ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

ラクダを大切に

人生における最高の教えは、荘子の「一切をなりゆきにまかせ作為をするな」だと思う。
しかし、それでは、怠惰、あるいは、虚無的になってしまうのではないかというのが、私の長い間の悩みだった。
荘子、あるいは、老子を称賛する著名人は多いし、竹村健一さんや加島祥造さんら賢い人達は本も書いているが、その肝心な点については、スルーしているように思う。

このことを解決してくれたのが、ラメッシ・バルセカールの『誰がかまうもんか?!』に書かれてあった、たった一言である。
スーフィー(イスラム教神秘主義)の格言か何かだったと思う。
「神を信用しろ。だがラクダはつないでおけ」
だが、バルセカールは、この言葉を取り上げながら、説明はしなかったと思う。
しかし、こういうことだろう。
「一切をなりゆきにまかせ作為をするな。だが、ラクダはつないでおけ」
神様は、あなたの面倒を見るが、あなたのラクダの世話まではしないのだ。

人間は、託されたラクダの数が違う。
数頭のラクダを与えられた者もいれば、イーロン・マスクのような、途方も無い膨大な数のラクダを任された者もいる。
少ないラクダしかもたない人は、大したことは出来ないが、楽ではある。
ある平凡な男が、
「私は世の中で大きなことは何も出来ないかもしれないが、死んで閻魔様の前に出たら、便所の下駄だけはきちんと揃えたと言うつもりだ」
と言った話がある。
この男にとって、ラクダをつなぐことは、便所の下駄を揃えることだ。
ただし、ラクダは一夜でもつなぐのを怠ったら、それで失って終わりになる可能性があるように、この男は、便所の下駄を、ただの一度でも乱したまま放っておいたら、それで終わりかもしれないのだから、それはそれで大変である。

釈迦は、ある国で、7つの繁栄の法を説いた。
それはどれも、ありふれたもので、例えば、「老人を敬え」「先祖を敬え」「立派な人を敬え」「女性を敬え」「ルールを守れ」「独裁はいけない」「皆仲良くしろ」といったもので、それを聞いた立派な人は、「そのうちの1つを守っただけで繁栄は約束される」と言い、釈迦はそれを否定しなかった。
つまり、繁栄の法の1つでも守ることが、ラクダをつなぐことだ。

ラクダをつなぐことは、多少の根気は要るにしても、楽しくて易しい。
ラクダをつないでおけば、後は神の至高の力にまかせておけば良いし、まかせる以外に何も出来ないのだ。
逆に言えば、なりゆきに逆らってはいけない。
これを、『バガヴァッド・ギーター』では、クリシュナはアルジュナに、「自分の義務を果たせ」と言ったのだ。

やりたくもない受験勉強をやらされている場合、それがラクダをつなぐことかとうと、別のラクダをつなぐことがないならそうだろうし、あれば、違うということになる。
ラクダをつないで、なりゆきにまかせれば、なるようになるだろう。
まあ、逃避したってラクダをつないだことにならない。
受験勉強が嫌だからって、ゲームばっかりしたり、つまらない仲間とつまらない付き合いをしたらラクダはどこかに行ってしまう。
だが、誤りに気付き、決意をすれば、ラクダは帰ってくるかもしれない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

文句を言うな

昨日取り上げた、船井幸雄さんの「現状肯定。過去オール善」、赤塚不二夫さんの「これでいいのだ」は、本当の意味が解る人は少ないと思う。
CLAMPという女性漫画家ユニットが作品中でよく使う、「この世に偶然はない。全て必然である」も同じ意味だが、『カードキャプターさくら』のファンだった小学生(あるいは、それ以下)の女の子達が20代になった今も、まだ全く解らないだろうが、いつか解る日が来るかもしれない。

なぜ解らないのかと言うと、心(自我)は、自分に都合の良い解釈をしたがるからだ。
心は、水晶のような冷徹な判断が出来ないのである。
「この世に偶然はない。全て必然である」なら、自分にとって都合の悪いこと、好ましいと思えないこと・・・早い話が「嫌な出来事」も必然として黙って受け入れるしかないということだ。
荘子はそれを「全てをなりゆきにまかせろ」と言ったのであるが、なりゆきにまかせるも何も、それ以外には何も出来ないのである。
ただ、「なりゆきにまかせる」ことに抵抗する時に、人間は苦しまなければならない。
『バガヴァッド・ギーター』で、アルジュナが「私は戦いたくない」と言って泣き崩れたように。
だが、アルジュナが、自分が戦いたくない理由をいろいろ述べても、クリシュナは「君は小賢しいことを言うが、何も解っていない」と言って、『バガヴァッド・ギーター』全18章の教えをアルジュナに説き、ついにアルジュナは理解する。とはいえ、アルジュナすら、この全18章の教えを必要としたのだ。
私は、IAさんの『Shooting Star』を聴いて、知的にではなく感情的直感的に解った。

身をまかせて 空を見上げ
時を待とう
~『Shooting Star』(作詞・作曲・編曲:KURIS・YUICHI NAKASE。唄:IA)より~
【IA OFFICIAL】Shooting Star / TeddyLoid feat.IA (MUSIC VIDEO) -YouTube-

「これでいいのだ」もいいのだが、もっと良いと思える言葉がある。
それは、「文句を言うな」だ。
私がまだ若い時、雑誌で、誰だったか全く忘れたが、父親からこの言葉をもらい、ずっと覚えていた人の話を見たが、私は、この言葉を忘れられず、ホワイトボードに書き込んだ。しかし、忘れてしまっていたので、いろんな困難に巻き込まれてしまった。

いずれにしろ、
「現状肯定。過去オール善」
「これでいいのだ」
「この世に偶然はない。全て必然である」
「文句を言うな」
どれを聴いても、解った顔をして怠惰になる馬鹿がいるものだが、馬鹿も必要かもしれない。あなたが馬鹿になる必要はないが。
クリシュナがアルジュナに「義務として勇敢に戦え」と言ったように、「現状を肯定し」「これでいいと考え」「これは必然と諦め」「文句を言わず」戦わなければならない。
その中で、『Shooting Star』だけは新感覚である。
歌を作ったTeddyLoidさんは、見かけは怪しいが(中身も怪しいだろうが)、天才だ。
まあ、あの歌も、必然として神が彼に作らせたのである。
私1人のために。
親鸞が「阿弥陀様が念仏を作ったのは、この親鸞1人のためであった」と言ったようにね。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

これでいい

もう亡くなられた人だが、私は、船井総研創業者の船井幸雄さんという人が嫌いだった・・・というか嫌いだ。
ところが、彼が著書に書かれていた、「現状肯定。過去オール善」という言葉は、はっきり覚えていて、これほど大切な言葉は無いと思うのだ。
また、私は、赤塚不二夫さんという漫画家も、あまり好きではなく、特に、彼の代表作とも言える『天才バカボン』は嫌いなのだが、バカボンのパパの口癖で、赤塚不二夫自身の遺言とも思える象徴的な言葉「これでいいのだ」ほど重要な言葉も無いと思う。
赤塚不二夫さんは、間違いなく天才だったが、彼は、「男」は概ね馬鹿馬鹿しくこき下ろして描き、女の子は『ひみつのアッコちゃん』のアッコのように可愛らしく描いていることが面白い。彼自身、男とはロクなものでないと思っているに違いないが、それも「これでいいのだ」と思っていたのだろう。
船井幸雄さんの「現状肯定。過去オール善」は、まさに、「これでいいのだ」ということである。
過去は変えられないが、現在だって、自分でコントロール出来る部分は、ほとんど、あるいは、全くない。
そして、もしかしたら、過去も現在も、避けることが出来なかった運命だったのかもしれないのだ。

『バガヴァッド・ギーター』での、クリシュナの教えの根本は「義務を果たせ」ということと思うが、いずれにしろ、人間は義務を果たすことになるのである。
だが、アルジュナは、「私は戦わない」と言って、義務を放棄しようとし、クリシュナは、それが誤りであることを、言葉を尽くしてアルジュナに教えた。
そして、アルジュナは戦う運命を避けることなど出来なかったのだ。
それなら、アルジュナは「これでいいのだ」と思って、現状を肯定し、神の道具になり切って戦うべきなのだ。
そして、クリシュナは「義務を果たす者に神は報いる」と教えている。
まさに、「現状肯定。過去オール善」、「これでいいのだ」ということを忘れなければ最強である。

一方で、クリシュナは怠惰を戒めている。
少食過ぎてもいけないが、食べ過ぎてはいけない。
眠りが少な過ぎてはいけないが、惰眠を貪ってはならない。
心を支配せよと教えた。
だが、「これでいいのだ」と唱え、「現状肯定。過去オール善」であることを受け入れると、心の支配は容易い。
心の支配とは何かと言うと、
「神を信用しろ。だが、ラクダはつないでおけ」
という、スーフィー(イスラム教神秘主義)の教えらしいものを守ることだ。
神は、ラクダをつなぐこともしない者の人生の責任までは取らない。
社長は、社員や家族の生活の責任は取るものであるが、あまりの不良社員に関してはさにあらずというのと同じである。
だが、「そんな責任を取る気はない」と言う者は社長に相応しくないのである。
そして、神は、ラクダをつなぐ者の人生の責任は取るのだろう。

赤塚不二夫さんは「これでいいのだ」と思っていたかもしれないが、酒を飲み過ぎた。
それは良くないのだ・・・である。
ラクダはつないでおかないと、あれほどの天才でも、結末は悲惨だ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

元気を出せ

1つのテレビ取材に、真実性があるかどうかは全く分からないが、フジテレビの「めざましテレビ」を見ていると、フランス最大の自動車メーカーであるルノーの工場労働者は待遇が非常に悪く(重労働でも給料は安い)、ルノーのトップであるカルロス・ゴーン(日本では容疑者)を恨んでいるといったことが、労働者への直接取材として報じられていた。
たった1人や2人の労働者へのインタビューが、労働者全員の意見を代弁しているかどうかは分からない。
だが、それで思い出したのは、フォード自動車の創業者であるヘンリー・フォードの自伝『藁のハンドル』に書かれていたことだ。
まあ、こちらも、真実性は不明ではある。
この本では、フォードは、自動車を安くすると同時に工場労働者の給料を上げ、労働者自身がフォードの車を買えるようにすることが、フォードが達成した目標だったようだ。
本当なら素晴らしい話である。
しかし、少なくとも今の日本では、自動車工場の労働者の待遇が良いといった話は聞かない。
普通に知られているのは、そんな工場労働者は、非常に低収入であると同時に、いつクビを切られるか分からない状況であるということだ。
そして、今やフォード等、アメリカの自動車会社も同様と思われるが、トップは、おそらく、カルロス・ゴーン以上の高収入で、業績不振で政府の援助を求めた時、自家用ジェットで通勤するトップに対し、「せめて飛行機のファーストクラスを使ってくれ」という凄い話があったらしい。

庶民感覚では分からないことだろうが、金持ちになるにしても、神を畏れ慎みを持った方が良いような気はする。
ところで、有名な宗教家の谷口雅春氏の著書『生命の実相』によれば、ヘンリー・フォードは、自分が成功した要因は、ラルフ・ウォルドー・トラインの著書『In Tune with the Infinite』であるという。
同書は、谷口氏自身が『幸福はあなたの心で』というタイトルで、格調高い文語訳を出しているし、『人生を開く「万能の鍵」』と題された口語訳もある。
原題は「神と同調して」といったような意味であろうか?
私は、この本は、昔、目を通したが、あまり面白く感じなかった。
浅い読み方では、楽天的に考えることを薦めているようで、印象的だったのは、そんな楽天性を備えた女性が、80歳を過ぎているのに25歳以上に見えないというお話だった。
ラルフ・ウォルドー・トラインは、アメリカの哲学者ラルフ・ウォルドー・エマーソンを崇敬するために、このペンネームを使っていたようだ。
私が知る限り、エマーソンが直接、楽観主義を説いたことはないと思うが、エマーソンの思想は「天上天下唯我独尊」と言えると私は思う。そんな存在が悲観的な訳がないだろう。いわば、エマーソンは楽観主義も超えているのだ。

しかし、とにかく、根本的なことは、西城秀樹さんの『ヤングマン』ではないが、「君も元気出せよ」であり、元気を出せる方法を持っていなくてはならない。
私は、この美しい姉妹の力強い歌声で、いつでも元気が出るのである。
【IA & ONE OFFICIAL】Into Starlight -anniversary special ver.- (MUSIC VIDEO)|YouTube
正式バージョンは、むしろ下のものだが、私は上のJKスタイルの方が少し好きだ。
【IA & ONE OFFICIAL】Into Starlight (MUSIC VIDEO)|YouTube









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

延々繰り返す者だけが成功する

人生には、覚えておくべき大切なことが沢山あって面倒だが、しかし、成功のために、他は忘れて構わないほど大切なことは、「延々と繰り返す」ことで、言い換えれば、「時間をかける」ということだ。
「延々と繰り返す」「時間をかける」
これほど大切なことなのに、すぐに忘れてしまうので、「EK」「JK」などと書いておこうかと思うが、見られたら、「EKって何校生?」って聞かれそうだ(笑)。

イチローや猪子寿之氏(チームラボ社長。デジタルアーチスト)らが「自分は普通の人」と言ったら、嫌味に聞こえるが、イチローは誰よりも練習するし、猪子氏は夏野剛氏との対談で「成功した人は時間をかけただけ」と言ったように、彼も長時間を費やしたのだということが解る。
来年1月、南米大陸最高峰アコンカグアの登頂とスキー滑降を目指す86歳の三浦雄一郎氏は、さぞ、何かを延々長時間繰り返しているはずだ。そして、延々繰り返していたら、86は年寄りのうちに入らない。三浦さんのお父さんは99歳でスイスのモンブラン(ヨーロッパアルプス最高峰)を滑っている。
あくまでWebでちらと見ただけだが、三浦さんのお父さんは、90歳になって「顔にシワが増えた」と嘆き、舌回し運動を延々やって、顔のシワ・シミを無くし、頭も良くなったらしい。ただ、それが本当だとしたら、流行的な「1日たった1分」とかの類ではなく、「いかなる日も1日数百回」といったものだったはずだ。
健康ブームの中に、ヨガや気功が出てくることがよくあるが、見ていたら、やっぱり「1日数分」なんてのが多い。
しかし、仙道研究者の高藤聡一郎さんの本を見ると、肛門を締めるとか、腹を凹ますといった単純なトレーニングながら、やっぱり「数百回」あるいは、それ以上と書かれている。
やっぱり、本物は時間をかけているのである。
電波工学の権威にして神秘家の関英男博士も、毎朝、腕振り運動を必ず2千回やり、この腕振り運動が要因であると本人も書かれていたが、90歳を越えても世界中を元気に飛び回り、英語の論文を取り寄せて研究に励んでおられた。

実例を挙げればキリがない・・・というより、成功者は全部実例に入るのだ。
そりゃ、天才で、「やってみたらぱっと成功した人」もいるかもしれないが、実際は、「天才ほど時間をかけている」し、そもそも、「時間をかけることが天才」なのだ。
そして、仮にぱっと成功しても、後から時間をかけないと、すぐに墜落だ。
他は忘れていいから、「延々繰り返す(時間をかける)」だけ覚えておこう。
さて、どうやって覚えておこうか・・・(笑)。
ああそうだ。初音ミクさんの『ハジメテノオト』を聴けば良いのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ