ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
Twitterは、ちゃんとプロフィールが書かれ、1週間以内に1回でもツイートされている人なら、フォローしていただければ、大抵フォロー返します。

[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

成功とは一体何か

成功といったら、高収益の会社の社長になるとか、プロスポーツのスター選手になるとか、人気作家になるとかいった、世間の人々に賞賛され、並外れた贅沢が出来ることだと思っている人が多いだろう。
しかし、誰かが、こんなことを言っていたのを覚えている。
「みんな社長さんだったら困るでしょ?掃除のおばちゃんだって必要でしょ?」

掃除のおばちゃんは成功者と言えないのだろうか?
そんなはずがない。
豪邸に住み、運転手が運転するロールスロイスに乗った失敗者もいれば、成功した掃除のおばちゃんだっているはずだ。

成功、失敗を別けるのは何だろう?
普通、考えられるのは、満足度、幸福度だ。

だが、成功とは、運命を友にしたかどうかの問題なのである。
良き友に対しては、どんな時も受け入れ、敬い、礼を尽くして笑顔で付き合うものだ。

アインシュタインは、平凡な人間でしかない自分が、「珍獣のように有名になってしまった」ことが可笑しかった。
だが、彼は、ナチスが自分の首に賞金をかけたことも運命として受け入れた。
いろいろあったが、彼は、「神は老獪(※)だ。だが悪意はない」と見抜いたのだ。
※老獪(ろうかい):いろいろ経験を積んでいて、悪賢いこと

大女優になりたかったが、掃除のおばちゃんになるのが運命だったとしても、アインシュタインのように考えることが出来れば幸福だ。
しかし、運命は頼もしい友でもある。
受け入れ、信用すれば、おみやげをくれることもあるだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

「願いが叶わない方が身のため」という人にならない

人を謙虚にするのは難しい。
まず、自分が謙虚になるのが、途方もなく難しい。
ユダヤ教では、キッパーという、小さな変な帽子をかぶることで、自分の上に神がいる(自分は神より劣る存在である)ことを意識するらしいが、良い習慣である。
日本では、手首に数珠を巻いている人がいるが、それはどうも、そうしていると運が良くなるといった利己的な目的でやっている人が多いようで、必ずしも仏様を敬っている訳ではなさそうだ。

願いは、過去完了形で祈ると叶う。
受験に合格したければ、「○○大学に合格しました。ありがとうございます」と称えれば叶う。
しかし、今の日本では、願いは叶わない方が本人のためかもしれない。
昔、オリンピックの柔道で金メダルを取った日本人選手が、決勝で勝った時、相手選手に見せ付けるように、派手なガッツポーズを繰り返した。
それを日本のアナウナサーも解説者も批判しない。
日本の柔道と言うより、日本の心の死を、世界に知らしめた出来事だった。
これは、我々とも無関係ではない。彼に、あんな恥知らずなことをさせたのは我々だ。

あの柔道選手の行為は、言ってみれば、捕虜を処刑する時に、罵声を浴びせ、嘲笑して辱めるようなものである。
どんな場合でも、死刑は荘厳に行うものである。
勝っても、それは、たまたまだと思うべきである。
そうでなければ、やがて、自分や自分の同胞、家族が辱められ、一切の勝利から遠ざけられる。

勝って謙虚でいることは難しい。
有名な大学に合格すると、「俺ってスゲェ」と思ってしまう。
そんな者の、その後の人生は惨めなものか、少なくとも、大したものにはならない。
部長、役員、副社長と出世すると、傲慢になり、運転手を物扱いする者も、やはりいる。
そんな者達は、やはり、社長にアゴで使われるだけの、名ばかりのエグゼクティブになる。

どんな高い望みも、本来は、過去完了形で祈れば叶う。
しかし、願いが叶っても謙虚でいることが出来るのでなければ、叶わない方がずっと良いので、実際は、情け深い神の配慮により、願いは叶わない。
願いが叶っても、せめて「たまたま」、正しくは、至高の存在がパートナーであるおかげで叶ったと理解することだ。
ある僧侶が、亡くなる前に遺言のように言ったらしいが、「我が力やない」のである。
だが、謙虚であるためには、苦しい経験によって鍛えられる必要がある。
常に頭を叩かれている人間だけが、どこに出しても恥ずかしくない人間性を備えるのである。

初音ミクさんがコンサートで、「今日は来てくれてありがとう」と言うのが好きだ。
こっちは頼まれなくたって行くのだが、ミクさんは、謙虚に感謝するのである。
いかなる聖典をも超えて、ミクさんは大切なことを教えてくれるのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

世界平和の基本

人が克服しなければならないことは、狭い価値観に縛られず、広い視野を持つことだ。
それを昔、竹村健一さんが、「日本の常識は世界の非常識」と、うまい言い方をした。
しかし、いまだ、1つの家庭の常識、1つの学校の常識、1つの会社の常識、1つの国の常識、1つの宗教の常識に囚われた者が多過ぎる。

学校の部活というものは、1つの家庭の常識にどっぷり浸かってしまっている甘ったれたガキには非常に良いものだ。
自己中心主義なんて言うが、それは、親の価値観に縛られた精神的幼児であり、そこから生涯、抜け出せない者も少なくない。
私は、部活は全く務まらず、長い間、部活というものを馬鹿にしていたが、何のことはない。単に、自分勝手な理屈、言い分が通用しない世界でやっていけなかっただけである。

ただ、部活にも弊害がある。
部活の中の価値観を絶対視する場合が多いことだ。
電車の中で、どこかの高校の、何かのスポーツ部の連中が、我が物顔で座席を選挙し、大声で話しながら飲み食いしているのをよく見る。
ところが、彼らとて、先輩には敬語を使って、変なところで規律正しい。
つまり、部活の中の価値観だけでやっているのであり、いわばそれは、カルト宗教と変わらない。
学校の指導力の貧弱さを嘆くしかない。
しかし、彼らは家庭の価値観しか持たない者よりは、若干マシなのである。
そして、彼らは、次には、それより少しマシな、所属する社会的団体の価値観を崇め奉って一生を終わることが多いのだろう。

どんな価値観を持とうが、それ自体は勝手である。
私にとっては、初音ミクさんが至高の存在という価値観を持っている。
ただ、私は、誰にも、そんな価値観を押し付けない。
初音ミクさんが嫌いと言う人がいれば、残念ではあっても、それをどうこうしようという気はない。
ただ、「知らないから嫌いに感じるだけじゃないですか?好きでなくていいけど、嫌う必要はないと私は思う」と言うことはあるかもしれないが。

誰もが、自分の価値観を他に強要せず、他者の価値観も重んじれば良い。
平和な世界をイメージしたって、何にも良くならない。
それは多分、自分の価値観だけが貴ばれる妄想でしかない。
それよりも、自分の価値観が他者の価値観より優ると思わないことだ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

我々はたまたま成功する

ジョージ・ワシントンは子供の時、ちょっとした事故に遭った際に、大人に「大丈夫か?」と聞かれると、「将来、アメリカを救う英雄になる僕が、このくらいのことで怪我なんかしない」と応えたという話がある。
もちろん、この手の話は風説(うわさ)の可能性があるが、私は、絶対に作り話だと思う。
もし、これが本当の話だとすれば、それは、ワシントンの愚かで悔恨に満ちた前半生を暗示するものだろう。
英雄であれば、そんな時、「ああ、良かった」と思うものである。

外国の話だが、ある人が電車に乗っている時、トイレに行ったが、使用中だったので、別の車両のトイレに行った。
ところが、その時、電車は空爆を受け、彼が元いた車両が爆撃された。
彼がいた車両のトイレが使用中でなかったら、彼は用を足しながら死んでいたことだろう。
彼は、自分が助かったのはただの偶然と思った。
だが、彼は、ビル・ゲイツのような大富豪、ネイマールのようなサッカーのスーパースターに優る成功者である。
死すべき状況を切り抜け生きているのだから。
ところが彼は、自分が生き残れたのは「たまたま」だと言う。
彼こそ英雄である。
明石家さんまさんが「生きてるだけで丸儲け」と思っているらしいが、もしそうであるなら、彼も英雄だ。

本当はどう思っているのかは知らないが、ドワンゴの川上量生会長は、著書とかインタビューで、自分が成功したのはたまたまで、本来、自分は最も成功しないタイプの人間だと述べているが、全面的かどうかはともかく、多分、彼は本当にそう思っているのだろう。
私の身近な成功者も、一度、雑談の際に、「俺がうまくいったのは、たまたまタイミングが良かっただけだ」と言っていたのを、よく覚えている。

本当は誰だって、恐るべき成功者である。
川上量生さんは以前ブログで、ひきこもりが社会の最下層にでも入れてもらえたら自分以上の快挙と書かれていたが、それなら、私も成功者だ。
だが、「たまたま」と考えるのはちょっと恐ろしい。
それほど「たまたま」だったからだ。
しかし、これからは認めよう。
人間、生きている限り失敗はしていない。

『灼眼のシャナ』で、フレイムヘイズという超人になったばかりのシャナ(当時は名無しの少女)が初めて戦ったのは、敵からも味方からも恐れられる、最強最悪の怪物、天目一個だった。
勝ったシャナに、師でもあるアラストールは、そのあまりに危険な戦い方に、「無茶をするやつだ」と嗜(たしな)める。
するとシャナは、勝ち誇るでもなく、「たまたまうまくいったのは分かっている」と静かに応える。
そうでもなければ勝てない相手だった。
だが、敗れた天目一個は、この世のものでない存在となってからも、シャナを敬っていたのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

お金は使うべきところでだけ使う

金持ちになるには、沢山稼いで、出費を抑える以外にない。
だが、なかなか収入は増やせないので、まずは使うお金を少なくするしかない。
ネットでちょっと見たが、ネット掲示板2ちゃんねるの創設者として名高い西村博之さんは、高収入なのに、服もほとんど買わず、百円の缶ジュースも勿体なくて買わないという。
メンタルトレーニングの指導者で、沢山の本を書いておられる西田文郎さんも、著書の中で、お金を貯めるには、ケチに徹することを強く勧めておられた。
この点は私も賛成である。
私は、7年ほど前に、食を慎むようになってから、食費を抑えるようになると、その他の出費も減り、やはり、貯金はかなり多くなった。

私は、今は、よほど必要がない限り、服も買わない。
しかし、最近は、買いまくっている。
初音ミクさんのコンサート「マジカルミライ2017」に行くためのものだ。
ミクさんに会いに行くのに、おかしな格好は出来ないというのもあるが、感性が敏感な若い人達に不快さを与える格好はしてはならないと思うのだ。
昨年も、観劇した2回の公演では、隣がいずれも若くて可愛い女の子だったので、尚更そう思う。

そこで、私なりの、ミクさんのコンサートに行くファッション考を。
正直、可愛い女の子や、若いイケメンなら、普通の格好でも十分だ。
私は昨年は、格好良いと思い、ダークグレーのTシャツやポロシャツだったが、今年は、明るい爽やかな色のシャツにしようと思う。
私は、身長177cmで、普段はシャツのサイズはLだが、幸いスリムなので、やや大きめの作りのメーカー(通販のランズエンドだが)のMサイズを選んだら、ピッタリだった。
私は、ユニクロのジーンズが結構好きである。
今日も、ユニクロの黒のジーンズが2本届いたが、スリムタイプと、もっと細いスキニータイプ、どちらも決まるので、迷ってしまった。
ちなみに、ジーンズは、特に細身のタイプは、足首のところでダブらせてはいけない。
私も、短めにカットして、スッキリ見えるようにした。
もし、長ければ、折った方が絶対に良いと思う。
また、私は、毎日200回のスクワットを欠かさないせいか、太腿が太いので、スキニージーンズの場合は、1サイズ大きいものにする。
それでも、普通の人より太い訳ではないし、そこそこ脚が長いので、スキニーは割と似合うと思う。
靴は、昨年は普通のカジュアルシューズだったが、今年はスニーカーを2足買った。面白いことに、1万円以上のものも良かったのだが、それより、4千円くらいのものの方が気に入ってしまった。

ちなみに、私は、服を買うのは、ほとんど通販だ。
百貨店だって行かない訳ではないが、百貨店は、品数が少なく、しかも、やたら値段が高いものしか置いていない印象がある。
ユニクロやランズエンドなら、同じサイズのポロシャツでも、沢山の色の中から選べる。
最近はそうでもないかもしれないが、やはりユニクロは安い(ランズエンドはやや高い)。
百貨店が通販に勝つには、接客力の向上しかないはずなのに、百貨店では、愛想がないというか、暗い雰囲気の店員が多いように感じるのである。
まあ、昨今、いろいろ大変なのだろうが。
私が勤める会社でも、電話に出る社員の声が、ひどく暗い。
私は、意識してはいないが、営業経験があるせいか、電話では明るく元気である。そんな声を出し、そして、笑顔でいれば、自ずと運も良くなるのである。

さて、今日も、「マジカルミライ2017」のチケットの抽選に申込んだ。
幸い、日曜のSS席は取れているが、土曜のチケットが、抽選6連敗中である。
一応、2回出られるよう、シャツは2枚用意したし、新幹線も、午後2時には海浜幕張駅に到着出来るような計画で予約しよう。
土曜の夜は、幕張メッセの近くのホテルに宿泊する。
夜のコンサートの開始が、昨年より1時間早い午後5時なので、終了後にレストランで食事が出来るが、昨年は、体調が悪かったこともあるが、コンサートの後の夜は、ほとんど食べられなかった。
コンサート前にはケーキを食べ、コンサート後にもケーキを食べよう。フィーバーするには炭水化物が必要だからね。
オペラ歌手の秋川雅史さんは、公演前にはシュークリームを食べ、浅田真央さんは、競技前におにぎりを2個食べるらしい。
私の場合は、秋川さん式でいこうと思う。
しかし、公演後には、コンビニのサンドイッチかおにぎりで食事しようか・・・安上がりである(笑)。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ