増える・・・というのは、お金に対する否定的観念ではなく、「器」の問題かもしれない。
「器」が大きい者ほど、人を喜ばせることが大好きだ。そんな者が富豪になる。
だが、他人に共感出来ないサイコパス的人間は、自分が贅沢出来るだけ持てば、満足すべきかもしれない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

効率よく勝利する鉄則

虫とか魚などの多くが、メスが大量の卵を産み、膨大な数が産卵するが、そのほとんどが幼虫や稚魚の間に捕食されてしまう。
爬虫類や哺乳類にしたって、野生では、大人になるまで生き残る確率は、決して高くは無い。
しかし、人間だって、昔ほど、大人になるまでに死ぬ場合が多かった。
だが、人間の場合、虚弱だから死ぬ場合と共に、「死に急ぐ性質」を持った者がいる。
つまり、命知らずで、進んで危険なことをやって、実際に、そのうちの多くが死ぬ。
また、英雄的行為に走って、自己満足のためという場合も多いが、結果として、大勢の同胞を助けて死ぬような者もいる。
そして、今の時代であれば、ひきこもりになって、社会的に死んでしまう者もいる。

つまり、虫だろうが、動物だろうが、人間だろうが、あくまで、「種の存続」を果たせるようデザインされているのであり、個々に関しては「死ぬべき役割」を負う者だっているのかもしれない。

だが、人間は、自分自身が1つの種になるほどの多様性を持てば、自分の中の何かは切り捨てる必要はあっても、「自分」は生き残る。
2面性を持った人間というものがいるが、誰でも、大なり小なりそうであるが、それが極端な人もいる。
一面では、社会的に立派で尊敬される人が、いかがわしいとされる趣味を持っていたりで、そんな人は、いかがわしい方の趣味がバレたら、まるで、ジキルとハイドのような扱いを受ける。
『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』の主人公、京介の妹、桐乃(きりの)のようなものだ。
桐乃は、成績優秀、スポーツ万能、容姿端麗の完璧な女子中学生だが、世間では「いかがわしい」と言われるアニメやエロゲーの熱烈なファン。
そして、彼女は、その両面が自分であり、どちらも絶対に捨てられないと言う。
しかし、それがいつまで続けられるかは分からない。
誰でも、たとえどれほど大切に思っていても、捨てなければ生きていけないことだってある。

そして、卓越した人ほど、多くのものを持っている。
スポーツのスーパースター、大事業家、大俳優なんてのは、表には出せない大変なものを隠し持っている場合が多いが、捨てるべきものを捨てられずに破滅することも多い。
長く、その世界で活躍している人は、いくつかの、捨てたくないものを捨てた人なのである。
「有名人の意外な趣味」なんてものが注目されることがあるが、そんなふうに表に出せるものなんて、実は大したことのないものなのだ。

もっとも、1つの道以外、全部駄目という訳ではない。
だが、絞れば絞るほど、成果が大きくなることは確かだ。
健康なのに、普通の生活すら送れない者というのは、余計なものを抱え込み過ぎているのである。
結婚しない人は、家族という膨大なエネルギーを注がなければいけないものを持っていないのだから、本来は余裕がある。
だが、そんな者に限って、沢山のものを握ってしまって手放さない。
家族を持った者というのは、自然、他の多くを捨てるので、案外に、家族を持った方が効率が良いとも言える。

捨てられるものなら捨てることだ。
それで人生、楽になるし、本当に大切なことにエネルギーを注げば、自由自在である。
本当に大切なものを得るためのアファーメーションを選べば、極めて効率的に勝利出来るのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

最高のマントラ

成功法則の本としては最も古いものながら、いまだ出版され続けているロングセラーの1つが、クラウド・ブリステルの『信念の魔術』だ。
ところで、この本の著者のブリステルは、お金が大好きらしい。
それで、紙があると、それに無意識に、アメリカドルのマークである「$」を書き続けるほどであるという。
そして、本には書かれていないが、それほどであれば、そんな癖が出来る前に、心の中で、「ドル、ドル、ドル、・・・・」、あるいは、「マネー、マネー、マネー、・・・」、あるいは、「ウェルス(富)、ウェルス、ウェルス、・・・」とつぶやき続けていたはずなのだ。
そして、彼は、刑事からジャーナリスト、そして、啓蒙家へと転身し、富を築き、名誉も得たのだ。

ブリステルのように、好きなものに正直に生きるのが良い方法なのである。
ただし、お金が好きな人は沢山いるのに、それを多く得られる人は少ない理由は、ブリステルのように、熱情的にならずに、「富、富、富、・・・」とつぶやき続ける者が滅多にいないからだ。
お金が欲しくて、積極的に求める人は、荒海や大風のように感情的に「金、金、金、・・・金が欲しい!」と思っているだろうし、お金が好きなのに、それを得ることに消極的な人というのは、「駄目だ、駄目だ、俺は駄目だ・・・」と頭の中でつぶやいているのである。
自分が、どんな言葉をつぶやいているかは、ほとんど分からない。
しかし、脳科学が解明したところによれば、人は、頭の中で、毎分何百もの言葉をつぶやいていて、そのほとんどが否定的な言葉だ。
それなら、まずは意識的に肯定的な言葉をつぶやけば良いのだが、それを続けることは難しい。
けれども、自分の好きなものを現す言葉で、しかも、シンプルであれば、それは可能だ。
他の人達が皆死んでいくような過酷な状況で生き残ったような人達は、皆、頭の中で肯定的な言葉をつぶやいていたことは、科学的調査でも分かっているらしい。
前にも述べたが、サメがうようよいるような海を漂流するということを5回も体験し、常にただ1人生き残った男は、陸に上がって酒を飲むことを考え続けたらしいが、そんな場合でも、言葉で、「酒、酒、酒、・・・」とつぶやかない限り、考え続けられるものではない。そして、そんな苦しい状況のために、熱情が冷えながらも、淡々と、「酒、酒、酒、・・・」とつぶやいたのだと思う。

だが、欲望を太らせてしまうような楽な状況だと、酒、お金、あるいは、美女といったものを欲すると、ついつい、熱情的になる。
しかし、ブリステルは、平時でも、おだやかに、「金、金、金、・・・」とつぶやいたから、稀な成功を収めたのだ。
このように、心静かに、好きなものの名をつぶやくことが、本当の瞑想なのである。
そして、瞑想の効果を上げるには、その時につぶやく言葉は、常に同じでなければならない。
でないと、瞑想の習慣を続けることが出来ない。
人生を価値あるものにして幸福になるためには、瞑想が必要だと言う者は多いし、ケーキの種類ほどの多くの瞑想のやり方があるが、それを、さも難しいことのように言う者も少なくないだろう。
だが、瞑想なんて、本やセミナーで教えないといけないほど難しいものでも、習得するために多額のお金を払わないといけないものでも絶対にない。
ただ、ブリステルのように、「金、金、金、・・・」と、あるいは、不死身の男のように、「酒、酒、酒、・・・」と、「淡々と」つぶやけば良いのである。
それらしい言い方をすれば、好きなものの名こそが、最上のマントラなのである。
そして、そのマントラをうまく使うコツは「感情を込めず、淡々と繰り返す」である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ