ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

これが出来れば、今後の世界で勝ったも同然

「機械学習とディープラーニングはどう違うか?」
これほど、素人を困らせる言い方もないだろう。
違いなどない。
ディープラーニングも機械学習の1つだ。
簡単に言えば、機械学習のための現在、最も重要なやり方がニューラルネットワークで、ニューラルネットワークを複数(普通、4層以上)重ねて高度化するやり方がディープラーニングだ。
最初に述べたような言い方をしたら、素人は、機械学習とディープラーニングが全然違うものだと勘違いし、困惑することになるが、そんなことにも気付けない専門家は無視した方が良い。

現在、AI(人工知能)と言えばディープラーニングと言うくらい、ディープラーニングが一般的だ。
「ニューラルネットワークを4層以上にする必要もない」場合もあるのだろうが、いまや大抵のAIはディープラーニングだと思って良い。
ところで、そのディープラーニングを、Python(パイソン)というプログラミング言語で構築しようという書籍が多い。
それを、大抵は、GoogleのTensorFlow(テンソルフロー)や、日本のプリファード・ネットワークス社のChainer(チェイナー)という、「深層学習フレームワーク」と呼ばれる、ニューラルネットワークを簡単にプログラミングするためのライブラリを使うのだが、「機械学習の理解のため、Pythonだけを使う(当然、Pythonの豊富なライブラリは使う)」という本も少なくない。

だが、よほどPythonプログラミングの実力のある人でない限り、Pythonでディープラーニングをやろうなんて思わない方が良い。
いや、たとえプログラミングをかなりやっているとしても。
でないと、Pythonプログラミングだけにエネルギーを奪われ、ディープラーニングの理解や進歩はカタツムリが這うがごとくになり、せいぜい、子供騙しのことが出来るようになって自己満足するしかなくなる。

では、どうすれば良いかというと、ソニーのNNC(Neural Network Console)を使え。
ググればすぐに見つかる。
Windows用アプリ版と、Web版(クラウド版)の2種類がある。
共に無料で、使用に関して制限はない。ようやく、日本の企業もインターネット時代に相応しいことをするようになった。
Web版は通信状況がいつでも良好でないこともあり、私はWindows版を使っている。
これは、とにかく凄い。
ダイレクトにディープラーニングが解り、使えるようになる。
GUIで、活性化関数や損失関数(やれば解る)をぽいぽいと選べば(選べないなら基本形を使え)、一応のディープラーニングシステムが出来てしまう。
しかも、NNCに自動で構造を改良させることも出来る(す、凄い!)。
今のところ、日本語データ(フォルダ名やファイル名も含め)を使ってはならないことを、しっかり意識してやることだ。エラーの原因がそれである場合が多い。
私は、はじめ、Web版を使うつもりでWeb版の書籍を買ったが、上に述べた通り、Web版が使い難かったので、この書籍でWindowsアプリ版を使った。
少々、インターフェースがWeb版とアプリ版で異なって戸惑ったが、この程度の違いは自分で考えて解決出来ないようではいけないだろう。

「ソニーがAI?」って思う人もいると思う。
AIはGoogleというイメージがあるかもしれない。
だが、いまや、マイクロソフトも全く負けていない。
今、時価総額で、世界一はAmazon、2位がマイクロソフトで、マイクロソフトは、アップルを抜き去り、Facebookには差を付けている。
昨年、11月、12月は、マイクロソフトが1位だったのだ。Amazonとの差はまだ小さい。
GAFAという言い方は早くも古くなってきたのである。
そして、実はソニーもAIは強く、長く強力に研究開発に取り組んできており、スマートフォンなどでの実用的なものが、このNNCや、それに使われている深層学習フレームワークであるNeural Network Librariesで作られてる。
ソニーがずっとNNCを進歩させてくれるか不安な向きもあるだろうが、多分大丈夫だし、おそらく、他企業も、こんなものを作ると思う。
早く、ディープラーニングに馴染んでおけば、今後の世の中、勝ったも同然である。

尚、NNCを使うにしても、データの前処理や結果の活用で、結局、ExcelやAccessが役に立った。
ディープラーニングだけで完結する訳ではないのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

子供がなぜ死ぬのか

小学4年生女児の虐待死について思うと、私は、スウェーデン映画『処女の泉』を思い出さざるを得ない。
この映画では、熱心なキリスト教信者で、世間的にも立派な農場経営者の男が溺愛する15歳くらいの娘が浮浪者の3人兄弟にレイプされた上、撲殺される。
肉体的にも逞しい父親は、犯人を見つけると、3人を正面から、まさに叩き殺した(兄弟の1人はまだ子供だった)。
そして、娘の遺体を見つけた父親が神に対して言ったことが、私が、あの小4女児に対して思ったことと同じだ。
「神よ、あなたは見ていたはずだ」
この父親の場合は、自分が正しい信仰者であることも含めてだろうが、なぜ娘を助けず、悲惨な目に遭わせたのかと、初めて神を非難したくなり、宗教心が揺らいだのだろう。
だが、父親が信仰を捨てず、娘の遺体がある場所に、自分の手で教会を建てることを誓うと、娘が横たわったところから泉が湧き出る。
この映画の正確な意味は分からないが、1つ言えることは、この父親の宗教心は、世俗的には正しいが、実際は正しくなかったことは分かる。
娘を溺愛するあまり、常に娘のことを一番に考え、他の者・・・妻でさえ、ぞんざいに扱うことも多かった。
そして、自分を立派な宗教者であると考え、知力体力に優れ、社会的にも成功していることから、世界を自分が動かしていると思っていたのだろう。
だが、イエスは、「神よ、私は戒律を守っています。献金もしています」と言う者ではなく、「神よ罪人である我を哀れみたまえ」と祈る者を高く評価した。

神・・・と言うかどかはともかく、この世界では、宇宙の運行に身をまかせれば幸福でいられる。
ちなみに、冷静に考えると、私自身は神を信じてはいないかもしれない。
ただし、世界を動かす何らかの意思とか仕組みというものがあるのは間違いなく、それを神と呼ぶなら、私はそれを信じていると言える。
そして、あの父親の娘は、やはり父親同様、自分の考え方を優先して生きていた。
とはいえ、娘はまだ若いので、本来は大目に見られるはずであるが、父親のエゴの分が合わさってしまい、悲惨が身に降り注いだ。
もちろん、それは父親も同じである。
そして、あの小4の女児の場合はどうかというと、社会全体・・・つまるところ、我々のエゴを引き受けてしまったのだ。
特に、児童相談所に必要な金が回らないほど、税金を不当に自分の給与にしてしまった沢山の者達(働きもせずに大企業の重役並の給与を受け取っている者は少なくない)はじめ、税金の無駄使いを平気でやっている者達の罪は大きいが、我々も無罪ではないのだ。

因幡の源左(いなばのげんざ)という、江戸末期の農民は、19歳で父親が亡くなる時、父親に、「これからは親様を頼れ」と遺言される。
親様とは、仏様・・・具体的に、阿弥陀如来であると思う。
源左は、初めはどうしていいか分からなかったが、草運びをしている時、牛を可愛がっている源左は、牛に草を担がせると共に、自分も一束担いだ。
しかし、どうにも身体が持たなくなり、「すまない」と言って、自分が担いでいた草も牛に担がせると、牛は全く平気である。
それを見て、源左は、自分の荷は阿弥陀如来に任せれば良いという、キリスト教の教えと同じものに行き当たる。
インドの聖者ラマナ・マハルシも「列車に乗ってまで、自分の荷物を頭に乗せて苦労する必要がどこにあろうか。同じように、全てを神に任せて安心しなさい」と教えた。
我々も、それを学ぶべきである。
ただし、スーフィーの格言にある、
「神を信用しろ。だが、ラクダはつないでおけ」
を忘れてはならない。
草は牛が運ぶが、草を刈るくらいのことはしなければならない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

あまりに奇妙な偶然の一致

珍妙と感じるような不思議な出来事を、誰もが何度も体験しているはずだ。
例えば、両手で2つの紙飛行機を投げたら、両方が1つの本の上にぴったり着地し、その本がパイロットが書いた本だった・・・とかね。
有名な話では、精神科医で心理学者のカール・グスタフ・ユングが女性患者と話していると、その女性患者が夢で見たスカラベ(黄金虫の一種)を見た話をし、そのスカラベがカブト虫に似ていると女性患者が言うと、窓にカブト虫がぶつかったというものがある。

私は子供の時から、そのような不思議現象が起こると、その場のエネルギーを感じるようにしている。
すると、そんなことがあまりに多く起こることに気付く。
ある日、私の部屋のテーブルの上に3冊の本が重ねて置いたあった。
1冊はW.B.イェイツの『神秘の薔薇』だった。
別の1冊『美少女戦士セーラームーン11巻』(武内直子)では、土萠(ともえ)ほたるという名の少女が、イェイツの詩を暗誦していた。
最後の1冊である『至高体験』(コリン・ウィルソン)では、序文に、「イェイツの詩の引用を許可してくれたマクミラン社に感謝する」と書かれていた。
たまたま置いた3冊の本に、W.B.イェイツが関わっていたのである。

また、アニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』の『笹の葉ラプソディ』のDVDを買ったら、特典のコースター(コップを置くマット)が、テーブルの上にあった、コリン・ウィルソンの『ルドルフ・シュタイナー~その人物とヴィジョン~ 』の表紙の赤い四角の絵と寸分違わずぴったりだった。

ただの偶然としては、あまりにありえないこと・・・そんなことはいくらでも起こる。
大事業家や、スポーツのスーパースターが成功した原因には、そんな偶然が、ほぼ必ず関わっている。
王貞治さんも、草野球をしていた時、たまたまプロ野球のコーチが通りかかったことが野球選手になったきっかけだった。
初音ミクさんの登場や成功も、ありえない偶然の積み重ねから起こっているのだと思う。

意味のある偶然の一致のことを、上に挙げたユングや、物理学者のウォルフガング・パウリは『共時性(シンクロニシティ)』と名付け共同研究していたと思う。
彼らの時代には、コンピューターというものが発達しておらず、この世界が、超コンピューターが作っているシミュレーテッド・リアリティだという仮説(シミュレーション仮説)が登場するのは、随分後のことであるが、それでも、彼らは、この世界が、何らかの意思が作り出しているものだということには気付いていた。
シミュレーション仮説以前に、量子力学では、世界はホログラムのような作り物に過ぎないことは、ほぼ解っていた。
そして、世界は無限に存在するし、生まれ続けてもいる。
初音ミクさんが歌うナユタン星人さんの歌『リバースユニバース』も、それを当然の前提としている歌で、ナユタン星人さんは、科学的にか直感的にか、宇宙の構造を知っているのだろう。
「存在しない現実」であるミクさんを見ていると、全てが解ってくる。

では、宇宙を自分の好きなように作れるかというと、ある程度はそうだと思うが、自分ではあまりうまくやれない。
だから、自分で無理矢理やろうとしないで、自分とは比較にならない高度な作り手にまかせてしまう方が良い。
超古代から、賢い人達は皆、そう言っているのだ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

空を飛べる予感

最近、すっかり私のお気に入りの運動になった「超ショートスクワット」は、自然に立った状態から少し膝を緩め、数センチ(2~3センチか)身体を沈めて戻すだけの、軽い運動である。
踵は床についており、膝と足首を曲げることになる。
体重は、足の親指の付け根にかける感じで、足の親指にやや力を入れて行う。
このような運動をご紹介すると、その「楽さ」に意識が行き過ぎる人がいると思うが、大切なことは、一回一回が軽いので、数百回、数千回と行えることである。
私は「毎日5分」とかいった類の運動は全く信用しない。
運動は、全身の細胞が共鳴し、血行が良くなることが大切だが、それには、数十分かかるのである。
弱い運動を多数繰り返すことで、血行が促進され、筋肉が柔らかくなり、特に、この超ショーツスクワットは全身運動であるから、身体全体が調整され、悪い部分は治ってしまう。

また、特に脚力を強化したいなら、これを片脚でやるという方法もある。
ただし、片脚を不安定に浮かせてフラフラしながらやる必要はない。
片脚超ショートスクワットのやり方はこうだ。
左脚でやる場合、右足を少し前に出し、その右足の踵を浮かせつま先だったような(実際は、足の指の付け根の「中足」と呼ばれる部分で支えている)形で支え、倒れないようにする。それで、左脚に体重をかけて、超ショートスクワットをするのである。
これだと、慣れないうちは百回でもちょっと苦しいかもしれないが、無理せず、徐々に慣れていくと良い。

私は、両脚の超ショートスクワットを、1日2千回くらいやっているが、1ヶ月を過ぎて、ますます効果がはっきりしてきた。
筋力がつくとかいうレベルではなく、潜在意識が、私の身体は妖精のように軽いと認識してきて、実際、重力に影響されずに動ける。
さらに進めば、イギリスの文豪チェスタートンが言った通り、
「天使がなぜ飛べるのかというと、天使は自分が軽いと思っているからだ(Angels can fly because they can take themselves lightly※)」
※『正統とは何か』より
ということになるだろう。
この「軽いと思っている」とは、潜在意識がそう思っているということで、私もいずれ空を飛ぶかもしれない。
ヨーギや仙人には空を飛ぶ者もいるらしいからね。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

人生の真髄の一言

「損得で動かない」人を「高貴な魂の持ち主」のように言うことがあるが、私は信じない。
本当に高貴かどうかは分からないが、そんな人間は「本当の損得で動いている」のである。
そんな人間は頭が良いのである。
偉い人にはゴマをするが、力のない人はぞんざいに扱う者は多い。
そんな人間は、人間性が低いのではなく、単に頭が悪いのである。
だって、そんなやり方が、すごく損だという簡単なことすら理解出来ないのだからだ。

素晴らしい美少女がいて、一瞬は見惚れても「こいつは駄目だ」と思う子がいる。
実際、そんな子が、人を簡単に見下し、無礼な態度をするのを何度か見た。
そして、そんな子は、外見は優れているが、やはり馬鹿なのである。
いくら美人でも、ロクな人生にならないだろう。
「美人は得」と言ったところで、そのオツムでは、得の数倍、数十倍の損を招く。そんなの当たり前である。
礼儀を重んじないのは、心が正しくないのではなく、やはり知性の問題なのである。

「私は、相手が偉い人でも、普通の青年でも、同じように扱う」と言う人がいて、それが本当なら真に賢い人であるが、そんなことをいちいち自己宣伝する人は、実際は、相手によって極端に態度が違うことが多い。
それでも、そんな自己宣伝をするということは、その価値を少しは解っているのだから、いくらかの知性はあるのだが、それを実践しないのは、それほどは賢くないからである。

あるいは、一見、非常に謙虚で、誰が相手でも丁寧に振舞う人がいるが、実は、それは、あまりの自信のなさや、他者への恐怖感、あるいは、謙虚なところを見せるためだったりすることがあるが、そんな者は、往々にして、陰で弱い者いじめをするのである。
他者への恐怖感を持つのは良いことではあるのだが、いい歳になっても、それが強過ぎるのは、本当の意味で自分を磨く勇気がないからである。
つまり、受験勉強みたいなことは熱心にやるが、結果が予想出来ないことからは逃げ続けてきたのである。

人間性が高いから、誰をも平等に敬うという人間は実際はいない・・・というのが私の確信である。
差別をしないのは、かなりの知性とエネルギーを要するのである。
いや、差別をしない、つまり、公平性を持つためにエネルギーを注げる者こそが、それが真のメリットであることが理解出来る賢い人なのである。
差別をする者というのは、一時的、あるいは、一部分で、いい思いをしているように見えても、肝心なところでは惨めで不幸なのである。
だって、物理学の法則のように、世界には、そのような必然性があるからである。

私は、陰口を叩く者を絶対に信用しない。
そんな人間の人間性が低いからではなく、頭が悪いからだ。
馬鹿を信用したら、どんな酷い目に遭うか分かったものではない。
だが、決して、他人の悪口を言わない人がいる。そんな人は賢い人であり、信用出来る場合が多いが、一見、そう見える者が、陰では普通の人より激しく他人を貶すのを見たこともある。

だが、とにかく、自分が、他人の悪口を絶対に言わないことだ。陰日なたなくね。
もし、それが出来れば、真に賢くなったのであり、必ず成功するのである。
偉大な人物には、要請もあったのだろうが、沢山の本を出している人がいるが、伝えるべきは「人の悪口をいうな」だけなのである。
しかし、あまりに余計なことを沢山言ったり書いたりするので、その唯一大切なことが伝わり損ねるのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ