ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

本気で神頼みする

引き寄せの法則(潜在意識による成功法則とも言う)を使えば、何もしなくても願望を実現することが出来る。
行動する必要はないし、努力する必要もない。
それは確かだ。
しかし、そう言われたら、本当に何もしない者がいることには、ちょっと驚く。

昔、マイク・ハーナッキーというアメリカの作家が、自分が作家になれたことを題材にして、引き寄せの本を書いたが、その本が斬新で分かり易かったのでベストセラーになり、多くの人がその本を絶賛した。
ところが、その本を読んでも欲しいものが得られないとか、書いてある通りにやってみたが何も起こらないという読者からの手紙も沢山来た(インターネットがなかった時代)。
どれほど評判の良い引き寄せの本でも、こういったクレームは必ずあるはずだ。今なら、Amazonのレビューで見ることが出来る。
そこで、「なぜあなたの引き寄せはうまくいかないのか?」といった本が売れる(笑)。
さっき述べた、引き寄せのベストセラーを書いたマイク・ハーナッキーは、うまくいかないという読者と対話(電話か手紙かは不明)してみた。
すると、ハーナッキーは、その読者が、本当にごく簡単なこと(電話1本かける等)もやっていないことに呆れた。

私も以前から、世の中には、所詮、何をやっても駄目なやつがいることには気づいていたし、実際に会ってもいた。
別に頭が悪い訳でもなく(悪くても良いはずだ)、不利な条件がある訳でもない(あってもうまくいく者も多い)。
そして、そんな人間に関われば関わるほど不気味になってくる。
なぜそこまで心がねじ曲がっているのか、甘ったれているのか、道理が分からないのか・・・謎だ。

まあ、確かに、そんな駄目な人間になった原因は、根本的には、その者の親による過干渉や、その逆の放任(必要な躾をしなかった)だろう。
しかし、そんな駄目な者だって、銃弾飛び交う戦場に投げ込まれたら、すぐに立派になる。
一頃、脚光を浴びた戸塚ヨットスクールというのは、そんな駄目な者達に戦場のようなものを与える場所だった。
つまり、いくら何もせず、言い訳ばかりしている者でも、沖で海に投げ込まれたら必死で泳ぐ。
まあ、それが過激だというなら、例えば、浮き輪を持たせて沖に放置すれば、やがて恐くなり、自分で何とかしようと思うようになる。
ただし、危険に見えても、生徒の安全には万全を期さないといけないし、今の時代、生徒を精神的に追い詰めてもいけない。
しかし、そんな配慮が見えたら生徒にナメられてしまって成果が出ないというジレンマがあり、こういった教育は難しい。
難しいから、自然、高額になってしまい、親の負担は大きい。よくは知らないが、私立大学の学費程度では済まないのは当然と思う。

だが、実際のところ必要なことは、いろんな種類(人種、年齢、性質等)の人間がいるコミュニティーに参加させ放っておくことだ。
しかし、日本を始め、教育界というのは、そんな良いやり方を決して認めない。
だって、教育の目的は、国家の奴隷を作ることなのだからだ。
そんなやり方では、奴隷にならない。
だから、やらないといけない。

私もニートやってのだから、戸塚ヨットスクールが必要だったのかもしれないが、おそらく、入っても駄目だったと思う。
プライドだけは高かったからね・・・つまり、一番駄目なタイプである(笑)。

全ての親に言っておきたい重要なことは、子供が小さい時から、高校を出たら家を出るのだと、毎日でもいいから言うことだ。
そして、その後、犯罪を犯そうが、犯罪の被害者になろうが、親は一切関知しないことを、これも、子供が幼い時から、毎日でもいいから言うことだ。
UFO研究家の矢追純一さんは、治安の悪い中国にいた時、10歳くらいだった自分はもちろん、4歳の妹にも、母親は、「今後はお前達の面倒は見ない。自分で稼いでこないと家に入れない」と宣言したそうだ。
(だが、それで小さい妹が誘拐された時、母親は単独で奪還したらしい。母親は裕福に育ったお嬢さんで、豊かな旦那に嫁いだ人だった)
私は、もっと早く矢追さんの本を読んでいたら良かったと思う。
つまり、こういうことだ。
自分の無力さを思い知ると同時に、自分の中に無限の力があることを理解するという、一見矛盾したことが出来れば良い。
駄目なやつは、丁度、この反対にある。
つまり、己惚れは強いのに、自分には何も出来ないと知っているのだ。
だが、本気で神頼みした時に何かが変わるのである。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

悪魔にズタズタにされないために

我々は、自分が理不尽な目に遭うことを恐れている。
簡単な例で言えば、有力者に殴られたので警察に訴えたが、相手は有力者で警察の上部とつながっているので、警察に相手にされないばかりか、長い間粘り強く訴えたら、逆に自分が名誉棄損で訴えられ、こっちは即座に刑務所に送られた・・・みたいな話だ。

我々は、この世に正義があることを信じたいのである。
赤穂浪士の討ち入りの話が人気があるのも、そのためである。
理不尽に切腹させられた浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)の仇を、臣下の大石内蔵助(おおいしくらのすけ)が取って、主君の無念を晴らすという話を信じたいのだ。
今回のアメリカ大統領選挙で、一般民衆の多くがトランプ大統領に味方するのは、もちろん、正義のためというのもあるが、トランプ大統領側の言い分が全く認められない理不尽に対する恐怖心があるのだと思う。

あまり壮大なお話ではなく、身近に感じられるお話の例として、こんな時代劇の話がある。
ある30代の武士は、主君に嫌われていて、毎日いじめられて辛い目に遭っていたが、家族のためにも耐えていた。
しかし、主君は、その武士の妻が気に入り、ついに連れ去ってしまう。
これまでの恨みも重なり、遂に武士もキレるが、田舎でもあり、訴えるところもないので、主君に直接、抗議文を送ったが、主君は、「それは謀反だ」として、「〇〇月〇〇日に取り押さえに行く」と通達した。
その武士には家来はいないので、自分と、年老いた父の二人が鎧を着て、主君の家来の数十名の精鋭を迎え撃つが、当然、一瞬で叩きのめされ連行され、拷問的な刑罰の末、処刑される。
いやあ、そんな目には遭いたくないものだ(笑)。

日本を代表する思想家であった吉本隆明氏は、学校の中にもある、正義が通用しない理不尽・・・例えば、教師によって理不尽な目に遭わされることについて、
「社会の理不尽は、学校や教師によるものとは比較にならない。だから、学校で鍛えておかないと社会でやっていけない」
として、教師を反面教師と捉えることを勧めていた。
まあ、それも一理あるが、私の個人的な考えでは、社会はまだ正義が通用するところがあるが、学校こそ、全く不法な悪の巣窟であると思う。

だが、いずれにせよ、邪悪な悪魔のなすがままにされてはならない。
そのためには力が必要だ。
敵はいつ攻撃をしかけてくるか分からない。
しかし、力があれば、「この程度はどうということはない」と涼しい顔をしつつ、致命傷を避けることが出来る。
では、どうすれば力が得られるかというと、そんなものはなくても、神様に守ってもらえば良い。
敵と同じ種類の力を持ち、その力で対抗したところで、必ずしも勝つとは限らないし、勝っても被害を受けるものだ。
だが、聖書には書かれている。
「神があなたの代わりに戦ってくれる」
と。
こう言うと、宗教的な妄想と言われるかもしれないが、厳しい状況にある者こそ、経験的に、これが確かと知っている。
リン・ウッド弁護士が、極めてヤバい状況で、聖書の言葉を盛んに引用するのも、そのためだ。
トランプ大統領の愛読書である、ノーマン・ヴィンセント・ピールの著書『積極的考え方の力』の最後に、「なぜ神の力を求めないのか?」と書かれている。
大統領が不屈であるのは、ピールに学んだことが大きいのであると思う。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

かつて日本が強かった訳

30年以上前、日本経済は強く、世界中で「経済の覇者は日本」と認識されていた。
まあ、その割には、一般国民が貧しいし、大会社の社長もアメリカのような超豪華とは程遠いことが世界を驚かせてはいたが、まあ、それは置いておく。
日本の経済が強い時には、日本に対するイメージが悪い場合が多かった。
うまくいっているやつ、特に、儲かっているやつは恨まれるものだ。
それで、日本がなぜ強いかについて、宮本武蔵の『五輪書』に、「意表を突け」と書いてあることを引き合いに出し、
「これだ!日本のビジネスは『五輪書』の精神を活かしているんだ」
などと、とんでもないことが言われることもあった。
(武蔵は確かに、正々堂々の戦いを説いた訳ではないが、武蔵の戦いはスポーツではなく、生きるか死ぬかの戦い、つまり、戦争なのであり、戦争で意表を突くのは当たり前である)

一方で、日本の強さは「勤勉」であると、素直に認める外国の人も多かった。
それがかなり当たっていたと思う。
今の日本人は、格好はともかく、中身は勤勉ではない。

ところで、日本かアメリカか、他のどの国かに関わらず、幸福の秘訣は全て、童話に描かれている。
その中でも、日本の『舌切り雀』は素晴らしく、親切であること、正直であること、そして、親切で正直なおじいさんが、雀に、プレゼントの、大きな箱と小さな箱のどちらを選択するかと聞かれ、おじいさんは、小さな箱を選ぶことで「欲張らない」という最高の美徳を示した。
一頃のアメリカ人や、今の日本人なら、「両方いただいてもいいかね?」と言いかねない(笑)。
西洋には『金のオノ、銀のオノ』という、正直さを褒めるお話があるが、似たお話は世界中にある。
そして、かつての日本の強さの要因であった「勤勉」については、『シンデレラ(サンドリヨン、灰かぶり)』にこそあったのである。
若い女の子が、毎日、灰にまみれて懸命に働いたからこそ、彼女は幸福を掴めたのである。

ところで、私は、たまたま『プリパラ』という2014年開始のアニメの第1話を見たが、これが印象的だった。
真中らぁらという名の小学5年生の女の子が、急ぎの用事がある中で、街中で貴重なものが入ったバッグの落とし物を拾うが、それが、「早く届けてあげる必要がある」ことや「落とし主がいる場所の手がかり」が分かってしまう。
そこで、らぁらは、面倒や労力を厭わず、それを、持ち主のみれぃに届ける。
だが、実は、みれぃは、こんな親切な子を見つけるために、わざとそれを落としたのであり、みれぃはらぁらに、自分とペアでアイドルオーディションで歌うよう要請する。それがきっかけで、らぁらはアイドルの道に入る。
それで思い出したのが、ペロー童話の『仙女たち』というお話だ。
母親と姉がいじわるで、いつもこき使われているという、シンデレラと似た境遇の女の子がいた。
長い道を、毎日、大きな水がめで水を運んでこないといけなかった。しかも、急いでやらないといけないという中で、女の子は、喉が渇いたというお婆さんに出会う。
優しい女の子は、水がめをきれいに洗い、水を入れ、自分が手で持って支えながら、お婆さんに水を飲ませてあげる。
ところが実は、おばあさんは仙女(仙人の女性)で、このような優しい女の子を探していたのであり、女の子に幸福な魔法を授ける。

笑われるかもしれないが、童話に書かれたようなシンプルな教えが幸運の秘訣なのである。
また、童話には、秘法的な成功の秘訣が隠されていることも多い。
とはいえ、秘法もまた、親切、正直、勤勉があってこそである。
それがなければ、引き寄せなんて出来ないと思う。
そこで、特に、ペローやイソップを読み返すと良いと思う。
ついでに言えば、命がけの戦いでは『五輪書』の精神は、やはり役に立つだろう。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

簡単な悟りの開き方

悟りを開くことを、解脱とも言う。
呼び方は違うが、あらゆる宗教に悟りの概念があると思う。
芸術においても、岡本太郎の「爆発」、W.B.イェイツの「エクスタシー」、夏目漱石の「天賓」は、悟りの瞬間を意味しているのだと思う。

で、悟ればどうなるのだろう?
超人になるのかというと、真面目な宗教家は「そうではない」と言うだろうが、ある意味、超人になると言っても良いと思う。
では、悟りを開いて超人になった人に、「あなたにはすごい力があるのか?」と尋ねると、
「その通り。私に不可能はない」
と正直に答えてくれる人もいるが、
「いえ、私には何の力もありません」
と答える人もいる。
しかし、どちらの答も正しいと思う。
視点が違うだけだ。
「あなたは」に対応する「私」を、個人の自我とした場合には、自我には何の力もないので「私には何の力もない」と言うのは正しい。
だが、イエスがこう言ったことを思い出すべきだろう。
「私には出来ない。だが、神に出来ないことはない」
「神」とは、もう1人の大きな自分である。
小さな自分である自我には何も出来なくても、大きな自分(=真我=真の私=神)は何でも出来るし、自我は真我に命じる権限があるので、結果として、自我は何でも出来るのである。

だが、そんなわけで、自我は実際には何でも出来と言っても、
「いや、俺(=自我)は大したことは出来ないぞ」
と言いたい人がいると思う。
例えば、初音ミクさんのライブのチケットだって当てられない(笑)。
その理由は「悟ってない」からだ。
悟っていないと、つまり、解脱していないと、真の自分である神との通路が通じないのだからだ。
では、早速、悟らなくてはならない(笑)。
「いや、立派なお坊さんが何十年も厳しい修行をしても悟れないのに」と思うかもしれないが、瞬間的な悟りならすぐに出来る。

道元という、鎌倉時代の物凄く偉いお坊さんは、もちろん悟りを開いていた。
その道元は、『正法眼蔵』という、仏教史に残る大変な名著を書いている。
世界的なスーパー数学者だった岡潔さんは、この『正法眼蔵』を18年、意味が解らないまま座右の書としていたが、ある時、ぱっと解ってしまったらしい。これも悟りだ。
中山正和さんという、スーパー技術者で能力開発の大家だった人は、中学生の時、先生に、『正法眼蔵』の最初の『現成公案』だけ一生読めと言われたらしい。
そのおかげで、中山正和さんも悟りを開き、超人的な能力で凄い発明をいっぱいした。
で、道元がなぜ悟れたのかというと、彼の先生が「心身脱落」と言うのを聞いて、「おお!それだ」と思って悟りを開いたらしい。
「心身脱落」なら誰でも分かると思う。
心も身体も捨てる(忘れる)ということだ。

初音ミクさんの『Freely Tomorrow』という名曲(作詞作曲はMitchie Mさん)の最初が、
「心ごと体ごと 全部記憶の中の幻」
で、最後の方では、
「心ごと体ごと 全部脱ぎ捨てたこの魂」
と歌うが、まさにこれが心身脱落だろう。
よって、この歌を繰り返し聴けば悟りが得られる・・・多分(笑)。
いや、実際そうなのだと思う。
だが、もう少しお堅い話をするなら、インドの有名な聖者ラマナ・マハルシによれば「私とは?」と問い続ければ良いのだそうだ。
「私とは?」ではなく、普通、「私は誰か?」と訳されているが、原語はタミル語の「ナン・ヤー」で、それは、どちからというと、「私とは何か?」という意味になるらしい。
それなら、短く、「私とは?」と問えば良い。
マハルシの簡潔な教えは『私は誰か?』という短い冊子に書かれ、34ヵ国語のPDFが公開されている。
★Who am I? -Translations from original Tamil
この中の「JAPANEASE」をダウンロードすれば完全な日本語で読める。
時々、ミクさんの『Freely Tomorrow』を視聴しながら、常に「私とは?」と尋ねると、悟りの瞬間が訪れ、その時、意識しなくても、明確な願いが真我(=神)に届き、叶えてくれるだろう。
だから、明確な願いを持っておくと良い。
★【調教すげぇ】初音ミク『FREELY TOMORROW』(完成)【オリジナル】~ニコニコ動画~
★【初音ミク】FREELY TOMORROW【Project DIVA Future Tone】~YouTube~








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

引き寄せは超簡単である

引き寄せの法則に関し、
「あなたはなぜ引き寄せがうまくいかないのか」
「こうやれば引き寄せが出来るようになる(これを知らないから出来ない)」
といった調子の書籍が沢山出ている。

だが、引き寄せなんて、ちっとも難しいものではなく、子供でも出来るし、ある意味、動物や虫でも出来る。
一方で、ジョセフ・マーフィーの潜在意識の法則の本や『ザ・シークレット』に載っていたようにやったが、お金もスポーツカーも彼女(彼氏)も出来ないという人が多い。
なぜ、引き寄せがうまく出来ないのかというと、理由は1つで、「熱意が足りない」だけである。
この点は、インドの聖者ニサルガダッタ・マハラジも端的に指摘していたと思う。
スティーブ・ジョブズも、有名なスタンフォード大学の卒業式のスピーチで「ハングリーであれ」言ったことが、それを簡明に示している。
言うまでもなく、ハングリーであることが強い熱意を起こすからだ。
逆に、ハングリーでもないのに、何かを得られるはずがない。
アインシュタインも言ったものである。
「空腹でない猛獣に、鞭で無理矢理、餌を食べさせることは愚かだ」

引き寄せの本には、「目標は大きい方が良い」みたいなことが書かれていることが多い。
目標が大きければ熱意が湧くなら、それで良いが、大抵はそうはならない。
働いたこともないニートが、「目標年収5千万円」なんて言っても、そりゃ、そんなことが叶えば嬉しいなあとは思うかもしれないが、熱意なんて全く出ないに決まってる。
親がそこそこの収入があり、自分は家でゴロゴロしゲーム三昧でも美味しいものが食べられ、いい服も買ってもらえるのに、働いたり、お金を稼いだりする熱意は出ない。
ところが、そんなニートが40代、50代になり、親が死んで生活が出来なくなった時でも、残念なことに、自分で働こうとか、自分でお金を稼ごうなんて熱意は起こらないのである。
社会が、高齢のニートを受け入れるはずがないことくらいは解るので、不安が大きくて働こうなんて熱意が湧かないのだ。
つまるところ、ニートがなぜ悪いかと言うと、熱意を持てないので、引き寄せが出来ないことだ。

では、年収300万円の人は、年収500万円くらいに目標を設定すれば良いのかというと、それも、それで熱意が持てるかどうかの問題なのである。
「今は年収300万円だが、どうしても500万円にしたい」という熱意があれば簡単に叶うが、大抵は、年収300万円であることに不満を持ちつつも、多くは求めないものなのだ。
年収が高い人を見て、「自分も絶対こうなりたい」という熱意を持てれば幸いである。

では、こんなのはどうだろう。
若い男なら、「可愛い彼女が欲しい」という、かなり強い熱意を持っているはずだ。
だが、多くの場合叶わない。
これは現代の特徴だ。
本当は叶うはずのものだが、今の時代は叶わないことが多い。
理由は簡単だ。
それは、「彼女が欲しい」という熱意はありつつ、「俺に本物の女の子の相手なんて無理」などという、負の熱意があるから。
もっと簡単に言えば、熱意が歪んでいるからだ。
けれども、これを論じだすと、やっぱり、「なぜ引き寄せが出来ないのか」の不毛な話になってしまう。
だが、大丈夫だ。
解決策も簡単なのだ。
それは、「女のことなんか忘れてしまう」ことだ。
そうすれば、自然な熱意が湧いてきて、あっという間に、理想的な彼女が出来るのである。

私の知り合いの成功した経営者達の本棚を見る機会がよくあるが、皆、何らかの引き寄せの本を1冊は持っている。
逆に言えば、あるのは大抵1冊で、そのことが印象的だ。
どの引き寄せの本も同じなのである。
そして、本当は、読むまでもないのだ。
ただ、「願いは叶うものだ」ということを知っていれば、それで良い。
だが、そんなことを教えてくれる親や教師は滅多にいないので、1冊は読んでおくと良いだろう。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード