ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

天使はケータイを持たない

現在ではありふれたことであるが、あらゆる場所で、年代を問わず、多くの人が携帯電話をじっと覗き込んでいる光景を見る。

ほんの20年ほど前には全く不可能であった、コンパクトなデバイス(装置)での情報コミュニケーションは、本当に良いものだろうか?
私は、パソコン、および、携帯デバイスによる電子メールに関しては、最も早く使い始めた部類であるが、それらは、事務的な用途では重宝するものの、個人的なことに関しては、本当に急用でももなければ使うことはない。ツイッターは全くやらない。

我々は、目や耳などの五感で受け取る情報が全てであろうか?
それらの情報は、全ての情報の中で、実はごく一部であり、しかも粗雑なものではないだろうか?
いまや、我々はそんなことは想像もしていないかもしれない。
植物や動物、あるいは、鉱物や、地球、月、太陽、惑星はメッセージを伝えてきてはいないのだろうか?
いや、人間でさえ、言葉やボディ・ランゲージ(表情や身振り手振りなど)以上の精妙なメッセージを伝えるのではないだろうか?
視覚、聴覚を使えないヘレン・ケラーは、「感覚器官での認識は幻想、純粋な観念(イデア)のみが真理」と断言したが、私もそうだと感じる。

アニメの「ツバサ・クロニクル」で、少女(サクラ姫)と少年(シャオラン)がこんな会話をする。

「私、夜寝る時なんか、いつもシャオランのことを考えているよ。シャオランは私のこと、考えることある?」
「考えているよ。俺もサクラのことを考えている」

彼らの想いが、お互いに伝わっていないなどと言えるだろうか?
2人は、本当は、そうやって言葉で確認するまでもなく、お互いの想いを感じていたのではないだろうか?
そうでなければ、目の前で尋ねたりはしないのではないだろうか?
電話すらなかった時代の方が、人は本当の意味で繋がっていたし、人同士だけでなく、万物と繋がっていたのではないだろうか?

あなたは、本当に好きな人が、メールや電話をくれるのと、心で想っていてくれるのとではどちらが良いだろうか?
私は、電子メールを交換している相手とは、かえって心が離れていくのをはっきり感じたことがよくあった。

天使は姿を見せずに何かを伝えるかもしれないが、携帯を使うことはないだろう。
動物や植物の不思議なコミュニケーション能力は、仮説こそいろいろあるが、実際にはほとんどが謎だ。そして、本当は我々にも、同様な能力はあるのではないだろうか?そして、あなたも、本当はそんな能力を感じたことがあるに違いない。
現代の人間が、皆不機嫌で不安で、気分が暗いのは、本当に得るべき情報、感じるべきフィーリング、大切な直観を逃しているからではないだろうか?メールやツイッターが悪いと言うのではないが、あまりにそういったものばかりに心を奪われ、もっと大切なものを無視してしまっているのが、その原因ではないだろうか?

面白いことに、アニメのヒロイン達は皆、「心の中に言葉が浮かんでくる」と言うが、私はそいういったことにリアルなイメージを感じる。
イエスは「言うべきことは、その時に(神より)与えられる。あらかじめ何を言おうかなどと心配するな」と言ったが、我々は、いつも偉大なものに気にかけられ、大いなるものからの意志を受けているのではないだろうか?




【花の知恵 (プラネタリー・クラシクス) 】
「青い鳥」の著者として有名なノーベル賞作家モーリス・メーテルリンクは、実は自然への深い洞察を持った思想家であった。




【新アダムスキー全集2 超能力開発法 】
ともすれば一部にある奇妙なイメージと異なり、人が幸福に生きるための極めて理性的で実際的な書であると思う。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

批判的な人達

呼ばれただけで、すぐにびっくりしてしまうといった敏感な反応をする人が時々いる。あなたがそうかもしれない。
そんな人は、おそらく、親が批判的な人間なのだろう。

こんな人がよくいるかもしれない。
テレビで犯罪者のニュースを見ると、その犯罪者を口汚く批判する。
政治への批判も好きで、政治家の汚職はもちろん、政策や外交の不手際を横柄に非難する。
自分の好みに合わないタイプの歌手は、「なんて格好してるの!」「なってないね」とけなす。
街中等でも、マナーの悪い人や、無神経な人を見ると罵らざるを得ない。

こういった人が親であれば、子供の欠点を見逃すはずがない。そんな親であれば、子供は、呼ばれることに恐怖を感じるようになって当然である。
そんな子供は、正常な人間関係を持つことが難しくなり、引きこもりになる場合も多く、大人になっても修復出来ない可能性が高い。

優れた人間は他人を批判しないものだ。
ただ、人間というのは、放っておくと怠惰な方向に流れるように、精神を緩めっぱなしにすると批判的になる。なぜなら、自我というのは他を見下すことで相対的に自己の価値を高めて自己満足したがるからだ。

ジョージ・アダムスキーというポーランド生まれのアメリカ人で、宇宙人とのコンタクティー(接触者)として有名な人がいる。
彼の世界的評価は最悪で、大方においてペテン師扱いであると思う。しかし、彼がペテン師であるという根拠を持っている人はおそらくいない。
アダムスキーは、太陽が本当は冷たい星であるとか、金星や土星に知的生命が文明を築いていると主張していた。それは我々の持つ常識に大いに反するだろう。ただ、考えてみれば、我々は、我々の常識が正しいという根拠を本当には持ち合わせていないことが分かる。太陽が核融合により超高温であるとか、金星が硫酸の降り注ぐ高温高圧の星であるとか、土星はガス状の星であるといった知識は持っていても、別に自分で確認したわけではない。
また、仮に、アダムスキーに批判すべきところがあるとしても、人間誰しも欠点はあるし、アダムスキーの業績の主要なものである哲学、思想は驚くべき素晴らしいものかもしれないのに、それを読まずにアダムスキー本人を批判している場合が大半と思う。
たとえば、最近では、小沢一郎さんに関し、別に私が言うまでもなく識者の多くが語っているが、多くの人が彼を犯罪者のように思い込んでいるのはマスコミの扇動に過ぎず、彼が何か悪いことをしたという根拠となると、ほとんどの人が全く何も持っていないのである。重大な悪事を行ったわけではないのに、長期に渡って、場合によっては死ぬまで(死んでも)、激しく虐げられ続けた人は大勢いることを知っているはずだ。それでも我々は学べないのである。

繰り返すが、怠惰な心が批判に走るのである。
食欲を支配せずに甘やかすと肥満になるように、心を甘やかすと批判的になる。
自分の心を支配できる賢い人は批判が少なく、高度な人間ではほとんど、あるいは、全く批判をしない。
ところで、前のブログでも書いたが、私の今年の目標は批判をしないことであった。食を慎む習慣のおかげで、甘い自己評価であるが30点は与えても良いと思う。以前の私は過激なまでの他への批判を止められなかった。更に精神を鍛えようと思う。

世界的に批判されることも多いが、信奉者も多い著者の書を2冊ご紹介する。





↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

テレパシーとは何か

テレパシーというものは、ごく当たり前の能力であるに違いありません。
それは、直観とか、フィーリングと呼ばれるものと変わりませんし、本当は、あらゆる想念もテレパシーと異なるものではありません。
それを簡単に説明したいと思います。

我々は、自分で想念を起こしているように思っていますが、そうではないと思います(それは、神経科学でも分かっていることだと思います)。
我々の脳は、常に訪れる膨大な数の想念を知覚する受信装置です。しかしそれは、非常に複雑で精妙な受信装置です。
ただ、脳は、やってくる全ての想念を知覚するのではありません。好みとか、信念に合ったものしか知覚できません。
普通の人では、訪れる想念のほんのわずかなものしか知覚できないに違いありません。好みや信念の幅が非常に限られているからです。
普通の人の好み、信念は、世間の考え方や教義によって作られたものです。だから、同じ世間に属する人々は同じ想念を知覚し、結果、同じような考え方をすることになります。

普通の人より広い幅の想念を知覚できる人が、いわゆる、テレパシー能力を有する人ということになります。
実際は、未来予知や千里眼といった、ESP(超感覚的知覚)といった能力全てを含むのですが、それらも、単に幅広い想念感知能力に過ぎませんので、ここではテレパシーに含めます。
ところが、認知心理学者であれば、テレパシーが錯覚であることを示す知識や論理を持っています。
しかし、それなら、あらゆる想念が錯覚であり、幻想です。
訪れる想念を、脳が知覚し、視覚、聴覚、嗅覚、味覚に翻訳したものを認識するだけであり、脳がどう知覚して翻訳するかは保証の限りではありません。だから、あらゆる認識は錯覚、幻想と言うしかなく、嘘か本当か、夢か現実かなど、判断のしようがありません。

視覚や聴覚を持たないヘレン・ケラーは、そのことを洞察し、感覚は全て幻想、観念のみが真理と理解していました。
ただ、彼女の言う観念(アイディア)は、通常の「考え」という意味ではなく、プラトーンの「イデア」やカントの「イデー」の意味で、もっと深いものと思いますが、ここでは触れないでおきます。
ラマナ・マハルシやニサルガダッタ・マハラジが、夢と現実に違いはないと言ったり、江戸川乱歩が、夢こそ本当で、現実が夢なんだと言い続けたのは、やはり真理を感じていたのだと思います。
もちろん荘子も、何が夢で何が現実かなど、我々に分かるはずがないと言っています。

我々は、知覚できる想念の幅を広げ、それを純粋に感じるようにならなければなりません。
そのためには、我々の知覚を狭くし、歪んだ翻訳をさせる世間の信念や教義を壊さなければなりません。
このブログは、そのための情報やアイデアを手を変え品を変えて提供する、例えてみれば、「新世紀エヴァンゲリオン」の洞木ヒカリ(ほらき ひかり)や、「灼眼のシャナ」の吉田一美の手作り弁当のようなものです(分かり難いなあ)。




【荘子】
荘子の教えは、まさに、世間の幻想を破り、知覚できる想念の幅を広げるためのものです。




【波動の法則】
こちらは、旧版ですが、内容的には新版と変わりません。私もこちらを持っています。古書が豊富なので、こちらをご紹介します。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

お菓子を食事にするということについて

今回は、あくまで思索の途中のことで、良ければ一緒に考えてくれませんかといったものである。

食事代わりにお菓子を食べるということに憧れたことがあるかもしれないし、実際にそんなことをしている人もいるかもしれない。
それは、世間的には否定的に見られるだろう。
例えば、1983年のアメリカ映画「トワイライトゾーン/超次元の体験」の中の1つのお話だったと思うが、神のような力を持つために、周囲の大人達が誰も逆らえずいいなりになっている少年の家に、そんなことを知らない女性教師がやってきて、食事を振舞われるが、それは全てお菓子だった。少年は、それが普通だと思っていたが、その女性教師に、良くないことだと言われてがっかりし、食事とおやつが違うことを教えてくれなかった回りの大人達に怒りを感じるといったところを私はよく憶えている。(何だか、「涼宮ハルヒの憂鬱」を思い出すストーリーだと思う)
しかし、あくまで、適切な量であることと、これはお菓子に限らないが、有害な材料を使っていない限り、私は、別に良いのではないかと思う。

フィギュアスケートの浅田真央選手は、試合の数時間前におにぎりを食べると聞いたことがある。
一方、テノール歌手の秋川雅史さんは、本番前にシュークリームを食べるらしい。
私は、秋川さんの方が適切と思うのだ。身体の負担は、最初から細かく煉られているので消化し易く、すみやかに栄養が吸収される生クリームの方が米よりずっと少ない。また、消化にエネルギーを要すれば、脳の機能はその間低下する。
私は、浅田さんが、あの素晴らしい能力から考えると意外なミスが割合に多いのも、そういったことに関係があるのではないだろうかと思う。おにぎりは、数時間では消化されない。おそらく、完全に消化されるのに、少なくとも10時間はかかるだろう。

萩尾望都さんの1977年の作品(漫画)で「ケーキ ケーキ ケーキ」という、お菓子が好きで好きでたまないという女の子が主人公のお話がある。ほとんど何の取り得もない少女なのだが、ある時、本物のフランス菓子の味に出逢ってとりこになり、ついにフランスに行ってケーキ職人を目指すというものだ。
この作品は、40年以上経つ現在も、文庫化されて販売されている。私は、萩尾さんは天才的な思想家だと思っており、彼女が描いたこの大作に深い洞察が無いとは思えない。
良いお菓子は、人間にとって良いものであるに違いない。

では、お菓子の栄養面についてはどうだろう。
世界には、1種類の食物しか食べなくても問題なく健康で長寿な人々は少なくない。たとえば、挽(ひ)いたトウモロコシしか食べないとか、ある種類の芋しか食べないとか、大麦の粉しか食べないとかである。総じて、消化の負担の少ない粉状の食物を摂る場合が多いように思う。いずれにせよ、数多い種類の食べものを食べる必要はないと思える。
自然界を見ても、草食動物の多くは、決まった草しか食べないが健康であるし、カルシウムのない草しか食べない牛の乳にカルシウムが豊富に含まれるなど、生命は我々が考える以上に驚異で神秘的だ。
柔らかいお菓子は、消化器官に負担が少なく、脳の唯一のエネルギーである糖分(ブドウ糖)を素早く吸収できる。小麦を使っているものも多いが、小麦が豊富な栄養素を含むことはよく知られている。
もちろん、どんな食べ物でも、食べ過ぎは有害であるが、お菓子も適切に食べる限り問題はないと思う。
女優の細川ふみえさんは、3食全てチョコレートでも構わないと言うほどチョコレートが好きらしい。また、実際に確かめていないが、ある素晴らしい美少女が食事の大半がアイスクリームだと自己申告するのを聞いたことはある。確かに、硬いものを噛んだことがないと感じるほど細いアゴをしていたが、極めて明晰な思考力を持っていた。ある老人ホームでは、通常の食事を食べたがらない老人にアイスクリームを食べさせてみたところ、楽しく食べてくれ、健康になったという話もある。

インドの世界的に知られる聖者であるパラマハンサ・ヨガナンダの師で、スリ・ユクテスワというやはり偉大な聖者がいる。彼の1949年の著書「聖なる科学」は、いまも世界中で読まれている。
この中で、動物が、自らに適した食物を判別するのは、その食物を前に大きな喜びが湧き、目がらんらんと輝くということによると書かれている。
人間の場合、視覚効果や、香りが誘起させるイメージ、それに、習慣的な好みの影響等もあるのだが、私の場合、たとえ素朴な形状や色で、香りが分からなくても、本当に空腹なら、お菓子を見ると特に目がらんらんとしてくるように思うし、同様な方も多いと思う。
また、同書の中で、人間は、歯の形状や消化器官の構造(特に体長と腸の長さの比率)において、人間は肉食動物、草食動物、雑食動物のいずれでもなく、果食動物に一致すると分析されている。
お菓子は、肉や野菜に比べると果物に近いと思われる。果物は柔らかく、糖分などの栄養が水分に比較的単純に含まれているものが多いからである。果物は、食べ過ぎると意外に太ると言われるのもそのためだ。
上にあげた、パラマハンサ・ヨガナンダの著書「あるヨギの自叙伝」によると、インドでは、偉大な人物に出逢った時に献上するための特別なお菓子を常に用意している人がよくいるらしい。スリ・ユクテスワも、ババジという特に偉大な聖者に初めて逢った時、大急ぎでお菓子を取りに帰ったという。(尚、「聖なる科学」は、ババジの指示により書かれた。ババジは数世紀に渡って肉体のまま現存する超人ヨギと言われている)

現実的には、私は2年以上、特別な機会がない限り、お菓子はほとんど食べていない。しかし、お正月やパーティーなどでごく稀にお菓子を食べる時には、あまりの喜びに恍惚となるくらいである。
今はまだ思索段階であるが、いつか、お菓子を食事にする時がくるかもしれないと思うこともある。
念のために言っておくと、決して、食事とは別にお菓子を食べることを推奨するのではない。また、過度に甘いもの、人工的な味や香りで食欲をそそるようなものは避けるべきである。
そして、食事はお菓子が良いと言っているのでもない。世間に馴染んだ頭脳は極端論が好きで、私の控え目な意見を読んで、「あなたは、食事は全部お菓子にすべきだと言いますが・・・」と言う者は多いのである。





↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

アトピー性皮膚炎を1円も使わずに完治させた

ついに、幼児期から苦しみ続けたアトピー性皮膚炎が完治したかもしれない。
もちろん、医療および薬品には一切頼らなかった。それどころか、それらを徹底して避けた。

4~5年前はひどい状態で、気味の悪い話で恐縮だが、職場の床に掻いたことで剥離した皮膚が白く積もることもあった。幸い、細かく、人間の皮膚には見えなかったので、見た人は、いぶかりながらも、どこからか吹き込んできた粉状のゴミと認識してくれたようだ。
子供の頃は、親に病院に連れていかれたり、薬局で薦められた薬も使った。しかし、せいぜいが一時的に症状を抑えることができたかどうかという程度であった。
どうしても苦しいので、刺激性のあるかゆみ止めを使うのだが、量が多いと皮膚にダメージを与え、よりひどい状態になり、痒みも増す。すると、その上にさらに薬を使うという悪循環であった。

2008年8月から、食事は1日1食で、肉、魚を食べるのをやめ、間食もしなくなった。それで急速に良くなるということはなかったが、少しずつ改善されてきたように思う。
なまじ、薬局で良質なステロイド性の軟膏を教えてもらったので、食を慎むようになってからも毎日使っていた(延べで10年以上)が、今年の6月に、ついに使用をやめた。それから約2ヶ月で、気が付いたら、ほとんど痒みを感じなくなっていた。

アトピー性皮膚炎には、いろいろなレベルの状態があり、ひどい場合には、普通の学校に行けず、働くこともできない人もいるらしい。全身、包帯を巻いたり、専門の療養施設に隔離されている人もいるらしい。
アトピー性皮膚炎の原因には諸説あり、どれが本当か分からない。日本では有効な治療はほとんど行われていないらしく、米国で治療に成功した人の本によると、米国では、ウイルスが原因であるとされているようだ。
ところで、米国で治療に成功した人の体験本も読んだが、1日に何度も風呂に入り、特別な軟膏薬を頻繁に分厚く塗るというもので、莫大な費用と時間と手間が必要と思え、望んでも私には無理だと感じた。

私の方法で、全てのアトピー患者が治るのかどうかはもちろん分からないが、とにかく私は、実際に、そして、1円のお金も使わずに完治しようとしている。
ただ、食を慎んだだけだ。そして、薬品の使用を止めることも必要だった。
医学的に身体に良い食事といったことは全く考えなかった。ただ、食べる量を絶対的に減らしただけである。とはいえ、極端な少食という訳でもない。十分に食べることを楽しんでいるし、むしろ、本当に空腹な時に食べるのだから、食事の楽しさは以前の数百倍で、常に天国の食事であるといって大袈裟でない。何か特別な食事であるということも全然なく、そこらのスーパーで買うだけの、安価で簡素なものばかりである。

食事は夕食だけだ。それ以外は、飲み物は特に制限を考えずに飲む(もちろん、飲み放題とかではない)が、噛んで食べるものは食事の時以外は一切とらない。
夕食は、根菜類(イモ、カボチャ、果物)、豆類が中心で、その外に野菜、そして、ご飯を半合ほどである。アーモンドやクルミをよく食べる。以前は、時々は魚も食べたが、今は食べない。卵は食べる。
ただ、あまりに厳格なベジタリアンでもなく、出汁に肉や魚が使われているかまでは気にしないし、パーティーなどでは、肉は食べないまでも、魚やケーキは食べる。
私は、基本的には何を食べても良いと思う。ただ、私は、肉を食べるなら、食べる動物を自分で殺すか、少なくとも殺す現場を見てから食べることが、肉を食べる条件であると思う。

食を慎むことが直接に効果的であったというのももちろんだが、精神的変革を果たした部分が大きいように感じる。人格者になったわけでは全くないが、自我をコントロールする力が増し、楽観的になった。驚くべきは、性欲に苦しむことがなくなったことである。
世間や医学の常識と反して、食べる量が少ないと肉体が強くなることを実感している。食を慎みはじめた最初の頃は、それまでの習慣の影響で、力が抜けるような感じがしたり、めまいがすることもあった。
しかし、やがて身体が驚くほど軽快に動くようになった。また、エネルギーも増し、2009年8月から腕立て伏せなどの運動をしようという意欲も出てきた。腕立て伏せは、10回から始めて毎月10回ずつ増やし、今月からは150回になった。他にスクワットや腹筋運動もしているが、いずれも、やり過ぎないようセーブすることを考えないといけないくらいだ。細いだけでなく、筋肉質な格好良い身体つきになってきたと思う。ウエストは、純粋に客観的数値というもので上げると、昨年の健康診断の記録では、胴回りで 70.5cm(身長180cm)で、まるで芸能人のサバ読み数値のようだ。ただ、腹筋が付いてきたせいもあり、今は2~3cm多いかもしれない。

食を慎むことで、私のようにアトピーが完治するかどうかは分からないが、確実に良い効果はあるはずだ。
他にも、メニエール氏病も、医者に全く頼らずに完治した。発作が起こると立つことはもちろん、座ることすらできなかったほどであったし、症状が治まった後も、まっすぐ歩くことができなかった。そんな重度のメニエール氏病が自然に治ることは、医学的にはあり得ないらしいが、私は食の慎みで完全に治った。
以前は、時々襲われた狭心症の発作も、気が付いたら全く無くなっている(かつて職場で倒れ、昏睡状態になったこともある)。
健康診断も、ほんの数年前は、病人のような検査結果が、今では、オールAの超健康体だ。

以上は、食の慎みで得られた健康面での明らかな効果である。
しかし、食の慎みで得られることは、身体面ばかりでなく、むしろそれは些細なことかもしれない。




【新修 南北相法・修身録(全)】
前半は、南北が激しい情熱をもって探求し、皇室にも認められて、貴族にまで叙せられた至高の運命学(観相)の詳細な解説書。
そして、後半が、あらゆる運命学を凌ぐ、食の慎みについての南北の教えで、数千、数万の実践が伴うものだけに、自信に満ちた驚くべき力の教えとなっている。私はこれを読み、楽に1日1食を実践できた。




【ほとんど食べずに生きる人】
60歳を過ぎた男性が、徹底した少食で、健康と若さを取り戻した記録。医学研究者との共同プロジェクトであることが珍しい。食を慎めば脚が長くなることも記録されている。

↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード