ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

ドナルド・トランプの勝ち方

前回のアメリカ大統領選挙で、トランプは、共和党の大統領候補に指名されることすら苦戦し、一時は、選挙スタッフから撤退を提案された。
しかし、トランプは自信満々で、弱気なスタッフ達に、「俺が勝ち方を教えてやる」と言い、最後、地滑り的に共和党大統領候補に指名された。
そして、4年前の2016年の10月後半・・・つまり、今くらいの頃、ヒラリー・クリントンに世論調査で10ポイントのリードを許していたところは、今回と全く同じだったが、選挙の数日前に互角に追いついた。
それでも、マスコミ各社がヒラリーの圧倒的優位を予測する中、全く危な気なく勝ってしまった。

さて、トランプの「勝ち方」とは何だろう?
現在、多くの著名人がトランプを非難している。
トップクラスの科学者、英雄的ポップスター、有名批評家や政治学者、その他のビッグネーム達がトランプを批判・・・というより、ほとんど糾弾している。
だが、これは、トランプの思うつぼなのだ。
なぜ、トランプが、あれほど、非難されて当たり前のことを、堂々とやるのかというと、注目を集めるためだ。
簡単に言うと、「注目されさえすれば勝ち」なのだ。
これは、誰しも、少なくとも、思い当たるところはあると思う。

芸能界でも、嫌いなスターランキングなんてものがあるが、あれでトップなら、間違いなく大人気ということだ。
AKB48総選挙でも、スキャンダルや問題発言のある人の方が上位に行くものである。
そもそも、芸能人にとって、スキャンダルは、あればあるほど良いのである。
ただし、批判されたスター自身が、「自分は駄目」と思ったら、本当に駄目になる。
そうではなく、「騒がれてこそスター」と開き直れば、そこから急上昇するのである。

「憎まれっ子世に憚る(にくまれっこ、よに はばかる)」は、実は基礎的な科学であると思う。
どんな形であれ、多くの人の強い意識を集めることで、高いエネルギーを持てるのである。
なぜなら、人々は、悪玉の破滅ではなく、悪玉が強力になることを想像して恐れるからだ。
思考は現実化する。
大衆の想像通り、悪玉は強くなって勝利するのである。

トランプに関して言えば、まず、熱狂的支持者達の強いエネルギーは、そのままトランプの力になる。
そして、トランプは、自分を嫌う者達には、「単にトランプが嫌い」ではなく、わざと(それも全力で)、「徹底的に嫌い」になってもらうことで、その者達のエネルギーをも集めることになるのだ。
強烈な反トランプの人々は、トランプにとって、熱狂的なトランプ支持者と同等に嬉しいのである。

トランプが恐れることは、無視されること、そして、敵が注目を集めることだ。
4年前、ヒラリー・クリントンが、個人メールアドレスを公務に使ったことを、トランプは「犯罪行為」「ヒラリーを刑務所へ」と、徹底攻撃はしたが、人々に、ヒラリー自体を憎ませなかった。
もし、ヒラリーが、本当に犯罪に問われるギリギリまで行ったら、ヒラリーの注目度が上がってしまう。それはまずいのだ。
そうではなく、ヒラリーを「逮捕されて当然」と罵ることで、ヒラリー支持者を激怒させ、そうでない人達にも「トランプはいくら何でも言い過ぎ」と思わせることで、自分への注目度を高めたのである。
今回も、今後、トランプは、バイデン父子のウクライナ疑惑を徹底攻撃するが、あくまで、バイデンの影を薄くする手法で行い、トランプはむしろ自分は、悪玉の雰囲気の攻撃者であることを印象付けるはずである。

トランプは、昔から派手なパフォーマンスが好きで、それは、ファンからは称賛されると共に、大きな反発も引き起こした。
大統領選にも出馬した大事業家ロス・ペロー(昨年7月逝去)は、トランプを「ニューヨークの目立ちたがり屋」と言ったが、あれは、案外に誉め言葉だったのかもしれない。
その反発のおかげで、トランプは若くしてニューヨークの不動産王と呼ばれるまでになったのである。
だいたい、ロス・ペローも大した目立ちたがり屋だったはずだ。だから、彼も、事業で驚くほど成功し、IBMすら出し抜いたのである。
大統領選では、ペローは無党派から出馬し、一時は支持率のトップになったが、無党派で指名されるはずがなく、本気だったのかどうかも怪しい。
しかし、彼は大いに目立ったのである。

今後、大きな戦いを予定している方は、上に述べたことが参考になると思う。
そうでない人は、大衆の憎悪に乗っかってはいけないということを覚えておいていただけたらと思う。
反戦集会は、戦争を起こそうとする者達への憎悪で、かえって戦争を起こしてしまう。
反ドラッグ運動も同じで、それが強力になるほど、ドラッグは蔓延るのである。

今回のことを、一言で言ったのが、スイスの偉大な心理学者・精神科医であるカール・グスタフ・ユングだ。
『ザ・シークレット』では、ユングの、
「反抗するものは蔓延る」
という言葉が紹介されているが、まさにその通りなのである。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

好きな仕事に就くには

昨日、就職・転職する方法について書いたので、好きな職業に就く方法について要点を述べる。

ところで、同じ職業をしていても。状況は千差万別だ。
例えば、歌手と言っても、夜8時、9時の、視聴率の高い時間帯にテレビに登場して歌ったり、ライブを開けば数百人(あるいはそれ以上)の会場を一杯にする歌手もいれば、YouTube等で配信したり、路上ライブをやるだけの歌手もいる。
収入も、サラリーマンと比較にならないほど稼ぐ歌手もいれば、ほとんど収入ゼロに近い人も少なくない。
そして、うまくいかない歌手は、やはり、自分の歌手としての明確な目標がないのである。
曲も作るミュージシャンなら、将来は米津玄師になるとしても(笑)、当面の目標も必要だ。
バンドをやるなら、演奏する場所を決め、観客の姿や熱狂してくれる様子をしっかり考えないと、お客さんが全然来てくれず、辛い思いをすることになる。
あるいは、米津玄師さんのスタートの頃のように、動画投稿サイトに曲をアップするとしても、再生回数がぐんぐん伸びる様子や、好意的なコメントが付く様子を考え、先に良い気分にならないといけない。

ところで、私は、最初はセールスマンをやったが、読んだ本が悪かった(笑)。
毎日、百件の訪問をして、訪問先で冷たく追い返されるのに耐え続ける、努力と忍耐のセールスマンの本を読んでしまったので、実際、その通りになってしまった。
それでも確かに、それらの本のように売れる部分もあって、新人ながらセールスコンテストで優勝したこともあったが、仕事は面白くなかった。
その中で、夏目志郎さんというセールスマンの本を見ると、「私は玄関でセールスしない。応接室に通されてからセールスする」と書かれてあり、「それええな」と思いはしたが、そのためには、その様子をしっかり考えないといけなかったのに、それをしなかったから、うまくいかなかった。

プログラマーになるとしても、プログラマーの仕事に関する知識がないと、せいぜいが、会社の中でパソコンに向かってキーボードを叩いている様子しか想像出来ず、それは単調なので飽きてしまうだろう。
テレビドラマや映画に登場するプログラマー(あるいはシステムエンジニア)は、ほとんどが、プログラマーの実態を知らない人が脚本を書いたり演出したデタラメであるから(笑)、あまり参考にならないが、その気になれば、Webや書籍で、プログラマーが仕事をしている様子を知ることが出来る。
しかし、その場合も、悪い仕事環境の様子を見てしまい、それを受け入れるようなことをしてはいけない。
私はやってしまったが(笑)。
プログラマーは3K(きつい、きたない、危険)だとか、ブラックな職場だとかいう関係者も多いが、それを信じ、そんな職場をイメージすると、確かに、彼らのお仲間になるだろう(笑)。
その中で、私は、良いものを見た。
雑誌で見たのだが、マイクロソフトでは、プログラマーは1つの部屋があてがわれ、部屋の装飾などは自由で、監視も管理もされない。管理担当者が来るとしても、それは監視するためではなく、プログラマーが、快適な環境が提供されているか、不都合はないかを確認に来るだけであると・・・
「これええなあ」と思い(笑)、今度は、その様子を考えた。
それで、私は、広い場所や、広い部屋を1人(あるいは、美人新卒社員と2人)という、なかなかの環境を獲得した。
もちろん、出勤時間も自由だった。

まあ、始めから、自分の思い通りにはならないかもしれない。
それは、最初からは出来ないというのではなく、これまでの人生で身に付いてしまった考え方の問題で、自分は奴隷のように命令される人間だとか、世の中、ままならぬという固定観念があれば、まず、それを打破していかないと、なかなか思うようにはならない。
しかし、何よりもまず、自分がどうなりたいかを考えないといけない。
『THE SECRET』のDVDで、飛行機の墜落事故を起こして重傷を負い、医者に「君は一生、植物人間だ」と言われたが、健康を取り戻した男は、こうアドバイスしていた。
「人間は、自分が思っている通りになれる」

だが、人間は、余計なことを考えたがるという面もある。
あなたが考えるべきは結果だけで、「どのようにして」は、宇宙の力にまかせておけば良い(ここが学校や世間で絶対教えられないことだ)。
結果の明確なビジョンがなくては、どうにもならないのだ。
イエスが言った通り、「願いは叶ったと思う」ことだ。すると、良い気分になるはずだ。
ちゃんと良い気分になれば、思い通りになるが、嫌な気分であるなら、そこだけは何とかして、良い気分にならないといけない。
だが、良い気分になることは自分の責任である。
猫を撫でたり、美しい夕陽の街を歩いたり、BUMP OF CHICKENの『ray』のように、夢の中で好きな人に会ったら(これは象徴であり、楽しいことをしたらという意味と思う)、また行くのである。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

なぜ良い転職が出来ないのか

今の職場に不満があるなら転職すれば良いが、うまく再就職出来なかったり、転職出来ても、前の職場と比べて良くなったと思えなかったり、それどころか、さらに悪くなったように思っている人もいると思う。
私はというと、5回ほど転職しているが、悪くなったことは一度もない。
ではなぜ、転職に失敗するのかというと、新しい職場の明確なイメージを持っていないからだ。
皆、呆然と「良い職場に就職したい」とか「転職して給料が上がるといいな」と思ったり、あるいは単に、「今の仕事が嫌だから転職したい」としか思っていない場合が多いのではないかと思う。
だが、自分の職場なんだから、もっと明確にしっかり考えないといけない。
そんなことも考えていないのに、「思ってたのと違う」と文句を言っても、神様は、「あなたは何も思ってなかったではないか?」と言われるかもしれない。

あなたが転職したいところは、どんな業種の会社で、自分の仕事は何なのか?
「大手の会社」とかいった曖昧なものではなく、業種、規模、従業員数、所在地、入る部署の種別、入る部署の人員構成、その部屋の様子、自分が座るデスクや隣のデスクの様子。そして、職番の雰囲気や、自分が仕事をしている様子。
そういったことを、可能な範囲でしっかり考え、不明瞭な部分は明瞭になるよう、調べたり、考えたりしなければならない。
これは、転職せずとも、現在勤めている会社でこうなって欲しいと考える場合も有効だし、それをしないから、追い出し部屋に放り込まれたりするハメになるのではあるまいか?
例えば私は、ある会社の社員だった時、こんな理想を考えた。
広い部屋に1人で仕事をし、部屋の中には、サーバーコンピューター2台と、パソコン5台、打ち合わせの広いデスクと、大きな書棚があり、空調も良く・・・と、全然偉くないのに、とんでもないことを考えていたが、ぴったり、その通りになった。
私が別の場所に移動した後、その部屋に総務部署がまるごと1つ入ったのである。
他にも、こんなこともあった。
私がいたのは8人の部署だったが、1フロアを、ほぼ同じ広さの2つに分け、私と美人の新卒の女子社員が一方、残りの6人がもう一方に分かれ、快適無敵であった(笑)。ちなみに私は、役職者でも何でもなかった(主任みたいな名ばかりのものはあったように思うが)。
そこは、一部上場の大手だったが、他部署の人が来る度に不審そうにしていたものだった。
だが、そんな私でも、何も考えなくなったら、普通の職場になってしまったが、それはつまり、もうその会社にいる必要がなくなったということで、そうなれば、もう辞めるしかない。
とはいえ、その職場が悪くないと思っている間は、いつも環境を自由に支配出来た。
まだ引き寄せがへたくそだった時の話だから、誰でも出来るはずなのだ。
上記を参考に、ちゃんとした引き寄せの本で勉強し、倫理・道徳に反しない範囲で状況を支配していただきたいと思う。
* * * * * * *
ところで、このブログを始めた10年前からTwitterをやっているのだが、最近、それを知らなかったという指摘をいただき、考えてみれば、公開したことがないことに気付いた(阿呆だw)。
私のTwitterのプロフィールページは、Kay【2020年5月 AI書籍出版】である。
割とツイートしている。
尚、フォローバックを希望される方は、申し訳ないが、DM(Twitterの「メッセージ」)を送っていただきたい。
「ブログ見た。フォローして」程度の文面で。
ただ、フォローバックの条件は、週に最低、3つか4つはツイートしていることだ。ただし、それは、他人のツイートをリツイートする数ではなく、自分の言葉をツイートした数だ。
せっかくフォローさせていただいても、その方の言葉が見れないのは残念だからね。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

引き寄せの難題「目標を忘れるべきか」

引き寄せの法則を、「宇宙通販サイト」と表現するのは良いことと思う。
この大宇宙の中に、どんな注文にも応じる通販サイトがある。
そこに、お金、地位、恋人、その他何でも、欲しいものを注文すれば、確実に届けてくれる(実現してくれる)。
(お代はおそらく、注文者の良い気分だ)
この宇宙通販サイトの利用方法を理解すれば良いだけだが、それは難しくはなく、Amazonと同じと思って良い。
具体的に言えば、注文内容を明確にすること。
Amazonに「恐い本」と注文する人はいない。
ところが、宇宙通販の存在を知り、それを使おうとする人には、そのような注文をする者があまりに多い。
そして、注文したら、Anazonの場合同様、全て宇宙通販にまかせてしまうことだ。
Amazonに注文した後、Amazonがどうやって商品を取り寄せるか、商品をどう梱包し、どうやって配送するかを気にする人はいない。
だが、宇宙通販に対する注文だと、どのようにして実現するか、自分は何をすべきかを考える人が多い。
それは宇宙通販にまかせておけば良いし、まかせないといけない。

だが、意見が分かれることがある。
それは、宇宙通販に注文した後、注文したことをしっかり覚えておくべきか、忘れるべきかということだ。
「忘れてしまえ」と断言したり、「私は忘れる」と明言する引き寄せの達人もいる。
一方、ある世界的作家は、年収10万ドルを目標とし、10万ドル札を自作して寝室の天井に貼り、毎朝必ず見るようにしたと言う。
また、「ビジョンボード」という、目標を、絵や写真にして、ボードに貼り、それを毎日見るようにしている大事業家もいる。
それはもう、本当に2派に分かれている。

だが、重要なことは、やはり、「目標が明確である」ことと「宇宙に完全におまかせする」ことである。
忘れる派のベルベル・モーアは、最初に宇宙通販を利用した時は彼氏を注文した。
条件は「菜食主義」「酒もたばこもやらない」「太極拳ができる」等々、合計9つ。
期限は、3か月後の第1週。
そうしたら、宇宙はちゃんとその通りの彼氏を届けてくれた。
作詞家の阿久悠さんも、自分の曲がヒットする様子をイメージしたら忘れたそうだ。
これらの人達は、目標が明確だから、忘れて良いのである。
しかし、上に述べた、天井に10万ドルの小切手を貼り付けた作家の場合、そうした理由は「目標を忘れない」ためだった。
そうしないと、ある時は「年に5万ドルは欲しいな」と思い、ある時は「次の本の印税が3万ドルにならないかな」と、いろんなことを考えてしまうのかもしれない。
普通の人は、あきらかにその傾向がある。
ただ、ややこしいことに、ベルベル・モーアは、しまいに「私にぴったりの彼氏」と注文した。
だが、それは上級者のやり方と思った方が良い。
それに、ベルベル・モーアの場合だって、注文品が彼氏であることは明確である。

ところが、さらに、こんなややこしい話をする人もいる。
川島和正さんの本だったような気もするが、目標を紙に書いたら叶うが、書いた紙は見ないようにしろというものだ。
すると、彼の場合、自分では忘れているのに、ずっと後で見たら、全部叶っていたと言う。
しかしこれも、彼の場合は、目標を明確化する特別な能力があるから、それで良いのだと思う。

上のベルベル・モーアは、一見、漫然とした注文、「私にぴったりの彼氏お願いします」「お城ちょうだい」などをし、叶ったと言うが、一方で、「注文する前によく考えろ」と言う。
また、彼女はグラフィックデザイナーで、普通の人よりイメージ力が強いのだ。
だから、普通の人は、意識して「目標を明確化」し、それを紙に書き(別にスマホのメモ帳ソフト等でも良い)、毎日見た方が良い。
そんな普通の人向けの方法を完璧に30ページにまとめた本が、最上の引き寄せ書『イット・ワークス』だ。
翻訳のKindle版がわずか180円で読めるので、これを宇宙通販の手順書として使えば良いと思う。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

まるで駄目なやつが逆転する奇跡

駄目なやつはどこにでもいる。
あなたの回りにも何人かいると思う。
「君はちっとも駄目じゃない」
などときれいごとを言っても、駄目なやつはやっぱり駄目だ。
そして、駄目なやつが浮上する(要は駄目でなくなる)ことは、まずない。

確かに、こんな話がある。
コリン・ウィルソンの『超越意識の探求』という本のあとがきにあった話だ(と思う)。
本当に駄目な青年がいた。
ある時、その青年が「僕って本当に駄目だ」と口にしたところ、そばにいた男が、
「君はちっとも駄目じゃない。自分でそう思っているだけだ」
と言った。
それを聞いた青年は、何か感じ、「自分でそう思っているだけ」という言葉をずっと考え続けた。
それで彼は駄目でなくなり、誰にも尊敬されるようになった。

この話は曖昧過ぎる。
抽象的過ぎて使えない。
そこで、分かるように、使えるように言い直す。
まず、概要を言えば、その青年は、自信を持った。それだけである。
自信とは、文字通り、自分を信じることであり、それは、自分の能力や自分の人間性を信じることである。
そんな自信を「自己信頼」と言い、エマーソンの有名な本のタイトルでもある。
しかし、エマーソンは、ただ、「自分を信じろ」と言うだけで、「どうすれば」は言わなかった。
18歳でハーバード大学を卒業出来るような優秀な彼には、「どうすれば」が必要だという発想が無かったのかもしれない。

ところで、そもそもだが、駄目なやつでも、自分が駄目だということが分かる殊勝(けなげで感心)な者は少ない。
だから、駄目なやつは、徹底的に叩き落されないと駄目なままなのだ。
今は、学校でも会社でも、駄目なやつを、甘やかすかいじめるかの両極端しかない。
まあ、甘やかすことは1つの無難な手ではあるのだが、それでは、駄目なやつは一生駄目なままで、幸せになれない。

問題は、さっきの青年は、どうやって、自分が駄目でないと思うことが出来た・・・つまり、自信を持てたかだ。
私は、そんな例を2人、知っている。ただし、10代だ。
2人とも、少なくとも1年の修行の末、1つのことで実力を持つことが出来た。
とはいえ、それは、野球で言えば、高校野球のそこそこの選手でも、草野球では抜群に上手いようなものだ。
けれども、その程度で自信は持て、2人とも、実に威風堂々としていた。
この2人は稀に見る幸運だったと言えるが、これでは、うまくいっても、小市民として平凡に生きていけるだけだ。

一方、あの青年は、社会の実力者からも一目置かれているようなので、レベルが違う。
これと似た青年の話が、藤本憲幸さんの『秘法ヨガ入門』の最後にあるが、内容は略す(以前、書いたことはある)。

自信がない者に対し、「出来ると思っても、出来ないと思ってもどちらも正しい」という、ヘンリー・フォードの名言でお茶を濁したがる者も多いが、それでは、全く有効性はない。
そんな言葉を聞いて、自分でなんとかするような者は、最初から駄目じゃない。
つまるところ、答はこうなのだ。
「諦めろ」
それは、プロレスラーとリングの上で勝負し、マットのホコリを嫌というほど舐めさせられて、自分は全く敵わないと認めるようなものだ。
そして、それが出来れば、ピストルで1発で勝てる。
だが、弾丸の火薬を発火させて爆発力を生み出すのは、あなたの仕事ではない。
ただ、あなたは、ピストルが素晴らしいことに感謝するだけだ。
同じように、自分の内にある巨大な力崇め、代わりに戦ってくれることに感謝するのだ。
その内なる力は、既に多くの恩恵を与えてくれている。
住む家があったり、着る服があったり、ネットを見ることが出来る目があったりだ。
それらに感謝すれば、すぐに、もっと良いものをくれるだろう。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード